プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  あの夕日に叫べ!!「東電のばかやろぉお~」   沈みゆくロックンロールドリームをあなたは愛せますか?   テレビ本来の在り方とは?   吐き気がするほどロマンチック!!    根拠の無い闇雲な希望。それだけが真実!!   怒りや哀しみの果てにある景色・・・   未来はおれたちが選んだほうへ進む!!   オリンピックが終わって・・・   ロックの聖地Earls Court で、日本女子バレー伝説の勝利!!   選民社会の到来だ!!バカヤロ~(笑)   我が国の政府はスポーツから何一つ学んでいない!!   夢は叶えるものではなくて描くもの!!   時代に寄り添い時代を引き寄せ時代を制する!!

2012.08.31    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あの夕日に叫べ!!「東電のばかやろぉお~」


「ブラックジャックによろしく」の作者、映画化、ネット配信、書籍化、全ての2次利用を無償で許可
2012.08.30 09:08



http://ro69.jp/blog/shibuya/72385?rtw




芸術とは何か?



全ての芸術は大衆に共有されることで成立する。









それは大前提





電気料金、1日から値上げ=家庭向け、8.46%―東電
時事通信 8月31日(金)16時37分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120831-00000118-jij-bus_all



原発再稼動を踏み絵に、
電気料金値上げを断行する東電。


おまえらに熱い青春の血潮は流れていないのかっ!!



あの夕日に向かって叫べっ!!
「東電のばかやろぉ~」












スポーツや音楽。或いは文学や絵画。
つまり様々な表現形態が万人に共有される場合、
そこに差別は存在しない。
ところがそこに国家と云う概念が介在すると、
途端に人々は豹変する。




この星は、本来一つです。
それは厳然とした事実。
当たり前ですよね。(笑)
様々な生き物たちが寄り添いながら生きているのですから。
その本質から目を背けることは、
自分自身を否定することに繋がります。












私達はたまたま縁あって、
この星に生を受けた。
それぞれが、個として独立した存在。
そして、それらの存在を互いが認め合うことで、
この星の秩序が形成されてきた。




その秩序がいま、
崩壊の危機に晒されている。
いずれ、この星も寿命が尽きる日が遣ってくるはず。
それは必然。
形あるものはいつか必ず失われる。
出会いはいつか必ず終わりを迎える。










好きだという気持ちに理由はいらない、
と、ある方が言いました。
それはなぜかと云うと、
好きである理由が失われたとき、
互いの関係性が終わりを迎えるからですよね。
そして、その方はこうも言いました。
嫌いだという気持ちには、具体的な理由が必要であると。
なぜなら、その人のことが嫌いだという理由が消滅すれば、
その人を好きになれる可能性が生じるからです。











南海トラフ大地震が起これば、
32万人の死者が生じるという予測を立てることに、
一体どれほどの意味があるだろう。

人はいつか死ぬ。必ず死ぬ。
その事実からは絶対に逃げられない。

ならば、いまこの瞬間を慈しむことが
なによりも大切なことに思えてくる。




出来る限り、逢いたい人に逢おう。
出来る限り、観たいものを観よう。
出来る限り、聴きたいものを聴こう。
出来る限り、触れたいものに触れよう。
出来る限り、大好きな人を抱きしめよう。
出来る限り、自分自身と向き合おう。












もしもいつの日か・・・



この素敵な島国が、



まるごと!!



沈みゆく日が遣ってきたなら、



慌てず騒がず・・・



皆で楽しく、最後を慈しもう。





それが全てだ。(笑)





The Verve - Bitter Sweet Symphony

太陽がくれた季節 青い三角定規(ステレオ)

9mm Parabellum Bullet - Supernova

ONE OK ROCK 「The Beginning」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』 Music Video

David Bowie - Five Years - 1972














2012.08.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   沈みゆくロックンロールドリームをあなたは愛せますか?


新卒ニート3万人
2012.08.28 13:15




http://ro69.jp/blog/shibuya/72322?rtw



だったら、
なんで全国のニートに自治権を与えて
ニートのニートに拠るニートのためのコミュニティ
誰もつくろうとしねえんだ? 



踊れダメにんげぇ~ん










2012.08.27
ノエル・ギャラガー、もはやロック・スターは絶滅すると語る




http://ro69.jp/news/detail/72309?rtw











“「ロック・スターダムは今後誰もロック・スターといえるほど稼げなくなるから死に絶えることになるんだよ。みんな仕事に精を出すミュージシャンになり果てるんだね。もう信じられないよ。音楽業界はすっかり様変わりしちゃったからね。俺たちが契約して足を踏み入れた音楽業界なんてもはや存在していないからね」”


“「かつてはね、レコード会社のA&Rが才能を発掘しにライヴに通ったりデモを漁ったりして、新人はレコード会社に『チャンスをくれ』と訴えるようなものだったんだよ。でも、もうそういう仕組みじゃ動いてないんだよ」”





沈みゆくロックンロールドリームを、
あなたは愛せますか?
僕は愛し続けます。






2012.08.27
ポール・ウェラー、昨今の再結成ブームについて「正直言って食傷気味だ」と語る




http://ro69.jp/news/detail/72287?rtw









“「(再結成がこれほど多いのは)どうしてなのかはわからないけどね。なんでここまで流行ってるのかね。みんな自分の知ってることや楽ちんなことや安全なことにしがみついてるからなのかな? でもさ、俺が一緒に育って好んでたアーティストらはみんな自分のやれる能力を押し広げようとしてたっていう、そういう時代から俺はやってきてるんだけど、そういう気概が今はもうあんまり感じられないよね。どれも同じようなことやってるように思えて、すごく残念だよ」。”



景気が悪くなればなるほど、
安易な方向へと流れていく音楽業界。
それって、ロックに対する背信行為だろ?








別冊カドカワ 最新号。
矢沢永吉特集。



別冊カドカワ Premium 総力特集 矢沢永吉    62484‐48 (62484‐48)別冊カドカワ Premium 総力特集 矢沢永吉 62484‐48 (62484‐48)
(2012/08/01)
著訳編者表示なし

商品詳細を見る





ザ・コレクターズ加藤ひさし
BOWOW山本恭司が、
矢沢へのリスペクトを熱く!!語る。
必見です。







就職を諦めてしまう大学生に対して、
「卒業時まで頑張れば正規雇用に繋がる」とか
「正規雇用に向け努力したほうがいい」と云うよりも、
「自分に出きることを徹底的に追求しろ」と云うほうが
はるかに未来志向に繋がるような気がする。









互いが互いに対して尊厳を抱き、
互いが互いを支えあう関係性

それは依存や諦めとは根本的に違う
それを何故大人は教えてあげないのだろう?






筋肉少女帯 - 踊るダメ人間

Noel Gallagher's High Flying Birds - "Everybody's On The Run" (Official Video)

Paul Weller - Around The Lake

矢沢永吉/SOMEBODY'S NIGHT with Bank Band











2012.08.27    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   テレビ本来の在り方とは?


大卒3万3000人がニート=就職率改善も4%非正規―文科省
時事通信 8月27日(月)17時5分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000073-jij-soci



うすらばかの政治家ども
増税だ領土を護れと大騒ぎしている間に
我が国の地盤沈下が加速していく
この沈みゆく我が国をあなたは愛せますか?













高倉健、受刑者に「大切な人のところへ帰ってください」 映画『あなたへ』
[2012/08/27]




http://news.mynavi.jp/news/2012/08/27/074/index.html



ダンディでクール。
それなのにものすごく男気溢れる81歳。
そんな素敵な男になるために・・・
長生きしてみよう!!









史上最強のロックンロールドリームが具現化。



“ACE OF SPADES『WILD TRIBE』 2012年8月22日 in stores!!! この夏だけのビックコラボーション実現!Vo.TAKAHIRO (EXILE)、Guitar.HISASHI (GLAY)、Bass.TOKIE(unkie / LOSALIOS)、
Drums.MOTOKATSU MIYAGAMI(THE MAD CAPSULE MARKETS)からなるモンスターバンドがいよいよリリース!”





熱狂と興奮とスリル!!

そう。

それがロックンロール!!














フェイスブックを採用に使う企業、昨年の数十社から今年は1400社に
2012.08.27 17:43




http://ro69.jp/blog/shibuya/72292?rtw


渋谷陽一の冷静な視点に僕も賛同。

上っ面だけで判断する傾向
より強まるのか?









テレビを眺めていたら、
鳥人間コンテストをやっていた。



颯爽と飛び出した途端、
あっけなく墜落する姿は、
まるで、ドリフのコントみたいな幕切れ












当事者は、悔しさと落胆の涙に暮れる



これがテレビ本来の在り方





そう思った。









ガストロンジャー / エレファントカシマシ

ACE OF SPADES / WILD TRIBE (Short.ver)

The Blue Hearts - Train Train










2012.08.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   吐き気がするほどロマンチック!! 


いつの頃からか、エンターテイメントとしてのテレビは愛と涙と感動の巨大な見世物小屋に摩り替わってしまった。
そんな腐ったテレビ業界。
はっきりいって賞味期限切れ。


24時間テレビって、そこに出演している人たちが純粋な達成感と喜びを得るためのもんでしょ。
少なくとも、誰かを幸福に“してやろう”なんて思ったりしていないはずだよね。
それじゃ、偽善だもの。


“ビートたけしの名言 ‏@takeshimeigen
(24時間テレビ)そういや昔ランナーをやったダチョウ倶楽部だって「走ってなかった」って言ってたぜ。「ある程度まで走って、あとは車で移動した」って。まあダチョウのネタかもしれないけどな(笑い)”











“ビートたけしの名言 ‏@takeshimeigen
24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。 あんな偽善番組は大っ嫌いだ。誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。”



“ ビートたけしの名言 ‏@takeshimeigen
ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーっていうくらいならお前ら全員ノーギャラで出ろよ!(24時間テレビ への出演オファーに対し)”







「愛は地球を救う」。
よぉ~~~く噛み締めてみると、そこには人間の傲岸不遜が滲み出る。地球にしてみれば、「てめえの心配をしろっ」てことだろう・・・
救ってやるなんて口にすべきじゃない。


純粋な自己満足と達成感のために我々は走ってますと、どうして言わないっ!! それは誰のためでもないはず。
もっと正直になろうよっ。



吐き気がするほどロマンチックだぜっ!!











20代の頃、一生懸命黙々と与えられた責務を果たすことで対価を得られた。勿論、世間一般に較べれば遥かに薄給でした。けれど、そうして得た報酬を消費することできちんと社会に還元できた。
それが全うな生き方なんだと納得できた。




今はどうなんだろ?
全うに与えられた責務を果たしたとしても、そこに喜びはあるか?
達成感は得られるか?
働けば働いただけ搾取される。
気付けば、そこには未来への諦めしか残らない。
だとしたらとても悲しい。



矢沢永吉のインタビュー記事を読んだとき、彼はこう言っていた。
「手に職のある喜び。人は達成感とその達成感が齎す喜びのために働く」のだと。



私達が望むものは・・・



私達が望むものは・・・



私がこの世に生まれてきたことを




心の底から祝福できる




その瞬間なのだ。










その瞬間に出会いたくて、





生きるのだ。









masa-yume 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 - マサユメ(Short Ver.)

The Stalin - ロマンチスト

HAPPY END はっぴいえんど 岡林信康 私たちの望むものは










2012.08.23    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   根拠の無い闇雲な希望。それだけが真実!!


ツイッター
様々な価値観を共有できるメディアとしては
確かに意味がある。
でもそれによって世界がひとつになるというのは幻想
幻想であることを前提として繋がることに
一体どんな意味があるのか。












この世は様々な価値観が錯綜することで
成り立っている。
その事実を確認できるからです。
それは生きていくうえでの大前提ですよね。




そのためには想像力が必要。
相手は今、なにを考えているのか?
自分のことばは相手にどのように受け止められているのか?












相手の立場を思いやり尊重することで
自分の立ち位置を確認する。
「なるほど。相手の立場に立つと
自分の行為はこのように映るのか」と。












正直な話、
ネットは面倒臭いことだらけです。
多様な価値観にいちいち反応する自分が居ますから。
でもそれを避けていると、
自分自身がどんどん去勢され
偏狭な価値観の中でしか生きられなくなる。
それは人間としての危機です。





だから僕は、なるべく異なる価値観を受け入れた上で
納得できないことには
きちんと異議申し立てをしようと
心がけています。



それがネットに於ける
最低限のマナーであると考えています。



人の話に耳を傾けた上で、
「でも私はこう思います。あなたはどうなの?」
言える人でありたい。
それでもやはり疲れてしまい
偏狭になることを避けられない場面に多々遭遇します。




それでも僕は刺激を求めながら
日々を生きています。(笑)












原発が存続する限り、
核兵器への転用の可能性が
消滅することはない。






どんなに平和利用を謳っても
利権を巡る人間の欲望は
果てしない。






それならば、私達はどうすればいいの?





決まってるでしょ。





未来は僕たちが選んだほうへ



進むんだよ。













根拠の無い闇雲な希望




それだけが真実だ。








The carpenters :: Sing a Song

Carpenters - Road Ode

Carpenters - We've Only Just Begun [Excellent(-) quality] (Grammy Awards, 1970)

Carpenters (Quad Mix) Only Yesterday RARE HQ Sound

The.Carpenters.-.All.You.Get.From.Love.Is.a.Love.Song











2012.08.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   怒りや哀しみの果てにある景色・・・


怒りや哀しみの果てにあるもの。





それが、希望





いつの日か、





その果てにある景色を眺めにいこう。






そのために僕らは今日を生きる















“《いじめている君へ》春名風花さん
■君、想像したことある?

 ぼくは小学6年生です。タレントだけど、ふつうの女の子です。

 今から書く言葉は君には届かないかもしれない。だって、いじめてる子は、自分がいじめっ子だなんて思っていないから。

 いじめがばれた時、いじめっ子が口をそろえて「じぶんはいじめてない」って言うのは、大人が言う保身(ほしん)のためだけじゃなく、その子の正直な気持ちじゃないかなと思います。

 ただ遊んでいるだけなんだよね。自分より弱いおもちゃで。相手を人間だと思ってたら、いじめなんてできないよね。感情のおもむくままに、醜悪(しゅうあく)なゲームで遊んでいるんだもんね。


 ぼくもツイッターでよく死ねとか消えろとかブスとかウザいとか言われます。顔が見えないから体は傷つかないけど、匿名(とくめい)なぶん、言葉のナイフは鋭(するど)いです。

 ぼくだけでなく、時には家族を傷つけられることもある。涙が出ないくらい苦しくて、死にたくなる日もあります。

 けれどぼくは、ぼくがいくら泣こうが、本当に自殺しようが、その人たちが何も感じないことを知っている。いじめられた子が苦しんで、泣いて、死んでも、いじめた子は変わらず明日も笑ってご飯を食べる。いじめは、いじめた人には「どうでもいいこと」なんです。

 いじめを止めるのは、残念ながらいじめられた子の死ではありません。その子が死んでも、また他の子でいじめは続く。いじめは、いじめる子に想像力(そうぞうりょく)を持ってもらうことでしか止まらない。










 いじめゲームをしている君へ。

 あのね。キモい死ねと連日ネットで言われるぼくが生まれた日、パパとママはうれしくて、命にかえても守りたいと思って、ぼくがかわいくて、すごく泣いたらしいですよ。この子に出会うために生きてきたんだって思えるくらい幸せだったんだって。それは、ぼくが生意気(なまいき)になった今でも変わらないそうですよ。

 想像してください。君があざ笑った子がはじめて立った日、はじめて歩いた日、はじめて笑った日、うれしくて泣いたり笑ったりした人たちの姿を。君がキモいウザいと思った人を、世界中の誰(だれ)よりも、じぶんの命にかえても、愛している人たちのことを。

 そして、その人たちと同じように笑ったり泣いたりして君を育ててきた、君のお父さんやお母さんが、今の君を見てどう思うのか。

 それは、君のちっぽけな優越感(ゆうえつかん)と引き換(か)えに失ってもいいものなのか。いま一度、考えてみてください。(はるな・ふうか=タレント)”

朝日新聞デジタル社会記事2012年8月16日23時10分
http://www.asahi.com/national/update/0816/TKY201208160557.html?tr=pc












どんな人の話にも



真摯に耳を傾けた上で、



でも、



わたしはこう思います。




あなたはどうなの?と



いえる人は、




信用できる人





僕はそう思います。











悲しみの果て ≡ エレファントカシマシ

The Blue Hearts - Train Train

1001のバイオリン(1001 violins) THE BLUE HEARTS










2012.08.16    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   未来はおれたちが選んだほうへ進む!!


生きている限り、



価値観の相違は埋まらないし、



争いは絶えることは無い。



僕はそう考えています。



それは諦めとは少し違うと思うのです。















まず互いが互いの相違を認め合うことにより、
互いの存在意義を確認することが出来る。
自分自身を対象化出来なければ、
他人を理解することなど
到底不可能。
大嫌いは大好きの裏返しですものね。













戦争は何故起きるのか?
国家が存在するからそこに争いが起きる
オリンピックを眺めているとそれを実感します。




あの狂熱と狂騒は、
戦争が起きる構図と非常によく似ている。
国民の関心をひとつに集中させることで
マインドコントロールが容易になる。





目の前の目的達成に向けて心をひとつにする。
勝利に向けて邁進する。
飽くことの無い欲望。
どんな障壁にこも屈せずに挑戦する気概を持つ。
これらの要素は、
オリンピックに参加する
アスリート全てに求められる資質といって
いいかもしれない。





ところがこれらの要素は、
戦地に赴く兵士に求められる資質でもある。
つまり、国家権力の支配の下
国民の意思が間違った方向へ進むと
戦争になる。





こんなことを呟いていたら、
世が世ならば国家不敬罪で牢屋入りでしょうね。
「おまえは非国民だ」





この世から戦争を無くすことは
出来ないかもしれない。
でも、戦争をこの世から無くそうと
思うことには意味がある。



未来は、私達が選んだほうへと進む
















だからこそ、政府が間違った方向へと舵を切らないよう
厳しく監視しなければならない。
それが国民として与えられた最低限の義務





権力の犠牲になるために生まれてきたわけじゃない。
私達は互いの違いを認めあい、
互いの生き方を讃えあうために生まれてきた。


私達はひとりひとりが自立した存在










“悪いひとたちがやって来て みんなを殺した
理由なんて簡単さ そこに弱いひとたちがいたから
女たちは犯され 老人と子供は燃やされた
若者は奴隷に 歯向かうものは一人残らず 皮を剥がされた


悪いひとたちはその土地に家を建てて子供を産んだ
そして町ができ 鉄道が走り
悪いひとたちの子孫は増え続けた
山は削られ 川は死に ビルが建ちならび
求められたものは発明家と娼婦


すさんだ心をもったハニー ヨーロッパ調の家具をねだる
SEXに明け暮れて 麻薬もやりたい放題
つけが回ってくるぜ でもやめられる訳なんてないさ
そんなに長生きなんてしたくないんだってさ
それを聞いたインタビュアーがカッコイイって言いやがった



お願いだ 僕の両手にその鋼鉄の手錠を掛けてくれよ 縛り首でも別に構わない
さもなきゃおまえの大事な一人娘をさらっちまうぜ
残酷な事件は いつの日からかみんなの一番の退屈しのぎ
残酷性が強ければ強いほど 週刊誌は飛ぶように売れる
その金で買った高級車 夜の雪道でスリップした その時
ヘッドライトに映し出されたのが 黒い肌に包まれたチキンジョージ
今日もあの気持ちのまま一人で歩いてる 街に真っ白いMILKを買いに行く途中
それを見たバックシートの男は 12月生まれの山羊座で
第三次世界大戦のシナリオライターを目指してる
日傘をさして歩く彼の恋人は妊娠中で お腹の中の赤ちゃんはきっとかわいい女の子さ



ガイコツマークのオレの黒い車は低い音をたてて走る
すれちがうひとたちの骨が軋む(きしむ)音をかき消しながら走る
それを見ていたひとたちが 頭の中に思い浮かべるのは
ガードレールに激突したオレの黒い車のガイコツマークが炎に包まれている場面



BABY PeaceMarkを送るぜ この素晴らしい世界へ

きっとかわいい女の子だから きっとかわいい女の子だから

きっとかわいい女の子だから きっとかわいい女の子だから

きっとかわいい女の子だから・・・”


悪いひとたち (完全VERSION)
BLANKEY JET CITY
作詞 ●浅井健一
作曲 ●照井利幸





“貝ならば海の深い底の岩にヘバリついて何の心配もありません。
兵隊にとられることもない。戦争もない。
妻や子供を心配することもない。
どうしても生まれかわらなければならないのなら、私は貝に生まれるつもりです”

「私は貝になりたい」より。






“あの娘の肌に
俺の体をこすり合わせて
地球の地図をぬりかえるのさ 
境目はなくてどこへでもゆく
俺ん家は地球さ

未来はどれも同じじゃなくて
選んだほうに向かうんだから”

「愛でぬりつぶせ」THE BIRTHDAY より。






“境遇は選べなくても生き方は選べる。”

「置かれた場所で咲きなさい」 渡辺 和子 (著) より。







David Bowie - Five Years - 1972

The Birthday - なぜか今日は

涙がこぼれそう

BLANKEY JET CITY - 悪いひとたち 1994.1.16














2012.08.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   オリンピックが終わって・・・


オリンピック閉会式



クライマックスのアクトは、



ツェッペリン、ストーンズと並ぶ



英国ロックの重鎮THE WHOが登場。









伝統と威厳。



未来に向けた革新。



それを象徴するような佇まいとパフォーマンスだった。





ドラマーが



リンゴ・スターの息子ザックだったのも



象徴的!?






さて、



ここから後は、僕の雑感です。









悲しいかな、本来のオリンピックの意義は
とうの昔に忘れ去られている。
それが現実。


メディアの扱いを見ても、
最早メダルの数で優劣を競い合う
国威発揚のイベントであることが明白。





オリンピックって、メダルが全てなのか。それだけなのか。
金でなければ意味が無いのか。
だとしたら、悲しい。
互いが互いの存在を讃え、
互いに与えられた資質と能力を競い合う。
それがオリンピック。












勿論サポートは必要。
何故なら競技者はアマチュアだから。



見世物小屋の芸人たちは、
芸を披露することで生計を立てられる。
だから堂々と胸を張って私は芸人ですと言える。




でもアマチュアのアスリートたちは、
生計を立てるために
スポーツに打ち込んでいるわけじゃあない。




じゃ、なんのため?
それは、この世界に生まれ、
この世界で生きている一人の人間としての
尊厳を護る為。




見返りを期待せず、
大好きなことに熱中する。
それによって得られる達成感が全て。












勿論、金メダルを目指すことはとても大切。
何故なら、それ自体が個々人の
モチベーションや意識の底上げに繋がるのだから。
でも、それが全てじゃないはずですよね。




僕はオリンピックに限らずスポーツには無関心です。
元々、小さい頃からそうでした。
父親に連れられて、
国立競技場にアメフトを見に行ったこともある。
後楽園球場でプロ野球を観戦したこともある。



でも、観戦よりも
飲んだり食ったり出きることが嬉しかった。
ロックンロールのライヴのように
熱狂することは無かった。




自分で遣るスポーツも、徒歩と水泳だけ。
二つともマイペースが許されるし
基本的に孤独な形態だからです。
徒歩は、3時間でも7時間でも平気で歩いていられます。
つまり散歩ですね。(笑)
水泳はゆっくりとした平泳ぎで100メートルが限界。(笑)



今回だけに限らず、
オリンピックに関しては
ニュースや新聞で結果を知る程度の関心しかありません。
夜を徹して競技を観戦することもありませんでした。
テレビのニュースで放映されるダイジェスト映像や
ビデオ映像で確認する程度。




最初から最後まで通して見たのは、
女子マラソン女子バレーの3位決定戦ぐらいでした。




それでも、
素晴らしい試合や演技に出会えれば、
素晴らしいと思える。


つまらない試合を見れば、ああつまらないなと思う。
それだけです。





翌日の新聞記事で、
その裏側に潜む人間ドラマを知れば、
見方が変わることもある。


やっぱり、人間って素晴らしい生き物なんだ


素直にそう思える瞬間がある。















そんな素敵な瞬間に出会えるのが


オリンピック















ぼくはそれで充分






長々、主観を綴りすぎました。



感じ方、捉え方はひとそれぞれですものね。






大変失礼致しました。




お許しください。







The Who- Baba O'Riley1971 Official Video Video [HQ]

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

THE BEATLES ① 「Hey Jude」

The Verve - Bitter Sweet Symphony

The Who - Won't Get Fooled Again - Live 1978










2012.08.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックの聖地Earls Court で、日本女子バレー伝説の勝利!!


街を歩いていて、


交差点を亘ろうとする時、


お構い無しに突っ込んでくる左折車






日常の平穏が



日常の凶暴性に突き破られてしまう瞬間








怖い・・・












昨夜のバレーボール日韓戦を振り返る。





韓国の執拗な粘りと攻撃



日本チームが圧倒されていた。






そんな印象も深い。







それでも終わってみれば3セットストレート勝ち







これがチーム力なんだと実感しました。










元々レベル的には拮抗していると思うんですよね。



でも、肉体的なパワーを比較すると、
日本は到底叶わない。



だからこそ、
チームとしての結束力と粘り
勝敗を分けたのでしょうね。





相手の攻撃に対して、
とにかく粘り強く拾い続け、防御する。
そして果敢に攻め込む。


至ってシンプルなんですけど、
それぞれが与えられた役割を全うしないと、
チームとしての結束は成り立たない。








一人だけ突出したプレイヤーがいたとしても
勝利には結びつかない。
それは韓国チームを見るとわかります。





身体能力の高さは
圧倒的に有利な材料に成り得る。


けれど、それが全てじゃない。






サーブし、レシーブし、ブロックし、トスする。


そして、
最終的に相手の隙を突いて
打ち込む。



それを可能にするのがチーム力














そんな当たり前の論理を
改めて気付かせてくれた日本チーム





久しぶりに燃えました








レッド・ツェッペリン



伝説のライヴを行った聖地アールズコート



日本が伝説の勝利!!









おめでとうございます。







アマチュア・スポーツには



具体的な見返りが何一つないとしても、




そこには自身の達成感と、




その達成感を




見知らぬ他者と共有できる瞬間がある。









それは




普通のサラリーマンやOLの人たちが




一生掛けても手に入れることが




叶わない瞬間










見返りを真剣に求めてしまった瞬間から、





それは泡のように消えてしまう














そんなとても脆くて儚い一瞬のために




全身全霊を掛けることを




彼女たちは




厭わないのかもしれない。








全ての人達に理解して貰う事は




到底叶わないからこそ、




その一瞬





人生の素晴らしさを見出せるのかもしれない。











日韓双方とも





素敵なプレーをありがとう
























素晴らしい試合でした。










BLANKEY JET CITY - 悪いひとたち 1994.1.16

Rolling Stones - Rocks Off (1972)

Blankey Jet City 青い花

Led Zeppelin - In My Time Of Dying - Live 1975

Led Zeppelin - Stairway To Heaven - Earls Court - 1975 - HQ











2012.08.10    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   選民社会の到来だ!!バカヤロ~(笑)


消費増税法が成立=14年4月8%、15年10月10%―衆院解散時期が焦点に
時事通信 8月10日(金)17時50分配信





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00000106-jij-pol







冷静に考えてみても、
消費税を10パーセントにしたところで
ますます経済はどん底に喘ぐのは自明の理。
そんなことよりも、
国民一人ひとりが誇りと信念を持てる暮らしの実現
それこそが急務の筈。






政権公約にない消費増税、おわびしたい…首相
読売新聞 8月10日(金)18時55分配信





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00001097-yom-pol





誇りと信念があるのなら、



絶対!!に詫びるべきではない



それが政治家としての矜持









車を持てば金掛かる




家を持てば金掛かる




子供を生めば金掛かる




死んでしまえば金掛かる











真面目に生きれば搾取される




生きているだけで悲しい世の中!!




なんか腐ってない?














国民に信を問う


この言葉がこれだけ黴臭い言葉になった真の原因は、
政治家であることへの誇りも信念も失った
屍どもの戯言
私達が放置してきたから。













若い頃は周囲に対して突っ張ることも必要。
自分を無理に曲げてまで周囲の意向を汲む必要など無い。
自分の信念を貫け。
僕は今でもその価値観を容認します。
何故なら、自分自身が天邪鬼だから。(笑)





でも、妥協は融和のための緩衝材
それによってコミュニケーションが円滑に進み、
組織全体が活性化する。






ロッキング・オン・ジャパン最新号
Perfumeのインタビュー記事が掲載されているのですが、
そこにとても印象的なことばがありました。



“他人とやってるわけだから、全部うまく行くわけない。
だから、そこはこっちからも歩み寄っていかなきゃいけない”





家庭でも学校でも職場でも同じですよね。





日常の中で


妥協する局面は多々訪れます。



別にそれでも構わない。


なにも人生を左右するわけでは無いから




それによって
互いのコミュニケーションが
円滑に進むのであれば、
寧ろ人生の良薬なり。











譲れない部分は譲る必要はないけど、
譲っても何ら支障の無い部分では
寧ろ積極的に妥協する。



それが世の中なのかなと最近は思っています。






一応立ち止まって


目の前の状況を対象化しないと


前へ進めない。






つくづく素直じゃないですよね。(笑)








BLANKEY JET CITY - 悪いひとたち 1994.1.16

AJICO 美しいこと

ガストロンジャー / エレファントカシマシ

ファイティングマン ≡ エレファントカシマシ








2012.08.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   我が国の政府はスポーツから何一つ学んでいない!!


日本のサッカーは、
最早世界レベルのスタンダードと化しつつある。
世界中のメディアが絶賛。
そんな論評が朝刊に載っていた。




“メダル獲得まで、あと一歩に迫ったサッカー男子の日本。五輪代表は23歳以下の選手が主体で、優勝候補のスペインを破った初戦から始まった快進撃は、日本のプレーの質の高さを証明するものとして世界に受け止められている。
「本当に良いチームで、労を惜しまない勤勉さは見事だ。彼らはこの大会の評価基準であり、我々が追いつかなければならないスタンダードだ」。英国代表の中心選手のクレイグ・ベラミー(33)は、国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトで最大級の賛辞を贈った。
約7万人が詰めかけた4日の準々決勝でも、地理的に欧州に近いエジプトが相手だったにもかかわらず、「サッカーの母国」の人々の反応は、日本に好意的だった。
日本の躍進について、専門家は「驚き」とはみていない。FIFAなど世界中の関係者に人脈を持つ、日本サッカー協会前技術委員長の小野剛さん(49)の元には、「震災の時以来」というほど多くのメールが届いたといい、「この結果は偶然ではなく必然」との指摘が目立つという。
小野さんによると、反則が少なく、パス回しを主体とする日本チームが観客の人気を得ていくのは、「近年の若年層を含めた国際大会では恒例の話」と、FIFAには受け止められているという。
「面白いサッカーをするイメージ、選手育成への取り組みも知られているからで、一番うれしい評価」と語った。”

読売新聞朝刊2012年(平成24年)8月7日(火)
トップ面記事より抜粋。













日本のサッカーは、パワーで捻じ伏せるタイプではなく、
地味で粘り強いパスワークのサッカー。
だから僕のようなトーシローには、
一見つまらない試合に映ってしまう。




パスワークが何故大切なのか。
それは執拗に相手チームを撹乱し、
組織力を乱す効果があるからだろう。
粘り強く相手の隙を伺い、
ここ一番のチャンスに繋げるサッカー。
それは私達日本人が最も得意とするスタイルだ。












どんな局面に於いても、
大切なことは自分らしさを貫くことだ。
それが思わぬ好機を呼び込む原動力になる。
なでしこの試合がそれを私達に教えてくれた。













子供たちがサッカーに興味を持つことは
とてもいいことに思えてくる。
社会で生き抜いていくために必要な様々な要素が
全て濃縮されているからだ。


我が国の政府は、
個人攻撃は上手いけど、綿密なパスワークは苦手。
つまり組織としての成熟度ゼロ


あなたたち、スポーツから何一つ学んでいないよねっ!!














組織とは何か。


社会とは何か。


サッカーと云う競技は、


それを学ぶ最適の教材だ。







The Roosters ... 『ピリオドを超えたロックバンド』

Dragon Ash - FANTASISTA (LIVE @ GG11)

RIZE Why I'm me PV

SHERBETS / 38 SPECIAL









2012.08.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   夢は叶えるものではなくて描くもの!!


日本勢は入賞逃す、木崎16位が最高 優勝はゲラナ/マラソン
(サンケイスポーツ)2012/8/5 21:26




http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120805-00000540-sanspo


女子マラソン眺めながら思いました。
あぁ、これって人生模様そのものだよなっ。
最後までペースを崩さずに駆け抜けていく奴。
途中で脱落したまま最後まで抜け出せない奴。
それでも淡々と走り続ける奴。
それって人生そのものだ










「諦めなければ夢は叶う」ということばがある。
僕は、「夢は描くもの」だと思う。
なんだか、そのほうが、
夢の本質により近づけるような
気がする。




夢を描くことはとても楽しい。
楽しいから夢中になれる。
夢中になるから知恵や想像力が
どんどん研ぎ澄まされていく。
その先への好奇心が高まる。








<訃報>浜田幸一さん83歳=元衆院議員
毎日新聞 8月5日(日)19時36分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120805-00000026-mai-soci



毀誉褒貶の激しい政治家でしたが、
もっとも政治家らしい政治家でもありました。
僕はそう思います。
謹んでご冥福をお祈りします。














“増田勇一 ‏@youmasuda
「好き」の理由は「好きだから」でいい。具体的な理由の伴う「好き」は、その部分が失われたときに成立しなくなってしまう。逆に「嫌い」の理由は具体的なほうがいい。だってそこが解決すれば、嫌いじゃなくなるかもしれないんだから。”



好きですと言われたら、無条件で、ただ嬉しい。
その嬉しい気持ちのままで明日を迎えたいと思う。
嫌いですと言われたら、そうなのかなと思う。
でも、具体的にきちんと理由を述べてくれたら、
たぶんすっきりした気持ちで
明日も生きていけるだろう。










何故、人は互いに憎しみあうのですか?
何故、人は争うことを止められないのですか?
何故、人は平気で人を殺せるのですか?
その理由をひとつひとつ噛み締めて対象化できたとき、
人は初めて最初のスタート地点に
起つことが出来る。








ONE OK ROCK 「完全感覚Dreamer」 from 『THIS IS MY BUDOKAN ?!

RCサクセション 打破

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]












2012.08.04    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   時代に寄り添い時代を引き寄せ時代を制する!!


音楽と人最新号
表紙巻頭浅井健一
ベンジーは、やっぱりベンジーのまんまやった。
もう・・・無茶苦茶痛快!!(笑)



音楽と人 2012年 09月号 [雑誌]音楽と人 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/04)
不明

商品詳細を見る




http://youtu.be/1g1EM163S9E




ネットに垂れ流されてるバーチャルな情報を鵜呑みしてると、
ホントのバーチャンになるでっ!!
もっと自分の頭と体で必死に模索して考えろっ。
そんなベンジーに無茶苦茶共感できる!!
そんな一日。






いつものように、
音楽ライター増田勇一のツイートを眺めていたら、
こんなツイートが。




“増田勇一 ‏@youmasuda
水樹奈々コンサートが「オタ芸」で荒らされる 規制の対象「DD」とは何者だ?(J-CASTニュース) - Y!ニュース ”




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-00000004-jct-ent




“増田勇一 ‏@youmasuda
「DD」とかいうやつの件に関する目立った反応ふたつ。【1】モッシュとかダイヴみたいなもんだろ?【2】要するに“咲き”みたいなもんだろ? そして俺は、「DD」っていうからDuran Duranのことかと思ったよ。というのは嘘。”




DDラモーン???(笑)









“増田勇一 ‏@youmasuda
ライヴはいろんな楽しみ方があっていい。だけど音楽そのものや演者と向き合うことじゃなく、「そこで何かをすること」が第一の目的になってしまってるのは好きじゃないな。「音楽によって何かが引き起こされる」というのは素敵だけどね。”




その一夜は、
その一夜限りの素敵な革命!!












“増田勇一 ‏@youmasuda
「完璧な演奏を聴きたいだけなら家でCD聴いてろ」と言う人がいるよね。それと同じように、「暴れたいだけなら、そういう動きをしたいだけなら、どこか余所でやってくれ」と思っている人たちもたくさんいる。”




そうだね。
この世界には様々な奴らがいて、
様々な楽しみ方を模索しているんだという事実を
肌身で理解できる貴重な場所。
それがライヴと云う名の空間なのかもしれない。





“増田勇一 ‏@youmasuda
あとねえ、「海外のファンみたいな反応=本格的」という考え方も、ちょっと違うと思う。過去、多くの来日アーティストが「日本の観衆は礼儀正しいうえに熱狂的」と言ってきたのは社交辞令でもなんでもないはず。”




世界中、
どこへ行っても、
そこに人の営みがあり、
酒とダンスと音楽があれば、
世界はいつだってハッピー












“増田勇一 ‏@youmasuda
「ライヴのあり方」みたいな件についてのRTが一気にどーん、と。みんなやっぱり、いろいろ思うところがあるみたいだねえ。おじさんが初めてKISSの来日公演を観たときなんか、みんな原則として着席したまま手拍子+合唱だったんだよ。それでもすげえ熱かったけどね。”





80年代のヘヴィ・メタル・ブームの頃は、
ステージが暗転して
BGMのヴォリュームが一際大きくなった
その瞬間から、全員総立ち。
でも、コンサート本編では、
皆が思い思いの楽しみ方でライヴを満喫していた。
誰にも咎められないし咎める奴はいない。
それがライヴ。





“増田勇一 ‏@youmasuda
【ライヴの件、つづき】ただ、最後に言っておきたいのは、かならずしも「多数派=正当」というわけではなく、多数派が少数派の振る舞いを邪道視したり無条件に迷惑がったりするのはおかしいということ。どちらがどちらに合わせる必要もない。【もうちょっと、つづく】”




そう。
楽しみ方は
そこに集まった数だけある。
だからライヴは
いつだってスペシャル!!








“増田勇一 ‏@youmasuda
【ライヴの件、つづき】だけどやっぱり、同じ音楽が好きでそこにいるはずなんだから、誰もがお互いを思いやれるようにならないと。少なくとも、自分の希望通りの楽しみ方ができなかったときに「同じ金を払ってるのに不公平だ」と考えるのだけは止めたいところだよね。以上。【完】”





それでも、初めて行ったバンドのライヴで
おもいっきり幸福感に満たされ、
最後のアンコールが終わって自分の隣や前や後ろを見渡し、
自分と同じ笑顔で一杯の光景を眺めた時、
「これは現実なんだろか」と思うあの瞬間だけは
永遠に不変。




音楽ライター増田勇一さんの一連のツイートを読み、
返信しているうちにふと気付いた。
現在巷で巻き起こっているデモって、
そのままロックロールの価値観と同義なのではないかと
ロックンロール馬鹿っ。(笑)












ロッキング・オン・ジャパン最新号に掲載されている
Perfumeインタビュー記事。
素敵なエピソード満載。
ア~ちゃんが、雨の日にデパートへ行った時、
傘を入れるビニールが散乱しているのを見て、
ひとりで全部片付けてしまったエピソードとか・・・











柔道王国の落日
そう新聞では報道されていた。
柔よく剛を制す
その根源にもう1度立ち返ってみよう。
時代に寄り添い、時代を引き寄せ、時代を制す



それは音楽界も柔道界も一緒





SHERBETS 38 special PV

The Ramones - Blitzkrieg Bop (Live)

Dragon Ash - FANTASISTA (LIVE @ GG11)

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

涙がこぼれそう

吉井和哉 - LOVE & PEACE (Full Ver.)

Perfume パフューム - Spring of Life [full videoclip] スプリングオブライフ

















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog