プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2012.08.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   オリンピックが終わって・・・


オリンピック閉会式



クライマックスのアクトは、



ツェッペリン、ストーンズと並ぶ



英国ロックの重鎮THE WHOが登場。









伝統と威厳。



未来に向けた革新。



それを象徴するような佇まいとパフォーマンスだった。





ドラマーが



リンゴ・スターの息子ザックだったのも



象徴的!?






さて、



ここから後は、僕の雑感です。









悲しいかな、本来のオリンピックの意義は
とうの昔に忘れ去られている。
それが現実。


メディアの扱いを見ても、
最早メダルの数で優劣を競い合う
国威発揚のイベントであることが明白。





オリンピックって、メダルが全てなのか。それだけなのか。
金でなければ意味が無いのか。
だとしたら、悲しい。
互いが互いの存在を讃え、
互いに与えられた資質と能力を競い合う。
それがオリンピック。












勿論サポートは必要。
何故なら競技者はアマチュアだから。



見世物小屋の芸人たちは、
芸を披露することで生計を立てられる。
だから堂々と胸を張って私は芸人ですと言える。




でもアマチュアのアスリートたちは、
生計を立てるために
スポーツに打ち込んでいるわけじゃあない。




じゃ、なんのため?
それは、この世界に生まれ、
この世界で生きている一人の人間としての
尊厳を護る為。




見返りを期待せず、
大好きなことに熱中する。
それによって得られる達成感が全て。












勿論、金メダルを目指すことはとても大切。
何故なら、それ自体が個々人の
モチベーションや意識の底上げに繋がるのだから。
でも、それが全てじゃないはずですよね。




僕はオリンピックに限らずスポーツには無関心です。
元々、小さい頃からそうでした。
父親に連れられて、
国立競技場にアメフトを見に行ったこともある。
後楽園球場でプロ野球を観戦したこともある。



でも、観戦よりも
飲んだり食ったり出きることが嬉しかった。
ロックンロールのライヴのように
熱狂することは無かった。




自分で遣るスポーツも、徒歩と水泳だけ。
二つともマイペースが許されるし
基本的に孤独な形態だからです。
徒歩は、3時間でも7時間でも平気で歩いていられます。
つまり散歩ですね。(笑)
水泳はゆっくりとした平泳ぎで100メートルが限界。(笑)



今回だけに限らず、
オリンピックに関しては
ニュースや新聞で結果を知る程度の関心しかありません。
夜を徹して競技を観戦することもありませんでした。
テレビのニュースで放映されるダイジェスト映像や
ビデオ映像で確認する程度。




最初から最後まで通して見たのは、
女子マラソン女子バレーの3位決定戦ぐらいでした。




それでも、
素晴らしい試合や演技に出会えれば、
素晴らしいと思える。


つまらない試合を見れば、ああつまらないなと思う。
それだけです。





翌日の新聞記事で、
その裏側に潜む人間ドラマを知れば、
見方が変わることもある。


やっぱり、人間って素晴らしい生き物なんだ


素直にそう思える瞬間がある。















そんな素敵な瞬間に出会えるのが


オリンピック















ぼくはそれで充分






長々、主観を綴りすぎました。



感じ方、捉え方はひとそれぞれですものね。






大変失礼致しました。




お許しください。







The Who- Baba O'Riley1971 Official Video Video [HQ]

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

THE BEATLES ① 「Hey Jude」

The Verve - Bitter Sweet Symphony

The Who - Won't Get Fooled Again - Live 1978
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog