FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
 全1ページ
このページのリスト

2014.04.22    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   ZIGGYとXJAPAN


今年は、ZIGGY結成30周年。
そして、Xのメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』リリース25周年。







この二つのロック・バンドに共通する要素がある。
それは、既存の価値観に“NO”を叩きつける反骨心。








お化粧を施したど派手なルックスで、歌謡メロディともいえる情緒的な旋律を鳴らす。しかも、爆音で。
そんなロック・バンドがメイン・ストリームに浮上して世間から受け入れられるはずがない。
嘗て、僕自身がそう思っていた。(笑)








だが、世間は受け入れた。
そして、彼らが起こした革命は、後のヴィジュアル系へと受け継がれていくことになる。









XJAPAN。
こんなにも無尽蔵な可能性を秘めたロック・バンドが地下のマグマの中で沸々と燃え上がり爆発する瞬間を待ち続けていた。奴らが地上にその姿を晒した時の衝撃は、ロックの熱狂と興奮そのものだった。THE BLUE HEARTSと並び称されるべき、我が国の素晴らしい財産だ。








そして、ZIGGY。
やりたいことをやりぬくことで大衆の欲求を満たし続けてきた30年。同時に、やりたいことがあるから転がり続けた30年。







“ああ、今そういうブームってあるじゃないですか。でも、俺らって確かにバンドブームの中にいたけれど、一度もトップにはなってないから。ユニコーンがトップだったし、バクチクがトップだったし、プリンセス・プリンセスがトップだったと思うよ。その時代その時代、常に自分たちよりもメインのものがあったと思う。で、俺たちはその本流に対する、やっぱりちょっとサブの位置だったから。何も極めていないんだもん、そういう意味でいえば。だからこそ、あれだけ迷走することもできたのかもしれないしね・・・・・”


BRIDGE 2007年12月号
森重樹一インタビュー記事
(インタビュアー兵庫慎司)より抜粋。







もしも、あの時、ZIGGYの成功が無ければ、その後のXJAPANの成功も無かったかもしれない。
そして、ヴィジュアル系の隆盛も・・・











こんな素敵なロック・バンドたちに出会えたことを僕は誇りに思う。









グロリア ZIGGY

X-Japan yoshiki の部屋

ZIGGY - BORN TO BE FREE

2009.05.03 X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 「紅」

X Japan - Weekend 1990 LIVE

ZIGGY-マケイヌ

X Japan - Celebration











Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog