プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!! Feb 21, 2018
いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ Feb 19, 2018
人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・ Feb 17, 2018
あなたの人生を照らす光になりたい・・・ Feb 15, 2018
生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと Feb 14, 2018

2012.05.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   未婚の若者とパラサイト中年が増殖する社会


<パラサイト中年>「自立の余裕なく」 頼りは親の年金



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000044-mai-soci



そんな記事を目にしました。











基本的に、社会って、
全ての人がきちんと大人になり、
きちんと自立できる社会であるべき。
僕はそう思っています。

勿論、個々人のレベルに差は出るでしょう。
でも差が出るからこそ、そこにモチベーションも生まれるわけじゃないですか。

人生なんて、100人居れば、100通りの人生があるわけですから。




そのためには、
誰もが好きなことを見つけてそれに夢中になり、
それ自体が生きるうえでの活力源であるべき。
それが僕の考えです。



つまり仕事って生活のためであり、
生きていくためであり、
でも最終的には自分自身がこの世の中で生きているんだと
実感できるために必要なもの。



互いが互いの欠落を埋めるために存在し、
互いが互いを認め合うために存在するんだということを
誰もが素直に実感できる社会であるべき。
それが社会の基本的な在り方。



つまり仕事とは、そんな社会を実現するためのツール。











僕は高校を卒業してすぐに就職しましたが、
当時は履歴書なんて不要だった気がします。
だって、履歴書になんて書いたか覚えて無いし。(笑)
下手したら証明写真すら貼らなかったことがありました。




それでも面接だけで採用になった幸福な時代を
僕らは生きてきました。











ロッキング・オンの山崎洋一郎は、
逮捕歴があったにも拘わらず採用されたらしいですからね。













結局、今の世の中になにがいちばん必要かと問われたら・・・




信頼関係の醸成なんだと思います。




私にはあなたが必要だ。だから私はあなたの助けになりたい。



これは全てに当て嵌まる。


人は何故結婚して家庭を持つのか?
持たねばならないのか?



互いの間にぽっかりと開いてしまった
欠落を埋めるためだ。




それが信頼関係の基本だと思うから。






ツイッターを眺めていたら、hideのことばを見つけました。








“ロックをズタズタに切り裂いたりはするけど、けして足を向けては寝れない。初めてロックを聴いたとき少年だった自分の中の壁が崩れ落ちた時の事を今でも覚えているからね。その少年だけは裏切れない。 - hide”




物事の基本




余りにも蔑ろにされすぎてきましたよね・・・(笑)








hide 「ROCKET DIVE」 PV

(HD*Subbed) hide with spread beaver - Pink Spider ピンクスパイダー / X JAPAN

David Bowie Watch that Man

ドカドカうるさいR&Rバンド - RC SUCCESSION

Hide-Hurry Go Round-PV




















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog