プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2012.06.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   芸術は無血革命!!


先日のは凄かった!!




って、




ジャニーズじゃないよ。




まるで・・・





IKUZONE




ライトセイバーぶんまわして





暴れてんじゃねえかって!!(笑)




BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2012年 07月号 [雑誌]BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/06/19)
ベース・マガジン編集部

商品詳細を見る













表紙巻頭記事はIKUZONE!!



こんなに素敵な奴に私たちは出会えたのだ。




そしてこんなに素敵なときを共有できたのだ





すべての音楽ファン必読



永遠のマスターピースだ。






孤立や孤独は生きていくうえでの障害にはなりません。
自分と向き合う機会がそれだけ人より多いということですから。
寧ろ、お得ですよ。(笑)


人から愛されようと思えばそこにエゴが生じてしまう。
だから、わかりあえなくてあたりまえ。
そこからまずスタートしないと本末転倒ですよね。








【オリコン上半期】AKB、音楽ソフト総売上79.3億円 メガヒット連発で前年比12億円増
オリコン 6月20日(水)4時0分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000304-oric-musi



AKB48




チャートの1、2位を独占する世の中よりも・・・





the HIATUSや、ONE OK ROCKや、



Dragon Ashが、





チャートの上位を引っ掻き回す世の中のほうが




断然刺激的でしょ?(笑)








渋谷陽一の「社長はつらいよ」 日経ライブレポート「浜田省吾」


http://ro69.jp/blog/shibuya/69342



“たとえば長いライヴのほぼクライマックスとして歌われる“僕と彼女と週末に”は、核の危険とその核に汚染されてしまった世界に生きることをテーマにした楽曲だ。この曲では、海辺で一晩明かしたカップルが翌朝目覚めると、浜辺に大量の魚の死骸が打ち上げられているという衝撃的な光景が歌われている。また彼の代表作“J.BOY”は、戦後日本の成長を信じて生きてきた日本人がアイデンティティを失ったときに、何を根拠に生きていけばいいのかという不安と戸惑いが歌われている。まさに2012年、我々日本人が切実に向き合っているテーマが歌われているのだ。”


““僕と彼女と週末に”は82年、スリーマイルの事故はあったものの、日本人のほとんどが原発の安全性を信じていた時代に作られた曲だ。“J.BOY”も86年のバブル前夜、日本の経済力を多くの国民が信じ、その後のバブルの狂乱もそしてその崩壊も知らなかった時代に作られた曲だ。”


“僕は優れたロック・アーティストは時代を歌うのではなく、時代に歌うことを強いられる人だと思っている。浜田省吾は、まさに時代に歌うことを強いられたロック・シンガーだということを感じさせるライヴだった。”











たとえば、時代に対して常に意識的に対峙している
アーティストがいるとします。
そしてそのアーティストは、
自らの作品やライヴに自己の意識を反映させた活動を
行っているとします。



でも、それ自体が世の中全体を巻き込み、
大きな渦となることは、
決してありません。
それが我が国の成熟度合い?を象徴しているような
気がします。




元々、ロックは欧米で生まれた音楽であり、
ことばや音にメッセージを込めて
世の中に異議申し立てをするというスタイルも
欧米ならではの価値観でした。






でも、我が国の音楽シーンを見渡してみると、




相変わらず、




その主流となるスタイルは、





誰もが楽しめるエンターテイメント







勿論、




それは間違いではありませんよね




ポップス大衆の夢を叶える音楽ですから。






でもそれだけじゃない。



たまたま耳にしたある曲が
その人の生き方に影響を与えることもある。
それが、結果としてその人自身の人生を
大きく変えてしまうこともある。
そう。あなたとあなたを取り巻く世界を
一変させてしまう魔法。




それがロックンロールですからね。




・・・(笑)



さらに言えば、





一人ひとりの




意識の変革を促すパワー




秘めているのが




芸術なんです。









芸術は、無血革命なんです。





私たちは改めて、それを深く噛み締めるべき。













欧米では




100万人規模のデモ




普通に起こっているのに、





なぜ、それが我が国では起きないのでしょうか?





いくらツイッターだ、フェイスブックだと騒いでも、





一人ひとりの意識変革




他者を巻き込む渦にならなければ、






まったく意味がありません






僕は、そう思う。






Dragon Ash feat. SATOSHI, KO-JI ZERO THREE / ROCK BAND 【PV】

浜田省吾 僕と彼女と週末に (PV)

Deerhounds / the HIATUS

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog