プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017
こころはいつも人恋しさの中で、小さく まるまっているよ Oct 08, 2017

2013.03.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   MOTLEY CRUEはロックの華と毒を体現していた


80年代メタル・ブームの頃、
MOTLEY CRUEはシーンに於ける斬新な存在だった。









パンクの洗礼を受けた
直情的なサウンドとグラマラスな容姿は、
ロックンロールの毒と華を
体現していた。











当時、彼らの2度目の来日公演を武道館で観た。
ゴージャスなストリップ・クラブ仕様!?の
ステージ・セットが話題になった
あのツアーです。
メンバー全員が、酒とドラッグとセックスに塗れて
やんちゃ!!していた時期ですね。(笑)











そのときは、なんと!!
バック・ステージ丸見えの席だったんです。
本来だと最悪の席なんだけど・・・
真横からもステージが見える仕様になっていたんですね。
彼らのサービス精神の賜物だったのかもしれません。











お蔭で、メンバーがステージに出てくる様子を
はっきりと確認できたり、
トミー・リーの360度回転するドラム・ソロを
背後の位置から
眺めることが出来たりと・・・
非常にスペシャルな体験でした。




トミーがピアノを弾きながら歌う
「HOME SWEET HOME」。









ステキでした。



最高の想い出です。



“HOME”って、
洋の東西を問わず、
誰にとっても特別な場所。



アメリカ人と日本人の価値観の相違の中で最も興味深いのは、
両親が子供の未来に関して個人のエゴを押し付けないことです。
子供達の未来を懸命に後押しする。
それがアメリカ人の価値観。
自由と平等がしっかりと根付いているんですね。
素晴らしいことだと僕は思います。











モトリーの成功も、
そんな素敵な両親たちの願いが
結実した結果でもあったのでしょうね。


(笑)





嘗て、ロックの価値観が
未だ我が国に
根付いていなかった頃、
日本語で歌うか?英語で歌うか?というテーマが
議論の対象となった。



今、日本語で歌うか、英語で歌うかなんて、
もう誰も論じませんよね。









世界とダイレクトに向き合える時代だからこそ、
英語で歌いたい。
日本語で歌いたい。
それだけなんですよね。(笑)









他者の価値観を咀嚼した上で、
自分なりの価値観を見つけるための
旅に出る。


それは未来への船出だ。











素敵な時代なんだと思います。






うん。(笑)






Motley Crue - Kickstart My Heart

Motley Crue - Looks That Kill (HIGH QUALITY)

Motley Crue - Girls, Girls, Girls [HD]

Motley Crue--Wild Side Official Video

Motley Crue home sweet home

Motley Crue - Dr. Feel Good

Scott & Rivers - 「HOMELY GIRL」リリック・ビデオ

LAZY 一夜限りの復活祭③

LAZY 一夜限りの復活祭①

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog