FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
風に舞った花びらが・・・いつのまにかあなたのてのひらで、微笑んでいる!! Feb 22, 2020
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020

2011.07.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   何故、唐突に脱原発なのか?


脱原発宣言 看板だけ掲げるのは無責任だ
(7月14日付・読売社説)

 深刻な電力不足が予想される中で、脱原子力発電の“看板”だけを掲げるのは無責任だ。

 菅首相は13日の記者会見で、「原発に依存しない社会を目指すべきだ。計画的、段階的に依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現する」と述べた。

 日本のエネルギー政策を大転換する方針を示したものだが、原発をどのように減らしていくのか、肝心の具体策は示さなかった。

 原子力発電を補う代替エネルギーの確保策が、不透明なままだったことも問題である。

 首相は、太陽光や風力などの自然エネルギーを「ポスト原発」の有力候補と考えているようだ。

 自然エネルギーの普及は促進すべきだが、現時点では総電力の1%にとどまり、発電量は天候などで変動する。コストも高い。

 量と価格の両面で難題を抱えており、近い将来、原発に代わる基幹電力の役割を担えるほど見通しは甘くない。

 火力発電で急場をしのげても、燃料費がかさんで電力料金が上がれば、産業の競争力低下を招く。工場の海外移転による空洞化も加速して、日本経済は窮地に立たされかねない。

 安全確保を徹底しつつ、原発利用を続けることが、経済の衰退を防ぐためには欠かせない。

 首相はまた、当面の電力不足について、節電などで「この夏と冬に必要な電力供給は可能だ」との見通しを述べたが、その根拠についての言及はなかった。

 企業の自家発電など「埋蔵電力」も活用できると見ているようだが、どの程度の供給余力があるのか、手探りの状態にある。

 代替電力の展望もないまま原発からの脱却ばかりを強調するのは、あまりにも非現実的だ。

 原発のストレステスト(耐性検査)を巡る閣内不一致によって、九州電力玄海原発など、定期検査で停止している原発の再稼働に見通しが立たなくなっている。

 首相が、ストレステストの判断が妥当なら「再稼働を認めることは十分にある」と述べたのは、当然のことである。

 ただし、脱原発を掲げる政府が運転再開を求めても、地元自治体は戸惑うだろう。

 首相には、福島第一原発の事故に伴う国民の不安に乗じ、脱原発を唱えることで、政権延命を図る思惑もあったのではないか。場当たり的言動が、多くの混乱を引き起こしている。首相は、そのことを自覚すべきだ。

(2011年7月14日01時15分 読売新聞)








“まず、今一番の問題が、放射能である。

もう避けることの出来ない問題であり、チェルノブイリの大事故、今から25年前の1986年にも日本でも大騒動になったことをすっかり忘れてしまっていることに元々は端を発する。
このときキチッと論理をもって考えることが出来たらなら、現在はまったく違う日本があっただろう。
もちろんそれ以前にも核実験などが多く行われ、地球はすでに多く汚染されたのだが。

今さら、放射能が嫌とかいっている場合ではない。
むしろこういう社会へと推し進めたのは、日本もそのひとつだが、先進国に他ならない。
科学技術を礼賛、というか快楽を求めて、その恩恵に与(あずか)ることをよしとした我々自身なのである。

このことは消そうにも消せない事実である。

ゆえに、放射能漬けの食物は我々、先進国の人間が積極的に摂取するのがまず基本である。
もちろん成長期にある子供にはなるべく食べさせないようにしたい。
子供には罪はないのだから、この願いは万国共通であろう。

こういう反省の上に立って初めて、本当の意味での原発反対を唱えるべきなのである。

ここまでのお話になってくると、資本主義そのものの枠組みの見直しへと進まざるを得ません。

今までは、とにかく無駄でも何でも作り、大量消費が行われてきた。
しかし、この枠組みが壊れようとしている。
そうなったとき、産業の多くがそのあり方を問われよう。

どうしたらよいのか?
どうすべきなのか?
明確な答えがありそうでない。

我々の決断ひとつでいくらでも変わる可能性があるからだ。

まさに今、人類は大きな岐路の前に立たされているといえまいか。”

ochiochiのワンダーランド2 岐路に立つ資本主義 
2011/7/11(月) 午前 10:46 記事より抜粋。













一国の首相が、国民の大多数が望んでいるであろうエネルギー政策の大転換を明言したのだから、





本来ならば、喝采を浴びてしかるべきなのに・・・




何故、そうはならなかったのか・・・









嘗ての歴代政権が、国民に多大な負担だけ押し付けて、知らん顔を決め込んできたからなのか?




政策を決定する前に遣ることがあったはずだと。










それが、国民との間の契りである。






菅首相にはこんなふうに真摯な想いを吐露して欲しかったと思う。





矢沢永吉 限りなき夢との出会い 1/5

矢沢永吉 限りなき夢との出会い 2/5

矢沢永吉 若い広場 リメンバー佐世保

もうひとつのヒーロー伝説

















私はこのような壮大な夢を抱いている。




出来れば、この夢を皆と分かち合えるようにしたい。











そのためには、



わたしたち一人ひとりの責任と自覚が必要になるだろう。





何故なら、



この国を支えているのは、あなたであり、わたしであるからだ。











この、生きていくうえでの大前提は、



未来永劫揺らがないし、未来永劫普遍の永久パスポートだからだ。









その永久パスポートを手にするために・・・





我々は宣言する。






旧来の価値観を過去に葬ることで・・・





未来に向けた全く新しい価値観を手に出来る可能性を



我々は既に手に入れているのだと。







そのためにもあなたの知恵と勇気が必要だ。







共に闘っていこう。







よりよき未来を手にするために。








こんなリーダーを、我々は嘗て無いほど渇望しているはずだ。







だから、いい加減に・・・目を覚まして立ち上がろう。






菅政権には、もう何一つ望めないし、





何一つ得るべきものもないと。







Desire - U2

Bruce Springsteen - Hungry Heart

U2 - Pride (In The Name Of Love)

矢沢永吉/SOMEBODY'S NIGHT with Bank Band










トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog