プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017
こころはいつも人恋しさの中で、小さく まるまっているよ Oct 08, 2017

2012.12.01    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   THE BEATLES『PLEASE PLEASE ME』


今年はビートルズのデビュー50周年



それを記念して、
英国オリジナル・スタジオ・アルバム・リマスター
アナログ盤がリリースされる。


しかも単体だけではなく、
『パスト・マスターズ・ヴォリューム1&2』を含む
全14枚のアナログ盤ボックス・セット
リリースされる。



ここで、改めて、
彼らのデビュー・アルバムを振り返ってみたいと
思います。






THE BEATLES『PLEASE PLEASE ME』

Side one

1. "I Saw Her Standing There" McCartney 2:54
2. "Misery" Lennon and McCartney 1:49
3. "Anna (Go to Him)" (Arthur Alexander) Lennon 2:57
4. "Chains" (Gerry Goffin, Carole King) George Harrison 2:26
5. "Boys" (Luther Dixon, Wes Farrell) Ringo Starr 2:27
6. "Ask Me Why" Lennon 2:26
7. "Please Please Me" Lennon and McCartney 2:03


Side two

1. "Love Me Do" McCartney and Lennon 2:23
2. "P.S. I Love You" McCartney 2:04
3. "Baby It's You" (Mack David, Barney Williams, Burt Bacharach) Lennon 2:40
4. "Do You Want to Know a Secret" Harrison 1:59
5. "A Taste of Honey" (Bobby Scott, Ric Marlow) McCartney 2:03
6. "There's a Place" Lennon and McCartney 1:51
7. "Twist and Shout" (Phil Medley, Bert Russell) Lennon 2:37

ウイキペディアより。












いまでこそ、ビートルズといえば、
世界で最も有名なロック・バンドであり、
ポップ・ミュージックの歴史を塗り替えた存在。


じゃ、最初からそうだったのか?


彼らのデビュー・アルバム
改めて聴いてみると、
ごく普通のビート・ミュージックに聞こえる。











当時はイギリスでデビューした
ロック・バンドの大半が・・・
いや、ほぼ全てのバンドが、
アメリカの黒人音楽から影響を受けていた。


つまり、カバーが中心だったのだ。


ビートルズも、他のバンド同様、
ロックンロールR&Bのカバー曲を演奏していた。









にも拘わらず、
ビートルズが演奏するカバー・ナンバーは、
選曲、アレンジ、歌唱
何れも、そのセンスが素晴らしい。


オリジナルを凌駕している










彼らのオリジナル同様に
素敵なロックンロール・ナンバーとして
聴き手に訴えてくるのだ。









そんな彼らの非凡なセンス
どのように培われたのか?


彼らは鍛え抜かれたライヴ・バンドだった。
だから、レコーディングに置いても
綿密なリハーサルなど必要なかったのだろう。




ほぼ全ての曲を一発録りでレコーディング。
余計な手間隙を加えなくてもいい程、
既に彼らは完成されていたわけだ。








その瑞々しいグルーヴ
体感できるのが、
このデビュー・アルバムだ。






The beatles - I Saw Her Standing There

The Beatles - Please Please Me

03.- Anna(Go To Him) - The Beatles Remastered (Please Please Me)

The Beatles - Love Me Do

The Beatles - A Taste Of Honey (2009 Stereo Remaster)

The Beatles - Twist and Shout















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog