FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
あなたもわたしも・・・ひとりの傷つきやすい人間だ。 May 27, 2020
この世界を変えたいなら、愛と笑いで包み込め・・・それが僕らの無血革命!! May 25, 2020
コロナは・・・様々なアートに触れる機会を僕らに与えてくれた。きっとあいつもさびしがりやなんだね。 May 23, 2020
暗闇の中を僕らはまた手探りで進むだけさ。そしてまた何かを手にするために!! May 20, 2020
僕らの祈りは続く・・・きみがあの眩しい笑顔を取り戻すその日まで!! May 17, 2020

2011.09.18    カテゴリ:  未分類 

   再生と復興・・・アルバム『10 NUMBERS CARAT』を振り返る


サザンオールスターズというイメージを





良くも悪くも決定付けてしまったのが、




彼らのデビュー・シングル「勝手にシンドバッド」だった。






その独特の言語感覚と下世話な世界観から・・・





世間は彼らをコミック・バンドに位置づけようとした。









桑田の音楽的バックボーンの中には、




子供の頃に慣れ親しんだ




テレビ番組「シャボン玉ホリデー」があった。





その番組の中で、




軽妙洒脱なお笑いと粋でモダンな音楽性を




披露していたのが




クレージーキャッツ。





そう・・・




サザンが目指した音楽も、





狭い間口に囚われない




粋でモダンな王道ポップ・ミュージックだったのだろう。







M-337



けれど売れてしまったことで、




本来の雑食性が影を潜めてしまう。




つまり、同じスタイルの





拡大再生産を求められてしまうからだ。



M-338






世間の求めに対して忠実であろうとすればするほどに・・・





世間から自身が遊離していく。




もしかすると、





それもポップ・ミュージックの持つ宿命なのか?




M-339




後に、桑田佳祐が





NHKの音楽番組におけるインタビューで、





当時、




ドリフターズのいかりや長介から、





メンバーとしての加入の要請があったことを明かしていた。










長さんにしてみれば・・・






桑田の才能とセンスをずばり見抜いた上での





オファーだったのだろう。





勿論、桑田はそのオファーを断ったそうだ。





・・・(笑)




M-340






彼らの2ndアルバム『10 NUMBERS CARAT』には、






そんな迷いや戸惑いと同時に・・・





もう1度、





真摯に音楽と向き合おうとする彼らの姿が





透けて見える。






それを象徴するのが、「いとしのエリー」だ。






原由子への思慕を綴ったナンバーとしても






有名だけど・・・






この曲を書けたことで、





桑田佳祐は、





大衆の願いを叶えることで、





それ自体が自身の再生にも繋がることを、





体で自覚できたのかもしれないね。










そう、だからこそ、





この世の中に音楽が必要とされるのだと、





僕は思う。







互いが互いの再生と復興を実現するために。






・・・(笑)








サザンオールスターズ   思い過ごしも恋のうち

ラチエン通りのシスター  サザンオールスターズ

サザンオールスターズ/ブルースへようこそ

いとしのエリー サザンオールスターズ
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog