プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
うん。 生きるって素敵なことなんにゃあ~~~~~~!! Aug 11, 2017

2011.11.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   相反する価値観が錯綜する世の中


放射線の数値に


一喜一憂
するよりも




我々自身の免疫力を高めるほうが遥かに大切なのでは?





住めば都と云うことばがあるように、




世界中どこへ行ったとしても


リスクからは逃れられない







放射能を浴びれば癌になるのではなく、




元々我々自身の中に


癌のリスクを抱えているだけ












嘗て人間の寿命が50年だった頃には




癌に罹る前に


寿命を迎えていたのだから






人間には元々自然治癒能力が備わっていた。





怪我をしても


細胞が活性化して


元の状態に立ち返ろうとする












風邪を引いても



栄養を摂取してぐっすり眠れば自然に治るのも



免疫力のお蔭





けれど人類




科学や文明の進歩と引き換えに


その免疫力を失おうとしている






何十年後、何百年後の未来を憂うよりも、




今と云うときを大切にしたい





それが、生かされているということだから











僕がこんな刹那的価値観に囚われる理由は、




僕自身が独身である故に、





結婚し妻と子供を護る為に生きるという


人としての基本的責務





回避しているせいかもしれない。



運命なのかなぁ・・・






世界の人口が70億を突破したこと




どう感じるかはきっと




人それぞれ






この世に生を受けた子供たちの未来




どうか素敵な未来であるように。





それは僕たちの責務でも在る




だって未来は誰にも予測不可能だから






人には様々な側面がある。






様々な側面があるからこそ、




その人のことを知りたいという欲求が



加速する瞬間
がある。






人はそれを恋と呼ぶらしい




bridge(ブリッジ) 2011年 11月号 [雑誌]bridge(ブリッジ) 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/15)
不明

商品詳細を見る




音楽雑誌ブリッジ最新号




エレカシの宮本浩次のインタビュー記事




掲載されています。










その記事の中で彼はこう語っていました






売れなければ意味が無い





売れることは素晴らしい








現在の境地に至るまでに




彼は様々な挫折と失望を経験してきたはずだ




売れないことを


世の中のせいにしたこともあったかもしれない






そんな自分自身を呪ったかもしれない





だが現在の彼は、




自身が選んだ仕事に


誇りを抱けるようになった









自分自身の表現が作品と云う形になり、




その作品が


様々な人達に届くこと





素直に喜べるようになった





そう




それがポップ・ミュージックの本質だ。










人は他者に自分と云う存在を認められることで、





初めて自身と云う存在と



真正面から向き合える







それは人生の至福の瞬間だっ






masa-yume 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 - マサユメ(Short Ver.)

Yer Bluces

Father - THE YELLOW MONKEY

俺たちの明日

悲しみの果て




















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog