プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
誰かの生き方を真似してもその人の人生だけは誰にも奪えない・・・ Aug 22, 2017
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017

2011.12.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   皇室を眺めれば、そこは「渡鬼」の世界!!


最近の皇室報道を眺めていると、





まるで「渡鬼」の世界











神秘のベール無理やり引っぺがされて





その本質が、





むき出し状態となって世間に晒されている





秋篠宮殿下「天皇にも定年制必要」
2011年12月01日11時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


天皇の二男の秋篠宮殿下が30日、「(天皇の)定年制が必要になってくる」とし、現行の「終身天皇制度」の改正を促した。

秋篠宮殿下はこの日、自身の誕生日に合わせて行われた記者会見で、来月78歳を迎える天皇の公務が多すぎるという指摘と関連、「ある一定の年齢を過ぎれば、だんだんいろんなことをすることが難しくなっていく」としてこのように話した。毎日新聞など日本のメディアはこの日、「皇族が『天皇の公務の定年制』に言及したのは極めて異例」として秋篠宮殿下の発言を大きく報道した。ほとんどが「気管支肺炎で2週間入院するなど健康に問題がある父を心配する孝心から出た発言」という反応だ。だが、「上皇制復活など皇室体制の変化にもつながる発言」という分析もある。

日本では江戸時代以前は天皇が後継者に譲位して上皇になる道があったが、現在の皇室は「終身天皇」を採択している。したがって天皇が老いたり病気で公務を遂行することができない場合に備えた具体的規定がない実情だ。

秋篠宮殿下は、「人によって老いていくスピードは変わる。年齢で区切るのかも含めて議論しないといけない」と付け加えた。

一方、女性皇族が一般人と結婚すると皇族の身分を喪失する規定により皇族数が大きく減っている状況と関連し、「皇族数が減るのは国費負担という意味において悪くはないが、皇室維持のために一定の数は必要だ。私もしくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあって良いと思う」と話した。












世間と皇室の距離が縮まったとは云え、





余りにも全てが明け透け







それがいいことなのか、悪いことなのか?









皇室の存在意義そのものを




国民に対して問うのではなく





皇室容認を前提として、




如何にして皇室制度を維持継続させていくかと云う問題に




焦点が絞られている。







論点の順位が違うんじゃないだろうか?











皇室とは国民にとってどのような存在なのか?






皇室が存在することに依って、





どのような意義が齎されるのか?






メディアの報道を通じて、







そこに世間一般と何ら変わらない



市井の生活感覚が垣間見られることは






国民との間の距離を縮めるという意味では





間違っていないのだろう










でも私たちが本当に知りたいことは、





そんな瑣末なことではない。













皇室の在るべき姿とは






国民に対して、




「在るべき姿」を


提示し続けることではないだろうか?








在るべき姿とは、なにか?






誰もが日常の生活の中で思い描く




理想の国民像である。













人を敬い、人に寄り添い、



互いが自立した存在として繋がることで



国家が形成される








そのロールモデルとしての皇室であるべきだろう。





少なくとも




陛下の御心は常にそこにあるのだと思う







陛下は身を以って


それを国民の前に示し続けてきたのだ













皇室に生まれたという事実を


受け入れ背負う覚悟
とは、






それほど重いものなのだ









僕は天皇制そのものに対しては、





未だに懐疑的な部分があることを




否定できない。






けれど陛下御自身が望む



理想の皇室像






あるとしたら、







それは僕自身の価値観




重なる部分があるのかもしれないと





僭越ながら思っています。













ねえ、ミタさん、皇室ってなに?









それは・・・




あなた自身が考えることです








・・・(笑)



Remember by John Lennon - Remixed & Remastered

John Lennon - "I Found Out" 2010 Remaster

John Lennon - God

John Lennon - Well Well Well

「われら青春!」 主題歌 「帰らざる日々」いずみたくシンガーズ

太陽がくれた季節/青い三角定規

John Lennon - Double Fantasy - 01 - (Just Like) Starting Over















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog