FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ほんとうに辛い時、ほんとうに悲しい時、ことばはなんの役にも立たない。それでも・・・ Dec 15, 2019
きみはきみのやりかたで・・・どこまでもこの道をゆけばいい。僕も僕のやり方でこの道を行く。 Dec 14, 2019
とりあえず・・・こんな夜はすべてをあなたのやさしさに委ねてしまおう。 Dec 11, 2019
とりとめのない幻想と街角のリアル・・・それがぼくの東京原風景 Dec 10, 2019
心が折れそうな時、誰の助けも得られない時・・・最後に頼りになるのは、君の心のシェルターだ!! Dec 09, 2019

2019.05.10    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   さあ・・・今宵もロックンロールの快楽の花園へようこそ!!


英語で歌えばロックで、日本語で歌えば歌謡曲なのか・・・そんな議論の季節を経て、我が国のポップ・ミュージックは成熟の果実を手にした。それはユニバーサルという価値観だ。自分が思う通りにやればいい。どんなスタイルも許容するのが歌謡曲の本質だ。


僕らの世代のルーツ・ミュージック・・・それが昭和歌謡だ。洋楽への憧憬を独自のスタイルとして昇華させたのが歌謡曲だ。そこにはジャズ、ブルース、カントリー・・・全てがある。ぼくらは歌謡曲を聴いて未知の世界への好奇心と探求心を深めていった。

当時、ツイストがデビューした時、宇崎竜童は「演歌ロック」と揶揄したらしい。チャーや原田真二も、例外なくアイドル歌謡として認識されていた記憶がある。でも、歌謡ロックはとても濃密でクールなスタイルなんだぜっ。それは現在のJPOPやヴィジュアル系に受け継がれている。




M-6447




♪最後の部屋は
星降りそそぐ時の果て
住めなくなった
青い地球は窓の外
突然夢が途切れた
ここは
東京
君の手の中・・・
(タイムトラベル)



M-6448




いつの日か・・・
君の胸に
沈みたいんだ。
俺の魂は
いつも
君の胸の中さ!!



M-6449

M-6450




♪薔薇を投げるなら
明日にしてくれ
負けたみじめさに
沈む気分は
はしゃぐぐらいでは
戻せないだろう
あなたには
いい顔を
いつでもしていたい
さあ
向うを向いてくれ・・・
(闘牛士)








M-6451




♪人生つらけりゃ
俳句を読めよ
言葉が足りなきゃ
短歌があるぜ
人生つらけりゃ
ジルバを踊れ
ステップ踏めなきゃ
スラッシュあるぜ・・・
(スラッシュ禅問答)









M-6440



♪呪いの館には
行っちゃいけねぇ
くどいようだが
行っちゃいけねぇ
今すぐ
君を狙ってる
タマミ
タマミ・・・
(マタンゴ)







M-6441

M-6442

M-6443





日本各地のライブハウスを巡演中の新星、スターベンダーズに注目! 素晴らしく強烈なライブ・パフォーマンスを目撃せよ
2019.05.09 18:30

rockinon.com洋楽ブログ




https://rockinon.com/blog/yogaku/186087




パワー・ポップ、グランジ、パンク、メタル・・・
ロックンロールの
快楽と夢が詰まってる!!
うん。
最高だっつつつつつつつつつ。



M-6444

M-6445

M-6446









毒も華も・・・
すべて、
おまえのものだ!!
ロックンロールの
快楽の花園へ
ようこそ~~~~~~~。







1978 世良公則 ツイスト 原田真二 Char

スラッシュ禅問答 / 筋肉少女帯

マタンゴ / 筋肉少女帯

Starbenders - 21st Century Orphan (Official Video)










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog