プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  未来を憂うよりも自分自身を肯定しよう
2011.07.27   カテゴリ:《 原田真二 》
  原田真二と3・11以降の価値観   相手を信頼し相手に託す喜びとは?   今日の呟き・・・   原発再稼動の是非と芸能の本質   姓名判断占いを試してみました!!   中村とうようと音楽の価値観   じぶんのなかに欠けているワンピースを求めて   右手の魔法!!   勝つことで全てが肯定される世界   勝つことは全ての無駄を帳消しにしてくれる   野田財務相に於ける総理としての資質   70年代フォークは私の原風景・・・   何故、唐突に脱原発なのか?   節電の夏はメタルと生ビールで乗り切れっ!!   節電の夏をわたしたちはどう過ごす?   我々は価値観の転換を余儀なくされる?   愛海ちゃんのママ お星様に   なんて窮屈な世の中なんだろう!!   僕らは生きているし、生かされているという事実

2011.07.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   未来を憂うよりも自分自身を肯定しよう


友人のブログを覗いていたら・・・




「シエスタ休暇」は根付くのか? という記事が目に入りました。





http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110727-00000143-fnn-soci









シエスタという発想も、



3・11以前なら、話題にすら上らなかったと思います。



何故なら、



そんなこと考える暇があるんだったら、




おまえらもっと無駄を省いて会社のためになることを実践しろ! 



だったからですよね。










利潤を追求することが皆の幸福に繋がる



皆が企業のために知恵を絞ることで



それが己の向上心及び知的好奇心を育むことに繋がる。




企業が潤えば、社会が潤う。




皆が幸せになる。




それは我が国に置ける絶対的価値観だったはずです。




でも・・・



3・11以降、あらゆる既成の価値観が粉々に崩れてしまった。




もう1度自身の足元を見つめなおすことを余儀なくされ



そこから再生へ向けた模索が始まった。













勿論様々な試行錯誤を経なければ、



物事は形になりません。




でもそれは決して無駄にはならないと思うんですよね。




皆が共通の理念の下に知恵を絞るわけですから。





週刊誌を捲っていたら、坂本龍一のインタビュー記事が目に入りました。




その中で印象的だったのは、




もう利潤追求の時代は終わった




これからは一流の経済大国を目指さなくてもいいじゃないかという論旨でした。





経済が立ち行かなくなり、企業がどんどん海外へ逃げていったとしても



別に大したことじゃない




二流・三流国家に堕ちていったとしてもいいじゃないかと。




かなり大胆ですが、なるほどと思いました。




やはり団塊の世代は腹を括ると強いですよね。





物質文明に頼らなくても人は生きていける。




何故なら、我々は与えられた環境の中で様々な知恵と好奇心を働かせる生き物だからだ。





彼は今回の出来事をきっかけにして脱原発を訴えたのではなく、



かなり以前から地球環境の激変が齎す価値観の転換について思考を巡らせていたのだと思います。




その証明として・・・



個人でも節電・節約を生活の中で実践しているそうです。




車には乗らないでバスを利用する。テレビは見ない。





嘗ての日本社会は皆そうでしたよね。




することがなくても退屈しない。退屈を楽しむことが出来たからです。







僕は散歩が好きです




街を歩いていると・・・




自然に好奇心が涌き上がって来て、



それがインスピレーションの発露に繋がったりします。




それは、自身と向き合うための大切なひと時だから。




物が無ければ工夫する。




お金が無ければ、無いなりに知恵を絞る。




そう!! 



貧乏は未来へ向けた知恵と好奇心を育んでくれたんです






コンビニが無くても困らない。



ユニクロが無くても困らない。



吉野家が無くても困らない。








経済は衰退するかもしれないけど。



(笑)




でも戦後の日本はそこからスタートしたからこそ現在の姿があるわけですよね。










資本主義経済は様々な夢を実現するためのツールとして機能したけれど、




もう機能不全に陥ってしまったのは明白ですから。





伊集院静氏もこう仰っていました。




「全ての国民がもう1度新たな自分に生まれ変わるためのチャンスなんだ」。







未来を憂うよりも自分自身を肯定しよう





・・・(笑)




1,000 KNIVES/Y.M.O.

YMO 東風(TONG POO)

RYDEEN/Y.M.O.

佐野元春 and The Hobo King Band-ぼくは大人になった~A Big Boy Now~(LIVE)














2011.07.27    カテゴリ:  原田真二 

   原田真二と3・11以降の価値観


原田真二というアーチストは、




所謂J・POPシーンに於いては非常に特異な存在だと思う。






コンスタントにライヴ活動を行ってはいるものの・・・





余り表舞台には登場しないような印象がある。








この人は一体、何を考えているのだろう?




ファンならずともそう感じるのではないだろうか。










かといって・・・



昔の名前で稼がせてもらっています!! というような



“一発屋”でもなく、





過去の名声に縋る“懐メロ屋”でもない。



(笑)





彼が音楽と向き合う理由は、デビュー時から一貫して普遍(不変)だ。






なにがあっても決して揺らがない。











FEEL HAPPY!!




幸せになろう。





幸せで満たそう。





この世に生まれたならば全て一人残らず、幸せになる権利がある





だから・・・




あなたもわたしも、その権利を行使しよう








そのための努力を惜しむな!!





決して諦める必要など無いのだから。





3・11以降・・・




あらゆる表現の本質が




厳しく問われることになってきたような気がします。





安易なものは淘汰され、




人の心にリアルに響く表現だけが




共有される時代が




遣ってくるのでしょうね。





CDは売れなくなり、テレビ番組の視聴率は低下していくだろう。





つまらないタレントやつまらない芸能は





どんどん淘汰され消えていくだろう。











そんな絶望と諦めが蔓延する時代に置ける唯一の心の拠り所





一体なんでしょう?







それは信頼できる他者の存在だと思います。





なでしこジャパンはその本質を体現したからこそ




日本中の共感を得られたのでしょう。







他者を信頼できれば、託される喜びを実感できる







全ての人にそれが伝播していけば、





きっと未来への鍵を手に入れることが出来ると思います。







そんなことを




ふと思う夜・・・(笑)







Time Travel (Budokan'78 ver.) / 原田真二

『風待ミーティング』より、草野マサムネ登場

永遠を感じた夜:原田真二

モダン・ヴィジョン  原田真二











2011.07.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   相手を信頼し相手に託す喜びとは?


被災地の復興は遅々として進まず、






人心は荒み・・・







諦めと絶望が蔓延し始めているという。





こんなとき、人は何処に




生きる拠り所を見出せばいいのだろう。




“東日本大震災後、東北地方の人々の忍耐強さは世界中から称賛された。しかし、政府の機能不全などから復興は進まず、被災地には「無力感」「あきらめ」が漂い始めている。国民が希望を持てる再生ビジョンを提示することが急務になる中、政府には、待ったなしの対応が迫られている。


厚生労働省によると、震災からの4ヶ月間に失業手当の手続きをとった被災3県の失業者は、13万6636人に上り、前年同期より約7万人も多い。個人経営の農漁業者などを含めると、〝震災失業者〟はさらに増える。

十分な収入を得られないことなどから、食事が無料で提供される避難所に自宅や仮設住宅から通う姿も目立つ。岩手県によると、自宅から避難所に通う「在宅通所者」だけでも約1700人いて、避難所で生活する役3600人の半分近くに及ぶ。
約150人が暮らす宮城県石巻市の避難所にいる佐藤哲美さん(61)は「食事だけをもらいにくる人が200人もいる。配膳や掃除などを手伝わないので、被災者同士で感情のすれ違いも起きている」と当惑する。
被災者は追いつめられ、精神面に深刻な影響が出始めている。心理カウンセラーで、全国心理業連合会理事の浮世満理子さんは、被災地で悩みを聞き取るボランティアを続けているが、「多くの人が身内だけでなく生活基盤そのものを失った。農業や水産にかかわっていた人などは、他の地域で再就職するわけにもいかず、絶望感が大きい」と感じた。

妻と母、娘を失った岩手県大槌町の白銀照男さん(62)は睡眠薬を手放せず、生きる意味を見失いかけた。しかし、同じ避難所にいた旧友らに「俺たちもいる。1人じゃないぞ」と励まされ、「もう元の精神状態に戻った。仮設に移るが、大丈夫」と笑顔を見せる。
「仮設住宅でも地域のつながりを保ち、孤立する人を作らないような対策が必要だ」。家族を亡くした被災者のケアに当たっている仙台市立病院の滑川明男医師は、そう指摘する。”

読売新聞朝刊2011年(平成23年)7月26日(火)総合面記事 
「復興漂流 上」 より抜粋。










アエラ最新号に、



なでしこジャパンのキャプテン澤穂希の



インタビュー記事が掲載されていた。




サッカーと云う競技は、社会の縮図なんだと思う。





個々の選手の資質・力量がどんなに優れていたとしても、




それだけでは勝利に結びつかない。





何故なら、サッカーは個人競技ではなく、




チーム力で勝敗を争う競技だから。





なにを当たり前のことを?




と、思うでしょ。








彼女の発言の中でとても印象深いことばがある。







それは、こんな意味の発言だったと思う。





相手を信頼し、




相手の資質・能力を引き出す喜びを




知ったことが





とても大きかった。







それまでは、




自分がしっかりしなければいけない。




自分自身がフルに働くことでチームの勝利に繋がると




信じていた。






でも・・・




本当はそうじゃない。










1人の力なんて大したものではないのだ。





自ずと限界が見えてしまう。







でも、他者を信頼することが出来れば、




そこに無限の可能性が開けてくる。





決勝戦における勝利への伏線となった




ゴール・シュートも・・・





決して偶発的なものではない。





野球の場合も、




野手の間を抜くからヒットが生まれる。




サッカーも同様なのだろう。






相手チームの手薄な隙を狙って




攻め込む。




そのための戦略を具現化するには





1人の力だけでは駄目だ。




互いを信頼し、与えられたポジションで





最大限の能力を発揮することが




必要になる。





その司令塔が澤だった。





互いが相手を信頼し、互いが相手に託した。









託された相手がそれに応えた。





それだけのことなんだ。











それだけのことで、




未来への扉がすぅ~っと開けてくる。








被災地の復興へ向けた鍵は、そこに秘められていた。






・・・(笑)





ニューエスト モデル / ソウルサバイバーの逆襲 ('89.8.20)

Newest Model 1991.12.15. 雑種天国

Time Travel (Budokan'78 ver.) / 原田真二

Spitz スピッツ - Robinson ロビンソン (Live)








2011.07.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   今日の呟き・・・


地方の過疎地に住むお年寄りにとっては、



もしかしたらテレビが唯一の楽しみかもしれない






だとしたら、いま早急に必要なことは、



地デジ化よりも、テレビの存在意義を根本から問い直すことではないのか?










僕はニュース番組以外は殆どテレビのお世話になっていない。




そんな奴にどうやって地デジ化のメリットを説けばいいのだろうか?



・・・(笑)



それでもテレビと云うメディアは必要。




何故なら娯楽としてのテレビメディアを必要としている人たちが存在するからだ。




たとえば私の両親のように・・・






いや・・・他にいくらでも娯楽を見つけられるかな? 




事実、人生を楽しむことに掛けては、私よりも遥かに上手だから


(笑)








今回の地デジ化騒動で、いちばん気に食わないのは、





アナログテレビ受信世帯を抹殺して地デジ正当化にもっていこうとする



国家の姿勢そのものだ。




勿論・・・単なる屁理屈なのは承知の上ですけどね。(笑)





極論すれば・・・



今の時代はテレビメディアを必要としない








人々が街へ繰り出すことが、経済の活性化と好奇心の発露に繋がる。











ようするに僕は単に天邪鬼な体質ゆえに、




全ての物事に対してケチをつけないと気が済まないだけなのだ





それは自分でもよぉおおおおおおおおおお~く判っている



(笑)



なでしこジャパンの公式リーグ戦が再開され、集客力が一気にアップしているという。



当然だ。



プロフェッショナルの基本は人を楽しませることなのだ






つまらない試合をすれば、誰も観に行かなくなるだけの話だから。





全ての物事の本質はとてもシンプルだ。





中国高速鉄道で人身事故が起きた。




経済成長の犠牲として安心と安全が失われる事態だけは




決して真似すべきではなかったのに





今回の中国高速鉄道の事故と我が国の原発事故はその根源において全く一緒だ




やはり我々は価値観の転換を迫られているのだろうか?










やっぱり、溜まっている心の澱を吐き出すことは必要。





すっきりして明日の朝を迎えるためにも。





・・・(笑)




Newest Model 1991.12.15. 雑種天国

Spitz スピッツ - Ore no Subete 俺のすべて (Live)

Newest Model 1991.12.15. 知識を得て,心を開き,自転車に乗れ!

Newest Model 1991.12.15. 報道機関がやさしく君を包む









2011.07.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   原発再稼動の是非と芸能の本質


政府が原発再稼動に拘る最大の理由は



経済にあるのでしょう。





原発に頼れなくなった時点で経済が破綻を来たし




国民生活に多大な負担を強いることになる。





物価が高騰すれば物が売れなくなり企業は海外へ移転せざるを得なくなる





そうなれば経済が衰退し、



空洞化現象が起きて、




お年寄りや子供等の弱者だけが取り残されてしまう。





日本列島自体が地盤沈下に陥ってしまう。










だから原発は必要である



大雑把に考えればそういうことなんだと思います。





じゃ、いま一番考えなきゃいけない事は



一体何なのか?




やはり経済は生活と密接に結びつくので、経済優先に考えるべきなのか?




互いが密接に繋がり知恵を出し合って現状を変革するべきなのか?




これはそれぞれの価値観の問題だと思います。










つまり個々人の価値観が


厳しく問われていると考えるべきなんだと思います













政府の方針など当てに出来ないから、自分自身で考えるしかない




まさに根源に立ち返り、



自分自身と向き合うことを強いられているわけですよね。





今日、図書館で、美空ひばりに関する書籍を読みました。




その中で、母親喜美枝さんのマネジメント理論のようなものに触れていました。




それは「みんなが儲ける」というものでした。





これは現在の社会通念を根底から見直すうえでも、非常に興味深い理念であるように思います。




その記述部分をここに抜粋してみます。




“これはどういうことかというと、お小遣いをはたいて入場券を買い、来てくださるお客様は、ひばりさんの舞台を見て、「よかった、得した」と思い、裏方の人たちは、ひばりさんの仕事をしてよかった、と思うようにしなければだめだ。また、興行主や劇場、そしてプロモーターなどすべての人々が少しずつ金銭的にも精神的にも儲けなければならないということだった。
つまり、みんなが儲けるというか、得をするという仕事の仕方である。

考えてみると、企業のサラリーマンとしての私も、この精神で働いてきたように思う。もっと大きくいえば、お母さんと同じ時代を生きた戦後の日本のたくさんの企業は、ソニーにしても、ホンダにしても、同じような精神で歩んできたのではなかろうか。そんな気がする。
お母さんは、それほど大きい意味で言ったのではないかもしれないが、私にとっては、お母さんの「みんなが儲けなきゃだめよ」という言葉は、いまだに私の仕事に生きているたいせつな言葉である。”


森啓 著「美空ひばり 燃えつきるまで」 本文より抜粋。


美空ひばり燃えつきるまで美空ひばり燃えつきるまで
(2001/12)
森 啓

商品詳細を見る






国民一人ひとりが、この国を潤すために税金を納めてくれるのだから、




国民ひとりひとりが、「よかった、得した」と思い、




底辺でこの社会を支えている者たちが、




「生きてて良かった」と思えるようにしなければだめだ。





また、この社会を支えている全ての者たちが、





それぞれ金銭的にも精神的にも少しずつ潤わなければいけない。












芸能と云う仕事は、




社会を潤し、人の心を満たすために存在するのだという



本質






透けて見えてくる・・・




Tokyo Jihen + Killer Tune

Newest Model 1991.12.15. 雑種天国

杓子定規 / Newest Model

美空ひばり 「人生一路」













2011.07.23    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   姓名判断占いを試してみました!!


ツイッターで、姓名判断占いのサイトを教えてもらいました。




早速試してみたところ・・・


五格名 画数 吉凶 画数の意味
天格 12 × ―
人格 13 ★★★★★ 強引だが信念の強い吉数
地格 17 ★★★ 独創的で頭のキレる最吉数
総格 29 ★★★★ 向上心と独創性を持つ大吉数
外格 16 ★★★★ 親分肌で名声を得る大吉数

基礎運・・・30歳までの運勢
活発で健康的。人の好き嫌いが激しく、協調性に欠ける面もあり。ただ、信念が強いので目標にまっすぐ突進むでしょう。優れた直感力と判断力の持ち主です。

成熟運・・・30歳から55歳の運勢
頭がよく発想力に優れます。好奇心が強くて研究熱心。柔軟性に恵まれ知恵を出して障害を突破します。熱しやすく冷めやすいのも特徴。粘り強さを身につければ最強です。

生涯運・・・晩年と生涯の運勢
早くから処世術に長けて人脈作りが得意。少し頑固ですが実行力はバツグン。若い頃に時流に乗って大成功する人もいます。女性は男勝りになりやすく結婚運が低下。他の画数しだいで吉凶正反対の生涯になりやすい。

運気パワー 86
対人運 87
社会運 81
健康運 94








上記に記したような・・・



予想外のとんでもない結果が出ました。




“人の好き嫌いが激しく、協調性に欠ける面もあり”



それ・・・物凄く大当たりです








“頭がよく発想力に優れます。好奇心が強くて研究熱心。柔軟性に恵まれ知恵を出して障害を突破します。熱しやすく冷めやすいのも特徴。粘り強さを身につければ最強です。”




いやぁ~、それ・・・褒めすぎです



えっ・・・



でもそれって、YAZAWAじゃないの?


(笑)





“早くから処世術に長けて人脈作りが得意”




いえっ、処世術も人脈作りも全く下手です



なにしろ・・・不器用人間ですから。









でも・・・こんな素敵な名前をつけてくれた両親に感謝!! です











そしてご先祖様にも








皆様も是非、お試しあれ




X - DESPERATE ANGEL [1992.1.7 TOKYO DOME]-3

X - CELEBRATION [1992.1.7 TOKYO DOME]-9

X - VOICELESS SCREAMING [1992.1.7 TOKYO DOME]-6

X - 紅(KURENAI) [1992.1.7 TOKYO DOME]-11












2011.07.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   中村とうようと音楽の価値観


中村とうよう氏が亡くなった。




中村とうようと、云えば・・・




音楽評論家としての渋谷陽一の仇敵であり、彼を音楽ジャーナリズムの道へと向かわせた体制の象徴でもあった。





そのような認識が僕の中には刷り込まれている。


“例外なく音楽雑誌の記事は僕を不快にさせた。それなら読まなければいいと言われそうだが、やはりロック関係の記事があると気になって読んでしまう。
特に気分が悪かったのが数年前位のニュー・ミュージック・マガジンであった。ロックを基本的に必要としないような連中が、まったく見当はずれな基準でアルバムに点数(!)をつけ、したり顔で寸評などしているのを見ると無性に腹が立ち、腹が立ったからといって何もできない自分を省み、今度はいらいらしてくる。実に健康に良くなかった。それで痩せてしまったのかもしれない。”

渋谷陽一 「メディアとしてのロックンロール」本文より抜粋。




が・・・今や、その渋谷陽一自身が、体制の象徴なのだ。







ある方のブログに、とうようさんから教わった事として、




こんな言葉が記されていました。




“「本当の音楽は、泥臭い大衆性と、歌のうまさとかそういう肉体性も大事なんだ」
「頭でっかちに音楽にはまっちゃ駄目だよ」”




それって、とても大切なことですよね。



音楽って、文字通り“音を楽しむ”ことですからね。




精神性から入っていくと、その本質を忘れがちになりますよね。









たぶん、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬も、



とうようさんと同じ価値観を共有してたのかもしれない。




彼の場合、勿論パンクからのダイレクトな影響によってバンドに目覚めたのだと思いますけど、



それだけでは飽き足らなかったのでしょうね







自身でも語っていましたけど、




音楽をカタログ的に聴いていくと必然的にルーツ・ミュージックまで遡っていくと




だから彼の音楽は・・・



ロックでありながらも泥臭くて芳醇な薫りを放ち、



強靭な肉体的グルーヴを獲得できたのだと思うんです。













とうよう氏は、あるインタビューでこんなことを語っていました。


“僕はいろんなところに好奇心を振り向けて、いろんなものを吸収してきたことが結果的にこうなった。音楽を本当に必要としてる人は、好奇心がエネルギーの源になるはずなんですね。ところが今の若い人たちの音楽の聴き方は、友達がこれを聴いてるから自分もそれを聴かなきゃならないとまわりに全部合わせてしまうみたいな形です。また、音楽を作ってる業界の方もそういう形でまわりに広まりやすいような音楽しか追求しない、作らなくなっているような気がするんですよね。”


http://www.fmp.or.jp/award/interview02.html





その通りだと思います。





世界中、何処へ行ってもそこに人がいて人の営みがあれば、



音楽が生まれる。




世界中、何処へ行ってもそこに人がいて酒を酌み交わせば、




みんな友だち。












そしてそこにも音楽が寄り添ってくれる






それが音楽の本質かもしれないですよね。




Newest Model - Land Of A Million Crossbreed

NEWEST MODEL "こたつ内紛争"

The Newest Model - Hey Pocky A-Way (japanese cover)

ニューエスト モデル / ソウルサバイバーの逆襲 ('89.8.20)






2011.07.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   じぶんのなかに欠けているワンピースを求めて


じぶんのなかに欠けているワンピースを求めて、





人は彷徨い続ける・・・






その欠けた部分を埋めてくれるのが、あなたというワンピース





そこから全てが始まる












きみもぼくも・・・



みんなみんな、いつかほしになる。



だから、あたえられた命をぼくもきみもさいごまでまっとうしよう。










そうすれば・・・




いつか、みんなほしになって出会える日がやってくるから。




http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-1019.html






泉谷しげるのことばを思い出した。




あるコンサートで、客席から心無いヤジが飛んだ






そのヤジを飛ばした奴に対して、彼はこんなふうに言い放ったそうだ






この世には手の不自由な奴がいる。



足の不自由な奴がいる。



目の不自由な奴がいる。



耳の不自由な奴がいる。






でも・・・




世の中で一番悲しいのは、こころの不自由な奴だ











そのことばを噛み締めて・・・





今日を生きよう








いつの日か、あなたもわたしもこう思えるように






生きてて良かったと







佐野有美/歩き続けよう

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]

深夜高速 - フラワーカンパニーズ - ap bank fes 10 LIVE











2011.07.20    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   右手の魔法!!


そういえば・・・



70年代の日本のフォーク・ミュージックは、



生ギターによるアルペジオの音色とマンドリンの響きが一体となって



日々の遣る瀬無さを表現していたなぁ・・・と、




ふと思いました。





ガロとかアリスとか古井戸とか・・・




当時は、3フィンガー奏法を完璧にこなせると周囲の羨望の的になったそうですよね。












桑田佳祐が原由子と出会った頃のエピソードに、こんな話がありました。




友だちの集まった部屋にギターが置いてあって、



原さんが何気にそのギターを手にとって弾き始めました。





それが3フィンガーという高度な技。しかも彼女は完璧に弾きこなしたそうなんです。



したら・・・先輩たちから、




「桑田、おまえもやってみろっ」て云われて、




桑田さん、弾き始めるんだけど、





まるでヨレヨレ・・・ボロボロ




お話にならない。





周りから、「できねえのっ!!」て囃されて散々な目に遭ったそうです。




それ以来・・・




彼は、「おれのまえではぜったい弾くなっ!!」て、きつく言い渡したとか・・・



・・・(笑)




彼はコードをかき鳴らすストロークは得意なんですね。



だからエレキのカッティングになると原さんは敵わなかったそうです。








この話をネットの友人に話したら、実は・・・ストロークは奥が深いっ!!



という話になりました。





なるほど・・・




それって、野球に置ける打撃の極意に通じるのかもしれないですよね。



素振りとストロークは基本であると。



素振りって、実は全身の筋肉を隈なく使うんですよね。




全身の筋力を一点に集中するからこそ、インパクトの瞬間に物凄いパワーが生まれる。



それって・・・リフの極意と一緒かもしれない。(笑)




僕のジミー・ペイジに対する評価が一変したのがこの映像でした。










とにかく!! 右手のフィンガリングが凄すぎるんですよ。



ギターがへたくそなんて評価が吹っ飛ぶでしょ?








勿論、その芳醇な味わいの根底にあるのはブルース。




ブルースには全てがあるっ。




そこで学んだことを独自の解釈で発展させたのがおそらくこのナンバーだったんでしょうね。








そう考えると・・・ストロークの奥義は深いですよねっ。




て・・・いう話かよっ。(笑)




置手紙 / かぐや姫

竹中くんと野村くんのエレキギター講座 濃い3人 7/10

White Summer (Live at Royal Albert Hall 1970)

Led Zeppelin - Celebration Day Live












詳細を読む »

2011.07.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   勝つことで全てが肯定される世界


“■澤穂希(INAC神戸レオネッサ)

「優勝するシーンしか想像できなかった」

 最高の舞台で、最高の仲間と一緒にメダルを取れたのはうれしかったし、楽しかった。今日の決勝戦は優勝するシーンしか想像できなかった。日本が青のユニホーム、青のパンツ、青のソックスで戦って、表彰台の上でトロフィーを掲げるシーンまで鮮明に想像できていたし、ユニホームの色も含め、本当にそうなりましたね。また、今日は川澄にネイルを新しく塗り直してもらったんです。これをやる日は必ず点が取れるんです。

 今大会で優勝できたのは、中堅世代の選手たちのおかげだと思います。北京五輪の時もいいチームでしたが、あのころに若手と呼ばれていた選手たちが成長して、すごく頼もしくなりました。宮間や大野、近賀、矢野などの中堅世代が、さらに若い世代を引っ張ってくれて、わたしたちベテランの背中を押してくれました。彼女たちはピッチの中でも外でも、すごく頼もしいです。「なでしこジャパンは今までと何が変わったか」と言われれば、そこだと思います。MVPも得点王も、みんながいてくれたから取れた賞だと思う。本当に感謝しています。

 得点シーンは(コーナーキックのキッカーの)あや(宮間)に「ニアに蹴るから」と言われ、わたしが「一番前に行くからね」と返していたんです。ゴールにボールが転がっていて、みんなが喜んでるのを見て「あ、点が入ったんだ……」という感じでした。アメリカに対してゴールを取れたのがうれしいし、あそこで同点にできたのもすごくうれしかった。本当にみんなが最後まであきらめずに走り続けた結果が、優勝につながったのだと思います。みんなに感謝したい。

 W杯で優勝したわけですから、今後は日本の女子サッカーに向けられる期待のハードルは上がるかも(笑)。自分自身、18年間代表としてやってきて、苦しい時代も見てきています。ここに来るまで本当に長かったと思います。でも、こうやって自分が好きなことをやって、たくさんの人が笑顔になってくれたり、応援してくださったりするのはすごくうれしい。今後、女の子がサッカーをやれる環境がもっと整い、また、サッカーをやりたいと思う女の子たちが増えてくれればいいなと思います。

 帰国したらすぐにリーグ戦(24日、対ジェフユナイテッド市原・千葉)があります。休む暇もなくて、気持ちの切り替えも難しいんですけど、今度はなでしこリーグ優勝を目標にしていきたいです。北京五輪の時もそうでしたが、注目されたのは一瞬だけでした。それを持続させるためにも、自分たちがしっかり結果を残さなければいけないと思います。たくさんの方たちに女子サッカーのいいところを見ていただけるよう、足を運んでいただきたいと思います。 そして、ロンドン五輪のアジア予選(9月)もすぐにあります。中1日、中2日などのタイトなスケジュールなので、しっかり体のケアをしてコンディションを整え、ロンドン五輪に出場したい。五輪でもみんなで力を合わせて、またメダルを取りたいです。W杯に優勝したらしたで欲が出てくるもので、五輪のメダルも欲しいなと思います。”

スポーツナビスポーツナビ女子代表の澤「優勝するシーンしか想像できなかった」 (1/2)
女子ワールドカップ決勝 米国戦後選手コメント 2011年7月18日(月) 記事より抜粋。










テレビで試合映像を眺めながら思ったのですが、女子なのにこんなに頑張っているとか・・・
最早そんな瑣末なレベルをとっくに超越していると思った。
純粋にスポーツとして熱狂できるレベルに到達している。
僕のようなひねくれた奴にさえ、そんな感慨を抱かせてしまう彼女たちはやはり革命戦士


澤のコメントが素晴らしかった。
“北京五輪の時もそうでしたが、注目されたのは一瞬だけでした。それを持続させるためにも、自分たちがしっかり結果を残さなければいけないと思います。たくさんの方たちに女子サッカーのいいところを見ていただけるよう、足を運んでいただきたいと思います。”





勝たなければ意味が無い
勝つからこそ、全てが肯定される
おそらく彼女はスポーツに於ける本質を誰よりも熟知しているんだと思う。







負ければ誰も注目してくれない世界だから。何時如何なる状況にあっても、己の魂のメンテナンスを怠らなかったからこそ、掴んだ勝利だと思います。










改めて、おめでとうございました。なでしこジャパン。




只・・・なでしこジャパンと云うネーミングはあまり好感が持てません。
男性の“上から目線”と云うか・・・
女性はこうあってほしいという決め付け。僕自身の中に巣食っている優越意識
それは、ワールド・ベースボールに置ける侍ジャパンと一緒ですよね。
男は侍
女はなでしこ
未だ、差別意識が・・・
我々にはありますよね。自分自身含めて。


やっぱり・・・俺って性格最悪だわっ!! 
失礼いたしました。






Manic Street Preachers - Slash 'N' Burn

manic street preachers motorcycle emptiness album vers

君という花

佐野元春-SOMEDAY













2011.07.18    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   勝つことは全ての無駄を帳消しにしてくれる


全てのスポーツ競技は勝つことが全て。
勝たなければ意味が無い。2位じゃだめ。
1位になってこそ、世の中に対する説得力が生じる








僕は、女子サッカーに関しては、今まで全く無関心だった。
そう・・・今回、彼女たちが優勝を手にしたからこそ、僕のような者にさえ想いが届いたのだ


何故、勝たなければ意味が無いのか?
勝利を目指すことで、モチベーションが生じる。目的がくっきりと浮かび上がる。
どんなに一生懸命努力しても・・・
そこに到達点が無ければ、モチベーションは生じないし、人生の価値も定まらない。








たとえ届かなくても・・・
たとえ無駄だとわかっていても・・・
なにかに夢中になることは素敵だ

サッカーが好きだから、続けてこられたと彼女たちは云う。好きだからこそ、そのための努力を惜しまない
だからバイトしながらでも、サッカーを遣り続けようとする強い意思がそこに芽生えるのだ
きっと彼女たちが僕らに教えてくれたことは、それだっ。








震災直後、彼女たちは煩悶に苛まれたらしい。
スポーツなんか遣っていて、いいんだろうか? と。
でも・・・ 彼女たちはスポーツを通じて様々な有形無形の財産を人々に分け与えることが出来る。
その財産を未来永劫皆で共有できる


だから・・・
勝つことは、全ての無駄を帳消しにしてくれる。そして、未来への可能性と云う鍵を僕らに与えてくれる












ありがとう。なでしこジャパン






Tokyo Jihen + Killer Tune

椎名林檎 -- ありあまる富

manic street preachers motorcycle emptiness album vers

君という花










2011.07.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   野田財務相に於ける総理としての資質


たばこ&酒増税は「オヤジ狩り」 復興財源で野田財務相
産経新聞 7月16日(土)13時54分配信

 野田佳彦財務相は16日、横浜市内で開かれた討論会に出席し、東日本大震災の復興財源について「たばこも酒も税制を通じた『オヤジ狩り』みたいなところがある」と述べ、たばこ税や酒税の引き上げに慎重な考えを示した。

 今後のエネルギー政策についても、「自然エネルギーを普及させる基本的方向は正しいが、それを数値化しながら、いつまでにどうするかをまとめていくかのが政府の責任だ」と指摘し、唐突に「脱原発依存」を表明した菅直人首相の手法を批判した。

 討論会には自民党の林芳正政調会長代理も出席し、「やっぱり菅さんよりも野田さんがいい。記者会見で今の話を首相がしていたら、日本の企業人の受け止めが変わっていた」と野田氏にエールを送った。

 ただ、野田氏は会合後、民主党代表選への対応について「私は菅内閣の一員なので、次の話をするのではいけない」と述べるにとどめた。





菅首相が、何故国民の信頼を得られないのか?




この野田財務相のコメントを読んでみて・・・



判った




菅首相は、説明を省いて、結論だけを言いっ放しにするからだ




・・・(笑)




何故、そこに至ったのかと云う過程がさっぱり判らないから、




国民は迷ってしまうのだと思う。












「Sports Graphic Number」最新号に、



広岡達郎氏(元ヤクルト・スワローズ、西武ライオンズ監督)




インタビュー記事が掲載されていた。





そこで語られていた言葉の中で印象深かったのは・・・





結果に至るプロセスを疎かにしてはいけないということであった。











最も端的な例が、西武ライオンズにおける意識革命





肉を喰わずに野菜と玄米を喰えっ。





あの大沢親分が、



これに噛み付いたことはよく知られている



“オラァ面白かねェぜ。

菜っぱ食って強くなるなら、毎年、羊がホームラン王よ”



“毎年、ヤギさんチームが優勝するぜ”

http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-838.html









でも広岡氏は・・・



そんな無茶なことを云った憶えは無いという。(笑)










つまり、自己管理が出来なければ、プロとして失格だということである





広岡氏は・・・






そんなプロ意識を植え付けるために、結果に至るプロセスを重視した。






これこれこうすれば・・・



こんないいことがありますよ!!






それを理解できれば、自ずとそこには能動的な意志が芽生える







頭ごなしに、「こうしなさい!!」と押し付けても・・・





今の若い人たちは付いてこない。





中日の落合監督に欠けている部分も、そこだと言い切った。






結果に至るプロセスを論理的に説明できる能力




政治家(リーダー)としての大切な資質かもしれない。






そう思った。






Weezer - Pork And Beans

Weezer - Perfect Situation

Weezer - Buddy Holly









2011.07.16    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   70年代フォークは私の原風景・・・


ブロ友さんの日記を覗いていたら・・・



ある曲を発見しました。




それは、かぐや姫という70年代の人気フォーク・グループ




リリースした曲でした。







ラブ・ソングとして聴くには・・・かなり深淵なテーマ






僕は東京生まれなので・・・



そんなふるさとを持てる人が羨ましいと、




いつも思っていました。







M-330



ふるさとって、たぶんその人にとって・・・




全てが許され、全てを包み込んでくれる大切な居場所なんでしょうね。








M-331






そんな居場所が時代の変遷と共に喪われていく現実を直視せざるをえない自分。




そんな自分がとても辛いし、とても寂しい。




もしかしたら・・・そんな唄かな? と。





でも・・・決して喪われたわけじゃない。





山もあるし、野もある。







川もあるし、畑も田んぼも・・・




ある。




たしかに震災は全てを一瞬のうちに呑み込んでしまったけれど・・・





生きていく限り、人は喪失と再生を繰り返していく




その象徴が祭りなのだと思います。









明日への祈りと再生への希望がある限りは・・・





なにがあっても大丈夫。





根拠なんか無いんだけどね。(笑)






ひとりきり / かぐや姫 LPレコード

地下鉄に乗って 猫

風の街/山田パンダ

落陽 (高画質)













2011.07.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   何故、唐突に脱原発なのか?


脱原発宣言 看板だけ掲げるのは無責任だ
(7月14日付・読売社説)

 深刻な電力不足が予想される中で、脱原子力発電の“看板”だけを掲げるのは無責任だ。

 菅首相は13日の記者会見で、「原発に依存しない社会を目指すべきだ。計画的、段階的に依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現する」と述べた。

 日本のエネルギー政策を大転換する方針を示したものだが、原発をどのように減らしていくのか、肝心の具体策は示さなかった。

 原子力発電を補う代替エネルギーの確保策が、不透明なままだったことも問題である。

 首相は、太陽光や風力などの自然エネルギーを「ポスト原発」の有力候補と考えているようだ。

 自然エネルギーの普及は促進すべきだが、現時点では総電力の1%にとどまり、発電量は天候などで変動する。コストも高い。

 量と価格の両面で難題を抱えており、近い将来、原発に代わる基幹電力の役割を担えるほど見通しは甘くない。

 火力発電で急場をしのげても、燃料費がかさんで電力料金が上がれば、産業の競争力低下を招く。工場の海外移転による空洞化も加速して、日本経済は窮地に立たされかねない。

 安全確保を徹底しつつ、原発利用を続けることが、経済の衰退を防ぐためには欠かせない。

 首相はまた、当面の電力不足について、節電などで「この夏と冬に必要な電力供給は可能だ」との見通しを述べたが、その根拠についての言及はなかった。

 企業の自家発電など「埋蔵電力」も活用できると見ているようだが、どの程度の供給余力があるのか、手探りの状態にある。

 代替電力の展望もないまま原発からの脱却ばかりを強調するのは、あまりにも非現実的だ。

 原発のストレステスト(耐性検査)を巡る閣内不一致によって、九州電力玄海原発など、定期検査で停止している原発の再稼働に見通しが立たなくなっている。

 首相が、ストレステストの判断が妥当なら「再稼働を認めることは十分にある」と述べたのは、当然のことである。

 ただし、脱原発を掲げる政府が運転再開を求めても、地元自治体は戸惑うだろう。

 首相には、福島第一原発の事故に伴う国民の不安に乗じ、脱原発を唱えることで、政権延命を図る思惑もあったのではないか。場当たり的言動が、多くの混乱を引き起こしている。首相は、そのことを自覚すべきだ。

(2011年7月14日01時15分 読売新聞)








“まず、今一番の問題が、放射能である。

もう避けることの出来ない問題であり、チェルノブイリの大事故、今から25年前の1986年にも日本でも大騒動になったことをすっかり忘れてしまっていることに元々は端を発する。
このときキチッと論理をもって考えることが出来たらなら、現在はまったく違う日本があっただろう。
もちろんそれ以前にも核実験などが多く行われ、地球はすでに多く汚染されたのだが。

今さら、放射能が嫌とかいっている場合ではない。
むしろこういう社会へと推し進めたのは、日本もそのひとつだが、先進国に他ならない。
科学技術を礼賛、というか快楽を求めて、その恩恵に与(あずか)ることをよしとした我々自身なのである。

このことは消そうにも消せない事実である。

ゆえに、放射能漬けの食物は我々、先進国の人間が積極的に摂取するのがまず基本である。
もちろん成長期にある子供にはなるべく食べさせないようにしたい。
子供には罪はないのだから、この願いは万国共通であろう。

こういう反省の上に立って初めて、本当の意味での原発反対を唱えるべきなのである。

ここまでのお話になってくると、資本主義そのものの枠組みの見直しへと進まざるを得ません。

今までは、とにかく無駄でも何でも作り、大量消費が行われてきた。
しかし、この枠組みが壊れようとしている。
そうなったとき、産業の多くがそのあり方を問われよう。

どうしたらよいのか?
どうすべきなのか?
明確な答えがありそうでない。

我々の決断ひとつでいくらでも変わる可能性があるからだ。

まさに今、人類は大きな岐路の前に立たされているといえまいか。”

ochiochiのワンダーランド2 岐路に立つ資本主義 
2011/7/11(月) 午前 10:46 記事より抜粋。













一国の首相が、国民の大多数が望んでいるであろうエネルギー政策の大転換を明言したのだから、





本来ならば、喝采を浴びてしかるべきなのに・・・




何故、そうはならなかったのか・・・









嘗ての歴代政権が、国民に多大な負担だけ押し付けて、知らん顔を決め込んできたからなのか?




政策を決定する前に遣ることがあったはずだと。










それが、国民との間の契りである。






菅首相にはこんなふうに真摯な想いを吐露して欲しかったと思う。





矢沢永吉 限りなき夢との出会い 1/5

矢沢永吉 限りなき夢との出会い 2/5

矢沢永吉 若い広場 リメンバー佐世保

もうひとつのヒーロー伝説










詳細を読む »

2011.07.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   節電の夏はメタルと生ビールで乗り切れっ!!


毎年・・・




真夏が遣ってくると確認することがある




そう・・・




俺はメタルが大好きだっ









嘗て、



メタルはダサいものとして迫害された時代があった





お洒落じゃない!! とか、




時代遅れ!! とか、




女にモテない奴が聴く音楽だ!! とか・・・




そういう雑音ばかり・・・




しつこく!! こびり付いて離れない時期があった










いまでもそう思ってる奴・・・




かなりいる筈だっ!! 決して口には出さないだけで。




・・・相当怨念があるみたいっ!!





最近は、ビールを呑まない奴が増えていると聞く・・・







曰く、時代遅れだ



曰く、お洒落じゃない 。







か、どうかは・・・知らないけど。(笑)





だから、必然的に居酒屋から客が遠ざかるのも道理っ






でも、俺は生ビールが大好きだっ




真夏は生ビールを浴びるのが最高の幸せっ







ぐいっ・・・と




口に含んだ瞬間のあのクリーミィ~な喉越しの快感!! 






そ・そして・・・グビグビグビッ!! と、




五臓六腑に沁み込んでいく過程は・・・




まさに至福の瞬間っ!!





それって・・・そのままメタルの快感ですよねっ。(笑)









真夏は節電、節制は勿論だけど・・・




感情まで抑制するのは真っ平御免っ





だから、今年の夏は・・・




メタルの爆音と生ビールを浴びて乗りきろうっ!!






・・・(笑)



Pagan's Mind - Intermission (Official)

MESHUGGAH - Bleed

ANTHEM - ONSLAUGHT

Dir En Grey - "Hageshisa To, Kono Mune No Naka De Karamitsuita Shakunetsu No Yami" The End






2011.07.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   節電の夏をわたしたちはどう過ごす?


「音楽と人」最新号に、



DIR EN GREY 京のインタビュー記事が掲載されている。





これが・・・相当に濃い!!




普段の日常の中では殊更意識せずに済んでいる・・・






そんな人間としての核の部分と真正面から対峙出来る人間は、





実はとても純粋な優しさに溢れている。










臆病だからこそ、自分を疑う。




コンプレックスを山ほど抱える弱虫だからこそ、己の欺瞞に気付く。






音楽と人 2011年 08月号 [雑誌]音楽と人 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/05)
不明

商品詳細を見る



未だ・・・



梅雨が明けたばかりなのにも拘わらず、日本列島は連日の苛酷な猛暑に見舞われている。






政府は、こんなときだからこそ各人が節電、節制に努めることで、




この未曾有の危機を乗り越えようと呼びかける。





本当は・・・



電力は充分に余っているのにねっ!!




そんな欺瞞を懸命に隠蔽しようと躍起になる政府と・・・





被災地で暮らす人々を想い、懸命に己を戒めようとする国民の姿。






どちらがより純粋であるかは・・・





論を待たない。










冷房設定温度は高めに。服装は軽装に。無駄な電気は使わない。






たしかに徐々にではあるが、その効果は実生活に好影響を及ぼし始めていることを実感する。






外気の温度が30度を超えると・・・




室内の設定温度が28度になるだけで涼しさを実感する。





昼間、室内の照明が明るいと・・・





どうしてこんなに明るいんだっ!!



暗いほうが涼しいのにっ!!






これだけ意識に変革が訪れることに我ながらびっくり!!




・・・(笑)










寝る時も冷房を止めているにも拘らず・・・




窓を開けているだけで涼しさを実感するから不思議だ。





外気の涼風と深夜の街の息吹が・・・






こころを涼しくしてくれるからだ。






思えば、小さい頃はこんなふうに夏を過ごしていたんだっけ。









そう・・・







当たり前の生活に戻っただけなんだよね





Dir En Grey - "Hageshisa To, Kono Mune No Naka De Karamitsuita Shakunetsu No Yami" The End

椎名林檎 -- ありあまる富

Tokyo Jihen + Killer Tune









2011.07.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   我々は価値観の転換を余儀なくされる?


原発再稼働混乱 首相は電力「危機」を直視せよ(7月8日付・読売社説)

 菅政権の下で原子力発電所の再稼働問題が混迷を深めている。1年以内に全原発が停止し、深刻な電力不足に陥ることも現実味を帯びてきた。憂慮すべき事態だ。

 九州電力玄海原発(佐賀県)を巡り、地元の岸本英雄玄海町長がいったん表明した「再稼働の了承」を正式に撤回した。

 菅首相がストレステスト(耐性検査)を行うまで安全は確認できないと唐突に発言し、海江田経済産業相の「安全宣言」を否定したためだ。政府のちぐはぐな対応に、町長は「国を信用できない」と怒りを露(あら)わにしている。

 古川康佐賀県知事は、原発の安全に関する統一見解を政府に求めた。地元自治体の政府への信頼は地に墜(お)ちたと見ざるを得ない。

 混乱を招いた責任は、首相にある。本来なら、事態の収拾を図らねばならない立場だ。だが、首相にそれを期待できるだろうか。

 首相はこれまで「安全性が確認された原発は稼働させる」と述べてきた。それに従って海江田氏も玄海原発の再稼働を地元に働きかけてきた。

 ところが、首相は安全確保には新基準が必要と方針を変えた。

 後ろから弾を撃たれた形の海江田氏は「いずれ、私も責任を取る」と述べ、辞任の可能性にも言及した。独善的な首相にはついて行けないとの思いだろう。

 安全確保のためのストレステストの必要性はわかる。だが、少なくとも数か月かかるという。玄海原発の運転再開は電力需要が急増する8月には間に合わない。他の原発の再稼働も、困難になる。

 営業運転中の原発は全国で17基あるが、このうち5基が7月と8月に検査で停止する。北陸電力1社分に匹敵する500万キロ・ワットの電力供給が失われる計算だ。

 電力制限している東京電力や東北電力の需給は綱渡りとなる。計画停電の可能性もある。

 首相が、危機的な状況を認識していないのなら、あまりに無責任だ。自然エネルギーの普及を目指す「再生可能エネルギー特別措置法案」への執着もいいが、目の前の問題解決が先だろう。

 首相は、「私が最高の首相だとはうぬぼれてはいないが、責任から逃れるわけにいかない」と述べている。課題を掲げるだけで、自らは積極的に動こうとしない人物の言葉とは思えない。

 この首相の下では、日本経済は沈んでいくばかりだ。菅政権に一刻も早く終止符を打つ手立てを政界全体で考えるべきである。

(2011年7月8日01時18分 読売新聞)





菅首相に、唯一評価すべき点があるとしたら・・・






それは、何が起ころうと




決して諦めない(決して投げ出さない・・・)という



初志貫徹の精神









・・・青春だなぁ~。(笑)





仮に全ての原発を再稼動した場合





一体どんなメリットがあるのでしょう?





云うまでもなく、電力会社が潤い、経済全体の底上げに繋がる




それが震災後の経済の復興を早めることになる






政府はそのようなシナリオを描いているのでしょうね。






つまり安全、安心は常に後回しなんですね







まず経済ありきであると






おそらくそれは正しいのでしょう。





経済が潤ってこそ、人々の不安も和らぎ、





そこに安全と安心が醸成されるから







でもそうなると結局、振り出しに戻ってまた同じ過去の繰り返しが続くことになる









政府もマスコミも何故こぞって原発再稼動に拘るのか?




それは目先の幸福を享受することが何にも増して重要だからでしょう。





10年先、100年先の未来がどうなっているかなんて




誰にも判らないから。





この資源も無い小さな島国が




地震と津波に依っていつ海底に沈んでしまうか、




誰にも予測は付かないから。





つまり・・・




いまのこの幸福を





最大限に享受することが何よりも大切だからです。










どんなに偉そうなことを呟いてもどんなに綺麗ごとを云っても、





心の奥では、いつもこう思っています。





未来を憂うよりもこの瞬間の幸福を逃したくないと。






云うまでもなく、それはとても我侭でとても傲慢な考え方です。




それは人間の本質かもしれません。







仮に脱原発が実現したとしても、





人間の欲望は収まることを知りませんから・・・





またそれに代わる欲望が膨れ上がるでしょう。




それがまた我々自身を蝕んでいくのでしょう。きりがありません。









そこには、希望なんて一欠片もありませんよね。




自分たちが享受している幸福の陰で、




どれだけの人々が泣いているか?



どれだけの人々が絶望と悲嘆に暮れているか? 





そんなことは普段の日常の中では考えたことも無いから。





真夏の猛暑によって熱射病に拠る死者が大量に出たり、




企業が節電を押し付けられることに依って




経済効果が萎んでしまうことにより、




日本全体が世界から取り残されて沈没してしまう。





そんな危機感が経済界全体に蔓延しているのが真実なのですから。









つまり負(腐)の無限ループ状態?








その不幸の連鎖を断ち切るには一体なにが必要なんでしょう?








太陽がくれた季節/青い三角定規

君という花

YMO 東風(TONG POO)

ループ&ループ









詳細を読む »

2011.07.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   愛海ちゃんのママ お星様に


“愛海ちゃんのママ お星様に

東日本大震災で津波にさらわれた母親に「ままへ。いきてるといいね おげんきですか」と手紙を書いた岩手県宮古市の昆愛海ちゃん(5)の母、由香さん(当時32歳)の葬儀が6日、同市内の寺院で営まれた。3月中旬に同県釜石市の海岸で発見されたが、6月30日にDNA鑑定で本人とわかった。今も行方不明の父、文昭さん(39)と妹、蒼葉ちゃん(3)の葬儀も一緒に行われた。
祖母の幸子さん(63)が「ママはお星様になったんだよ」と言うと、愛海ちゃんはじっと空を見上げていた。通っている児童館の七夕飾りの短冊に、「パパとアオが早く見つかりますように」と書き、文昭さんと蒼葉ちゃんの一日も早い帰宅を願っていた。”

以上、読売新聞朝刊2011年(平成23年)7月7日(木)社会面記事より抜粋。








“「アオ、おめでとう」
いちごのショートケーキにろうそくを3本、昆愛海ちゃん(5)は小さな指でそっと立てた。先月24日、妹の蒼葉ちゃんの誕生日を、父方の祖母幸子さん(63)らと祝った。愛海ちゃんの分まで食べてしまうくらいだった蒼葉ちゃんはいない。

愛海ちゃんは、岩手県宮古市千鶏地区の猟師の家に育った。高台の自宅になだれ込んだ津波にさらわれたが、体が漁具に引っかかり、1人だけ助けられた。直後に身を寄せた親戚宅を出て、幸子さんと一緒に自宅近くの小さな平屋建てに住んでいる。

ちょっぴり怖いけれど手先が器用で、色々な遊びを教えてくれた母の由香さん(32)。

本業のワカメ養殖以外にもたくさんの魚介類をとってくれ、いつも優しかった父の文昭さん(39)。
「愛海という名前に海への思いを込めたはず」。幸子さんは波にのまれた2人を思い、涙ぐむ。

「マナが作る野菜いためはおいしいよ」。サクサクと、母譲りの器用な手つきでキャベツを刻む。ひざの悪い祖母に代わり、トイレットペーパーなどを配給所から自宅に運ぶ。一生懸命手伝いをしていれば、パパとママとアオに会えるのだと信じているように。

「ママ、かわいいね」。時々取り出して見る写真を、胸に寄せた。旅行先で撮ったスナップの中で、由香さんがほほえみかけていた。”

以上、読売新聞朝刊2011年(平成23年)5月10日(火)グラフ面 記事より抜粋。


http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-989.html






きみもぼくも・・・



みんなみんな、いつかほしになる。












だから、あたえられた命をぼくもきみもさいごまでまっとうしよう。










そうすれば・・・




いつか、みんなほしになって出会える日がやってくるから。









youtubeに於ける再生回数が・・・2,637,058回(2011年7月7日現在)。






たのしみだねっ!!







忌野清志郎 - 上を向いて歩こう

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

oasis - Whatever

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]







2011.07.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   なんて窮屈な世の中なんだろう!!


松本復興相辞任、放言で引責…就任9日目

 松本氏は3日、東日本大震災復興のため、岩手、宮城両県知事に会った際、「知恵を出さないやつは助けない」などと述べ、宮城県知事が不快感を表明するなど、被災地で反発が広がっていた。辞任は、就任からわずか9日目となる。野党は国会で、菅首相の任命責任を含めて追及する方針だ。政府の復興の取り組みへの影響も予想され、首相に対する退陣圧力がさらに強まるのは必至だ。

 松本氏は5日午前の閣議に先だって首相に会い、「真意は別として、発言の表現で被災者の心情を結果として傷つけた。国会運営をはじめ、内閣に迷惑をかける。スピード感を持って進めなければならない復興にマイナスの影響を与えかねない」と辞意を伝えた。首相はこの後の閣僚懇談会で、「(松本氏の)意思が固いので、辞表を受理した」と報告した。

(2011年7月5日15時06分 読売新聞)





嘗ての昭和の時代だったなら・・・



これほどの大騒ぎにはならなかったのかな?




父権主義の象徴として、寧ろ世間のお父さんたちから絶賛されたかもしれない。



・・・(笑)






体育会系メタルの象徴!! われらがANTHEM!!




“松本復興相は4日、震災復興に関する岩手、宮城両県知事との会談で「知恵を出さないやつは助けない」なとど述べたことについて、「言葉足らずだったり、ちょっと語気が荒かったりして、結果として被災者の皆さんを傷つけたということがあれば、おわび申し上げたい」と陳謝した。一方で「このまま真っすぐ前を向いて復興に当たっていく」と述べ、辞任は否定した。東京都内で記者団に語った。
松本氏は「知事との話は真剣勝負であり、知恵を出していきながらやってほしいということで発言した」と釈明した。「九州の人間だから、何市がどこの県とかわからん」と述べたことについては、「(被災地の)全ての市町村の名前を知っている。東北は広いという思いがあって、『しっかり取り組む』という意味で言った」と述べた。




宮城県によると、同県にはこの日午後4時までに電話175件、電子メール57件が寄せられ、多くが発言に抗議する内容。「挑発的で威圧的な発言に怒りすら覚える」「被災者への侮辱で許せない」「宮城にはもう来てほしくない」といったものが多かった。同県東松島市内で避難生活を送る相沢正弘さん(52)も「謝っても言ったことは消えない。大臣の横暴な態度は避難者を侮辱している」と憤った。
村井知事は4日の記者会見で「国と地方自治体は主従関係ではなく、対等な関係だ。命令口調ではなく、お互いの立場を尊重した方がいい。『国のほうが偉いんだ』と、とらえる方もいるのではないか」と述べた。
3日の会談の際、村井知事が後から部屋に入ったことに、復興相は「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ」と発言。村井知事は「応接室にお招きし、約束された時間に私が部屋に入った。正しい接遇だと思うが、今後、復興相が来た際は『松本バージョン』の接遇を心がけたい」と皮肉も交えて語った。
また、岩手県によると、4日午後6時までに寄せられた抗議や批判は20件。「まずは、ねぎらいの言葉から入るのが当然だろう」「東北人をバカにしているのか」といった内容。玄関で出迎えた達増知事に対し、松本復興相が「がんばれ東日本」などと書かれたサッカーボールを蹴り、「今日のキックオフに使おう」と述べた場面もあり、これについて「いきなりサッカーボールを蹴るのは失礼」などとする批判もあった。
達増知事は「復興を担当する大臣は、被災地・被災者の心情に配慮した発言をしていただきたい」とするコメントを発表した。
一方、松本復興相の人柄をよく知っているという岩手県宮古市の山本正徳市長は、4日の定例記者会見で「単純に取れば失礼な言い方に見えるが、応援し、頑張れと言っているのだと思う。一生懸命やろうとしている姿は知っている」と問題視しない考えを示した。”

読売新聞朝刊2011年(平成23年)7月5日(火) 
トップ面及び社会面記事より抜粋。








知恵を出さない奴は助けない




嘗ての青春ドラマを地で行くような発言だ。





不器用で無骨な人間はどんどん世の中から排除されていく。





1を言って10を判らせる論理は通用しない時代になってしまった。




1を言う前に、



何故1になるのかを説明しないと相手に判ってもらえないから。





だから先を見通して行動する能力が欠如したまま大人にされてしまう。





この世の中は全て自分と同じ論理や価値観によって成り立つと思ったら、




大間違い






そんな大前提すら、学校や家庭では教えてもらえない







相手が自分に対して失礼な態度を取った場合、




何故、それが失礼に当たるのかを説き聞かせることが、




他者との信頼関係を醸成するための第一歩




説明されれば、そこに相手を理解しようとする気持ちが芽生える。





それがコミュニケーションの第一歩






だが、そんな論理すら通用しない窮屈な世の中になってしまったことを、



誰一人問い質さない。









結論に到る過程を無視して、結果だけを重視する風潮を、



誰一人問い質さない。







レディ・ガガが何故世界中から絶賛されるのか・・・




その理由を考えてみればいい。




“挑発的なファッション、派手なメイク、ポップでエネルギーに満ちた楽曲、まさに成功を目的に巧みに作られた戦略のようにみえるが、実は全く逆なのだと思う。不器用で傷付き易い、言葉を失ってしまう孤独な少女が世界と向き合う時、彼女にとっての武器がそうしたものだったのだ。それがないと彼女は世界と闘えなかったのだと思う。結果、その武器は彼女に天文学的な富と成功をもたらすのだが、それは結果であって目的ではなかったはずだ。”

RO69 渋谷陽一の「社長はつらいよ」
日経ライブレポート「レディー・ガガ」2010.04.29 11:34 記事より抜粋。






かっこわるいからこそ、かっこいい!!



歪んでいるからこそ、正常なんだ!!





そんな真っ当な生き方を世界中の人間が渇望しているからだ。






・・・(笑)




ANTHEM - VICTIM IN YOUR EYES

太陽がくれた季節

ANTHEM - ONSLAUGHT

Lady Gaga - Born This Way












2011.07.02    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   僕らは生きているし、生かされているという事実


現在、朝の連続テレビ小説「おひさま」では、



敗戦の事実を受け止め、

そこから復興に向けて一丸になろうとする

我が国の様子が描かれています。








嘗て我が国は政府の多大な野望の実現のために理不尽な戦争に突入し、



それによって多大な犠牲を払うことになったのは我々国民でした。



お国のために頑張ろう。


お国のために働こう。


お国のためにひとつになろう








それはそのまま、現在の我が国が置かれているリアルそのものです。





予期せぬ震災と原発事故が重なったことに拠り、国難の事態に追い込まれた我々は、



国から節電、節約を強いられることになった。




“節電、節電と国を挙げての大合唱がつづいている。

東京電力と東北電力の管内で37年ぶりとなる電力使用制限令が発動され、節電にさらに一役買った。

節電自体、何ら文句も言うべきことでもないし、逆に不要なコストはどんどん削減するのは当然のことでありましょう。
節電、大いに賛成です。

但し、もしこの節電が単なる電力不足というためのものではなく、別の意図を持ってされているものかもしれないことはひとつ考えてもよろしいかとは思う。というのも、日本の原発すべて止めても電力は十分に足りるということを唱える学者は多い。

その理由として過去最大の電力消費ピークをもってしても原発分の電力がなくても足りているというデータがある。”

ochiochiのワンダーランド2 
何のための節電か? 2011/7/2(土) 午後 4:11記事より抜粋。







勿論、それはこれまで我々が余りにも



無知で自堕落な生活を送ってきた故に、



その付けを払わされているということにもなるのでしょう







だからこそ根源に立ち返って、物事をシンプルに見つめなおすことも必要。





でも、ここで間違ってはいけないのは、



我々の生活は我々自身が護らなければ、誰も護ってはくれないという事実です。




“節電することにより、個人の家計は当然に電力料金が普段よりだいぶ安くなるだろう。
企業も同じことが言える。

裏返せばこれは全部電力会社の赤字となる。そのことを知りつつ、敢えて、節電を政府と電力会社が言うのはどこかおかしいと思う。

結局、赤字は何で埋めるかとなると値上げか増税しかない

節電してもしなくても、時間差で後で国民は何らかの形でこのツケを払うこととなるのではないか?
これがひとつの推測。
ここでもうひとつ大きな波及効果となるのが電力料金が上がると、すべての物価が上昇するということを意味する。
つまりインフレが起きる可能性がある

そしてもうひとつの推測が、企業はこの節電によりコストの大幅削減となる。
これは何を意味するかというと、企業が黒字になる可能性がとても高くなるということだ。
しかしこの黒字は決して社員(従業員)に還付されるものではない。

これによって日本企業は、東日本大震災+福島第一原発大事故の影響から、早くも表面上立ち直る形となる。
これはつまり株価の上昇を演じる背景となり、数値上の黒字化という見せかけの好景気を演ずといういうことである。

実際問題、被災現地は思うような瓦礫撤去は行われていないようだが、ひとつ歯車が回りはじめればそれは、復興景気となって表れるだろう。
すでに瓦職人は、仕事をさばききれないほどの需要を抱えている。

株価を支援する材料はあまりに豊富である。

つまりこの節電は、企業を黒字化するひとつの手段として、従業員らに暑い思いを我慢してもらっている可能性があるのだ。”

ochiochiのワンダーランド2 
何のための節電か? 2011/7/2(土) 午後 4:11記事より抜粋。







政府は金儲けと保身と老後の安泰しかその脳内にないのですから。




“菅の党代表の任期は来年9月まで。「首相は衆院議員の任期4年を務めるべきだ」との持論からすれば、あと2年ある。実際、菅はこの1ヵ月、一度も「退陣」や「辞任」という言葉を使っていない。

では、どうなれば辞めるのか。菅が時折口にする「生存支持率」にヒントがある。懇意だったジャーナリストの筑紫哲也が「テレビで言いたいことを言うには、番組が打ち切られない程度の視聴率を保てばいい」と語ったことに着想を得た言葉で、内閣も60、70%の高い支持率は不要で、「生存支持率があればいい」というのだ。「与野党が『菅降ろし』をしているから大震災の復旧・復興が進まないと受け止められ、それが菅の生存支持率を下支えしている」との皮肉な見方もある。
菅は「森内閣の支持率は一桁だった」とも強調する。逆に言えば、そこまで落ちなければ続ける決意ともとれる。そして、辞めることになっても諦めない。菅は最近、周囲にこんな風に話している。「首相を辞めても、また戻ってくるかもしれないしな」”

読売新聞朝刊2011年(平成23年)7月2日(土)政治面記事 
「政治の現場 居座り首相 上」 より抜粋。








少なくとも、



100年後の未来を見据えた高邁な志を抱く政治家は、



獄中に入れられて排除されるのが我が国の真実です。




こんな国にしてしまったのも根源を辿れば我々自身の罪です。






自分の生活しか考えずに、



子供たちの未来を平気で置き去りにしてきた



我々自身が問われるべきなのでしょう。




だからこそ、もう騙されてはいけない







“東電と東北電力は1日から、最大15%の電力使用制限を始めた。関西電力も節電を要請している。せっかく需要が回復しても、工場を動かす電気が足りないのでは、メーカーは増産できない。 火力発電所の発電を増やして、必要な電力を確保すると、燃料高で電気料金が上がり、国内の生産コストが上昇する恐れがある。

 1ドル=80円程度に高止まりしている円高も逆風だ。輸出採算が悪化し、工場を海外に移す企業が増えてきた。 産業空洞化に急いで歯止めをかけないと手遅れになる。政府は、原発の運転再開や円高対策に、真剣に取り組むべきだ。

 民間の自助努力も重要となる。各社は、電力不足やコスト高の克服に向けて、生産体制の見直しや効率化などを工夫して欲しい。”

日銀短観悪化 政府はV字回復に万全を期せ(7月2日付・読売社説)より抜粋。



“節電の根拠に疑問を感じ、東電に何度質問状を出しても、まっとうな回答がない、と話して下さった。
怖いのは、そうした東電の姿勢を問題とするメディアがなく、何の検証もせず当然のように15%という数字が一人歩きしているところ。
電気の足りている夜、店の照明を明るくしていると非国民扱いされそうだ。
僕たちは何に怯えているのだろう。是非、読んでもらいたい。”

RO69 渋谷陽一の「社長はつらいよ」
原発、節電、何も言わない東電 2011.07.02 20:30 記事より抜粋。


SIGHT (サイト) 2011年 08月号 [雑誌]SIGHT (サイト) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/06/30)
不明

商品詳細を見る






我々自身が冷静な第3者の視点で、己自身を見つめる知恵と勇気を持たなければ、



この国は本当に滅びの道を辿ることになると



覚悟しなければいけないのでしょうね。




こんなときこそ、我々はYAZAWAの言葉を噛み締めてみよう。




プラスの10を得ようとすれば、マイナスの10もセットで付いてくる




誰も信じられない時こそ、自分を愛してみよう





自分を愛することがまず全ての始まり




自分を愛することが出来れば、他者の存在に気付くことができるし、


感謝できるようになる





どうしてかというと、それが世の中の成り立ちだから





ZIGGY-マケイヌ

OKAMOTO'S - INSANE MAN

斉藤和義 『ずっと好きだった』

真夜中のダンディ~ROCK AND ROLL HERO(ミニドラマ付)












詳細を読む »


Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog