プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  誰もが心に欠落を抱えて生きている。 誰もがそんな自分と向き合いながら今日という日を生きている   見上げれば・・・ みんなの微笑みが 降り注いでくるんにゃっ!!   境界線に沈む夕日を眺めながらぼんやりと佇むぼくら   全ての芸術は未来永劫あなたの大切なパートナーであり続ける覚悟をいつも胸に秘めている   いくら悩んでもあたりまえに日は暮れて日は昇るからにゃっつつつ!!   だから・・・この世界に何が起きたとしても全てを当たり前に受け止めよう。そして受け入れよう!!   それでも時代は当たり前に変わり続けていく。 生きるって辛いよね・・・   失敗すればするだけ・・・ 貴方に対してやさしくなれる   誰もが生き抜くために・・・今日も何かを失っている   たとえ相手が天皇陛下であろうと泥棒であろうと、みんな同じ人間   たとえこの先に何が待っていたとしても・・・   君の瞳の中に閉じ込められた僕は永遠の恋の奴隷!!   今夜は七夕にゃっ!! あの二人は・・・無事、再会できたかにゃっ?   今年もまた・・・・ あの暑い季節がやってきた   どうすれば私たちは分かり合える? いやいや・・・ぼくときみはちがうんだよ!!   遊び心のない奴はつまらない!!   今こそ、僕らのパンク・スピリットを思い出そう!!

2016.07.30    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   誰もが心に欠落を抱えて生きている。 誰もがそんな自分と向き合いながら今日という日を生きている


2016.07.30
ポケモンGO、一瞬でブーム終了の予兆…「全然面白くない」「1回やって飽きた」


http://biz-journal.jp/2016/07/post_16087.html


パンク・ムーヴメントの勃発、終了よりも速かったにゃっつつ!!








M-1536

M-1537





"「ポケモンGOの魅力は“懐かしさ”だと思います。もちろん、最新の技術も凄いけれど、現実世界でポケモンに出会えるのが嬉しい。でも、『他者にオススメできるか?』と問われたら、私は『ノー』です。特に、普段からいろんなゲームをやっている人にとっては、“ポケモンを捕まえるだけ”のポケモンGOはつまらなく感じるのではないでしょうか。バトルも楽しめるようにつくられているけれど、それができるレベルに達するまでの作業も面倒だし、基本的には歩き回らないといけないゲームなので、雨の日の家の中ではほとんど遊べません。その辺は、今後バージョンアップされていくのかもしれませんが」"







ゲームに限らず全てのエンターテイメントは私達の限りない欲望と想像力が生み出した産物。その素敵な産物をみんなで共有するために生まれた法則が経済。何かを手にするために何かを失う。それはこの世界で共存していくための大原則。その大原則が崩壊すればどうなるか・・・
この世界に起きている様々な出来事を顧みれば明白。
なんでも安易に手に入れることが出来れば自ら考えて行動する為の思考力が育たなくなる。そんな人々が結婚して子供を産み、次世代へと引き継がれていくもの。それは無気力で自堕落な生き方。
そんな無気力で自堕落な若者たちがこの国を支えている。とすれば、国家にとってこれ以上有意義な環境は無い。快楽という餌を与えておけば、大衆は黙っていてもその餌に食いついてくれる。いつの時代も権力者たちは胡坐をかきながら高みの見物。








相模原施設襲撃事件から考える大量殺人の心理
碓井真史 | 新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科 教授(社会心理学)
2016年7月26日 12時31分配信



http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20160726-00060402/



”大量殺人者の多くは、逃亡計画を立てず、顔も隠さず、大勢の人の前で犯行に至ります。すべてを終わりにしたいと感じるような孤独と絶望感からの犯行だからです。 ”
(碓井真史 )

”大量殺人者の多くは主観的には、自分の行為を正当化する「歪んだ正義感」を持っています。死をも恐れず、自分なりの正義を持った人の犯罪は、しばしば極端に大きく、残虐になりがちです。 ”
(碓井真史)

”人は、時に「好青年」と思われるような人でも、心の底に孤独と絶望感を抱えています。 ”
(碓井真史)

”怒りや恨みの感情は、周囲に受け止めてくれる人がいて、社会的に認められる形でネガティブ感情を出せれば、怒りや恨みが爆発することを防げます。”
(碓井真史)

”死刑をも覚悟している大量殺人者を止める力となるのは、身近な人との人間関係であり、周囲とのコミュニケーション、社会との絆(ソーシャルボンド)しかないのかもしれません。”
(碓井真史)








幸福は誰かが与えてくれるものではない。自らの思考力と行動力を駆使して手に入るもの。それが幸福。
だから幸福には様々な形態がある。ひとりひとり皆違う。
将来への不安が無ければ、人は今を生きることに全ての活力を注ぎ込むことが出来る。その活力は周囲に伝播して未来を形成するパワーになる。そのパワーが世の中に満ちたとき、人々は明日に向けて様々な夢を思い描くことができる。







M-1538

M-1539

M-1540







誰もが心に欠落を抱えて生きている。
誰もが満たされない思いを抱えて生きている。
誰もが誰かに救いを求めながら生きている。
誰もがそんな自分と向き合いながら今日という日を生きている。










Sex Pistols - God Save The Queen

Sex Pistols - Holidays In The Sun

植木等 - これで日本も安心だ!

MAMA LUCY / SHINJI&CRISIS

MARCH/原田真二(1979)

Bruce Springsteen - Hungry Heart










2016.07.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   見上げれば・・・ みんなの微笑みが 降り注いでくるんにゃっ!!


ベースマガジン最新号に掲載されている田村明浩( SPITZ)インタビュー記事を読む。
マーシャルで鳴らすあの歪み系のベースサウンドは最早彼のトレードマークだね!! 
ホントかっこいい~。








M-1518

M-1517

M-1521







喧嘩したり
仲直りしたり
悲しんだり喜んだり
笑ったり怒ったり
泣いたり悔やんだりしながら
ボクラは今日を生きている。
生きている証を求めて
今日もこの街を
彷徨っている。




M-1522




♪誰にでもやさしい国でありますように
死刑になる人もする人もいないほうがいい
病気だってこの世にない方がいい
何のために生きているかなんて
一生わかりませんように
(39番目の夢)








M-1523

M-1524

M-1525

M-1526







♪おしゃべりな九官鳥
気が向いた時に
寂しいなんてつぶやいたりもする
見てごらん
よく似ているだろう誰かさんと
ほらごらん
吠えてばかりいる
素直な君を・・・
(ZOO)







M-1527

M-1528

M-1529






現実の世界と
夢の中の出来事が
シンクロして
全く新たな世界が現出する・・・
その瞬間の熱狂と興奮!! 
それがいま
現実になった。
人間の英知と限りない想像力が生んだ奇跡だね。



M-1531




♪ムダなものばかり
欲しがって
足りないものはまだみつかんね~
いつか素直な気持ちで会いに行きたい
愛にあふれた短い言葉を
差し上げたい・・・
(放浪カモメはどこまでも)





M-1532

M-1533

M-1534

M-1535








そうにゃっ。
見上げれば・・・
みんなの微笑みが
降り注いでくるんにゃっ!!








スピッツ / メモリーズ

THE YELLOW MONKEY -JAM-

39番目の夢 川村カオリ

Kaori Kawamura ZOO - StudioLive 1992

スピッツ / 放浪カモメはどこまでも












2016.07.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   境界線に沈む夕日を眺めながらぼんやりと佇むぼくら


2016.7.25 17:05
やくみつる氏、ポケモンGO利用者を「心の底から侮蔑します」

http://www.sanspo.com/geino/news/20160725/geo16072517050024-n1.html

“「路端の植え込みだって、その中にいる虫に興味を示せばいいものを、そこを見ながら(スマホを介して)現実的じゃないものを探す…。親はもっと楽しいことを子供に提供する義務がありますよ。一緒になって打ち興じたらアホな子にしか育たないですよ」と、否定的な姿勢を貫いた。”







僕のようにゲーム音痴でスマホ音痴な奴こそ、世の中に於ける蚊帳の外!!つまり、現実から取り残されたヴァーチャル人間なのかも?



まっ、存在自体が



ガラケー(絶滅危惧種)だからにゃっつつつ!!



そうだにゃっ!!



M-1520


M-1519





ホーム端にポケモン
交通事故4日間で36件
2016.7.26


“ホーム端の電車すれすれの位置にポケモンが出現するなど、鉄道事故につながりかねないケースも見つかった”
(読売聞朝刊記事より)




M-1512

M-1513

M-1514





「スマホのモンスターをつかまえるのはうまそうだけどじっさいのものをつかまえるのはヘタなのかもね」
(コボちゃん)








M-1508




♪焼けたアスファルト
踊るように車道横切る
命知らずイモムシ
今もボクとキミだけ
広げた地図の上走ってる
サナギのままじゃ死ねない
胸が燃えている・・・
(東京虫バグズ)







M-1515

M-1516






好奇心や冒険心って、人間にとって必要不可欠なもの?
うん。少なくとも人生を彩る大切な要素の一つだと思う。
でも、その冒険心を満足させるためには、最低限のルールがある。
人に迷惑を掛けないこと。大人はまずそれを子供たちに伝えなきゃ!!




M-1509

M-1510

M-1511






♪街角はいつでも人いきれ
それでも陽気なこの街
いつでもおめかししてるよ
暗い気持ちさえ晴れて
みんなうきうき・・・
(DOWN TOWN)









M-1512

M-1513








みんながこの世界で
楽しく暮らしていくためには
最低限のルールを守らなくちゃいけない。
それが暗黙のルールにゃっ。
そうにゃ、
人と関わることで
みんな成長していくんにゃっ。
それを忘れないようにしようにゃっ!!
うん。(笑)





M-1517

M-1518





リアルとヴァーチャルの
境界線に佇みながら
ぼんやりと空を見上げる君。
今日は一体
何を失うんだろう?









境界線に沈む夕日を眺めながら



ぼんやりと佇む



ぼくら。








植木等 - これで日本も安心だ!

Dexys Midnight Runners - Come On Eileen (Official Music Video)

The Collectors / 東京虫バグズ

[DOWN TOWNへくり出そう♪.flv

Manic Street Preachers - Motorcycle Emptiness











2016.07.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   全ての芸術は未来永劫あなたの大切なパートナーであり続ける覚悟をいつも胸に秘めている


ミュージックマガジン最新号に掲載されているサニーデイサービス曽我部恵一のインタビュー記事を読む。
日々の生活の中で様々な人と関わりストレスを抱え込む・・・
でも、人の心に響く普遍的なポップスはそんな日々の生活の息吹から生まれるんだよね。







M-1503



別にインディーでやることが偉いとは思わない。メジャーの大手レーベルで様々な葛藤を抱えながら生み出される音楽。それがポップス。そう語る曽我部恵一。







M-1504




同じくミュージックマガジン最新号に掲載されているGotch(後藤正文)のインタビュー記事を読む。
この国の若者がみんな月に一度はコンサートに通えるような世の中であってほしい。そのために僕らは闘う。そう語るゴッチ。凄く健全だと思う。日々の生活の安定があってこそ音楽もその与えられた役割を全うできる。だからこそ、音楽と政治は地続きなんだ。うん。そうだよね。








M-1507




M-1505




♪いつだって
何かを失って
その度に僕らは今日を知る
丘の上から見える街に咲いた
君という花
また咲かすよ・・・
(君という花)







M-1506




この世界に生きる全ての人が明日に夢を託せる世の中であってほしい。この世界に生きる全ての人が明日に向けて夢を語れる世の中であってほしい。そう。全ての芸術は未来永劫あなたの大切なパートナーであり続ける覚悟をいつも胸に秘めている。










サニーデイ・サービス「魔法」

曽我部恵一「bluest blues」【Official Music Video】

Gotch 『Good New Times』Music Video

Akfg - Kimi To Iu Hana HD










2016.07.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   いくら悩んでもあたりまえに日は暮れて日は昇るからにゃっつつつ!!


夏と言えば・・・



やっぱり、サザンだにゃっつつつつ!!




M-1492

M-1493

M-1494





"『勝手にシンドバッド』はザ・ピーナッツみたいなものをやりたかった。ちょうどザ・ピーナッツの歌くらいだったのを、ヒロシがディスコビート的なのでやっちゃおうって言ったから”
(桑田佳祐)







M-1495

M-1496




”サザンオールスターズはちょっと特別なバンドだ。どう特別かと言えば、例えば、「いとしのエリー」があれば、『ジャパニーズ・グラフティ』のラストシーンが撮れるということだ”
(村上龍)



M-1497

M-1498



”胸をつかみ
うなじを味わい
やせた腰をからめて
とぎれとぎれの声
聞くだけでいい
髪の長さや色気じゃ酔えない・・・
(C調言葉に御用心)




M-1499









このCM、やっぱ最高!!
当時、中川敬は、体制への迎合になるんじゃないかと真剣に悩んだらしい。結果、人との関わりなしに世界を変えることなど出来ない!!そこに到るわけやっ。(笑)



ミュージックマガジン最新号に掲載されている中川敬インタビュー記事を読む。他者に解釈を委ねることで、自分でも気づかない本質が露わになる。人生に於ける紆余曲折も未来への糧として昇華されていく。それがポップ・ミュージックの魔法。








ニューエストモデルはそれまでの日本のどのロック・バンドとも違っていた。彼らの音楽は体制批判であると同時に体制に甘んじて何もしない連中に対して「おまえはどうやねん」と問いかける音楽でもあった。そんなロック・バンドは日本では彼らだけだった。だからとても怖かった。

音楽なんだから別に楽しけりゃそれでいいじゃん。そんな連中を糾弾し根底から意識改革を促す。ニューエストモデルのロックンロールはそこから逃げることを決して許さなかった。ニューエストを聴くことはダメな自分自身と真正面から向き合うことでもあるのだ。「おまえはどうやねん」と。

今、改めてニューエストの音楽と向き合ってみて感じること。それは惑うことなき熱血パンクだったという真実。それ以上でも以下でもない。そう。ポップ・ミュージックの本質もそこにある。自分自身を認め自分自身を祝福する音楽。それがロックンロール。





♪今の若い人はうれしいね
親に連れられ入学入社
仕事たのめば
ムリです・・・
ダメです・・・
デキマセン・・・
他に言うことネーのかナー
(これで日本も安心だ!)







M-1500

M-1501

M-1502



♪ah~ここは笑いと涙の舞台
悲しすぎて笑いながら毒を吐いてる
ah~ここは笑いと涙の舞台
さびしすぎて笑いながら毒を吐いてる・・・
(風の市)


ねこは生きることに
絶望したりしないからにゃつ。
今日という日を
まったりと過ごすことが出来れば
それでOKにゃっつつ!!








いくら悩んでも



あたりまえに日は暮れて



日は昇るからにゃっつつつ。








恋のバカンス ザ・ピーナッツ 1963

中川敬&登川誠仁 NTT commercial(30seconds)

ニューエストモデル / 杓子定木

植木等 - これで日本も安心だ!

ソウルフラワーユニオン/ 風の市 Dir若松孝二








2016.07.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   だから・・・この世界に何が起きたとしても全てを当たり前に受け止めよう。そして受け入れよう!!


永六輔がこの世を去ったのがつい先日のこと。
その後を追うように大橋巨泉もこの世に別れを告げた。
どちらも反体制、反権力を貫く天邪鬼な生き様がホント痛快!!だった。今頃、二人でどんな話をしてるかな・・・
またさみしくなるね。







M-1481

M-1482

M-1483




我が国のテレビ業界がどんどんつまらなくなる原因・・・
それはスポンサーの権限が強まることにより経費がどんどん削減されたから?いや、それだけじゃない。何ができるか?ではなく、何がやりたいのか?その根源に立ち返ることを忘れた私達の怠慢。




M-1484

M-1485

M-1486








この世に生まれてくる
新たな命もあれば・・・
この世での役割を全うし
旅立つ命もある・・・
人生という旅の途上で
失われていく命もある・・・
そしてまた日が暮れていき日は昇る。
生きる事はいつも出会いと別れの繰り返し。








M-1486

M-1487




今日という日は
再び巡ってくることはない。
だから・・・
この世界に
何が起きたとしても
全てを当たり前に受け止めよう。
そして受け入れよう。








M-1488

M-1489

M-1490

M-1491








そんな



知恵と勇気とやさしさが



欲しい。








植木等 - これで日本も安心だ!

だまって俺について来い/植木等

忌野清志郎 IMAGINE

Manic Street Preachers - Slash 'N' Burn

Manic Street Preachers - Motorcycle Emptiness











2016.07.18    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   それでも時代は当たり前に変わり続けていく。 生きるって辛いよね・・・


誰もが懸命に
今日という日を
やり過ごそうとしている。
全ての生き物たちが
懸命に日々を生き抜こうとしている。
その光景こそ
僕等の希望の証。
今日も、
日々の出会いに感謝。



M-1478

M-1479






”この世は情けなんてもんはないんですよね、絶対ね。たとえ僕らが死のうが、ちょっとした気持ちが潰えようが、淡々と月が光るように、時間も進むし、世界は進んでいくんですよね。そのことを思うと途方もなく悲しくなりますよね。”
(後藤正文)



M-1480





古い秩序から新たな秩序に移行するとき、人はそれまでの慣れ親しんだシステムに別れを告げなければならない。
それがどれだけ辛いことなのか・・・
経験しなければわからない。
それでも時代は当たり前に変わり続けていく。
生きるって辛いよね・・・






M-1467

M-1468

M-1469







”楽しい加山雄三の若大将みたいな青春は遠ざかるのかなと思った。でも、ここでそのパターンに行くのはちょっとかっこわるい。それはよくあるストーリー。石が当たって自分にダメージがあって世間を斜めに見るのはださい”
テリー伊藤





♪通りの向こう側で
手を振っている子供の笑顔
忘れないでくれよ
誰もが皆んなこの星の
ひとかけらなのさ・・・
(青い花)







M-1473

M-1474




”スタイルは関係ない。人間ってのはいい音楽には本能的に反応する生き物だ”
(ブライアン・セッツアー)






M-1475




”こんな俺でも選ばないでそっと寄り添ってくれる音楽がいたから今の俺があるわけで。それに『戦争反対!』っていうメッセージを、選民意識の高い音楽に乗せたら、それは戦争と同じじゃないかって”
(後藤正文)



M-1476




”やっぱり分かる奴だけ分かればいい、みたいになったらほんっと最悪だし。
どんな人にとっても宝物になるもんを作り続けないといけないなと”
(後藤正文)



M-1477







変革は成長の糧。
慣れてしまえば、それが当たり前になる。
時代を超えた
普遍性を獲得できるのは、
いつの時代も失うことを怖れない
若者たちの知恵と勇気だ。




M-1470

M-1471

M-1472








この先にどんな未来が待っていたとしても




それだけは変わらない。







SIAN KUNG-FU GENERATION 『遥か彼方』

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『アフターダーク』

Blankey Jet City / 青い花

布袋寅泰 & Brian Setzer & Char / CMON EVERYBODY (Live)

Asian Kung Fu Generation - Blackout (Live)

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』









2016.07.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   失敗すればするだけ・・・ 貴方に対してやさしくなれる


なぜかエロ系にフォローされ



日頃の行いを省みる



日曜の朝。



M-1466









そうにゃっ!!



反省した方がいいにゃっつつ。



M-1465



えっ!!



いったいなにを・・・(笑)




緊急アンケート!Windows10無償アップグレードする? しない?
2016年07月15日 22時00分更新



http://ascii.jp/elem/000/001/194/1194089/



つい最近まで懸念していた
Windows10無償アップグレード
無事完了。
とりあえずはめでたしめでたし。
でも・・・
慣れるまでが大変!!




M-1446



かと言って・・・
昔には戻れないしにゃっつつ。
それが世の中にゃっ!!







たとえば
これを恋愛に例えると・・・
せっかく長い時間をかけて
お互いが判り合えたと思ったら、
いきなり
ふたりの仲を引き裂かれたような・・・
そんな感じ!!かも。




M-1448

M-1449





ホントめんどくせえ~~~~~。
(笑)



M-1450

M-1451

M-1452




♪君は家猫娘だった
俺のこの部屋に入り込む
夕陽に映る
君の顔見とれてた俺は
あの曲を
いま聞いている・・・
(IGGY POP FAN CLUB)







M-1453

M-1454




♪顔が見えない
記憶探しの旅ばかり
しかしいつしかそれは
妄想に変わっていく
いま模様だけがぐるぐる!!
(TATTOOあり)







M-1455

M-1456

M-1457

M-1458




♪あの夏
ボクとキミだけ
欲しいモノを全部欲しがった
羽ばたき飛びたい東京
夜のどまん中・・・
(東京虫バグズ)




M-1459

M-1460

M-1461







失敗を
繰り返しながら・・・
人は日々成長していく。
失敗すればするだけ・・・
貴方に対して
やさしくなれる。



M-1462

M-1463




おまえがいるから
俺は生きていける・・・
きっと、そう。
そうやって
みんな日々
支え合って生きている。
それが世の中だ。




M-1464









いろんな奴がいて
いろんな争いがあるけれど・・・
それは互いの存在を認め合う証なんだ。



そう。
いろんな奴がいて
いろんなことがあるからこそ、
この世は素敵なパラダイス。








The Verve - Bitter Sweet Symphony

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

Number Girl イギーポップファンクラブ

The Collectors / 東京虫バグズ

Guns N' Roses - Paradise City













2016.07.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   誰もが生き抜くために・・・今日も何かを失っている


ギターマガジン最新号はジャズマスター特集!!
もう・・・錚々たるメンツが、その魅力を語りつくします。





ジャズマスターといえば・・・
やっぱり彼女ですよね!!
あの轟音センチメントが素敵すぎ~~~~。



ジャズマスターの魅力について訊かれ・・・
一筋縄ではいかないからこそ、それゆえのストレスも含めて魅力!!
そう語る田渕ひさ子。
世の中の在り様と一緒だねっ。


まさに!!魂が共鳴しあってる感じ・・・
ギターと肉体が完璧に同化する彼女のギター・プレイは、
全てのロック・ギタリストが憧れる
一つの理想形を体現してる。







M-1440

M-1441

M-1442

M-1443




♪赫い髪の少女は
早足の男に手をひかれ
うそっぽく笑った
路上に風が震え
彼女は「すずしい」と
笑いながら夏だった・・・
(透明少女)







M-1444

M-1445





そうにゃっ。
雨の日も晴れの日も嵐の日も・・・
生きる事は闘いにゃっ。








誰もが
生き抜くために・・・
今日も何かを
失っている。









NUMBER GIRL TATTOOあり (田渕ひさ子 覚醒 Ver.) LIVE

Number Girl イギーポップファンクラブ

Number Girl-透明少女(LIVE)

NUMBER GIRL - OMOIDE IN MY HEAD (last live, last song)










2016.07.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   たとえ相手が天皇陛下であろうと泥棒であろうと、みんな同じ人間


猫の手も



借りたいほど・・・



暑いんにゃっつつつつつつつつつつつつつつ!!


M-1429

M-1430

M-1431

M-1432



いやいや
ホント暑かったにゃぁあああ~。







M-1433

M-1434

M-1435




"生きているということは
誰かに
借りをつくること
生きてゆくということは
その借りを
返してゆくこと"
(永六輔)








たとえ相手が天皇陛下であろうと泥棒であろうと、みんな同じ人間。
だから言いたいことはきちんと言わせてもらう。
その流儀は、圧倒的にかっこよかった。
もうこんな人はきっと現れない。




M-1436




♪夜の金網をくぐり抜け
今しか見る事が出来ないものや
ハックルベリーに会いに行く
台無しにした昨日は帳消しだ・・・
(1000のバイオリン)








M-1437

M-1438

M-1439





誰もが人との関わりの中で




生かされている。




生かされている限りはいつも誰かに借りがある。









さぁ~てと




借りを返しにいくかにゃっつつ。(笑)








沢田研二 カサブランカ・ダンディ 1979

東京イズバーニング

THE BLUE HEARTS 1000のバイオリン

Manic Street Preachers - Motorcycle Emptiness











2016.07.10    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   たとえこの先に何が待っていたとしても・・・


♪空模様のかげんが
悪くなる前に
ゆくあてのない
旅にでよう
耳をすますと
きこえるメロディー
それは木もれ日
木の葉の吐息か・・・
(空模様のかげんが悪くなる前に)









M-1420

M-1421

M-1422




♪悲しみを救うのはあなたの胸だろう
でも俺は
ぎりぎりの
がまんをしたいのさ
さあ向うを向いてくれ・・・
(闘牛士)








M-1423

M-1424

M-1425





2016.07.10 09:22
投票する候補者も政党もないから選挙に行かない、ということは他人が選んだ政治体制を受け入れる覚悟あるということ?



http://ro69.jp/blog/shibuya/145525


"日本では民主主義の面倒臭さが余り認識されていない。民主主義は面倒なのだ。メディアも政治家も有権者をお客さん扱いするが、有権者はお客さんではない。責任をとらなくてはならない当事者である。"
(渋谷陽一)

"投票する候補者も政党もないときはどうするのか?考えるしかないのだ。自分の求める政治体制はどのような投票行動によって実現するのか考えるしかない。"
(渋谷陽一)

"投票しなくても責任は取らされるのが民主主義だ。その選択肢のなかに棄権も入る。棄権が有効だと思えば、覚悟を持って棄権するのもいい。民主主義は面倒なのだ。"
(渋谷陽一)






僕らは他者との関わりの中で生きている。それは避ける事の出来ない大原則。ならば受け入れるしかないのだ。どんなに面倒でどんなに辛い目に遭うとしても。そう。生きるって辛いことなんだよ。楽しいことばかりじゃない。(笑)




M-1426




♪ONE NIGHT STAND
一夜の夢でしかないかもしれないけど
ONE NIGHT STAND
バラ色の夜
世界はそうさ俺のもの・・・
(ONE NIGHT STAND)








M-1427





たとえこの先に
何が待っていたとしても・・・
お前と一緒なら、
きっと生きていけるさ。
お前は
俺の大切なパートナー!!







M-1428




うん!!



きっと大丈夫。









Char - 空模様のかげんが悪くなる前に - 1996

「闘牛士」 Char 1978 5 22 Pideo 動画検索

ONE NIGHT STAND-ZIGGY

SING MY SONG-ZIGGY













2016.07.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   君の瞳の中に閉じ込められた僕は永遠の恋の奴隷!!


【参院選】選挙にいかない若者はバカですか?政治学者に聞いてみた
BuzzFeed Japan 7月9日(土)5時0分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00010000-bfj-soci


なるほど・・・非常に論理的ですね。



"選挙でなんでも決めることができる。投票さえすればいい、という発想そのものが間違いです。民主主義で、投票は政治に参加するための手段の一つでしかありません"
(吉田徹)

"いまの時代、国政選挙で、1票差で決まるような選挙はまずありません。世論調査も発達して、結果も始まる前にだいたいわかってしまう"
(吉田徹)

"投票にいかない人をバカだと思うなら、いかない人を説得しなければならない。あるいは、行かない人は行く人が、なぜ非合理かを説明しなければならない。そうした議論があってこその民主主義です"
(吉田徹)

"意識が高くても、低くても気軽に政治に参加できることが、投票の最大の魅力です。政権に意思表示をしたい人から、付き合いのある人に頼まれたからという人まで、幅広く受け入れる仕組み。だからこそ、民主的でもあるんです"
(吉田徹)



人の言うことを当たり前に鵜呑みして全てを分かったつもりになる。それが一番危険。いろんな価値観で成り立っている世の中だからこそ、いろんな議論があってしかるべき。それが自らの思考力と判断力を養っていく源泉になる。



M-1418




"パンクは、それまでの人畜無害化したロックを無効にし、社会に揺さぶりをかけた。保守的で退屈なものに成り下がったロックに脅威を与え、クーデターを成功させ、そしてわずか数年で終わった。"
(山崎洋一郎)

"PUNK IS NOT DEADという有名なコピーがあるが、それはパンクがあまりにもあっけなく終わったからこそ生まれてきたコピーなのである。"
(山崎洋一郎)

"逆に、したたかに生き続けるロックに対しては「ロックは死んだ」という言葉がコピーとして有効性を持つ。コピーは逆説なのである。"
(山崎洋一郎)



M-1419




何故若者は選挙に行かないのか?物事の上っ面だけを撫でて全てを判断してしまう大人には到底理解できる筈がない。わかろうとしないのにわかったふりをする。そんな大人がこの国の未来をダメにする。







あっ、それっておれのことですねっ。



失礼いたしました。(笑)




BURRN! 最新号に掲載されている表紙巻頭記事「AC/DC
GUNS N' ROSESのアクセル・ローズを代役に迎えてツアー再開!
増田勇一氏がヨーロッパ7公演目をドイツ・ハンブルクから徹底リポート!!」を読む。







遣りたいことが出来る環境にあるなら、遣りたいことはどんどん遣った方がいい。逢いたい奴がいたら、躊躇わずに逢いに行こう。今日という日は二度と戻ってこない。
アクセルの男気と友情に乾杯(完敗)!!







MASSIVEVol.23 に掲載されているCHEAP TRICKインタビュー記事を読む。増田勇一とリック・ニールセン!!
その絶妙なボケとつっこみに悶絶昏倒・・・
いやいやホント粋な記事だねぇ~。
息の合った長年のパートナー・シップに乾杯(完敗)だよっ!!
サイコーだっつつつ。









M-1411

M-1412

M-1413




"ライヴハウスでがんばってる奴のほうがきっと刺激的だしさ、音楽にも鋭い感性があるはずだと思ったしね。プロの奴って上行くことしか考えないからさ、ウケる事とかさ。ある程度食っちゃうとさ。そういうのはイヤだったから"
(戸城憲夫)



M-1417








♪罪と罰におびえながら
どこまでも行こうよ
身も心も果てる前に
強く強く鮮やかに
何もないさ
好きなだけさ
それしか分からないさ・・・
(LOVE COMMUNICATION)










M-1414

M-1415





いつだってきみに夢中なのさ。




うそじゃない。









M-1416




君の瞳の中に閉じ込められた僕は




永遠の恋の奴隷さ!!






Sex Pistols - God Save The Queen

Guns N' Roses - Welcome To The Jungle

AC/DC - Highway to Hell

Cheap Trick - I want you to want me 1979

LANCE OF THRILL 「I DON'T KNOW」

吉井和哉 - LOVE COMMUNICATION(GENIUS INDIAN TOUR 2007)

Cheap Trick - Surrender - Midnight Special










2016.07.07    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   今夜は七夕にゃっ!! あの二人は・・・無事、再会できたかにゃっ?


急ぐんにゃっ。


そうさっ。
俺たちの手で奇跡を起こすんだっ。


いますぐ・・・
きみに逢いに行く!!



M-1400

M-1401

M-1402








♪彼方までもう少し
本当の君の顔が見える
愛してたい
頭の中で絶望の花が
咲き乱れても・・・
(SPARK)



M-1403

M-1404









今夜は七夕にゃっ。

あの二人は・・・
無事、再会できたかにゃっ?

ここに
集うみんなも
素敵な出会いがあると
いいにゃっ。







M-1405

M-1406

M-1407




きみがいつも
そばにいてくれるだけでいい。
うん。
ほかになにもいらないよ。
ぼくは・・・
きみをこうしてみつめていたいだけなんだ。
それだけで
ぼくはもう、
しあわせいっぱいさ。




M-1408

M-1409

M-1410








誰かに何かを強制されたくない。押し付けられたくない。
想いは人それぞれ・・・
様々な想いを飲み込んでそれを未来へつなげていく。
それが音楽の素晴らしさ。









THE YELLOW MONKEY イエローモンキー THE MUSIC DAY

THE YELLOW MONKEY 楽園 「Rakuen」

Paul McCartney - Silly Love Songs

Patti Smith Group ~ Because The NIght











2016.07.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今年もまた・・・・ あの暑い季節がやってきた


すこしまえなら



おぼえちゃいるが・・・




M-1398




ちょいとむかしじゃ



ちと、わからねえにゃっつつつ!!



M-1399




うんっ。



もう歳だからにゃ。(笑)









今年もまた・・・・
あの暑い季節がやってきた。
空は青く澄渡り、
花は太陽の恵みを浴びて
輝きを放つ。
四季の移ろいに
感謝だねっ。








M-1386

M-1387

M-1388




♪どんな奴でもひとつぐらいは
人には言えない秘密を持っているのさ
Woo Baby
お前ぐらいなものさ
陽気に誰かの心を傷つける・・・
(彼女はデリケート)






M-1389

M-1390



♪きっと僕ら
導かれるままには歩き続けられない
優しいふりだっていいから
子供の目で
僕を困らせて・・・
(君が思い出になる前に)







M-1394

M-1395

M-1396

M-1397





ほらっ、



みんなが君を見つめてる!!




M-1391

M-1392

M-1393




いつまでも
少年のままではいられない。
でも、歳を経れば経るほど・・・
どうしようもなく
募る思いもある。
それは、
きみへの変わらぬ
想いと憧れ。









あなたの輝く瞳が




今日も未来を照らしてる・・・








港のヨーコヨコハマヨコスカ

OKAMOTO'S「ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)」LIVE

佐野元春  彼女はデリケート

スピッツ / 君が思い出になる前に

仲井戸麗市「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(The Long And Winding Road)」LIVE









2016.07.04    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   どうすれば私たちは分かり合える? いやいや・・・ぼくときみはちがうんだよ!!


こんな小さな島国でも・・・
片方では連日の豪雨災害。
そしてもう片方では雨が降らず渇水が深刻化している。
互いが互いを思いやる気持ちが
こんなときこそ、
きっと必要なんだ。
大自然の恵みの中で
私たちは今この瞬間も
生かされている。








♪悲しい出来事が
起こらないように
祈りの気持ちをこめて
見つめあう二人を
朝の冷たい海は
鏡のようにうつしていた・・・
(真夏の出来事)



M-1376








無慈悲な争い事が絶えないこの世界。
どうすれば私たちは分かり合える?
いやいや・・・
ぼくときみはちがうんだよ。
どんなに面倒でも・・・
私達の未来はいつもそこから
歩みを進めていく。




♪君と出会った奇跡が
この胸にあふれてる
はかなく揺れる
髪の匂いで
深い眠りから覚めて・・・
(空も飛べるはず)







M-1377

M-1378

M-1379




♪泥に伏せるときにも
歌は聞こえ続ける
「そこを超えておいで」
「くじけないでおいで:
どんなときも届いてくる
未来の故郷から・・・
(麦の唄)









M-1383

M-1384

M-1385





涼しいそよ風が・・・



頬をやさしく撫でながら



いま、



通り過ぎて行った。



M-1380

M-1381

M-1382




ふと気づいて振り返れば・・・




きみが




微笑んでいた。








真夏の出来事 平山三紀

John Lennon - Starting Over

スピッツ / 空も飛べるはず

中島みゆき「麦の唄」Music Video [公式]











2016.07.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   遊び心のない奴はつまらない!!


MASSIVEVol.23 に掲載されている
京(DIR EN GREY / sukekiyo)インタビュー記事を読む。



DIR EN GREY はなぜ、
邪悪で醜悪な心の闇を描き切らねばならないのか?
誰の心の中にも存在するもう一人の自分。
そのリアルと向き合うことで、
ぼくらは(この世界を塗り替えるための)
ほんとうの
強さとやさしさを
知る。



もしも勝新が生きていたら・・・
京と一緒に仕事してたかもしれないな。
二人の感性は
ぴたりとシンクロするから。



そう。



遊び心のない奴はつまらない。(笑)







遊び心って
結構大切なエッセンスかもしれない。
張り詰めた
緊張を
緩和させることで、
みんなの
気持ちが一つになって、
そこから新たな地平が開けてくるからね・・・



M-1371

M-1372








"例えば、俺は金がないから、屋台でしか酒を飲まない。逆に、俺は金があるから銀座でしか飲まない。両方、同じ人種だよ。心の狭い生き方だ。振り幅を大きくするというのは、両方知ることだ。"
(勝新太郎)

"普段は屋台で飲んでいるサラリーマンだって、今日はボーナスが入ったから銀座で飲んじゃおうっていうのがあっていい。男として振り幅を大きくしとかなきゃいけない"
(勝新太郎)








"撮影の時だけ、仲がよい演技をしても見抜かれる。一緒に酒を飲んで、時間を過ごすことが大事なんだ"
(勝新太郎)

"おい、俺がなんでチップをあげているのか分かっているのか?俺の周りは、みんな俺のお師匠さんだ。教科書だ。あれは授業料なんだ。馬鹿野朗。それをけちる奴がいるか"
(勝新太郎)








M-1373

M-1374





きみの




きらきらひかるえがおが




せかいをすくうのさ。



M-1375



きみの



きらきらひかるひとみが



ぼくらの




みらいをてらすのさ・・・








DIR EN GREY - 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

チャットモンチー 『満月に吠えろ』

チャットモンチー コンビニエンスハネムーン

チャットモンチー  きらきらひかれ









2016.07.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   今こそ、僕らのパンク・スピリットを思い出そう!!


ポップでキャッチー!!
なのにそこには70年代ロックや昭和歌謡の猥雑で混沌としたエネルギーが満ちている。
そう・・・ホントに素敵なのさ。







MASSIVEVol.23 に掲載されているTHE SLUT BANKSインタビュー記事を読む。一番こいつらに似合わないであろう円熟ということばがどうしても思い浮かんでしまう。そう、職人魂!! どんなに時代が変遷しても最後まで生き残るのはそういう奴らさっ。ロックはそいつの生き様だからね。






2016.06.30 09:03
65歳以上の人口割合26%に。高齢者が4分の1を超える超高齢者国家に。



http://ro69.jp/blog/shibuya/145074



メディアも政府も超高齢化社会の到来を危惧しているけど、僕は寧ろ楽観的に捉えている。高齢者が子供たちの成長に関与できるようになれば社会は自立した機能を回復し社会全体が活性化する。あとはそのための知恵をみんなで出し合いやれることから具現化していけばいい。そのために税金がある。

政府は子育てしやすい環境づくりにばかり目線がいくけれど、その環境づくりには地域の手助けがどうしても必要になる。それならば、地域の自治体に権限を委譲すれば素敵なアイデアが浮かぶかもしれない。政府はそれらのアイデアを具現化するための金集めに専念すればいい。つまり角栄の法則だ。(笑)








M-1368

M-1369




♪すべてをスタートラインにもどしてギアを入れ直してる君
入口の前ではくわえタバコのブルーボーイ
たったひとつだけ残された
最後のチャンスに賭けている・・・
(ダウンタウン・ボーイ)






M-1370




そう・・・



互いの価値観の相違を乗り越えた先にこそ、



素敵な未来がある。



今こそ、



僕らのパンク・スピリットを思い出そう。






「デコレーション BABY」MV/THE SLUT BANKS『ROXY BABY』

THE SLUT BANKS 『Pandemic Dance』 PV

THE SLUT BANKS 『どん底』 PV Full

佐野元春 ダウンタウンボーイ  (original ver.)










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog