プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
この世の中に、 裏表のない人間など果たして存在するだろうか? Jun 26, 2017
生き方は自分で選べる。人と較べるよりもあなたはあなたの生き方を貫こう Jun 25, 2017
どんなに離れていても互いの心はいつも寄り添っている Jun 24, 2017
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  こりゃ、世の中の破滅だわなっ!!
2011.11.27   カテゴリ:《 お笑い 》
  江戸の風が吹く噺家とは・・・   日々がどんなに退屈だとしてもそこから学ぶべきことは無数にある   己の美学を貫く人は美しい   いつまでも踊り続ける世代!!   ビートは全てを肯定してくれる!!   渥美清さんは震えるほどパンクだった!!   承知いたしました・・・   己自身の混沌と向き合いながら生きていこう   70年代の濃密グルーヴ!!とTTPの是非?   TPPに参加するしないなんて瑣末なこと!!   杉良というロックな生き様!!   私たちは人生と云う名の旅の途上・・・   四つ打ちは僕らの生活のビートそのもの!!   YOKO ONOへのオマージュ   どじょう内閣に未来の展望はあるのかっ!!   明日を夢見るためには何が必要?   相反する価値観が錯綜する世の中

2011.11.29    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   こりゃ、世の中の破滅だわなっ!!


若者たちの間




昼活というのが




流行っているらしいという話を、





以前、日記に綴りましたけれど、




その拡大版ともいうべき




街コンなるものが、




20~30代の男女に受けているらしい。




http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111126/k10014223891000.html



街コンが拡がることで




地域の活性化にも繋がるし、





様々な価値観を


共有し合える場
としても好評







日常の生活に於いては、




どうしても横の繋がりが希薄になりがち




普段の生活の中では




なかなか出会えない人たち




コミュニケートできる場があれば、




出会いも拡がるし、





人間としての器も拡がる効果がある。





また異業種間の交流によって、




普段の生活からは得られない



様々なエキスの吸収も


可能






つまり、いいことずくめ?




そうなると・・・




んなこたねえだろっ!!




反発したくなるのも




人間の業である。










大勢の人間




飲食店に集まって






わいわいがやがや、わいわいがやがや・・・





終わってみたら




なにひとつ得るべきものなど


なかった






けたたましい喧騒と倦怠だけが残った





何故なら




誰一人として人の話など聞かないからっ





・・・










もう、二度と参加しねえぞっ!!





結果として




潤ったのは




出会いの場を提供した飲食店の店主と、




話題が豊富で聞き上手な、




男女カップルたちだった。





モテない奴って・・・




結局



どんなに出会いの場があったとしてもさぁ、





やっぱ!!最終的にモテないよねっ







んなことになりかねないってばっ











まっ、って、




基本、捻くれてますからねっ







全ての物事




決して額面どおりに受け止めようとしない




天邪鬼な性癖を抱えて生きてます。



“天邪鬼「人の心を見計らって悪戯をしかける子鬼」とされることから転じて、現代では「他者(多数派)の思想・言動を確認したうえで、あえてこれに逆らうような言動をする"ひねくれ者"、"つむじ曲がり"」「本心に素直になれず、周囲と反発する人」またはそのような言動を指して、「あまのじゃく(な人)」と称されるようになった。”

ウイキペディアより抜粋。








人を憎んだり恨んだり傷つけたりするのは




人間の業




そんな業を自ら肯定することで




初めて自分自身と向き合うことが


可能になる






僕は思っています











全てを受け止めることで




人は呪縛から解放される





それって



談志の生き様そのものだったかも





談志は生前




こんなことを云ってたそうです





噺家が、


業の克服を説く様じゃ、世も末だ!!





本来なら、



人間の業を肯定するのが落語だったはず。





つまり、



世の中の秩序(建前)が前提として


あったからこそ





虚構(建前)を剥いで真実(本音)を晒す




落語の世界成立したのである。










世の中の秩序が


崩壊
してしまえば、





落語自体の成立する余地など、




最早、どこにもない







こりゃ、ほんとに





世の中の破滅だわなっ!!




STRAWBERRY NIGHT / SHINJI&CRISIS

MAMA LUCY / SHINJI&CRISIS

僕らのハーモニー

➀MARCH☆原田真二♢1980.3.16♢Studio Live

Living in the Material World






2011.11.27    カテゴリ:  お笑い 

   江戸の風が吹く噺家とは・・・


落語の世界




出囃子はなくてはならぬもの




“出囃子 (落語)

落語家の出囃子(でばやし)は、落語家が高座に上がる際にかかる音楽である。寄席や落語会では、落語家に限らず、芸人が登場する際の音楽全てを指すことがある。”


ウイキペディアより抜粋。





落語家が


これから高座に上がりますよ!
という



合図であると同時に、




登場する落語家の


人となり
が、




その出囃子に凝縮されるからだ




“落語家ごとに使われる曲目が異なっている。通は曲を聴いただけで、どの落語家が出てくるかを知る。プロレスラーや格闘家の入場テーマの元祖とも言える。たとえば「野崎」の出囃子がかかると、東京では「黒門町だ」、大阪では「春團治や」と期待する。春風亭柳好(野ざらしの柳好)が存命時、「梅は咲いたか」の出囃子が流れると「柳好だ」、「柳好だ」とざわめきが起こり、拍手があがった。このように寄席の雰囲気を作り出す効果がある。”

ウイキペディアより抜粋。













出囃子



一人ひとり、皆違う




例えれば、



プロレスラーがリングに入場する時に


流れる


テーマ曲
みたいなものだ。











舞台袖で出囃子を鳴らすのも、




前座の務め



“演奏に使用されるのは主に三味線、太鼓、笛、当り鉦など。演奏する人のことを「下座」、「お囃子」と言ったりする。東京、上方とも、三味線は専門の下座演奏家(「三味線方」という。全員女性)が、笛と太鼓は前座の落語家(「鳴り物方」という)が演奏する。太平洋戦争前の上方落語では、落語家なのに落語をせずに下座でお囃子演奏のみを行う者を「ヘタリ」と呼んでいた。”

ウイキペディアより抜粋。






つまり、歌舞音曲の類は落語家の必須科目である。





高座に出囃子の音が鳴り響く



瞬間
から・・・







噺は既に始まっている







立川談志




袖で出囃子の太鼓を鳴らし





その出囃子に乗って高座に上がる



様々な噺家の形態模写
を、





当時未だ二つ目だった、春風亭小朝が演じる





そんな夢のような映像を見た。






これが・・・まさに絶品!!











至芸と呼んでいいと思う







袖から高座まで歩き





座布団に正座するまでの、




独特の様式美を完璧に再現してみせる


その技量
は、





やはり半端じゃない!!






改めてそう思った





平成の名人と謳われた、古今亭 志ん朝がそうだったように、





小朝の高座には独特の華がある。






そう!!



未だ前座の二つ目だった頃から、





既にその艶っぽさが


滲み出ていたのである








林家 木久扇の演じる彦六の物真似も絶品









好きこそ物の上手なれ!!と、云うけれど・・・







好きだからこそ、




その人の全てを


自分のものにしたくなる






盗みたくなる







そのためには、





己の知性、好奇心、探究心を総動員して、





その人に成りきろうとする






“全ての芸術は物真似より生ずる。


物真似の上手いのは芸もよくなるよっ。”






そんなふうに談志は、




もうすぐ真打になるであろう小朝の“芸”を、





絶賛してみせた。






談志も、




志ん朝も、





そして小朝も、





江戸の風が吹く噺家である




椎名林檎 - カーネーション - c

燃える闘魂・アントニオ猪木のテーマ:炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~

形態模写

木久蔵 「ばがやろぉぉ 早く食え」









2011.11.25    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   日々がどんなに退屈だとしてもそこから学ぶべきことは無数にある


私的に、



今年最もインパクトのあったセリフは・・・




やはりこれだった。




家政婦のミタ。「承知しました」











でも・・・



今年の流行語には




ノミネートされないのね。






松嶋奈々子が、時給1300円で




家政婦を募集していた。




しかもそれを




ハローワークに申請していた。




ミタさんの時給2000円よりも低いじゃんっ!!






その理由は・・・




あなた自身が考えることです。(笑)








一昔前には気付かなかったこと・・・





皇太子




一皮剥いたら、





おれたちとおなじヲタだったという事実









「いやぁ・・・


まずいとこみられちゃったよなぁ!!」






お召し列車の中・・・




デジカメ片手に佇む皇太子であった。






一昔前には気付かなかったこと・・・




皇室も、



そのベールを剥いだら、





あの「渡鬼」の価値観が渦巻いていたという事実。









「雅子にも困ったもんだねっ!!


あたしは悲しいよっ」







そう嘆く


姑の美智子であった・・・








週刊文春最新号に掲載されている




芦田愛菜グラビア記事を読む。






彼女に対して抱いていた誤解と偏見が




瓦解していく・・・








彼女は演じることが好き。





演じる現場が好き。




そして




それらが齎してくれる未知との出会いに




ドキドキワクワク!!するから




やめられないだけ。






ただそれだけ。











どんなに大好きなことも





それが仕事になった瞬間から、




それは単なるお仕事になってしまう。






けれど




それが好きだという気持ちに




嘘がない限り





それはお仕事以上の意味を持つ。











そう、


このために


生きているんだぜという実感。






それを僕は


芦田愛菜ちゃんから学んだ。




ありがとうねっ






“「東京生まれだって、了見が田舎者はいっぱいいる。出身は地方でも江戸っ子の気持ちが分かる人間だっている。心意気の問題なんだ」
東京のうなぎ屋で食事しながら、こんな話を聞いたことを思い出す。立川談志さんが徹頭徹尾こだわったのは、この「江戸っ子気質」だった。
偉そうに振る舞うヤツや権柄ずくな物事が嫌い。本当はやさしいのに、照れ屋だから、つい憎まれ口をたたき、放言や毒舌で世間を騒がせた。弟子の真打昇進問題をきっかけに、師匠・柳家小さんと袂を分かち、立川流を作ったのも「口に出したことは意地でも曲げない」気質の表れだ。”

読売新聞朝刊2011年(平成23年)11月24日(木) 社会面記事より抜粋










僕自身は了見が狭い人間なので、




嫌いなやつは


未だに嫌いです。




媚を売って稼いでる芸人とか、





昔の苦労話をネタにして稼いでる芸人とか・・・





名前挙げたらキリがないので・・・



割愛っ!!(笑)







翻って、僕が敬愛する人は、




周囲に惑わされずに


己の了見を貫いている人たち





杉良太郎、立川談志、矢沢永吉、落合博満、



江川卓、北野武、勝新太郎、イチロー
・・・






みんな偏屈我侭



嫌われもんばっかじゃんっ!!











立川談志は、



何故国会議員になったか。





芸人は大衆から面白がられ、




おれもああなりてえやっ!!




思わせるために生きているからだ。







そんなこともわかんねえようじゃ、



おめえの了見とやらもたいしたこたぁねえなっ






そんな呟きが聞こえる・・・





サカナクション/ルーキー

アイドルマスター 「日本の米」

渡る世間は鬼ばかり ~2008年版~

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

Walking Like A Man / the HIATUS

↑THE HIGH LOWS↓ - 月光陽光

矢沢永吉 黒く塗りつぶせ Tokyo Dome SPゲスト 氷室・甲本・真島











2011.11.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   己の美学を貫く人は美しい


2006年の11月から




このブログを始めたので




今年の11月で5年が経過した





そして今月から6年目に突入





仕事以外に何一つ長続きしたためしの無い自分




一つのことを5年間続けてこれた理由は、




たぶんこれに尽きる





楽しいからだ














先日



街でスカートを穿いたおっさんを見かけた











まったくごくふつうに


スカートを穿いていた
ので、




こちらも



最初は気付かなかった





女装マニアでもコスプレでもなく




当たり前にスカートが好きなんだろう











考えてみれば




だぶだぶの短パンがスカートに見えること




あるもんなっ






清武VSナベツネ






ごく普通に考えれば、




どこの企業でも起こりえる


職場の内紛劇






べつに珍しくもなんとも無い




それなのに




天下の巨人軍だというだけで


世間は馬鹿騒ぎ












たしかにこの国は天下泰平だ





菅野は云う




小さい頃からの憧れだった巨人に入りたい




だから日本ハムへの入団を


拒否します





だけど日本ハムは決して


菅野を諦めない






「夢は見るものではなく、叶えるもの」


だから







岸部四郎、車椅子で半年ぶりに登場「元気にならないと」



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000019-eiga-movi



<訃報>落語家の立川談志さん死去、75歳



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111123-00000020-mai-soci











ありのままの状況を受け止めて、


あるがままに受け入れる






そんな己を洒落のめす








周囲に媚びず、群れず、省みず、


自身の美学を貫く人
に・・・




僕は憧れる






仕事に就くのが大嫌いだから


ロックンロールに就きました!!
という




あの・・・おいちゃんのようにっ。




http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-788.html








・・・(笑)








談志師匠







謹んでご冥福をお祈りいたします





Aerosmith - Walk This Way

Aerosmith - Love In An Elevator

Aerosmith - Dude (Looks Like A Lady)

斉藤和義 僕の見たビートルズはTVの中

THE DUST'N'BONEZ / CONFUSION

ZIGGY - GLORIA







2011.11.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   いつまでも踊り続ける世代!!


自転車と歩行者は





どうすれば共存できるだろう?






法整備によるきちんとした差別化が必要?





自転車は車道を走り、舗道は歩行者優先?






車道に自転車専用レーンを設けて




監視機能を強化する?





いやいや、実はとてもシンプル。




何故なら




互いの思いやりと心がけで共存は可能だから。










明日からまた




気温が極端に下がり寒くなるらしい。





風邪をひかないように、気を付けないと。




咳は他者への無言の迷惑。





やはりマスクは必須だ。




ビールスの予防だけでなく保湿効果もあることがわかったから。






お年よりは昔遊びが好きだ。





そういう定説があるらしい。





歳を経ると皆、




子供の頃に還るから、




昔遊びの記憶が甦るということなんでしょうね。










私たちの世代が歳を経た時に思い出すのは





一体何でしょうか?




そう言われると・・・




なにひとつ浮かびません。




子供の頃に何をして遊んだか?




その記憶は今でもきちんと残っています。




めんこ、ビー玉、鬼ごっこ、缶けり・・・




だからといってこれらの遊びを、




歳を経て改めて懐かしいと感じるかどうか。










じゃっ、少し成長して思春期を経てからの記憶。




ディスコ、喫茶店、ライヴハウス・・・




それも改めて懐かしいと感じるかどうか。





もしかすると




何も残らない世代なのかなぁ・・・









いや、



きっといつまでも




何かを探している世代なのかもしれない。







それは真実かも!!(笑)





たぶん僕はおじいちゃんになっても




4つ打ちのビートにエモーションを感じる世代だろう。











それだけは断言できる。






あの高揚感!! に、勝るものはないから。(笑)






そう・・・




僕等はいつまでも踊り続ける世代!!







Queen - Bicycle Race - 1978

Queen - 'Don't Stop Me Now'

COSMIC SURFIN'/Y.M.O.

YMO 東風(TONG POO)

サカナクション - 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』









2011.11.20    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ビートは全てを肯定してくれる!!


“小さな種だって大きな花になる

重度の障害を持つ仙台市の詩人・大越桂さん(22)の作品「花の冠」が、合唱曲になり、東日本大震災の被災地で歌い継がれている。復興へと歩み始めた人たちを、つぼみにたとえた優しい詩だ。脳性まひや弱視に加え、声も出せない。寝たきりの自分ができること。これまでのように、母親の手のひらを指でなぞって書き上げた。

大越さんは体重819㌘で生まれた。重度の障害や病気で、幼い頃から手術を繰り返した。体は思うように動かず、目もよく見えない。13歳で気管を切開し、声を失った。母紀子さん(50)の手のひらを指でなぞる「筆談」で意思を伝えるようになった。
作詞を始めたのはそんな頃だ。紀子さんが作品をブログに載せると、感想も寄せられるようになった。「海の底の石みたいだった私が、言葉を与えられてようやく人間になれた」。約200編をつづってきた。
震災で自宅は3日間停電した。痰の吸引機を動かすため、紀子さんは車から電気を引いた。「みんな大変な状況なのに」。無力感に襲われた時期もあったが、1ヶ月後、「私にできることをしよう」と作詞を再開した。
「花がくるくるっと回って、誰かの頭にのるイメージが見えた」という。「花の冠」に津波や放射能という言葉はない。詩は<花をつなげたかんむりを あなたにそっとのせましょう 今は泣いてるあなたでも 笑顔の花になるように>と結ばれている。

多くの人に愛され続ける「花の冠」。大越さんは「自分がいることが誰かの役に立っていることもあると考えると、どんな姿でも生きていたい」と思っている。”


読売新聞朝刊2011年(平成23年)11月20日(日)社会面記事より抜粋。










もしも・・・




自分と云う存在を他者から



否定されてしまったら






この世に生きている意味




何一つ





見出せないだろう。










もしも、




あなたがこの世に



生きているというだけで



迷惑なんだから




どうか死んでくださいと言われたら
・・・








あなたが死んでくれることで



誰かが救われるんです






言われたら・・・










でも、そうやって






心に溜まった澱を



全てことばにして吐き出す
ことで、







ネガティブな感情





濾過されます。











そして




その瞬間から人は



新鮮な気持ちになれる
のだと





思うことにしています。











貴方がどんなに周囲から理解されなくても




己を信じて




与えられた居場所




きちんと責務を果たしたならば、





それは成功と呼べるんだよ




証明したことになる。











さっき街角この曲が流れた時・・・





この世の中を祝福する



素敵なビート
が、





僕らを包み込んでくれたような気がした。





そう。




どんなに




この世界が愚かで



醜くても






ビートは全てを肯定してくれる









そして僕等はその度に更新され



生まれ変わるのだ












そう思うことにしよう!!







新作合唱曲「花の冠」~被災地より復興の願いを込めて~【応援ソング】

Blankey Jet City 青い花

ソウル・フラワー・ユニオン-Noと言える男

ソウル・フラワー・ユニオン - 風の市

サカナクション - 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

RYDEEN/Y.M.O.









2011.11.19    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   渥美清さんは震えるほどパンクだった!!


テレビのバラエティ番組で




なにが一番


イラッとくるかって・・・





スタジオに集まった客の均一なリアクション!!





「へぇ~・・・」




「ほぉ~・・・」





「ふぅ~ん・・・」





「あははは・・・」







その無限ループ。





おまえら思考停止の幼稚園児かっ。





たまには反逆しろよっ!!










テレビでブータン国王の姿を見て





最初に脳裏に浮かんだのは





春一番!!だった。





「みなさんっ!!元気ですかぁああああああ~」










いやぁ・・・



やはりあのガウン(笑)




いや・・・




あの民族衣装とオールバックが



決め手でしたよねっ。





国民総幸福量という概念も



素敵です。







大学生たちの間でさぁ・・・




昼活が流行ってるって?




就活、婚活、育活、




えぇええと、それから・・・




総括っ!!(笑)





昼活という概念は一体何なのか?





それは昼休みの有効活用。




たとえば昼に合コンをやれば低予算で済むし、




時間制限があるので




余計なリスクも避けられる。




そういうことだってさっ。







ひとりで孤独に打ち震えるよりも、




皆で寄り添って想いを分け合えれば、




それは幸福と云う概念に一歩でも近づくことになる。














それはきっと素敵なこと。





でも、




馴れ合うことと寄り添うことは



違う。






なんでも横並びで、




なんでも人と一緒でなければ、幸福を分け合えないとしたら、





それはとても悲しいこと。







http://youtu.be/1g1EM163S9E






それは自我を葬り去るということだ。






他者と繋がるという行為は、





他者の自我を自身の中に受け入れるということ。







他者の自我を受け入れるということは、





互いの自我を認め合うこと。






受け入れることとしがみ付くことは





決して同義ではない。








他者に依存してしまえば苦しむこともない。






でもそこには快楽もない。












人はいつか死ぬ。



きっと死ぬ。




当たり前にいつか死ぬ。








どんなにもがいても



どんなにしがみつこうとしても





最後には一人になる。






それならば




しがみつかずに自身を受け入れよう。







昼活よりも・・・





昼にかつ丼喰って美味い!!と実感するほうが




幸せ。




そういう僕はつくづく・・・




横並びの概念が大嫌い。












渥美清の名言。



「狂気のない奴は駄目だ」


「それと孤立だな。孤立してるのはつらいから、つい徒党や政治に走る。孤立してるのが大事なんだよ」






震えるほどパンクだ!!






渥美清の名言。



「いいこと言うねえ。うん、狂気だな。狂気っていう方がアブノーマルより偉そうにきこえる」




鳥肌もんのアナーキストだっ!!





寅さんの名言。



「さくら、おまえだって、目まで毛糸がほつれて垂れ下がっちゃったような犬のいる家に住みてえだろ」




いつだって腹がよじれるほどサイコー!!









“一九七七年には、渥美清さんと共演しています。アレ、松竹の『八つ墓村』。「たたりじゃ~」でヒットはしたけど、変な映画だったぜ。


「監督、やっぱりさ、おかしいよ。ふつう、おばあさんが溺死してるのを見つけたらちゃんと引き上げてやるとかするでしょう。まして手の届くところにいるんだからさあ」
渥美さんにも言いました。
「これでいいんですか、渥美さん。絶対、変だと思いません?」
そうしたら、
「いや、最初っから変なんだよ。だってさ、おれが金田一耕助やってんだから」
だって。
「何たってよ、おれはみんな寅さんだから」




渥美さんは一九七二年、自分のプロダクションで『あゝ声なき友』(一九七二)という映画を製作した。主演はもちろん渥美さんで、監督は巨匠・今井正さんだ。


公開されたとき、ぼくも観に行った。いい映画でした。真面目で、泣かせる話なんだけどね。
渥美さんが、
「あなたのご主人が亡くなりました」
と、未亡人に遺書を渡す場面で、お客が笑っちゃうんだって。泣かせなきゃいけないところで、客席から笑い声が聞こえる。
「ガッカリしたな。おれが出てきて、真面目にやると、みんな寅さんになっちゃう」
渥美さん、そう言ってました。
「何たって、おれはみんな寅さんだからよ」
あの言葉には、渥美さん自身にしかわからない哀しみがこもっている。”

「ショーケン」 萩原健一著 
本文より抜粋。



“『男はつらいよ』のロケといえば、こんな逸話もありました。
ある地方で夜のロケをしていたとき、現場のまわりに暴走族が集まってきて、バリバリとものすごい騒音を出すもんだから、撮影にならなくなっちゃった。
「誰か、あいつらのとこへ行って、止めてこい!」
そう言われて、製作部のスタッフが頭を下げに行くんだけど、「なんだテメェ! やんのか、この野朗!」とかなんとか言われて追い返されて。次に演出部のスタッフが行ってみるけど、これもダメ。最後にはプロデューサーまで出ていったけど、それでもダメ。
もう誰が行っても止まらないぞ。となったところで、突然、渥美さんがスーッと出ていって、リーダー格みたいなやつの耳元で何かを言ったんです。すると、そのリーダー格の男は、「おすっ!」なんて言って、すぐに仲間を引き上げさせてしまった。現場にいたスタッフやキャストは全員、目を丸くして、「おい、一言で追い返しちゃったよ」
「渥美さん、なんて言ったんだろう?」”

日本一の脇役が語る人生の美学 待機晩成 笹野高史著 
本文より抜粋。


“本番前のテストのとき、暴走族風の若者が三人、オートバイのエンジンをふかしながら、騒いでいたのです。
スタッフが「やめてください」と頼んでも、素知らぬ顔で「こっちの勝手だよ」。そこへ、渥美さんが近づいていきました。
まず、六、七メートルの距離から、ヤクザの人がよくやるような「ちょっと来い」という手振りを見せ、
「お兄ちゃん、なっ、すぐ終わるからさ。ちょっと待っててくれないかい」
いつもの穏やかな調子で、話しかけます。若者たちは一瞬驚いて、渥美さんを見たものの、すぐに、また挑発を繰り返します。すると、渥美さんは、おもむろに近寄り、若者たちを見据えると、さっきよりも低く太い声で、「なぁ、お兄ちゃん。話せばわかるんだから、なっ、すぐ終わるしさ」
その瞬間、若者たちがビクッとしたのが私にもわかりました。その隙を見逃さず、
「あっ、そうかい。向こうへ行くのかい。じゃ、そこを通してあげておくれ」
そうやって、ロケ現場の外へ追いやってしまったのでした。



渥美さんがおもむろに口を開く。
「オレにもお前たちと同じ血が流れている。気持ちは分からないじゃない。その薄いカバンじゃ、教科書は入っていないだろう。今はいいけど、高校卒業したら、ちょっとはまじめになれよ」
口調は静かだったが、さりげなく一人一人に送る目線には、うむをいわせないものがあった。
「撮影のじゃまはするな」という直接表現はひと言もなかったが、高校生たちは体を硬直させたまま、一礼すると、逃げるように立ち去った。

それにしても、〈あの莫迦な寅が・・・・・〉となめていたツッパリたちにとって、相手のあまりの変身は仰天ものだったに違いない。”

おかしな男 渥美清 小林信彦著 
本文より抜粋。


“もちろん普段遊んでもらってるときにも、そういうカッコよさはあちこちで感じました。
たとえば、渥美さんと一緒にご飯を食べる時は、当然、いつも渥美さんが驕ってくれましたが、実は僕ら、渥美さんがお店でお金を払っている姿というのを、一度も見たことがないんです。カードにサインをしてるのを見たことがない。
「そろそろ出ようか」
「ごちそうさまでした!」
「いいの、いいの」
なんて言って店を出るとき、渥美さんはかならずレジの前を素通りしていく。僕らが心配になって、「あの、お勘定は?」って店の人に聞くと、「はい。もういただいてます」と笑顔。
おそらくトイレへ行ったときかなんかに、ついでにお勘定を済ませたんだと思うんですが、お金を払う姿は、決して人には見せないんです。それが、まずカッコいい。
そして、店の外へ出ると、「ふたりはまだ飲み足りないんだろ? じゃあね」と言って、そのまま歩き始めちゃう。”

日本一の脇役が語る人生の美学 待機晩成 笹野高史著 
本文より抜粋。














あぁ・・・




純粋になりたい!!







Sex Pistols - God Save The Queen (HD OFFICAL MUSIC VIDEO)

燃える闘魂・アントニオ猪木のテーマ:炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~

斎藤和義 やさしくなりたい

SHERBETS 38 special PV

Sherbets HIGH SCHOOL

Rainbow Surfer : SHERBETS(浅井健一)

AJICO 美しいこと










2011.11.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   承知いたしました・・・


自分を理解しようとしてくれる人が




この世界にたった一人でも




いてくれたなら、





その人のために生きることを


僕は厭わない




思う。



ただ・・・それだけです










今を悔やんでも




その瞬間にそれは過去になる。




だからそんなもん



どんどん置いてけぼりにしても


ぜんぜん構わない










それを人は希望の証と呼ぶんだろう






だから、



自分の呟き



どんなに支離滅裂で意味不明でも




全然OK






それが正直に生きている証





一番最悪なのは



そんな想いがどんどん蓄積されて



異臭を放った時







週刊朝日最新号に掲載されている



オアシズのインタビュー記事を読む。




深く・・・



心の深部に蓄積される


素敵な言霊たち








その記事に於ける印象的なことば






他人にいじられるのは最高の幸福




一番の不幸は己の存在を無視されること




そう・・・大嫌いは大好きの裏返しだもんねっ




愛、逢い、相、会い・・・







MASSIVE (マッシヴ) Vol.4掲載の



高崎晃インタビュー記事を読む。










彼と僕は同世代



年令も一つ違い





ちなみに彼は2月生まれで、僕は3月生まれ



・・・(笑)




ロックはその人の生き様だと語る高崎




その通り!!







“北海道・羅臼

16日午前11時25分頃、北海道羅臼町の河川敷で横転した車を捜索中の警察官らが発見、車中にいた北海道奈井江町、無職相馬愛政さん(81)と孫の相模原市、木村澄海ちゃん(3)の2人が救出された。2人は車中で一晩を過ごしており、足に軽い凍傷を負って入院したが、澄海ちゃんは一緒にいた愛犬「ジュニア」を抱いていたという。

2人と一緒にいた「ジュニア」はオスで7歳のラブラドルレトリバーで、約80㌢の大型犬。救出後、澄海ちゃんは救急隊員に対し、「犬を抱いて温まっていた」と説明するなど、元気な様子だったという。
相馬さんの妻(77)は、「犬がよく孫を守ってくれた。無事見つかって安心した」と話していた。”

読売新聞2011年(平成23年)11月17日(木)
社会面記事より抜粋。





ねぇ、ミタサン



シニタイということばの重さはどうやって量ればいいの?




http://youtu.be/1g1EM163S9E




誰もが簡単に死にたいということばを


口にします。




でも、


それはそうやって想いを吐き出すことで


救済されているのですから、



なんの心配もいりません。











ちがうよっ、ミタさん




ぼくがきいているのは


ことばの重さの量り方でしょ!!





失礼いたしました。



時間ですので




これで帰らせていただきます














今日を忘れて明日を生きよう









Loudness - Crazy Nights (music video) HQ

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

LOUDNESS - LET IT GO

SHERBETS 38 special PV

AJICO 美しいこと

斎藤和義 やさしくなりたい








2011.11.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   己自身の混沌と向き合いながら生きていこう


ママ・ライオンを聴いたら、



欧州のプログレを改めて俯瞰したくなり、





そこで出会ったのがあの70年代欧州叙情派プログレ・バンド





ルネッサンスの貴重なライヴ映像でした。









アニー・ハズラムの天使のスキャット



虚空を染め上げる・・・





で、このライヴ映像を見て思い出したのが、



70年代のフォーク・バンド



赤い鳥なんです。(爆)





http://youtu.be/7in5rpYU584




実は・・・



彼らはライヴに於いては長尺のプログレ的展開を得意としていた。





それは当時、



サポート・メンバーとして在籍していた



村上ポンタ秀一さんのお話ですけどね。





ギターとドラム




延々とアドリブのソロを展開・・・




彼らの唄を聴きに来た客を


揃って置いてけぼりにしてしまう
ような



壮絶なライヴ・パフォーマンスを展開していたと。





つまり赤い鳥は、




時代のニーズの数歩先を行く・・・



早過ぎたプログレ・ロック・バンド!!だった。



・・・(笑)






で、さらにその後で、




イエスの初期ライヴ映像に目が釘付け!!










これがまた衝撃でした。




とにかくメンバー全員若いっ!!(笑)




嬉々として演奏を楽しんでいる!!




それが全身から伝わってくる




なにしろ、あの気難しそうなビル・ブラフォードが


笑顔で叩いてるっ!!




それだけで私にとっては充分過ぎるくらいの衝撃でした




当時の彼らは未だデビューしたばかりで



怖いものなんか何一つ無い





目の前の“仕事”に対して



全員が貪欲だったのでしょうね




これって素晴らしい!!




若さの特権ですよね。






いやいや・・・そんな話じゃなくて!!





この初期のライヴ映像を通して伝わってくるのは、




バンド全体のサウンドを支配しているのが



キーボードでもなくドラムでもなく、



勿論ギターヴォーカルでもなく・・・





クリス・スクワイアのベース・ランニングだという事実




とにかく唯我独尊!!




ベース・プレイヤーとはこうあるべきという既成概念から



思いっきり!!逸脱しているからこそ、



かっちょいい





ベースは只リズムを刻むだけでいい!!



そんなこと



一体誰が云ったんだバカヤロー!!的な世界ですよね。





たぶん、それは逸早くベース・プレイの概念を変えた




ポール・マッカートニーからの影響でしょう。




テクニックは後から幾らでも身に付く





でも感性は己自身で磨かなければ


あっという間に錆び付いてしまう






そんな本質を体で理解していたのだと思います




先日ネットを覗いていたら、



こんな記事に出会いました。




http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111113-00000301-webhon-ent





仕事が出来ない人ほど出世する




それは何故か?



普段から自身を対象化する訓練を積んでいるからだと思う。




自身を対象化するということは、




他者の視点で物事を見据え


判断するということ





それは多分、臆病な人ほど仕事が出来るのと


同義だろう






臆病だからこそ、



洞察力が研ぎ澄まされ


周囲がはっきりと見えてくる






仕事が出来ない人ほど出世するのだとしたら




落合博満長嶋茂雄はどうなんだ?




答えは明快だ。



彼らがもしもサラリーマンだったなら、




入社早々から煙たがられて


組織から干されるからだ





己を貫くということは


目の前のリスクを怖れずに


手を握り合うことだ








音楽ライター増田勇一の呟き・・・



“同業者のなかにもときどきいる「昔から彼らの良さを認めて応援してきたのは自分だけ。今頃になって騒ぎ始めてる連中は本当の良さをわかっていない」的な人たちが大嫌い。要するにあなたの“応援”は自分自身に対してのものであって、その良さを広める努力はしてこなかったってことでしょ?”




このような洞察力は、




常に他者の視点で物事を捉えることが出来てこそ、



身に付くものだと思う。







ある方とのツイッターでの会話





街角にある証明写真の撮影機





あれって、何故上手く撮れないんだろうという


呟き
があった。




それに対する僕の答え




あれって上手く撮れないのが当たり前だって


最近気付きました。



人間の顔って左右対称ではないんですよね・・・



それまで気付かなかった。


少なくとも20代の頃は。





がそう云ったら、



それに対する相手の答え





“椅子の高さ調整がかなり重要な気がしました。あと普段、真面目な顔で写ることが少ないのと、ブースに一人きりなのと、プリクラの素晴らしい補正力と詐欺写真っぷりに慣れ過ぎてるからかもしれません。”



目の前にある事実と真摯に向き合い、



何故そうなるのかを検証し、受け止めた上で、



導き出された答えを未来へと繋げていく。









そんな思考力と行動力を備えた人は、




どんな事態に遭遇したとしても




無敵だ!!









・・・(笑)




Renaissance - Prologue (BBC Sight & Sound 1977)

赤い鳥 - 翼をください

YES - Looking Around

Primal Scream - ROCKS - 1994 - Live (Studio)







2011.11.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   70年代の濃密グルーヴ!!とTTPの是非?


某ブロ友さんの記事から・・・



70年代ロックの凄い女性ヴォーカルを発見。








おぉおおおおおおおお~、こりゃすごいっ




イントロだけ聴いたら・・・まるで欧風プログレ!!









ところがそこからリフが刻まれると一変






濃密なグルーヴ




脳内が支配されてしまうぅうううう~





まるで、ジャニスやマギー・ベルを髣髴させる




魂のシャウト!!

















しかも中盤のソロの展開は、




「おうぅううう~初期のイエスかよっ!!」みたいな




鍵盤の猛爆!!










「トニー・ケイかよっ」(笑)






さてさて・・・



オリジナル・ブラック・サバス再結成を表明しましたね。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111112-00000006-lisn-musi




メタリカとルー・リードコラボ作をリリース。




http://ro69.jp/disc/detail/59789




元々ゴシック系スラッシュ系も根源を辿れば、




最終的に彼ら(サバス)に行き着くと思うんですよね。











女性ヴォーカルのへヴィ・ロックなんて・・・





http://youtu.be/5B8PdGPfErc




少なくとも60~70年代には誰も想像しなかった





だからこそ、





私たちはロックの夢から永遠に醒めないのですよね


(笑)






そう・・・



誰でも最初は憧れと模倣から出発する。






けれど、そこから突き抜けるための創意工夫!!





つまり冒険心と探究心を忘れてしまうと、





模倣は模倣から突き抜けた未来には



永遠にたどり着けない












ロックの偉大な先人たちから




我々が学ぶべきポイントはそこかもしれない。





英語で唄うか日本語で唄うかなんて実は瑣末なこと




TPPに参加するしないなんて実は瑣末なこと






そう思います。(笑)







MAMA LION - Mr. Invitation

Renaissance - Prologue (BBC Sight & Sound 1977)

MOVE OVER by Janis Joplin

YES - Looking Around

Black Sabbath - Paranoid (HD)

Flower Travellin' Band - Make Up














2011.11.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   TPPに参加するしないなんて瑣末なこと!!


近所




小ぢんまりした洋食屋さん




そこは家庭的な雰囲気が売り?





料理の質も悪くない?




店内の装飾




清潔感がある。





でもお客が全く入らない





つまり現状に甘んじていたら


永遠に暗い土の中?








誰だって最初は


他人を横目で覗きながら自分の位置を確かめる







そこから全てが始まる






でも所詮



模倣は模倣の先へと発展しない





そこから突き抜けるための創意工夫が無ければ、




いつまでも狭い部屋から


抜け出せない












当たり前のことを当たり前に


遣っているのに





どうして自分は報われないんだろう?





そう思えた時点




既にそこから抜け出すための鍵




私たちは見つけていることになる






そこから知恵と工夫が生まれるからだ







人は生きている限り




外圧から逃れることなどできない




外からの刺激を受けなければ、




永遠に土の中



死ぬまで土の中




外の光に出会えない











全ての物事




根源に立ち返れば物凄くシンプル




楽しくないなら、


楽しくなるために知恵を絞ればいい





むかつくことがあったら



外に向かって吐き出せばすっきりする




それがコミュニケーションの第一歩





TPPに参加するしないなんて瑣末なこと




リスクに晒されるのが嫌なら




最初っから


開国なんてしなけりゃよかったんだよっ












そんなこともわかんないかなぁ・・・





ロックンロールが進化することを決して止めない理由は、




その先にある未来




誰もが胸をワクワク!!させながら




待ち焦がれているからだ








この世の中確かなことは



ひとつだけ







どんなリスクに晒されようと




我々は欲望と快楽から逃れられない





素敵な出会い




ドキドキワクワクし・・・






駄目なものは淘汰される。




それが真実






何かを手に入れるために何かを失うことを




我々は厭わない





たとえ自分の身を削っても手にしたいからだ





そこにこそ未来へのヒントが隠されている。











何かを失うことを怖れない限り





我々の未来は無敵だ




ファイティングマン ≡ エレファントカシマシ

FACTRY(THE HIGH LOWS)1

ガストロンジャー / エレファントカシマシ

俺たちの明日









2011.11.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   杉良というロックな生き様!!


杉良太郎のインタビュー記事を読む。





善意とは施しではない




“日常用語として、善意(ぜんい)とは相手によい結果を導こうとして行為を行なう気持ちを指す。対義語は「悪意」で、相手のよくない結果を望む心を指す。”

ウイキペディアより。



“ほどこし【施し】
恵み与えること。また、そのもの。布施(ふせ)。施与。「―を受ける」「―を乞う」”

大辞泉より。





善意を施すということは己の欲求に対し忠実に生きるということ。




だから彼は他者に見返りを求めない。







救いたい人がいるから救う。




助けたい人がいるから助ける。




ただそれだけ。










そんなふうにシンプルに生きる彼はやはり素敵だ。




善意とは、



人のしての尊厳を互いが認め合った時に




初めて成立するのかもしれない。





他者に見返りを求める人は


ボランティアをやめたほうがいい





彼は云う。




それを当たり前に実践してきた彼は



やはりロックな人だ。









それでも芸能人と云う存在はやはり必要。





芸能人は



人々に夢を与える存在でなければならない。




夢を与えることで


初めて己の存在価値が成立する。




そう・・・



憧れのあの人が



目の前にいて声を掛けてくれる。




それだけで




人は嬉しさで胸が一杯になる。









生きていて楽しいことなど一つも無いと




彼は云う。




だから


酒も呑まないし女遊びにも興味は無いという。










おそらく彼にとって生きるということは




予め与えられた


人生と云う役柄を全うすることなんだろう。




それ以上でも以下でもないんだろう






ロックな生き様だなぁ~






・・・(笑)




君は人のために死ねるか - 杉良太郎

Elephant Kashimashi 1988/04/10 1/2 ファイティングマン デーデ

Metallica-Creeping Death Lyrics

Metallica-Ride The Lightning with lyrics












2011.11.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   私たちは人生と云う名の旅の途上・・・


現在の我が国の政府



未来へ向けた展望など




何一つない



あるのは只ひとつだけ





たのむから弱者のみなさん死んでください。


あなたが死んでくれることで誰かが救われるんです。





たぶんこれが真実








じゃっ、


未来へ向けた処方箋をひとつ。





あなたもわたしも、



人生と云う名の一編の長い映画を撮っている



全ての出会いと別れ



この映画の唯一のテーマ




そう思えたならば





日常の全ての光景が


こんなにも瑞々しく輝き始める









未来に絶望するよりも、



あなたやわたしのいまを全面的に肯定しよう



だってさぁ・・・



チバユウスケも云ってるぜ




♪ 未来はどれも同じじゃなくて

選んだ方に向かうんだから









そう。



たぶんあなたもわたしも未だ旅の途中




フィルム




この世の中に生を受けた時から



既に廻り始めている










だから・・・





最後のラッシュまで見届けよう!!






(笑)




奴隷天国/エレファントカシマシ

ガストロンジャー / エレファントカシマシ

愛でぬりつぶせLive / The Birthday

エレファントカシマシ 今宵の月のように(LIVE)











2011.11.07    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   四つ打ちは僕らの生活のビートそのもの!!


いつものように、



ロッキング・オンのサイトを覗いていたら、



こんな記事が。



http://ro69.jp/blog/yamazaki/59908









“もともと高い評価を受けつつもカルトな支持を受けてきたサカナクションの音楽が、ここまで大きく受け入れられたのは、彼らの楽曲が、特にシングル曲が4つ打ちであることも大きな要因の一つだ。
彼らなりの必然があってこだわってきた、あくまでもエモーショナルな4つ打ちのダンス・ミュージックが、今の大衆のポップ・ミュージックに対するニーズとぴったりと合致したのだ。
日本人は4つ打ちが好きだ。しかも、エモーショナルな4つ打ちが大好きだ。
本国ではすっかり落ち目のアンダーワールドやケミカル・ブラザーズが日本ではフェスのトリを務めて客を満杯にするのも、アジカンの代表曲が「君という花」でチャットモンチーの最大のヒット曲が「シャングリラ」なのも、日本人が「歌心のある」エモーショナルな4つ打ちが大好きだからだ。
サカナクションはカルトなロック・バンドでありながら、彼らの必然において4つ打ちのシングル曲をリリースし続けてきた。
その結果、今の幸福な状況がある。”






なるほど




そう云われてみると、頷けます




元々日本人は四つ打ちのビートが好きだ









俳句や和歌も四つ打ちのリズムだから


・・・(笑)




あのビート




人が歩く速度にぴったり嵌るんですよね











つまり生理的にフィットする



だから生活の中に


四つ打ちのリズムが浸透しているんでしょうね













街を歩きながら・・・


家事をしながら・・・


仕事をしながら・・・








僕らは常にビートに身を委ねながら生活している




ビートは生活そのもの!!











だからこそ・・・



世界中の様々な民族の生活に根ざした


ビートがある






均一な規則正しいビートに身を任せながら・・・




僕らは日々、闘っている















いつもなにかを失うことに



怯えながら






今日と云う日をやり過ごそうとしている






怠惰な己自身を鼓舞するために









・・・(笑)





サカナクション - 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

Daft Punk - One More Time

電気グルーヴ - Shangri-La (PV 1997)

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]

STRAWBERRY NIGHT / SHINJI&CRISIS

Asian Kung Fu Generation Kimi to iu hana














2011.11.06    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   YOKO ONOへのオマージュ


貴方と私の間には





全く面識が無い。




だから私が貴方に興味を抱いたとしても、




貴方が私に対して興味を抱いてくれるかどうか判らない。






そんな保障など何処にも無いし、そうしなければならない理由も無い。










もしも私が貴方にフォローを表明したとしても、




貴方が私をフォローしなければならないという制約など




何処にも存在しない。





それが世の中。




http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-942.html




ましてや昨今は、



個人の情報を他者に晒すことに関して




極端に警戒心を募らせる。





見知らぬ他者に対しては





容易に心など開かないほうが安心だから。












けれど貴方が私に興味を抱いてくれたら、





私も貴方をフォローします。





そんな価値観を抱く人も




世の中には稀に存在するのだということが





判った。









その人は、




自分に興味を抱いてくれたことに対して




きちんと謝意を表明する。





http://youtu.be/Jys-YoVsufE




感謝の気持ちが相手に伝わった時の




相互の意思の通い合いを




信じているから。





未知への好奇心が




相互の繋がりを育むという真理を




信じているから。





http://youtu.be/N-i_r746_Q0






想いは世界を繋ぐ魔法のキーワードだと




信じているから。





想いを互いが分かち合うことで、





世界は相互に繋がると信じているから。












そして、想いを互いが分け合うことで、





負のスパイラルから




人々が開放され浄化されるということを信じているから。






その人の名は、YOKO ONO







サカナクション/アルクアラウンド

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

サカナクション/アイデンティティ

JOSEI JOI BANZAI ★ Yoko Ono (Audio)

MOVE ON FAST / Yoko Ono (Audio)

Newest Model - Land Of A Million Crossbreed











2011.11.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   どじょう内閣に未来の展望はあるのかっ!!


電力不足対策 節電と原発再稼働が不可欠だ

(11月3日付・読売社説)


 そろそろ、冬の電力不足への準備を本格化させなければならない。

えぇ~!!きいてないよっ。

 政府は今冬の電力需給対策として、関西電力管内で前年比10%以上、九州電力管内では5%以上の節電を実施するよう要請した。

えぇ~!!ちょっとまって。

 関電では、暖房などで増える電力需要に対して供給力が最大9・5%足りず、九電も2・2%不足する見込みだ。

 政府は東京電力など他の管内にも、数値目標のない「一般的な節電」を求めた。今夏のように、法律で節電を義務づける使用制限は回避された。電力各社が火力発電などを増やす一方、企業や家庭で節電が定着した成果といえる。

 とはいえ、油断は禁物である。政府がホームページ上で紹介している節電方法などを参考に、引き続き省電力に心がけたい。

えぇ~!!きいてないよっ。

 来春以降も電力事情は厳しい。東電福島第一原子力発電所の事故後、定期検査で停止した原発の再稼働にメドが立たないからだ。ストレステスト(耐性検査)の遅れなどで、来春に全54基の原発が止まる可能性は高い。

 政府は、全原発が止まったまま今年並みの暑い夏を迎えると、全国で9・2%の電力不足となると見込んでいる。今夏の2・7%より、かなり深刻だ。原発依存度が高い関電管内などでは、電力の使用制限を迫られる恐れがある。

えぇ~!!ちょっとまって。






 そうした事態を回避するには、電力の供給能力を高めるべきだが、課題も多い。火力発電用の燃料価格が高騰し、電力各社の業績悪化を招いている。いずれ電力料金が上昇して、家計や企業生産の重荷となりかねない。

 火力発電には、温室効果ガスの排出量が増える短所もある。太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及促進が望まれる。しかし、短期間では困難だ。

 経団連の調査で6割の企業が、電力不足が今後2~3年続いた場合、国内の生産を縮小・停止すると答えた。電力不足は、景気悪化や産業空洞化などで経済に打撃を与える。安全を確認できた原発から再稼働を急ぐ必要がある。

訴えてやるっ!!

 政府は全国の9原発22基について、耐震性などを改めて点検する方針を示した。だが、ストレステストに加えて安全性のハードルを上げる姿勢には疑問符がつく。

 無論、安全性の確認は大切だが、稼働中でも点検は可能だろう。政府が再稼働の判断を先送りする口実としてはならない。

 政府は原発の安全性評価を着実に進めると同時に、再稼働に明確な道筋をつけるべきだ。

(2011年11月3日01時52分 読売新聞)









一体・・・




この人たちは何を考えているのでしょう?






マスコミも政府も


揃いも揃ってうすらバカっ!!






http://youtu.be/6jpXb0O64wU






仮に真冬の節電・節制を課せられたら、





我々はどのような日常を送ればいいか?




それをシミュレートしてみました






まず真夏との最大の違いは、




常に動いていなければ寒さに震え


凍えてしまうということだ








ですから職場や学校に置いても、常に体を動かすことが肝要





営業マン



とにかく走る。走る。走る。





走ることでモチベーションも高まり潜在能力が活性化する




依って、次々と新規契約が締結され


業績が飛躍的に向上する結果となる







オフィス内に於いても、




常に社員が自発的に動く。動く。動く。





動くことで他人任せの風潮が改善され


迅速な行動力と斬新な発想力が生まれる





依って、売り上げも上がり


給与も増大する結果となる





更に・・・




社内に於けるさむいギャグ禁止令が徹底される




あんまり寒いから・・・




女子社員が


男性の前でスカートを捲くって


パンティを見せまくりっ!!





そのお蔭





男性社員は勃起しまくり!!暖房要らずっ





女子社員は火照りまくって!!暖房いらずっ





これがホントの相乗効果なりっ











スーパーやコンビニに於いても、




常に店員が動く。叫ぶ。走る。





動き、叫び、走り回ることで、店内が活性化する




依って、客足も伸び、売り上げも上昇





あの店は活気がある!!と評判が評判を呼び・・・





遠隔地からも客が遣ってくる結果となる





また、家庭に於いても、




乾布摩擦やラジオ体操が改めて見直されるようになる






ジョギングやウォーキング




以前にも増して流行る。流行る。流行る。





自転車よりも歩くほうが


遥かに脳内活性化に効果があること





改めて証明される結果となる






また往年の刑事ドラマやアクション映画のDVD




飛ぶように売れまくる





走ることで世の中が活性化するという


当たり前の事実





皆が気付き始める結果となる






子供たちは部屋から飛び出して朝から晩まで走り回り・・・





それを眺めるお母さんやお年寄りの


コミュニケーション





濃密になる





依って地域のコミュニティーが改めて活性化する







これらの事象から我々が学ぶべきこと







それはなにか?




人間は動いていなければ


死んでしまうぞぉぉ~!!
という


事実
だ。











動くことで人間は常に生まれ変われるんだっ





その当たり前の事実に



我々はようやく気付くことができたのだ







これも震災と原発事故のお蔭っ









依って、我々は今回も最大の危機を自力で乗り切った







そしてどじょう内閣は見事!!





泥沼に沈み込み
・・・









二度と我々の前に姿を見せることはなかったとさ





めでたし。めでたし。





逆境はこんなふうに笑い飛ばして乗り切れ!!








あらゆる艱難辛苦を笑い飛ばすことで






我々はこの素敵な世の中を築き上げてきたのだから










パチパチパチ・・・(笑)



斉藤和義 僕の見たビートルズはTVの中

【ものまね】 ~ ダチョウ倶楽部 (3)

ファイティングマン ≡ エレファントカシマシ

エレファントカシマシ - 俺たちの明日

ガストロンジャー / エレファントカシマシ

masa-yume 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 - マサユメ(Short Ver.)













2011.11.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   明日を夢見るためには何が必要?


夏より厳しい冬の節電…綱渡りの電力需給


 政府は1日の関係閣僚会議で今冬の電力需給対策を決めた。

 12月19日以降の平日に、関西電力管内では昨冬比で10%以上、九州電力管内では5%以上の節電を求めた。期間は関電管内が来年3月23日、九電管内が同2月3日までで、強制力を伴う電力使用制限令の発動や計画停電は予定しないが、原子力発電所の再稼働が難しい中で、当面の電力需給は綱渡りの状態が続く。

 原発がない沖縄を除く電力会社管内では12月1日~来年3月末の平日を対象に、数値目標を示さず節電を求める。電力需要に対する供給力を示す電力需給見通しは、東北電管内が12月に5・3%、九電管内が来年1月に2・2%、関電管内が来年2月に9・5%それぞれ不足する。自主的な節電のほか、東北電は、東電からの融通でまかなう。

 ただ、冬の需給対策は夏場より難しい。冷房需要で午後2時台にピークを迎える夏に比べて、冬は暖房の使用が途切れない。夜間の余剰電力で水をダムにくみ上げ、昼間に発電する揚水発電も夏と違って、「冬場は難しい」(電力会社)ため、供給も制約される。

(2011年11月2日01時22分 読売新聞)







おいおい・・・




あれだけ夏場



厳しい節電・節制を求めておきながら、




更に厳しい真冬



節電・節制を求めるその根拠は如何に?




http://youtu.be/6jpXb0O64wU





つまり政府



一刻の猶予も無いからこそ



原発再稼動に向けて舵を切りたいというのが


本音だろう








真冬に節電を強いればどうなるか・・・





そんなことは言わずもがな










年寄りや乳幼児は抵抗力も免疫力も無いから



肺炎を拗らせて死ぬだろう







大企業は皆海外へ逃げるだろう







体力の無い中小企業は


節電大号令の下、


経営体力を失い倒産を余儀なくされるだろう










夏場の猛暑




我々は先人たちの知恵と


自らの創意工夫に依って乗り切った





だが・・・




いずれ限界を知ることになる











地球の狂った猛威に対して




我々は何処まで抵抗できるのだろう?





それでも私たちは


自らの忍耐力と知恵に依って


この危機を乗り切ろうとするだろう














おれたちの明日は、


おれたちが掴み取るしかないんだぜ


BABY!!







そして・・・




奴らの化けの皮を剥ぎに行くのさっ!!






どうせ・・・


あの忌まわしい震災と原発事故により、


一度は失った命だっ






もう失うものなんて


何一つ無いはずじゃねえかっ








放射能の数値に一喜一憂するなんて


くだらねえっ!!










そんなことに


人生を費やす暇があったら
・・・






今日と云う日を燃やし尽くそう!!











明日と云う素敵な陽光に出会うために・・・






・・・(笑)



【ものまね】 ~ ダチョウ倶楽部 (3)

Father - THE YELLOW MONKEY

ファイティングマン ≡ エレファントカシマシ

俺たちの明日

エレファントカシマシ 今宵の月のように(LIVE)











2011.11.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   相反する価値観が錯綜する世の中


放射線の数値に


一喜一憂
するよりも




我々自身の免疫力を高めるほうが遥かに大切なのでは?





住めば都と云うことばがあるように、




世界中どこへ行ったとしても


リスクからは逃れられない







放射能を浴びれば癌になるのではなく、




元々我々自身の中に


癌のリスクを抱えているだけ












嘗て人間の寿命が50年だった頃には




癌に罹る前に


寿命を迎えていたのだから






人間には元々自然治癒能力が備わっていた。





怪我をしても


細胞が活性化して


元の状態に立ち返ろうとする












風邪を引いても



栄養を摂取してぐっすり眠れば自然に治るのも



免疫力のお蔭





けれど人類




科学や文明の進歩と引き換えに


その免疫力を失おうとしている






何十年後、何百年後の未来を憂うよりも、




今と云うときを大切にしたい





それが、生かされているということだから











僕がこんな刹那的価値観に囚われる理由は、




僕自身が独身である故に、





結婚し妻と子供を護る為に生きるという


人としての基本的責務





回避しているせいかもしれない。



運命なのかなぁ・・・






世界の人口が70億を突破したこと




どう感じるかはきっと




人それぞれ






この世に生を受けた子供たちの未来




どうか素敵な未来であるように。





それは僕たちの責務でも在る




だって未来は誰にも予測不可能だから






人には様々な側面がある。






様々な側面があるからこそ、




その人のことを知りたいという欲求が



加速する瞬間
がある。






人はそれを恋と呼ぶらしい




bridge(ブリッジ) 2011年 11月号 [雑誌]bridge(ブリッジ) 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/15)
不明

商品詳細を見る




音楽雑誌ブリッジ最新号




エレカシの宮本浩次のインタビュー記事




掲載されています。










その記事の中で彼はこう語っていました






売れなければ意味が無い





売れることは素晴らしい








現在の境地に至るまでに




彼は様々な挫折と失望を経験してきたはずだ




売れないことを


世の中のせいにしたこともあったかもしれない






そんな自分自身を呪ったかもしれない





だが現在の彼は、




自身が選んだ仕事に


誇りを抱けるようになった









自分自身の表現が作品と云う形になり、




その作品が


様々な人達に届くこと





素直に喜べるようになった





そう




それがポップ・ミュージックの本質だ。










人は他者に自分と云う存在を認められることで、





初めて自身と云う存在と



真正面から向き合える







それは人生の至福の瞬間だっ






masa-yume 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 - マサユメ(Short Ver.)

Yer Bluces

Father - THE YELLOW MONKEY

俺たちの明日

悲しみの果て
















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog