プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2012.04.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   LUNA SEA・・・異端と王道がシンクロする瞬間!!


LUNA SEAの話題のシングル・・・
かなり市場の反応は鈍いようだ。
でも、素敵なシングルです。
彼らの音楽が世界水準に於ける最強!!であることを
世間に知らしめるクオリティ。
それを改めて実感しました。





THE ONE - crash to create -(HQCD)THE ONE - crash to create -(HQCD)
(2012/03/21)
LUNA SEA

商品詳細を見る






今回の作品は、なんと!!20分超の大作。
にも拘わらず、王道感が際立つ普遍的ポップスとして成立している。
そこに浮かび上がるのは、
はっきり言って、今の時代に対し逆行するようなアレンジと構成だ。

LUNA SEAは、何故、
このような、無茶で無謀なチャレンジを遭えて試みるのか?



それがプロとしての矜持。











誰もやらないことをやる。
そしてそれを普遍的なアートに昇華させる。
それが出来ない人や遣ろうとしない人は
プロとして飯を食う資格はない。

何故なら、
言われたことを言われたままに遂行して給料を貰う
サラリーマンでは無いから。



この作品は、出来うる限り、
最良のオーディオシステムで再生し、
爆音で聴く事により、
楽曲の本質が露になる。


そんなナンバーだと思いました。


つまり、YouTubeで再生しても、
楽曲に込められた真意がリスナーには伝わらないっ。


実は、それこそが彼らの狙いだった。


そう思う。


たとえばミッシェルのアナログ盤を聴くと全体の音質は
ザラザラごつごつした感触。
小さい音で聴くと音の分離も悪いし
くぐもって聴こえる。

ところがでかい音で再生すると、その印象は一変する。
まるでライヴハウスのフロア最前列で
爆音浴びてる感覚。


そうかっ。それなんだっ!!(笑)



彼らのディティールに対する執拗な拘りの正体も
そこに透けて見えてくる。


CDで聴くと、逆に、硬質で鋭利。
小さい音で再生しても一つ一つの楽器の音がクリアに響く。
つまりCDの特性を理解した上でのミックスになっているんですね。


何故、彼らはそこまで拘るのか?



それは、リスナーに自身の思いを共有して欲しいからだ











きっと、そうなんだと思います。


昨今の世の中を眺め渡すと、
事前にリスクを回避する風潮が強まっている。
そんな感触を受ける。











レンタルショップやブックオフの存在を否定するつもりは無いけど・・・



だからこそ、本質に触れたいと思ったら、
それ相当の投資をしないと駄目。


テレビのニュースを眺めていたら、
最近、若者の間で美術品が静かなブームらしい。
自分で稼いだ給料の中から投資して美術品を購入し、
自宅に飾る。
それをきっかけにして、
同じ趣味嗜好を共有するコミュニティが広がる。
そんな有機的な繋がりが増えているようだ。


なんだか60~70年代へ回帰するかのよう。(笑)


僕は素敵なことだと思います。






LUNA SEA / - The ONE - crash to create -

スモーキン・ビリー / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

Thee Michelle Gun Elephant - (Live) West Cabaret Drive

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog