プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2013.11.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   特定秘密保護法って、なんなんだっ?


特定秘密保護法案可決に対して何か懸念があればお聞かせください。
「特にないです」

じゃっ、特定秘密保護法案に賛成ですか。
「べつに」

特定秘密保護法案に関してあなたは全く無関心なんですか?
「なにが特定秘密なのかぜんぜんわかりませんから、こたえようがありません」






M-284




みなさん、今日はどうもありがとうございました。


こんなわたしですけど、


なにか?







M-285




「知る」権利だけでなく、「知られない」権利さえも奪う「秘密保護法」
2013.11.26 23:52


http://ro69.jp/blog/shibuya/92849

“この法律が成立すると、我々国民のありとあらゆる情報が国家に知られることになってしまう可能性が高い。”







M-286




わたしがきょうしつでおしっこもらしたことが特定秘密になったらそれをみんなにもらしたけんじくんを法律で罰することができるんですか?

秘密なんてもれるためにこそ、そんざいするんだから、隠そうなんてさいしょっから思わないほうがいい。
そう思わない?

言いたいこと言いきれたかな?
いやまだまだ・・・



「秘密保護法」のどこが問題なのか?
2013.11.27 17:26


http://ro69.jp/blog/shibuya/92894

“秘密の定義が曖昧なので、政府が勝手に秘密を決めてしまい都合の悪い情報は全て隠してしまう。
海外では、定義を厳しく決めた上で、第三者の監視機関を作っている。「秘密保護法」では定義を曖昧にしただけでなく、首相答弁では自らが監視機関を作るとむちゃくちゃなことを言っている。第三者でなければ意味がないのは言うまでもない。
しかもその機関をどう作るかも何も決められていない。
秘密にする期間も30年が60年に延長されてしまった。責任者の寿命を考えると、生きているうちに責任をとらされる恐れがないということである。つまり永遠に秘密に近い期間だ。これも言うまでもないことだが、国際的にみて60年なんて期間設定はほとんどない。
とにかくどさくさ紛れで作り、通してしまった法律なのである。”




M-287




みんなに隠したいとても恥ずかしいことを秘匿するための法律の意義をいったいどうやって、未来を担うこどもたちに伝えればいいのだろう。


みんなも隠したいこと、いっぱい、あるよね?
知りたいことも、いっぱい、あるよね?

でも、この法律が可決されると、みんなが知りたいことも、みんなが知らせないでほしいことも、偉いひとたちがきみたちになんのそうだんもせずに勝手に決めてしまうことができるんだよ。

そんなの、とても不公平だよね?







日本の政治に求められるのは、確かな反対勢力
2013.11.27 20:16


http://ro69.jp/blog/shibuya/92917

“今回、このような形で「秘密保護法」が衆議院を通過してしまったのは、どのメディアも指摘しているとおり、野党がまっとうに機能しなかったからだ。
国民の半数が反対する法案が、しっかりとした審議も修正もなく、与党の思い通り、ほとんどの野党も賛成に回る形で衆議院を通過してしまったのは、国会が一種の機能不全に陥ってしまったように見える。
野党が、健全な批判勢力としてチェック機能を果たしていないのだ。
国民世論が、国会と同じように圧倒的多数の支持をこの法案に与えているなら仕方がないが、どの世論調査を見てもそんなことになっていない。
今回、みんなの党や維新の会、そして自民党からも造反する議員が出た。この採決強行はひょっとしたら新しい政治勢力を生むきっかけになるかもしれない。
というかならなければ日本の政治に未来が見えない。昨日、藤原さんにお話しを伺ったとき、権力が奢った行動に出ると、その権力に綻びが生まれることが多いのは、歴史が教えているという話が出た。これからの動きを注目したい。”







M-288




なんだかわからないうちに勝手に決まってしまう法案など私達は望んでいない。
本当に望んているものは、互いの価値観の相違を乗り越えた先にある素敵な未来であり、皆が共有できる提案だ。
それが法治国家の本来有るべき姿だと思う。
国家の機密事項の漏洩を防ぎ国益を守るための法律がいつの日か形骸化し、私達の生活を政府の手で統制管理する法律へと移行しないようにするためにこそ議会制民主主義は存在するのだし、そのように機能すべき。


でもそうならないとしたら、それも、私達が望んで犯した罪なのか?







新聞を眺めていたら、ある新刊本に関するこんな広告が載っていた。



「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人
慶應義塾大学医学部放射線科講師
近藤誠 著
(幻冬舎刊)



“「本物のがん」で長生きする人の養生訓
毎日好きなものを食べ、酒も甘味も楽しみ
カロリーや血圧を、細かく勘定しないで
よく楽しみ、出歩き、そして安眠し
ひとり気ままにすごせる
時間と空間がある
がんや不調があっても、年だものとつぶやき
手術と言われたら、切りたくないと言い
ワクチンも抗がん剤も
副作用がイヤだと拒み
どこかで倒れても
救急車を呼ぶなと言っておく
いよいよのときには、ありがとうと笑い
そういうふうに、わたしは死にたい






M-290




「がんもどき」で早死にするひとの養生訓
メタボと言われれば、ダイエットに励み
高血圧、高血糖と
言われれば
薬を欠かさず
寒いときも
野菜ジュースを飲み
みんなにマジメと言われ
がんになったらとことん闘いぬく
そういうふうに、わたしは生きたい”



M-291






樹木希林さん告白で注目「全身がん」って何?
THE PAGE 11月28日(木)10時48分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000004-wordleaf-hlth


 “樹木さんは、2004年に乳がんとなり、翌年右乳房の全摘出手術を受けました。2007年には同じ場所でがんが再発し、その後は放射線治療を受けていたのですが、3年くらい前にはガンの転移が確認され、最近では副腎にも大きながんが確認されました。現在ではピンポイントで放射線治療を実施しているそうです。

 自身のがんは治らないということを受け入れ、死を覚悟したという樹木さんの発言は、賞賛すべきものといえます。というのも、日本ではがんをはじめとする重大疾患に対する社会の理解が乏しく、一部では差別の問題も発生しているからです。

 最近は医学の発達で治療成績も上がってきましたが、がんは基本的に治りにくい病気です。医学の世界では、がんは完治と呼ばず、寛解(かんかい=とりあえず病変が見えなくなった状態)と呼ぶのですが、それは一部のがんを除いて本当の意味で完治させることがなかなかできないからです。”




自分の生き方は自分で選びたい。
誰かになにかを強制されたくない。
それだけは、守り抜きたい。






Sawajiri Erika

03 - 風に吹かれてみませんか.wmv

05 - 籠の鳥.wmv

02 - Wasted.wmv

06 - Natural Vibration.wmv

07 - You're Like A Doll Baby.wmv

08 - Shinin' You, Shinin' Day.wmv

The Verve - Bitter Sweet Symphony











2013.11.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   私達の望むものはあなたと生きることではなく私達の望むものはあなたを殺すことなのだ


秘密保護法案 与野党の修正案は評価できる(11月23日付・読売社説)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131122-OYT1T01379.htm







 “自民、公明両党が、安全保障の機密情報を漏らした国家公務員らの罰則を強化する特定秘密保護法案について、日本維新の会、みんなの党とそれぞれ法案の修正で一致した。

 安全保障戦略の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)が機能するために欠かせない法制である。与党が数で押し切るのではなく、野党と協議を重ね、合意したことは評価したい。

 維新の会やみんなの党も、政権を担えば、秘密の指定や解除に携わる。安全保障に関する分野で、与野党が協力し合って制度を構築することの意義は大きい。

 修正内容は、首相が特定秘密の指定を監督し、有識者会議に報告して意見を聴くなど、内閣による情報管理を強めた。法施行から5年経たっても特定秘密がない府省は、指定の権限を失う。

 上限5年で更新可能という特定秘密の「有効期間」は、30年を超えても内閣が承認すれば延長できるとなっていたが、「60年は超えられない」と書き加えた。例外は、暗号や防衛装備、人的情報源など7項目に限られる。

 30年超の延長が認められなかった文書は、すべて国立公文書館に移管することも条文化された。

 首相の関与強化が実効性を伴うものになるかどうか、疑問もある。だが、「原則公開」とその例外項目、重要文書の保存を明確にしたのは適切な判断だ。

 政府が、特定秘密の対象を恣意しい的に拡大したり、都合の悪い情報を永久に秘匿したりしかねないといった懸念は、一定程度払拭されるのではないか。

 秘密指定の妥当性をチェックする「第三者機関」については、検討することを付則に明記した。

 第三者によって、政府を牽制けんせいしようという趣旨はわかる。だが、安全保障の機微に触れる、専門性の高い大量の情報を部外者が的確に判断できるのか。特定秘密に関与する人が多くなれば、情報漏えいのリスクは増すだろう。

 起用する人材や仕組みをよほど慎重に考えないと、形骸化した組織になる恐れがある。

 民主党は、独自の対案が受け入れられなければ、特定秘密保護法案に反対する方針を決めた。

 民主党の対案は、秘密の範囲をより限定し、指定期間は原則30年、罰則を懲役5年以下などと規定している。国会への秘密提供については、国会法の改正で対応するとした。検討に値しよう。

 与野党間で、さらに議論を深める努力をすべきである。

(2013年11月23日01時56分 読売新聞)”



M-281








消費税増税、特定秘密保護法案可決、マイナンバー制度導入、法人税減税・・・
これらが、本当に私達の生活を拠り良い方向へと導いていく礎となるのでしょうか。寧ろ、私達の生活は、国家の統制機能をより充実させるための犠牲とならざるを得ないような気がします。



M-280






「秘密保護法」をまともな議論なしで成立させてはいけない
2013.11.22 22:08


http://ro69.jp/blog/shibuya/92672

“とても権力者にとって都合のいい法律である「秘密保護法」が成立に向かっている。
国民の多くはこの法律に漠然とした不安を感じているが、そんな空気を無視するように安倍政権は成立に向かって爆走している。
怖いのは野党がほとんど機能していないところ。結局、維新の会もみんなの党も自民党に取り込まれてしまった。
修正協議をしているが、それが自民党案より後退したものになっていくので、自民党は喜んで修正に応じている。
例えば秘密の指定期間は当初「原則30年」だったが、維新との協議の中で「原則60年」になってしまった。
まるでコントみたいだ。さすがに維新内部でも批判が続出して、投票で態度を決めることにした。そして今日、賛成27票反対23票で、やっぱり妥協案でいくことにしてしまった。
本当に野党がこのままだと、この国の政治は機能不全になってしまう。原発ほど明確な問題認識が出来にくいテーマなので、国民もなかなか自分の考えをはっきりまとめられていない。
こういう時こそメディアがしっかりと報道しなければならないのに、何故か腰が引けている。”



M-282



富と権力を持つ者だけが国家に優遇され、弱い者たちは、どんどん淘汰される世の中へと移行するのではないか。そんな懸念は拭えません。
でも、これが私達の選んだ道であり、最早それを戒める方向へと移行することは決して有り得ません。私達自身が自らの手で既存のシステムを作動させ首を絞め、望んで得た世の中なのですから。






「秘密保護法」。自民党に「本当に楽だ。だが、こんなにすり寄ってくる野党に頼っていては自民党が弱体化する」とまで言われて、このまま成立させていいのか?
2013.11.23 20:31






http://ro69.jp/blog/shibuya/92690

“一番の問題は多くの国民が「秘密保護法」に不安を感じているのに、その不安を政治に反映させるシステムがなく、不安を感じとる政治家もいないことだ。
変な表現だが、政治家にとっては凄いチャンスだと思う。今、明確に「秘密保護法」に反対すれば、多くの有権者の支持を得ることができるだろう。
どの政党も中途半端な修正案ばかり出して、国民の側からは違いが見えない。
ここで「秘密保護法」などいらない、という明確なメッセージを出すことの政治戦略的な効果は大きい。
サイトにも書いたが、前回の選挙で自民党が得た得票数は、有権者の四分の一に過ぎない。
そんなに勝手なことが出来る支持背景などないのだ。多くの人は原発再稼働に反対だし、「秘密保護法」にも反対である。
その当たり前な国民世論が、今の政治には反映されていない。
「秘密保護法」がほとんどの政党の合意で成立してしまいそうな国会は、何か違う国の政治を見ているようだ。
しかし、それは紛れもなくこの国の現実だ。政治家を批判するのは簡単だが、問われているのは我々国民の政治意識でもある。”



M-283



岡林信康は嘗て、こう歌いました。
♪私達の望むものはあなたと生きることではなく私達の望むものはあなたを殺すことなのだ。







新聞各紙は「秘密保護法」に懸念
2013.11.24 23:42


http://ro69.jp/blog/shibuya/92711

“国民の多くが漠然とした不安を感じつつも、この法案にはっきりとした見解を持てないのは、どんな法律で何が問題なのかという絵解きがメディアによってなされていないからだ。
公務員の秘密漏洩を罰する法律なのに、何が秘密なのかの定義もないまま、非常に恣意的な運用が可能な形で成立しようとしている現状がリアルに伝わって来ない。
ある調査では「秘密保護法」に賛成の人が増え、反対を逆転したという結果がでたらしい。
修正によりどんどん法案は悪くなっているのに、賛成が増えるのは、情報がしっかり伝わってないからだ。このままなし崩し的に成立は、残念過ぎる。”








今私達が成すべきこと。それは未来への希望を抱くことではない。未来に対し絶望することでもない。今を生きる私達自身をまず私達自身の手で抹殺し、全てがクリアーになったときこそ、私達は未来への希望の証として生まれ変わる権利を得るのでしょう。





David Bowie "Five Years"

BLANKEY JET CITY - 悪いひとたち 1994.1.16

浜田省吾 - 僕と彼女と週末に ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend

浜田省吾 『J.Boy (ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend")』

SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT 96.11 TV

HAPPY END はっぴいえんど 岡林信康 私たちの望むものは

佐野元春-SOMEDAY












2013.11.24    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   YOURE LIKE A DOLL BABY vs Gettin' Tighter


ロック 似たもの対決!!










YOURE LIKE A DOLL BABY vs Gettin' Tighter




あなたは・・・


どちらがお好き?













JOHNNY,LOUIS&CHAR/YOURE LIKE A DOLL BABY [LIVE]

Deep Purple - Come Taste the Band - Gettin' Tighter












2013.11.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   それゆけ ! R&R BAND vs  Toys In The Attic


ロック 似たもの対決!!








それゆけ ! R&R BAND vs  Toys In The Attic




あなたは・・・


どちらがお好き?












ZIGGY - それゆけ ! R&R BAND

Aerosmith - Toys In The Attic Live 1977









2013.11.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   Start vs Taxman


ロック 似たもの対決!!










Start vs Taxman



あなたは・・・


どちらがお好き?













The Jam - Start

The Beatles - Taxman (remastered)







2013.11.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   LEMON TEA vs Train Kept A-Rollin


ロック 似たもの対決!!











LEMON TEA vs Train Kept A-Rollin




あなたは・・・


どちらがお好き?













シーナ&ロケッツ レモンティー

Aerosmith - Train Kept A-Rollin' (Pontiac 1976)








 

2013.11.20    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   Tokyo is burning vs London's Burning


ロック 似たもの対決!!








Tokyo is burning vs London's Burning



あなたは・・・


どちらがお好き?













東京イズバーニング

THE CLASH - London's Burning





2013.11.16    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あなたは沢尻エリカが好きですか?


沢尻エリカ、報道番組で「別に」騒動当時の心境を告白!
サンケイスポーツ 11月16日(土)7時0分配信





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131116-00000001-
-ent










自分は他者と違う。
それを自覚することが、大人への階段を登るということなんだろう。
自分自身を曲げることなく、周囲との協調関係を保っていくことは、女優に限らず、皆、しんどいはず。









自分を殺してまで、周囲に好かれたいとは思わない。
でも、皆に好かれたい。



それが生きることの悩ましさ。











それならば、素のままの自分を受け入れてくれる人と巡り合うしかない。




どんなときも、自分でありたい。



どんなときも、自分を失いたくない。











そんな我儘な自分を持て余しそうになったときは、そんな我儘な自分を当たり前に受け入れ全てを肯定してくれる人を探そう。
平気で甘えられる人を見つけよう。
そのためにこそ、いろんな人と関わろう。
いろんなことを経験しよう。









“「別に」発言は葛藤する時期のもので「もう(精神的に)いっぱい、いっぱいで『私はこう』みたいな決められた価値観で生きてきて。それがパンクしたのが理由の一つ」と自己分析した。

 それでも、今は改心。「子供とか、夢を持って(映画を)見たいという人のことを考えていなかった」と反省し、「心境の変化があって初心に戻れたというか…。私にとって役者は人生なんです」と穏やかに語った。”










嫌なことも辛いことも悲しいことも・・・






素敵な出会いを見つけるため。




(笑)











Sawajiri Erika

佐野元春:君が気高い孤独なら(ライブ 2009)

佐野元春 & THE COYOTE BAND「ポーラスタア」(HDフルバージョン)

奥田民生 『風は西から』

佐野元春 & THE COYOTE BAND「世界は慈悲を待っている」(HDフルバージョン)

佐野元春-SOMEDAY













2013.11.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ストーンズだけが何故いつまでも瑞々しさを失わないのか?


よく言われることだが、ストーンズは何故、いつまでも瑞々しさを失わず、ロックンロール・バンドとしての新陳代謝が可能なのか?



M-278









そんな問いかけに、彼らは一体何と答えるだろう。


たとえば、それは私達日本人の本来の生き方と重なるかもしれない。





M-279









様々な異なる価値観を吸収して、それを当たり前に踏襲するのではなく、自分たちの生活様式に照らし合わせて上手にアレンジを施しながら浸透させていく。
それが私達日本人の存在価値かもしれません。
欧米の物真似ではなく、そこから新たな地平を目指す。
それが私達の責務。



“自分を信じるということは、他人が自分を褒めてくれた言葉を信じるということでもあると思うんです。”

“野心は習慣性のある心でもあります。勝ち気な人って非難されたりもしますけど、一度も勝ったことがない人は勝ち気にさえなれない。どんなに小さいことからでもいい。人に認められる快感を味わい、勝った記憶を積み上げていくと、人格だって変わっていくんです。”

“人間にとってのいちばんの幸福は、人から必要とされること。”

“野心を持って努力し続けるのは、本を読むことにも似ています。本を読み始めると、自分はどれほど無知なんだろうとか、この分野を知らないのはまずいなぁとか、この先また別の本を読んでみたいなと思う。努力をする人にはいろいろなページが開いてくるんです。”

“屈辱感こそ野心の入り口。”


講談社現代新書 
林真理子
「野心のすすめ」より。











天皇制に関しては、未だ、国民全員で真剣に議論されたことがありません。
にも拘わらず、何故、政府は一方的に自分たちの尺度を国民に押し付けようとするのでしょう。










互いの理解を深めるためにこそ民主主義は存在するはずです。





“だからみんな、叩くだけ叩くけど、ツイッターの恐ろしさを学校で教えるべきとか、社会の仕組みを変えるべきだとは誰も言わない。アップするときに一言注意書きが入るだけでも全然違うはずなのにな。見つけて、叩いて、ポイって捨てて、忘れる。それが儀式のように共有される日々は、まだまだ続く。(松村耕太郎)”

ロッキング・オン・ジャパン2013年11月号掲載記事
TIMES REVIEW
「バカッター、どうしてモラルを守れなくなったのか」より。










あなたとわたしは違う。


でも、その違いを避けて通るのではなく、互いの違いを認識しあうことで、その先の未来は決定する。


そんなことを思いました。








Rolling Stones All Down The Line Ladies And Gentlemen

midnight rambler " the rolling stones live texas 1972

The Rolling Stones - Shattered (from "Some Girls, Live in Texas '78")

Rolling Stones - Honky Tonk Women (Hyde Park 1969)

The Rolling Stones - It's Only Rock 'n' Roll - LA Forum Live 1975 OFFICIAL









2013.11.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   山本太郎ってほんまに胡散臭い人間なんやろかっ?


山本議員の直訴 天皇の政治利用に自覚がない(11月2日付・読売社説)


http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131101-OYT1T01424.htm







 国会議員としての自覚が果たしてどこまであるのだろう。その資質を疑うしかない。あきれた行動である。

 山本太郎参院議員が先月31日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に直接手紙を手渡した前代未聞の問題だ。手紙は侍従長が引き取った。

 山本氏によると、手紙は東京電力福島第一原発事故に関する東日本の子どもたちの健康被害や現場の作業員の労働環境についてだった。「現実を陛下に知っていただきたいとしたためた」という。

 しかし、国会議員なら、原発を巡る問題は、国会の質疑の場で取り上げるのが筋だ。山本氏の行為自体、「天皇の政治利用」と非難されて当然である。

 菅官房長官が「手紙を渡すことがその場にふさわしいかどうか、常識的な線引きがある」と不快感を示し、与野党から一斉に「国会議員として常軌を逸する行為だ」といった批判が噴出したのも、無理はない。

 元俳優の山本氏は、今年7月の参院選で「脱原発」を訴えて東京選挙区から無所属で出馬し、初当選した。原発再稼働反対派の急先鋒せんぽうとして知られる。自らの政治姿勢をアピールするために、手紙を手渡したのではないか。







 山本氏は、「ルールに反しているという意識はなかった」という。「マスコミが騒ぐから政治利用にされてしまう。政治利用しているのはマスコミのほうだ」と報道に責任を転嫁している。

 だが、園遊会に参列できるのは、ごく限られた人だけである。山本氏も参院議員だから招待された。報道カメラの前で、国会議員としての地位を利用して天皇陛下に「請願」したからこそ、騒がれる事態になったのである。

 そもそも、山本氏は、手紙で原発の問題を伝えて、どうするつもりだったのだろう。

 憲法上、天皇は政治的な権能を持たない。主権在民の原則をもってしても、奇っ怪極まる行動と言わざるを得ない。

 自分のとった行為の意味がわからず、どんな影響を及ぼすかも想像できない人物が、国会議員であることには驚くばかりだ。

 参院議院運営委員会は、山本氏からの事情聴取を踏まえて、国会議員としてのあるまじき行為であり、再発防止について議論が必要だとの認識で一致した。

 処分については結論は出なかったが、山本氏のような行為を黙認するわけにはいくまい。

(2013年11月2日01時32分 読売新聞)










いつもながら、メディアの報道の仕方は、一方に偏っている。本来中立的な立場で物事を論じ、幅広く国民に問題提起を行うのがメディアの役割であると僕は思っています。
ですから、今回の山本議員の行動も、国民に対し、天皇制とはなんであるかということを改めて問い質す良いきっかけになるのではないでしょうか。


“『すべての根本にあるのは"差別"や!』っていう風にあたしは思うようになって。それは男女差別・老人の差別・民族の差別、もうすべての問題がそこを根っこにしてるっていう風に考えるようになった。そこを辿っていったら、日本の場合は"天皇制"があるとか、そういう見えやすいところに行って。で『敵はこれや!』っていう(笑)”

ロッキング・オン・ジャパン1994年10月号掲載
ソウル・フラワー・ユニオン伊丹英子インタビュー記事
(インタビュアー山崎洋一郎)より抜粋
 







“うん、それはやっぱり一番初めに、例えばジョン・レノンであるとかパンク・ムーヴメントであるとかそういうところでいわゆる西洋社会主義的なもんを音楽を通して学んで。で、そのあとに原発の問題であるとかアイヌの問題であるとかいろんな問題を見てくとやっぱりどうしても"天皇制"ってもんに突き当たらざるを得えへんっていうかね。そこを見てくとどうしても国家対自分ということを考えざるを得えへんから、これは突き詰めざるを得えへんしな”

“だって国家に反逆するような人間、いちいち小さい問題にも疑問を持って批判する人間。学校っていう場所がそんな人間を作ろうとするわけがないやん。だから、丸く収まるように、そういう風に、〝調教〟されていくわけやん。学校っていうのはそういう場所やん。でも、なんか良心的って言われるようなもんは、すべてそういう枠内でやるねんな。もう『朝まで生テレビ』的なそういう枠内でやってるから、すごいくだらんなと思う。だから最終的にはやっぱりお上には楯突かないという。あとはいつも被害者的な立場でいれると、何故ならお上がやったことやもんという。まあ、そういう小さなピラミッドがぎょーさんあると思うよ。ロッキング・オンJAPAN社内にもあるかもしれんし、パンク・シーンの中にもあるかもしれんし、それは日本のメジャーの音楽産業の中にもあるやろうし”

ロッキング・オン・ジャパン1994年10月号掲載
ソウル・フラワー・ユニオン中川敬インタビュー記事
(インタビュアー山崎洋一郎)より抜粋。








国家の主権は国民に委ねられている。ならば、その国民の意見を代弁する国会議員という立場を利用して、天皇陛下に意見具申を行うことはなんら咎められる理由はないものと思います。個人的な理由から、山本議員個人はなんだか胡散臭いから潰してしまおう。そんなムードが世間に蔓延しているような気がするのは、多分、僕だけではないと思います。(笑)そうだとしたら、実にくだらないし、実に低能だと思わざるを得ません。









僕自身も、山本議員に対しては、余り良い感情は抱いていませんでした。なんだか全てが胡散臭いし。
でも、胡散臭く感じるということは、きっと、付き合ってみたら、とても面白い人物かもしれない。そんな興味と好奇心を抱かせる人こそ民意を代弁する国会議員に相応しい。
陛下ならば、国民の象徴としての立場から、どんな意見も率直に受け止めてくれる。そんな陛下の心情を山本議員は直感的に理解していたのかもしれない。そんなことすら思います。







なによりも、そんな真摯なコミュニケーションを求めているのは、きっと、陛下ご自身だから。
こんなに平和で、こんなに美しく、こんなに自由と平等を尊ぶ国に生まれたことを私達はもっともっと素直に感謝すべきである。
そう思いました。






エレファントカシマシ「ファイティングマン」 THE ELEPHANT KASHIMASHI

エレファントカシマシ「ガストロンジャー」(Live Ver.)

エレファントカシマシ「俺たちの明日」

SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT 96.11 TV

ソウル・フラワー・ユニオン - 風の市 @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10

エレファントカシマシ「悪魔メフィスト」

エレファントカシマシ「今宵の月のように」












Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog