プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
うん。 生きるって素敵なことなんにゃあ~~~~~~!! Aug 11, 2017

2012.12.09    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   THE BEATLES『RUBBER SOUL』


THE BEATLES『RUBBER SOUL』

Side one

1. "Drive My Car" McCartney and Lennon 2:25
2. "Norwegian Wood (This Bird Has Flown)" Lennon 2:01
3. "You Won't See Me" McCartney 3:18
4. "Nowhere Man" Lennon, McCartney and George Harrison 2:40
5. "Think for Yourself" (Harrison) Harrison 2:16
6. "The Word" Lennon, McCartney and Harrison 2:41
7. "Michelle" McCartney 2:40

Side two

1. "What Goes On" (Lennon–McCartney–Richard Starkey) Starr 2:47
2. "Girl" Lennon 2:30
3. "I'm Looking Through You" McCartney 2:23
4. "In My Life" Lennon and McCartney 2:24
5. "Wait" Lennon and McCartney 2:12
6. "If I Needed Someone" (Harrison) Harrison 2:20
7. "Run for Your Life" Lennon 2:18

ウイキペディアより。














国家に於ける原子力政策とは
一体何だったのでしょう。
国民の生活を守り、暮らしの向上と安定を図る為に、
それは必要不可欠だったのでしょうか。












高度経済成長の恩恵を受けて
人々は更なる暮らしの安定と向上を求めた。
ならば、エネルギー政策がまず最重要課題。
その課題をきっちり果たすためにも、
原発政策はとても魅力的に映った。
日米安全保障を堅持するためにも
それは有効策であった。












利権を得ることで経済は活性化し、
私達の暮らしは守られる。
人々は与えられた幸福を享受することが出来た。
放射能が人体に与える影響も微々たる物
もし事故が起きたなら、
それを教訓として
更なる安全性の向上と技術革新を目指せばいい。
そして、それはシナリオ通り滞りなく進み、
互いの利益は守られた。
少なくとも、あの3・11までは。












私達は、あの3・11から一体何を学んだのか?
どんなに私達の英知を駆使したとしても、
大自然の生命力の前には無力だということ。
それを私達は身を以って認識せざるを得なかった。
驕りを捨て、自然の齎す恩恵を謙虚に受け入れる。
互いが互いを認め合うことにより、共存の道を模索する。
つまり私達は、根源に立ち返ることの意味を
ようやくここで再確認できた。











人はリスクを受け入れることでしか、
なにかを掴み取ることは出来ない。
たしかにこの国は
失意と絶望と混乱に満ち満ちている。
国家の命運を左右する選挙に於いてさえ、
希望を見出せない。
でも、とりあえずそこからしか
人は出立できない。












そう。絶望の淵に立ったとき、
ようやく人は本来の自分自身と対面を果たすことが出来る。
自分自身を対象化できたとき、
初めて人は未来と真摯に向き合うための
知恵と勇気を得るのだから。
絶望ではなく全てのスタート・ラインなんですよね、きっと。












選挙一票を投じて、未来は変わるのか?
その問いに対しては、
変えることは出来る。としか、
言えませんよね。
何故なら、それこそが
私達に与えられた唯一の選択肢
その唯一の選択肢を如何に行使するか?
結局、それが全てのような気がします。
失意と諦めと絶望に塗れたとしても、
そこからしか
始まらないのですから。



ビートルズ通算6枚目
オリジナル・アルバム『RUBBER SOUL』は、
青春のほろ苦さと甘酸っぱい感傷を湛えている。
だからこそ私達はこの作品を今尚、
堪能することができる。



同時に・・・













人はいつか必ず、青春の季節にさよならを告げ、
個としての自立を余儀なくされる
責任を背負っていることも
教えてくれる。







01- Drive My Car - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

02- Norwegian Wood (This Bird Has Flown) - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

04- Nowhere Man - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

05- Think for Yourself - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

Michelle - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

09- Girl - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

13- If I Needed Someone - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]

11- In My life - The Beatles Remastered (2009) Rubber Soul [Stereo]















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog