プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
誰かの生き方を真似してもその人の人生だけは誰にも奪えない・・・ Aug 22, 2017
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017

2013.02.05    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   天使の羽を付けた少女


今朝の朝刊に掲載されている


連載コラムに


とても素敵な文章が綴られていた。




“遠い昔の噂である。ほろ酔いの若者が3人、夜の京都をそぞろ歩く。先頭の尾上菊之助(七代菊五郎)が喧嘩を売り、尾上辰之助(初代=故人)が一発殴って逃げ、最後に市川新之助(十二代団十郎)がさんざん殴られた◆実話だという。エッセイスト関容子さんの『海老蔵そして團十朗』(文芸春秋)で団十郎さんが〝三之助〟の頃を回想している。〈気がついたら交番の洗面器一杯、鼻血がでてました〉◆おおらかで、堂々として、誠実で、不器用で、のちの芸風が若き日の挿話に芽吹いている。役者がもらう最高の掛け声「デッケエ」がこれほど似合った人もなかろう。団十郎さんが66歳で死去した◆同じ著書に十八代中村勘三郎さんの団十郎評がある。うんと若いときにお父さんを亡くしているから人の痛みを知ってるんだね。そういう人間は人をいじめたり、からかったり、病づかす(とことんまで人を追いつめる)なんてことはしないんだ◆〈歌舞伎界のミスターだよ。長嶋さんみたいな人だね〉と。評するも名優、評さるるも名優である。その二人を今、なぜですか_と、芝居の神様に問うてみる。”

読売新聞朝刊2013年(平成25年)2月5日(火)
編集手帳より。

















なにをやらせても不器用。






いつも損な役回りを演じて、いつも他人から爆笑されても、






そんな自分を少しも恥じることなく、












いつも大らかに、






そんなダメな自分を笑い飛ばせる人は、





きっと天使の羽をつけた人なんだろう。














そんな素敵な天使を






僕は知っている。















鈴木奈々だ。














そんな人に





なりたくてもなれない僕のような人間は、






彼女の笑顔に






今日も救われている。







(笑)






うんっ。








SION&森重樹一  ルナティック ムーンライト

SION「好きで生きていたい」

SHADY DOLLS 一人ぽっちの吉祥寺駅前

シャイニーディ アースシェイカー

ソウル・フラワー・ユニオン - 風の市 @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10




























トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog