プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2012.03.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   劣化しない生き方とは・・・


震災後も相変わらずというか、売れない芸人を寄せ集めたバラエティは健在。
そこに芸人としての矜持は果たして存在するのか・・・

少なくともそこに恥と衒いは全く見えない。
恥と衒いがあってこそ芸人です。そう思ったりして。(笑)








清水ミチコの芸に何故畏敬の念を抱けるのかと問われたら、
僕はこう答えるだろう。

人の真似をさせていただいて日々の生活の糧としている以上は、全身全霊掛けて演じるのが最低限の礼儀でしょ!!と、問いかけられているような気がするからだ。




雑談も立派な芸。それは寅さんを見れば一目瞭然。
でも昨今のバラエティに出演する芸人たちはそうじゃない。
そこに“座談の名手”は1人も存在せず、本当の“雑談”として成立している。
それって本末転倒じゃん!!(笑)




戸城憲夫と浜田麻里。この2人は僕と同世代。
つまり様々な面に置ける劣化現象と向き合わざるを得なくなる年令だ。
にも拘わらず、この2人に関しては全く杞憂。
それは一体何故か?








他人と自身を較べて溜息をつくことに何の意義も無い。
他人と較べて自身の劣化を嘆くよりも自分に何が出来るかを重要視すべき。
浜田麻里は、若い頃から現在に至るまで、その圧倒的な声量を維持し続けている。
普通、歳を取るに従って、人は昨日まで出来たことが出来なくなっていく。
従って、それまでに蓄積してきた経験とキャリアを生かしながら熟達した芸の道へとシフトせざるを得なくなる現実がある。
それを人は老成と呼ぶ・・・




彼女の場合はどうか?



経験の蓄積に裏打ちされた熟練の技を駆使しつつ、それが老成へとシフトすることは一切無い。






自分にはこれがある!!と言える人は歳を取らない。






戸城は、過去に袂を別った人間と平気で仕事が出来る人間だ。
それは彼が優しい人だからではなく、いまを楽しむことを何よりも最優先できる人だからだ。
音楽は人と遣るもんだ。人と遣ることで互いを惹きつけあい、互いを高めることが出来る。
それが彼の矜持。











『MASSIVE vol.5』掲載の戸城憲夫インタビュー記事
その記事の後半で彼が呟いたことばが素敵だ。



“「頑張ってこのバンドを大きくして、現実問題として家賃と光熱費ぐらいは賄えるようにしないと」”










昨今のバラエティ芸人に聞かせてあげたい!!




人に媚を売って
自分の居場所を必死に守る人よりも、
最低限の人としての矜持を失わない人に、
僕はなりたい。





ミッちゃん 幸せなワ・タ・シ ソロピアノ1990

TIME AGAIN 2010 / 浜田麻里 - MARI HAMADA

THE DUST'N'BONEZ / CONFUSION

ZIGGY-マケイヌ

THE SLUT BANKS 『Pandemic Dance』 PV

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog