FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
一日に一回だけでいい・・・そんな自分をおもいっきり抱きしめてあげよう!! Jul 21, 2019
社会の規範からはみ出した奴らの吹き溜まり・・・それがロックの快楽だ!! Jul 20, 2019
さぁ・・・国政選挙だ!! くだらねえ世の中に風穴を開けてやるんだっ。 Jul 19, 2019
どんな小さなことでもいい。夢を叶えるために日々を生き抜く!! それが生きる為の立派な目的になる Jul 17, 2019
汚れた水を浴びるほど呑んでも、あなたのハートを守りたい!! Jul 15, 2019
 全1ページ
このページのリスト
  この胸の想いを・・・いますぐあなたに伝えたい!! それが表現という名の翼なんだ   こころに屈託を抱えている時こそ・・・あなたのやさしさにすべてを委ねたい!!   歳を経ても・・・初めてわかることがいっぱいある。 それって、素敵なことだよな!!   やりたいことをやりたいとき、やりたいままにやればいい・・・   あなたのやさしさに・・・いつも素直になれないのは、ぼくが只の臆病な弱虫だから。   信じてもいいんだぜ・・・不安の欠片も無いさ。ふたりの素敵な未来!!   裏表のない奴なんているのかい・・・そんな奴よりも、裏表を隠そうとしない奴を僕は素敵だと思う   明日も・・・あなたが笑顔でまたここに集うことを!!   この人生が終わる最後の瞬間まで・・・自分を信じ続けよう!! 愛し続けよう!!   今夜は・・・おまえのやさしさに溺れてもいいのかな?   全ての悲しみと絶望も・・・明日という名の微笑みのために存在する。   今宵も全ての悩める同胞に愛の光が降り注ぎますように・・・   今宵も・・・ロックンロールの神様があなたの下に降臨!!

2018.11.30    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   この胸の想いを・・・いますぐあなたに伝えたい!! それが表現という名の翼なんだ


ジューダス・プリースト、東京公演ではなんとグレンも登場! 満員のTOKYO DOME CITY HALLがさらなる感動に包まれた 
2018.11.29 12:02

rockinon.com洋楽ブログ





https://rockinon.com/blog/yogaku/181980




なんと!!
ロッキング・オンのレビューに
音楽ライター増田勇一氏が寄稿している。
しかも
そのライヴ・レビューは
ジューダス・プリーストの来日公演である。
これは夢じゃない!! 
なんて素敵なことだろう。




“そして特筆すべきは、有無を言わさぬ超絶メタル曲の代名詞のひとつというべき“Painkiller”でひとたび着地点に達したのち、ステージにグレン・ティプトンが登場したこと。今回のワールド・ツアーにおいて、特に体調の良い日にだけ部分的に演奏に参加してきた彼は、これまでの北海道、岐阜、岡山、大阪での公演には登場していなかった。が、日本公演の最終公演地である東京には駆けつけることができたのだ。そのグレンを含むトリプル・ギター編成で披露されたアンコールの3曲に歌声を重ねながら、感涙を堪えきれなかった観客も少なくないことだろう。僕自身も、そのひとりである。”
(増田勇一)











M-6754





“僕はさ、何歌っても自由だと思ってんだよ。僕が歌いたい歌をさあ、誰がなんと言おうと歌いたいだけでさ。”
(忌野清志郎)




M-6756








遥か彼方で・・・




微笑んでいる希望の証に




今日も




みんなで逢いに行こう!!







M-6754

M-6755








ぼくらが・・・
今日という日を
懸命に生き抜く理由。
また
明日も、
あなたの
眩しい笑顔に
出逢えると信じているから。
それだけで
全てが
報われるんだ。
ホントだぜっ!!




M-6757









この想いを伝えたい。
そう思った瞬間、
あなたの胸に・・・
いますぐ
飛び込んでいける。
それが、
表現という名の
翼なんだ。







Judas Priest – Metal Gods〜Breaking the Law(with Glenn Tipton)@Tokyo Dome City Hall 2018.11.28

Kiyoshiro Imawano - Kimigayo ~ 忌野清志郎 - 君が代

「トランジスタ・ラジオ」忌野清志郎 佐野元春

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『ボーイズ&ガールズ』

「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」Music Video+インタビュー/ TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA







2018.11.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   こころに屈託を抱えている時こそ・・・あなたのやさしさにすべてを委ねたい!!


愛しあってるかい・・・



イェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ~~~~~~~~~




~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!









M-6752

M-6753






ボン・ジョヴィを東京ドームで観た
2018.11.26 23:08

山崎洋一郎の「総編集長日記」




https://rockinon.com/blog/yamazaki/181905



“ジョン・ボン・ジョヴィはガンズのアクセル・ローズと同い年で56歳。
レッチリのアンソニーとも同い年だ。3人ともそれぞれのスタイルでスタジアム級のアーティストとして80年代と変わらずに元気で活躍してて、同じく56歳の僕は非常に嬉しく思うのだった。”
(山崎洋一郎)



ジョン・ボン・ジョヴィも、
アクセル・ローズも、
未だ旅の途上・・・
なぜなら、
どんな夢も
叶えたその瞬間から
もう
夢ではなくなるからだ。
そして、
人はまた旅に出る・・・
それが
人生だから。








互いが
一つの価値観を共有し、
夢を追いかける
その途上は美しい。
でも一つの夢を
叶えたその瞬間から、
人はまた別の夢を追い求める。
その途上で
誰かを傷つけ、傷つく。
それを
甘んじて受け入れた時、
人は
そこからまた
一歩踏みだす自分に気付く。
その繰り返し・・・










卒婚・・・
これまでの
様々な
紆余曲折の
旅路をふり返りながら、
でも、
結構悪くないよな。
そんなふうに
互いの新たな門出を
祝福し合えたなら、
なんて
素敵な事でしょう。
ねっ、
二人の未来に幸あれ!!










M-6750

M-6751









心に屈託を
抱えているときは、
すべてを、
あなたのやさしさに
委ねてしまおう。
それだけで・・・
こころは
いつも
満たされる。







トランジスタ・ラジオ / RCサクセション / 忌野清志郎

Bon Jovi - Keep The Faith

Guns N' Roses - Welcome To The Jungle (Official Music Video)

Simon and Garfunkel - Bridge Over Troubled Water

Bon Jovi - Livin' On A Prayer








2018.11.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   歳を経ても・・・初めてわかることがいっぱいある。 それって、素敵なことだよな!!


大相撲九州場所千秋楽・・・
貴景勝が
この一年を
締めくくる場所で
初の賜杯を手にした。
おめでとう!!
いやぁ・・・
ホント連日盛り上がった。
大相撲もロックンロールも、
日々の熱い闘いが
全てさ。
そんな
日々の積み重ねが
ぼくらの
未来を輝かせるんだ。







M-6739

M-6740



♪とんねるぬけて
トンネルぬけて
お花畑の
かわいいあの娘に
逢いたいナ
若いぼくらの
でっかいハートには
夢が
いっぱいなのさ・・・
(トンネル天国)







M-6743





“俺はたまたま音楽というものを仕事にしているけど、同じ年代の連中はみんな、日常に立ち向かってますよ。さっきの親の問題も含めて(笑)。自分がロックであろうとなかろうと、日常はね、覚悟するまでもなくのしかかってくるから”
(仲井戸麗市)







M-6742

M-6741



“でもこの歳になるとさ、自分の社会性のなさを突きつけられるわけですよ。ロックンロールだブルースだ言ってるけど、だから何なんだよ、みたいなことになる。でもステージに立ったりギターを持った時はそこは聖地っていうか、どんなに社会性がなくても譲れないところになるんだな”
(仲井戸麗市)








M-6744

M-6745




“ロックは筋道がなくてもいいんですよ。上手ければ、すべての人がプロになれる。これは手っ取り早いし、勉強しなくてすむ(笑)。ロックも、筋道を学校で教えるようになったらもうおしまいですね。”
(忌野清志郎)







M-6746

M-6747

M-6748



“どんなえらい奴が来ても君は君の夢を主張できるかい?俺は主張できるよ。だって俺は最高のダイヤモンドなんだからね。Hey、君はちがうのかい?君が最高のダイヤモンドじゃないなんて初耳だな”
(忌野清志郎)







M-6749







歳を経れば・・・
背負うものも
否応なしに増えていく。
そんな
日々の艱難辛苦と
向き合いつつ、
初めてわかることが
いっぱいある。
それって、
素敵なことだよな。







Akfg - Kimi To Iu Hana HD

ザ゙・ダイナマイツThe Dynamites/トンネル天国Tunnel Tengoku (album Version) (1968年)

仲井戸麗市 / ティーンエイジャー

チャンスは今夜 / 仲井戸麗市 × 奥田民生 × OKAMOTO'S × 斉藤有太 × うつみようこ

RCサクセション 雨上がりの夜空に

Rock'n Roll Show

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『ボーイズ&ガールズ』











2018.11.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   やりたいことをやりたいとき、やりたいままにやればいい・・・


大相撲九州場所・・・
なんと!!
まさかの貴景勝逆転負け。
これだから、
勝負の世界はわからないんだっ。
でも、
これでまた、
明日千秋楽の
取り組みが楽しみだっ。
イエエエエエエエ~~~~~~~~~!!









M-6732

M-6733

M-6734




夢のスーパー・バンド・・・
今の世なら
誰もが
既成の枠に
縛られることなく、
フレシキブルな生き方が
許されるのにね。
時の流れを恨むなよ。
生まれてくるのが
早すぎたんだ。





M-6735

M-6736

M-6737

M-6738








やりたいことを
やりたいとき、
やりたいままにやればいい・・・
うん。
それが
日々のしあわせに
つながると、
信じてる。




M-6724

M-6725









逢いたいときは
いつでも、
声をかけてくれ!!
おれは、
いつだって
君の心の中で
叫んでる。
おれは、
おまえの
すべてでありたいんだ!!
と。








M-6726

M-6727

M-6728




ポップスは・・・



いつも、



その人の生活に寄り添ってくれる



大切なともだち!!




M-6729

M-6730

M-6731









いつまでもいつまでも・・・



あなたの



心の支えで



ありつづけるのさ。








RCサクセッション 忌野清志郎 - ドカドカうるさいR&Rバンド 1983

PYG「自由に歩いて愛して」(1971年)沢田研二,萩原健一,井上堯之,大野克夫,岸部修三,大口広司

危険なふたり  沢田研二

ザ・タイガースThe Tigers/色つきの女でいてくれよ(1982年)  視聴No.4

ザ・テンプターズThe Tempters/神様お願いKamisama Onegai (1968年) 視聴No.20












2018.11.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   あなたのやさしさに・・・いつも素直になれないのは、ぼくが只の臆病な弱虫だから。


今年一年を締めくくる
大相撲九州場所・・・
貴景勝の
溢れだす闘志と勢いが
止まらないっ。
明日は・・・
いよいよ
大関高安との一番!! 
こりゃあ~~~~~楽しみだっ。
その
熱いスピリットは
ロックンロールの熱狂と興奮だぜっ。



M-6723







M-6721





あの不良番長が・・・
実は、
唄って踊れるGSアイドルだった!!
君は知ってるか・・・
そう。
あのホタテマンで一世を風靡した
安岡力也だっ。








M-6732




大人だって子供だって、
みんな
月曜日が大嫌い・・・
未來への
不安と憂鬱に
苛まれながら、
ぼくらは
明日に願いを架ける。
どうか、
素敵な一日に
なりますようにと・・・
全ての音楽は
そのためにこそ
存在するんだ。








M-6730










全てが満たされた
その瞬間から・・・
人はまだ
満たされていない
自分に気付く。
そこからまた全てが始まる。
あぁ、
生きるという事は
なんて
理不尽なのでしょう!!
そ・れ・は・ね・・・
只の我儘というんだよっ。
(笑)








M-6731





人に対して
いつも素直になれないのは
きっと・・・
あなたへの
やさしさの裏返し。
いつの日か、
自分に対して
素直になれる日を
夢見てる。










Rock 'n' Roll Star - Oasis - 日本語字幕

遠い渚 シャープ・ホークス遠い渚-シャープ・ホークス

The Boomtown Rats - I Don't Like Mondays

Manic Street Preachers - Motorcycle Emptiness

Happy Sad - Pizzicato Five










2018.11.21    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   信じてもいいんだぜ・・・不安の欠片も無いさ。ふたりの素敵な未来!!


僕らの世代が思い浮かべる・・・
コミック・バンドの
二大巨頭!!
と云えば、
やっぱこれさっ。
そう。
クレージーとドリフ。
笑いと音楽は、
この世界を包み込む
大切な
エッセンスだからね!!







M-6726

M-6727

M-6728

M-6729





♪ためいきの
出るような
あなたのくちづけに
甘い恋を夢みる
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
はじめて
あなたを見た
恋のバカンス・・・
(恋のバカンス)









M-6715

M-6716




心の奥底に秘めた
情念を・・・
人は、
ブルースと呼ぶのかな?
それは、
全ての哀しみを
浄化する
魂の
叫びなんだ。







M-6717

M-6718










M-6719

M-6720

M-6721




何かを成し遂げた人は、
それまでに
誰もやろうとしなかったことを
成し遂げたからこそ
世間から称賛される。
なにもせずに
只の傍観者を気取る人は、
只の
臆病な
寂しがり屋さん。
最初に成し遂げた人が
一番偉いというのは
つまりそういうこと。










M-6722

M-6723





いまこの瞬間も・・・
あっという間に過去になる。
だから、
せつなく愛おしい!!
それが
青春の眩い輝き。





M-6724

M-6725








秋の
木洩れ日に
包まれながら・・・
あなたは、
どんな夢をみてるかな?
不安の
欠片も無いさ。
二人の素敵な未来!!
うん。
きっとそうだねっ。






クレージーキャッツ ドリフ

ザ・ピーナッツ「恋のバカンス」

黒い花びら 水原弘

内田裕也&1815ロックンロールバンド witrh クリエイション (ロックンロールメドレー)

Black Night PYG

激しい雨 忌野清志郎








2018.11.18    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   裏表のない奴なんているのかい・・・そんな奴よりも、裏表を隠そうとしない奴を僕は素敵だと思う


海の向こうの
洋楽への憧憬から始まり、
やがて・・・
誰もが、
自分たちなりのやり方で
未来を模索していこうとする
その過程は
ホントに美しい・・・
それがユース・カルチャー!!









M-6703

M-6704

M-6705

M-6706




“先日、日本テレビの『ハプニング・ショー』に出演した時も、グループ・サウンズの音楽はデタラメだといわれた。どんなところがデタラメで、ぼくたちの大切なファンが低級なのか? 単なる感情論で話す大人の気持ちはわからなかった。そんな大人になんて、なりたくないとつくづく思った”
(沢田研二)



M-6700

M-6701

M-6702







“ぼくは、どんなことでも率直であり、純粋でありたいと思う。その場合の調子を合わせるために、自分自身の気持ちにウソをつけないのだ。”
(沢田研二)




M-6707

M-6708

M-6709

M-6710










裏表の
ない人よりも、
裏表を
隠そうとしない人を
ボクは
素敵だと思う。
うん・・・
それはね、
とても
勇気のいることだから。





M-6711

M-6712

M-6713

M-6714









傷つきやすく
壊れやすい・・・
それこそが、
青春の煌きなんだ。
いつまでもいつまでも、
失いたくない。
あなたの
瞳の
眩い輝き!!






The Golden Cups-I'm So Glad (1968)

君だけに愛を ザ・タイガース

The CARNABEATS-3  好きさ 好きさ 好きさ 完全オリジナルバージョン

ザ・タイガース Nowhere Man 1968











2018.11.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   明日も・・・あなたが笑顔でまたここに集うことを!!


『NHK紅白歌合戦』出演者発表。星野源、椎名林檎&宮本浩次、いきものがかり、あいみょんら決定
2018.11.14 13:50



https://rockinon.com/news/detail/181614



暮れの紅白に・・・
なんと!!
この二人がっ。
ここ最近の紅白に
思う事。
価値観の多様化で
仕方ない面もあるけれど、
嘗てのような
ジャンルや世代を超えた
歌謡曲としての
普遍性は
余り感じられなくなったのが
淋しい。
だからこそ、
この二人の饗宴が
楽しみっ。








M-6690

M-6691





“成人になると、もう聞かなくて済む言葉がある。「子供は黙っていろ」である。だから主張せよと、私は言いたい。但し、これまでとは違って、猛攻撃を喰らうし、無視もされる。それでも主張して欲しい。やり込められ、理不尽を感じても、シュンとするな。独りで静かに、もう酒が飲める。”
(伊集院静)



“君だけのものを発見し、素晴らしい世界を手に入れるには、妥協しないことだ。君一人の世界を知ることだ。家柄、学歴、そんなものはたいしたものじゃない。君が誰かを知ることだ。そこが出発点だ。連むな。逃げるな。孤独に慣れろ。そうして君が他の人とどう違うかを見せて欲しい”
(伊集院静)





M-6656

M-6657

M-6658







横綱とは
如何に在るべきか・・・
とか、
横綱の品格とは
どう在るべきか・・・
とか。
自問自答を
繰り返しながら
最後の瞬間まで己に抗い続ける
その生き様こそが、
横綱としての存在証明だ。
真の
倒すべき相手とは、
そんな
愚かな自分自身だ。




M-6692

M-6693

M-6694

M-6695









人は生まれる時も一人。
そして死ぬ時も一人。
どんなに時代が変わろうと
この普遍の法則は
変わらない。
だから・・・
孤独死を
怖れる必要などないし、
孤独死は
決して
悲しい事ではない。
そのときこそ、
最後の瞬間まで
生き抜いた
自分を
祝福してあげよう。




M-6696

M-6697

M-6698

M-6699








たとえ
多くを語らなくても、
互いの想いを
無言の内に
共有できてしまう。
それが、
家族という名の
共同体。
それは・・・
未来永劫普遍のマジック!!








椎名林檎と宮本浩次-獣ゆく細道

今宵の月のように/エレファントカシマシ

ZIGGY-マケイヌ

BRAHMAN 「今夜」MV










2018.11.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   この人生が終わる最後の瞬間まで・・・自分を信じ続けよう!! 愛し続けよう!!


めっちゃ貴重な映像・・・
弟、岸部シローが
なんとギターを弾いているではないかっ。
そして・・・
兄、岸部一徳の
グルーヴィなベース・ライン!!
まるで、
ガレージ・パンクのような
魂の咆哮だっ。








まさに!!
そのライヴ・ステージでは・・・
無敵の不良性を爆発させていた。
だって、
ベースが
ブリブリ歪んでるんだぜっ。
ホンマっ、
かっこええ~~~~~~~!!




M-6686








80年代のクイーンを象徴するナンバー!!
ポップでゴージャス・・・
そして、
ちょっぴり
胸キュンなんだ。




M-6687



過ぎ去りし
懐かしい日々に
つい
想いを馳せる時も
あるんだ。
そんな
感傷に浸るのも、
結構、
悪くないぜ・・・









M-6688

M-6689





“人はこの世に生まれてきた瞬間から何にでも、どんな人にでもなれる可能性を手にしている。このことはどんな時代でも同じだ。君たちの夢はかなうのだ。生きる上の普遍の可能性と言っていい。それを信じなくてはつまらない一生になる。あきらめた瞬間から真の幸福は遠のくものだ。”
(伊集院静)








生きていれば・・・
うん。
いろいろあるんだよ。
言いたくないことや
言いそびれたこと。
言わなくても
伝わるのに・・・
つい
言ってしまいたくなること。
そんな
自堕落な自分と、
今夜も
また腐れ縁さ。








岸部一徳 ベース④

Queen - Radio GaGa - Live Aid : Wembley London 1985

Lola - Ray Davies - Glastonbury 2010 HD

Tシャツレボリューション / ザ・コレクターズ









2018.11.11    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今夜は・・・おまえのやさしさに溺れてもいいのかな?


生きている限り・・・
生かされている限り・・・
この世は理不尽だらけ。
いまこの瞬間の
眩い光も、
一瞬で暗闇になる。
だからこそ人は、
互いの痛みを
共有するための
愛とやさしさを
求めて止まないのかな。
そんな
ぼくらは、
とってもわがまま。







M-6671

M-6672

M-6673

M-6674




“俺にはモッズっていう、この世界で誰よりも好きだと言えるものがあった。それがあれば多少寂しくたっていい。だから今も夢を見続けることができている。いつだってあの頃のままなんだよ”
(加藤ひさし)







M-6656

M-6651




“俺たちの歌を必要としている人が、もっといるって思っててさ。必ず俺は弱い者の立場から唄ってるつもりなんだよ。薄っぺらい内容で頑張れって励ます歌はいっぱいあるけど、俺はもっとお前のことをわかってる。なぜなら俺もお前だったから”
(加藤ひさし)









M-6675

M-6676




人に言えない
悲しみと孤独を
いつも抱え込みながら、
また今日も、
希望の証を求めて
彷徨い続ける。
ねえ・・・
きみは
いったい、
なにがほしいの?
うん。
おれにもわからないんだ。








M-6681

M-6682




“でも、そこで気づいたわけよ。親がいないってことは、〈俺のことが何よりも一番〉って思ってくれる人が、世の中にいないってことなんだな、って”
(古市コータロー)








M-6677

M-6678

M-6679

M-6680








“ものすごくハッピーで楽しいことばかりなんだけど、それと近い分量で、背中合わせに寂しいことがあるんだよね。でもこれは悪くない。俺はけっこう好きだね”
(古市コータロー)








言葉にしなくても・・・
互いの気持ちが
わかりすぎるほどに
わかりあえる。
それが、
家族という名の
絆の証。
うん。
黙って
くるまっているだけで、
とっても
暖かいんだ!!




M-6683

M-6684

M-6685










互いの欠落を
埋め合うことが
できるのは、
互いが互いを
必要としている証なんだ。
だから・・・
遠慮しないで、
寄り添ってくれて
いいんだぜ。
うん・・・
おやすみ。







THE COLLECTORS - NICK! NICK! NICK! [2010]

[PV] 僕はコレクター / ザ・コレクターズ

The Collectors / ミリオン・クロスロード・ロック

The Who - The Real Me

古市コータロー「Heartbreaker』 PV_HD版 2015年

The Collectors / マイアミビーチ

The Collectors / 東京虫バグズ

the collectors - 世界を止めて








2018.11.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   全ての悲しみと絶望も・・・明日という名の微笑みのために存在する。


原田真二&クライシスの・・・
隠れた名曲!!
その美しい
メロディ・ラインは、
まさに
クイーンへの
オマージュとして
あなたの
心にも
響き渡ることだろう。









M-6666




音人、
ついにザ・コレクターズを
二度目の表紙巻頭に抜擢。
これを
音楽出版業界に
於ける
快挙!!と呼ばずして、
ニャンとするっ。
うん。
これはロッキング・オン・ジャパンへの
堂々たる宣戦布告っ!? 
奴らが徹底して
排除し続けるアーティストを
音人がフォローし続ける。
それでこそ
音楽業界の恩人ニャッ!!



M-6667

M-6668

M-6669








今回も・・・
70年代英国ロックの
深遠な森へ
ボクらを誘う!!
マニアックな遊び心が
炸裂だっ。




M-6648

M-6644








まるで・・・
新宿東口アルタに
ポールが出現するような
夢のサプライズだねっ。
ていうか、
アップル・オフィス屋上での
ゲリラ・ライヴをも
想起させる。
素敵・・・









M-6651

M-6670

M-6671




THE COLLECTORS『YOUNG MAN ROCK』
そこから
思い浮かぶのは
THE WHO「YOUNG MAN BLUES」
あるいは・・・
西城秀樹「ヤングマン」
うん。
その全てが
素敵な
ロックンロールの魔法!!









M-6663

M-6664

M-6665








自分だけが・・・
どうしてこんなにも
理不尽な不幸に見舞われるのだろう。
そんなふうに
嘆いても
きっと、
しあわせは
こちらに向かって
微笑んではくれない。
だから誓うのさ。
あるがままを受け入れる
愛と勇気を
しっかりとこの手に
掴もう。








M-6656




与えられた境遇を
呪うことなく、
与えられた境遇の中で
精一杯!!
笑顔を振りまきながら、
今日を
明日に繋げようとする。
その愛と勇気が、
この世界に
希望という名の
微笑みを導くんだ。
うん・・・
信じてもいいよね!!







原田真二&CRISIS  I wanted to stay in love with you

クライム サスペンス / ザ・コレクターズ

Paul McCartney "Back in The USSR" Live 2009

THE BEATLES~ GET BACK ~Rooftop Performance 69' Split Screen[HQ]

The Who - Young Man Blues - HD

宇多田ヒカル - 花束を君に

THE COLLECTORS - 世界を止めて (Fuji Rock 2016)









2018.11.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今宵も全ての悩める同胞に愛の光が降り注ぎますように・・・


チューリップの財津和夫が
大腸がんを克服しステージに復帰。
僕らが10代の頃、
ポップ・ミュージックのシーンは
若い世代が主流だった。
でもいまは、
アーティストとリスナーが共に歳を重ね、
互いが音楽を通して
互いの想いを共有できる。
なんて素敵・・・
なんて幸福な時代だろう。








M-6656

M-6657

M-6658

M-6659




♪思い出つまったこの部屋を
僕も出てゆこう
ドアにかぎをおろした時
なぜか涙がこぼれた
春はもう
すぐそこまで
この長い冬が終わるまでに
何かを見つけて生きよう
何かを信じて生きてゆこう
この冬が
おわるまで・・・
(サボテンの花)







M-6655

M-6660




原田真二&クライシスの
アルバム『HUMAN CRISIS』には、
クイーンの影響下と思える
サウンド・エッセンスが
随所に盛り込まれている。
ブライアン・メイを彷彿させる
ギター・トーン、
ロジャー・テイラーを
思わせる
フレーズ等・・・
そして、
そのコンセプチュアルな作風こそ、
クイーンそのものだ!!








M-6661

M-6662










過ぎた争い事も・・・未來への礎。



今日の



憎しみや悲しみも



明日への微笑みになると



信じてる。









チューリップ 心の旅 1972

サボテンの花 (720P) YouTube

原田真二&CRISIS   INFORMATION NETWORK  SHINJI HARADA

CARRY ON / 原田真二&クライシスSHINJI&CRISIS










2018.11.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   今宵も・・・ロックンロールの神様があなたの下に降臨!!


ポール・マッカートニー来日ツアー初日を観た! 変わらないようでいて、しかし感動が刷新されているポールのすごさ
2018.11.01 19:46




https://rockinon.com/blog/yogaku/181292



“<SET LIST>
1. A Hard Day’s Night
2. Hi, Hi, Hi
3. All My Loving
4. Letting Go
5. Who Cares
6. Come On To Me
7. Let Me Roll It
8. I've Got A Feeling
9. Let 'Em In
10. My Valentine
11. Nineteen Hundred And Eighty Five
12. Maybe I'm Amazed
13. I've Just Seen A Face
14. In Spite of All the Danger
15. From Me To You
16. Love Me Do
17. Blackbird
18. Here Today
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. Eleanor Rigby
22. Fuh You
23. Being For The Benefit Of Mr Kite!
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Band On The Run
27. Back In The U.S.S.R.
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
[encore]
31. Yesterday
32. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
33. Helter Skelter
34. Golden Slumbers
35. Carry That Weight
36. The End


基本的にセットリストの大筋は昨年のツアーとそう変わるものではなかった。しかし、その間、新作も出ているし、数か所で披露する曲も変えて、それで大きな感動を生み出しているところが、さすがポールだとしか言いようがなかった。なんといっても、ビートルズ、ウィングス、ソロとどの時期にわたっても名曲に事欠いていないし、正直言って曲がありすぎるのだ。もう感動の引き出しが多過ぎるところと、何度観ても圧倒的な魅力をふりまいてくれるところがすごいとしみじみ思った。”
(高見展)




ポールのドームを観て、何だか自分の人生が肯定されたような気持ちになる。
2018.11.02 20:41



https://rockinon.com/blog/shibuya/181347



“すると何とも言えない幸福感に包まれ、これまでとは違う高揚感を持ってライブを楽しめた。もう二度とないかもしれないという切ない感じが、またあるかも知れない、という幸福感に転換されたのだ。”
(渋谷陽一)

“ついでにビートルズを聞き続けてきた自分の人生も肯定された気持ちになれてしまうのだ。しかもその人生が、まだしばらくは幸福なまま続きそうな気がしてくるのだ。”
(渋谷陽一)








ポールがライヴを続ける理由。
それはお金を稼ぐためとか
生活のためとかいうレベルではない。
そんなレベルは
とっくに突き抜けてしまったのだろう。
与えられた人生をどう過ごすか? 
与えられた人生にどう決着をつけるか。
だから、
今この瞬間が
たまらなく愛しいんだ。
それが人生の醍醐味!!








M-6651




若い頃のような声の艶が無くても、
若い頃のような圧倒的な声量が無くても、
そんなことはちっとも問題じゃない。
ポールがステージに立って
歌い演奏する姿が、
明日に向けた希望と勇気に繋がる。
それが
ポップ・ミュージックの本質だ。










M-6652

M-6653





当時、仕事が無くて困っていた
G2(柴田義也)に
原田真二のバンドで
キーボードを弾く仕事を
紹介したのが清志郎だった。
たぶん、
この映像でシンセを弾いているのが
柴田義也かもしれない・・・
うん。人に歴史ありニャッ!!








M-6654




めっちゃ素敵なアコースティック・セット・・・
それにしても
このときの出演者が豪華すぎるぞっ。
アン・ルイス、原田真二、チャー、沢田研二・・・
みんな、
華があるねぇ~~~。









M-6655








今宵も・・・
ロックンロールの神様が
あなたの下へ
舞い降りてきますように!!
うん。
この瞬間も・・・
全ての悲しみを
やさしく包み込んで
浄化してくれると
信じてる。








Junior’s Farm Paul McCartney 2018 Nov 1 Tokyo Dome JAPAN

Abbey Road B side Medley Paul McCartney 2018 Nov 1 Tokyo Dome YOSHIKI from X-JAPAN was there

Something for George Paul McCartney 2018 Nov 1 Tokyo Dome JAPAN

MARCH/原田真二(1979)

原田真二/ジョイ(1978)

Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)







Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog