FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
僕は決してきみにはなれないし、きみは決してぼくにはなれない・・・それってとても素敵な事さ!! Oct 18, 2019
さあ、人々に愛と力とほんのすこしの勇気を・・・それがロックンロール!! Oct 17, 2019
他者の視点で己自身を対象化する・・・その先にこそ、僕らの未来がある!! Oct 15, 2019
どんなの小さな事にも・・・感謝の気持ちを忘れずに!! Oct 13, 2019
大自然の怒り・・・それはあなたにわかってもらえないという悲しみの叫び!! Oct 12, 2019

2011.09.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   お金は目的ではなくツール


9.11アメリカ同時多発テロから10年。



それは同時に、



3,11東日本大震災から半年が経過した事実を指す。




まるで神様が我々に対する戒めとして仕組んだように・・・




記憶の中に刻まれる。




ロッキング・オンのサイトを覗いたら、



こんな文章が載っていた。




“ではそれに対して自分はこの10年間、この半年間、何をしてきたか。

しなければならない事が何かははっきり過ぎるほどわかっている。言葉にしてはっきりと言える。
それは、世界を変えなければならないという事だ。2つの大きな不幸の大きな原因となり、また、元々の不幸をさらに大きなものにしたのは、「金が最も重要なものだ」という今の世界の在り方である。これからもさまざまな不幸は起きるだろう。だが、その不幸をさらに深刻なものにし、それに対する速やかで最善の対応を鈍らせたり事態を混乱させたりするのは必ず「金」、「金が最重要」という価値観である。(だから逆に、震災直後にごちゃごちゃ言う前に大金をパッと寄付した人達の態度を僕は支持する。たぶんその人達は金を「価値」ではなく「機能」として捉えているからだ)。その価値観を変えなければならない。その価値観を根底に置いた世界の在り方を変えなければならない。異論のある方はいくらでもどうぞ。今までのところ、僕はこの考えに疑いを持ったことがない。”

RO69 山崎洋一郎の「日々ロック通信」
東日本大震災から半年 2011.09.11 20:09記事より抜粋。




資本主義経済とは、


人類の英知が生み出した画期的システムだった。




誰かが抱いた夢と欲望に対して、



誰かが共感を表明し、お金を投資する




投資された側は、そのお金を活用して


人々に夢と希望と潤いを与えるというシステム





そう。



そのシステムを機能させるのは、



お金ではなく、



そのお金を活用する人々が抱く夢と好奇心だったはずだ。







“桑田佳祐というのは、とにかく、背負う人だ。と、改めて思った。背負うとか責任感とかそんなん知るもんか、とにかく無責任に好き勝手にやってやる、みたいなアーティストも、僕は否定しない。というか、好きだ。そんなふうな無責任さやいいかげんさもありなところが、ロックという表現形態のすばらしいところだとも思っている。
ただ、桑田佳祐は、そうではない。すべてを背負う。すべてを受け止める。で、すべてを、まっすぐに投げ返す。シリアスな病気で長らく休んだあとの、復帰ライヴであること。それが、東北大震災の復興支援ライヴであること。だから、「祈り」と「お祭り」を同時に、ちゃんと、やらなきゃならないこと。9年ぶりのソロ・アルバム『MUSICMAN』を出したのに、そのリリース・ライヴとかリリース・ツアー、いまだにやれていないので、これが一発目の、人前でそのアルバムの曲たちをやる場所になる、ということ。などのすべてを、桑田は100%背負って、そしてステージで、その背負ったものたちに対して、責任をはたしていた。答えを出していた。十二分すぎるほどのものを、客席に投げ返していた。
しかも、「必死に」とか「命を賭して」とか「悲壮なまでの覚悟で」とかではない。いや、もしかしたら、内心はそうだったのかもしれないけど、僕には、そういうふうに見えなかった。「普通に」やっているようにしか、感じられなかった。
現に、7曲目をやる前のMCの時だったと思うが、桑田はこう言った。

「こんな感じで、ずっといきますけど。……普通でしょ?」

そう。普通だった。それがとんでもねえ。というライヴだった。いや、もちろんMCでは何度も震災のことに触れたし、自分の病気のことにも触れた。「申し訳ありませんけども、去年、私は、命をいただきました」という、感動的なMCもした。だけど、そういうような「復帰」「再生」みたいな感動物語にも、「震災の復興支援とは」というようなことにも、「すんげえいい曲たちがすんげえいい演奏と歌で今この場で披露されている」という、目の前のこの事実の方が、圧倒的に勝っていた。(兵庫慎司) ”

RO69ライヴレポート>>桑田佳祐 @ 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)より抜粋。





にも拘わらず、




何故この世界は不幸に覆われてしまうのだろう?







それは、お金に心を支配されてしまったからだ




お金に心を支配されてしまうとどうなるか?




本来、お金とは人と人の繋がりを媒介するツール



だったのに、




お金を手に入れることが目的と化してしまった






だから権力を得た者は、貧しい者達や、弱い者たちから




お金を搾り取る





搾り取られた者たちは、




お金を手に入れるためにどんな酷い手段も辞さなくなる




それが争いの火種になる。




それが国家レベルに拡大すると戦争になる。





“MCなどでそのことに触れられることはなかったが、このグランディ・21は、震災後、亡くなった方々の遺体安置所として使われていた場所である。そこで復興支援ライヴをやるにあたって、というか、やるかどうかということ自体、桑田は相当考えたであろうことは想像に難くない。不謹慎だととられるかもしれない。でも逆に、だからこそここでやるべきだ、鎮魂のためにやるんだから、という考え方もある。で、桑田は、後者を選んだ。そして、その判断が間違っていなかったことを、ステージで示した。(兵庫慎司)”

RO69ライヴレポート>>桑田佳祐 @ 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)より抜粋。




世の中の有り様を物凄く単純に俯瞰すると、




こういうことなんだと思う。





ならば・・・お金に心を支配されないようにするためには、




何が必要なんだろう?





これも当たり前のことだけど、我々の心の在り様に全てが委ねられている。





我々自身の心の有り様が、世界を変えるためのキーワードだ。




今日、道を歩いていて・・・



余りにも喉の渇きが酷くなり





道端の自販機で清涼飲料水を購入するためにコインを投入したら、




「募金、ありがとうございました」という自動音声が流れてきた。





その瞬間に、思った。



これだっ!!









誰かが自身の欲望を満たすために投資する




すると、




そこに投資されたお金は世の中を潤すと同時に、




投資した側とされた側の心も潤してくれる







お金というツールを通して相互の理解が深まり、




信頼関係を醸成するシステム








それこそが、経済の本質だろう。







・・・(笑)




真夜中のダンディ~ROCK AND ROLL HERO(ミニドラマ付)

TSUNAMI / サザンオールスターズ<PV>

サザンオールスターズ ロックンロールスーパーマン @音楽寅さん














ヤフーブログなら「傑作」ポチッ!
mixiなら「イイネ!」ボチッ!
ということで、素晴らしいご意見。
いろいろ参考になります。
ochiochiさん

ありがとうございます。


褒められると嬉しいですよねっ。


人は褒められるとドーパミンの分泌量が増えるそうなんです。(笑)


元々、このテキストはロッキング・オンのサイトを覗いた時に目に付いた山崎洋一郎氏のテキストからインスパイアされました。


だから・・・山崎さんにも感謝!!ですね。(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog