プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2012.04.24    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   陽はまた昇り繰り返す・・・それが生きるということ?


ザ・バンドのドラマー&ヴォーカル


リヴォン・ヘルムが逝去した。



そんな知らせが入る







中学生の頃、僕は洋楽に興味を抱くようになり、
それまで歌謡曲のアイドルに熱中していたのが一転、
ロックに染まり始めた。


友人がハード・ロックに夢中になっているのを尻目に、
僕はアメリカン・ロックに夢中になっていました。
なにしろ天邪鬼だから。(笑)


グランド・ファンク、オールマン、リトル・フィート、レーナード、スティーリーダン・・・


その一方で、ザ・フーの『ライヴ・アット・リーズ』や、デヴィッド・ボウイ『アラジン・セイン』等の英国ロックも・・・




そのなかでも白眉は、
ザ・バンドのファースト・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグピンク』


Music From Big PinkMusic From Big Pink
(2000/08/11)
The Band

商品詳細を見る










中学生のくせにやたら渋めの音楽ばっか聴いてる!!って、
友だちは訝しがったと思います。






このアルバムはジャケット・アートも含めて、その全てが新鮮だった。
アーシーなルーツ・ミュージックに彩られた万華鏡。
勿論、当時はそんなこと全く知らないし・・・



でも、あの芳醇なグルーヴは素敵だった。
なにしろ、海賊盤にまで手を出しましたからね。
音質はかなり劣悪。バンドの演奏の音よりもフロアの喧騒のほうがデカいんだから。それだけにリアルなグルーヴが伝わってきました。ライヴでは結構ハード・ロックな側面もあるんですよ。あのハモンドの音圧とかね。(笑)






現在のロック・シーンを見渡してみると、彼らの音楽が礎になっていることが判ります。
謂わば、全てのロック少年たちの良き教師像だったかもしれません。












「ザ・ウエイト」を聴いていると、清志郎の「いいことばかりはありゃしない」を思い出します・・・










実は、その内面は相似しているかも?(笑)




いまごろ、みんな、どんちゃんどんちゃんやってるでしょうね・・・


合掌。





逮捕の無免許少年、「居眠り運転」と供述 集団登校に暴走車
産経新聞 4月23日(月)20時44分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000608-san-soci




若者の車離れが進んでいるということを、
自身の日記に呟いたことがあった。


どうすれば車の需要を増やし、
若者の車離れに歯止めを掛けられるか?


その解決策として
「絶対に事故の起きない車を開発すればいい」とも書いた。





車は、たしかに素敵な乗り物だ。


行きたいところへ行ける。


スピードのスリルと快感に酔いしれることも出来る。





でも・・・


その素晴らしい文明の利器を制御するのは、
私達自身の知性と肉体だ。





お金が無いなら働け。それは物凄く正しい。
何故なら、社会はそうやって成り立つのだから。
でもひとつだけ抜け落ちている。尊厳だ。
誰かの一助でありたい。それが結果として社会を潤し、こころを満たす。
そんな理想を形にするのが政府の仕事。



基本的にマスコミは人の粗を探してそれをお金に換えないと仕事になりません。
勿論それによって心が満たされるのも私たちですけどね。


すみません。



だからブランキーの「悪いひとたち」を一人でも多くの人に聴いてい欲しい。そう思います。
人としての尊厳が余りにも蔑ろにされすぎた社会(わたしたち)への戒めとして・・・



友だちがひとりもいなくても人は生きていけますよ。
大切なことはひとつだけ。そんな自分をまず抱きしめてあげること。










そう、人は考える葦だから






Dragon Ash の IKÜZÖNEが急逝

http://ro69.jp/news/detail/66963


馬場育三さん。
あなたは、誰よりもベーシストらしいベーシストでしたね・・・
どこの職場にも、どこの学校のクラスにも必ずひとりはいた。
そう、だれよりもやさしくてだれよりも気配りが出来て、
なのにそれを誰にも意識させなかった素敵なひと。





おやすみ・・・













いつか逢えますね。





The Band - Chest Fever

The Weight (studio) by The Band

RCサクセション いい事ばかりはありゃしない

ドカドカうるさいR&Rバンド - RC SUCCESSION

Dragon Ash - FANTASISTA (LIVE @ GG11)












トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog