FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
僕は決してきみにはなれないし、きみは決してぼくにはなれない・・・それってとても素敵な事さ!! Oct 18, 2019
さあ、人々に愛と力とほんのすこしの勇気を・・・それがロックンロール!! Oct 17, 2019
他者の視点で己自身を対象化する・・・その先にこそ、僕らの未来がある!! Oct 15, 2019
どんなの小さな事にも・・・感謝の気持ちを忘れずに!! Oct 13, 2019
大自然の怒り・・・それはあなたにわかってもらえないという悲しみの叫び!! Oct 12, 2019

2011.09.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   時代の必然・・・アルバム『綺麗』を振り返る


サザンオールスターズ





通算6枚目のアルバム『綺麗』。





M-350





このアルバムがリリースされたのは1983年。











この年がどんな年だったかと云うと・・・






佐野元春が、





単身ニューヨークへ渡った年であった。






彼はそこで






最先端のストリート・カルチャーに触れる。






それがアルバム『ヴィジターズ』として結実した。






どうしてこんなことを述べるかと云うと・・・






この時期、サザンの桑田佳祐も、





ニューヨークに於いて、






ダンス・ビートの洗礼を受けていたであろうと






推測するからだ。





M-352






だからといって






元春のように・・・






サウンド面に於いてダイレクトな変容を遂げたわけではない。







出来上がったアルバムは






いつもどおりのサザンだからだ。








M-351





仮に・・・




民謡がブームだから、





今日から民謡を取り入れますというような






短絡的な植民地主義とは、






最初から無縁。






勿論、これは





佐野元春を揶揄する表現ではありませんからね!!






念のため。






けれど・・・





僕自身は全く無頓着に、





この最新型サザン!! を楽しんでいたような気もする。






実は、それこそが彼らの狙いだったのか!!






・・・(笑)












最先端のビートの洗礼を受け、





それを違和感なく血肉化した上で、





結果として普遍性を獲得するという





ポップ・ミュージックの方程式を、





彼らはここでもきちんと踏襲している。





だから・・・






60年代のGSサウンドへのオマージュとも云える





「そんなヒロシに騙されて」も、












最新型のスタイルとして響くのだ。











この後、彼らは、





更なる普遍性と革新性を併せ持つ傑作を





モノにすることになる。








・・・(笑)








サザンオールスターズ マチルダBABY

サザンオールスターズ 赤い炎の女

サザンオールスターズ 旅姿六人衆

そんなヒロシに騙されて//原由子

NEVER FALL IN LOVE AGAIN / サザンオールスターズ
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog