プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
知りたくないことや、知らずに済めばいいこと、生きていれば いろいろあるよね Jun 27, 2017
この世の中に、 裏表のない人間など果たして存在するだろうか? Jun 26, 2017
生き方は自分で選べる。人と較べるよりもあなたはあなたの生き方を貫こう Jun 25, 2017
どんなに離れていても互いの心はいつも寄り添っている Jun 24, 2017
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  電気料金の値上げ・・・その正体が暴かれた!!   相変わらず、なにかに対して怒っているおれっ!!   おまえに世話して遣れる就職口なんてねえ!!   汚れた心をピカピカにするために芸術は存在する   有史以来の大変革に私たちは立ち会っている!!   80年代の新宿は天国だった!!   僕の内心心象風景・・・   刺青のことなら、ベンジー、達也、照さんに訊けっ!!   他者に依存したままなら永遠に土の中   扉を開ければあなたとわたしの素敵なパラダイス!!   尊厳さえ失わなければ人はいつでも再生できる!!   つくづく自分と云う人間はへそ曲がりでひねくれ野朗だと実感!!   神様は決して僕らに安穏と云う名のリスクを負わせることは無い   結論へと導く過程こそ重要!!   駄目なもんは破壊されんだよっ!!   ロックンロールは僕の生命維持装置?   未婚の若者とパラサイト中年が増殖する社会   おまえらっ、悪いけどなんにもわかってねえじゃんっ!!

2012.05.31    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   電気料金の値上げ・・・その正体が暴かれた!!


改めてよく考えてみる。
企業が社員に支払うボーナスとは、
企業が得た利益を社員に還元するためのもの。
つまり社員のモチベーションを底上げするためのご褒美だ。








つまりボーナスって元々想定外であってしかるべき。
ロック・バンドのライヴにおける
アンコールと同義だっ。



アンコールって、バンドが素晴らしいライヴを客に披露し、
逸れに対するお客からの感謝に応えるためのもの。
だからつまらないライヴを披露したら、
お客だってそのまま帰ってしまっても当然。










つまらないライヴを客に披露した上で、
尚且つ予定調和としてのアンコールを披露するバンドなんて、
僕は見たく無い。
それはお客に対して失礼だと思う。










東電は減収減益にも拘わらず社員にボーナスを支払うという。
勿論、社員のモチベーションの底上げのために
身銭をきるのであれば
納得もいく。



だが、東電は顧客に電気料金の値上げを宣言した上で、
それによって得られる利益を
社員のボーナスとして還元するという。



つまり私達顧客自身が
身銭を切って東電の社員を救済してあげるわけだ。
それに対する見返りなど
一切求めずに。



顧客から信頼を得ることで企業は成り立つ。
そしてその信頼によって得た利益を社員に還元するのがボーナスだ。
東電は一番大切な信頼をすっ飛ばして
私たちに顧客義務だけを求める。
それが真実だということがわかった。



いつから、私たちは自己の権利だけを主張する民族に
成り果ててしまったのだろう。
だから、自分の利益のために人を殺すことを
厭わなくなってしまうのだ。









べつに東電が社員にボーナスを支払うことに対して
腹を立てる必要はないと思う。
只、その過程が余りにもお粗末で
人の道に外れているからこそ
腹が立つのだろう。
ボーナスって一体なんなのか?
それについてもう一度考えてみるきっかけを
東電は与えてくれたんだね。
ありがとう東電。
えっ盗電?



ダルビッシュのメジャー初登板の試合を思い出して欲しい。
彼は自分のピッチングに納得できなかったからこそ、
試合後、観客からのコールに応えなかった。
それが彼のプライドであり客に対する誠意の証だ。



昨今の天変地異を
来るべき終末の予感!!として憂うならば、
いまこの瞬間になにが起きてもおかしくない。
ちっともおかしくない。
でも、いまこの瞬間はいつだって永遠だ。
だからいつまでも抱きしめる。抱きしめたい。離さない。
いつまでも・・・



なんで?どうして?
いったいどんな根拠があって、
あなたたちは最低最悪の未来ばかり追いかけて
嘆き悲しむのですか?





くそファッキン!!な未来よりも
いまこの瞬間の幸せだけを慈しんでいたい。
いつまでもいつまでもだきしめていたい。
終わりがやってくるその瞬間まで。








未来なんてねえっ。
おめえのための未来なんてねえっ。
未来なんてねえっ。おれのための未来なんてねえっ。
そうやって、いつまでも踊ってるさっ!!






また・・・


お調子こいちゃったみたい?







アイドルマスター 「日本の米」

King-Show - Odoru Dame Ningen (Rock in Japan Festival 2010)

KingShow-curry

The Verve - Bitter Sweet Symphony

Sex Pistols - God Save The Queen












2012.05.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   相変わらず、なにかに対して怒っているおれっ!!


2012.05.28
ノエル・ギャラガー、自身のブログでAKB48に言及




http://ro69.jp/news/detail/68377


“「というわけであのテレビ番組出演は、予想していた通り、ファッキン気狂い沙汰だったね。こうした日本のテレビ番組がどういう趣旨のものなのかなかなかわかりにくいんだけど、俺としてはわがイギリスでもかつて人気を誇った『トップ・オブ・ザ・ポップス』のようなものなのだろうと思う(ご冥福をお祈りします〔『トップ・オブ・ザ・ポップス』はすでに2006年に放送打ち切りになっている〕)。

番組の進行の細かさは軍隊並み。たとえば、次のような指示が出るんだよ。

楽屋は8時34分に出てください。

通路Aに8時37分に入ってください。

この人物との握手を8時39分にしてください。

指定された曲を8時41分に演奏してください……ってな調子。

で、一番驚異的なのがこういうのがすべて機械仕掛けのようにばっちりうまくいくってことなんだよな!

俺と共演したこの日の日本のアーティストのうちのひとつがAKB48という出来合いの女子グループでね。これがまた30人くらいのグループで全員が13歳から15歳くらいでさ。すんげえじじいになった気分にさせられたよ。

番組の司会者がまた007映画の悪役にしか思えないようなおっさんでさ。

もうめまぐるしいし、意味わからなかったね。なんでここに俺がいるんだって俺は思ったよ。

でも、それと同時に超ウケたよ。

というわけで、今日から大阪だ。

とりあえず報告できるのはこれだけ。時差ボケでぐたぐただから。

前進あるのみ(脇道も含めて)!

よろしく」”










我々日本人は、西洋人の目から眺めると、
如何に勤勉実直で統制の取れた誇り高い民族であるか?
そして、それ故にマニュアルと云うはしごを取っ払われると、
只々、右往左往して自己判断能力を失ってしまう
脆弱な民族であるということも、
ノエルあにぃによって、証明されてしまった。



うはははははははっ!!






生活保護不正受給も、瓦礫受け入れ拒否も、
根っこはひとつだと思うんです。
私たちに必要なのは相手を思い遣る知性と想像力。
そして、もっとも大切なことは、
相手を肯定し受け入れる勇気を
自身のこころに抱くこと。




おい、満男!!
おまえ、えんとりーしーとって知ってるか?
なにかい、あれは最新型の尿漏れシートかっ?
おれ、むずかしいことわかんねえからよっ!!











人って、他者に肯定されることによって
己の存在を受け入れることができるんですね、
きっと。











団塊の世代と私たちの世代の差は、
やはり政治に対する意識の差だと思う。
たしかに僕らはのんぽり世代だ。
生まれた時から既になんでもありだった。
でもこれだけは言える。
だからこそ、僕らはなにものにも囚われない世代だと。
そしてそれは掛け替えの無い財産だ。




私たちにとって一番切実なテーマは、経済の循環です。
人々の想像力と好奇心を活性化させるための政策。
それがなによりも必須です。
そんな政策を国民の前に提示すれば、
黙っていても世の中は自ら動き出します。
政局と保身に囚われて
物事の本質に永遠にたどり着けないとしたら、
それこそ、最大の不幸です。








とりあえず今日も、



あいかわらず、



何かに対して怒っているおれっ。





Noel Gallagher's High Flying Birds - AKA... What A Life!

『男はつらいよ』40周年記念プロモーション映像

(HD*Subbed) hide with Spread Beaver - ROCKET DIVE / X JAPAN

(HD*Subbed) hide with spread beaver - Pink Spider ピンクスパイダー / X JAPAN













2012.05.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   おまえに世話して遣れる就職口なんてねえ!!


昔、高校の教師

「おまえに就職口は世話して遣れない」と言われた。

(河本のギャグみたい!!)


太田光「おまえに支払う生活保護はねえ!」河本 冗談通じず涙目
スポニチアネックス 5月27日(日)10時41分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120527-00000077-spnannex-ent




そのときは屈辱だった。


でも、あのひと言があったから、現在の自分が存在する。


そう考えると
人生ってほんと不思議だと思います。





百々和宏もインタビュー記事の中で語っていたけど、
僕の20代は、へヴィメタル及びへヴィメタル専門誌「BURRN!」なしでは到底語れない。










音楽雑誌「BURRN!」で扱われていたのは、
基本的に様式美メタルが中心だったのはいうまでも無い。
だが、そこにキッス、エアロスミス、ヴァン・ヘイレンが登場した時、
へヴィメタル全般に関する世間の概念が一変した。
そう!!メタルはロックンロールだという概念だ。



やがてLAメタル・ムーヴメントが勃発し、
ガンズ、モトリークルー、メタリカ等がシーンを席捲し始める。
それは華やかで煌びやかなロックンロール・ドリームを体現していた。
そんな概念を浸透させたのが
当時の編集部員増田勇一だったと
僕はそう思っている。








なにかひとつのものに徹底して拘る姿はとても美しい!!
僕はそんな価値観を抱いて生きてきたし、
おそらくそれは生涯変わらない。
なぜなら、それこそがロックンロールだからだ。








MASSIVE vol.6のコラムにおいて、
増田勇一は、自身の雑誌作りにおける信念を語っていた。
世間に迎合するのではなく、自分が好きなものに徹底して拘る。
自分の感性を信じる。
たぶんそんな音楽雑誌があっていいと僕は思う
それが生きるということだ。



ついつい語りすぎてしまった!!あぁ~~^^^^^。









じゃ、この際、もう少し語ります。
僕が音楽雑誌「BURRN!」を読まなくなった時期と
増田勇一が編集部を辞めた時期は
おそらく微妙に重なっていると思う。
そう・・・僕はメタルから距離を置き始めた。
もっと素敵な音楽が一杯溢れていたから・・・




そして、ある日、
意外な形で僕は増田勇一に再会する。
勿論ある書籍を通してだ。
それはヒーセの「下町うましか洋品店」に掲載されていた
ヒーセと増田勇一の対談ページ。
なんか懐かしかったなぁ~。








ヒーセの「うましか洋品店」これは素敵ですよぉ~!!



廣瀬洋一(THE YELLOW MONKEY)の 東京下町うましか洋品店廣瀬洋一(THE YELLOW MONKEY)の 東京下町うましか洋品店
(1998/12/10)
廣瀬 洋一

商品詳細を見る




愛と夢とロックが大好きな人は必読です。


僕自身がいちばん嫌いなのは
他者に対して自身の価値観を押し付ける行為だ。
100人の人間が居れば、100通りの生き方がある。
だから僕自身も、
相手に自分の価値観を受け入れてもらわなくても
全然構わない。
それが一番健全な在り方だと思っています。









つまり、僕は非常に自分勝手に、
音楽ライター増田勇一をリスペクトしている。




おそらくこれからも・・・




Kiss - Cold Gin - Live (HQ) Detroit 1975

Aerosmith - Love In An Elevator

Guns N' Roses - Welcome To The Jungle

Van Halen - Jump (HQ music video)

THE YELLOW MONKEY - Honaloochie Boogie (Completed Version)










2012.05.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   汚れた心をピカピカにするために芸術は存在する


僕は最近、こう思うことにしています。


人から「いい人だね」と言われたら、
素直に受け止めて感謝する。
人から「嫌な奴だね」と言われたら、
「そのとおりっ!!」と、笑顔で受け入れる。


それが生きることだと思うことにしています。











人から晒し者にされ、
笑われることでお金を稼ぐ。
それが芸人の本分であると、
大半の人がそう思っている。僕も含めて。
でも、そこで立ち止まって、考える。
芸人である前にひとりの人間なんだと



街を普通に歩いているだけで、
警官から職質される。
図書館で本を読んでいるだけで、
ガードマンに睨まれる
どんなに一生懸命生きていても、
人はまず外見でその人を判断する
それが世の中だ。











「大脱走」ペンギン、82日ぶり保護…外傷なし
読売新聞 5月24日(木)21時28分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00001129-yom-soci



このペンギンもきっと、こう呟いたかな・・・

「自由になれた気がした」と。



どんなに努力しても、
自分だけは決して曲げられないし、
曲げたくない。




まぁ、そうやって吐き出すことで、
日々浄化されるわけですよ。
悲しいですけどね。(笑)












MASSIVE vol.6掲載の

百々和宏インタビュー記事




MASSIVE (マッシヴ) Vol.06 (シンコー・ミュージックMOOK)MASSIVE (マッシヴ) Vol.06 (シンコー・ミュージックMOOK)
(2012/05/23)
不明

商品詳細を見る




ことばのセッションが気持ちいい!!
こんな記事に出会いたくて
音楽雑誌を求めるんだよなと
改めて気付かされた。









ジョニー・サンダースへの
愛情と敬意を語る百々和宏
まさか・・・こんな話が聞けるとは思わなかったわ。


戸城と百々と増田勇一の共通項
確認した気分!!







あれだけ街の美化運動が盛んなのに、
うちの地元は相変わらず汚い。
まず自分自身を磨かないとね




そういえば、
市川駅周辺の商店街は、

ゴミも落ちていないし、放置自転車も殆ど無い。



街が綺麗だと、
こちらのこころも洗われる






えらそーなことを日々呟いている自分だって、
他者を外見で判断しがちだ




そんな汚れきったこころを
ぴかぴかにするために


芸術は必要なんだ。








百々 和宏 『ながいおわかれ』

百々 和宏 『クラクラ』

オリコン1982 BEST 006 中島みゆき/悪女

Johnny Thunders - Sad Vacation (Live 1982)










2012.05.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   有史以来の大変革に私たちは立ち会っている!!


私たちは「原発ゼロ」から何を学ぶかのか?

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=7637512&e=nuclear_fuel


有史以来の大変革
私たちは立ち会っている。
ほんとうに必要なものは何なのか?
ほんとうにいらないものは何なのか?
真の意味での成熟
問われている。









愛国心と偏愛は同義ではない
自尊心個としての自立
同義だと思う。




自分に誇りを抱けない人は
国を愛せないし、他者を愛せない。






人を嫌いになるには
人を愛するのと同じだけのエネルギーが要る。




憎しみと愛は表裏一体。









マニックス、ブルハ、ピストルズ


自己偏愛自尊心
全く意味が違うことを身を以って示してくれた
偉大なパンク・ロック!!
乾杯。




内海桂子 ‏@utumikeiko
“隣人が浅草で自転車に乗っていて警察官の尋問を受けたと力んでいた。歩行者に質問が許されているのにどうして肝心のナイフの保持者を警察官は見抜けないのかね。優秀な浅草の警察官を渋谷に配置転換させて片っ端から尋問させれば多少は減るかな。でも関所を設けて凶器探知をすべき時代かもしれない。”





既に真夏の猛暑の予兆・・・


私たちは試されている。
原発が全て稼動を停止しても、
何一つ不自由せずに真夏を凌いだ時こそ、
既存の価値観が音を立てて崩れていくからだ・・・




でも正直な話、
猛暑が襲ってきたとき、
最小限の冷房で凌げるのか?
それとも熱中症で大半のお年寄り、弱者が
息絶えるのか?



いまよりも
素敵な未来をゲットしたいなら、
想像力と好奇心をフル稼働させればいい

未来は私達が日々の願いを上書きすることで
更新され続けるのだから。


嫌な過去は、
いますぐゴミ箱に捨てよう。









“誰かに向かって手を広げ、俺がついているよ、一緒なら大丈夫だよと声をかけた瞬間に、人間は、頼られるに足る存在になるのだ。最初から頼りがいのある人間なんていない。最初から力のある人間なんていない。誰だって、相手を受け止めようと決心したそのときに、そういう人間になるのだ。”
宮部みゆき「模倣犯」より。












悲観的に捉えれば、
悲観的な未来しかやってこないし、
のーてんきに生きていれば、
少なくとも、
死を怖れずに生きていける。


なぜなら、
いまこの瞬間がパラダイス





週刊誌を読んでいたら、
尾崎豊の担当ディレクターが語った
エピソードが掲載されていた。

「自由になった」では、陳腐で手垢の付いた表現のままだけど、
「自由になれた気がした」と書いてきた。

そのとき、彼のとんでもない才能を確信した
そんな文章だった。










20代の頃、
5ⅩとLOUDNESSのジョイント・ライヴを
渋公で観た。









圧倒的にアウェーの状況の中、
あなたは、ロック・ヴォーカリストとしての威厳と信念
自らのパフォーマンスを以って私たちに示したことを
僕は忘れられません。




ありがとう。





Manic Street Preachers - Slash 'N' Burn

THE BLUE HEARTS 字幕 "1000 VIOLINS" English subtitles

Sex Pistols - God Save The Queen (HD OFFICAL MUSIC VIDEO)

尾崎豊 15の夜

尾崎豊 - 十七歳の地図 (Seventeen's Map)

CARMEN MAKI&5X  悪い夢 (Warui-Yume / Nightmare)








2012.05.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   80年代の新宿は天国だった!!


2012.05.18
ディスコの女王、ドナ・サマーが63歳で他界




http://ro69.jp/news/detail/67967











ビージーズのロビン・ギブ亡くなる
2012.05.22 12:08




http://ro69.jp/blog/shibuya/68130









ツイッターでも呟いていたのですが、
80年代の頃、僕は新宿のB級ディスコに頻繁に通っていた。
べつに女の子をゲットするのが目的ではなく・・・(笑)




只、フロアで汗を流して踊りまくるだけで幸福だった。
酒呑んで、踊って、酒呑んで、踊って・・・
その瞬間だけは永遠の至福の瞬間
いま振り返ってもそう思う。










当時は、てっぱん!!のダンス・チューンが一杯あった。


ロッド・スチュワート「アイム・セクシー」バリー・マニロウ「コパカバーナ」ストーンズ「ミス・ユー」ヴァン・マッコイ「ハッスル」KC&ザ・サンシャイン・バンド「ザッツ・ザ・ウェイ」ビージーズ「恋のナイト・フィーバー」スタイリスティックス「愛がすべて」ドナ・サマー「ホット・スタッフ」・・・








80年代の新宿は僕にとって天国だった。
ほんとにそう思います。







日食観察するつもりの人43%
2012.05.21 08:52



http://ro69.jp/blog/shibuya/68071





金環日食。大フィーバーでしたね。



その瞬間を目撃できた子供たちにとって
おそらく一生の財産になるはず・・・




えっ、僕ですか?


まったく無関心を決め込みました。


なにしろひねくれもので天邪鬼。
しかも話がでかければでかいほど、
話の腰を折ることに無上の喜びを感じる
超ろくでなし野朗!!なんで。
(笑)




恋人たちにとっても、
きっと至福の瞬間だったでしょうね。
金環リングですからっ。



今日一日で我が国の経済効果
一気にヒートアップしたことでしょう。
めでたしめでたし。
いうこといっさいありません。










いやな奴!!おれっ。



最低だなっ。(笑)




すみませんでした。




“他人から最低だねって言われればそうですかって言うし、最高ですって言われればありがとうって言うし、他人の意見に惑わされて自分がどうこうするっていうことなく、精一杯やるっていうことですよね。”
下山淳インタビュー記事より。










人に好かれるためにはどうすればいいか?
人に愛されるにはどうすればいいか?
人から「いい人ですね」と言われたら素直に受け入れ感謝する。
人から「いやな奴ですね」と言われたら、
「そのとおりっ!!」と、笑顔で向き合う。
そんな人でありたいな。



それが人生の究極の目的かもしれない。



たとえ、自分の発する(ハッスル!!)呟きが
無益であろうと有益であろうと、
僕にとって何の問題も無い。








自身の心が綺麗に洗い流され
人の言葉に素直に耳を傾けることができたら、
それが最高。




少なくとも、
こんなろくでなし野朗のツイートに耳を傾けてくれる人達に対して
憎しみの気持ちはいっさいありません。



ありがとう







Donna Summer - Hot Stuff - LIVE

Bee Gees - Stayin' Alive [Version 1] (Video)

Bee Gees - Night Fever (Video)

Rod Stewart - Da Ya Think I'm Sexy?

天国旅行

PASSENGER / THE ROOSTERZ

麗蘭 - アメリカンフットボール












2012.05.19    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   僕の内心心象風景・・・


電力小売り、家庭含め完全自由化…競争原理導入
(2012年5月19日03時07分 読売新聞)



http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120518-OYT1T01478.htm?from=tw



未来は私たちの手で変えることができる。
私たちはその過程の真っ只中
生きている。











憲法9条がある限り、
非武装中立は可能だと言い切る福島瑞穂
ならばまず私たち自身が
アメリカの庇護から自立すること。
それが前提だ。
それが全ての始まりになる












ブラック・サバスの歴史から抹消されたビル・ウォード
2012.05.19 15:23




http://ro69.jp/blog/rockinon/68040







存在自体を抹消されたビル・ウォード!!


オトナゲナイッタラ。(笑)








カルメン・マキのこんな呟きが。


カルメン・マキ ‏@carmen__maki
“追っかけで毎回のようにライブに来てくれていたのにいつの間にかパッタリと来なくなる人がいる。そういうファンを今までたくさん見てきた。飽きたのかもしれないしいろんな事情もあるのだろう。だからあまりに集中的に追っかけられると嬉しいよりも不安になる。この人もいずれ姿を消すのだろうなと。”






姿を消す人もいるけれど、
それは未知の出会いのスタートだものね。











MUSICA2012年6月号 Vol.62掲載の
ONE OK ROCKインタビュー記事を読んだ。
さすが!!鹿野淳
攻めの切り口Takaの内心心象風景を鮮やかに描き出してみせた。
全てのロック・ファン必読でしょ。



http://musica-net.jp/detail/2012/6/



米津玄師、オリコンで5位に
2012.05.17 21:05



http://ro69.jp/blog/yamazaki/67939


いっさいの先入観を捨てて、聴いてみてください。


きっと素敵ななにかが心に棲みついて
離れなくなりそう。









まじ激やば!!なロックンロール




My Bloody Valentine - Soon

My Bloody Valentine - Only Shallow

Sabbath Bloody Sabbath FULL!

ONE OK ROCK 「NO SCARED」

米津玄師 『vivi』




















2012.05.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   刺青のことなら、ベンジー、達也、照さんに訊けっ!!


AKB総選挙を放送!随時速報など国政仕様!!
デイリースポーツ 5月16日(水)7時17分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120516-00000001-dal-ent


今や国民的関心事・・・









わりいけど、おいらひとつも関心ありません。
結局、小学校の学級委員選挙を
全国中継するのと
感覚は一緒っ。
どんどん幼児化するわたしたちっ。
それがいいのかわりいのか・・・(笑)




他者から認めてもらうことで人は成長するんです。
いくら褒めてもらえても、
上っ面を撫でているだけなんだなと、当人が感じてしまったら、
その人の人生に於いて不幸な結果になります。



何故僕は、AKB48に対して常に批判的なのか?
改めてその理由を俯瞰してみよう。(笑)








総選挙もじゃんけん大会も
AKB48の表現行為としてきちんと成立していれば、
そこに意味を見出せる。
人は表現を通して彼女たちの生き様に惹かれ、
それに対してお金を払う。
そのとき初めてそれは経済行為として成立するわけです。



AKB48は、元々サブカルのアイドルとして出立した。
そう。会いに行けるアイドル!!が当初のコンセプトだった。
そんな地下室に生息する
秘密のアイドルが
メイン・カルチャーへと登り詰めていく過程に
人々は愛と共感を表明した。
そう!!芸術とは生き様が齎す感動だ。



たぶん、僕はAKB48が嫌いと云うよりも、
それに群がり一儲けを企む大人たちの事情に対して
嫌悪感をかんじていたんだろう・・・
儲けること事態は決して悪くない。
全てのポップ・カルチャーは
大衆の夢を叶えるために存在するのだ。








ある人がこう言った。
「芸術はスポンサーがいなければ成立しない」と。
一つのアートに対し、ある人が感動を表明し投資する。
それが大衆の共感を促し、社会全体が潤う。
それが経済だ。







金環日食 各地で観測会予定



http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20120517-OYT8T01145.htm



金環日食フィーバー最高潮!!
観測に於けるリスクも最高潮!!
商魂も最高潮!!
不良品の観測メガネも出回ってるって!?



世間の反応は喧しい。


宙ガール宙ボーイなんてことばまで出回っている。

(笑)



子供に金環日食観察を諦めさせる親も続出!?


http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0517/508068.htm?o=0&p=6



きっと、古代の人類は
日食を肉眼で目撃しなくても、
自らの想像力を駆使して、
大自然の神秘と脅威を捉えていたに違いない。


子供の頃、黒い下敷きで太陽の観察をした。
とても神秘的で楽しかった。
大人たちもなにも言わなかった。
子供たちの好奇心は大人たちにも制御できないし、
制御されるべきじゃない。









紫外線が強いから外へ出て遊ぶなと、
あなたは言いますか?


生きている限り、
リスクは常に付いてまわる。
それが世の中。
子供たちにもその本質を知ってほしいと思います。
リスクがあるから
生きることは楽しいんだよって。


雨宮処凛週刊金曜日のコラムで、
日本中の原発が停止した!!祝祭だ!!と、
綴っていた。
でも、これは新たなリスクのスタートなんだ。
喜ぶ気分には全くならない。
それが生きるということだ。










大阪市、入れ墨禁止へ 橋下氏「公務員ではありえない」
朝日新聞2012年5月17日



http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201205170021.html


小さい頃、僕はいつも、家族で銭湯に通っていた。
脱衣所で服を脱いでいると、
全身に刺青を入れているおっちゃんたちが目に付いたものだ。
でも、それ自体はべつに珍しいことではなかった。
当たり前の日常の光景として是認されていた。



つまり、本物のやくざは、
堅気の人に危害や迷惑を及ぼすことは
決して無かったのだ・・・
か、どうかはわかりませんよっ。(笑)









公務員が体に刺青を入れて、
それを“一般市民”に“誇示”し“恐れを抱かせる行為”が
是認されていいわけがない。


そうっ。刺青のことなら、
ベンジー、達也、照さんに訊けっ。



つまり、僕が言いたいことの全てはそれだっ。






・・・(笑)






【PV】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]

【PV】AKB48 会いたかった

アイドルマスター 「日本の米」

キノコパワー

BLANKEY JET CITY - 赤いタンバリン

BLANKEY JET CITY - ARE YOU HAPPY? 01/12 (edit)









2012.05.16    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   他者に依存したままなら永遠に土の中


渋谷陽一のブログにこんな記事が。


日本の格差が広がったと思う人、80%を超える。
自分の階層は「中の下」40%
2012.05.14 12:08



http://ro69.jp/blog/shibuya/67765









ツイッターを覗いていたら、こんな本を発見。


41人の美しいお坊さんが登場、書籍『美坊主図鑑』が話題
2012年04月25日



http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120420/1040577/



このまま少子高齢化が進み
就職できない若者が増えたとき、
出家がトレンドになる
「いま、坊主が熱い!!」



婚活、育活、就活・・・
そして極めつけは「坊活」
いや「僧活」かっ。
世も末じゃのう・・・



(笑)





原発立地自治体、6首長が再稼動に前向き


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120512-OYT1T01181.htm?from=tw


新聞は書き立てるさぁ~!!









マスコミと政府は
世論という真に不可思議な大義名分を振りかざし、
この国を独裁選民国家へと導こうとしている。
その行く手を辿るとアメリカ合衆国にたどり着くというシナリオ。



原発停止→電気料金値上げ→節電要請→計画停電→独裁選民社会の到来→

あぁ今日もロックンロールを聴いていよう・・・








ミスチルミリオンを達成した。
ベスト盤であることを差し引いたとしても、
この不況下のご時勢に於ける素晴らしい快挙である。
音楽の意味を改めて一人一人が問い直すきっかけになるはず。



竹内まりやの初期の音源を改めて聴く機会があった。
サウンド・プロダクションが素晴らしい。
恐らく、山下達郎のサポートが齎した産物。
そう思います。
つまり互いの求め合う理想が
絶妙な形で作品として具現化されている。
互いが互いの魅力に惹かれて、
互いが互いのために奉仕しあう関係。
もう、本当に理想的カップルですよ。(笑)
出会いってつくづくミステリー。









同じようなことが大橋純子にも言えるかもしれない。
大橋純子の現夫、佐藤健
その佐藤健が中心となり結成された美乃家セントラル・ステイション
そして、そのバンドを軸としてたまたま出会ったのが、
大橋純子土屋昌巳



そんな話をブロ友さんから聞きました。









大橋純子土屋昌巳
この2人が嘗て一緒にバンドを組んでいたなんて・・・
現在の両者の立ち位置及び音楽的嗜好性からは
全く想像つかないかもしれない(笑)。



互いが互いの資質、魅力に惚れ、
惹かれあう。
そこから理想的な関係性が育まれる。



だから、バンドって、おもしろい。


出会いって素晴らしい。



あの日、あの時、あの場所で出会わなかったら
いつまでも他人のまま。


モテる男は基本的に豆
だから一生懸命相手に奉仕する
奉仕できる。
それって素晴らしいことです。



たとえば、二股掛けてしまうのも、
自身の欲望に忠実であるというだけです。
男が女に惚れるのは男の生殖本能の成せる業ですから。




そのために一杯種を撒く


種を撒かなければ、決して実は成りませんからね




・・・(笑)


政府が国民に対して節電要請をしたり、
計画停電の必要性を説いたりしなくても、
私達国民は馬鹿では無いから、全て察しています。
その証拠として、
去年の夏も私たちは個々人の自主性によって
節電の夏を乗り切った。



互いに何も言わなくても、互いの心情を察して行動に移せる国民性。
一を聞いて十を察する聡明さ。
これは世界中に誇れる日本人の美徳を物語っています。
政府は、もっと国民を信じていいはずです。
私たちは貴方方が思うほど愚かでは無いし、貴方方が思うほど弱くない。



そして、もしも相手が間違った方向へ進もうとしている時は、
きちんと異議申し立てをして是正する
これも私達が代々受け継いできた大切な美徳です。




日米安保と引き換えに
私たちは嫌なことを全部沖縄に背負わせてきてしまった
私達が享受している平和と安全は多大な犠牲の上に成り立っている
やはり根源に立ち返り、もう1度その事実を噛み締めるべき?










もしも日米安保を破棄して自衛隊を無くしても、
現在の私たちの生活はきちんと護られるだろうか?
じゃっ、なにが要らなくてなにが必要か?その事を改めて一人一人が考えてみるべき。
他者に依存したままなら永遠に土の中








どんな逆境を迎えても
私たちはそうやって知恵と想像力を駆使して乗り切ってきた



何故なら、
過去は取り戻せないけど、
未来はいますぐ取り戻せることを
私たちは本能的に知っているからです。(笑)









筋肉少女帯 - 踊るダメ人間

David Bowie It's No Game Part 1

Mr.Children - GIFT [PV]

竹内まりや(Mariya Takeuchi) - ブルー・ホライズン(Blue Horizon)(1979)

大橋純子と美乃家セントラルステイション シンプル・ラブ

恋のダイヤル6700 フィンガー5

FACTRY(THE HIGH LOWS)1








2012.05.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   扉を開ければあなたとわたしの素敵なパラダイス!!


東電
家庭用電気料金の値上げを
政府に申請する理由。
それは
「おれたち、原発再稼動しないと食ってけねえんだよっ。
わかんねえかなぁ~」
ってこと。



「わかるわけねえだろっ」と私。


今年の夏も去年同様、
節電グッズの売り上げで景気回復を狙う企業が
続出するんだろう。
でも、一番の節電効果は、
私達庶民が外で消費しまくることなんだよっ。








外で消費することで家庭内での消費を抑えられる。
外で消費すれば経済が循環する。
あまりにもわかりやすい論理だ。



だからもう1度、ウエノコウジのあのことばを噛み締めよう。
「家賃、もったいないですよね」。











友人のブログを覗いたら、
作詞家安井かずみへの想いが綴られていた。




安井かずみさんって・・・


ずぅ~っと歳を取らないお姉さん。
そんなイメージがありました。


なんかいまでも不思議・・・




僕の中に潜む彼女のイメージは、
多分永遠にそのままだろう。










“フェリス女学院高等学校、文化学院油絵科卒業。女流画家を目指していたが、在学中にみナみカズみのペンネームで神田のシンコーミュージックでアルバイトで訳詞をしたことがきっかけで作詞家となる。フランス語の訳詞ができる数少ない語学力と独特の発想による歌詞世界で知られる。”
ウイキペディアより。






大人になっても少女の感性を持ち続けた人



そんなイメージ






作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 歌:竹内まりや(1980)

サイコーにお洒落なトライアングル!!







歌謡曲って、虚構の美と下世話な快楽
少なくとも僕は歌謡曲にリアルな現実の苦味を求めたくない。
たとえば阿久悠さんの詞世界にも
リアルの苦味を噛み締める描写がある。
でもそれは、あくまでも聴き手のスクリーンに委ねられる

つまりどんな解釈も成り立つからこそ、
聴き手はそこに愛と夢を描くことが出来る


自由に何処へでも旅立てる


虚構だからこそ美しい



だからこそ、
ニーナ(追憶)でなければいけないっ。
年上のあなた(危険なふたり)でなければいけないっ。


それは必然としてのドラマ設定!!








いつでもを開ければ、
そこはあなたとわたしだけの素敵なパラダイス!!

そう思ったりして・・・





それにしても
「追憶」も「危険なふたり」も
めちゃめちゃかっこいい!!




とくに「危険なふたり」









岸部修三さんのベースライン!!


まるでザ・フーのジョン・エントウイッスル
髣髴ですよぉ~~~ん。





素晴らしい。




THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜

デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ

ドナドナ / ?

♪~不思議なピーチパイ~♪

沢田研二/追憶

沢田研二/危険なふたり












2012.05.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   尊厳さえ失わなければ人はいつでも再生できる!!


小沢氏、控訴にコメント「理解に苦しむ」
産経新聞 5月9日(水)17時22分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000575-san-soci


少なくとも
控訴に費やす金と時間があるならば、
私達が抱えている苛酷な現実を見据えた上で、
未だ見ぬ未来の構築に費やすべき。











天変地異
何故起きるのでしょう?





忘れ去られたものを
無理やりにでも思い出させるために
神は天変地異を起こすのでしょう。




そんなの人に言わせれば、
非科学的で根拠の無い事実だと
一笑に付されるに決まっているんですけどね。

(笑)




でも、全ての物事には必ず理由があり、
偶然ではなく
必然なのだとしたら・・・



全ての事象は一致します。







私たちは決して一人で生きているわけではない。
互いが互いを
補完しあうことで成り立っている。



でも戦後の民主主義と共に欧米文化が入り込み
個人主義が蔓延した時から、
私達はどんどん大切なものを置き去りにし始めた。
それはきっと事実なんでしょう。



だからいま、
そのひとつひとつを噛み締めながら
必死に取り戻そうとする
過程にいるのかもしれません。












太宰治の小説に印象的な一節があります。



“「どこまで?」
おかみさんは、せかせかした口調で、前の席に座っている妻に話し掛けます。
「青森のもっと向こうです。」
と妻はぶあいそに答えます。
「それは、たいへんだね。やっぱり罹災したのですか。」
「はあ。」
妻は、いったいに、無口な女です。
「どこで?」
「甲府で。」
「子供を連れているんでは、やっかいだ。あがりませんか?」
桃とトマトを十ばかり、すばやく妻の膝の上に乗せてやって、
「隠して下さい。他の野郎たちが、うるさいから。」
果たして、大型の紙幣を片手に握ってそれとなく見せびらかし、「いくつでもいいよ、売ってくれ」と小声で言って迫る男があらわれました。
「うるさいよ。」
おかみさんは顔をしかめ、
「売り物じゃないんだよ。」
と叫んで追い払います。
それから、妻は、まずい事を仕出かしました。突然お金を、そのおかみさんに握らせようとしたのです。たちまち、
ま!
いや!
いいえ!
さ!
どう!
などと、ほとんど言葉にも何もなっていない小さい叫びが二人の口から交互に火花の如くぱっぱっと飛び出して、そのあいだ、眼にもとまらぬ早さでお金がそっちへ行ったりこっちへ来たりしていました。
じんどう!
たしかに、おかみさんの口から、そんな言葉も飛び出しました。
「そりゃ、失礼だよ。」
と私は低い声で言って妻をたしなめました。





「何も、もう無いんだろ。」
「ええ。」
「蒸しパンでもあるといいんだがなあ。」
その私の絶望の声に応ずるが如く、
「蒸しパンなら、あの、わたくし、・・・・・・」
という不思議な囁きが天から聞こえました。
誇張ではありません。たしかに、私の頭の上から聞こえたのです。ふり仰ぐと、それまで私のうしろに立っていたらしい若い女のひとが、いましも腕を伸ばして網棚の上の白いズックの鞄をおろそうとしているところでした。たくさんの蒸しパンが包まれているらしい清潔なハトロン紙の包みが、私の膝の上に載せられました。私は黙っていました。
「あの、お昼につくったのですから、大丈夫だと思いますけど。それから、・・・・・・これは、お赤飯です。それから、・・・・・・これは、卵です。」
つぎつぎと、ハトロン紙の包みが私の膝の上に積み重ねられました。私は何も言えず、ただぼんやり、窓の外を眺めていました。夕焼けに映えて森が真赤に燃えていました。汽車が止まって、そこは仙台駅でした。
「失礼します。お嬢ちゃん、さようなら。」
女の人は、そう言って私のところの窓からさっさと降りてゆきました。”


太宰治 小説「たずねびと」より抜粋





私達が戦後の復興と引き換えに失ったもの。




それは、謙譲と尊厳











個人としての尊厳を互いが認め合った上で、
互いの欠落を補完しあえる関係性。





それこそが我々日本人が育んできた
美徳なんだと実感する
昨今です。(笑)







東電、実質国有化で再建=10%値上げ、原発再稼働を明記―総合計画を政府認定
時事通信 5月9日(水)18時19分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000125-jij-pol


真夏の猛暑が予想される時期に
家庭用電気料金10パーセントの値上げを目論む東電。
社長が交代してもその腐った体質は引き継がれていくのかっ!!
だったら、こちらは徹底的に節約してもっと景気を悪くしてやるっ。
そしたらおまえら赤字で倒産だっ。










幼児虐待を無くすには母親が育児に専念できる環境を。
そのためには託児所を減らすべき。


そんなツイートがあった。



ある意味では一考に価する。
そう思います。




子供は親に認めてもらうことで成長するんですよね。




この世に生を受けた子供が最初に接するのは
両親の愛情です。
まず最初に親に認めてもらうことで、
自分はこの先なにがあっても無敵なんだ!!
思えるようになる。




「そうだっ。おまえは無敵なんだ」



それは最高の暗示。(笑)











あるフリーランスライターの呟き。


“「フリーライターにはどうすればなれますか?」さらの名刺にフリーライターと書けば今日から君もフリーライター。「フリーライターで食べていくにはどうすればいいですか?」それをおれに聞く時点でフリーライターの素養ゼロ。アウト~。”



たとえば、音楽評論家になるには
どうすればいいのか?
「音楽評論家」という名詞を刷ればいい。
大切なのは、それが全てのスタートだという事実ですよね。



でも・・・




音楽評論家って、


最早、死語っ






渋谷陽一、伊藤政則、大貫憲章・・・




3人とも未だに現役。(笑)







Lady Gaga「Born This Way」










彼女にとってあの曲は
自身のコンプレックスを自身の尊厳へと変換するための
起爆剤だったのかもしれない。




そう。


尊厳さえ失わなければ、人はいつでも再生できる。






名もなき詩/Mr.Children

Mr.Children - GIFT [PV]

Mr.Children/365日

David Bowie Fashion

David Bowie It's No Game Part 1

Lady Gaga「Born This Way」












2012.05.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   つくづく自分と云う人間はへそ曲がりでひねくれ野朗だと実感!!


YouTubeで、


素晴らしい動画を発見。





めっちゃ、かっこええでぇ~!!






実に正確にリズムを刻んでいますよね。
このナンバーの肝は派手なソロではなく、リズムですから。









ピッチが乱れないのはギタリストとしての天分に恵まれている証拠だと思います。



それにしてもなんて裕福な家庭なんだっ!!



僕にはそっちのほうが脅威ですよっ。




・・・ひがみ根性全開の私。(笑)







就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に
読売新聞 5月8日(火)15時25分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120508-00000690-yom-soci




どんなに辛くてもどんなに苦しくてもどんなに悲しくても、自分自身に同情し、自身の境遇を呪うのはいちばん愚かな行為だと思う。











“家はバラックなんだけど、面白いことに家のまん中にさるすべりの木があったんだ。オヤジがそれを真中にして建てたんだろうね。オヤジは大工だったから。部屋の中に木があるわけよ。何でそんな建て方をしたのかはわかんないんだけどさ、小さい時はその木でよく遊んだよ。滑ったりしてね。まあ、芽が出てきたり、蟻が歩いてたり(笑)。確か、中学に入る前に、多分広く使おうって考えて切ったんだと思うけど、その辺の経緯はよく覚えてない。”

“昭和三十年頃か、伊勢湾台風が上陸した時なんか家ごと揺れちゃってさ、天井がはがれちゃってね。台風が過ぎた後は夜空がよく見えたの覚えてるよ。よくあれで家ごと吹っ飛ばなかったもんだと不思議でしょうがないけど、あれは真中にあったさるすべりの木のおかげだったのかも知れない(笑)。”

“当時はどこの家でも普通に貧乏してたよ。裕福な家なんてほとんどなかったんじゃないかな。夫婦ゲンカの声、子供を叱る声なんてのは、夕方になると必ず聞こえてきたしね。「ゴハンダヨー!」「早く帰っといで!」「どこ行ってたんだ!」なんて、毎日だよ。食器が引くり返る音とかな。近所の家からいきなり「ガシャーン!」とか。しょっ中のことだった。どっかしらの家でオヤジがテーブルを引っくり返してたわけだな(笑)。”

ロッキング・オン社刊「わが奔走 IT'S MY LIFE 泉谷しげる」 
本文より抜粋。





貧乏自慢して笑いを取る芸人は、就活失敗して自殺する若者よりももっと最低だ。
芸人としての矜持が無い証だから。



貧乏自慢して他者の涙を誘う行為と、己の貧乏を笑い飛ばし他者を巻き込んで幸せの種を撒く行為との間には、100万光年ぐらいの差がある。



アエラ最新号を読む。
相変わらず、無責任でむかつく記事のオンパレードだ。



“地震「少ない街」はどこだ「発生確率」が低く、「地盤」が硬い84市町村”


だったら富裕層はとっとと安全な居場所へ移住してください!!


同誌掲載の西田敏行インタビュー記事を読む。
たとえどんな状況に追い込まれようとけっして己を偽らず、信念を貫き通す姿はやはり美しい・・・




この世に楽して儲かる仕事なんてありません。
よくネットの副業で大儲け!!という話を聞きますけど、それは普段の生活に於ける地道な努力の積み重ねによって得られるものなんですよね。
そこからスプーン一杯ののひらめき!!が開花するわけだし。



他者とのコミュニケーションを円滑に進める最大のコツは想像力をどれだけ働かせることが出来るか。
それに尽きるのだと思います。


他者への思い遣りとか気配りって、相手の立場に立って想像する能力のことですものね。想像力が貧困で鈍感な人は、いつまでたっても人のせいにしてばかりで永遠に進歩とは無縁。




そう肝に銘じないと・・・








おめえだよっ、



そこの、そこのおめえだよ!!って、



エレカシの宮本に言われそうだ。(笑)







つくづく自分と云う人間は



へそ曲がりでひねくれ野朗だと実感!!









CRAZY DOCTOR LOUDNESS 桜花9歳 ギター少女

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

春夏秋冬 泉谷しげる

奴隷天国/エレファントカシマシ












2012.05.06    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   神様は決して僕らに安穏と云う名のリスクを負わせることは無い


原発が全て稼動停止した。




これで一件落着。
もうリスクを負わなくて済む。













そう考えることが出来たら
どんなにいいだろう。





でもこれは未知のリスクへのカウントダウン。
僕にはそう思えます。




生きている限り、人はリスクから逃れられない。
物事には両面があり、
プラスとマイナスの間で常に危険な綱渡りを強いられる。
それが生きるということだ。



たとえば、
人体に優しいクリーンエネルギーの
需要が生まれたとしても、
そこには当然のように利権(の奪い合い)という名の
リスクが生じるだろう。
そう。それこそが人間の業だ。
業を抱えながら、それとどう折り合って生きていくのか。
それが厳しく問われる世の中になるだろう。




僕は多分、生きていく限り、
決して満足を得られることはないと思う。
常に怒ったり、苦しんだり、悲しんだり、喜んだりの繰り返しの中で
もがきながら生きていくしかない。









それは、
知的好奇心と創造力を育む源泉だ。




日照りが続けば水の恵みが恋しくなる。
豪雨が続けば太陽の恵みが恋しくなる。
需要と供給のバランスが崩れればそこにリスクが生じる。
やはり私たちは
無いもの強請りをする
強欲な生き物だ。











今日も相変わらず天候不順が続く。


豪雨に竜巻・・・



神様はけっして僕らに
安穏と云う名のリスクを負わせることは
無い。





つまり、
私達が生かされているという
事実は、
私達自身が試されているという
事実に他ならないのだ。








The Jam - Going Underground

Noel Gallagher's High Flying Birds - If I Had A Gun...

Mott the Hoople - All the Young Dudes











2012.05.05    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   結論へと導く過程こそ重要!!


ついに日本の原発が全て稼動停止



世間は「節電の夏」を大PR。



これが一番理解に苦しむ





だからなんで原発が全て停止すると
一斉に「節電の夏」を迎えることになるわけ?













仮に節電要請に国民が応えたら電気の消費が減る。
消費が減るから
景気は更に冷え込むわけでしょ?



そうなれば東電は更に値上げ要請。
企業も節電のための設備投資で更に赤字。



どう考えても辻褄が合わない。
小学生の知恵でも判る。












そこで、
自堕落でお気楽な私は考える。(笑)




家庭に於ける一番効率的な節電は、
「家」で過ごす時間を極力減らすことだ。
外で過ごせば物を消費するから経済は循環する





そう考えると、
ロックンロール・バンドは、
ツアー暮らしで
常に節電








「家賃もったいないですよね」byウエノコウジ。




結論へと導く過程が疎かになると、
結果、全ての人が不幸になる。








過去に戻って「なぜ原発が必要か」という議論では意味がありませんよね。事故の要因は地震だけではなく、私たちのエゴと怠慢ですから。
そいういう意味では、チャンスですね。








つまり異なる価値観を摺り合わせて、
わたしとあなたが本当に望む未来を築くための
議論こそ必要。


そう思います。








男は行く / エレファントカシマシ

ファイティングマン ≡ エレファントカシマシ

デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ

悲しみの果て ≡ エレファントカシマシ

ガストロンジャー / エレファントカシマシ







2012.05.04    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   駄目なもんは破壊されんだよっ!!


夢持てぬ若者、収入・年金・仕事「不安」8割
読売新聞 5月4日(金)12時16分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120504-00000159-yom-soci









待っているだけなら
どんどん遠ざかっていくのが未来。


過去は取り戻せないけど、未来はいますぐ取り戻せる。




どうしてあなたたちは
未来を憂い、未来を嘆くのですか。


黙って待っていたらこの国は
どんどん間違った方向へと舵を切るのが
判り切っているのに。


ならばまず想像力を駆使しよう。




わたしたちはどのような未来を欲しているのか?
ならばどうすればその未来を手にすることができるのか?


それが想像力を駆使する第一歩。













くだらない政権に任せていたら、
くだらない未来しかやってこないし、
くらだない国家しか築けない。


ならば与えられた権利を最大限に駆使するしかない。
そう。くだらない政権を抹殺する権利だ。









それが民主主義




相変わらず今日も
無茶苦茶な論理を振りかざす私です。




宮本浩次(エレファントカシマシ)と降谷建志(ドラゴン・アッシュ)。




やっぱり、この2人は怒パンクなんだと
再確認できた。










奴隷天国/エレファントカシマシ

ガストロンジャー / エレファントカシマシ

宮本 × Kj 1/2









2012.05.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックンロールは僕の生命維持装置?


ロッキング・オン最新号。




表紙はジギー・スターダスト40周年記念!!
DAVID BOWIE。




M-440










中学生の頃、洋楽に興味を抱き始めた。




そして、僕が最初に買った音楽雑誌は


「ミュージック・ライフ」だった。



その表紙がDAVID BOWIEだったからだ。






M-441






少子高齢化が加速し、男女の未婚率が上昇し、
パラサイト中年が増殖すれば、
間違いなく我が国の社会は崩壊へ向けて突き進むだろう。
そしてその打開策として移民を受け入れざるを得なくなるだろう。
それって欧米化っ!!





野生動物の世界に較べたら、
人間社会はなんて優しい社会だろう。
一人残らず掬い取る社会の実現を本気で目指しながら
生きているのだから。




ある方と、ネット文化の成熟度についての話になった。



僕は所謂ネット幻想は早くから捨ててしまいました。
ですからネットはもっぱら“心の浄化装置”として利用しています。
吐き出すのは精神衛生上必要なことなので。(笑)



M-442












深い心のつながりなんて
元々ネットに期待していませんから。
そう言い切ってしまうのは、確かに悲しいですけどね。



たとえば、世間では震災以降、
ツイッター等の効用が説かれていますけど、
基本的には情報交換のツールとして利用しているのでしょう。

少なくとも異なる信条、思想を共有し、
新たな価値観を醸成する文化が
この国に根付いているとはどうしても思えないんです。



意識的な表現者は、



皆、自覚していると思います。





M-443










僕が、中学生の時、
初めて触れた洋楽アーティストが、
何故DAVID BOWIEだったのか。




いま考えると、象徴的な気がする。



何故なら、BOWIEという存在は、
「どんなに君が周囲から馬鹿にされ、誰一人君の味方がいなくても、それはちっとも悲しいことなんかじゃないんだ」という、
生きていく上での大前提、大原則を、
僕に教えてくれたからだ。











ロックンロールは
そうやって永遠に続いていくんだということを
教えてくれたのも、
彼だったのだ。






相変わらずむちゃくちゃだなぁ~!!





いいんだよっ。





心の浄化装置だろっ。





・・・(笑)





David Bowie - Ziggy Stardust (From The Motion Picture)

MICK RONSON & DAVID BOWIE-Moonage Daydream

MICK RONSON & DAVID BOWIE-Hang on to yourself

David Bowie "Five Years"








2012.05.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   未婚の若者とパラサイト中年が増殖する社会


<パラサイト中年>「自立の余裕なく」 頼りは親の年金



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000044-mai-soci



そんな記事を目にしました。











基本的に、社会って、
全ての人がきちんと大人になり、
きちんと自立できる社会であるべき。
僕はそう思っています。

勿論、個々人のレベルに差は出るでしょう。
でも差が出るからこそ、そこにモチベーションも生まれるわけじゃないですか。

人生なんて、100人居れば、100通りの人生があるわけですから。




そのためには、
誰もが好きなことを見つけてそれに夢中になり、
それ自体が生きるうえでの活力源であるべき。
それが僕の考えです。



つまり仕事って生活のためであり、
生きていくためであり、
でも最終的には自分自身がこの世の中で生きているんだと
実感できるために必要なもの。



互いが互いの欠落を埋めるために存在し、
互いが互いを認め合うために存在するんだということを
誰もが素直に実感できる社会であるべき。
それが社会の基本的な在り方。



つまり仕事とは、そんな社会を実現するためのツール。











僕は高校を卒業してすぐに就職しましたが、
当時は履歴書なんて不要だった気がします。
だって、履歴書になんて書いたか覚えて無いし。(笑)
下手したら証明写真すら貼らなかったことがありました。




それでも面接だけで採用になった幸福な時代を
僕らは生きてきました。











ロッキング・オンの山崎洋一郎は、
逮捕歴があったにも拘わらず採用されたらしいですからね。













結局、今の世の中になにがいちばん必要かと問われたら・・・




信頼関係の醸成なんだと思います。




私にはあなたが必要だ。だから私はあなたの助けになりたい。



これは全てに当て嵌まる。


人は何故結婚して家庭を持つのか?
持たねばならないのか?



互いの間にぽっかりと開いてしまった
欠落を埋めるためだ。




それが信頼関係の基本だと思うから。






ツイッターを眺めていたら、hideのことばを見つけました。








“ロックをズタズタに切り裂いたりはするけど、けして足を向けては寝れない。初めてロックを聴いたとき少年だった自分の中の壁が崩れ落ちた時の事を今でも覚えているからね。その少年だけは裏切れない。 - hide”




物事の基本




余りにも蔑ろにされすぎてきましたよね・・・(笑)








hide 「ROCKET DIVE」 PV

(HD*Subbed) hide with spread beaver - Pink Spider ピンクスパイダー / X JAPAN

David Bowie Watch that Man

ドカドカうるさいR&Rバンド - RC SUCCESSION

Hide-Hurry Go Round-PV














2012.05.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   おまえらっ、悪いけどなんにもわかってねえじゃんっ!!


関電、今夏も節電要請…大飯再稼働でも
(2012年4月10日15時50分 読売新聞)



http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20120410-OYT1T00675.htm



“NHKの解説委員が関西電力の夏の計画停電に80%が容認していると言った。何かのアンケートの結果でしょうがそれに従って電気を止めますといわれても困る。確かに自分の不便さだけを考えての事だがどう考えても戦争中の日本を思い出してしまい国は何をしているんだろうねと思うのは平和ボケかしら。”
内海桂子 ‏ @utumikeiko



なぜ、今年の夏も節電が必要になるの?
そもそも贅沢なんてしてないでしょ?
当たり前に生活してるだけなんだよ。
「おまえらが節電節約を怠ったら、いつでも電気を止められるんだぜっ」てかっ?
そうやってまた戒厳令の発令ですか?











<泉谷しげる>“二股報道”の塩谷瞬に「追放!」と喝 過去の女性関係も“暴露”
まんたんウェブ 4月30日(月)17時14分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120430-00000004-mantan-ent



ある芸能人が二股かけたことを謝罪してるけど、
人間が生き物である以上、
本能に従って生きているだけの話。




生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍
(2012年5月1日 読売新聞)



http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20120501-OYT8T00128.htm?from=tw



私52歳ですが未婚です・・・
国家存亡の危機に加担しています。
すみません。




基本的に結婚は子孫繁栄のため。それが国家の繁栄に繋がる。
少なくとも僕の両親の世代はそのような認識を叩き込まれてきたのだと思う。
だから結婚に対する迷いも無かったと思う。


経済的困窮を理由に結婚を躊躇するという発想も、
余りなかったはず。


何故なら結婚とは、
互いの欠落を埋めることで、
全く新たな価値観を生み出すための契約だから。











【MLB】ダルビッシュ無傷の4勝目、指揮官「32勝0敗は期待しないが…」
ISM 5月1日(火)14時47分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000216-ism-base



だからいったじゃん!!




“大リーグ初登板のダルビッシュ有。

いきなりきつい!!洗礼を浴びつつも、
味方の援護射撃に応え、勝利投手。

結果としては、決して褒められる出来では無いし、
本人も悔いの残る投球だったかもしれない。

でも、僕は寧ろ、良かったんだと言いたい。
人生って、経験が血肉化され、
結果として全てがプラスに作用すればOK!!”


http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-1159.html



未来は僕らの手の中っ。





“よく先輩のバンドとかに「おまえらが次のロックを担うんだ」とか「おまえらがアイドルを潰すんだ」って言われるんですけど、俺はそう思ってなくて、これだけ楽しくやって、これだけ自分たちに嘘をつかないで作った音楽っていうものが、ほんとうに勉強した、頭のいい人、もしくはいわゆる天才と言われる人たちが生み出す生産的な音楽よりもかっこいいんだぜ!っていうことを、僕はチャートという数字の中で表現して、「勝った!」って言いたい。それをONE OK ROCKでやりたいんですよね。バンドってすげえんだぜ、ロックってすげえんだぜっていうことを伝えたいんですね”

ロッキング・オン・ジャパン2012年6月号 ONE OK ROCKインタビュー記事より。












僕は世の中に言ってやりたいっ。






ほんとっ!!





おまえら、





悪いけどなんにもわかってねえじゃん!!って。






ごめんね。(笑)





奴隷天国/エレファントカシマシ

野性のバラッド/泉谷しげる with LOSER

ONE OK ROCK 「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」












Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog