プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
きみのために、生きて生きて生き抜こうと思えたのさ!! Apr 29, 2017
人はいつだって他者の中に自分の卑しさを見てしまう Apr 28, 2017
貴方の心に辿りつきたくて・・・今日も また日が暮れる Apr 27, 2017
心はいつも 君と共に!! そんな素敵な嘘を僕等は一生賭けて信じ続けるのさ・・・ Apr 26, 2017
おれはおまえと出会えてうれしいんだ。 さぁ、なにから話そうか? Apr 25, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  憧れは・・・創造のエネルギー!!   今夜も・・・きみに愛と夢とロックンロールを!!   やっぱりどんなときもハッピ~でいたいからにゃっつつ!!   追いかければいつも逃げて行く。 でも・・・気が付けばいつも隣にいる   青空の輝きが・・・全てを一瞬のうちに塗り変える   そうさ・・・いいたいことはいつも風の中に舞っているじゃないか!!   にゃんごすたー!! サイコーにゃっつつつ   たとえ未来に何が待っていたとしてもぼくらはこの街で生きていく!!   信じよう。 今日という日は明日への希望の懸け橋なんだ   たとえ道に迷うことがあっても・・・予期せぬ出会いが二人の未来を照らしてくれる   いつだって・・・目の前にある しあわせをつかめばいいんニャッ   ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞   そのやさしさ・・・ いつまでも忘れないで。 僕のたった一つの願いだから!!   君の優しい笑顔が今日という不確かな現実を・・・明日という 確かな未来へ繋ぐのさ!!   互いに何も言わなくてもわかりあえる。 つかずはなれずのふたりだからにゃっつつ!!   きみがいつもそばによりそってくれるだけで、 ここは素敵なパラダイス   貴方の声をいつまでも追いかける秋の夕暮れ   俺はいついかなる時も俺であるべきだ。 世界は全ておれのもの!!   みんなしあわせになるために生まれて来たんだ。 その権利だけはきっと誰にも侵せない!!   生きている限り・・・ここがおれたちの楽園!!   そう。 当たり前の幸せはいつもすぐそばでやさしく微笑んでいた!!

2016.10.31    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   憧れは・・・創造のエネルギー!!


気分は上々かぁ~?



ばかやろう!!



んなこと・・・いちいち聞くんじゃねえっ。


M-2264

M-2265







おれたちはいつだって



最高さっつつ。




M-2266

M-2267

M-2268





♪ほらごらんよ
流れる雲
あの広い空
そのうちなんとかなるだろう・・・・・
かっ?
(ハッスル)







M-2269

M-2270

M-2271




そうにゃっ!!



生きることは・・・本気のギャンブルにゃつ。




いつだって



泣きたくなるほどの



スリルと興奮がそこにある。







M-2272

M-2273




いつの時代も



憧れは・・・創造のエネルギー!!




いまも



きみに夢中なのさっ。






M-2274

M-2275

M-2276

M-2277




道に迷ったときは・・・



あせらずに



ここを訪ねればいい。










きっとそこが、




心の楽園なのさ。









The Beatles - I saw her standing there + presentation at the star club 1962

麗蘭  ハッスル 【LIVE 1992】

麗蘭「マニフェスト(we are the Lay-Run)」

Beatles. One After 909. 1962. Liverpool.

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY











2016.10.30    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今夜も・・・きみに愛と夢とロックンロールを!!


秋は・・・



誰もいないベンチで



まったりにゃっつつつ。



M-2251

M-2252

M-2253

M-2254




うん、



たまにはひとりもいいよねっ。



と、言い訳ニャッ。







M-2255

M-2256




♪誰か
あの娘を見つけたら
俺らの所へ
連れ戻しておくれ
こんな気分は
もううんざり・・・
(One More Kiss)







M-2257

M-2258

M-2259




天国から・・・
いつもきみを
見守っている人がいる。
うん。
どんなときも
じぃ~~~~っと見てるぞぉおおおおお~。
今日もいざ!!
感謝の爪とぎにゃっつつ。






街の喧騒の
片隅で・・・
今日も懸命に
何かを追い求める
少年少女たちへ・・・




M-2260

M-2261

M-2262

M-2263










今夜も




愛と夢とロックンロールを!!









麗蘭「マニフェスト(we are the Lay-Run)」

The Roosters-One More Kiss

Heaven's Kitchen/ボニー・ピンク

The Beatles - Some Other Guy (Live At The Cavern Club)









2016.10.29    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   やっぱりどんなときもハッピ~でいたいからにゃっつつ!!


お菓子くれないと・・・



いたずらしちゃうぞぉおおおおおおおお~~~~~~!!







ロックの神様が



お前の大事な一人娘をさらっちまうぜっつつ。



M-2247

M-2248

M-2249

M-2250









“おれたちの世代だとさ、アベレージ感覚っていうか、アベレージより下のことはやりたくないって意識があるじゃない? でも冨士夫さんはそういう感覚はないよね。ゼロか100越えるかどっちかだよね。究極の芸は来ない!っていう(笑)。”
(延原達治)



M-2233







“高校生の頃のオカモトズをお見舞いに連れていったときに、冨士夫さんは、「バンド始めたなら、二十四時間練習だぞ、音出してないときもどうやったらかっこよく歩けるか? 二十四時間考えるんだぞ」。”
(延原達治)







M-2234




♪夜の金網を
くぐり抜け
ハックルベリーに会いに行く
台無しにした昨日は
帳消しだ・・・
(1000のバイオリン)







M-2235

M-2236




市立図書館は宝の山。
いろんな発見がある。
そう・・・
様々な異なる価値観の吹き溜まり。




M-2237

M-2238







うん・・・
やっぱりどんなときも
ハッピ~でいたいからにゃっつつ。
いついかなるときも
笑っていたい。




M-2243

M-2244

M-2245







へそ下三寸の傷跡をみる度に、
おいらはこの傷のお蔭で生かされている。
それを日々実感にゃっ。



M-2239



"生きているということは
誰かに
借りをつくること
生きてゆくということは
その借りを
返してゆくこと"
(永六輔)




M-2240

M-2246

M-2242








うん・・・



その通りだにゃっつつ!!






宇宙まお - ロックの神様

Blankey Jet City - D I J のピストル

THE PRIVATES - リメンバー

OKAMOTO'S 『BROTHER』

THE BLUE HEARTS 1000のバイオリン

TEARDROPS - 瞬間移動できたら

ニューエストモデル / 杓子定木

ひとつだけ - 矢野顕子 (12/05/12)









2016.10.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   追いかければいつも逃げて行く。 でも・・・気が付けばいつも隣にいる


若い頃、職場の怪我で入院生活を送ったことがある。
歩けるようになると、毎日喫煙場所でタバコを吸いながら、
みんなで看護婦の噂話に花が咲く。
人見知りの僕でさえ、
いつのまにかみんなと打ち解けていた。
懐かしい思い出・・・






M-2215

M-2216

M-2217

M-2218








♪そうさ~~~
おれたちは
しがない入院患者なのさ。
楽しみと言ったら、
患者たちの集まるロビーで
タバコを吸いながら
看護婦の噂話をすることくらいさっ!!




M-2219

M-2221

M-2220








看護婦詰所の前が喫煙サロンみたいなスペースになっていた。
みんななんとなく退屈だからそこに集まってくだらない話に花が咲く。
年齢も境遇もバラバラだけど、
みんな同じような屈託を抱えているからすぐに仲良くなれる。
まるで場末の居酒屋みたい!!
なんて素敵な時代・・・



M-2222

M-2223

M-2224

M-2225




今日も・・・
ここから眺める景色は
絶品にゃっつつ。




M-2226

M-2227

M-2228








うん。
幸せはいつも
身近にあるんにゃっつ!!




M-2229

M-2230

M-2231




♪あなたの世界が
壊れそうになったら
あたしの言葉を思い出して
時計はもうすぐ9時をまわるわ
言い訳を考えて
もう少し
一緒にいて・・・
(帰れない2人)



M-2232

M-2232








追いかければいつも逃げて行く。
でも・・・
気が付けば
いつも
隣にいる。
きみがそっと
幸せを届けてくれていたんだね。
ありがとう。









Rolling Stones Stray Cat Blues Beggars Banquet

The Rolling Stones - Street Fighting Man 1968

Rolling Stones "Honky Tonk Women" 1969 (Reelin' In The Years Archives)

The Rolling Stones - No Expectations

新世紀エヴァンゲリオン - 帰れない2人








2016.10.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   青空の輝きが・・・全てを一瞬のうちに塗り変える


カバーなのに
カバーを超えている。
カバーなのに
カバーを超えた
オリジナルとして響き渡る・・・
これがロックロールの奇跡なんだろう。
サイコーだぜっ。



M-2200

M-2201

M-2202


Hi Standard - Since You Been Gone






“「セッションはプロレスだ」なんて名言だなと思った。冨士夫ちゃんはそのときに久々におれの刺激がほしかったのかもしれないね。遊ぶ相手がほしかったというか。”
(Char)



M-2203

M-2204








“冬やったね。僕らは別にしゃべることもなかった。ギターがどうだとか、ストーンズがいいねとか、そんなしらじらしいことしゃべれんかった。”
(鮎川誠)



M-2205




“聴いてきた音楽というのがほとんど一緒というか、お互いに知ってるから、「あ、そうくるか!」みたいな感じだった。リズム&ブルースやホワイト・ブルース、それからロックよね。”
(シーナ)







M-2206

M-2207





“マーちゃんが「ああ、また冨士夫だよ。止めればいいのにまたやってるよ」って(笑)。冨士夫ちゃんは警官が嫌いだから、「この聖地に来るな」みたいなことをやってくれていたんだと思うんだけどね。”
(Char)




M-2208

M-2209









難しく考える必要は無い。
わかりあえたときは
素直に喜びを分かち合おう。
その先の二人の未来は
だれにもわからない。
うん・・・
そうだね。








M-2210

M-2211

M-2212





青空の輝きが



全てを一瞬のうちに塗り変える。



心の屈託も・・・



M-2213

M-2214





いつのまにか



消えていた。







Hi Standard - Since You Been Gone

村八分 あっ!

シーナ&ロケッツ レモンティ (LIVE)

山口冨士夫 村八分 水たまり チャー坊 @京都大学西部講堂

↑THE HIGH LOWS↓ - 月光陽光








2016.10.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   そうさ・・・いいたいことはいつも風の中に舞っているじゃないか!!


今日も・・・



食欲もりもりもりしんいちにゃっつつつ!!



えっ、


なんか言ったかにゃっつつつ?



ぜんぜん聞こえないにゃっつつつ。




M-2187

M-2188

M-2189

M-2190








きみはいま・・・
どこで誰と話してるのかにゃっ。
うん。
べつに
そんなことは
どうでもいいことなのに。
きっと・・・
誰もが
人恋しくなる
季節だからかもにゃっ!!



M-2191

M-2192

M-2193








道楽 No.14に掲載されている表紙巻頭記事で
甲本ヒロトが自身のバイク道楽について語っている。
危険だからという理由で
バイクを手放す奴に対して
それだけは許せないと語る・・・
生きるという事は
それだけでいつもリスクと隣り合わせだ。
考えてみれば、
生きることは最高の道楽だよ!!




M-2196

M-2197




いろんな生き方があっていろんな価値観がある。
俺はいろんな奴から嫌われるけど、
嫌われるってことは、
相手が俺という厄介な存在を認めている証だからな!! 




M-2198

M-2199








俺が言いたいことは
全て歌の中にあるんだ。
そんなこともわからねえのか!! と、
ディランは
今日も風に向かって語り掛ける。
そうさ・・・
いいたいことはいつも
風の中に舞っているじゃないか・・・







M-2194

M-2195








きみに逢いにいく・・・
きみに逢いにいく・・・
きみが愛しくて
きみが愛しくて
今日も街を彷徨う。









元気を出して 竹内まりや 松たか子

クロマニヨンズ TV初登場!!

The Rolling Stones - Doom And Gloom

Bob Dylan & Ron Wood & Keith Richards-Blowin' in the Wind (Live aid 1985)

駅 Eki (Live) - Mariya Takeuchi 竹内まりや









2016.10.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   にゃんごすたー!! サイコーにゃっつつつ


着ぐるみでこれだけ叩ける超絶ドラマー!!



にゃんごすたー!!



サイコーにゃっつつつ。



M-2181








ぜひ、ふなっしーとオジーと三人で共演してほしいにゃっつつつ。(笑)




うん。




メタルで日本中を元気にするんにゃああああ~。









みんなが



安心して暮らせるように・・・



今日もお祈りの



爪とぎにゃあああああああああああ~~~~~~~~~~。








M-2182

M-2183




この小さな島国で
寄り添って
暮らしているからこそ、
嬉しいことも悲しいことも
みんなで共有できるんにゃっつつ。







M-2184

M-2185

M-2186




うん・・・



それって素敵なことだニャッ!!








にゃんごすたー 紅

2009.05.03 X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 「紅」

10月10日 音話祭 にゃんごスター ドラムパフォーマンス

【動画】ふなっしーとオジー・オズボーン夢の共演☆ミ
















2016.10.21    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   たとえ未来に何が待っていたとしてもぼくらはこの街で生きていく!!


WeROCK最新号に掲載されている
ラウドネスのインタビュー記事が凄い!!
「LET IT GO」は、
当時大ヒットを飛ばしてた
スターシップの楽曲にインスパイアされて出来た。
そう語る高崎と山下。
やっぱりそうだったのか・・・と納得ニャッ。





M-2170

M-2169







この曲がリリースされたとき僕は25歳。
まさか、
この曲の
大ヒットの余波が
この小さな島国にまで及び、
奇跡の初来日が実現するとは
思わなかった。
僕は当時、新宿厚生年金ホールまで出掛け、
彼らのライブを堪能した。
今も素敵な思い出・・・




M-2172

M-2173








スターシップの初来日が実現した時・・・
当然のようにエアプレイン時代の名曲も演奏された。
グレース・スリックの歌声がホールに響き渡り、
みんな思い思いに体を揺らしながら踊っていたっけにゃっつつ。
ホント夢のようだった。



M-2173

M-2174




ジェファーソン・スターシップといえば・・・
この曲もサイコーにゃっつつ!!
いま聴いても色褪せないにゃっ。
うん。


M-2175

M-2176








M-2177

M-2178

M-2179

M-2180




たとえ未来に



何が待っていたとしても



ぼくらはこの街で生きていく。








うん・・・



あのとき、



君に出会った衝撃から




今も醒めないままなのさ。









LOUDNESS - LET IT GO


Starship- We Built This City (MTV Spring Break 1986) (Revamped HD PCM Upconverted)

Jefferson Airplane - Somebody To Love (Live at Woodstock Music & Art Fair, 1969)

'Fridays' TV Show - N [08 of 08] (1981) Jefferson Starship - "Jane" (Live - 'Fridays')

Starship - We Built This City









2016.10.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   信じよう。 今日という日は明日への希望の懸け橋なんだ


♪理想で作った道を
現実が塗り替えていくよ
思い出はその軌跡の上で
輝きになって
残ってる・・・
(ray)






M-2157

M-2158

M-2159








いつか・・・
きみに
逢える日が
やってくるのかな。
うん。
神様だけが知っている。
二人の未来。
とりあえず
互いの道を歩き始めるしかないよね。



M-2160

M-2161

M-2162








叶わぬ思いを・・・
あなたのやさしさで
つつみこんでおくれ。
未だ光は見えないけど
決してあきらめたわけじゃない。
いつか、
君の微笑みに出会えると
信じてる。



M-2163

M-2164

M-2165




いつの日か・・・


きっと


想いは届く。


願いは叶う。



M-2166

M-2167

M-2168










信じよう。



今日という日は



明日への希望の懸け橋なんだ。








BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO

BUMP OF CHICKEN「天体観測」スペシャルMV

BUMP OF CHICKEN「Butterfly」

宇多田ヒカル みんなで作る「花束を君に」Music Video









2016.10.16    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   たとえ道に迷うことがあっても・・・予期せぬ出会いが二人の未来を照らしてくれる


僕等の世代のアイドル・・・


当時、ペイジもセッションに参加してた。


素敵だニャッ。


Michel Polnareff - La poupee qui fait non ( Rare Original Video 1966 )





M-2146

M-2147





この曲もサイコーニャッ!!



イエローモンキーの「マリーに口づけ」は



きっとこの曲にインスパイアされたんだと思うニャッ。



TOUT TOUT POUR MA CHERIE - MICHEL POLNAREFF




M-2148

M-2149







利益優先よりも、人との関わりを通じてこの世界を変えていく。
それが企業の役割。
それはいつの時代も普遍的原則であるはず。



M-2150








たとえ道に
迷うことがあっても・・・
予期せぬ出会いが
二人の未来を照らしてくれる。
うん。
信じていいんだよね。






M-2151

M-2152





子供たちの
楽しそうな
笑い声が聞こえる。
通りを駆け抜けていく
足音が響く。


M-2153

M-2154

M-2155

M-2156



穏やかな


真昼の日差しを浴びながら


きみのことを


想う。







Michel Polnareff - La poupee qui fait non ( Rare Original Video 1966 )

TOUT TOUT POUR MA CHERIE - MICHEL POLNAREFF

さようなら世界夫人よ

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY

ALRIGHT / THE YELLOW MONKEY











2016.10.15    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   いつだって・・・目の前にある しあわせをつかめばいいんニャッ


ペイジのルーツはロカビリー!?




びっくりポンにゃっつつつつつ。




HEARTBREAKER - Led Zeppelin by Char





M-2130

M-2131

M-2132




おぉ~~~サンダーバード!!



M-2133




ヒーセだっつつ。


【池部楽器店】Thunderbird Bass Style Sound featuring 広瀬"HEESEY"洋一 Vol.1 「はじめに~ノーマル(リバース)ボディ試奏」








M-2134

M-2135

M-2136

M-2137




♪風の街に生まれ
嵐の夜をすごし
今夜もまた奇跡待つだけ
確かなもの何もないけど
誰かが呼んでるはずさ
(風の街に生まれ)








孤独と慣れ合うことなく・・・



孤独と寄り添うのもロックンロール!!



M-2138

M-2139





メロディとビートのパワーで
不特定多数の人間を巻き込みながら
最終的にひとりひとりの意識を変えていく。
そして未来に変革を促す。
それがポップ・ミュージックの魔法なのさ。







M-2140

M-2141





こんなに



気持ちいい日差しは



ひさびさニャッ!!



M-2142

M-2143




うん。



生きるって素敵なことさっ。



M-2144

M-2145








いつだって・・・



目の前にある



しあわせをつかめばいいんニャッ。









HEARTBREAKER - Led Zeppelin by Char

【池部楽器店】Thunderbird Bass Style Sound featuring 広瀬"HEESEY"洋一 Vol.1 「はじめに~ノーマル(リバース)ボディ試奏」

The Street Sliders - 風の街に生まれ 1989

GARO / 青い目のジュディ

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY














2016.10.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞


2016.10.14 19:56
ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞


http://ro69.jp/blog/shibuya/149971



“文学の役割の変化、より踏み込んでいえば文学の衰退が進む中でのディラン受賞。そして、それがディランの反商業的な姿勢の進行、つまり作品の文学化の中で実現したこと、それは必然だったのかもしれない。”
(渋谷陽一)








“どれだけ道を歩いたら
一人前の男としてみとめられるのか?
こたえは
風の中に舞っている”
(風に吹かれて)

“今はなかなか前に進めない者も
やがてはどんどん
道が開けることになる”
(時代は変わる)

“どんな気分だい
住む家もなく
まったく誰からも
相手にされず
転がる石のように生きるのは?”
(ライク・ア・ローリング・ストーン)







M-2125

M-2126









僕の間接的なディラン体験・・・
それが、
吉田拓郎の「ペニーレインでバーボンを」
マシンガンのように繰り出される
ことばのビート感!!
怒りと欲望!!
全てがディランだった・・・









吉田拓郎も岡林信康も佐野元春も後藤正文も・・・



みんなみんな、



ディランズ・チルドレンにゃっつつつ。








M-2127

M-2128

M-2129








きみが真剣に



それを欲するなら・・・



それを掴めばいいんだ。







そう・・・



それを掴もうとしない限り、



何一つ



僕らは掴めないままだ。











Bob Dylan and The Band - Like A Rolling Stone (rare live footage)

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)

Bob Dylan The Times They Are A Changin' 1964

吉田拓郎ペニーレインでバーボンを

イメージの詩  by 吉田拓郎

Akfg - Kimi To Iu Hana HD

ガロ - 学生街の喫茶店











2016.10.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   そのやさしさ・・・ いつまでも忘れないで。 僕のたった一つの願いだから!!


杉田かおる 借金返済のため「金八先生」出演 妊娠出産役は「ギャンブルだった」



http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e6%9d%89%e7%94%b0%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8b-%e5%80%9f%e9%87%91%e8%bf%94%e6%b8%88%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%80%8c%e9%87%91%e5%85%ab%e5%85%88%e7%94%9f%e3%80%8d%e5%87%ba%e6%bc%94-%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%87%ba%e7%94%a3%e5%bd%b9%e3%81%af%e3%80%8c%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%8d/ar-BBxewDE?ocid=st#page=2









人生無駄なことなど一つも無い。



だって無駄こそが



人生だもの。








2016.10.11 18:38
追悼、BOOM BOOM SATELLITES・川島道行



http://ro69.jp/blog/ro69plus/149770







“一貫して僕らの頭も心も震わす強靭なロックンロールとして響いてきたのは取りも直さず、川島道行という表現者自身の高純度な、そして不屈の音楽探究心・闘争心ゆえだ”


“その楽曲にこめられた冒険精神は時代を越えて響き続けていくことだろう。BOOM BOOM SATELLITESの音楽に永遠の生命を与えていくのは他でもない、その音楽を愛してやまない僕ら自身だ。”

(高橋智樹)








M-2123

M-2124








だれにも汚すことなどできないさ。



きみのこころの奥深くで・・・



いつもひっそりと息を潜めてる。



それは



だれにもまけない



きみのやさしいこころと気高い魂。









そのやさしさ・・・




いつまでも忘れないで。





僕のたった一つの願いだから!!








涙がこぼれそう

The Birthday - なぜか今日は

BOOM BOOM SATELLITES 『KICK IT OUT-Full ver.-』

BOOM BOOM SATELLITES 『BACK ON MY FEET-Full ver.-』

The Birthday - オオカミのノド(Live from CLUB CITTA')

The Collectors / マイアミビーチ











2016.10.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   君の優しい笑顔が今日という不確かな現実を・・・明日という 確かな未来へ繋ぐのさ!!


まだ10月かと・・・




思ったら、




M-2120




もう今年も




あと三カ月しかないんにゃっつつつつ!!




M-2121





今日は一段と冷えるにゃあ~~~~~。




みんなも




かぜひかないようににゃっつつつつ。




M-2122





♪どうにもならないよ
この恋が君をさらってく
だからひととき
ほんのひととき
このままキスさせて
明日を遠くして
ずっとずっと・・・
(世界を止めて)








M-2112

M-2113

M-2114




♪人混みのお喋りの中に
君は隠れてた
夢を忘れた街角に立って
僕は待っている
崩れかけたビルの隙間から君が現れて
嫌なことや嫌いなこと
大人たちを踏み潰してしまえ・・・
(夢みる君と僕)








M-2115

M-2116

M-2117








今日も一日・・・



ちゃんといいコにしてたよっ!!




M-2118



うん。



君の優しい笑顔が



今日という不確かな現実を・・・



明日という



確かな未来へ繋ぐのさ。



M-2119










さぁ、無事バトンを渡したからね!!




いつもありがとう。







THE COLLECTORS - 世界を止めて (Fuji Rock 2016)

夢みる君と僕 2016 London Mix / THE COLLECTORS

Good-bye / THE COLLECTORS

涙のレインボーアイズ / THE COLLECTORS









2016.10.10    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   互いに何も言わなくてもわかりあえる。 つかずはなれずのふたりだからにゃっつつ!!


♪雷は雨の日に鳴るものよ
バンドの仲間も
演奏してる時のあなたが好きなのよ
女の子なんてまた去って行くわ
雨に洗い流されれば
あなたも気づくわ・・・
(Dreams)訳、武内邦愛






M-2103

M-2104





♪立ち止まるな!
明日を考えよう
立ち止まるな!
明日はすぐにやって来る
昨日よりも
マシに決まってるじゃないか・・・
(Don't Stop)訳、武内邦愛







M-2105

M-2106




こんなふうに
肌寒い日には・・・
互いのぬくもりを求めあいながら
一日まったりと過ごすのも
いいかもにゃっ。
うん。
互いに何も言わなくてもわかりあえる。
つかずはなれずの
ふたりだからにゃっつつ。



M-2109

M-2110

M-2111






“丁稚を17年続けるというのはなかなかしんどいもんだったよ・・・・・
(ロニー・ウッド)



M-2107







たぶん、ロニーという存在が無ければ、




ストーンズはもうこの世には存在しなかったかもしれない。




M-2108







あの天性の明るさとユーモアが




バンドを救った!!








Fleetwood Mac - Dreams (Official Music Video)

Fleetwood Mac - Don't Stop, 1977 (Stereo)

The Rolling Stones - Respectable - OFFICIAL PROMO

The Rolling Stones - Mixed Emotions - OFFICIAL PROMO









2016.10.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   きみがいつもそばによりそってくれるだけで、 ここは素敵なパラダイス


たとえ心の中が曇り空だとしても・・・
あなたのこころのなかに
そっと忍んで行けば、
そこはいつでも
ほんのり暖かい。
うん。
今日もごきげんにゃっつつつつ。




M-2100

M-2101

M-2102





♪愛でよごされた
ちゃちな飾りほど
美しく見える光
つまらない宝物を眺めよう
偽物のかけらにキスしよう
今変わっていくよ・・・
(青い車)






M-2087

M-2088

M-2089

M-2090



♪世界は僕等に愛と涙を
絶え間なく与え続けてくれた
でも僕等は君の魔法には
もう夢など持っちゃいない・・・
(さようなら世界夫人よ)






M-2095




終わらないカーニバル。



なつかしい君の笑顔。







M-2091

M-2092

M-2093

M-2094











あとどれくらい歩けば・・・
きみのこころに
辿り付けるんだろう。
あとどれくらい歩けば・・・
きみのかなしみに
辿り付けるんだろう。
想いは、
この空の下で
いつも一人ぼっちで泣いている。




M-2096

M-2097

M-2098

M-2099










うん・・・



きみが



いつもそばによりそってくれるだけで、



ここは素敵なパラダイス。








スピッツ / 青い車

「さようなら世界夫人よ」パンタ with 制服向上委員会

コミック雑誌なんか要らない 頭脳警察&遠藤賢司with制服向上委員会

頭脳警察 それでも私は

The Street Sliders - 風の街に生まれ 1989












2016.10.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   貴方の声をいつまでも追いかける秋の夕暮れ


2016.10.05 23:43
ジャニスの命日に映画『リトル・ガール』を観た。『アナ雪』世代にこそ知ってほしい!




http://ro69.jp/blog/rockinon/149513?rtw








“1960年代にありのままの自分を貫こうとしたジャニスの行動が本当に過酷で、凄まじい。
当時は、女性が本音を口にしたり歌ったり、男たちと一緒にバンドすること自体が、とんでもない冒険だったのだから。

「私でいるのって想像以上に大変なの」
という彼女自身の発言があるが、そりゃそうだろう、と思う。”


“「何が欲しいの? 望みは何?
恥ずかしがらずに話してごらん
ママが全部かなえてあげる」

「得体の知れない感情が湧いてきた時に必要なのは優しくしてくれるママ
あなたの話に耳を傾け 胸に抱き寄せてくれる存在」

背中をドン!と押してくれるのがロックの大きな魅力だとしたら、ジャニスの歌はリスナーの心を抱き寄せることで肯定する。
女性ヴォーカリストを「母性」として括られるのは好きではないが、リスナーの孤独や痛みに直接手を伸ばすロックは、当時明らかに画期的だっただろうし、やはりここに彼女の歌の本質があると感じられた。”

(井上貴子)







M-2078

M-2079

M-2080




♪忘れないで
二人重ねた日々は
この世に生きた意味を
越えていたことを・・・
(君が思い出になる前に)






M-2081

M-2082

M-2083




♪魔法のコトバ
二人だけにはわかる
思い出して
おかしくてうれしくて
君は何してる?
笑顔が見たいぞ・・・
(魔法のコトバ)








M-2084

M-2085







夕暮れ時・・・
あんなに騒いでいたコたちも
ひとりふたりと
みんないなくなる。
こころだけが
いつも置いてきぼりなんだね・・・



M-2086




貴方の声を



いつまでも追いかける秋の夕暮れ。









JANIS JOPLIN Summertime 1968)

Janis Joplin - Summertime & Ball and Chain (live in Frankfurt 1969)

スピッツ / 君が思い出になる前に

スピッツ / 魔法のコトバ

Spitz - Oumiya Sunset










2016.10.05    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   俺はいついかなる時も俺であるべきだ。 世界は全ておれのもの!!


俺はいついかなる時も
俺であるべきだ。
世界は全ておれのもの。
その圧倒的な無敵感と多幸感!!
これがオアシスだ・・・





M-2074



BURRN!最新号に掲載されているKISS『KISS EXPO TOKYO 2016』開催記念独占インタビューを読む。人生における成功者のよくある自慢話などここには一切存在しない。なぜならそこにこのバンドの本質がある。失敗を怖れるな。未来への扉はいつでも君の意志で開くんだ。






“僕は週にひとつは過ちを犯してる。人生で過ちを犯し、そしてそれを乗り越える_
それくらい興奮できるものはないさ”
(デヴィッド・ボウイ)


M-2067







“今はとにかく生き抜いていくしかない。一度あれだけブームを起こしてしまったら、どうにか凌いでいくしかないだろう?”
(デヴィッド・ボウイ)



M-2068







“アーティストがロックンロールで新たな表現をできるのは、せいぜい二つまでだと思うね”
(デヴィッド・ボウイ)







M-2069



♪いつだって
何かを失って
その度に僕らは今日を知る
意味もなく
なんとなく進む
淀みあるストーリー・・・
(君という花)







M-2070

M-2071




♪毎日人知れぬ苦労や淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて知らずに
済んだのにな・・・
(花束を君に)





M-2075

M-2076

M-2077








季節の変わり目は
体調を崩しやすいからニャっ。
みんなも
気を付けようにゃっ。



M-2072




そういえば・・・
riamnも先週の金曜日あたりから、
ずぅ~~~っと
風邪気味で苦しんでたっけにゃっ。



M-2073




まっ、日頃の行いだにゃっつつつつつ!!









Oasis - D’You Know What I Mean?

Kiss - I was made for lovin' you -official video clip (HD)

David Bowie - Young Americans [HQ]

David Bowie - Rebel Rebel

David Bowie - Fame

ASIAN KUNG-FU GENERATION/君という花(kimi to iu hana)-live-

宇多田ヒカル みんなで作る「花束を君に」Music Video










2016.10.04    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   みんなしあわせになるために生まれて来たんだ。 その権利だけはきっと誰にも侵せない!!


小林麻央がんステージ4「10年後も生きたい」
[2016年10月3日16時23分]


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1719265.html


大言壮語と言われようとそんなの関係ねえ。
人は生きたいから生きるんだ。
そのために全てを賭けるんだ。








M-2054

M-2055

M-2056

M-2057



♪忘れないでくれよ
誰もが皆んな
この星のひとかけらなのさ・・・
(青い花)






M-2058




“いや、俺はポップ・スターじゃないぜ。俺はロックンロール・スターだ。で、もちろんハマってるし”
(リアム・ギャラガー)



M-2059



たった一日だけリアム・ギャラガーになれるなら・・・俺を路上で職質した警官にこう言ってやるね。「このま〇〇野郎!!とっとと俺の前からうせろっ!!」ってね。もちろん・・・この小心者めっつつつつ!!と自分にも唾を吐くけどね。







M-2060

M-2061

M-2062

M-2063




生まれてこなければ
よかったなんて
言わないでくれ。
生まれてこなければよかった命なんて
ひとつとしてないんだから。
うん。
みんなしあわせになるために
生まれて来たんだ。
その権利だけは
きっと誰にも侵せない。
侵させないよ。







M-2064





もしも
なにかひとつでも
遣りたいこと!!叶えたい夢!!
があるならば
そのためにこそ、今日を生きよう。
それは立派な生きる目的になる。
人が何と言おうと
そんなことはほっとけばいい。
おれは俺の人生を生きる。
それでいい。






M-2065

M-2066








世界はいつも
君のことを見守っている。
君が微笑みながら
明日に向かってジャンプする姿を
夢見てる・・・









Rock 'n' Roll Star - Oasis - 日本語字幕

Blankey Jet City / 青い花

Oasis - D'You Know What I Mean? (2016 HD Remaster)

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

The Verve - Bitter Sweet Symphony

忌野清志郎 JUMP










2016.10.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   生きている限り・・・ここがおれたちの楽園!!


ロッキング・オン最新号は・・・



英国プログレッシヴ・ロックを



徹底特集にゃっ。




M-2027

M-2028







“時空を超えて、プログレは面白い。その視点さえ持っていれば、興味と好奇心に応えるだけの音楽的内実と栄養分はたっぷりある。それがプログレなのである。”
(山崎洋一郎)







M-2047



“自分のやろうとしているものをきちんと整理して出せたら、それは“秩序ある混沌„と呼べるんじゃないかな。”
(ロバート・フリップ)







M-2049





英国ロックの深遠な森へ



きみもいっしょにどうかにゃっつつ。



M-2048




2016.09.15 21:38
ジミー・ペイジ再び登場! ロンドンの記者会見に出席してきました♪



http://ro69.jp/blog/kojima/148610




M-2050


“日本の海賊盤ショップに行ってみたら、正規のCDの横に、いかにも本物らしいブートレッグ盤が並んで売られてたりしてね。正規品は申し訳程度に置いてあって、あとはすべて海賊盤なんだ(笑)。それでまあ、ブートレッグに腹が立つようになったってのはあるよ”
(ジミー・ペイジ)


M-2051

M-2052



“今ではうちのバンドがブートレッグ市場を牛耳ってるわけさ! こうして未発表の音源を大放出してやってね(笑)”
(ジミー・ペイジ)



M-2053



この歳になってから・・・ツェッペリンの未発表音源を正規の値段で手に入れて聴けるようになるなんて、20代の頃の自分でさえ想像できなかった。
生きるって素晴らしいにゃっつつつつ!! 
ありがとうにゃっ。ペイジ!!









♪『本当の自分』を
見つけたいって言うけど
『生まれた意味』を
知りたいって言うけど
僕の両手が
それを渡す時
ふと謎が解けるといいな・・・
(GIFT)



M-2032

M-2033

M-2034

M-2035










M-2036

M-2037

M-2038

M-2039





まだまだ・・・
本当に欲しかったものを
なにひとつ
手にしたことが
無かったとしても、
歩き続ける限り
いつかきっと
欲しかったものが
見つかるさ。
それが
人生だもの。




M-2040

M-2041

M-2042

M-2043



見たくなかったものばかり



目に入る。



言いたくなかったことばかり



口走る。




そんな自分を




いつしか呪い始める。



M-2044

M-2045





♪過去は消えないだろう
未來もうたがうだろう
それじゃ悲しいだろ
やるせないだろう
いつも僕らは
汚されて目覚めてゆく・・・
(楽園)








でも、



そんな奴らの心の吹き溜まりが



ここなのさ。



M-2046




うん。



もう逃げるのはやめるよ。




生きている限り・・・




ここがおれたちの楽園さっ。









YES "The Lost Broadcasts" - Yours is No Disgrace

Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond (Original Version)

King Crimson - 21st Century Schizoid Man (live @ Hyde Park 1969)

Led Zeppelin - "What Is And What Should Never Be" [Official Music Video]

Mr.Children「GIFT」Music Video

THE YELLOW MONKEY 楽園 「Rakuen」










2016.10.02    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   そう。 当たり前の幸せはいつもすぐそばでやさしく微笑んでいた!!


♪花束を君に贈ろう
言いたいこと
言いたいこと
きっと山ほどあるけど
神様しか知らないまま
今日は贈ろう・・・
(花束を君に)







M-2019

M-2020

M-2021

M-2022




♪中学まではまともだった
まともだったのに
さんざんムリして
バカになった
バカになったのに・・・
(バカになったのに)







M-2025

M-2026




いつもそばに・・・



寄り添ってくれるきみ。








M-2023

M-2024








そう。



当たり前の幸せは



いつもすぐそばでやさしく微笑んでいた。








宇多田ヒカル みんなで作る「花束を君に」Music Video

the ピーズ  バカになったのに

Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

Mr.Children - 名もなき詩 - Mr.Children Tour 2011 “SENSE”












Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog