プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
誰かの生き方を真似してもその人の人生だけは誰にも奪えない・・・ Aug 22, 2017
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  追いかける興奮と追われる緊張・・・   ボヘミアンとしての生き方は軽犯罪法違反!?   国民一人一人の成熟度が問われる世の中   デモと暴動は決して同義ではない   今こそ“真の悪人”待望論を振りかざすべき   ロックンロールの本質をお茶の間に叩きつけたミッシェル!!   夢を描いているその瞬間は、いつだって・・・   誰もが上を向いて歩くことが可能だった素敵な時代!!   この国の悲しき現状・・・   一体、オリンピックってなんなのっ? はっきりしようぜっ!!   そう。人生なんてそんなもんっ!!

2012.09.29    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   追いかける興奮と追われる緊張・・・


ある朝、
駅へ向かう道すがら思ったこと。
それは、追いかけるよりも追われるほうが
遥かに緊張を強いられるという事実だった。


道路の渋滞に因り、
バスを降りてその足で駅まで歩く乗客たち。
その足音が背後から迫ってくる。


歩道が狭いから、
前を歩いている人間を追い越すときは
車道にはみだしてしまう。


僕は前を向いて歩く。
でも背後がどうしても気になる。









ROCKIN\'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2012年 11月号 [雑誌]ROCKIN\'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/09/29)
不明

商品詳細を見る







追いかけているときは
常に目の前に目的を見出せる。
それが安定した精神状態を育む。

背後から足音が聞こえるときは
常に緊張と不安に苛まれる。

早く自分を追い越してくれれば
楽になれるのに
と・・・





追いかけているときの興奮。
追われているときの緊張。
どちらも人生に於けるスリルと興奮




何かに追われることも
何かを追いかけることもなくなった
そのときこそ、人生の終焉だ。












違法ダウンロードにより著作権が侵害され、
アーティスト生命が奪われると本気で思いこんでいる輩は
そもそもアーティストを名乗る資格無し
自ら敗北宣言しているようなもの。




なにかを失っても
それを手に入れたいという欲望


それがが全てだ。






10月1日。
改正著作権法が施行される。











“宇多田ヒカル、「ダウンロード違法化がなんぼのもんじゃい」 ツイッターでキッパリ
2012年7月5日 11時18分[シネマトゥデイ映画ニュース] 歌手の宇多田ヒカルが、ツイッターで「ダウンロード違法化がなんぼのもんじゃい」とつぶやいている。

 本日7月5日は宇多田の母・藤圭子の誕生日。そのことをフォロワーに言及された宇多田は、「ありがとうございます」と返答するとともに「ブクマしてた母の『面影平野』Youtube動画を久しぶりに観ようとしたら削除されてて大変悲しゅうございます… 」(原文ママ)とコメント。「『面影平野』歌うカーチャンすごくかっこ良くて美しくて、ああくそどうにかあれダウンロード(保存?)しときゃよかった…」と悔しさをにじませた。

 だが、先日日本では違法ダウンロードに刑事罰を導入する著作権法改正案が可決されたばかり。「ダウンロード違法化とかあるから、こっそり言った方がいいですよ」とツッコまれた宇多田だったが、「ダウンロード違法化がなんぼのもんじゃい カーチャンのレア映像を保存しかったんじゃ(≧(エ)≦。) 」とキッパリ。

 今回の改正案は音楽ファイルも対象になっているため、音楽産業に携わる宇多田にとっても無関係ではない。立場的なものもありコメントを控える同業者も多いはずだが、ツイッターで臆せず発言する宇多田の潔さは多くのフォロワーから支持されているようで、上記ツイートのリツイート数は瞬く間に1,000を超えている。(編集部・福田麗)”








権力は腐敗を助長する。
権力は欲望を殺す。
権力は好奇心を根こそぎ奪う。




つまり私達は生きる屍と化す。



それが統制国家の真実












YouTubeからのダウンロードによって
CDが売れなくなり飯が食えなくなるなんていってる奴は
常に言い訳を探している負け犬と一緒。




生きるということはリスクを怖れないということ。





リスクと共存する覚悟をいつも胸に秘めるということ。









だから今日も明日も、
僕らは誰かの足音を背後に聞きながら、
誰かの背中を追い続ける。














生きる喜びとは、つまりそういうこと也。




・・・(笑)







チャットモンチー 『満月に吠えろ』

チャットモンチー 『テルマエ・ロマン』

宇多田ヒカル - Wait & See ~リスク~

チャットモンチー 『きらきらひかれ』

宇宙まお - ロックの神様










2012.09.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ボヘミアンとしての生き方は軽犯罪法違反!?


THE MAD CAPSULE MARKETS
現在のラウドミクスチャーの原型を築き上げたパイオニア。
そんな認識があります。
hideも大好きだったバンドですね。










デジタルハードコアとへヴィ・ロックとヒップ・ホップ。
それらをミクスチャーしたラジカルなスタイルは
後続のバンドたちに
多大な刺激と影響を与えたのではないかと思います。


なにしろ、日本人として初めて、
あのオズフェストに招かれたバンドですものね。


音楽に境界は無い。


それを体現した彼らは、
私達の誇りだと思います。







デジタルとアナログの融合を
大衆レベルに置いて具現化したのが、
ご存知!!小室哲哉率いるTM NETWORK








久しぶりに彼らの映像に触れてみた。
煌びやかな近未来ポップがアリーナに鳴り響く。


やっぱり彼らは“MASS”を相手にするのが相応しい。
そんなロック・バンドなんだと思いました。


世の中全てが閉塞感に覆われているからこそ、
いまの時代に最も相応しいスタイルなのかもしれません。


弩派手でビッグで煌びやか。
そんなバンドが見当たらないせいかな・・・







ネットを眺めていたら、


「働けるのに無職で逮捕」そんな記事を目にする。





働く意思も能力も有しているにも拘らず、
自らの積極的意思に拠り職に就かず、
住所不定でぶらぶらしている輩は
軽犯罪法違反になる。
実はそんな法律があるなんて、
初めて知りました。



仮にこの論旨に沿うならば、
ボヘミアンとしての生き方は犯罪だということになる。




そう。




何物にも束縛されず、何物にも囚われず、己の信念を貫けば、
それは犯罪なのだ。




何故か?



個としての自立した生き方を認めれば、
権力による統治が根底から崩れる。


それは秩序の崩壊を意味する。
















「おい、寅っ、おめえのことが新聞に載ってるぞ」


「おめえ・・・軽犯罪法違反だってよっ」


「えぇ~、おいちゃんよ、なんでおれが逮捕されなくちゃいけねえんだよっ」


「おめえ、職に就ける体力も能力もあんのに、てめえの意思で職にも就かないでぶらぶら遊んでるからだよっ」


「人聞きの悪いこといわねえでくれよっ。それが可愛い甥に向かって言う言葉かよっ!!」






ちなみに軽犯罪法の条文にこんな一項がある。




“生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの”




う・・・うぅ~ん、
なんだかややこしいぞ。
これは大学の教授でも解明できないだろう。(笑)




生計の途がないのなら、
まず政府が生計の途を確保して遣るべきでしょ?
それが犯罪の抑止に繋がる。(笑)


働く能力があるのにも拘わらず、
自らの積極的な意思の下、職に就かない。
これは一つの立派な生き方として評価すべき。
この不景気の世の中に於いて、
職に就かず一生遊んで暮らそうというわけですから。


こんな奴こそ、企業は採用すべきでしょう。
信念と覚悟がある。見上げたもんです。





でも・・・
こんな世の中を放置したまま
何一つ責任を取ろうとしない現政府こそ
A級戦犯です。
こんなとき、もしも角栄ならどうしたか。
企業にお金をばらまいてこう言い放つ。
「おまえらが受け皿になる覚悟と信念を示せ」と。
「責任はすべておれが引き受ける」と。
お金とはそのように遣うべき。
職が無いなら作ればいい。
職場が無いなら生み出せばいい。
それが基本です。










基本をおざなりにした政府に対し、
一体何を期待できるのか。
未来への希望とは、
私達が自らの意思でリスクを引き受ける覚悟を示すことにより、
初めて手にすることが出来る。
責任と覚悟を最初から放棄していたら、
せっかくの可能性をどぶに捨てるようなもの。








“僕の周りで今ワンオクを悪く言う人はほとんどいない。
オルタナ至上主義者やインディー原理主義者は別として、ほとんどのロック関係者はワンオクを褒める。
でも、少し前までは違った。随分と偏見や中傷に晒されてきたバンドだ。
でも、彼らはそれを受け入れたり反発したりして闘いながら、常に自分たちとファンと支持者を信じて前進し続けてきた。
今のワンオクを誰もが認めざるを得ないのは、その強い信念と不屈の闘争心を、その音から感じずにはおれないからだろう。
ONE OK ROCKは紛れもなく、今を代表するロック・バンドだ。”

ONE OK ROCKのZepp東京公演を観た
2012.09.25 21:35
山崎洋一郎の「激刊!編集長日記」







「梅ちゃん先生」もうすぐ終わるけど・・・
あの主題歌だけは最後まで感情移入できない!!
どうしてあんな陳腐でダサい歌詞なんだろう・・・
しかも歌ってるのが国民的人気アイドルSMAP
そりゃ予定調和になるわな。




生きている限り、
楽しいことなんて、きっと無い。
大抵の人間はそんなふうに考える。
世の中、辛いことや悲しいこと苦しいこと悔しいことの連続だ。
でも、そんな人生は・・・
きっと誰にも真似できない
スリルと興奮の連続





寅さん植木等の唄をもう1度噛み締めよう。


♪どぶに落ちても根のある奴はいつかは蓮の花と咲く


♪ぜにのないやつぁ俺んとこへこい。俺もないけど心配すんな















生き抜くための知恵と好奇心



いつもに。



(笑)






THE MAD CAPSULE MARKETS - CHAOS STEP

TM NETWORK / Get Wild(TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-)

Dragon Ash / ROCK BAND

ONE OK ROCK 「完全感覚Dreamer」 from 『THIS IS MY BUDOKAN ?! 2010.11.28』

ONE OK ROCK 「アンサイズニア」 from 『THIS IS MY BUDOKAN ?! 2010.11.28』

Tora-san is Eternity












2012.09.22    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   国民一人一人の成熟度が問われる世の中


小学生は算数の掛け算割り算が苦手。
そんな現状を憂う新聞記事を
最近目にする機会があった。


でも僕が小学生だった頃に較べれば
格段にレベルが上がっている。
そう思う。












「ある会場に小学生が集まりました。集まった小学生200人のうち80人が女子でした。女子の人数の割合は、集まった小学生の人数の何パーセントですか。」
そんな難しい問題おれだってわかんねえよっ!!(笑)





ある人がこう言う。
「小数を理解できないと、統計や図表を読み解くこともできず、社会生活にも影響を及ぼしかねない」
もし、その論理が正しければ、
おれは立派な社会生活不適応者だっ。
ばんざぁ~~~~い。










べつに小数「×」「÷」が理解できなくても
何の心配もいりません。
でも知らないよりは知っておいたほうがいい。
何故ですか?
思考の幅が拡がり、
論理的解釈が可能になるからです。
そのために人は勉強をするんですよ。





識者のえらそーな発言を鵜呑みにするなっ。
大切なのは、
その先を知りたいと思う好奇心と欲望だ。
それが、全てだ












さっきの算数の問題。つまりこういうこと。
小学生200人をパーセントに変換すると
1パーセントは200÷100=2
80人は、何パーセント?
80÷2=40
つまり80人は、40パーセント。






数式を覚えておけば、
様々な場面で応用が利く。
応用が利けば、それだけ生きていくことに興味が涌く
興味が涌けば人生も楽しくなる
それが算数を好きになる極意だ。(笑)




文字を手書きする機会
日常の中でどんどん減っている。
そんな記事を目にした。
手書きの素晴らしさとはなにか。
それは一文字一文字に
己の魂を込めることにより、
文字が生命体であるという事実を
確認できるということだ。














仮に我が国の総理
国民投票によって選べる日が来たとしたら
なにがどう変わるのか。
そうなれば国民ひとりひとりの成熟度
必然的に問われることになるでしょう。






果たして現在の民主党政権
魂は込められているのか。
そう問われたら、
野田総理はなんと答えるのだろう。











政策と云う生命体に己の魂を込められるか



それがいま問われている





Dragon Ash / Run to the Sun

Dragon Ash/Walk with Dreams

Dragon Ash feat. SATOSHI, KO-JI ZERO THREE / ROCK BAND 【PV】

Dragon Ash - FANTASISTA (LIVE @ GG11)

GG 06 Viva la revolution












2012.09.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   デモと暴動は決して同義ではない


デモと暴動
同義のように思えるけど、
根本的に異なる。
デモは、意識的な示威行動
集団に拠る異議申し立て


でも、暴動は単なる欲望の発散
つまり暇つぶし
僕はそう解釈する。













おまえら、結局退屈なんだろ。なんだろ。
政府の抑圧に屈して
不満の捌け口を求めてるだけなんだろ。
もうはっきり白状しろっ。
未来への希望など一欠けらも無いから、
反日に摩り替えてるだけなんだろ!!






日本人が魚を食べなくなったから、
わざわざ骨抜きの魚を店頭に並べる。
でも、そんなふうに煩雑な手間隙を避けているうちに
私達はどんどん去勢されていくという事実に
どうして気付かないんだろ。





未来を見据える行動力と信念があるならば、
己の欲望を満たすために他者を傷つけることが
どれだけ無意味なことであるか、
気付くはず。
僕らはそんなに馬鹿じゃない













日本人はデモに於いても、
決して公共の迷惑になるような行動は起こさない。
他人を無闇に傷つけたり危めたりはしない
そこには武士道の精神が息づいている。
嘗て私達に謙譲の美徳を教えた儒教の精神
いったいどこへ消えた?












ある人がこう言う。
「幸せになる近道は愛されることです」と。
理屈ではその通り。
でも、誰もが聖人君子である必要などないし、
誰もが聖人君子を目指す必要などまったくない。














外交の基本とは一体何だろう。
相手の話をきちんと聞いてあげる事。
聞いてあげれば相手は素直に心を開く。

でも、それだけじゃダメ

下手に出て
相手の気持ちをこちらに惹きつけたうえで、
言うべきことはきちんと言う



相手の面子を潰さずに、こちらの要求を通す。
結果的に相手から有利な条件を引き出す。


これらはそのまま儒教や武士道の精神に通じる。


嘗ての田中角栄の手法
まさにそれだった。




秋元のAKB戦略
も実に巧妙で強か。
こちらから下手に出て
相手の気持ちを惹きつける
総選挙じゃんけんもまさにその手法だ。
結果的に双方が幸福に満たされる








ありのままでいい。それでいい。




寅さんの映画に全てがある。



そう思います。













生まれてくるだけで・・・いい







それでいい。








Manic Street Preachers - Slash 'N' Burn

Oasis - Fuckin' in the Bushes (Familiar To Millions @ Wembley)

Oasis - Go Let it Out (Live at Wembley 2000)

『男はつらいよ』40周年記念プロモーション映像
















2012.09.15    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今こそ“真の悪人”待望論を振りかざすべき


憂国の安部!!


オタクの石破!!


お坊ちゃんの石原!!


え・・・


町村って誰?


林って?




う~ん。



ローラわかんないぃいい~!!
















エネルギーには利権が絡む。
領土には利権が絡む。
戦争には利権が絡む。
もしも利権というものが存在しなければ
元々争う意味が無い。
シンプルだっ。(笑)


でも世の中どういうわけか
シンプルに物事を考える奴は相手にされない
理由?そーいうやつは、
単なる御馬鹿だからです。





でも、こんなくだらない世の中で
全うに生きていこうと思えば
馬鹿になるしかない


そう。馬鹿になるには理由がある。
そして馬鹿になるには勇気がいる。
誰にも相手にされないからです。
そーいう奴は常に孤独だ














孤独を受け入れる覚悟の無い奴が
平気で政治家になる。
だからこの国はいつまでたっても
世界から馬鹿にされる



周囲の罵詈雑言を怖れない。
何物にも媚びない。
己の信念を貫く。
そんな奴だけが政治家になる権利を有する




こんなちっぽけな島国
他国と利権を争ってもたかが知れている。
地震と津波が押し寄せれば
あっという間に沈んでしまう。
そう。この国を滅ぼすのに核などいらない。
天変地異に勝るものは無いからだ。


仮に、この国の地盤を支えているのが
大相撲三役力士だとしよう。
下から国土を支えながら、
「どすこい!!」と四股を踏んだだけで、
この島国は大揺れだっ



そんな脆弱な環境に原発を作ること自体が
そもそも大博打
というか大馬鹿野朗







私達はあの震災を通じて
放射能がいとも簡単に拡散するという事実を
身を以って味わった。



そこから学んだことは、
生きている限りリスクからは逃れられないという
当たり前の法則だ。



だとすれば
答えは一つしかない事に気付くはず。
未来のリスクを怖れずに
知恵と勇気を振り絞るしかないということに。






残念ながら
未来を見据えた行動力と信念を兼ね備えた政治家は
この国に存在しない。
何故か?出る杭は常に打たれる
世論と云う名の欺瞞によって
消される運命を背負っているからだ。
田中角栄、鈴木宗男、小沢一郎・・・(笑)














いまこそ、



真の悪人待望論!!



私達は振りかざすべきだ。







OUTRAGE BEYOND!!(笑)









形あるものはいつの日か必ず終焉を迎えます。



それがこの世の中に於ける唯一の真実



終わりが無ければ



そこに希望も生まれません。










武藤昭平withウエノコウジ - ブエナ・ビスタ (MV)

武藤昭平 with ウエノコウジ - キリンの首 (PV)

SHERBETS「リディアとデイビッド」










2012.09.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックンロールの本質をお茶の間に叩きつけたミッシェル!!


近所のうなぎ屋さんの暖簾に、



「串打ち3年、裂き8年、焼きは一生」と。




それなのに田舎に行くと、



「鮨、鰻、天麩羅」という暖簾が下がっている。





いったいどこで何年修行したんだっ!!(笑)









何でもお手軽で便利になるのは良いこと。
いつでもどこでも欲しいものが手に入る。
それは素晴らしいこと。



でも、物を手に入れるということは、
なにかを失うということ。
なにかを失うのと引き換えになにかを手にする。
その基本だけは、
未来永劫不変(普遍)です。
煩雑な面倒くさい手続きを経ることで、
手にしたものに愛情が涌いてくる




本屋でもレコード屋(死語?)でも、
店員との言葉のやり取りがあるからこそ、
そこに人と人との繋がりを実感できるわけですよね。





ときにはそれで嫌な思いも味わうことがある。
あんな心無い店員とのやり取りなんて
二度と味わいたくない!!と、
思うこともある。


逆に、単なることばの遣り取りが
いつまでも心に残る素敵な思い出になることもある。



それって生きている証。
通販は、たしかに便利だけど、
それは人と人との繋がりをどんどん希薄にしてしまう。
そんな側面がある。


つまり互いの間に
会話が存在しないからですよね





初めて訪れた中古レコード屋のマスターと会話が弾み、
気付いたら・・・
一時間経過していたなんてこともある。
たった一言の会話がきっかけで、
二度とその店を訪れない事もある。



まっ、店って、
人が移ろうことで
常に変化し続けますからね




それがきっかけで潰れる店もあれば、
繁昌し続ける店もある。




それって、凄く大切なこと





よく、



自殺する人は勇気がある、



と、言います。




自分には



とてもそんな勇気はありません、と。






そうなんです。




生き延びるほうが余程辛いし厳しいんです



死ねばそれで終わりだもんね。



卑怯!!(笑)




それをまずしっかり叩き込むべき




そう思います。





原発の是非に関してもそう。



原発がゼロになれば、



生きていくうえでのリスクが



全て帳消しになるわけではない













僕は、なにがなんでも増税に反対しようとは思わない。
きちんと筋さえ通れば支持するだろう。
一番腹が立つのは、
リスクを負う覚悟など最初から持ち合わせない連中が
平気でこの国を動かしているからだ。

それに尽きる。



こうなると共産党
「消費税大増税法案を廃案にする署名運動」
本気で支持したくなる。
できっこないことをできるようにする。
それが政治の本分。





“生放送”“生演奏”“エンディング”
これらのリスクを負いながら
何事も無かったように
ロックンロールの本質をお茶の間に叩きつけたミッシェル!!



腐った政治家に見せてやろう。










生きるということは、




リスクを背負う覚悟を常に胸に秘めて生きていくということ。





それさえ忘れなければきっと大丈夫





・・・(笑)








THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜(前編)

T.M.G.E - HEY!HEY!HEY(バードメン~ハイ!チャイナ!~ロシアンハスキー)

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜(後編)







2012.09.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   夢を描いているその瞬間は、いつだって・・・


TBS「サンデーモーニング」のスポーツ・コーナーで
イチローの近況を知る。











あのイチローがベンチ要員となり、
たまに出番が廻ってくればピンチ・ヒッターか代走。
それでも、イチローは全く変わらない。
いつでも、与えられたポジションで
与えられた責務を果たす





嘗て組織の中で華々しいキャリアを築いてきた人間が
閑職に追い込まれたときの反応は、
おそらく二つ。
一つは、過去のキャリアを忘れられず、
組織の判断を恨み、
屈辱と溜息の日々を送る・・・




もう一つの反応とは・・・
組織が下した判断を肯定的に捉え、
与えられたポジションで最高の仕事をするために、
日々の切磋琢磨を怠らない・・・





イチローは、
己の築き上げた過去の記録や業績に対し、
全く無頓着だ。
いまを楽しむことが全て。
だから、どんな閑職に追い込まれても
腐ることは無い。
与えられた居場所で最大限に楽しもうと考える
彼はそういう人間だ。きっと。











どんなに年令やキャリアを経ても、
いつも新人のように
瑞々しい気持ちで仕事に取り組める人間は、
世界で一番幸福な人間だ。
何故か?
人生に飽きることがないからだ。
いつもドキドキワクワクしながら生きていけるから。













それでも、




やはり寂しさは隠せないだろう・・・







だからこそ、人は夢を描くのだ




夢は、



叶えてしまったら



それで、



終わりだ












でも夢を描いているその瞬間は、



いつだって、




まっさらな赤ん坊!!






人間って素晴らしい。(笑)






よしだたくろう ペニーレインでバーボン.wmv

人生を語らず♪

吉田拓郎 イメージの詩

吉田拓郎 戻ってきた恋人 (歌詞)









2012.09.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   誰もが上を向いて歩くことが可能だった素敵な時代!!


昭和の頃は・・・



今と較べると、格段にのんきな時代だった。



そう思う。




誰もが等しく平等に




貧乏だった。





それでも・・・



これ以上悪くなることはないから、



誰もが上を向いて歩くことが可能だった。



そんな素敵な時代を私達は経てきたのだった。














職場で居場所を無くした連中とか、
居場所を得られない連中がいたら、
必ず声を掛けてくれる人がいた。
そしてきちんと居場所を与えてくれた。
「梅ちゃん先生」に描かれている世界は
ついこの前の私達そのものなんだ。












芸能界から姿を消した芸人たち。
そんな不遇の人を表舞台に引っ張り出して
過去の波乱万丈を晒す番組が相変わらず多い。
それって結局、晒す事によって只の自己満足に陥るんだよね。
見てるほうはおもいっきりシラけるだけ
他人の生き方なんて結局何の参考にもならねえ。
何故ならその人の人生はその人だけのものだからだ。




「あの人は今」みたいな企画にホイホイ登場して
ギャラを受け取るような芸人は、
男であろうと、女であろうと、
魅力を感じません。
「そんな番組には死んでもでません」と言い切れる人にこそ、
僕は魅力を感じる。




矢沢永吉は言った。
「結局、矢沢というひとつの時代をおれは築いたよね」と。
人の話を鵜呑みにして人と同じ生き方を選ぶか。
人の話をしっかり噛み砕いて消化した上で
自分の信じた生き方を貫くか。
それはおまえ次第だと。











誰もがたった一度限りの人生ドラマの主人公
脚本も構想も演出も監督も主演も
全て自分自身
それってどんな名作映画も敵わない





離婚を経験しようが拒食症に陥ろうが、
それで家庭が破綻しようが、
更にそこから這い上がり見事再起しようが、
それを眺めて羨ましいとは思わない。
凄いとも思わない。
当たり前にみんな波乱万丈なんだから。





他人の人生経験は確かに参考になる。
だからといって
それをそっくりそのまま鵜呑みにしたら、
その時点で、
自分のこれまでの人生を全て否定することになってしまう。














だからこそ


自己満足に陥ることだけは避けようと


心に誓う今日この頃。









上を向いて歩こう  忌野清志郎

矢沢永吉 - 「若い広場」の語り(1980年)

矢沢永吉 YOU 限りなき夢との出会い 1.avi

矢沢永吉 黒く塗りつぶせ TOKYO DOME










2012.09.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   この国の悲しき現状・・・


最近やたら目に付くのが



安易な企画のテレビ番組。



特に顕著なのが、芸人とアスリートを競わせる企画




その犠牲となったのがタレントのスギちゃん












芸人は体を張って笑いを取る。
それが芸人としての矜持。

アスリートは己の肉体を駆使して限界に挑戦する。
それがアスリートとしての矜持。


にも拘わらず、
安易に笑いを取ろうとするテレビ局には
誇りも信念も感じられない








どうしてこの国は、
こんなに悲しい国に成り果てたのだろう・・・













読売新聞の記事に、とても印象的な記述があった。
そのテキストには
この国の悲しき現状が映し出されていた・・・




“ 「両手で水面に開けた穴に体を通し、しぶきを押える」「着水の衝撃を美に変える技こそが勝負を決する」。さて、何の競技か分かりますか_。
 ロンドン五輪の高飛び込みで、本誌カメラマンが着水の瞬間を、4000分の1秒の高速シャッターで捉えていた。高さ10㍍の台から飛び出した選手は、空中の演技で、「宙返り」「ひねり」「エビ型」などを組み合わせ、最後の入水姿勢で美の仕上げを行う。
 素人は台に立つだけで足がすくむし、水に落ちた瞬間は相当の痛みが走る。お笑いタレントのスギちゃんが、これに挑んでか、胸椎骨折の大けがをした。民放テレビ局の番組収録だったというが、「ワイルドじゃないぜぇ」と、笑いで返せる話でもない。
 五輪をきっかけに、この手の企画が目に付く。陸上界のスター選手も例外ではない。お笑い芸人との〝競演〟運動会が、さも真剣勝負のように放送される。選手はタレントと笑顔を交わし、番組の盛り上げに協力しているが、時折、表情に見えた、笑いきれていない陰は、悲しくもある。
 想像を超える苦痛や、恐怖心の克服。五輪選手が心血を注いできたフィールドは、世界の祭典が終わった瞬間、異質な空間に取って代わられる。そこには敬意や尊敬という取り巻く側の配慮はない。これが日本のスポーツ文化とは言わないが、一端ではある。 国籍を変えたマラソンランナーは今、どこを走っているだろう。あの女子ボクサー、鍛錬を重ねているだろうか_。4年後はあっという間です。”

読売新聞朝刊2012年(平成24年)9月4日(火)
解説面掲載記事。
「五輪後の異質な空間」 より。










あのさぁ、
社会参加活動と称して
舗道のゴミ拾いをしている集団に
出くわすことがあるけど、
その連中よりも、
道端にゴミを捨てない連中のほうが
遥かに尊敬できる。




“ビートたけしの名言 ‏@takeshimeigen
仮に、3日後か、1週間後に、あんた、死ぬよって宣告されても、世界中のうまいもの食ったり、世界一周旅行なんてことは絶対にしない。今までどおりにピアノのレッスンして、タップ踊って、ネタ考えてコテッていければいいのであって、その生活パターンを絶対に崩さないよね。”






意識的に生きるって、そういうこと。







ONE OK ROCK 「じぶんROCK」

Nothing's Carved In Stone 『Spirit Inspiration』

吉田拓郎 ペニーレインでバーボン











2012.09.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   一体、オリンピックってなんなのっ? はっきりしようぜっ!!


パラリンピックに関する報道は、
嘗ての矢沢永吉に関するメディアの姿勢
一致する。
つまり誰一人として本質に触れていない
どうして日本人は、
汗と涙の感動物語が好きなの?










障害者がスポーツに取り組んだ時、
必ずその生い立ちや(現在に至る)過程
クローズアップされる。
それはアスリートにとって不幸な結果を生みかねない。
見ている側のハードルがどんどん高くなるからだ。









両足義足のアスリートがトラックを駆け抜ける姿は、
とても美しかった。
純粋に鍛えぬいたアスリートの姿として、
観る者の目に映ったからだ。
有無を言わせぬ狂気と凄み
そう。それこそがアスリートの本質









嘗て矢沢永吉はこう言った。
自伝「成り上がり」は俺の一部分に過ぎない。
もっと俺の音楽の本質に触れてくれと。









パラリンピックのアスリートたちの気持ちも
それと一緒だろうと思う。




ロンドン・オリンピックの期間中、
あれだけ狂喜乱舞したメディアと国民









にも拘わらず、
パラリンピックが開幕した途端、
一斉に沈黙・・・






一体、オリンピックってなんなの?









吉田拓郎 ペニーレインでバーボン

ハイロウズ 日曜日よりの使者 LIVE

↑THE HIGH LOWS↓ - 月光陽光

キャロル 憎いあの子 LAST Live 1975

FACTRY(THE HIGH LOWS)1










2012.09.02    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   そう。人生なんてそんなもんっ!!


スギちゃん重傷 人気絶頂なのに…事務所は「仕事キャンセルせざるを得ない」
スポニチアネックス 9月1日(土)13時26分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120901-00000079-spnannex-ent



でも・・・
これで消えるようなら、
それだけの芸人だったという証明。

人生って、そんなもんだし。













若者の性交経験率が低下している
2012.09.01 09:49




http://ro69.jp/blog/shibuya/72477?rtw



バーチャルで性欲処理。
それで満たされてしまう現実。
学校さぼって
部屋に女の子を連れ込み、
一生懸命五感を総動員して夢中になる
それがセックスの原点




たとえば、
どうしても入らないとき、
あっ!!人は潤いがないと満たされないんだ
そんな社会の本質
体で学べるのがセックス。





一生懸命知恵を絞り
相手を喜ばすために奉仕する。
どうすれば人を喜ばすことが出来るか?
それを学べるのがセックス。

















そもそも介護とセックスは同義でしょ?


どちらも奉仕することで満たされる














やっぱ高校の授業に
セックスの実習を取り入れるべきだな。
キャバクラ嬢ソープ嬢を講師に迎えて。
それって、社会に対する適応能力を身につけるうえでも最適。












「いまから30分の制限時間を与えます。

隣の女の子を口説いてホテルに連れ込みましょう。

さぁ、あなたならどうする?」



とかねっ。






津波が押し寄せてくることがわかったら
とにかく逃げろ。
生き延びろ。




おまわりと目が合ったら、
とにかく逃げろ。
生き延びろっ。













職質されてからじゃ遅いっ




そう。人生なんてそんなもんっ





・・・(笑)






吉田拓郎 ペニーレインでバーボン

人生を語らず♪

シンシア~我が良き友よ with Hiroshi Kamayatsu & MC

吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ (つま恋2006)

吉田拓郎:今日までそして明日から kyo made soshite ashita kara (つま恋2006)



















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog