FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
風に舞った花びらが・・・いつのまにかあなたのてのひらで、微笑んでいる!! Feb 22, 2020
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020

2011.07.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   中村とうようと音楽の価値観


中村とうよう氏が亡くなった。




中村とうようと、云えば・・・




音楽評論家としての渋谷陽一の仇敵であり、彼を音楽ジャーナリズムの道へと向かわせた体制の象徴でもあった。





そのような認識が僕の中には刷り込まれている。


“例外なく音楽雑誌の記事は僕を不快にさせた。それなら読まなければいいと言われそうだが、やはりロック関係の記事があると気になって読んでしまう。
特に気分が悪かったのが数年前位のニュー・ミュージック・マガジンであった。ロックを基本的に必要としないような連中が、まったく見当はずれな基準でアルバムに点数(!)をつけ、したり顔で寸評などしているのを見ると無性に腹が立ち、腹が立ったからといって何もできない自分を省み、今度はいらいらしてくる。実に健康に良くなかった。それで痩せてしまったのかもしれない。”

渋谷陽一 「メディアとしてのロックンロール」本文より抜粋。




が・・・今や、その渋谷陽一自身が、体制の象徴なのだ。







ある方のブログに、とうようさんから教わった事として、




こんな言葉が記されていました。




“「本当の音楽は、泥臭い大衆性と、歌のうまさとかそういう肉体性も大事なんだ」
「頭でっかちに音楽にはまっちゃ駄目だよ」”




それって、とても大切なことですよね。



音楽って、文字通り“音を楽しむ”ことですからね。




精神性から入っていくと、その本質を忘れがちになりますよね。









たぶん、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬も、



とうようさんと同じ価値観を共有してたのかもしれない。




彼の場合、勿論パンクからのダイレクトな影響によってバンドに目覚めたのだと思いますけど、



それだけでは飽き足らなかったのでしょうね







自身でも語っていましたけど、




音楽をカタログ的に聴いていくと必然的にルーツ・ミュージックまで遡っていくと




だから彼の音楽は・・・



ロックでありながらも泥臭くて芳醇な薫りを放ち、



強靭な肉体的グルーヴを獲得できたのだと思うんです。













とうよう氏は、あるインタビューでこんなことを語っていました。


“僕はいろんなところに好奇心を振り向けて、いろんなものを吸収してきたことが結果的にこうなった。音楽を本当に必要としてる人は、好奇心がエネルギーの源になるはずなんですね。ところが今の若い人たちの音楽の聴き方は、友達がこれを聴いてるから自分もそれを聴かなきゃならないとまわりに全部合わせてしまうみたいな形です。また、音楽を作ってる業界の方もそういう形でまわりに広まりやすいような音楽しか追求しない、作らなくなっているような気がするんですよね。”


http://www.fmp.or.jp/award/interview02.html





その通りだと思います。





世界中、何処へ行ってもそこに人がいて人の営みがあれば、



音楽が生まれる。




世界中、何処へ行ってもそこに人がいて酒を酌み交わせば、




みんな友だち。












そしてそこにも音楽が寄り添ってくれる






それが音楽の本質かもしれないですよね。




Newest Model - Land Of A Million Crossbreed

NEWEST MODEL "こたつ内紛争"

The Newest Model - Hey Pocky A-Way (japanese cover)

ニューエスト モデル / ソウルサバイバーの逆襲 ('89.8.20)












トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog