プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
うん。 生きるって素敵なことなんにゃあ~~~~~~!! Aug 11, 2017

2012.06.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   自分の価値を相手に示せない奴は信用されない


アメリカでは、
自分の価値を相手に示せない奴は
信用されない。
経験や知識は後からどんどん付いてくる。
でも誇りと信念はその人の生き方に密接に関わってくる。




たとえ知識や経験が無くても、
自分にはこれがあると示せる人間は、
信用される。
それがアメリカと云う国の素晴らしさ。




だから、自分は無能で、
価値なんか一つも無いと悲観する前に、
まず自分自身と真正面から対峙する勇気が
必要とされるのだろう。












シンコーミュージックから刊行されている
書籍「ロック・フォトグラファーという生き方」を読んだ。
とても刺激的だった。




ロック・フォトグラファーという生き方 最前線で活躍する12人の証ロック・フォトグラファーという生き方 最前線で活躍する12人の証
(2012/03/31)
不明

商品詳細を見る











“うん。そうだよね。普通は。私も同じように『何も出来ないんで、お金は少しでいいです』みたいな曖昧な返事をしちゃったの。そしたら『いくら欲しいと自分の価値を明確に相手に言えないんだったら、やめておいたほうがいいよ』って言われちゃったの。日本人の頭に最初に浮かぶのは、申し訳ないっていうのと遠慮しかないじゃない? でも違う。自分に報酬をつけろと言うわけ。”







“日本で『何も出来ないけど、いくらいくら下さい』って言ったら『何だ、コイツ?』でしょう? 絶対にあり得ないよね。日本でもカメラマンに限らず、スタイリストでも何でもそういうケースは多い。教えてやってんだからタダで当然だろみたいな。そりゃ何も出来ないんだけど、せめて交通費とご飯くらいは出してあげようよっていうのが私の考え方。日本にはそうじゃない悪しき徒弟制度もたくさん存在するんだよ。私は自分がそうやって育ててもらえたから、何も出来ないことへの報酬もあると学んだ。いい考え方を教えてもらったと思う。その人の時間や、荷物を持ってくれたことに対して払う価値はあるという考え方もあるんだよ”

“写真は紙に印刷して見て欲しい。ウェブにカッコいい写真が載ってても、見る人の人生を変えるくらいの一枚にはならないでしょ? 自分は雑誌のデザインでバンドをカッコ良く見せるところからスタートしたけど、それはそのバンドの良さを伝えたいからだった。でも、今はライヴ写真をウェブで見るなら、ユーストで映像を観た方がライヴの魅力は伝わるじゃん、って思うもの。見る人も写真にそれを求めてないと思うし”


シンコーミュージック刊「ロック・フォトグラファーという生き方」
畔柳ユキ・インタビュー記事より抜粋。






AKBは、みんなの夢を担う存在。
だから総選挙に於いて、
互いが競い合いのし上がっていく過程を
世間に提示するという企画は、
とても正しいし、
美しい。




夢を叶えるために自分自身を切り売りしていく。
それも、ポップ・ミュージックの正しい在り方だと思う。
大衆の欲求を丸ごと受け入れることで
対価を得ているのだから。





でも、そのために自分たちの“魂”が
どぶに捨てられるという現実を、
彼女たちは丸ごと受け入れることが
出来るんだろうか・・・











総選挙で、
自分が支持するメンバーに投票する。
その大切な一票を投じるために、
彼女たちのCDを購入する。
それは、正しい経済行為だ。
でも、投票が目的化し、
魂を注いだ作品が目的達成の犠牲になるという行為は、
どうしても受け入れがたい価値観だ。





自分の大好きなメンバーを支持する証として、
CDを50枚、100枚単位で購入するファンが、
いっぱい存在するらしい。
それも演歌の世界では、よくあることだ。
所謂、追っかけですね。




一枚の作品に心血を注ぎ、
出来た作品を携えて、
全国のライヴハウスを廻り、
体を張って、そこに繋がりを見出そうとするロック・バンドを、
僕は美しいと感じてしまう。
それこそが、
リアルな関係性だと思うから。





つまり何が言いたいのだろう、僕は。




AKB商法に関して、
政府が首をつっこむのは、
確かに大きなお世話なんだろう。
でも、このままだとポップ・ミュージックに於ける
受け手と送り手の健全な関係性が
どんどん汚され歪められていく。
そんな危惧をどうしても拭えない。




そもそもAKBが革命的存在になり得た最大の理由は、
「会いにいけるアイドル」という、
画期的コンセプトが
大衆に受け入れられたからだ。
つまり受けてと送り手の健全な関係性の復権だ。
それを秋元は自らどぶに捨て去ろうとしているみたいだ。





生産性の高い人間が優秀で、
生産性の少ない人間はタダの屑。
だから、屑みたいな存在は
生産の妨げになるから排除しましょう。
そんな風潮はこれからどんどん高まる一方だろう。
そして、その根底にあるのがAKB商法なんだろう。





自分の価値を相手に伝えるって、
とても大切なこと。
なぜなら、それは、
私はいま、全身全霊を掛けて生きています。
という、
証明だからだ。






私たちはもう1度、
そこに立ち返ることでしか、
世界を変えられないのだと思う






ONE OK ROCK 「完全感覚Dreamer」 from 『THIS IS MY BUDOKAN ?! 2010.11.28』

Metallica-Creeping Death Lyrics

Metallica - Ride the Lightning

【PV】GIVE ME FIVE ! / AKB48[公式]

The Verve - Bitter Sweet Symphony












こんばんは。

>CDを50枚、100枚単位で購入するファンが、いっぱい存在するらしい。

「らしい」ではなくて本当にこういうファンがAKB48などアイドル歌手を支えています。
歌がいいとかじゃなくて、イベント参加券がほしいだけなんですよね。

こういう事がいいか悪いかなど言っても始まりませんが、音楽は完全に氷河時代です。
音楽そのものが認められなければ、アーチストとして非常に悲しいのではないのでしょうかね?
それでも、僕は音楽を必要とするでしょうね。

なぜなら、そのお蔭で犯罪者にならずに済んでいるからです。

僕にとっては、ほんとに生命維持装置なのかもしれないですね。

装置が稼動している限り、自身を制御できるのですから。

全ての表現に感謝です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog