プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
うん。 生きるって素敵なことなんにゃあ~~~~~~!! Aug 11, 2017

2012.11.20    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   大切なのはその先を見たい!!という夢と好奇心


2012.11.14
川崎市宮前区、区政30周年を記念し「ヘヴィメタルで町おこし」




http://ro69.jp/news/detail/74994?rtw








冬だっ!!

祭りだっ!!

メタルだぜっ!!



うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~



MASSIVE Vol.8掲載の
THE SLUT BANKSインタビュー記事を読む。
音楽業界が不況と云われて久しい。
だが、彼らの音楽に殉じる姿勢
彼らの普遍のスタンスと共に不変だ。
それを実感する素敵な記事だった。
真面目にきちんとチャラチャラする戸城の生き様
痛快!!そのものだ。









MASSIVE Vol.8には、
AEROSMITHのベーシスト
Tom Hamiltonのインタビュー記事も
掲載されている。


読んでいるうちに・・・
嘗て同誌に掲載された
戸城憲夫のインタビュー記事が重なる。







たとえ・・・
徒労に終わったとしても、
そこには必ず得るものが潜んでいる。
それを見つけるのが仕事の本質かもしれない。
いまだからこそ、そう思える。







ブロ友さんの記事を眺めていたら、
70年代に活躍した
フォーク・グループGARO
話題に遭遇。



正直・・・


これまで彼らの音楽を
まともに聴いた経験が無かったものですから、
改めて衝撃を受けました。









「地球はメリ-ゴ-ランド」

「涙はいらない」



この2曲を聴いていると・・・



目の前の世界が塗り変わるような



覚醒感を味わえる。









元々彼らは
洋楽志向の下に結成されたと聞いています。
デビュー時の日比谷野音でも、
大反響を巻き起こしたそうですよね。
その美しいハーモニーとギター・アンサンブルの完成度が
業界の注目を浴びたそうです。
勿論、全部後聞きなんですけど・・・




「学生街の喫茶店」のカップリング・ナンバー
「美しすぎて」も、
いま聴くと洋楽レベルの圧倒的クォリティ。





“セカンドアルバム『GARO2』からのシングル・カット。リリース時は「美しすぎて」がA面、「学生街の喫茶店」がB面というスタイルであった。のちに「学生街の喫茶店」が有線放送やラジオを中心に人気が出た(TBSラジオ『ヤングタウンTOKYO』では「今月の歌」に選ばれた[1])ため、1972年12月前後からジャケット写真はそのままに、「学生街の喫茶店」のタイトルが目立つようにレイアウト変更されたリニューアル・ジャケット盤に切り替えられていった。”

以上ウイキペディアより。




にも拘わらず、
大ヒットしたのは「学生街の喫茶店」。


そのお蔭で、


彼らに対する評価は、


妙に薄まってしまった




その「学生街の喫茶店」にしても・・・


当時の中学生にとって、
あの歌詞の意味は、きょとん?でしたよっ。

♪片隅で聞いていたボブ・ディラン・・・
ですからね。(笑)

おいおい、
ボブ・ディランって、いったい何なんだ?
ですよっ!!




そうそう・・・


バンバン「いちご白書をもう一度」もそうだよねっ。


えっ・・・


いちご白書って、


一体何っ?





大人になって初めて理解できましたよっ。









あぁ・・・


左翼志向の学生運動が背景にあったんだなって。(笑)




いまでも左翼の連中が
脱原発、増税反対、天皇制反対・・・と、
相変わらず
脳天気な楽観志向の下に
騒いでますけどねっ。



おまえらっ、


現実を直視した経験


皆無なのかよ!!って。




まぁ、僕も基本、


反体制、反権力志向・・・


ですけどね。


警察・・・大っきらい。(笑)



それこそ・・・


時代は廻るよっ、


メリーゴーランドですよっ。




・・・無理やりこじつけ!!(笑)




最近、
チャーとかまやつさんの対談を聞いて
思ったんですが、
結局、与えられた状況の中で
如何に楽しむか?

それが全てなのかもしれないですよね。







日本のポップ・ミュージック・シーン
振り返ってみると、
元々、既成の作詞家、作曲家がいて
全てオートメーション方式によって成り立っていた。


はい、この歌手のための曲を作ってください。

はい、詞が出来ましたから、曲を付けて下さい。

はい、この曲を宣伝してください。


工場の流れ作業!!(笑)


まっ、かっちょよくいえば
モータウン方式を踏襲したってことに
なるんだろうけど、
それが日本の芸能界の本質。



そこにまんまとガロも嵌められていた。





当時はプロデューサーと云う概念すら
無かったと思うんですが、
彼らの周囲には、
一つの思いを共有して何かを生み出そうという
熱気が渦巻いていたのでしょうね。


でなければ、
あのクォリティーは
絶対生まれなかったと思うんですが、
どうなんでしょう。




状況のせいにしてはいけない!!


大切なのは、


その先を見たい!!という夢と好奇心









大変失礼致しましたぁ~。(笑)







Anthem - Night After Night -

THE SLUT BANKS / Noisy Love

Aerosmith Legendary Child

地球はメリー・ゴーランド - ガロ (GARO) 歌詞付き 《2nd.シングル》

GARO 涙はいらない 堀内 護

ガロGARO 美しすぎて

『いちご白書』をもう一度 - バンバン 《歌詞付き》

#13 Char meets ムッシュかまやつ















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog