プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017

2012.07.31    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   自分自身が楽しく生きれば世界はハッピー!!


今朝の朝刊で、
ロンドンオリンピックに於ける柔道審判員の旗判定
覆ったことを報じていたのだけど、
そこで初めて知った事実がある。
ビデオ席の審判委員の呼称がジュリーであること。













ジ、ジュリィイイイイイイイイイイイ~!!




“瀬戸内寂聴bot ‏@jyakucho_bot
時代と共に世間の風俗、風習は変化し、それにつれて、人々の思想も道徳も法律も変わっていきます。革新して良くなる場合もあれば、改悪して後退する時もあるのです。”




メディアはどうして
樹木希林さんに訊かなかったんだろう。
「今回の柔道の判定が覆ったことをどう思いますか?」って。




「そ、そんなのきまってんでしょ。

勝手にしやがれよ!!。

ジ、ジュリィイイイイイイイイイイイ~」















読売新聞掲載のコラム「編集手帳」

いつもは世論に迎合したお粗末な論調


でも、この日は違った。


なんと「小沢一郎プログレ論」だっ。


かなり面白かった。


興味ある方は是非っ。(笑)



“1970年代、プログレッシブ・ロックが一世を風靡した。キング・クリムゾン、イエス、ピンク・フロイド・・・。知的で深遠な主題と、壮大かつ複雑な曲構成でロックの地平を広げた◆80年代以降、プログレは衰退する。巨大な図体を支え切れず、絶滅した恐竜との類似から「恐竜ロック」と呼ぶ米国人もいた。今なお健在のプログレバンドによる昔の人気曲主体のコンサートを観ると、感動と同時に、音楽家の才能の限界と時間の非情さも感じる◆衆院初当選が69年だから、「国民の生活が第一」の小沢代表はプログレ以上の寿命を誇る。4回も新党を作り、土俵を広げることで政治生命の危機を乗り越えてきた強靭さは、恐竜には真似できない才覚だろう◆側近議員は次々と離れていくのに、長年の固定的な小沢支持者に加え、若い新規ファンを開拓してきた点はプログレバンドも学ぶべきかも知れない◆物足りないのは、政策だ。「反消費増税」は大衆迎合色が強く、外交・安全保障の「国連至上主義」は湾岸戦争時で時計の針が止まっているかのようだ。流行歌ではなく、もっと知的で壮大な曲が聴きたい。”

読売新聞朝刊2012年(平成24年)7月30日(月)
「編集手帳」











そうかっ。
小沢一郎プログレな政治家だったんだ。
作っては壊し、作っては壊し・・・
しかも、もっともらしい理念を掲げてみせるけど、
大衆にすぐ飽きられる。
これぞプログレの奥義っ!!(笑)



小沢一郎は大衆にすぐ飽きられるけど、
じぶんもすぐに飽きてしまう。
そのくせ金集めと根回しだけは上手いっ
あぁ・・・それもまさにプログレ!!(笑)










でもいざ周囲を見回してみると、
小沢一郎を超える政治家は未だに一人も現れない
だからこそ、プログレ・ファンは決して消滅しない。
プログレも生き続ける。(笑)




ロッキング・オン・ジャパン最新号掲載の
コラム「激刊!山崎」
3・11以降の世間の風潮に中指突き立てる!!
かなり興味深い内容。
是非!!(笑)



最近やたら顕著な風潮。
それは、「こんな世の中にしてしまったのは
私達ひとりひとりの責任である」
という論旨。


僕も3・11以降、
常に使っているフレーズだ。
それは認めます。(笑)
こんな世の中にしたのは私達大人である。
だから私達が責任を負うべきだと。




“ちょっと待ってくれ。一人一人にそんな責任なんかない。その人が他人に迷惑をかけたり法を犯してもいないのに責任なんか感じる必要は1ミリグラムもない。必死で生きているのに、これ以上責任を感じて恥じ入り反省している暇なんかない。マクドナルドでハンバーガーを食べることがグローバリゼーションによる犠牲を加速させる? だからマックを食っている親子連れの客に何か責任を感じろというのか。脱原発と言うなら電気を使って音楽をや演ったり聴いたりしてきたことを反省しろというのか。そんな責任と罪悪感は全く感じる必要などないし、反省する必要などない。僕たちは、法を守り、人に迷惑を掛けない限り、何を言ってもいいし、何をやってもいいし、どんなふうに生きたってかまわない。大変な毎日を必死で生きて、好きな人や好きなことを愛することができていれば、それだけでその人は素晴らしい。それが大前提ではないのか?
たかが音楽、だから音楽は大事。そう思えるのは、音楽がその大前提から絶対に離れないからだ。「反省の音楽」「責任の音楽」「恥じ入る音楽」、そんなものは存在しない”

ロッキング・オン・ジャパン2012年9月号
激刊!山崎 より抜粋。











苛めの蔓延も大人たちの責任。
それは正しいし、正しくない。
なぜかというと、私達が個として自立できていない証だから。



自分は正しいという誇りと信念があり、
その信念を貫き、日々を生きている人たちは、
他者の過ちの責任を負う義務は無い。
自分自身が何ら疚しいことをしていないのならば
堂々と胸を張って表通りを闊歩すればいい。











音楽は自由だ
誰の指図も受けないし、
誰かのために鳴らす義務も負わない。
自分自身が楽しく生きる。
それが全てだ。
それが蔓延すれば世界はハッピーだ。
それだけのことだ。











山崎洋一郎が言うように
「たかが音楽。されど音楽」なのだ。
それでいいのだっ。(笑)






沢田研二 勝手にしやがれ

對澤田研二愛的呼喚 (ジュリーに愛を叫ぶ!!!) 沢田研二 Julieeeeeeeeeeeeee

21st Century Schizoid Man - King Crimson [HQ Sound]

Pink Floyd - Money (Official Music Video)

宇宙まお - ロックの神様

The Birthday - なぜか今日は

涙がこぼれそう












2012.07.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   SEKAI NO OWARIとロンドンオリンピック開幕に思いを馳せる


ロンドンオリンピック


ついに開幕しましたね。




開会式の中継放送。
途中から・・・というよりも、
入場行進の後半から見ていたのですが、
やはり圧倒されました。










一つのメッセージを皆で共有しようという意識の深さ。
これが歴史の重みなのかなぁと思いました。
人種対立、階級闘争、宗教観・・・
様々な火種を抱えていても、
それらを全て忘れさせてしまうマジック
たしかにオリンピックにはありますね。
だからこそ、石原都知事
東京開催に執着するのかな。




坂本龍一の「たかが電気」発言
自分の中で深く噛み締めてみる。
そこから導き出された結論。
私達は過去に戻ることは出来ない
不自由の中でどう折り合って生きていくのか?
たかが電気。されど電気なのだから。



坂本さんのような富裕層の方から
「たかが電気」とか言われてしまうと、
「そうですね。貴方方は増税も値上げも、
痛くも痒くもないでしょうね」
としか
言えなくなってしまう自分がいる。
卑屈だねぇ~。(笑)



やはり、団塊の世代は強い
いざと云うとき、
生活のレベルを大幅に下げることに対して
何の迷いもないし怖れもない。
貧乏を楽しめるかどうか?
それに尽きるのだから。(笑)






もしも我が国でオリンピックを開催するのならば、
僕自身は、東京よりも、
寧ろ東北、北海道で開催すべきではと
思ったりしました。



民族融和原点回帰未来への希望
それらを象徴するのがオリンピックの概念だと思いますから。
勿論、そんな概念が幻想であることは百も承知の上で。
政治の祭典であることは百も承知の上で。
経済行為であることは百も承知の上で。









SEKAI NO OWARI
圧倒的な肯定感と祝祭感に満ちたポップの王道
そんな希望の音が鳴り響く!!





“「うん。でも劣等感は未だにありますよ。やっぱりエリートミュージシャンとかっていらっしゃるので。高校生の時から人気があったとか。俺は音楽始めようと思ったのが二十歳とかだから『遅い』ってすごい言われたんですよ。才能のある人は二十歳以前に開花してるからっていろんな人に言われたけど、『もうしょうがないでしょ。俺これしかないんだから』って思ってたんです。だから、まずデビューする前とか、他のミュージシャンと対バンした時とかに、俺、絶対負けないと思ってたのは、覚悟が違うんだと思って。俺にはこれしかないけど、君たちは大学行って就職とかもできるでしょ? 俺できないもんっていう。俺はライヴハウスまで作っちゃってるんで(笑)。しかも契約者なので、みんながいなくなっちゃったら俺はそのライヴハウスのお金を払うだけみたいな生活になっちゃう。その覚悟だったら誰にも負けないと思ってたし」”

“「ちょっとぐらい隠しとけよって思うぐらい(笑)。でも俺にとって、今はひとつの節目なのかなあと最近思ってて。ここから俺はどうする?っていう感じ。そのまま上まで行けるのか、それともここがゴールになっちゃうのかっていう。ほんと俺次第だし、でも上に行きたい気持ちがすごく強いから。すごく苦しくてずっと劣等生だった俺は、リベンジみたいな気持ちで、復讐みたいな気持ちでここまで突っ走ってきたけど、こっからは俺についてきてくれたリスナー、メンバー、スタッフをどこまで楽しませていくかということですよね。でも結局、最後に考えるのはテメエ自身だと思ってるので、それをどれだけポジティヴに変換できて、楽しく充実した生活できるのかっていう。だからこれからはリベンジャーというよりは、ちゃんと刺激のあるエンターテイナーになれたらなと思いますね」

ロッキング・オン・ジャパン2012年8月号
SEKAI NO OWARI
深瀬慧、2万字インタビュー記事より抜粋。





そうやって、負の部分を隠さずに
現在と未来を肯定する概念が、
果たして現在の我が国には存在するのか?
そう自分に問いかけてみたりします。






入場行進の後で演奏していた若手ロック・バンド。
あれって・・・素人かと思ったらぜんぜん違った。
世界的に有名な英国のロック・バンド
アークティック・モンキーズなのでした。


オアシスなら、すぐ!!気付いたのに。
奴らは解散してるけどっ。(笑)





でも・・・やはりポールの歌う
「ヘイ・ジュード」の普遍性は素晴らしいですね。
「心配するな」「大丈夫だ」という
未来を肯定する価値観こそ、
私達が何よりも共有すべきメッセージなんだ。
そう思いました。



















ポールが歌った瞬間、


世界はまるでなにごともなかったように


すべてがひとつになった。




幻想だとわかっていても


至福の瞬間だった。






〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』 Music Video

THE BEATLES ① 「Hey Jude」








2012.07.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   この不確かで儚い世界!!


なでしこジャパン


まず、緒戦突破しましたね。



余裕かましてるように見えて、


実は一生懸命考えてる。



そんな人になりたいっ。





とりあえずおめでとうございます。












“増田勇一 ‏@youmasuda
あちこちでいろんな人が「いじめられた体験談」を披露しているけど、今、誰もが理解できずに困っているのは「いじめる側の感覚」なんだよね? そっち側の体験談を語ってくれる人が、もっといてもいいように思う。”






苛める側も苛められる側も、
この不確かで儚い世界に救いを求めている。
僕もそうだから。





じぶんとそっくりの奴に腹が立つし、
じぶんとちがう奴に腹が立つ。
そんな自分をどうコントロールすればいいのかわからないし、
だれも教えてくれない。
根源はそこなのかな・・・

ベッドルームの妄想。(笑)






東電と野田政権はどうして国民を苛めるのでしょうね?
じぶんとそっくりなおまえに腹が立つし、
じぶんとまったく異なるおまえに腹が立つ。
そんな自分をコントロールできないから?
そろそろ、大人になれよっ!!(笑)





リラックスタイムにぴったり♪ メンズ【Men's WISH】当店オリジナル☆ メローフリルのミニスリップ風キャミソール☆ ~M・L・LLサイズあり~



http://item.rakuten.co.jp/wishroom/92320/?scid=af_ich_twitter01




東電幹部と野田政権幹部が


まず


率先して身につけろっ。






最強のクールビズ!!



だろっ?





・・・(笑)





先月のロッキング・オン・ジャパン
SEKAI NO OWARI深瀬
2万字インタビュー記事が掲載されている。
彼のこれまでの半生は、
常に自分と自分を取り巻く
この不可解で不確かな世界との
確執と葛藤。
そして格闘の歴史だったことが
如実に伝わってくる。
苛める側も苛められる側も
ぜひ読んでみるといい。













2012.07.23
ザ・スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、今の時代ではニルヴァーナは成功しないと語る




http://ro69.jp/news/detail/70578?rtw



ビリー・コーガンとカート・コバーンと深瀬
この3人は、苛める側の心理も
苛められる側の心理も
熟知しているはずだ。
何故なら、それは
ロックンロールの本質
密接に関わるからだ。
















苛める側も苛められる側も、



この不確かで儚い世界



救いを求めている。









Dragon Ash - FANTASISTA (LIVE @ GG11)

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』 Music Video

Morita Douji - Bokutachi no Shippai









2012.07.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   悪魔のタッグ(東電と政府)囁く・・・


経産省、東電の家庭向け値上げ8.46%を認可
ロイター 7月25日(水)16時25分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000104-reut-bus_all


「へへへ・・・熱中症でこれ以上死者を出したくなかったら
電気を消費しろ」と
悪魔(東電と野田政権)のタッグ
囁く声が聞こえる。




1兆円も余った復興予算のムダ
WEDGE 7月25日(水)11時16分配信



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120725-00000301-wedge-pol


こどもたちから貰ったお年玉を使い切れない
豊満な政府!!
それが我が国の実態っ










渋谷陽一の「社長はつらいよ」
年金、20代は2000万円の払い損
2012.07.22 09:50



http://ro69.jp/blog/shibuya/70548?rtw


「年金、20代は2000万円・・・」


うぉおおおお~!!



「・・・の払い損」


その落差に驚愕する


はやとちりのじぶんっ!!






“ツイッター名言bot ‏@together_meigen
「いただきます」と言って昼メシを食おうとしたら「自分で金払っているのに『いただく』って変ですよ」と後輩に言われた…TVの中だけかと思ったら、こういうの本当にいた。俺は言った。「キミが食おうとしているのは金だ。俺が食おうとしているのは命だ。この意味くらい分かるだろ?」ichi301 ”




僕自身も「いだだきます」ということばを
普段の日常生活の中では
深く意識することがなかった事実に
気付きました。
じぶんとおなじ命を食らうからこそ、
感謝と敬意を込めた「いただきます」ですよね。
当たり前だからこそ一番大切なことですね。






2012.07.20
リアム・ギャラガー、オリンピック閉幕式典で"ワンダーウォール"を歌うことに



http://ro69.jp/news/detail/70521?rtw



うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~!!




オリンピック
我が国は金メダルを幾つ獲れるか!!
と、云うことが
話題になるのはいつものことだけど・・・
それまでの過程が結果として冷徹に示されるからこそ
そこに未曾有のドラマが生じる。
結果が全てでは無いというけれど、
結果として示されるから
そこに熱狂と興奮が生じるんだ。(笑)




スポーツは勝ち負けが全て。
ロックンロールは熱狂と興奮が全て。
・・・(笑)




けれど、結果に至る過程を楽しめないと
そこに熱狂も興奮も生まれない。





人生もオリンピックも
楽しむことが全て。
自分自身が楽しめば、
それは周囲を巻き込んで
巨大な渦になる。
そうなれば、
おれは無敵!!状態がループする。
北島康介の生き様がそれを証明しているぞっ。










オスプレイの配備が日米安保の継続に寄与し、
そしてそれがアジア全体の防備に繋がる。
それが我が国の価値観。
でもそれが世界全体の恒久平和に繋がる保障など
どこにもない。
未来はいつだって私達の手の中に
委ねられているからだ。
それが僕の価値観。




ロンドンオリンピック代表に選ばれた
アスリートたちが
吉本芸人のバラエティに登場して
のーてんきにはしゃいでいる様子が
テレビ画面に映る・・・
結果が全てだからこそ
言い訳は効かないし聞かない。
聴こえても耳を塞ぐだろう。




我が国は世界に較べれば
スポーツ後進国
それは明白。
選手自身が自己を抑制し、己を磨くための土壌が、
そもそも育たないのだから。
バラエティに出て笑顔を振りまく
彼女たちの想いが
僕のようなお気楽者にわかるはずもない・・・





この世に人が生きる限り、リスクは無くならない。
戦争も苛めも絶えることはない。
だからこそ、
僕たちの思考力と想像力が試される。




僕も過去に苛めを経験した。
改めて振り返れば、たいしたことじゃない。
苛められたら逃げろっ。
悲しいことじゃない。恥ずかしいことじゃない。
自分だけの世界に篭れっ。
悪いことには耳を塞げっ。
べつに悲しいことじゃない。
おれは世界で一番正しいんだと思い込めっ




2012.07.24
ノエル・ギャラガー、リアム・ギャラガーとフジでの共演はありえないと語る



http://ro69.jp/news/detail/70615



兄妹なんて仲悪くてあたりまえっ。
おれはおめえがきらいだし、おめえはおれがきらいなんだろっ!!
それが兄妹だっ!!
おれとおまえは未来永劫判りあえない。
だからおまえが愛しいんだっ






イチローがヤンキース移籍 2投手と交換トレード
スポニチアネックス 7月24日(火)7時41分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000063-spnannex-base



まるで・・・
ジェームスイハエアロスミスに移籍するようなものか?
わははははっ。
たしかに最初はイメージし辛いけど、
意外とずっぱまり!!(笑)




移籍した3時間後に元のチームメイトと対戦。
ファンは勿論大盛り上がりだっ。
アメリカ人のドライな感性。
そして、無理やりにでも
いまこの瞬間を幸福に変えてしまおうという
価値観には惹かれます・・・(笑)





イチロー ヤンキース初陣勝利!初打席で初安打、初盗塁も記録



http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/24/kiji/K20120724003747680.html



相手がなにを欲しているか?
そのためにはなにをなすべきか?
それを絶妙な反射神経で即座に理解し
行動に移せる。
それこそがイチローの最大の武器





人間なんて元々無力です。
大自然の息吹を吸う事で
私達は生かされているんですものね・・・











素敵なことなんてないかもしれないし、
昨日の繰り返しかもしれない


そんなときぼくはシオンの唄が無性に愛しくなります。












負け続ける人生


素敵に思える瞬間があるっ(笑)。






DonDokoDon山口 デーモン小暮聖飢魔Ⅱのモノマネ本人登場 モノマネ歌合戦

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『ループ&ループ』

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』

SION「好きで生きていたい」











2012.07.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   紫陽花の花言葉は辛抱強い愛情


原田真二「OUR SONG」「MARCH」「MAMA LUCY」


この3曲を、僕の中では勝手に


「生命賛歌三部作」と位置づけている。









苛めが社会問題化した原因は、
社会の総幼児化?
教師という職業が聖職では無くなった?
子供は社会全体で育てるものだという
基本的意識の形骸化?

つまり、様々なファクターが絡み合った末に、
現在のような状態が生まれたような気がします。










社会が存在すれば、そこには苛めが生じる。
当たり前の事実なんですよね。



だから大人たちも放っておいた。
子供たちの世界で起こっている当たり前のことだから。




でもそれが当たり前ではなくなってしまった。
非常に特殊な事象として社会問題化してしまった。



暴力団まがいのことを
子供たちが組織的に計画し実行する。


大人たちは相変わらず見てみぬ振りをして
事を穏便に済まそうとする。


でも、これは立派な犯罪なんです。
お金を毟り取り家庭を崩壊させて人を自殺に追い込むわけですから。


それに対してどのように対処するべきなのか、
最早誰にも判らなくなってしまった。


何故か?


世の中全体が思考停止状態に陥ったから。











思考停止は人間を萎えさせる

でも思考することをやめられない。
だから、人は死ぬまで人間と云う病から
逃れられない。
あぁ・・・なんというパラドックス!!





生きるということは、
人間と云う病を治癒させるためのリハビリ

だから、そのリハビリは死ぬまで続く。


だから死ぬまで悩み続ける
それが生の本質だ。










終わりの無いリハビリなんて辛いだけ。
だから脱落者は後を絶たない。
何故、自殺者が増え続けるのか?
辛いだけで意味の無いリハビリを
いますぐ止めたいからだ。




人間と云う病を忘れるために
人は表現に取付かれる。
取付かれている間だけは、
自分が不治の病に取付かれていることを
忘れるから。




矢沢永吉の最新インタビュー記事を読んだ。
最新アルバムのタイトルが「LASTSONG」
既成のサイクルからの離脱宣言?
そう。人間と云う病と共存していく宣言だ。
死ぬまで生きる!!そういうこと。







考えることを止めてしまったら、
病んでいくだけ。
退化する一方です。

そんな基本的な大原則さえ蔑ろにされてしまう世の中を
私達は築き上げてしまった。

だからこそ、私達大人が罪を背負うべき。
真剣に犯した罪と向き合うべき。







今日、本屋でギターマガジン最新号を覗いたら、
THE BIRTHDAYのインタビュー記事を発見。



チバとフジイ









この2人の絶妙な呼吸と間合い。
まるで長年連れ添っている漫才コンビ!!


こんなに楽しそうなチバくんを眺めてると
つくづくバンドって素敵だと思う




近所に紫陽花の花が咲いている。
そこに花言葉が添えてある。


「辛抱強い愛情」


紫陽花革命とは、辛抱強い愛情なのか・・・


ぴったり!!(笑)





全ての根源を辿れば、一つの真実に行き当たります。
私たち自身が己と真摯に向き合い、
物事の根源を見抜く思考力を養えば、
全ては収束に向かうはずなんですよね。










私たち自身が賢くなればいいだけの


話なんですから。



(笑)





MAMA LUCY / SHINJI&CRISIS

原田真二_思い出のザ・ベストテン.m4v

Char 世良公則 原田真二・Big3:シャドーボクサー‣逆光線

矢沢永吉/SOMEBODY'S NIGHT with Bank Band

The Birthday - なぜか今日は

SION「好きで生きていたい」












2012.07.18    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ドラえもんのどこでもドアが目の前に現れる瞬間!!


24時間テレビだっけ。

いつも必ず、
障害者の奮闘振りを紹介。
汗と涙と感動の物語
視聴者に提供する。









それ自体は素晴らしいし尊いことなのだけど、
それを特別視することだけはやめようと
心に誓う今日この頃で~す。



だってさ、障害者という言葉自体が
既に特別視してるわけじゃん?
言い訳きかないよねっ。
誰だって、どこかしら欠損を抱えて生きている。
それ自体当たり前のことなのに。
どうしてそれを特別視する?











僕自身、障害者を目の前にしただけで心が退いてしまう。
そんな自分自身を特別視したくない。
ごくごく当たり前のこと。
目の前の当たり前の真実を意識している証拠だから。



全く異なる価値観を目の当たりにした時、
人は自身を異物から護るための防御体制に入る。
それが差別だ。
まずそこを前提にしないと、
差別は永久に無くならないと思う。
当たり前のことなんだから。











自分から望んで死を選ばなくても、
死を迎える権利だけは、
生まれたときから皆得ている。
大切なことは、
自分だけの居場所(シェルター)を確保すること。
大好きなことに熱中してる間は、
心が浄化されている。










新聞や本を読んでいると、
ドラえもんのどこでもドアが目の前に現れる。
そう・・・時空を超えて様々な価値観に遭遇できるからだ。







単独行動 ROGUE IN BUDOKAN 1989.8.30
奥野敦士(Vo,G)、香川誠(G,Cho)、西山文明(B,Cho) 、深沢靖明(Dr,Cho)





今朝も朝刊を読んでいたら、
そんなふうに・・・



どこでもドアが現れた。


“〈思いっきり泣いた後でも思いっきり笑える奴が強い人間〉
群馬県のリハビリ施設で、車いすの上から簡易投稿サイト「ツイッター」で発信する。前向きなメッセージに「励まされた」との反響は多いが、「元々、自分を鼓舞するためだったんですよ」と笑う。
1980年代、ロックバンドのボーカルとしてデビュー。日本武道館でのライヴを成功させた。俳優の仕事や映画音楽も手がけた。2008年9月、活動の合間に行った建物解体のアルバイトで屋根から7㍍下に転落。脊髄を損傷。半身不随になった。
ステージで輝いた自分の姿を思い出すと涙がこぼれた。でも、それを拭うことすらできない。「死にたい」とも思った。
「つぶやき」を始めたのはそんな頃。体は動かなくても表現できる。いつしか心のモヤモヤは晴れていた。フォロワー(読者)は4000人を超えた。出版社の目にもとまり、つぶやきをまとめた本「いろいろあるさ生きてっからね」(実業之日本社)が20日に発売される。
「精神的に負けなければ何でもできる。幸せは境遇ではなく、心が決めるのだから」(医療情報部 加納昭彦)”

読売新聞朝刊2012年(平成24年)7月17日(火)
総合面掲載記事 
「顔」
前向きなつぶやきを本にまとめた半身不随の歌手 
奥野 敦士さん 49 より。


以上。
新聞記事から引用させていただきました。



最後に綴られていた
余りにもシンプルなことばたちの
生命力にやられる・・・



最高だなっ!!







Newest Model 1991.12.15. 雑種天国

PERSONZ DEAR FRIENDS

FUNNY COMPANY(桑名正博)  スウィ-ト・ホ-ム大阪

CAROL - 憎いあの娘

ROGUE - 終わりのない歌














2012.07.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   反省は未来への架け橋になるけど、後悔は只の自己満足!!


今年中にライブコンサートも=ローリング・ストーンズ結成50周年
【ロンドン12日AFP時事】




http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20120713029146a



先日・・・
朝刊記事を眺めていたら、
ストーンズ結成50周年という記事が載っていた。
何故、彼らだけが、50年間一度も解散せず、
常にトップの位置をキープし続けられるのか?










ストーンズの長寿の秘訣!!
それは・・・
常にいいかげんでてきとーであり続けるからだ
そう思う。




物事を深刻に受け止めない。
当たり前の日常を当たり前に受け止めて日々を過ごす。
実は、それこそが長寿の秘訣?・・・(笑)



ある人が言う。
反省はしてもいい。だが後悔はするな。
反省は未来へ繋がる架け橋になる。
けれど後悔は只の自己満足。
つまり、そういうことだろう。(笑)




はっきりいって、ストーンズの連中は、
「解散なんてめんどくせーからやめようぜっ!!」
そーいう価値観のなかで日々を過ごしてきたし、
これからもその信念だけは
変わらないんだろう。
まるで戸城みたいだっ。(笑)










いいかげんでてきとーに生きるということは、
適度な距離感を保ちながら、
その距離感を楽しむ生き方のこと。


そんなダラダラ感が楽しい。





野田首相長寿政権を願うなら、
ストーンズ流サバイバル術
試してみてはいかが?



この国の首相の在るべき姿。その一。
「原発再稼動?なにいってんのっ!!せっかく国民が自立に向けて頑張ってんだから、我々はそれを見守ればいいんだっ。」




この国の首相の在るべき姿。その二。
「増税?そんなの無駄っ。国民の知恵と創意工夫でいくらでも経済は活性化するんだっ。」






新党
を旗揚げした小沢一郎
彼が、本当の意味での「国民の生活が第一」を謳うなら、
まず雇用の現状にずばり切り込んで欲しいと
切に願う人は、多いはず。











資格を有しない人が、
既得権益を行使するという理由から
専門性重視の職場天下り
豊かな老後を約束されてしまう現実と云うのは、
余りにも悲しいですよね。
朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」を見ろといいたいっ。







私達は知恵と創造力を駆使して、
文明を築き上げた。
それは、物心両面に置ける様々な幸福を齎した。



でも、何時の頃からか、
私達は、この星から与えられた恵みに感謝することを忘れ、
物質的幸福の追求に走り始めた。



その結果として齎されたのが
現在の私達の社会であることは、
最早明白です。









失ったものを取り戻すことは不可能。
どんなに英知を駆使しても
大自然の営みの前では生まれたての赤ん坊
母親や父親の無償の愛情に包まれることで、
私達は自立した生活を営める。



そんな当たり前の真理
私達に気付かせてくれるのが天変地異
そう考えたら、
たぶん答えは一つ。




愛情と敬意
それ無くして、私達は生きられない。










つばめの雛たちも、
親の愛情を受けることで成長し、
やがて未来に羽ばたいていく。
そんな素敵な未来
子どもたちに継承していくために
国家が存在する。



国家は共同体
様々な価値観を容認した上で、
個としての自立した思想を持つこと。
それが哲学




♪僕らは自由を 僕らは青春を
気持ちのよい汗を けして枯れない涙を

幅広い心を くだらないアイデアを
軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

眠らない体を すべて欲しがる欲望を
大げさに言うのならば きっとそういう事なんだろう

誇らしげに言うならばきっとそういう感じだろう

「イージュー★ライダー」 奥田民生












つまり、そういうことなんだろう・・・(笑)





The Rolling Stones - All Down The Line (Live) - OFFICIAL

The Rolling Stones - Rip This Joint (Live) - OFFICIAL

The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction - Hampton Live 1981 OFFICIAL

The Rolling Stones - It's Only Rock 'n' Roll - LA Forum Live 1975 OFFICIAL

The Rolling Stones - You Can't Always Get What You Want - LA Forum Live

奥田民生 - イージュー★ライダー














2012.07.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ヤクザの脅しよりも怖い。野田と東電!!


野田首相


やくざの脅しよりもっと質が悪い。



悪すぎっ。











先日、



久々に松村邦洋物真似芸



テレビで見る機会があった。



貴乃花親方の物真似を披露したのだが、



そのシチュエーション



興味深かった。






部屋に招かれた客人に応対する親方。



腰が低くて、愛想が良い




が、その視線が、




土俵で稽古する弟子たちに移ると、



途端に豹変





その180度の変わりっぷり




凄くおかしくてリアル。





まるで東電と政府です。











「みなさん、


今年も厳しい猛暑の季節ですね。


節電に励む皆様に対して大変心苦しいのですが、


電気料金を10パーセント値上げさせていただきます」






「電力需要の高まりに向け、


原発を再稼動させていただきます」










「なにぃいいいいいいい~、



値上げを容認できないだとぉおおお~?」







「なにぃいいいいいいい~、



原発をいますぐ停止しろだぁ~?」








「おまえらっ、


こっちはいつだって電気の供給を


停止できるんだぞっ。



わかっていってんのかこのやろ~」




「おまえらっ、



原発を停止すれば、



おまえら弱者は熱中症であの世逝きだっ。



わかっていってんのかこのやろ~」





「原発なしで


苛酷な夏を乗り切れると・・・



おもってんのかこのやろ~~~~~~」。







あぁ・・・




やくざよりも怖い




野田政権と東電のろくでなしっ。(笑)





あさもけいこ。ひるもけいこ。




よるは、愛する景子ですっ













脱原発とは、



この国で生き抜いていく信念と覚悟を



国民一人ひとりの胸に突きつけるもの。



不自由とか不便を嫌がるなら、



どうぞこの国から出て行っても構いませんよ。




そんな最後通告











勿論、



弱者にはそんな選択の余地など



元々無い。






どちらを選ぶのか?



あなたとわたし自身が決めること。




つまりそういうことなんでしょう。










ここまで来てしまった。





もう後戻りは不可能だから。














電気料金が値上げされるなら、




私たち自身の意識を変えて




防衛するしかない。








原発が全てストップするなら、




それに対応した生活の知恵を身につけるしかない。




私たち自身が意識を変えることで、




それが政府の意識を変えることに繋がる。





そう信じることでしか




私たちは世の中を変えることは出来ない。








つまり、




突き詰めれば、至って簡単な論理。








そういうことですね。(笑)









元々、僕自身はお気楽人間なので・・・





余り深く物事を考えたことが無いし、





考える気も無い。









只、ひとつ確かなこと。






それは・・・




いまこの瞬間も生かされているという奇跡





それを深く噛み締める。












つまりそういうことなんだろう






それって、





奥田民生的価値観!!ですね。





(笑)






貴乃花親方

Matsumura Monomane History

Yellow Magic Orchestra - RYDEEN [Live] in L.A. (Aug. 4, 1979) HD

ymo-1000 knives (at Greek Theater)

Yellow Magic Orchestra - TONG POO [Live] in L.A. (Aug. 4, 1979) HD

奥田民生 - イージュー★ライダー










2012.07.06    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   政府が愚鈍だから私達は賢くなる


国民年金保険料納付率が過去最低を更新、58・6%
産経新聞 7月5日(木)17時39分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000578-san-pol



国民に付けを廻しといて
自分たちは豊かな老後。
国民に無理な節電を要請しといて
自分たちは嬉しいボーナス。











赤ちゃんの名「尖閣」に=パンダ出産で―石原都知事
時事通信 7月6日(金)17時29分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000119-jij-soci



たしかに大人げないといえばそうなんだけど、
石原都知事が憤る気持ちはわかる。
中国側の「世の中全てお金アルね!!」という価値観を
孔子はどう捉えるのか?








宇多田ヒカル、「ダウンロード違法化がなんぼのもんじゃい」 ツイッターでキッパリ
シネマトゥデイ 7月5日(木)11時20分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000024-flix-movi



僕も彼女の考え方に賛同します。











実はつい最近、



この場所を訪れてくれる人から



嬉しい誤解を頂いた。






僕は1960年生まれなので現在52歳なんです。




・・・(笑)





僕が中高生の頃は、
レコード一枚買うのにもかなりの決断が必要だった。
それだけ高価な買い物だった。
だからレコードを無料でまるまる聴ける
日立ローディープラザのような場所は、
僕らの天国だった。




日立ローディープラザには、
リスニング・ルームが備えてあり、
その部屋には高価なオーディシステムが完備されていた。
自分の好きなレコードを選んで
心置きなく大音量で聴く事ができた。
勿論レコードの持ち込みも
可能だったと思う。




つまりユーザーに対し、
無償でリスニング環境を提示することに拠り、
宣伝効果を生み、
それが経済の循環に繋がったのだ。
現在のYouTubeと何ら、
変わらないと思う。




なにが言いたいかというと、
違法ダウンロードを厳しく罰するよりも、
アーティストの表現の質を向上させるほうが
遥かに大切だということ。
つまらない作品にユーザーは対価を支払わないからだ。
それは全ての表現行為に
等しく通じる鉄則。





違法ダウンロードによって
アーティストの権利が侵害され、
それが経済の縮小に繋がると、
本気で考えているアーティストがいるとしたら、
きっとその人は、プロ意識が欠如しているのだろう。
そーいう人はいますぐ転職したほうがいい。
プロに対して失礼だから。
そう思います。










これだけ景気が悪化しても
私たちは未来を悲観的に捉えようとはしない。
寧ろ、どうすればこの危機的状況を
好機に変換できるだろうか?と
知恵を絞る。
そこから様々なアイデアが拡がり、
そのアイデアが
具現化されていく。




震災以降、
そんな風潮がどんどん
顕著になっているような気がします。
政府が鈍感な分だけ
私たちはどんどん賢くなっていく。



ある識者が、こう言う。
増税しなければ超ハイパーインフレが
私たちの暮らしを脅かすと。
でも、既にそうなってるじゃん!!(笑)
来日アーティストの公演チケットは
どんどん高騰する一方だし。
ヴァンヘイレンの来日公演チケットが
一万円超ですよっ。
国内アーティストも
皆6000~7000円超が当たり前。



その反動なのか、
最近やたらフェス形式のライヴが増えている。(笑)
経済的に安上がりだし、
宣伝効果も絶大だからですよね。
その代わり、CDはどんどん売れなくなる。
当たり前だっつううの。(笑)



どんなに悪足掻きしても、
もう後戻りは効かないわけです。
団塊の世代は、
高度経済成長の原動力として
国の発展に貢献した。
その証として幸福な老後が約束された。
そんな富裕層がこの国の経済を支えている。
この構図こそ、我々のリアル。









でもこれから先は坂道を転げ落ちるだけ。
その先に待つものは最貧国。
どっちに転ぼうと結果はひとつなら、
寧ろ楽観的になったほうがいい。
私たちの考え方ひとつで
未来はばら色ですよ。
それが私の価値観です。(笑)












なにかを手にするためには
なにかを失わなければならない。
それは生きていくうえでの鉄則。




だから人は欲しいものを得るために
対価を支払うのですよね。
対価を支払うことで、そこに価値が生じる。
それって、とても大切なことです。



でも、同時に、
誰もが共有できるのが文化の素晴らしさ。
絵にしても小説にしても音楽にしても
あるいはスポーツにしても・・・



今のままだと、
全てに置いて利益優先。効率優先。
それと引き換えに
私たちはこころを失う。




そこには潤いも安らぎも無い。
そんな未来はいらないし、そんな未来にしたくない。












苛めはどうして減らないのか?
苛めはどうして起こるのか?
その根源は、他者への違和感。
あいつとおれは違う。
おれはあいつになれないし、あいつはおれになれない。
その境界線に流れる深くどす黒い河が、
全ての差別の温床だ。




この世に人が生きる限り、
差別や苛めは消えないだろう。
でも、その人の意識を
ほんのすこし変えるだけで
世界は変貌する。
大切なことはひとつ。
自分自身を客観的視点で見つめよう。
それが人を認めることに繋がり、
世の中に潤いを齎す
源泉になる。




古今東西、
そこに人の営みがあれば
嫉妬や苛めが蔓延する。
古今東西、そこに人の営みがあれば
そこには喜びも苦しみもある。
そんなとき、人は酒を呑み歌い踊ることで
毒を吐き出し浄化される。



世界中どこへ行っても
そこに人がいて生活があれば、
そこには酒と音楽がある。
酔って、楽器を奏でて歌い踊れば、
どんな境界線も亘れるし、
どんな差別も氷解する。









だからこそ、



いまを抱きしめよう。



この瞬間を慈しもう。










ホロホロ節・岡大介

宇多田ヒカル - Wait & See ~リスク~

浅草唄・岡大介

Yellow Magic Orchestra - RYDEEN [Live] in L.A. (Aug. 4, 1979) HD

Newest Model 1991.12.15. 雑種天国

Primal Scream - Movin' On Up (From "Screamadelica Live" DVD & Blu-Ray)

The Verve - Bitter Sweet Symphony

















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog