FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
どんなに愚かモノと罵られてもいい。自分に嘘を付かずに生きること・・・それはなによりも尊い!! Nov 12, 2019
たとえこの世界がどんなに愚かで狂った世界だとしても、ぼくらはここで生きていくと決めたんだ Nov 09, 2019
あなたと・・・その果てまで突き抜けたい!! Nov 07, 2019
今宵も・・・一晩中!!あなたのまぶたに寄り添う夢を見る Nov 05, 2019
善人にも悪人にもなれないぼくは・・・あなたに寄り添えるだろうか? Nov 04, 2019
 全1ページ
このページのリスト
  あなたもわたしも縁あってこの星に生まれた小さな同胞の欠片   音楽に限らず全ての表現は、いつの時代も、みんなの希望の証   人を騙すよりも騙される人でありたい。 いつまでもいつまでもバカのままでいたい   あなたのまわりにだれひとり理解者がいなくても、そんな事は気にしないでいい・・・   季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!!   いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ   人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・   あなたの人生を照らす光になりたい・・・   生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと   毎日の日々を・・・懸命に 生き抜く。それだけでいい   自分に対して素直になれた時、人はこの世界が自分を祝福していることに気付く。   素敵な音楽は、ジャンルとは無関係に未来永劫聴き継がれていく!!   歳だからこそ、日々の新鮮な驚きや発見が一杯ある・・・   うん・・・歳を取るのも悪くないぜ!!

2018.02.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あなたもわたしも縁あってこの星に生まれた小さな同胞の欠片


ねぇ・・・



ちょいと!!



あんたたち



大学生でしょ?




M-5391

M-5392





オカマに





ほられるのも





社会勉強だからぁ~~~、





あたしのお店に





よってかな~~~~ぁ~~~い?









M-5393

M-5394






おい・・・どうすっぺ!!





そだね。





じゃ、





イッて!! キュウ~~~~~~~~~。





M-5398

M-5399





♪明日と昨日その間で
どこにいるのかよくわからず
何から始めようか
考えてる
でも道に迷ったわけじゃない
どんな地図にも載っちゃいないぜ
生きたい場所は
自分だけ知っている
いつだって次の日があるのさ
だからくよくよするな
道は続く・・・
(MILLION CROSSROADS ROCK)










M-5250

M-5395

M-5275

M-5396





お金が無ければ、
それに準じた生活に慣れるだけ。
今夜は何を食べようかと
悩まずに即決できる。
そう・・・
あるがままの生活って
そういう事。





M-5400

M-5401





たとえば・・・
10人中9人が
あなたのことを
馬鹿にしたり、
全然理解しようと
しなかったとしても、
その中に
必ず1人
君のことを
わかってくれるひとが
いるはず。
だから
心配なんかいらないよ。
きみはきみのままで
何も問題ないんだ。









M-5397











こんなにも
生き辛い
世の中に生まれたことを
どうか・・・
悔やまないで。
あなたもわたしも
縁あって
この星に生まれた
小さな
同胞の欠片。
いつか
輝くその日のために
ぼくらは
今日という日を
生き抜くんだ。








Stars / THE YELLOW MONKEY

The Collectors / ミリオン・クロスロード・ロック

約束の橋 - 佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKSTRA (DaisyMusic Official)

悲しみの果て ≡ エレファントカシマシ








2018.02.25    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   音楽に限らず全ての表現は、いつの時代も、みんなの希望の証


俳優の左とん平さん
逝去。
歳を経るほどに・・・
ぼくらを、
その味わい深い存在感で
魅了した
とん平さんを
懐かしく思い出します。
合掌・・・









M-5250

M-5277

M-5386




ミュージック・マガジン最新号に掲載されている
イリア(ジューシーフルーツ)のインタビュー記事を読む。
ステージに立ち続ける限りは、
常に背筋を伸ばし、ミニスカ&ハイヒール!!宣言。
うん・・・
いつまでも
お洒落でキュートなお姉さまでいてほしいよねっ。
素敵です。









M-5388

M-5389

M-5390




同じく、
ミュージック・マガジン最新号に
掲載されている
浅井健一のインタビュー記事を読む。
音楽で人の心を動かそうとは思わない。
音楽は人の心に
希望の光を映し出すものであってほしい。
そう語るベンジー。









M-5387




♪あの娘はとても気紛れで
目をはなすといつも
俺らの背中にツバをかけて
逃げて行くんだ
今夜も
俺らやけっぱちで
あの娘の
うわさを聞いて
やっぱり
俺ら一人じゃだめなんだ
戻ってきてよ・・・
(どうしようもない恋の唄)









【独占親子取材】マキシマムザ亮君の息子・KAWAKITA TEI君(6歳)の個展『保育園児が描いた奇怪イラスト展』に潜入
2018.02.23 18:00



https://rockinon.com/news/detail/173493



“禁止されたほうが楽しいというか。「しちゃいけないよ」って言われたほうが子供ってしたくなるじゃないですか。”
(マキシマムザ亮君)

“だからうちのお母さんもROCK IN JAPAN FESTIVALとか、楽しみにしていつも来てくれるんですけど、ライブ中は絶対楽屋とかに来ないで欲しいんです。親孝行するためにやってないから。むしろ親のいないとこで、悪いことしてる感覚でロックやってるから。”
(マキシマムザ亮君)

“ちょっとヘンテコな絵を描いてて「いいじゃん!」と思ったんですけど、逆に褒めても違うなあと思って。褒めちゃうと親が描かせてる感じになっちゃうから。ダチョウ倶楽部じゃないですけど「これダメだからな、おまえ」って(笑)”
(マキシマムザ亮君)

“エログロはまだ見せてないですけど。ちょっとぐらいグロがあるようなイラスト集とかマンガとか、僕の普通に大好きな画集とかは、ちょっと上の本棚にしまっとくんです。で、「この本触んないで、高いから」って言うと絶対いじってますね。”
(マキシマムザ亮君)

“エログロはまだ見せてないですけど。ちょっとぐらいグロがあるようなイラスト集とかマンガとか、僕の普通に大好きな画集とかは、ちょっと上の本棚にしまっとくんです。で、「この本触んないで、高いから」って言うと絶対いじってますね。”
(マキシマムザ亮君)

“「ハングリー」と「絵描きたい」は一緒なんですよ、たぶん。僕にとっての音楽もそうかもしんないなと。だから絵描きたいなっていうのは空腹感と一緒なんですよね。”
(マキシマムザ亮君)




M-5276

M-5275









うん・・・



音楽に限らず全ての表現は、



いつの時代も、



みんなの希望の証。








Hey You Blues - Tonpei Hidari

「ラニーニャ 情熱のエルニーニョ」 ジューシィ・フルーツ

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Ginger Shaker』MUSIC VIDEO(Short Ver.)

THE ROOSTERS 81.7.14 「MC~どうしようもない恋の唄」渋谷エッグマン

予襲復讐 マキシマム ザ ホルモン











2018.02.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   人を騙すよりも騙される人でありたい。 いつまでもいつまでもバカのままでいたい


森田童子は、
その全活動期間を通じて
殆ど
メディアへの露出が
無かった。
それだけに
あの伝説の「黒テント公演」の
構想から実現までの
紆余曲折を追いかけたこのドキュメント映像は
彼女が音楽と向き合う意味を
知る上でも、
ほんとうに貴重だ・・・








M-5381

M-5250









音楽は
素晴らしい・・・
いろんな人が
いろんな想いを抱えながら
そこに集う。
そこに
かすかな希望の光が
射し込む瞬間を
目撃したい。
だから・・・
僕は
音楽を聴く。




M-5276

M-5277

M-5382









たぶん・・・
僕も
あなたと
同じように
弱虫で臆病だから。
そんな自分を
肯定できる証が欲しくて
音楽を聴くのかな。
うん。
音楽は
そんな自分を
いつも
優しく微笑みながら、
見つめている。




M-5280










人の心は・・・
神様だって縛れない。
うん。
人の心には
翼が生えている。
その
翼を広げて、
何処へだって
飛んで行けるんだ。
君の心にも!!
それが
僕らの希望の証。



M-5383

M-5384

M-5385










人を騙すよりも
騙される人でありたい。
いつまでも
いつまでも
バカのままでいたい。
うん・・・
純粋ってなんだろうね。
それはね、
いつまでも
いつまでも
そんな
やさしいままの
あなたを
信じつづけることなんだ。









夜行①

夜行②

夜行③

吉井和哉 - LOVE & PEACE(2011.7.1 at 東京国際フォーラム ホールA)

こんな人も出てます










2018.02.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   あなたのまわりにだれひとり理解者がいなくても、そんな事は気にしないでいい・・・


大杉漣さんが急性心不全で死去、66歳
スポーツ報知/報知新聞社
2018/02/21 20:37




https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/大杉漣さんが急性心不全で死去、%ef%bc%96%ef%bc%96歳/ar-BBJoYV6?ocid=st









お別れは
ある日突然やってきた・・・
そして
なにくわぬかおで
明日が
扉を開けてやってくる。
その繰り返しの中で
僕らは
今日を生きる。







M-5272

M-5273

M-5274

M-5275





何気ない
人生の機微を表現できる
数少ない
役者さんの
一人だったような気がします。
合掌・・・
謹んでご冥福を。








M-5270

M-5271









♪たとえば
ぼくが死んだら
そっと忘れてほしい
淋しい時は
ぼくの好きな
菜の花畑で泣いてくれ
暗い海辺の窓から
ぼくの名前を
風にのせて
そっと呼んでくれ・・・
(たとえばぼくが死んだら)





M-5276

M-5277

M-5278

M-5279










この世界を
覆い尽す
全ての悲しみたちも、
ぼくらが
通り過ぎて来た
人生の
足音を聞きながら
そっと
あの街角に
佇んでいるのかも
しれないね。








The Verve - Bitter Sweet Symphony

Noel Gallagher's HFB - Don't Look Back In Anger (Live Fuji Rock Festival'12)

Manic Street Preachers - Motorcycle Emptiness

【Music Video】森田童子「ぼくたちの失敗」

たとえばぼくが死んだら









2018.02.21    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!!


狂四郎~~~~~~~~~!!



いやいや・・・



拙者っ、



清志郎でござるっ。







M-5261

M-5262

M-5263

M-5264




マイブラだけじゃない!アルバム制作費に莫大な金をかけレーベルを困窮させたバンド×7(汗)。
2018.02.21 10:25
児島由紀子の「ロンドン通信」




https://rockinon.com/blog/kojima/173389



芸術に
惜しみなく
金をつぎ込む・・・
それでこそアートが育つ!!
さっすが欧米かっ。









♪僕らが
手にしている富は
見えないよ
もしも彼らが
君の何かを盗んだとして
それはくだらないものだよ
もしも君が
彼らのことばに嘆いたとして
それはつまらないことだよ
君の喜ぶものは
ありあまるほどにある
何故なら価値は
生命に従って付いている・・・
(ありあまる富)









M-5265

M-5266

M-5267

M-5268




つい
この前まで、
街は
真冬の凛とした
静寂に包まれていたのに、
もう
そこまで
春の足音が
近づいている・・・







M-5269









きみが
ふり返れば、
ほらっ、
あのコが
にっこり微笑んでいる。
季節の移ろいは・・・
神様の
素敵な贈り物!!








Rock'n Roll Show

My Bloody Valentine - Soon (Video)

椎名林檎 - ありあまる富

丸の内サディスティック | Dynamite In - 東京事変

22歳の別れ












2018.02.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ


神はなぜ、
彼の未来に
過酷な試練を
与え続けるのか?
なぜなら、
神でさえ
彼の虜なのだ。
たとえ、
どんな試練を
与えたとしても、
彼は自身の
生きざまに反映させることで
この世界を
優しく
包み込んでしまうから。









M-5246

M-5251

M-5252

M-5253




♪冷えた空気の中
冷めた視線なんて
気になんてしないさ
多勢に無勢の
ここには
はまりはしないぜ
負け犬にはならない
今は何かに傷ついていても
限りなく潔い
殉教者(ヒーロー)になる
その日まで・・・
(マケイヌ)




M-5258

M-5259

M-5260









♪好きなもの
好きなひと
好きなら
もっと好きになれ
いつも
世界はくり返すだけ
何も変わらない
だから自分を変えてみるのさ
生きていくのさ
生きるために
生きるのさ・・・
(TOUGH)







M-5254

M-5255

M-5256

M-5257













生きている限り・・・




いつだって




この瞬間のときめきが




全てなのさっ。








【NHK】【ノーカット実況なし】飛んだ!ほえた!泣いた!羽生結弦、金メダル!<ピョンチャン>

ZIGGY-マケイヌ

TOUGH (東京虫BUGSツアー) /ザ・コレクターズ

LOUDNESS "Soul on Fire" Official Music Video - New Album "Rise To Glory" OUT NOW








2018.02.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・


羽生くん・・・
金メダルおめでとう。
うん。
みんなが
あの時、
確信していたはずさ。
神様でさえも
わからない
僕らの明日を
君の
勇気と優しさが
救ってくれたんだ。








M-5239

M-5240




♪たとえ
世界が行き場所を見失っても
汚してしまった
スパンコールを集めて
真冬の星空みたいに
輝かせよう
だけど茨が絡みついて偶然の生贄
試されているのが悔しいね
それでも
明日は明日の風の中を
飛ぼうと決めた・・・
(バラ色の日々)









M-5241

M-5242

M-5243




羽生結弦・・・
完全復活の滑りを披露。
人生は、
その一瞬に込められた
眩い煌きが
全てだと、
僕らに
改めて教えてくれた。




M-5244

M-5245

M-5246










M-5247

M-5248

M-5249





♪何故君はいつでも
そんなに輝いてるの
つまらない日々を
小さな躰にすりつけても
少し淋しくなるだけ
愛し合おう誰よりも
水たまりは希望を
写している・・・
(ワンダーフォーゲル)







M-5250



人はいつも
誰かのことを想ってる。
あなたの
無邪気な笑顔に
出会いたくて、出会いたくて、
儚い夢の轍を
今夜も
また諦めきれずに
追いかける・・・








Stars / THE YELLOW MONKEY

bara iro no hib

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY

くるり - ワンダーフォーゲル (Zepp Tokyo, 2003)











2018.02.15    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あなたの人生を照らす光になりたい・・・


ボス!!
あいつら、
いつのまに組を
再興してたんでしょうね。
うん・・・
奴らがまた
動き始めたとなると、
こいつは
きな臭いなっ!!
よし、
ゴリさん、
奴らの
潜伏している
通称エイジアン・ボーイ・ハウスを
至急突き止めてくれ。




M-5231

M-5232

M-5233

M-5234






了解、ボス!!




急げマカロニ・・・










♪キラキラと輝く大地で
君と抱き合いたい
たとえ
世界が終ろうとも
二人の愛は変わらずに
僕は何を思えばいいんだろう
こんな夜は
逢いたくて君に逢いたくて
また
明日を待ってる
(JAM)









M-5224

M-5225

M-5226

M-5227





あなたの人生を
照らす光になりたい。
あなたが・・・
輝けば、
僕の人生も
その輝きを増す!!









M-5228

M-5229

M-5230










M-5235

M-5236

M-5237

M-5238





魅惑のガレージ・パンク!!




いますぐ




お前のハートに火を付けて、




夜空の彼方へ




お前と




真冬のランデブー・・・







THE YELLOW MONKEY - 見して見して(LIVE)

JAM 1996

Char - Shinin’ You Shinin’Day 【日本武道館】

シーナ&ロケッツ プロポーズ (TV LIVE) 80's 鮎川誠 糸井重里

















2018.02.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと


ジューダス・プリーストのグレン・ティプトン パーキンソン病であることを公表
2018/02/12 20:14掲載(Last Update:2018/02/13 00:44)




http://amass.jp/101048/








“10年前、グレンは初期のパーキンソン病の兆候が見られると診断されました。以来最近まで、グレンは彼自身が納得できるパフォーマンスのクオリティという、非常に重要視してきたものを維持することにより、それまで通り偉大なヘヴィ・メタル・ギタリストとして生き続けてきました。

現在グレンは比較的負担の少ないプリーストの曲を弾いたり演奏することはできますが、パーキンソン病の進行特性を鑑みるに、これまで通りのツアー活動ができなくなるであろうということをみなさんにお伝えしたいと本人は考えています。

「ショウは続いていかなければならない」というメタル・スピリットに忠実なグレンは、ステージ上で代わりに戦い続けることをアンディ・スニープに託しました。

「みんなに知ってもらいたいのは、ジューダス・プリーストのツアーが先へ進むことが不可欠であること、そして、僕はバンドを離れないということ。単に僕の役割が変わっただけだ。プリーストの曲をぶっ放せるようになったら、そして、そうできそうな気がしたら、ステージに立つ。そのチャンスは排除しないさ!だから今は、あまり遠くない未来のどこかの時点で、僕たちの素晴らしいメタル・マニアたちにもう一度会えることを心から楽しみにしているんだ」

ロブ、リッチー、イアン、スコットからのメッセージ:

「我々はグレンの意志の強さと揺るぎない責任感を目の当たりにするという幸運に長年恵まれてきた。自分の情熱や信じるものを、プリーストとの曲作り、レコーディング、パフォーマンスのセッションを通じて示してくれた彼こそは真のメタル・ヒーローだ!

我々が『ファイアーパワー』のツアーを全うすべきだというグレンの主張はいかにも彼らしい。グレンの願いを実現するために我々に加わってくれるアンディに感謝している。グレンも言っていたように、ツアーのいつか、どこかであらゆる時、あらゆる場所で、彼を迎えることができることを待ちきれないんだ。

…グレン、みんなおまえを愛しているよ!」”








パーキンソンは
決して
不治の病ではない。
そう信じたい・・・
どうか希望を失わないで!!








M-5213

M-5214

M-5611

M-5215




♪どうにもならないよ
この恋が
君をさらってく
だからひととき
ほんのひととき
そうさ
ひととき
ほんの少し
神様
時間止めて
明日を遠くして・・・
(世界を止めて)









M-5216

M-5217








“ウチはずっと中小企業で、研磨剤にしかこだわってなかったんだよ。好きなものをどうやって磨いていくか、しか考えてなかった”
(加藤ひさし)

“『売れたい。じゃあどういう曲作ろうか』ってなった時に、コレクターズは大きなヒントになったんですよ。ちょうどブリットポップも流行り始めて、それが僕の中ではうまくリンクして、シングル量産体勢に入ったわけですよ”
(吉井和哉)

“イエローモンキーが自分たちの核にあるものと対峙しながら、ギリギリのところで歌詞をわかりやすくしていったのは凄いし、売れるべくして売れたな、と思う。俺たちはそんな意識なんてなく、XTCごっこみたいなことばかりやってた”
(加藤ひさし)

“あの頃のロックバンドの連中って、あんまり背が高くなかったんだよ。演ってる音とスタイルが、あんまり噛み合ってなかったのね。それが新幹線で吉井くんに会ったら、すごく背が高くて。おまけに服装もロックンロールな感じでさ。”
(加藤ひさし)




M-5218

M-5219

M-5220








ヤングギター最新号に掲載されている
高崎晃のスペシャル対談、
VSチャー、VS鮎川誠を読んで思ったこと。
やっぱ一つの道を
信念を曲げずに突き進んできた
3人だからこそ、
共通項がいっぱいあるよね。
うん。
ジャンルの壁なんて一切関係ないんだよ。
ギターが大好きだからこそ
通じ合える。
素晴らしい事です。








M-5221

M-5222

M-5223









生きるという事・・・
それは、
何が起きようと
それを
受け入れる
勇気と信念を
失わないこと。
そう。
未来に
何が待っているか・・・
それは
ぼくらの運命を司る
神様でさえも
分らないのだからね。








Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live Vengeance '82)

Judas Priest - Riding on the Wind (Live Vengeance '82)

Judas Priest - Bloodstone (Live Vengeance '82)

THE COLLECTORS - 世界を止めて (Fuji Rock 2016)

Stars / THE YELLOW MONKEY

Loudness - In The Mirror (eurobounds/1984)

Char - Shinin’ You Shinin’Day 【日本武道館】

シーナ&ロケッツ プロポーズ (TV LIVE) 80's 鮎川誠 糸井重里












2018.02.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   毎日の日々を・・・懸命に 生き抜く。それだけでいい


アイスダンスショートプログラムを
眺めていたら・・・
あっ、
これストーンズの
「悪魔を憐れむ歌」じゃん!!
そしてそこから「天国への階段」かと思いきや、
「ホテル・カリフォルニア」へと続いていく。
うん。
フィギュアスケートには
こんな楽しみ方もあるんだね!!









M-5603

M-5604

M-5605










オリンピックは・・・
なにも考えず、
ただ眺めているだけで
こんなにも
楽しい!!
うん。
そのすべての競技が、
肉体を駆使したアートだよね。
だから、
生きることは、
素晴らしい。







M-5606

M-5607

M-5608




何かを手にするために
いつも
何かを失う・・・
でも、
それは悲しい事じゃない。
何かを
失う度に、
君は日々生まれ変わる。
それは
君がいつも欲しがっていた
あの未来を
具現化するための
エネルギーさ!!









M-5609

M-5610









♪いつまで
どこまでなんて
正常か異常かなんて
考える暇も無い程
歩くのは大変だ
楽しい方がずっといいよ
ごまかして笑っていくよ
大丈夫だ
あの痛みは忘れたって
消えやしない・・・
(ray)





M-5611

M-5612









毎日の日々を・・・
懸命に
生き抜く。
それだけでいい。
ほかに
なにもいらないんだからね。







Rolling Stones "SYMPATHY FOR THE DEVIL" (Live Glastonbury)

Virtue/Moir. Grand Prix of Figure Skating Final 2017. SD

スピッツ / 1987→

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

Noel Gallagher's HFB - Don't Look Back In Anger (Live Fuji Rock Festival'12)

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」












2018.02.10    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   自分に対して素直になれた時、人はこの世界が自分を祝福していることに気付く。


YOUNG GUITAR 最新号に掲載されている
撃論言霊〜
高崎 晃 VS.レジェンダリー・ギタリスト〜
vs. Charを読む。
グループサウンズが衰退した後の
アイドル歌謡全盛時代に、
敢えて己のアティチュードを
貫き通してきた二人。
今もその輝きは不滅。
その生き様は今尚、
僕らに勇気と希望を与え続けている。








M-5590

M-5591

M-5592








同じく、YOUNG GUITAR 最新号に掲載されている
撃論言霊〜
高崎 晃 VS.レジェンダリー・ギタリスト〜
vs. 鮎川 誠を読む。
思春期に受けた衝撃は
一生!!体に染みついて離れない・・・
ロックは
ギターのシールドを
アンプにつないだ瞬間の
爆音から生まれる
熱狂と興奮が全て。
うん、そうなんだよね。








M-5593

M-5594

M-5595







それにしても・・・
まさかあの高崎晃が
対談相手として選んだ日本人ギタリストが
チャーであり、鮎川誠であるという事実。
それだけでも充分に衝撃だった。
生きていればこそ、
こんな素敵な瞬間に何度も出会えるんだね!! 
うん。
それもロックンロールだよ。(笑)





M-5596

M-5597




Talking Rock最新号に掲載されている
スペシャル対談
TOSHI-LOW × 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)を読む。
様々な人生の辛い季節を
乗り越えてきた二人。
だからこそ、
人に対してこんなにも
素直に向き合えるようになる。
それは
人生に於ける
至上の喜び・・・








M-5598

M-5586

M-5600





♪大きなビルの谷間で
よく見るやつらが
小さな蟻を
踏みつぶす話ししてたよ
小さな嘘も
いつしか膨らみすぎたね
気付く暇もなし
変わる気もなし
今日も
一日
杓子定規で
単純な大声を張り上げてた・・・
(杓子定規)







M-5601

M-5602



ブラフマンを武道館で観た
2018.02.09 23:11
山崎洋一郎の「総編集長日記」


https://rockinon.com/blog/yamazaki/173064


“炎のようなライブとしか言いようがない。
炎そのもののような4人と、その音。
本当の意味で熱い、そして高圧なライブ。
こんなライブをやれるバンドが今の日本で他にどこにいるだろうか。”
(山崎洋一郎)



ブラフマンの武道館ライブは、一大エンターテイメントだった。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」


https://rockinon.com/blog/shibuya/173072


“もう誰もが認めることだがTOSHI‐LOWはとても知性的なアーティストである。武道館という舞台で肉体を封じられた時、彼は自らの最大の武器である知性によって、あの空間に勝とうした。そしてそれは見事に成功した。
これまで誰もやったことのない、映像、照明、演出で誰も見たことがない武道館ライブを実現してしまった。
最初にブラフマンにエンターテイメントという言葉は似合わないと書いたが、彼らほどエンターテイメントという言葉が似合うバンドはいないことに、改めて気付かされるライブでもあった。”
(渋谷陽一)









自分に対して
素直になれた時、
人は
この世界が
自分を祝福していることに
気付く。
そして、
その喜びを
みんなと分かち合いたくなるんだ。
その瞬間から、
もう
君と僕は、
互いを
認め合える
大切な仲間になる。
それが音楽のマジックさ・・・







レイジー ベイビーアイメイクアモーション LAZY babyimakeamotion

「闘牛士」 Char 1978 5 22 Pideo 動画検索

夜のヒットスタジオ

シーナ&ロケッツ You May Dream(1980)

東京スカパラダイスオーケストラ / めくれたオレンジ

ニューエストモデル / 杓子定木

BRAHMAN 「今夜」MV








2018.02.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   素敵な音楽は、ジャンルとは無関係に未来永劫聴き継がれていく!!


松村、橘川、大類、斉藤、大久保が大集合する毎年恒例のロッキング・オン同窓会が行われました。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」


https://rockinon.com/blog/shibuya/172906




M-5580

M-5581




“去年は僕が幹事で会社の近くのそば懐石の店でやったが、今年は橘川が幹事で三軒茶屋の和食屋になった。それぞれ自分の生活圏に近いところを選ぶのが親父っぽい。
今回の和食屋はいい店だったが、ちょっと分かりにくいところにあり、松村が迷ってしまった。1時間、三軒茶屋エリアをさ迷っていたらしい。橘川の店の知らせかたが悪いと怒っていた。
どうも道順だけ教えて、住所も電話番号も教えなかったらしい。
教えない橘川も橘川だが、聞かなかった松村も松村だと、みんなが呆れていた。
45年前と何も変わっていないのが笑えた。
いつものように病気自慢、ボケ競べの3時間は、みんなにとって1年で一番楽しい3時間だった。”

(渋谷陽一)








M-5582

M-5583









Talking Rock最新号に掲載されている
スペシャル対談
TOSHI-LOW × 中川敬(SOUL FLOWER UNION)を読む。
爆笑の渦の中で
二人の真摯な想いが心に響き渡る・・・
うん。
彼らの奏でる音楽そのものだね。









M-5584

M-5585

M-5586




♪風が吹く 港の方から 
焼けあとを包むように
おどす風
悲しくて すべてを笑う 
乾く冬の夕
唄がきこえる 
眠らずに朝まで踊る
解き放て
いのちで笑え 
満月の夕・・・
(満月の夕)








M-5587

M-5588

M-5589




中川君・・・
いくらなんでも
太り過ぎやでぇ~~~~~!!
ホンマホンマ!!
ダイエットせにゃ
あかんでぇえええ~~~。
うるさい。
大きなお世話やっつつつつ。(笑)









BURRN!最新号に掲載されている
ポール・スタンレーのインタビュー記事を読む。
モータウンに代表される
フックが効いたメロディ・ラインや
ソウル・ミュージックのエモーションは
そのままキッスの音楽にも
ごく自然に備わっていることに改めて気づかされた。
音楽は
そんな風に
未来永劫無限の旅を続けるんだ。


キッスの音楽には
メタルの要素もあれば、
ポップの要素もある。
そしてソウルの熱いエモーションも息づいている・・・
PAUL STANLEY’S SOUL STATIONを通じて伝えたいことも
きっとそれなんだろう。
うん。
だから音楽は最高なんだよ!!








「この世の中には良い音楽と悪い音楽の二種類しか存在しない」
そう語るポール・スタンレー
・・・
だからこそ、
良い音楽はジャンルとは無関係に
未来永劫聴き継がれていく。
つまり、
僕らの人生に寄り添ってくれる
最良の友達で
あり続けるのさ。







頭脳警察 / 銃を取れ Live

BRAHMAN 「ナミノウタゲ」MV

ソウルフラワーユニオン/ 風の市 Dir若松孝二

満月の夕/ソウル・フラワー・ユニオン

Kiss - Who Wants To Be Lonely

Paul Stanley's Soul Station "Tracks of my Tears" Live at The Roxy









2018.02.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   歳だからこそ、日々の新鮮な驚きや発見が一杯ある・・・


レッツゴー三匹の長作さん・・・
天に召される。
東のてんぷくトリオ。
そして
西のレッツゴー三匹。
僕らの世代に於ける
トリオ漫才のヒーローだった。
どうか安らかに。








M-5576




歳だからと
全てを諦める必要なんて全くない。
歳だからこそ、
日々の新鮮な驚きや発見が一杯ある。
そんな日々の生活に感謝ですね・・・
おいおい、
それはお前が
いつまでもアホなだけやっ!! 
はい、その通りっつつ。








M-5577

M-5578

M-5579





♪語れるほどの夢とか
小さくなった
誇りさえ
失くしてしまうとこだった
優しかった時の
心取り戻せ
嘘つきと
呼ばれていいから
僕はここにいる
すでに
もう奇跡
花が咲いているよ・・・
(群青)








M-5575









生きることは
常にリスクと隣り合わせ。
それでも、
人は
日々の日常に於ける
安心と平和を得るために
今日も
闘い続ける・・・
そう!!
自身の中に
巣食う
悪魔と向き合いながら。







レツゴー三匹

海援隊 あんたが大将 (1977)

スピッツ / 群青

Patti Smith - People Have The Power








2018.02.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   うん・・・歳を取るのも悪くないぜ!!


幼いころの思い出は
どんなに
時が移り変わろうと、
いつも
甘酸っぱくて
ほろ苦い味がするのは
どうしてだろう?
きっと、
いつまでも
その瑞々しさを
君が失わないままだからさ。
そして・・・
ふたりは
いつのまにか
あの頃に戻っていた。







M-5568

M-5569

M-5570

M-5571




♪永遠に続くような
掟に飽きたら
シャツを着替えて出かけよう
愛で汚された
ちゃちな飾りほど
美しく見える光
つまらない
宝物を眺めよう
偽物のかけらにキスしよう
今変わっていくよ・・・
(青い車)









M-5574






BURRN! JAPAN最新号に掲載されている
井上俊次、影山ヒロノブの
個別インタビュー記事を読む。
10代の頃は誰もが
理想と現実の乖離の中で
もがき苦しみながら
成長していく。







そしてやがて歳を経た時、
こう思うのだろう。
やはりあの時の出会いがあったから、
ここまで成長できた。
うん。感謝しかないよね。




M-5572









当時、音楽評論家の伊藤政則が
レイジーの新作アルバムに付けたキャッチ・コピー!!
「へヴィ・メタル宣言」に
胸躍らせたロック・ファンは
きっと僕だけではなかったはず。








M-5573




そう・・・
アイドル時代の
様々な
辛い経験を糧として
彼らはついにやりたいことを
やりきったのだから!!








様々な出会いと別れを
くり返しながら、
今もまだ旅の途上・・・
明日という
未知の世界に
胸躍らせながら、
舟を漕ぎ出す
3人。
うん・・・
歳を取るのも悪くないぜ!!







"Maggie May." Rod Stewart

スピッツ / 青い車

LAZY/地獄の天使

レイジー「赤頭巾ちゃん御用心」「ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」

LAZY DREAMER

LAZY 「Slow and Steady」”Wandering Soul” Music Video
















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog