プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2013.02.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   私達は愛によって満たされる生き物なんだ!!


原発を海外へ輸出することが
グローバルな未来へと繋がっていくのかどうかは
わかりません。








でも、ひとつだけわかることがあります。
どんなに素敵でどんなに魅力的な人に出会ったとしても、
実際に生活を共にすれば、
そこは様々なリスクが潜んでいるという事実です。









原発もそうですよね。
表面的には人間の生活を豊かにしてくれる。
でも、一度事故が起きれば、
未来永劫に亘って負の遺産が残る。
愛の鞭もそうです。
鞭を受けることでその人が人間的に成長する場合もあれば、
逆に怒りと憎しみしか残らないこともある。
つまり互いの間に信頼関係が醸成されてこそ、
意味を成す。









原発が本当にクリーンで地球に優しいエネルギーならば、
寧ろどんどん推進すべきです。
でも、そうではないことを
既に私達は経験から学んでしまった。







目先の利益や幸福に囚われる余り、
大切なものをどんどん見失ってきた私達が、
未来を担う子供達に対して、
一体なにを伝えられるか?なにを残せるか?
全てはそこからスタートですよね。
どんなに手間隙が掛かったとしても。(笑)









こんな時こそ、狭い了見に囚われず、
互いの知恵と勇気を総動員して、
未来への道程を切り開かなくてはならないはず。
政治家に任せておいても
現状は何ら変わらない。









体罰問題もそうです。
互いの価値観の相違を乗り越えない限り、
永遠に解決の糸口など掴めません。
相変わらず同じ過ちを繰り返し続けるでしょう。



何故なら、時代は常に変遷を繰り返すからです。
経験から学ばない限り、
現状を変えることは不可能なのですから。



何故、暴力はエスカレートするのか?
核家族化が進むことにより、
身近に人の死や別れを経験する機会が減少しているからですよね。
そういう意味では恋愛も大切な経験なんです。
これも必修科目に加えましょう。失恋したら単位を増やすとかね。(笑)
出会いと別れはこの世の必定です。
そこからは決して逃げられないんです。



佐野元春の「情けない週末」にこんな一節があります。








♪もう他人同士じゃないぜ あなたと暮らしていきたい
〈生活〉という うすのろを乗り越えて




この一節に全てが集約されている。
そんな気がしてなりません。



私達は愛によって満たされる
生き物なのですから。


(笑)









「明日なき世界」忌野清志郎 佐野元春

「トランジスタ・ラジオ」忌野清志郎 佐野元春

「悲しきRadio」より(一部) 忌野清志郎 佐野元春

ラフィータフィー/君が代

軽薄なジャーナリスト 1989 01 01

僕と彼女と週末に - ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"

佐野元春 "情けない週末"
















  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2013.02.12 22:52  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 日本はアメリカのサイフ理論(笑)
  •  ochiochi 
  • 2013.02.13 07:39  
  •  [ 編集 ]
原発が稼働して40年以上。
「核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)」問題は先送り先送り先送り。
そのゴミさえ処理出来ないままに、再稼動や他国への原発輸出をするという日本(政府)。
呆れるばかりであります。

>何故、暴力はエスカレートするのか?

子供のころ私は近所のガキどもと喧嘩をした。
そして殴ればどうなるかも知った。
そんな経験もない今の若者。
いつもテレビゲームでリセットを繰り返している若者。
果たして血が何色かわかっているのだろうか?

超SF漫画「北斗の拳」はテレビアニメ化するとき血の色を赤にしないとしたようだ。
プロレスアニメの「タイガーマスク」はそのまま赤い色で放送した。

ありのまま、そのままを受け入れる勇気もなくなったのだろうか?
見たくないものなら見なけりゃいい。
なんでこんな簡単な理屈がわからないのだろうか?

マニュアル教育に慣れてしまい頭を使うことを忘れた本当のバカになってしまったのかもしれない。

こんな脳みそだから国際社会さえも見抜けない。
北朝鮮が核実験をした。
そんなことをはわかりきっていたことだろう。
人はおもちゃを持てば必ず使いたくなる。
道理じゃないか。

しかし北朝鮮のバックはCIA、そして中国と結託している。
だからあの国はイラクやアフガニスタンのように攻撃されない。

そして全世界で繰り広げられる危機。
すべての危機は米国債につながる。。。
真のグローバル化とは一体何か?と考える時、全ての武器を捨て去る勇気を持つことだと僕は思います。核の抑止力により、確かに戦争は回避できるようになった。でも依然として紛争は起きている。血の流しあいは止まらない。
それは何故でしょうか?
武器があるからです。武器があればどうしても遣いたくなる。
物凄く単純な論理です。
武器が最初から無ければ、あとは相互の話し合いしかありません。互いの価値観の齟齬を埋めるための方策を見つけない限り道は開かれないことに自ずと気付きます。
そのために私達は予め、神から知恵と勇気を授けられています。
北朝鮮が、もしも全ての武器を捨てる勇気を持てば、世界は劇的に変化の兆しを見せるでしょう。それを人は真の無血革命と呼ぶでしょう。世界の歴史に永遠に刻まれるでしょう。
手垢塗れになった愛と云う価値観がもう1度甦るでしょう。
そうです。ken Yokoyamaが言うとおりです。
http://youtu.be/qF22XRPa5qU
世界を救ってくれるのは、ぼくたちの愛だけなんです。
どんなにばかにされても、どんなに嘲笑されても、それだけは変わらない。(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog