FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
僕は決してきみにはなれないし、きみは決してぼくにはなれない・・・それってとても素敵な事さ!! Oct 18, 2019
さあ、人々に愛と力とほんのすこしの勇気を・・・それがロックンロール!! Oct 17, 2019
他者の視点で己自身を対象化する・・・その先にこそ、僕らの未来がある!! Oct 15, 2019
どんなの小さな事にも・・・感謝の気持ちを忘れずに!! Oct 13, 2019
大自然の怒り・・・それはあなたにわかってもらえないという悲しみの叫び!! Oct 12, 2019

2011.09.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   エレカシは何故普遍で在り続けるのか?


鉢呂経産相 無神経発言での辞任は当然だ
(9月11日付・読売社説)

 高い支持率で船出した野田政権が、いきなりつまずいた。

 鉢呂吉雄経済産業相が10日、福島県の原子力発電所視察を巡る失言の責任を取って辞任した。

 原発事故がまだ収束しない中、原子力政策の担当閣僚が、被災者たちの感情を踏みにじるような発言を繰り返すようでは、資質が疑われる。野党側からも鉢呂氏の辞任を求める声が強まっていた。

 辞任は当然だ。野田首相の任命責任も問われよう。

 鉢呂氏は8日、野田首相に同行し、東京電力福島第一原発や周辺自治体を視察した。

 帰京後、議員宿舎で記者団の取材を受けた際、着ていた防災服の袖を記者にこすりつけるようなしぐさをして、「ほら、放射能」などと語ったとされる。

 鉢呂氏は「言葉は正確に記憶していない」と釈明したが、風評被害を抑えるべき立場にある政治家としては、あまりに無神経だ。

 9日の記者会見では、視察した原発の周辺市町村を「死のまち」と表現した。事故対応に全力を挙げるべき内閣の一員から、ふるさとを「死のまち」と呼ばれては、被災者は到底納得できまい。鉢呂氏は陳謝して発言を撤回した。

 鉢呂氏は産業・通商政策に関しても腰の定まらない発言が目立った。環太平洋経済連携協定(TPP)については「関税ゼロと農業再生の両立は難しい」と後ろ向きの姿勢を示していた。

 原子力政策でも、将来は基本的に「原発ゼロ」になるとの見通しを語るだけで、エネルギー安定供給への認識には乏しかった。

 首相が早期幕引きを図った背景には、13日から始まる政権初の臨時国会を控え、失言に対する野党の追及で厳しい国会運営を強いられるとの判断があろう。

 重要閣僚が就任から9日目に辞任する事態は、野田政権には極めて大きな打撃だ。

 東日本大震災を巡っては、7月に松本龍・前復興相が失言で辞任している。政治への不信感はさらに増幅するばかりである。

 鉢呂氏以外にも、政府・与党からは不用意な発言が飛び出している。一川防衛相は「安全保障に関しては素人だ」と発言し、平野博文国会対策委員長も「内閣が不完全な状態では十分な国会答弁ができない」と語った。

 震災復興、円高対策、外交問題など、野田政権には多くの政策課題が待ち構えている。首相は早急に体制を立て直し、政権運営に万全を期さねばならない。

(2011年9月11日01時16分 読売新聞)





あえて・・・




誤解を怖れずに云うならば





「死のまち」という発言は、素直で純粋な心の有り様を示したものだったのでしょう。






無垢な子供の心がそうであるように。






でも・・・様々な人生経験を経てきた成熟した大人の発言としては




余りにも幼すぎる






最早、その真意を推し量る気にもならないし、




その軽率さに対して




怒る気力すら涌いてこない・・・





それが正直なところだと思います。








でも、僕が一番怖いなと思うのは・・・




自身の未熟さを省みずに、




他者を批判し、非難するだけの風潮は、




どんどん己の精神を萎えさせ、




蝕んでいくような気がしてなりません。





僕は嘗て、



エレファントカシマシの音楽がとても嫌いでした。



その理由とは、



表現の質が余りにもストレートで


純粋すぎたからです





当時の宮本は、




自身の心の有り様を何一つ偽ることなく表現に昇華させようとしていた





その結果として、



あの名曲「奴隷天国」が生まれたのだと思う。(笑)











僕はこの曲が大嫌いだった




つまり「これ、俺に向けて唄ってるんだよな」だったから。



・・・(笑)




でも彼は今でもこの曲をステージで歌い続けている。




たとえ、そこで唄われている歌詞




被災地で暮らす人々の心情を




激しく!!逆なでするような表現が溢れていたとしても





彼は他者の心の深部に照準を合わせて





狙い撃ちする






撃たれた人間は、




もしかしたらそのまま息絶えてしまうかもしれない




それでも、あえて彼は世間を糾弾する




何故そうするのか?




つまり自身が他者に向けて発したことばは、




そのまま自身に向けて放たれるからだ





だからお前も闘え!!と、宮本は噛み付く。





でも同時に・・・



それだけでは弱い人はどんどん闘争意欲を失い


萎えてしまう
ことにも




彼は気付いていた。





そこから、他者の心に寄り添う術を学んだ





だからこそ、




エレカシという生命体は



瑞々しさを失わずに生き続ける事が可能なのだ














だからこそ、





「奴隷天国」があり、


「ガストロンジャー」があり「俺たちの明日」があり、


そして「今宵の月のように」がある






僕はそう思う。






被災地に寄り添い、一つになるということは、




被災地に擦り寄って同情することでは無いはずだから





生きている限り、




常に快晴の日々ばかりが続くわけもありません。




時には、どす黒い雨雲に覆われる日々もあるはずです。




時には、嵐に見舞われ、成す術も見失う日々があるはずです。





それが、生きるということですよね。











人の心にも様々な側面があります。





他者との間に不必要な摩擦を起こさないようにするために、




人は建前と本音を使い分ける。





寛容の心とは、




自身の心を上手にコントロールしながら、生きていくということ。





荒天や曇天に備えて、




常に自身の心の有り様を平静に保ち続けるということ






とても難しいけれど・・・





結局、日々の自己研鑽しか




有効な処方箋は無いのかもしれないですね。(笑)






ガストロンジャー / エレファントカシマシ

エレファントカシマシ 奴隷天国

エレファントカシマシ - 俺たちの明日

今宵の月のように / エレファントカシマシ













トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog