FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ほんとうに辛い時、ほんとうに悲しい時、ことばはなんの役にも立たない。それでも・・・ Dec 15, 2019
きみはきみのやりかたで・・・どこまでもこの道をゆけばいい。僕も僕のやり方でこの道を行く。 Dec 14, 2019
とりあえず・・・こんな夜はすべてをあなたのやさしさに委ねてしまおう。 Dec 11, 2019
とりとめのない幻想と街角のリアル・・・それがぼくの東京原風景 Dec 10, 2019
心が折れそうな時、誰の助けも得られない時・・・最後に頼りになるのは、君の心のシェルターだ!! Dec 09, 2019

2019.10.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   おまえが日々の営みの中で感じる痛みこそ・・・生きているという証なんだ。


今月の編集後記──ビートルズ『アビイ・ロード』特集号
2019.10.21 17:30
山崎洋一郎の「トリプル編集長日記」 山崎洋一郎の「総編集長日記」




https://rockinon.com/blog/yamazaki/190071




“どこか面倒くさい感じがあるというか、聴いてて盛り上がらない感じがあるというか、あんまり手が伸びなかった。
今思えば、その面倒くささの正体は、「アルバムのためにアルバムを作る」というあの時代の「アルバム至上主義」だったんだということがわかる。”
(山崎洋一郎)

“最後のほうのアルバムは「バンド内のバランス」=「アルバム内におけるバランス」という感じだし、とにかくアルバムが成立することが、バンドが成立していることの証だったのだ。”
(山崎洋一郎)

“その「アルバムとして成立させなきゃ感」がどうしても漂う、というかむしろそれが作品のパワーになっている『アビイ〜』や『レット〜』は、瞬間的快楽を求めていた10代の僕らにはちょっと面倒くさかった。”
(山崎洋一郎)








DIR EN GREYの最新シングルはものすごいことになっていた――近田春夫の考えるヒット
近田 春夫15時間前
source : 週刊文春 2019年10月10日号

genre : エンタメ, 音楽




https://bunshun.jp/articles/-/14508?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink



“アカデミックな整合性などものともせぬ、怖いもの知らずな言語感覚と、冒頭にも述べた“ものすごいことになってる”という印象とは、決して無関係なものではない。”
(近田春夫)

“とにかく、DIR EN GREYの新譜に何より強く実感するのは、映像を含め隅から隅まで、他を自らと比較せぬ、あるいは意識せぬ迷いのなさだ。我が国に於いて彼らは稀にみる“実存的”な表現者たちなのではないかと、私は思った”
(近田春夫)



M-7282




生きている限り、
生かされている限り、
おまえが
感じる
その痛みこそ
生きているという
証なんだ。







♪君の名は
この僕に何を残したい
思い出は
重荷になると言う
旅立ったら消せそうじゃん
卒業おめでとう
手を振った
君が
なんか
大人になってしまうんだ・・・
(プライマル)




M-7280

M-7281










M-7283

M-7284

M-7285







なにごともなく
過ぎていく・・・
あたりまえの一日が
こんなにも
愛しい!!
うん。
そんなあたりまえの
しあわせが
いちばんニャッ。

やさしい
あのコにも伝えたい。







Come Together (Remastered 2009)

DIR EN GREY - 「The World of Mercy」 (Promotion Edit Ver.) (CLIP)

THE YELLOW MONKEY - プライマル。

スピッツ / 優しいあの子










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog