FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こどもたちは・・・いつだってありったけの愛に飢えている!! Sep 20, 2019
日々の営みは・・・その毎日が小さな奇跡のつみかさね!! Sep 19, 2019
そう・・・世界はいつだってきみにくびったけなのさ!! Sep 16, 2019
愛と勇気とやさしさを・・・この手のひらいっぱいに!! Sep 14, 2019
この頼りなく儚い世界で、僕らは明日を夢見て生きるのさ!! Sep 13, 2019
 全1ページ
このページのリスト
  みんなが幸せな気持ちになれたなら・・・それで満足なんだ   人を許す・・・それは、いまの自分を肯定することに繋がる   きみのこころの奥で、いまも、キラキラ輝き続けるあの素敵な宝物!!   だから・・・今日を生きよう。生き抜こう   あの雲間に隠れた太陽に向かって微笑むひまわりたち・・・   今この瞬間・・・あなたもわたしもこの儚い世界でしっかりと生きている!!   子供の頃はいつもあの塀を乗り越えてたよね。 そこに拡がる未知の景色を求めて・・・   明日という未来よりも、今この瞬間に溺れていたいのさ!!   大人になるということは、夢を諦めることではなく、日々を当たり前に生き抜くこと   人はとても厄介で理不尽な生き物。何故なら感情の赴くままに生きられないから・・・    あなたのやさしい瞳にいつまでも束縛されていたい   こんなにも理不尽な世の中に生まれたことを悔やんでも世界は微笑んではくれない   オートメーションで立派な人材が大量生産できるなら、この世界に生まれて来た甲斐が無い   善と悪の狭間でいつも必死に綱渡りしながら、生きている。それが僕らの真実   そんなあたりまえの日々をやさしく包み込んでくれるあなたへの感謝!!   音楽は、あなたと私を隔てる壁を壊し、全てを融和へと導く   こんな狂った暑さの中で、おまえの愛に身も心も翻弄されているのさ!!   若い頃の過ちは・・・その全てが未來への礎になる。 やがて、歳を経た時に気付くんだ

2018.06.29    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   みんなが幸せな気持ちになれたなら・・・それで満足なんだ


“ぼくは一度、思い切って裕次郎さんに言ったことがある。「たまには、ぼくの芝居を受けてくださいよ」そうしたら、「何い、芝居を受けろだと」怒られるかと思ったら、「アッハッハッ」と笑われた。そう言って、右手でクイッと飲む仕草をして見せるのです”
(萩原健一)









“もうひとつ、どうしても譲れないのは音楽だ。これはおれがやる。「ロックにしようよ! ロックに。いっそ、ぼくたちに音楽をやらせてくださいよ。それが出演の条件です」”
(萩原健一)









M-6207





“不安が高じて鬱みたいな状態になったことが何度もあったよ。自業自得だけどね。そんなとき、無心に歩いていると、なんだか元気が出てくるんだ。よしやってやるぞって、プラス思考になれる。生きる意欲が湧いてくるんだ。”
(萩原健一)







M-6208

M-6209




いつも
他人に気を遣い、
結果として
みんなが幸せな気持ちに
なれたなら・・・
それで満足なんだ。
そんな人生ってつまらないのかな。



M-6210

M-6211

M-6212





うん。



そんなあたりまえの日々を



妬む人だって



いるんだぜ。








あっ!!




そうだよね。




うん。




人生って、そんなもんなのさっ。








太陽にほえろ! メインテーマTVバージョン(前期)

太陽にほえろ! マカロニ刑事のテーマ( TVバージョン)

太陽にほえろ!  青春のテーマМ1 井上堯之バンド

BRAHMAN 「ナミノウタゲ」MV








2018.06.27    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   人を許す・・・それは、いまの自分を肯定することに繋がる


“本当はデビューしたその日から、ぼくはもう一日も早くテンプターズを解散したかった。したくもない恰好をさせられて、歌いたくもない歌を歌わされるのがたまらなかった。アマチュアのころのテンプターズは、そうじゃなかった。素敵なブルース・バンドでした。”
(萩原健一)



“それから、『おかあさん』か。おれたち、ロック・バンドがさあ、♪オー ママ ママ だぜ。ひっでえよなあ。カッコ悪いったらありゃしねえ。何が、ママ、ママ、だ。”
(萩原健一)







“いや、もちろん、いい歌もありましたよ。『神様お願い!』に、『エメラルドの伝説』。この二曲は五十を過ぎてから、またコンサートで歌っています。”
(萩原健一)







“『歌が命だ』沢田研二は、はっきりそう言った。決して自ら主張せず、誰かが創作した歌を与えられ、それを誠実に歌う。プロデューサーがつくりあげたイメージを存分に表現してみせる。歌の貴公子です。”
(萩原健一)









M-6193

M-6194





若い頃は、
誰もが世間に苛立ち、
そんな世間に
仕方なく迎合する自分が許せない。
でも歳を経ると、
そんな自分さえ
肯定できるようになる。
それはマケイヌの遠吠えか・・・
それでも構わない。
人を許す。
それは、
いまの自分を
肯定することに
繋がるからだ。








M-6195

M-6196

M-6197

M-6198




♪この世界で
君が一番愛してる物は何?
通りの向こう側で
手を振っている
子供の笑顔
ビルの影で見つけた
肩をすくめている天使
君が失った透き通った心
目を閉じれば
広がる
青い花・・・
(青い花)









M-6203

M-6204

M-6205

M-6206



過去の
失敗や挫折の経験は、
その全てが
未来への糧になる。
それを
身を以って示した
本田圭佑。




M-6199

M-6200

M-6201

M-6202









彼の勇気とやさしさに



惜しみない



愛と敬意を!!








ザ・テンプターズ おかあさん

ザ・テンプターズThe Tempters/神様お願いKamisama Onegai (1968年)

時の過ぎゆくままに  沢田研二

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

Blankey Jet City / 青い花

ZIGGY-マケイヌ











2018.06.25    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   きみのこころの奥で、いまも、キラキラ輝き続けるあの素敵な宝物!!


この世界に
信じられるものなど
なにひとつない!!
それなら・・・
信じられるものを
いますぐ
探しに行こう。
きみの
こころの奥で、
いまも、
キラキラと輝き続ける
あの
素敵な宝物を
みっけにいこう。








M-6181

M-6182

M-6183




誰の心にも
悪魔は潜んでいる。
そして、
その邪悪な魂は、
心の隙間から
いつも
孤独な眼差しで
貴方のことを
睨んでいる。
決して騙されちゃいけない。
死ぬまで・・・
その孤独な闘いは
続くのだから。








M-6184

M-6185

M-6186






ひとりで闘うのが
怖い時は
遠慮せずに
助けを求めよう。
いつだって、
ぼくらは
君の大切な味方だ・・・
こころは
決して
嘘をつかないぜっ。








M-6187

M-6188





死にたいと
思うことはある。
消えてなくなりたい・・・
その思いは
いまも
隙あらば、
僕を狙い続ける。
でも、
怖さはない。








M-6189

M-6190

M-6191

M-6192





うん。
諦めてるからね!!
死ぬまで
コイツと腐れ縁だ。
はははははははははっ。









Ken Yokoyama -Come On,Let's Do The Pogo(OFFICIAL VIDEO)

The Verve - Bitter Sweet Symphony

チャットモンチー 『満月に吠えろ』

ZIGGY「GLORIA」










2018.06.23    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   だから・・・今日を生きよう。生き抜こう


♪もしも君が
気高い孤独なら
その魂を空に広げて
どうしようもない
この世界を
強く解き放たってやれ
通りは
陽射しに満ちて暖かく
僕らには
この音楽が
すぐそばにある・・・
(君が気高い孤独なら)









M-6171

M-6172




♪涙を流す前に
眠ったふりをした
しゃがみ込んで動けないよ
うつむいて答えた
時がいつか
許しだすように
宝箱隠した
あの街に行こう
次はもっとそばにおいで
笑ったふりをして
そのまま
本当に笑ってしまおう・・・
(今夜)









M-6173

M-6174

M-6175

M-6176





綺麗ごと
ばかりじゃない・・・
そんな
世の中の本質を
嫌というほど
わかっているからこそ、
美しいものを
信じたい。
美しいもの・・・
それは、
あなたと
出会えた喜びなんだ。









M-6177

M-6178

M-6179

M-6180










勉強なんか
出来なくてもいい。
かけっこが
一番でなくても構わない。
友達がいっぱいできなくても
そんなの気にすんな。
きみが日々の生活の中で
小さな喜びを見つけてくれたら、
それだけで
ぼくらは胸がいっぱいさ。
だから・・・
今日を生きよう。
生き抜こう。











佐野元春:君が気高い孤独なら(ライブ 2009)

BRAHMAN 「今夜」MV

「野望なき野郎どもへ feat. TOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU)」 MV+ドキュメンタリー/東京スカパラダイスオーケストラ

Badfinger - No Matter What - Promotional Film (Music Video) - HQ







2018.06.21    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あの雲間に隠れた太陽に向かって微笑むひまわりたち・・・


孤独と
慣れ合うことを
拒否するものたちが、
その
気高い魂の
拠り所を求めて、
当てもなく
夜の街を
彷徨う・・・









M-6168




ギターマガジン最新号は・・・
ディスコ天国!!
狂熱の
ダンス・フロアに
いますぐ
飛び出そうぜ~~~~。








僕のディスコ体験は・・・
高校を卒業した
直後だった。
当時、
新宿歌舞伎町の
ディスコ・フロアを沸かせていた
ロックな
ディスコ・チューンと言えば、
やはりこれかな?











M-6169

M-6170











だれもが
つい俯きそうになる
曇天の下でも・・・
あの
雲間に隠れた
太陽に向かって
微笑む
ひまわりたち。
それは、
ぼくらの希望の証さっ!!










Morita Douji 森田童子(本人) 生ライブの映像  ぼくたちの失敗 みんな夢でありました 雨のクロール 他。。。。

Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland

Rod Stewart - Da Ya Think I'm Sexy? (Official Video)

The Pretenders - Kid - 1979 (Better Graphics & Audio)











2018.06.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今この瞬間・・・あなたもわたしもこの儚い世界でしっかりと生きている!!


お気に入りのギターと
うまい酒があれば、
一晩中でも
語り尽くしてしまう・・・
そんな二人。
あぁ・・・
なんて素敵な
この世界!!









M-6163

M-6164

M-6165









なにこれっ!?
すっごい饒舌・・・
近所のおばさんトーク!!
炸裂だっ。
うん。
人には様々な側面がある。(笑)




M-6161

M-6162





♪もし君が
疲れてしまったのなら
ぼくと
観光バスに
乗ってみませんか
季節はずれの
ぼくの街は
なんにもないけれど
君に
話ぐらいは
してあげられる・・・
(ぼくと観光バスに乗ってみませんか)









M-6166

M-6167




今この瞬間・・・
あなたもわたしも
この儚い世界で
しっかりと生きている。
それは、
今この瞬間も
生かされているという
証だよねっ。




M-6158

M-6159

M-6160










うん。



なにがあっても、



それだけは忘れたくないよね。







Char meets 斉藤和義 1

森田童子 / 小室等の音楽夜話

ぼくと観光バスに乗ってみませんか(LIVE)

チャットモンチー 『たったさっきから3000年までの話』












2018.06.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   子供の頃はいつもあの塀を乗り越えてたよね。 そこに拡がる未知の景色を求めて・・・


僕が未だ
高校生だった頃、
テレビの
ブラウン管の向う側で
魅惑的なギター・ヒーローとして
その輝きを放っていた!!
それがチャーだった。
今も・・・
その輝きは不滅!!









今日は父の日ですね。
「人生・・・楽しまないと損だぞ」
そんなふうに
自身の生き様を通じて
無言のうちに
語り掛ける父は、
もう90歳を
超えているとは
思えないほどアクティブだ!!
笑っちゃうほど
素敵だよ。
ギャグのセンスも社交性も、
全て叶わないよ。
(笑)









M-6156

M-6157




♪あなたが
かなりおじいさんに
なる頃
どんな日本なのでしょう
あいも変わらず
地震大国で
北朝鮮とアメリカの狭間で
揺れているでしょうか
だけど眠る前には
ふっと笑えるような
そんな思い出に
囲まれているでしょうか・・・
(たったさっきから3000年までの話)









M-6153

M-6154

M-6155










僕等の目の前にある壁は
いつだって・・・
そこを
突き抜けるために存在する。
うん。
子供の頃は
いつもあの塀を
乗り越えてたよね。
そこに拡がる
未知の景色を求めて・・・










Cher//逆光線/闘牛士:夜のヒットスタジオ オープニング&トーク(1977-1978)

Char - Smoky [日本武道館]

チャットモンチー 『たったさっきから3000年までの話』

チャットモンチー 『「シャングリラ」Music Video』










2018.06.16    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   明日という未来よりも、今この瞬間に溺れていたいのさ!!


♪久しぶりだね
ぼくは相変わらず
甘い夢を追っています
そんなぼくを
あなたは子供っぽく
見えるかしら
とても
長い時が
過ぎたのネ
いまでも
やさしいあなたの
そばにいると
涙がこぼれてしまう・・・
(君は変わっちゃったネ)











M-6151

M-6152






♪シルクのドレスが
よく似合う
あの娘が
おいらのガール・フレンド
そんなに
かしこくないけど
いろんなことが
わかってる
もしも
あの娘が
去ったなら
おいら
一日泣き暮らす・・・
(Girl Frend)








M-6144

M-6145

M-6146










パンクとメタルに狂ってた
20代の頃・・・
森田童子の音楽に出会った。
最初に聴いたのが
このライヴ盤だった。
その
透徹した世界観に
僕は
ショックを受けた。
下手な
ロックよりも
遥かにロックを感じた!!




M-6147

M-6148

M-6149

M-6150








ヴァーチャルな
近未来に
恋焦がれる君。
明日の
未来よりも、
この瞬間に
溺れていたいのさ。
きみが
いなくなった
街角に
いつもの静寂が
訪れる。








森田童子 - 君は変わっちゃったネ _soo

The Roosters-Girl Frend

地平線(LIVE)

The Roosters - どうしようもない恋の唄










2018.06.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   大人になるということは、夢を諦めることではなく、日々を当たり前に生き抜くこと


同じ時代を生き抜いてきた
同志ならではの
互いへのシンパシーが
二人を包み込む。
パンタと森田童子・・・
余りにも
貴重すぎる対談!!









M-6126

M-6127

M-6128

M-6129




♪夏休みのキャンパス通り
コーヒーショップの
ウィンドウの
向う
君はやさしいまなざしで
ぼくを呼んでいたネ
弱虫で
やさしい静かな君を
ぼくはとっても
好きだった・・・
(さよならぼくのともだち)









M-6130

M-6131

M-6132

M-6133




♪世界は僕等に
愛と涙を
絶えまなく
与え続けてくれた
でも
僕等は
君の魔法には
もう
夢など持っちゃいない・・・
(さようなら世界夫人よ)









M-6134

M-6135




♪夢は醒めた
街が見えた
足早に雲が空を流れた
「夢じゃないさ」
聞こえた気がした
現実は
少し変わり始めていた
いつか
きっと解るんだ
その未来は今なんだ
夢じゃないのさ
真実は今も変わらずに
ここにある・・・
(The Future Is Now)









M-6136

M-6137

M-6138

M-6139




大人になるという事は、
君が夢に見た
あの未来を
この手のひらに
しっかりと
つかみ取るために、
日々を
生き抜くことなのさ。









M-6140

M-6141

M-6142

M-6143









夢とか希望とか
そんなの
なくてあたりまえなんだよ。
日々を
只ひたすらに
生き抜くだけで
精一杯だから。
それだけで・・・
もう充分すぎるくらいだよ。
あなたは
今日も
生き抜いた!!








追悼 森田童子 インタビュー 1975年 「NHK若いこだま」より

さよならぼくのともだち(ライブ盤)

さようなら世界夫人よ

ストレイテナー - The Future Is Now

ストレイテナー×秦 基博 - 「灯り」MUSIC VIDEO

morita doji ( 森田童子 ) * in early spring










2018.06.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   人はとても厄介で理不尽な生き物。何故なら感情の赴くままに生きられないから・・・


♪愛はコンビニでも
買えるけど
もう少し探そうよ
余計な事は
しすぎるほどいいよ
悪あがきでも呼吸しながら
君を乗せて行く
悲しい話は消えないけれど
もっと輝く明日・・・
(運命の人)









M-6113

M-6114

M-6115




森田童子さん死因は心不全、「ぼくたちの失敗」ヒット
[2018年6月12日13時34分]




https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000343.html



またひとつ・・・
僕らの
青春の欠片は、
あの天空に瞬く星になる。
謹んでご冥福を。





M-6116

M-6117

M-6118




♪たとえば
僕が死んだら
そっと
忘れてほしい
淋しい時は
ぼくの好きな
菜の花畑で泣いてくれ
ぼくの名前を
風にのせて
そっと呼んでくれ・・・
(たとえばぼくが死んだら)









M-6119

M-6120

M-6121

M-6121




辛いことや
悲しいことが
多ければ多い程、
人に対して
やさしくなれるのは
なぜ? 
もしも、
あなたに対して
やさしくなれる自分が
いたとするなら、
それは、
あなたのなかに
もう一人の
自分を見てしまうから?









M-6122

M-6123

M-6124

M-6125










人と獣の違い。
人には
理性があり、
感情というものがある。
だからこそ、
とても
厄介で理不尽な
生き物なのかもしれない。
感情の
赴くままに
生きられないから・・・









Spitz 30 tour 運命の人

たとえばぼくが死んだら

【Music Video】森田童子「ぼくたちの失敗」

エレファントカシマシ「ガストロンジャー」(Live Ver.)










2018.06.10    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

    あなたのやさしい瞳にいつまでも束縛されていたい


どんなに劣悪で
苛酷な状況下に置かれても、
常にベストを尽くす。
それが
プロフェッショナルとしての矜持。
そんな
ロック・バンドの真実を
如実に
伝えてくれる貴重な映像だ。









M-6099

M-6100





「勉強しないで寝てたから暴行した」
「むしゃくしゃしたから殺した」
そんな
短絡的で残虐な犯罪が
後を絶たない。
武家の時代なら、
市中引き回しのうえで、
晒し首。
人々の目に
晒されることで
罪の重さを人は知る。
そんなシンプルな時代だからこそ、
人々の間に
暗黙のモラルが
浸透した。





M-6110

M-6111

M-6112









愛するが故に・・・
あなたの
心に
沈みたい。
愛するが故に・・・
あなたの
心に
ふかくふかく・・・
溺れたい!!





M-6108

M-6109










細かい雨が
しとしと
降り続ける・・・
こんな日は、
日々の屈託を
洗い流してくれる
あなたの
やさしい瞳に
いつまでも
束縛されていたい。









M-6101

M-6102

M-6103






明日という日に・・・




希望のよすがを追い求める。





M-6104

M-6105

M-6106

M-6107










その果てには、




きっと、




出会いという




掛け替えのない縁(えにし)が




待っている。








Loudness - Thunder in the East DvD 2015 (US Tour 1985)

The Verve - Bitter Sweet Symphony

The Beatles - I Want You (She's So Heavy)

Carpenters - Rainy Days And Mondays

Carpenters - Hurting Each Other










2018.06.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   こんなにも理不尽な世の中に生まれたことを悔やんでも世界は微笑んではくれない


6月9日は・・・




ロックの日!!




いやなこと



みぃい~~~~~~~~んな、




ロックの爆音で・・・




ぶっとばせえええええええ~~~~~~!!









M-6088

M-6089

M-6090




♪ここは
天国じゃないんだ
かと言って
地獄でもない
いい奴ばかりじゃないけど
悪い奴ばかりでもない
世界中に
さだめられた
どんな記念日なんかより
あなたが
生きている今日は
どんなにすばらしいだろう・・・
(TRAIN-TRAIN)












M-6098

M-6097






♪ガムを
噛んでいる
陽のあたる場所で
壊れそうな未来
感じながら
この世界の中で
君が一番愛してる物は何
通りの向こう側で
手を振っている子供の笑顔
忘れないでくれよ
誰もが
この星のひとかけらなのさ・・・
(青い花)











M-6091

M-6092

M-6093




こんなにも
理不尽な世の中に
生まれたことを
悔やんだり悲しんだりしても、
世界はきっと
にっこり
微笑んではくれないだろう。









M-6094

M-6095

M-6096




そんなときは、
大好きなあのメロディを
口ずさんでみよう。
みんな、
嬉しくなって
踊りだすはずさ!!








Blankey Jet City - D I J のピストル

THE BLUE HEARTS・トレイントレイン

Blankey Jet City / 青い花

Oasis - Whatever (Live @ Jools Holland - Best Live Version - HD)














2018.06.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   オートメーションで立派な人材が大量生産できるなら、この世界に生まれて来た甲斐が無い


どんなに不器用でもいい。
どんなに我儘でもいい。
どんなに泣き虫でもいい。
あなたが・・・
この世界に
生まれてきた喜びを
全身で受け止めてくれたら、
それだけで、
ぼくらは、
かけがえのない
しあわせに
包まれるのだから。








M-6081

M-6082

M-6083






巷に溢れる子育て成功例は
一つの参考に過ぎない。
人は、ひとりひとりみんな違う。
一つの鋳型にはめ込んで
オートメーションで
立派な人材が大量生産できるなら、
この世界に生まれて来た甲斐が無い。
何が起きるか
わからないからこそ、
未来にドキドキワクワクできるのさ。








M-6084

M-6085

M-6086

M-6087





世の中の
全ての親御さんたちは
どうか自分の理想を
子供たちに
押し付けないでくださいね。
それがどれだけ
子供たちの心を苦しめているか・・・
それを
わかってあげてください。
これ以上、
子供たちを不幸にしないで!! 
子供たちは
この社会の大切な宝物。
子供たちの未来は
みんなで
育んでいくもの。










M-6036

M-6042

M-6056

M-6079









ロクでもない
社会生活不適応者が、
既存の価値観を
鮮やかに
塗り変えてみせる!!
そして・・・
この世界に
希望と潤いを齎す。
そんな
幸福なパラドックスが
アートの世界には
一杯存在することを、
ぜひあなたにも
伝えたい。







ASIAN KUNG-FU GENERATION 『生者のマーチ』

Noel Gallagher's HFB - Don't Look Back In Anger (Live Fuji Rock Festival'12)

The Who - Won't Get Fooled Again

U2 - You’re The Best Thing About Me (Official Video)










2018.06.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   善と悪の狭間でいつも必死に綱渡りしながら、生きている。それが僕らの真実


こどもたちは、
どんな困難に直面しても、
いつもおとうさんとおかあさんが
見守ってくれていると
信じてる。
だから、
どんなときも
明日という未来に向けて
希望の灯りを
灯し続けることができるんだ。
それだけは、
なにがあっても
忘れないでね。
約束だからね・・・








M-6074




あなたがもし、
また
この世界に
生まれてくることが
できたなら、
どうか・・・
おとうさんとおかあさんを
許してあげてね。
みんな、
辛い事や悲しいことが
あったとき、
きみのことを
思い出して
明日に希望を繋げて
生きていくから。
おやすみなさい
結愛ちゃん。









M-6075

M-6076

M-6077

M-6078




本当の愛とは、
押しつけるものではない。
日々の生活の中に
ささやかな
希望の光を
見出しながら、
みんなで
育てていくものなんだ。









M-6079

M-6080









善と悪の狭間で
いつも必死に
綱渡りしながら、
生きている。
それが僕らの真実だ。
そう・・・
誰もがいつ
犯罪者になっても
おかしくない。
そんな
愚かな自分を
いつも
見守ってくれている
あなたの
愛とやさしさに
今夜も感謝。







ガラスのブルース弾き語りBUMPLOCKS!

今宵の月のように/エレファントカシマシ

人にやさしく - THE BLUE HEARTS '87 9 27

U2 - You’re The Best Thing About Me (Official Video)










2018.06.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   そんなあたりまえの日々をやさしく包み込んでくれるあなたへの感謝!!


ユースケ・サンタマリア!!



では・・・ありません。



ハリー(村越弘明)ですよ~~~~~ん。



でも、似てるっ。(笑)





M-6058










“『ラヴレス』は最高のポップ・レコードだと思ってた。あのアルバムをみんなが覚えている理由は、サビを口笛で吹きながら歩けるからなのよ”
(デビー・グッギ)









M-6073






オアシス「ドンルク」に匹敵する
普遍的メロディ・・・
同時代の
英米ギター・ポップと
較べても全く遜色ない。
時代を超えて、
いつまでも
僕らの心の琴線を
震わせる名曲!!








M-6059

M-6060

M-6061





“ラジオに出演するたんびに「みなさんもう買わないでください!これ以上売れるとあたし達どうなるかわからないですから!」って言ってたんですよ”
(川瀬智子)




M-6068




“私、凄いティーンエイジ・コンプレックスなんですよ。「ずっと10代でいたい」っていう。幻滅するほど現実の中に入ってない感じ”
(川瀬智子)




M-6069

M-6070

M-6071

M-6072











♪傷つけあうくらい
愛していた
夢は絶望になった
知らぬうちに
根拠のない
小さな新しい夢
手の平に感じてるの
清らかな心でぶっ潰したい
夢も希望も捨てた
自分の手で・・・
(冷たい花)









M-6062

M-6063

M-6064

M-6065




毎日が・・・
なにごともなく過ぎていく。
そんな
あたりまえの
ささやかなしあわせを
おもいっきり!!
抱きしめてみる。




M-6066

M-6067










それは、
そんな
あたりまえの日々を
やさしく
包み込んでくれる
あなたへの
感謝の気持ちかも。








あんたがいないよる - HARRY

My Bloody Valentine - Soon (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

the brilliant green - There will be love there -愛のある場所- (live)

the brilliant green - All Day and all of the night

the brilliant green - Tsumetai Hana / 冷たい花 (Live)

風に吹かれて











2018.06.04    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   音楽は、あなたと私を隔てる壁を壊し、全てを融和へと導く


今日も・・・
暑かったにゃあ~~~~~。
もう
ヘロヘロにゃっ。
こんな状態で
真夏の
東京オリンピックを
ホントに
やるつもりかニャッ!!
一体
この国は
なに考えとんねんっつつ。








M-6045

M-6046




もっと、
あなたと判り合いたい。
もっと、
あなたと話したい。
それなのに・・・
そう思えば思うほどに、
互いの心は
どんどん離れていく。
そんな二人を
あじさいの花が
そっと
見つめている。









M-6048

M-6049




苛めは何故犯罪なのか?
それは苛める側が、
それが苛めであると
認識していないからこそ
犯罪なんです。
昔、高校の教師にこう言われました。
「苛める側も悪いけど、苛められる側も悪い」
そんな論理で自身を正当化する。
そんな教師こそ立派な犯罪者。
逃げないで
真正面から向き合ってほしかった。




M-6047




人は何故苛めに走るのか?
それは、
他者の中に
もう一人の自分を見てしまうから。
そんなもう一人の自分を
決して認めたくない。
だからなんとかして
そんな醜い愚かな自分を正当化しようとする。
それがいじめの本質です。
誰の中にもそれはある。
そんな自分を認めることから
全てが始まる。




M-6050

M-6051




苛められたらやりかえせ!! 
そんなことよりも、
相手の立場に立って
物事を理解することが
何よりも大切。
ところが
大人たちは
そこのところを全く理解しようとしない。
短絡的に物事を考えすぎる。
それは
自分がバカであることを
認めているのと一緒。
だからバカは犯罪的なんです。




M-6052

M-6053




“いくら善意であろうとも、無自覚なままそのシステムに組み入れられると、無自覚なまま犯罪的な行為に加担させられてしまう。つまり馬鹿は犯罪的なのである。”
(渋谷陽一)










M-6054

M-6055





「馬鹿は犯罪的である」




これは・・・渋谷陽一の名言です。




みんなで肝に銘じよう!!(笑)





M-6056

M-6057









ステージ袖から・・・
熱い眼差しで
ストーンズを見つめる
ジャニスに
あなたは気づいてくれたかな?
そう。
音楽は、
あなたと私を隔てる
壁を壊し、
全てを融和へと導く。







丸の内サディスティック | Dynamite In - 東京事変

サニーデイ.サービス / 東京 / あじさい

Sex Pistols - God Save The Queen

Rolling Stones and Janis Joplin Satisfaction 1969












2018.06.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   こんな狂った暑さの中で、おまえの愛に身も心も翻弄されているのさ!!


THE MODSの代表曲と言えば・・・
「TWO PUNKS 」
当時は、
この曲に込められたメッセージが
余りにも絵空事に思えた。
森やんは、
只のロマンチストだと思ってた。
でも、今聴くと
驚くほどリアルに心に響く。
なぜなら、
ここに描かれている
世界こそが
この国の抱えるリアルだから・・・









M-6032

M-6033

M-6034

M-6035









♪危険な誘いに
走り出す人達
変わらない毎日に
しがみつく人達
昨日のニュースなんて
誰も欲しがらない
今じゃ夢さえ
何処にも見当たらない
激しい雨が俺を洗う
激しいビートが
俺に叫ぶ
何もかも変わり始める・・・
(激しい雨が)










なんて素敵な映像・・・




日米の愛すべき




反逆児たちの宴に




今夜も乾杯。





ロッキング・オン最新号の表紙と中身はこれだ!
2018.05.28 20:05
山崎洋一郎の「総編集長日記」





https://rockinon.com/blog/yamazaki/176615





M-6036











M-6037

M-6038





おまえは・・・
おれの気が
触れているとでも
いうのかい?
ああ、
そうさ。
こんな
狂った暑さの中で、
おまえの愛に
身も心も
翻弄されているのさ!!









未だ、
梅雨の季節に
入ったばかりなのに、
この暑さ・・・
こんなときこそ、
お前の
胸いっぱいの愛が
欲しい!!





M-6039

M-6040

M-6041








“ていうか、方向性なんて持ったこともないし、その時その時に限界を押し広げようとしてるメンバーに従ってただけでね。ていうか、全員が同じ場所を押してることが多かったけど、『これがバンドの方向性だ!』みたいなのは一切なかった”
(ジョン・レノン)




M-6042

M-6043

M-6044










1969年という時代が・・・




ロックの歴史に於ける




ビッグバンを齎したという真実!!




うん。




まさに




ロック(69)の年だった。









THE MODS TWO PUNKS 日比谷

THE MODS「激しい雨が」1983/10/31鹿鳴館。

johnny thunders - born to lose

Who - Summertime Blues (live,1969) 0815007

King Crimson - 21st Century Schizoid Man (Live at Hyde Park 1969)

Led Zeppelin - Whole Lotta Love (1997 Promo)

The Beatles - Come Together










2018.06.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   若い頃の過ちは・・・その全てが未來への礎になる。 やがて、歳を経た時に気付くんだ


BURRN! JAPAN Vol.11に掲載されている
宮尾敬一 & 高橋喜一(SABBRABELLS)インタビュー記事を読む。
20代の頃、
千葉ダンシング・マザースで
ANTHEM、SABBRABELLS、TILT等のライヴを
体験できたことは
僕の人生に於ける
掛けがえのない財産。
そう。
若さ故の
瞬間の衝動と煌きこそが
僕らのリアル。








同じくBURRN! JAPAN Vol.11に掲載されている
TILTインタビュー記事を読む。
ページを開いた瞬間、
あの頃、
ライヴハウスの最前列で
彼らの笑顔に魅了されていた
自分自身の姿が
鮮やかに脳裏に浮かぶ。
そう。
あの底抜けの明るさこそが
彼らのロックンロールの本質だった。



当時、日本屈指の
ハード・ワーキング・バンドとして
その勇名を馳せた
魅力と本質の一端が
この映像からも
伝わってくるはずだ・・・









M-6031




人生は・・・
いつだって、
当てのない旅の連続。
だからこそ、
おまえに
出会えた瞬間の
喜びが炸裂するのさ。








M-6021

M-6022








スティーヴ・マリオット・・・
彼自身の
黒人音楽への
尽きることのない憧憬が
限りない名曲の源泉になった。
もし、
ロックの世界遺産への
登録制度があるなら、
間違いなく!!
推挙されているだろうなぁ。
永遠に
リスペクトされるべき存在だ。








M-6025

M-6026

M-6027





♪とても悲しいわ
あなたと別れて
どしゃ降りの雨の中で
わたしは泣いた
信じていたい
愛だけを
あなたの愛だけを・・・
(どしゃぶりの雨の中で)









M-6028

M-6029

M-6030









若い頃の過ちは・・・
その全てが
未來への礎になる。
やがて、
歳を経た時に
気付くんだ。
全てが必要な事だったと。
無駄なことなど、
ひとつも
なかったことに。







TILT ライブ「デカイのを一発!」

TILT - TRAVELLIN' BAND【PV】

SABBRABELLS/ DOG FIGHT (from LIVE !!)

HUMBLE PIE Black Coffee 1973 YouTube

Humble Pie - For Your Love

和田アキ子 Akiko Wada どしゃぶりの雨の中で Doshaburi no Ame no Naka de

SABBRABELLS-Metal Sabel













Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog