プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2014.10.30    カテゴリ:  未分類 

   未来を憂うだけならだれにでもできるということです。それは政治のプロとは呼べない!!


2014.10.24
ウィルコ・ジョンソン、膵臓がん克服を発表


http://ro69.jp/news/detail/112292?rtw



そうだっ、奇跡は起こせる!!



きみしだいぼくしだい!!









チャー、キムタク、岸部一徳!!




なんなんだっ、この素敵な映像っ!!


岸部一徳 ベース






ホンマすごいわっ!! 




岸部一徳!!




実は凄腕ベーシスト 岸部一徳(修三・おさみ) 「太陽にほえろ! 」









物価がどんどん上がって消費が冷え込み世の中全体が節約志向になると一体どうなるか?
そんなときこそ、思ってもみないような発想がどんどん湧いてくる。そして新たな価値観が生まれる。

我が国の政府はいつも常識の奴隷。常識に捉われるから当たり前の発想しか浮かばない。そんな閣僚がこの世界を支配しようとしている。そんな世の中に誰が希望を抱ける?





政府が手をこまねいている間に、民間の知恵と発想が醸成され気付けば街には希望が溢れている。
そんな循環作用がいまなによりも必要とされている。
民間の知恵や想像力を吸い上げ活性化するための起爆剤にしようという強い意志と行動力。
我が国の政府に欠けているものはそれだ。
遣ることも言うことも当たり前に未来を憂うだけ。
街を歩いているとき、すれ違いざま、見知らぬおやじが僕に心無い言葉を投げ掛け去っていく。
そんな時こう思う。世の中、いろんな奴がいるから楽しい。
これホント。
いくつになっても、出会いに胸ときめき、別れに傷つく。
そんな風にいつまでも青春。
輝き続けるってそういうこと?











憂うだけならだれにでもできるということです。




それはプロとは呼べない。








Wilko Johnson, Roger Daltrey - Going Back Home

岸部一徳 ベース

実は凄腕ベーシスト 岸部一徳(修三・おさみ) 「太陽にほえろ! 」

the pillows / About A Rock'n'Roll Band

佐野元春 & THE COYOTE BAND「ポーラスタア」(HDフルバージョン)









2014.10.27    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   未来は自分で呼び込むんじゃっ!!


2014.10.27 22:02
ジャック・ブルース亡くなる


http://ro69.jp/blog/shibuya/112434


“僕の番組を聞いてくれている人なら、クリームはジャック・ブルースのバンドだったという僕のコメントを何度も聞いているはずだ。言うまでもなくバンドは誰かひとりのものでなく、メンバー全員のものだ。それでもクリームといえばクラプトンという一般認識に抵抗したくて、僕はクリームはジャック・ブルースのバンドだと言い続けた。
実際、クリームの代表曲の多くは彼の手になるものであり、リード・ヴォーカリストも彼であった。
ソロになってからも、クリーム時代からの盟友ピート・ブラウンと素晴らしい曲を作り続けた。
クリーム時代のようなスポットライトは当たらなかったが、彼は自分の音楽人生に自信を持ち楽しんでいたのではないか。届けられる質の高いソロ作品を聞いて、いつもそう思っていた。
クリーム時代の成功が大き過ぎたため、その後はクリームの陰の中で生きなければならなかった、という悲劇の匂いは彼にはない。だからこそ彼の病気との闘いを支援する為に企画されたクリームの再結成にも前向きに取り組んだのだと思う。
いつも背筋がしっかりと伸びた姿勢で音楽と向き合っている彼の生き方が好きだった。
ご冥福をお祈りします。”






2014.10.27 08:30
エリック・クラプトンらミュージシャンがジャック・ブルースを追悼


http://ro69.jp/blog/miyazaki/112362





若いころは互いのプライドが衝突し、そのギリギリの緊張感があの凄まじいグルーヴになった。でも互いが歳を重ね、互いを許し合い、互いを認め合えるようになったとき、音楽が齎した出会いに素直に感謝できるようになったとしたら、なんて素敵な人生でしょう。


合掌。


一切の成長を断念した定常型社会とは、いったいどんな社会?
ありのままを静かに受け入れ、ありのままの自由を受け入れる社会? 


そう。生き方なんて、いくらでもある。





週刊誌のコラムで青木功が、「俺はよっぽどのことが無い限り、人を嫌いになることはない」と言っていた。えぇ~、それは嘘でしょっ。好き嫌いあってこそ人間の証。おれはそうっ。



人間なんて元々不確かな生き物。ある瞬間、人を好きになったり、嫌いになったりする。
だから人生は楽しいし、この世はおもしろい。


おれはそうっ。







サンデーモーニングでコメントしてるえらそーな左翼かぶれのインテリねえちゃんとか、口うるさいおばちゃんの類は、勿論話を聞いてるだけでイラッと来ます。


おれはそうっ。



いろんな価値観が錯綜シテイルのが世の中。
だからこれはきらいだけどあれはすき。
それでぜんぜんかまわない。


おれはそうっ。







いちいち発言に「いわゆる」をつけないとなにもいえないのは根が小心者だから。
好き嫌いがはっきりしてるほうが信用できるし、俺はそんな奴が好きですけどね。(笑)



“ビートたけしの名言 @takeshimeigen
熱湯風呂なんてのは、全部ヤラセの演出なんで、本当に何十度もある熱湯だったら、みんな大ヤケドしてるぜってね。ぬるいお湯をいかに熱く見せるかという、そのリアクションの芸がお笑いの芸なんだから。”








少子高齢化とか地方の過疎化とか、それらを嘆いて国家の衰退と捉えるか?
それとも価値観の転換が私たちの未来を呼び込むための新たな契機になると捉えるか? 
地方が過疎化するなら、そこに外国人や若者を呼び込んで新たな価値観を模索していけばいい。
そこにはきっと素敵な未来が開けるはず。



これはいけないとかあれはだめだとか、それは国家の衰退を自ら呼び込んでいるのと一緒じゃっ!! なんでもっと未来を肯定するための知恵と想像力を呼び込めんのじゃっ。
いまこそマッサンを見習えっ!!


そうじゃっ!!
みゆき節炸裂じゃぁああああああ~。







未来は自分で呼び込むんじゃっ!!






Cream - Crossroads (Farewell Concert - Extended Edition) (5 of 11)

CREAM - Spoonful HQ

The Roosters and THe Rockers 1981 ジャムジャム'81

The Roosters-新型セドリック

AJICO 美しいこと

日本の伝統芸 熱湯風呂 ダチョウの古典

麦の唄 c/w 泣いてもいいんだよ / 中島みゆき (Short ver.) [公式]








2014.10.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   吉井和哉、噂のカバー・アルバム!!


吉井和哉、噂のカバー・アルバム
『ヨシー・ファンクJr~此レガ原点!!~』


その選曲がすごいっ!!





1. SPINNING TOE HOLD
2. 真赤な太陽
3. ウォンテッド(指名手配)
4. おまえがパラダイス
5. 噂の女
6. 夢の途中
7. あの日にかえりたい
8. 人形の家
9. 百合コレクション
10. さらばシベリア鉄道
11. 襟裳岬
12. SPINNING TOE HOLD







http://www.yoshiikazuya.com/pc/info/?category=1&sub=1&infoid=865



吉井和哉と同世代のロック・ファン。
つまり・・・私と同世代の人間は、例外なく昭和歌謡への思い入れが深いっ!! 


昭和歌謡は、日本人の偉大な発明品!! 
アメリカ人にとってのモータウン!! と一緒っ。(笑)






ですから…当然のように、この選曲にも思い入れが深いはずっ。(笑)







吉井和哉がそうであったように、僕らの世代は、小さいころからテレビやラジオを通じてごく普通に洋楽も歌謡曲も並列に聴いてきた。勿論、どちらも魅力的に響いた。今の若い世代はどうなんだろう?


洋楽と邦楽の狭間には、今も決して越えられない障壁が厳然として存在するのだろうか?







ミュージックマガジン最新号掲載のインタビュー記事の中で吉井は、フジロックでの経験について改めて語っている。そう。あの時彼らは洋楽ファンも邦楽ファンも全て敵に回してしまった。
記念すべき第一回目のフジロックに参戦。天下のレッチリ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)とレイジ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)に挟まれた出演順。しかも吹き荒れる嵐の中・・・みんなを勇気づけるセットリストはヒット曲の連発だ!! というバランス感覚は果たして働くだろうか?

あの時のイエローモンキーは、オリンピックに初めて選ばれたアスリートの心境と重なったかもしれない。背中に日本代表という十字架を背負いつつ、どんなライヴを展開すればみんなを喜ばせることが出来るか? 結果としてそこに於ける判断の迷いがバンドのその後の未来を決定づけてしまったのか・・・

仮にもし自分があのとき吉井和哉と同じ立場に立たされていたら、情緒的でポップなナンバーよりも、タフでハードな爆音でフィールドを塗りつぶそうとしただろう・・・なぜなら、それこそがロック・バンドとしての矜持だと信じるからだ。


フジロックでの悲惨な経験は、音楽業界の事故だった。たまたまいろんな条件が重なった結果としてあのようなことになってしまった。もっと事前にしっかりと準備した上で決断すべきだった。それも若かったからだと思う。
当時、ツアーで回りながら、感じたこと。それはいくら洋楽の魅力を自分たちの音楽に取り入れても、それがお客さんたちには伝わらないんだなという諦め。
たまたま昨日、テレビで「のど自慢」中継を眺めながら、やはりこの国はなにも変わっていないんだなと思った。でも、変わらないことの良さにも気付いた。
そう語る吉井和哉。


M-361








順風満帆の時こそ、足元を掬われやすい!! (笑)
人はそんな希望と絶望の狭間で日々綱渡りしながら生きている。
そして・・・
そんな自分を肯定する音楽をいつも求めている。


おそらくそれは真実。






僕が中高生の頃は、いつも学校から帰るとFM放送で、洋楽のアルバムを丸ごと全曲紹介してくれた。そうやってますます洋楽の虜になった・・・素敵な時代。

ラジオで洋楽のアルバムを丸ごと全曲流しても、誰もそれに対して文句を言う奴はいなかった。そうやってますます音楽ファンが増えていくからだ。

音楽チケットもCDも、誰もが手軽に手に入れることが出来た時代がもう一度蘇る日が来れば、きっとこの世は素敵なパラダイス!!


レジでお金を払うとき、あまりにもシステマチックな応対をされ、そんなとき、怒りよりも悲しさとやるせなさが募る。でも、それもいろんな奴がいるという証。だから世の中は楽しい。


たとえ不器用な応対であっても、誠実な対応を心がけようとする心情が伝わってくると、やはり生きていればこそなんだと思う。つくづく身勝手な自分。



M-360



そう・・・




人生はいつだって、



ビタースイートなシンフォニー。(笑)









SPINNING TOE-HOLD by CREATION

ピンクレディー ウォンテッド

弘田三枝子/人形の家

噂の女

THE YELLOW MONKEY「楽園」

THE YELLOW MONKEY「BURN」

The Verve - Bitter Sweet Symphony
















2014.10.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   シンプルな言葉とメロディはいつの世も普遍!!


洋楽への憧憬がそのまま笑いへと昇華される。


そんな素敵な魔法!!

ビジーフォー SOUL MUSIC MEDLAY 初期1981




モト冬樹 グッチ裕三 ウガンダ・・・


みんな若いっ!! しかも上手いっ!!



わかりやすいことを判りやすく伝えることが実は一番難しい。



それを教えてくれたのがパンク・ムーヴメントだった。





ピストルズは、音楽もファッションも洗練されていた。
そして、ロック=反抗!! というシンプルなアテチュード(生き様)を復権させた。それはパンクが齎した最大の功績。



そんなピストルズの影響をダイレクトに受けた極東の島国に於けるパンクの原点・・・



やっぱこれだろっ!! サイコーだっつつつ。


アナーキー「東京イズバーニング」






観念的なメッセージよりも直截な心の叫び!! 
それがおれたちのパンクだっ。この曲がそれを教えてくれた・・・


「むずかしい言葉で唄えば賢い奴には判るけど馬鹿には判らない。でも誰でも判ることばで唄えば賢い奴にも馬鹿にも判る」(仲野茂)


誰もが心の中で漠然と思っていても決して口にできなかったことをこんなに直接的にしかもきちんとメッセージとして放つことが出来たのは当時、彼らだけだった。
だからぼくのような高卒の馬鹿の胸にもきちんと響いた。
それは多分、原田真二の理念と繋がるはず。
シンプルな言葉とメロディはいつの世も普遍。



M-358






M-359




どんなにおろかでどんなにばかでもいい。



いつも自分に正直でありたい。(笑)









ビジーフォー SOUL MUSIC MEDLAY 初期1981

Sex Pistols - God Save the Queen (Studio)

東京イズバーニング

MAMA LUCY / SHINJI&CRISIS









2014.10.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   根拠の無い闇雲な超絶楽観思考!!


チャーと泉谷。
この二人の関係性は武士道っ!!
認め合えねえ奴とはいっしょにやりたくねえっ。てことなんだっ。(笑)


izumiya &char




そして、布袋寅泰。
この人はあらゆる意味で、ロックンロール・ギターのパイオニア。先人から様々なことを学び、それを一旦ぶっこわしたうえで未知の扉をこじ開ける。その姿勢こそがロックンロール!! 


布袋寅泰によるBAD FEELINGの演り方






もしも将来この国が少子高齢化によって滅びの道を歩むとしても心配はいらない。人はいつか必ず死ぬ。子供たちは黙っていても成長する。そうやって何度もリセットを繰り返し新陳代謝が進んでいく。そこには必ず希望が満ち溢れる。



TAKUYAのギター教則アプリ発売っ!! 





TAKUYAのリフはホントかっこいいっ。基本シンプルなんだけど・・・そこには独自のセンスとアイデアが目いっぱい詰まっている。後世にぜひ伝えていきたいですよね。

そういえばこんなエピソードがあります。「くじら12号」のレコーディングのとき、恩ちゃんがどうしてもベース・ラインを思いつかなくて、仕方なくプロデューサーの佐久間さんに仮のベース・ラインを弾いてもらったそうです・・・

「恩ちゃん、これ参考にして考えておいてねっ」とTAKUYAから託された恩ちゃん。
いざ本番になると、なんと佐久間さんの弾いたテイクをそっくりそのまんまコピー。

もう、TAKUYAも絶句。「完コピですか・・・」みたいな(笑)。しかもそのコピーがまた完璧だったそうで。
さすがに「もう、なにもいえねぇえええええ~」って、これ果たしてホントなんでしょうかっつつつつ。
ドリフの「もしもコント」じゃんっ。(笑)





アイデアを練る時は常に最悪の場合を想定して悲観的であれ。でもいざ行動に移ったら、とことん楽観的であれ。マーシー(真島昌利)はそう言う。僕も賛成だ。

非正規雇用を全て正規雇用に変えることなど到底不可能。我が国は社会主義ではない。橋下徹はそう言う。でも政治家の使命はマイナスを如何にしてプラスに変えていくか。その調整弁の役割こそ政治家に与えられた責務。




たぶん、アルバム『ナイトストーカー』リリース時のプロモーション映像? アメリカのテレビ番組かな~。
素敵っ。




現状に対してはどんなに絶望しても構わない。寧ろ悲観的なほうがいい。でも未来に対しては常に楽観思考でOK。なぜなら未来は私達の行動次第で変えることが可能。つまり何も心配はいらない。未来はいつだって僕たちの手の中にある!!





“一生懸命やること。
そこに誤魔化しや妥協をしない事。
出来る事だけを出来る様にやる事。
当たり前の事を偉そうにやらない事。
ひたむきであること。
いつも新鮮である事。
自分の感覚を信じる事。
友達や仲間の助けを素直に受け入れること。
実際はカッコ悪くてもカッコよく生きようとする事。”
(佐久間正英)


http://likedis.jp/feature/interview/3/4





20世紀が生んだ・・・最高峰の女性ロック・ヴォーカリスト!!
カルメン・マキ 



この美しい国を天変地異が襲い、人々が絶望と悲嘆に塗れたとしても、君達次第僕達次第で未来の扉は勝手に開いていく。




彼女を知らない若い人たちにぜひ聴かせてあげたいなぁ~。
ホント素晴らしいです。






それさえ覚えておけばきっとなにがあっても大丈夫。









izumiya &char

布袋寅泰によるBAD FEELINGの演り方

【本人が弾いてみた】OVER DRIVE / JUDY AND MARY(ギター)

JUDY AND MARY くじら12号 Kujira No 12 Final Live

Carmen Maki - J-Rock 1980

LAST DAYS 佐久間正英さん(音楽プロデューサー)が死去

カルメン・マキ 20世紀最後の私は風 part 1

カルメン・マキ 20世紀最後の私は風 part 2












2014.10.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   あり得ねえ面子が集まってあり得ねえグルーヴを生み出してしまうロックンロールの奇跡っ


すげえっ!! あり得ねえ面子が集まってあり得ねえグルーヴを生み出してしまうロックンロールの奇跡っ。
泉谷しげる with LOSER 国旗はためく下に (横浜国立大学)





なにしろ・・・泉谷のバックでチャボと下山がギターを弾きまくるっ!! 
しかもタイコを叩くのは村上ポンタ秀一・・・





そりゃ、すげえよなっ!! ありえねえよっ。(笑)




これだけ厄介な連中が集まっているにも拘わらず・・・
バンド・アンサンブルが成立してしまう。
つまりそれがロックンロール(笑)。

去年、泉谷が紅白に出演した際、このメンバーで「国旗はためく下に」をやっていたら、予定調和の世界が一瞬にして崩れ落ちる瞬間を全国のお茶の間で目撃できたはずっ。


ちくしょー、しくじったよなっ!! (笑)





例えばリハーサルではきちんと「春夏秋冬」を最後まで演奏する。そして本番のステージでいきなり曲目変更っ。♪国旗はためくもとにあつまれぇえええ~・・・


おい、やめろ、やめろっ、す、すぐにCMだっ。



ばかやろ~、国営放送のスポンサー様は俺たち国民だっ。(笑)



昔、70年代の頃、チャボさんも、公開生放送でブチ切れたことがあったそうです。ヒット曲の「さなえちゃん」を歌う予定になっていたのですが、いざ本番で、「俺はこんな曲うたいたくねえんだよっ!!」ってやっちまってスタジオは大混乱!! 



ロック魂、炸裂っ。





“で、面白かったのはさ、チャボがその辺、気に入らなかったんだろうな。全国ツアーで唄わなかったわけよ。‟さなえちゃん〟を。まあ、それだけなら良かったんだけど、フジ・テレビの『リブ・ヤング』って番組があって、それに出た時なんだけどさ、テレビだからどうしてもヒット曲唄わなきゃなんなかったわけよ。俺も‟春夏秋冬〟唄ってさ、他の奴も代表曲唄ってたわけよ。その辺ムカムカきてたんだろうな、チャボは。古井戸のステージの時「♪オ~レはこんな歌なんか唄えねえ~よ~♬」ってやっちゃったわけ(笑)。ケツまくっちゃったんだな、そのまま(笑)。そしたらよ、ディレクターは真青だし、客は唖然とするしさ、だって生放送だぜ、皆大あわて(笑)。”

ロッキング・オン社刊「わが奔走 IT'S MY LIFE 泉谷しげる」 
本文より抜粋。


その御本人は、そのままスタジオを抜け出して家に帰ったらしい・・・溜めに溜めこむと何かのきっかけでダムが崩れて大洪水!! 本人だけ一目散に帰ってしまってあとにのこされたスタッフとメンバーはその後どうなったのでしょうか・・・(笑)

ホント予定調和ほど退屈なものはありません。あっ、そう思ってんのはおれだけかっつつつ。(笑)



<ノーベル賞>マララさん、前進の励みに
毎日新聞 10月11日(土)1時38分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000005-mai-soci






少子高齢化で最早お金持ちでさえもこの国を支えられなくなったとき、私達は過去から学んだ大切な礎をを未来に向けて更新し続けていけるのか・・・そんなときこそ、私達自身の知恵と勇気にすがるしかないですよね。





“NHKホールに集まった数千の人らはいわば選ばれた恵まれた人たち?だろうよ。
しかし、テレビの向こう~あるいはラジオ聞いてる人々には故郷に帰れない人、病気になり一人で放送を見聞きしてる人、被災地で寒さに耐えてる人らが居るのだ!

オイラはNHKホールに集う人よりテレビ・ラジオの向こうの人らに歌ってやるンだと最初からキメててNHK側も賛成し、完全ライブをさせてくれたのだよ!”



http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-11740698953.html


“自分の為よりもだ、好きな奴ら、愛するモンの為に働くからチカラが出るンじゃねーの?
友人も知り合いも居なく一人ぼっちな正月を過ごさざる人にこそオイラの歌がある気がするし、チカラは自分以外のことに使ってこそだと思うゾ!”



http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-11742621039.html




繊細でやさしくて、いつも相手のことを想いながらさりげなく寄り添える人。それが泉谷さん。




そして気が付くと、




みんなおやじになっていた・・・







親父のイラつき爆発だっ!! このやろおおおおおおおお~。(笑)




M-357





そんな人にわたしはなりたい…(笑)







泉谷しげる with LOSER 国旗はためく下に (横浜国立大学)

野性のバラッド/泉谷しげる with LOSER

春夏秋冬 泉谷しげる

古井戸 さなえちゃん 1972

古井戸 - ポスターカラー

泉谷しげる 【Live】 春のからっ風 1973

翼なき野郎ども / 泉谷しげる with LOSER









2014.10.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   夢は叶えるものなのか? それとも夢は見るものなのか? きっと、どちらも真実!!


ノーベル賞:中村氏 研究の原動力は「怒り」
毎日新聞 2014年10月08日 04時48分(最終更新 10月08日 12時18分)



http://mainichi.jp/feature/news/20141008k0000m040184000c.html







村上春樹氏 またもノーベル文学賞逃す 受賞者は仏作家のモディアノ氏
スポニチアネックス 10月9日(木)20時6分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000109-spnannex-ent



だからノーベル賞がそんなに偉いのかっていう話です。日本人は、ホント名誉と権威を有難がるよねっ!! 



つくづく僻み根性丸出し。(笑)




たとえば副業で月収100万円稼ぐ人がいる。その人はきっと夢を叶えるための方法を知っている。でも誰もがそのやり方で100万円稼げるわけではない。世の中に腐るほど出回っているその手のハウツー本は、あくまでも傾向と対策を記したツールに過ぎない。




小嶋さちほ (ベース)
高橋佐代子 (ボーカル)
鈴木洋子 (ギター)
野沢久仁子(ドラムス)



やるべきことをきちんとやり、やるべきことはなんなのかをきちんと把握できる人だけが夢を叶えられる。それが普遍の法則。




Vo&Gt 花田裕之 
Gt 布袋寅泰 
Ba 松井恒松 
Dr 池畑潤二



どんなに苛酷な状況だとしても、その苛酷さから逃げて世の中に責任転嫁してしまった瞬間から、もうその人は自分が敗者であることを周囲に認めさせてしまうことになる。そんなのぜったいつまんない。




Guitar & Vocal:布袋寅泰
Drums:中村達也
Guitar:TAKUYA
Bass:Ju-ken
Keyboard:森岡賢
Percussion:STEVE ETO



どんな時代でも夢を見ることは可能だ。夢を見ることに資格はいらない。税もかからない。でも、夢を叶えるためには、その瞬間から個々人が能動的アクションを起こさない限りきっと何も変わらない。



一般社会の組織の中にいたら当然のようにはみ出してしまうロクデナシどもが集まって、既存の価値観を、せ~のでぶっこわす。
その瞬間の熱狂と興奮!! 
それがロックンロール!! 
サイコーだっ。(笑)




ボーカル:泉谷しげる
ギター:仲井戸麗市
ギター:下山淳
ベース:吉田建
ドラム:村上ポンタ秀一





一つのリフから全てが始まるっ。
様々な奴らがそこに集まって熱狂の磁場を形成する。
その過程ほど素敵なものは無い。(笑)







おとなになってもこどものようにだだをこねる・・・




そんな無垢な魂をバッグに詰めこんで、




あいつはどこかへいってしまった。




ずるいよね・・・うそばっかり!!












〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

ZELDA/Ashu-Lah

HEAVENLY(Live) / hiroyuki hanada

[BAD FEELING] funky punky tour ver [布袋寅泰 tomoyasu hotei]

泉谷しげる with LOSER 国旗はためく下に (横浜国立大学)

忌野清志郎&仲井戸麗市 - 甲州街道はもう秋なのさ 1994









Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog