プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  ロックは・・・長髪だろっ!! (笑)   菅政権は・・・NO FUTURE!! NO PROBLEM!? (笑)   天使たちへの贈り物   来し方行く末について・・・   心のバリアフリーとは何だろう?   ロックンロールと天皇制・・・   あなたはSCANCHを知っていますか?   なるほど・・・そうだったのか! ロックンロール(笑)   サンタは街から街へと・・・   PUNK SPIRIT!! の市政とは・・・   菅政権とパンクの理念・・・   何故ジミヘンは、ギターを燃やしたのだろう?   学力とは・・・未来をサーチする望遠鏡!!   斎藤 佑樹という清廉なイメージ・・・   想い描くことの大切さを子供たちにも・・・   ことばにしなければ伝わらない想いもある・・・   お笑いとバリアフリーについて考える   日常の疲弊とロックンロールの癒し   海老蔵事件から、僕らは何を学ぶ?

2010.12.30    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックは・・・長髪だろっ!! (笑)


ゴダイゴが・・・



最近、また復活しツアーを行っている。


COUNTDOWN JAPAN 10/11のステージにも登場した。








彼らが日本のポップ・ミュージック・シーンに果たした功績は多大だ。



洋楽のエッセンスに彩られた楽曲。卓越した演奏能力。



そして・・・誰もが口ずさめる普遍性。




ちなみに、歌詞は全編に亘って(シングル以外は)英詞であった。








これらは、そのままポップ・ミュージックのエッセンスそのものなのだった。




だから・・・



彼らが現在の我が国の音楽市場に受け入れられるのもまた必然なのかもしれない。






只・・・ひとつだけ気になることがある。




それは、リード・ヴォーカリストであり、バンドのフロントマンでもある


タケカワユキヒデの佇まいである。




元々、彼は若い頃からふっくらとした容姿であった。



その容姿には、長髪がとてもよく似合っていた。





それから・・・いつしか時は過ぎ、彼も一介の中年男になった。




現在の彼は、



疲れた中年サラリーマンが仕事帰りにライヴに駆けつけて・・・





そのまんま勢いでステージに上がってしまいました!!


というような、



実に哀愁の中年男の佇まいなのである。




それは、いかんだろうっ!!




いくらなんでも・・・いかんだろぉおおおおおおおお~!!












せめて・・・


あのジミー・ペイジを見習って、



もう一度長髪にしてみたらいかがなものだろう?




やっぱ、ロックは長髪だろ・・・(笑)







そんなこんなで、今年も暮れようとしております。





皆様、今年もありがとうございました。





くれぐれも風邪を引かないように気をつけて・・・






良いお年をお迎えください!!




GODIEGO - MONKEY MAGIC

Gandhara - Godiego

Led Zeppelin - Stairway To Heaven "Live" (HQ)

銀河鉄道999[ゴダイゴ]










詳細を読む »

2010.12.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   菅政権は・・・NO FUTURE!! NO PROBLEM!? (笑)


菅首相、困窮者支援を指示=年末年始対応で細川厚労相に
時事通信 12月29日(水)20時17分配信

 菅直人首相は29日、細川律夫厚生労働相と首相公邸で会談し、失業などで住まいを失った生活困窮者への年末年始の対応について「自治体と協力し、しっかり支援してほしい」と指示した。厚労相は既に打ち出した年末対策を進めながら、全国の状況把握に努める考えだ。
 政府は年末緊急職業相談を29、30の両日、11都道府県のハローワーク19カ所で実施。職業紹介に加え、自治体と連携し生活困窮者に対する住宅情報の提供、生活相談などを行っている。ただ、国が助成し、東京都が昨年末設置した「公設派遣村」は、今年は設けない。
 29日に年末相談を行った19カ所のハローワークには、計3700人余りが訪れた。
 細川厚労相は首相との会談に先立ち、都内やさいたま市のハローワークを視察した。厚労相は記者団に対し、2008年末にNPOなどが都内の日比谷公園に開設した「年越し派遣村」に、大勢の失業者が集まったような事態が生じていないことを指摘。その上で「必要な対応が出てくれば、しっかりやりたい」と強調した。 




菅政権は、とりあえず・・・


来年も続投。



けれど、我が国の未来は・・・


暗中模索。





恐らく厳しい就職氷河期は、まだまだ続くのだろう。




経済の回復も実感できないまま。




つまり・・・強者が生き残り、弱者が社会の騒乱に呑み込まれていく選民社会の実像が



浮かび上がってくることになる。








この閉塞感を打ち破り、生き残るための必須条件とは、





行動力、判断力、向上心・・・この三つに絞られるのかもしれない。





どんな状況に遭っても、闇雲に突っ走れる行動力と、世の中の状況に翻弄されない判断力。


そして・・・



目の前の壁を突破するためのスキルを磨く向上心。









でも・・・世の中の大多数の人間は、臆病で弱虫で、人の顔色を見て判断することしか出来ない。



それが当たり前なのだ。




世の中に順応しようと思うならば、人の顔色を読んで、状況を判断するしかない。



だから、空気の読めない奴は阻害されてしまう。




くう‐き【空気】
1 地球を包む大気圏の下層部分を構成する無色透明な混合気体。高度数十キロまでは、水蒸気を除くと組成がほぼ一定で、体積比で窒素78.09、酸素20.95、アルゴン0.93、二酸化炭素0.03のほかネオン・ヘリウムなどを含む。乾燥空気1リットルの重さはセ氏零度、1気圧のとき1.293グラム。

2 その場の雰囲気。「職場の―になじむ」「険悪な―が流れる」「自由な―を吸う」









そんな・・・世の中に於ける大多数の弱者が生き残るには、



どうすればいいのだろう?










成功の条件を全てクリアーするということは、その代償として、




あらゆる人間を敵に回すということでもある。




そんな・・・強烈な自我の発露!! が世の中を活性化する原動力になる。















THE STALIN - ロマンチスト (Romanticist)

The Stalin / ワルシャワの幻想 : Stop Jap

拝啓、ジョン・レノン/真心ブラザーズ

Superfly タマシイレボリューション








詳細を読む »

2010.12.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   天使たちへの贈り物


クリスマス、「タイガーマスク」から贈り物

 前橋市野中町の群馬県中央児童相談所で25日、「子供達の為に使って下さい」とのメッセージカードとともに、ランドセル10個が置かれているのが見つかった。

 封筒には、テレビアニメ「タイガーマスク」で施設の子供たちを支援する主人公と同じ「伊達直人」の名前が記されていた。職員は「サンタクロースからプレゼントが届いた」と驚いている。

 県によると、ランドセルは箱に入った状態で、赤い包装紙に包まれ、同相談所の玄関前にピラミッド状に積まれていた。25日正午前に出勤してきた女性職員(46)が見つけた。

 箱には青と赤のリボンがかけられ、青リボンの箱には黒いランドセルが、赤リボンの箱にはピンクのランドセルが入っていた。1個約3万円相当で、いずれも新品とみられる。

 ランドセルは、来春小学校に入学する県内6か所の児童養護施設にいる子供たちに贈られる。同相談所の松場敬一次長(51)は「今の時代、見ず知らずの子供に高価なプレゼントをくれる人がいるなんて」と感激している。

(2010年12月28日09時53分 読売新聞)









アニメ「タイガーマスク」の主人公伊達直人は、



たしか自身も孤児院に預けられた孤児だったと思う。



だから・・・


大人になってプロレスラーとして成功を収め、




四角いマットの上で戦う英雄となっても、



幼い自分を護ってくれた孤児院のことを片時も忘れることはなかった。








彼は自身の稼いだファイトマネーを




子供たちの成長のために役立てて欲しいと、




人知れず、寄付を続けていた。



勿論・・・




タイガーマスクとしてではなく、市井の社会人“伊達直人”として。





子供たちは、いつも彼が訪れるのを本当に楽しみにしていた。






でも、どんなに子供たちから慕われても、




自身が、リングの英雄タイガーマスクであることを




明かすことは無かったのだ。





・・・なんだか本当のストーリーは




忘れてしまったような気がするけれど。(笑)




たしか、そんな印象が強烈に残っている。






僕は・・・




ランドセルを子供たちに寄付した人の話を




とっても素敵だなぁ~と思った。











その理由は、





とても奥床しくシャイな人に思えたからだ。




何故なら・・・




自身の名前を“伊達直人”と綴ってあったから。









そう・・・




ウイットとユーモアは・・・こころを包むオブラートなんだ。




(笑)









アニメOPタイガーマスク

神聖かまってちゃん - 美ちなる方へ

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]

In The Morning - Melody Fair - To Love Somebody by Bee Gees









2010.12.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   来し方行く末について・・・


年末になると・・・


必然というか、自身を振り返ることになる。


(笑)



べつに過去を振り返ったところで意味なんてないのにねっ。








最近、よく思うのは・・・



人は運命に対して抗えないのか? ということ。




新聞紙上等で、理不尽な事故死の記事などを眼にするせいかもしれない。








以前・・・ある人に、こう云ったことがある。




自分が死んでも・・・悔いの無いように、自分の生きた証を遺したいと。





でも、その人は、こう云った。




自分が死んだら、全てを無かったことにして欲しいと。




そのときは互いの価値観の相違なんだろうと思ったから、問い質さなかった。








でも・・・いまこう思う。






生というのは・・・とっても儚い。




だから、美しい。




どんな生き方を選んだとしても、






いつかは・・・この世からすべて消えてしまうのだ。











だったら・・・惜しまれるよりも、




「あいつがこの世からいなくなって、あぁ~すっきりした!!」って云われたい。





「ほんっつつつつつつつつつつつつと、いやぁ~なやつだったよな!!」



「あいつは好き勝手し放題で・・・散々人に迷惑かけて、勝手にいなくなりやがった!!」




「そう・・・ふざけんなっ!!」と、




疎まれたいっ。









なにしろ・・・わたくし天邪鬼ですからっ!!




すみませんねぇ・・・(笑)


LUNA SEA - DESIRE 【LIVE・高画質/HQ】

LUNA SEA - Dejavu 【LIVE・高画質/HQ】

LUNA SEA - ROSIER 【LIVE・高画質/HQ】

LUNA SEA - TONIGHT 【LIVE・高画質/HQ】






2010.12.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   心のバリアフリーとは何だろう?


信号の無い交差点を渡る時・・・




こちらが意思表示をしなければ、行き交う車は気付きはしない。





でも、相手が気付いてくれたら、こちらも意思表示をする。




世の中はそこで繋がる。





決して諦めなければ、夢は叶うと、人は云う。





でも同時に、決して思い通りにならないのも世の中。




生まれつき障害を持って生まれてきても、



自身に与えられた境遇をありのままに受け入れることで、




懸命に明るく逞しく生き抜いていく女性がいる。





♪ ここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもない いい奴ばかりじゃないけど 悪い奴ばかりでもない

世界中にさだめられた どんな記念日なんかより あなたが生きている今日はどんなに素晴らしいだろう

世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう

土砂降りの痛みのなかを 傘もささず走っていく

いやらしさも汚たならしさも むきだしにして走ってく


THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」
作詞 真島昌利
作曲 真島昌利
唄 THE BLUE HEARTS




世間は・・・



あの人は障害があるのにそれを受け入れて、



あんなに逞しく生きている!!





と感動する。





でも、それは決して特別なことじゃない。





ありのままの自身を




素直に受け入れようとする彼女の心の器が、





周囲を変えたのだ。






♪ 僕には見える 美しいことが 

どんなに弱くても美しくなれる 

素直な心で生きてくのさ 

どんなにキズついても 素直なこころで


AJICO「美しいこと」
作詞 浅井健一
作曲 浅井健一
唄 AJICO






その人の心の在り様が・・・




他者との繋がりを醸成できるパワーを生み出すのだ。





メディアはその事実をありのままに伝えようとはしないから、





いじめや差別は消えることが無い。




感動の押し売りは・・・




高視聴率やベストセラーを生み出すための最大の原動力。





乙武洋匡くんや、佐野有美さんが望んでいるのは、




そんな世の中ではないはずだ。




この世から、




いじめや差別が無くならない理由は、




他者と繋がる術を人がどんどん見失っていくからなんだ。






どうやって、人と繋がればいいのか?




その術が判らないから、




他者を全て否定することでしか、自身を肯定できない。





それは、とっても悲しいこと。





♪ 見てごらん よく似ているだろう 

誰かさんと ほらごらん 理性が邪魔してる 素直な君を 

ほらね そっくりなサルが 僕を指さしてる 

きっとどこか似ているんだ 僕ときみのように


川村カオリ 「ZOO」
作詞 Jinsei Tsuji
作曲 Jinsei Tsuji
唄 川村カオリ







心を開くということは




相手を受け入れる心を自身の中に確保するということ。





相手を受け入れるということは、




その人の心の器を自然に拡げてくれる。





心の器が拡がれば・・・世界は無限に拡がる。






心の器が狭くなれば・・・世界も狭くなる。






与えられた境遇の中で、





出来る限り自身を生かすための術を見つけることで、






世界と繋がるためのキーを手に入れることが出来るはず。






なにも特別なパスなど必要ない。






繋がるということは、





ありのままの素直なあなたを、





ありのままに愛するということに他ならないのだから。





♪ 時には救うよ 僕がおまえを 

いつでもいるわけじゃ・・・

たまにでいいのさ

僕にはきみがいるし きみには僕がいるよ


川村カオリ 「FRIEND」
作詞 Kenichi Asai
作曲 Kenichi Asai
唄 川村カオリ






そうすれば、この世から、いじめや自殺が無くなる日が、




きっと・・・遣ってくる。






・・・(笑)






The Blue Hearts - Train Train

AJICO 美しいこと

川村かおり - ZOO - StudioLive 1992

川村カオリ - Friend (guest 浅井健一)











2010.12.23    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ロックンロールと天皇制・・・


今日は天皇誕生日。



天皇制に関しては国民の間で



様々な議論が成されてこそ、



世の中の均等が図られるのだろうなぁと思います。




“『すべての根本にあるのは"差別"や!』っていう風にあたしは思うようになって。それは男女差別・老人の差別・民族の差別、もうすべての問題がそこを根っこにしてるっていう風に考えるようになった。そこを辿っていったら、日本の場合は"天皇制"があるとか、そういう見えやすいところに行って。で『敵はこれや!』っていう(笑)”

ロッキング・オン・ジャパン1994年10月号ソウル・フラワー・ユニオン伊丹英子インタビュー記事より抜粋 




盲目的な服従は国家の崩壊に繋がるからこそ、




陛下御自身も、



常に自身を対象化し、



己を戒める生き方を貫かれてきたその結果として




現在の天皇制の在り方が築かれたのでしょう。




“うん、それはやっぱり一番初めに、例えばジョン・レノンであるとかパンク・ムーヴメントであるとかそういうところでいわゆる西洋社会主義的なもんを音楽を通して学んで。で、そのあとに原発の問題であるとかアイヌの問題であるとかいろんな問題を見てくとやっぱりどうしても"天皇制"ってもんに突き当たらざるを得えへんっていうかね。そこを見てくとどうしても国家対自分ということを考えざるを得えへんから、これは突き詰めざるを得えへんしな”

ロッキング・オン・ジャパン1994年10月号ソウル・フラワー・ユニオン中川敬インタビュー記事より抜粋









陛下御自身は、



現在のような人格が形成される過程に於いて、



様々な



煩悶があったそうですよね。




特に御若い頃は、




自身が皇位を継承されることについて非常に悩まれたとか・・・





世の中というものに対して余りに無知で、




周囲に対して傲慢に振舞ってきたことに関しての




内省と不安が交錯していたのだと思います。









それは、現在世間を大いに騒がせている海老蔵問題と、




重なる部分もあると思います。




自分は世間知らずで傲慢な人間だから、




そんな自身を妃殿下との出会いに依って変革したいという思いも




あったのだろうと思います。





日本国の象徴として



国家に君臨するということは、




それほど苛酷で熾烈な責務であるということですよね。










世の中は自分ひとりの力に依って成り立つものではない。




様々な人々がいて様々な生き様があるからこそ、



世の中の平衡が保たれる。





その真実を誰よりも深く理解されているからこそ、




常に国民あっての自分であるという確信が




揺らぐことは無いのですね。





皇太子や秋篠宮殿下にも・・・




まずその心の在り様を




学んで欲しいと思っているのかもしれませんね。




(笑)










なんだか・・・




凄い恐れ多いことを云ってますね!! 俺っ。



・・・(笑)







Newest Model - Land Of A Million Crossbreed

【追悼】川村カオリ/Remember ~17才の君へ~

AJICO 美しいこと

川村カオリ - Friend (guest 浅井健一)











2010.12.22    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   あなたはSCANCHを知っていますか?


歌謡曲は、日本人の大発明!! だということを、




以前の日記に書いたような気がする。





そう・・・歌謡曲というジャンルは、



様々な洋楽エッセンスのごった煮だから、



栄養満点!! で、しかも美味い!!



まるで居酒屋で喰うもつ鍋。


・・・(笑)







そんな「もつ鍋式方法論」を見事に体現していた!! 



と思えるバンドが居た。




それが、ローリー寺西率いる




すかんちだ。








SCANCHメンバー

ROLLY(ろーりー) ボーカル&ギター(旧名はローリー寺西)
shima-chang(しまちゃん) ベース&ボーカル
小畑ポンプ(おばた ぽんぷ) ドラム
ドクター田中(どくたー たなか) キーボード&ボーカル(1993年に一度脱退しているが、2006年、2007年の再結成に参加)
小川文明(おがわ ぶんめい) キーボード(ドクター田中脱退後加入)

(ウイキペディアより)




“バンド名はちんかすを逆から読んだ言葉に由来する。

ROLLYの奇抜なキャラクターやド派手なメンバーのヴィジュアルから色物バンドと見られる節もあったが、レッド・ツェッペリン、クイーンを始めとする洋楽のパロディーを盛り込みつつ、グラムや歌謡曲の要素をも散りばめたクオリティーの高い楽曲や演奏力の持ち主であった。楽曲「恋のマジックポーション」「恋のミラクルサマー」がフジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』テーマ曲に使われ注目される。

バンドは1996年に解散したが、2006年に2日のみの再結成ライブツアーを行った。2007年には再結成後2度目のライブツアーが行われた。2010年12月には前年11月に事故で重傷を負ったShima-chanへの見舞金集めを兼ねたライブツアーが行われる予定。

マキシマムザ亮君・ナヲ(マキシマムザホルモン)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers)、aikoなどが影響を公言している。”

(ウイキペディアより)



所謂70年代の洋楽と歌謡曲のエッセンスを抽出し、




そこに、自身の過剰なまでの




恋愛コンプレックスを




注ぎ込んで、



ぐちゃぐちゃに掻き回した世界観こそが、



すかんちであった。









最近の若者たちは草食系だと云われる。



つまり・・・最初っから、




全てを諦めてしまう体質なのだろう。



そのほうが無難だし、




痛い目にも手酷い目にも遭わないで済むから。










だから将来の夢はなんですか? と訊かれたとしても、



具体的な未来ビジョンが描けないらしい。




そして・・・出た答えが、





正社員になること!!





そして・・・将来は




生活保護を受けること!!










冗談でもなんでもなく、





それこそが生きていくうえでの最大の目的と化してしまうらしい。




・・・(笑)





恋のマジックポーション - Scanch

恋のT.K.O -Scanch

恋するマリールー -Scanch

恋のロマンティック・ブギ -Scanch








詳細を読む »

2010.12.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   なるほど・・・そうだったのか! ロックンロール(笑)


ロックンロールとは、


音楽に於ける一つのジャンルであり、


同時に、ジャンル分けの出来ない一つの概念でもあると思うのです。









黒人音楽の根源でも在るブルースから派生した、


白人に依る発明品の一つが、


ロックンロールでした。



つまりロックンロールとは、ブルースを根底に据えた



一本の太い幹なのですよね。








その幹から枝分かれする過程に於いて、



どんどん新たな価値観が



生まれました。



それらの新たな価値観は・・・



時代の変遷と共に成長と増殖を繰り返すことに依り、


ハード・ロック、プログレッシヴ・ロック、グラム・ロック、へヴィ・メタル、パンク・ロック、テクノ、ヒップホップ等と呼ばれるようになりました。







それらの異なる価値観を融合した最も斬新で刺激的な形態は、



ミクスチャー・ロック、



或いはオルタナティブ・ロックと呼ばれるようになりました。




そして現在も尚・・・増殖を続けています。






“ミクスチャー・ロック(Mixture Rock)は主に日本において扱われるロックの一ジャンル。

「ミクスチャー(mixture)・ロック(rock)」という言葉は和製英語である。よって、基本的に日本以外では通用しないジャンルだが、韓国や欧州などの一部非英語圏では「ラップロック(Rap Rock)もしくはラップメタル(Rap Metal)の別名」として一定の認知度を得ている場合はある。

ミクスチャー(mixture)・ロック(rock)という言葉は、正確に直訳すれば額面的に「様々なジャンルの音楽とロックを混ぜ合わせたポピュラー音楽(もしくはロック)」という意味にとれるが、日本で一般的に認知されている意味合いは上述の通り、ラップロックやラップメタルの別名としてのものである。よって、様々なジャンルを混ぜ合わせたという「ミクスチャー」としての意味合いは薄く、主に「黒人音楽(ファンク、ヒップホップ、レゲエ)を混ぜ合わせたロック」としての意味をもって使われる。

日本においてこの言葉が生まれた正確な時期は分かっていないが、背景的にその要因となったのは、1980年代末期~1990年代以降にかけてオルタナティブ・ロックムーブメントである。この中でファンクやヒップホップなどの黒人音楽とロックを混ぜた音楽性を持ったバンドがメインストリームに浮上していくにつれ、それらを配給会社が日本人にコマーシャルする際に、オルタナティブ(異質な)・ロックよりも直線的に理解してもらいやすい言葉として、ミクスチャー(混ぜ合わせた)・ロックというジャンルが生まれたと思われる(当時、ラップは日本人にとっては非常にマイナーであり、英米で扱われていたラップロックという呼称をそのまま採用しにくかったというのも要因として挙げられる)。

ミクスチャー・ロックは和製英語でありながら、英語圏で通用しないという理解が進んでおらず、他の認知度が低い和製英語の多くと同様、齟齬の原因になっている。”

(ウイキペディアより)








メタル、パンク、ヒップホップ、テクノ・・・




それらの異なる価値観の




融合に依って、



全く新たな価値観が創出される瞬間に



リスナーがリアル・タイムで



立ち会える。



それこそが音楽の醍醐味!!






つまりロックという概念は未だ、発展途上なのです。



(笑)




Tomorrow Never Knows / The Beatles [2009 Stereo Remastered]

Led Zeppelin - Trampled Underfoot [HD]

Prince - Lovesexy

Dragon Ash feat. SATOSHI, KO-JI ZERO THREE / ROCK BAND 【PV】







詳細を読む »

2010.12.19    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   サンタは街から街へと・・・


街は不景気で・・・


職が無い人たちが溢れる中、



サンタさんは超大忙し!!








失意に塗れながら、一人ぼっちのクリスマスを迎えようとしている人達や、





幸せの鐘の音に耳を澄ませる恋人たちの部屋を・・・











一軒、一軒・・・



また一軒と、丹念に廻り続ける。





そうやって・・・貴方の心に一本ずつ、キャンドルの灯を灯し続ける。






どんなに労苦を伴ったとしても、ちっとも!! 苦にならない。








きっと・・・どんな時代であっても、




僕らはこう思うのさ。








君たちの笑顔や、君たちの泣き顔が・・・





この世の中を彩る限り、明日への希望の灯が潰える事は



決して! 無いから。







さぁ・・・みんな、おやすみなさぁ~い!!















・・・サンタが街へ遣ってくる!!






切ないクリスマスソング「Ring Dong」 by Knx鮎

楽しいクリスマスソング『Ring DongⅡ』byKnx鮎

Santa Claus is Coming to Town with Japanese and English subtitles





2010.12.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   PUNK SPIRIT!! の市政とは・・・


最近・・・


地方自治体の権限に於いて、


路上喫煙やごみのポイ捨てを禁止する条例を推進する例が目立つようになった。






“ザ・クラッシュ(The Clash)は、1976年 - 1986年にかけて活動した、イギリス・ロンドン出身のパンク・ロックバンドである。セックス・ピストルズと並び称されるロンドン・パンクの雄でありながら、ステレオタイプのパンク・ロックの枠にとらわれず、レゲエやダブなどの音楽的要素を貪欲に吸収し、独自の個性を確立してシーンに大きな影響を与えた。”

(ウイキペディアより)



M-248



市民のマナー向上を促し、


自らが住む街を自らの手で綺麗に保つという意味に於いても、



非常に有意義な施策であると思う。





でも・・・よ~く考えてみると、



市民に対する強制権が一切無い条例だということが判る。


つまり任意に任せるということ。






別に、24時間に亘って常に監視しているわけではありませんから、


歩きながら吸いたい人はどうぞ勝手に吸ってください。



ごみを路上に捨てても、誰も監視しているわけではありませんから、


どうぞ勝手に捨ててください。



と・・・宣言しているようなもんではないかっ!!


M-249








路上喫煙やポイ捨てをした方には、2000円の科料が科されます。



という告示は、有名無実なのか?





たとえば、


市民が路上に於いて、


路上喫煙やごみのポイ捨行為に及ぼうとしている現場を発見したら、



市民が自らの義務に於いて罰金を徴収できるシステムを構築したら如何なものかと、



思ったりする。




つまり、職が得られずに困窮している人達を救済する方策の一貫として、




これらの人達を、市の臨時職員として雇用する。





そして、一日24時間フルタイムで・・・



市内を監視してもらう。



勿論、交代制で。










たとえば、一日8時間市内を巡回した結果、


50人から徴収することが出来たら、一人二千円としても日給十万円になる計算が成り立つ。


100人から徴収できたら、なんと!! 日給二十万円になる計算だ。




しかも高齢者の場合は短時間に区切ればとても効率のいい小遣い稼ぎになるし、



歩くから足腰を鍛えるいい運動にもなる。



・・・(笑)


勿論・・・そこから必要経費を差し引いたとしても、労使双方共にメリットを得られる。




ごみの大きさに依って、科料も増えるシステムにしたらどうだろう?




たとえば、


弁当殻やたばこの吸殻は二千円。放置自転車は五千円。家電製品の不法投棄は一万円。




そうなれば・・・自ずと徴収する側のモチベーションも高まる。




監視員は、制服なんて勿論、着ない。あれじゃ・・・我々は貴方を監視していますよぉ~!!



って、堂々と市民に向けて宣言してることになるじゃん。





従って・・・捨てる側も監視する側も常に緊張感を孕みながら路上を行き交うことになる。






そして・・・


それに依って誰一人として街にポイ捨てする人が居なくなった暁には、


市の臨時職員としての義務を見事に果たしたということに成るので、一旦、その職を解かれるが、



市政に対する熱意と情熱を抱いた人達に対しては、



改めて、採用試験を受けられるようにする。





雇用の創出と市民のマナー向上、一石二鳥のグッド・アイデア!!


M-250








まっ・・・冗談ですけどね。


(笑)



London calling-The clash

THE CLASH - White Riot

THE YELLOW MONKEY - Honaloochie Boogie (Completed Version)

THE CLASH - POLICE ON MY BACK







詳細を読む »

2010.12.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   菅政権とパンクの理念・・・


菅政権が打ち出した税制改革大綱の真意とは・・・



一体何なのだろう。





法人税の減税に依って、企業の活性化を促し、雇用促進と景気回復の実現を計る。


それに拠る不足分は、給与所得控除の縮小、成年扶養控除廃止で賄う。



環境税の導入に依って、国民一人ひとりに負担を義務付けることで


地球環境を維持する。





高額所得者を狙い撃ちして、消費意欲を萎えさる。



そして、低所得者や高齢者には、どんどん死んで貰い、一人ひとりの負担を減らす。




つまり・・・選民社会の到来かっ!!







基本的に成人した全ての人間は、独立して生計を立てるべきである。








それは、最低限の生活を営める所得保障と雇用の受け皿があったればこそ。





只でさえ・・・就職浪人が溢れる世の中に於いて、



ニートや引篭もりやフリーター、或いは高齢者や障害者を受け入れる




土壌があるか?








そんなの・・・


あるわけねえだろっ!!


(笑)


M-243


“菅首相は同日、記者団に対し、「お金に余裕がある皆さんに負担をいただくが、(法人税率引き下げが)雇用や正社員の拡大につながることで、格差是正が図られる」と強調した。消費税を含む税制抜本改革については、「早急に具体的内容について検討を行う」と明記し、来年半ばまでに案をまとめる方針とした。”

読売新聞2010年12月17日(金)朝刊紙面より抜粋




雇用拡大と経済の活性化をリンクさせ、消費拡大を促し、社会全体を潤す。



そのための税制改革でなければならないはず。









その理念を具現化するために、



まず遣るべきこととは、目先の利益拡大に囚われない、未来を見据えた高邁な志を



企業に促すことだと思う。


M-244


それは、勿論政治家にも云えることだと思う。




私利私欲に塗れずに、未来への理念を具現化できる政治家を、



我々が選べる社会の実現を計ること。










まず・・・そこから始めなければ、



M-245



また誰かが誰かを白昼に殺さなければならない




最低で糞な世の中!!になってしまう。








前回の日記にも記した・・・



ロッキング・オンの山崎洋一郎のことばを。


M-246



“じゃあパンクの衝撃とは一体何だったのか。それは、拒絶できる、ということだ。愛を求めるのではなく、愛なきものを拒絶するということ。真実を求めるのではなく、ウソをすべて拒絶するということ。本当に大切なものは何か、と追い求めるのではなく、くだらないものをすべて拒絶する、ということ。

パンクは僕らに拒絶するという生き方を一瞬で提示してみせたのだ。そしてパンクは「不純になってまでも続けていく」ことを拒絶し、終わったのである。”



ロッキング・オン2002年8月号 「激刊!山崎」 より抜粋




M-247



日々の営みの中で・・・当たり前に呼吸できる世の中を実現するためにも!!





・・・(笑)



元気が出るテレビ - 燃えろ!ヘビメタ ③

The jam_ In the city

【高音質】pure soul GLAY

Sex Pistols - Holiday In The Sun






2010.12.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   何故ジミヘンは、ギターを燃やしたのだろう?


「Train Kept A Rollin'」という、余りにも有名なロックンロール・チューンがあります。









元々は古いブルース・ナンバーだったと思うのだけど、それをエアロスミスが自分たちのオリジナル・アルバムでカバーして、一躍!! 超有名なロックンロール・ナンバーとして世間に認知されてしまった。
最早・・・エアロのオリジナルと云っても過言ではないほどに。
そんな事例が世間にはよくあります。


・・・(笑)



元々はエアロの連中が敬愛していた英国ブルース・ロック・バンド、ヤードバーズがリリースしたナンバーでもあった。
彼らは契約上の問題からこの曲の歌詞とタイトルを変えてリリースしたことがある。
それが、「ストロール・オン」。









「ストロール・オン」を初めて聴いたのは、渋谷陽一のラジオ番組だったと思います。ベックとペイジの夢のツイン・リード!! っていう触れ込みでしたっけ。もうサイコー!! すげえっ!! て大盛り上がりしたのを憶えています。
実は・・・その元ネタがあの「トレイン・ケプト・ア・ローリン」だったという事実は、勿論知っていました。
何故・・・タイトルが違うのかなぁ~って後々まで疑問でしたけどね。




この曲が挿入された映画が、あのMODS御用達(笑)・・・ミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画「欲望」。









ベックがアンプから出るノイズをしきりに気にして・・・
ついにぶち切れしてアンプにギターを打ちつけて破壊してしまうという衝撃パフォーマンスがあまりにも有名になってしまったお蔭で、映画そのものは・・・あんまし評価されなかったとかそうでなかったとか。
いずれにしても映画自体は相当シュールなんですよね。観た事無いんだけどっ!! (笑)


ベックとペイジって元々は非常に仲良かったんですよ。
たしかベックの姉貴がペイジと知り合いで、互いの家も近くだったので頻繁な交流があった。
そんな二人の間に・・・決定的な亀裂を生じさせてしまったのが、「ユー・シュック・ミー」というブルース・ナンバー。


このナンバーは、元々ベックが自身のバンドであるジェフ・ベック・グループのオリジナル・アルバムに収録してリリースしていた。その後を追うように・・・レッド・ツェッペリンも自身のデビュー・アルバムで採り上げた。
勿論、彼ら自身のオリジナルな解釈で。









でも・・・それがベックの怒りを買ってしまう羽目に。
ベックの言い分としては、「奴は、おれに一切断りもなくパクリやがった。そうやってあいつは、まんまと成功を収めてしまった。それが気にいらねぇ!! 」てなことだったんだと思う。
青年期によくあるエピソードだよねっ。ビジネスが間に入って友情が壊れるというパターン。(笑)


その何年か後・・・難病に冒されたロニー・レーンを支援するために催されたアームズコンサートで二人は和解したんじゃないのかな? ベック、クラプトン、ペイジ、英国3大ギタリストの競演!! という形で。
で・・・そのヤードバーズが演奏していた偉大なブルース・ナンバー!! を聴いて刺激されたのが、日本のリバプールと呼ばれた北九州の博多で、サンハウスというロックンロール・バンドを遣っていた鮎川誠だったと。



(笑)






Aerosmith - Train Kept A-Rollin'

The Yardbirds- Stroll On

The Yardbirds - Stroll On (Jeff Beck & Jimmy Page 1966)

Led Zeppelin - You Shook Me








詳細を読む »

2010.12.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   学力とは・・・未来をサーチする望遠鏡!!


肥沃な土壌に種を撒けば、



太陽と水の恵みを受けてすくすくと成長して実りを齎す。




生活基盤という土壌に実りを齎すシステムが経済だとしたら、



政府の役割は、まず土壌を耕して実りをきちんと齎せるシステムを確立することだと思うのです。




その上で、様々な種(政策?)を撒けばいいのですよね。






荒廃した土壌にいくら種を撒いたところで、実りは得られないし、



そこには絶望しか見出せないのだから。








それならば、



果たして太陽とは何か? 水とは何か? そして養分とは何か?




太陽とは云うまでもなく無償の愛。



そして・・・水とは、心の渇きを癒し、生きていくうえで何よりも大切な夢と好奇心。



夢と好奇心は、知識や技術の源泉。



◇「考えまとめ発表」授業の拡大も
 経済協力開発機構(OECD)が3年ごとに実施する国際学力テスト(PISA)で、日本の生徒の「学力低下」に初めて歯止めがかかった。背景には学校での読書活動や「考えさせて発表させる」授業の推進など、地道な取り組みがありそうだ。ただし、都市として初参加した中国・上海が全項目でトップに立つなど、他のアジア参加国・地域が軒並み日本を上回る好成績を収めており、安心できない状況だ。【井上俊樹、遠藤拓】

◇アジア内では地位が低下 科学技術競争に赤信号
 参加国全体ではトップクラスと言える日本の学力も、アジア内での地位は相対的に低下している。上海だけでなく、同じく初参加のシンガポールのほか香港にも全分野で上位を許し、韓国には読解力と数学で後れを取った。

 シンガポールは小学校段階から能力別に分ける徹底したエリート教育で知られ、香港は大学の国際評価が高く、受験競争もし烈だ。中国・韓国の教育事情にも詳しい大阪府教育委員の陰山英男・立命館大教授は「このままではアジアの中での地盤沈下は避けられない」と危機感を隠さない。

 文科省の科学技術政策研究所が国内の代表的な研究者や有識者ら約420人を対象に毎年実施しているアンケートでは、09年度の段階で「日本の科学技術の水準や産業の国際競争力が5年後(14年度)にアジア諸国と同等になる」という見方が示された。

 アンケート調査委員会のメンバーの一人、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの吉本陽子主任研究員は「人材と国の競争力はリンクしており、日本の競争力に赤信号がともりつつある」と話している。

毎日新聞 2010年12月8日 東京朝刊






その知識や技術の深さを測る尺度となるものが、学力。










決して・・・



良い学校に入学し、良い会社に就職して、良い社会人になることを最優先するための



人生のツール(道具)ではない。







学力とは・・・




目の前のお皿に盛られた様々な料理(異文化)を、



自身の目で見つめ(探求)、自らの舌で味わい咀嚼(血肉化)するための




大切な要素。








そして・・・貴方と貴方の大切な人の未来をサーチするための望遠鏡なんだよ。





その精度が高ければ高いほど、二人の未来は眩い輝きを放つから!!









ほら、見てごらん・・・夜空の星を。









無限の煌きが・・・





僕らの進むべき素敵な未来を照らし出す。




・・・(笑)



Thee Michelle Gun Elephant - (Live) West Cabaret Drive

The Roosters - Good Dreams (1984年)

天体観測 pv BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙』 [ LOW QUALITY SOUND ]




2010.12.11    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   斎藤 佑樹という清廉なイメージ・・・


日本全国佑ちゃんフィーバー!!




キャンプイン前にも拘わらず、これだけの期待を一身に集めてしまう・・・



そのカリスマ性は充分評価に値するのかもしれない。




M-236



しかもそのイメージは頭のてっぺんから爪先まで・・・清新、清廉、清潔。


つまり、優等生!!






本人は、そんなパブリック・イメージを背負わされていることに関して、



一切、思い悩むことなど無いのだろうか。






単純な話になるけれど、


プロという世界は、結果を重視されるシビアな世界。





どんなに人間性が良くても、結果を残せない者に対して、世間の目は厳しい。





チバユウスケは、


ミッシェル・ガン・エレファントとしてのデビュー時、



レコード会社のコンベンションに於いて、散々酔っ払った挙句、



並み居るお偉方を前にして、



「ロックをダメにしたのはお前らだっ!!」と名セリフを吐いた。


M-237






もしも彼らが成功を収めることなく終わっていたら、



そのセリフは、単なる負け犬の遠吠えとして誰の記憶にも残らなかったはず。


M-238




プロゴルファーの石川遼のように、



その謙虚な人間性が才能や資質と見事に調和する例は、




プロの世界に於いては本当に稀なのかも。







http://www.youtube.com/watch?v=bBFaSz3ITCU



M-239





いずれにせよ、



彼が稀に見る逸材であることは衆目の一致するところ。





どうか・・・世間の期待に萎縮することなく、伸び伸びと己の信じる道を邁進して欲しいと




切に、思います。







なんだか、優等生な記事になってしまったなぁ~





・・・(笑)



THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜 1/3

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜 2/3

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 伝説の夜 3/3




thee michelle gun elephant - The Birdmen [live]






2010.12.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   想い描くことの大切さを子供たちにも・・・


脊髄損傷サル、iPS細胞治療で歩けるまで回復
読売新聞 12月7日(火)22時37分配信

 脊髄損傷で首から下が動かなくなったサルを、様々な細胞に変化できる人間のiPS細胞(新型万能細胞)を使って治療することに、岡野栄之・慶応大学教授らの研究チームが成功した。

 神戸市で開かれている日本分子生物学会で7日、発表した。iPS細胞を使った治療はマウスなどで実現していたが、霊長類では世界初。

 研究チームは、人間の皮膚細胞に4種類の遺伝子を導入してiPS細胞を作製。神経細胞の一歩手前の細胞に変えたうえで、サルの脊髄に投与した。サルは十数日で後ろ脚で立ち上がり、約6週間後には歩き回れるまでに回復。前脚の握力も戻ったという。

 岡野教授は「今後、より安全性の高いiPS細胞をつくる方法を開発し、人間へ投与する臨床研究を開始したい」と話している。

最終更新:12月7日(火)22時37分







M-235




昨日までは・・・徒労に思えたことが、




今日という日に実を結ぶ。





昨日までは・・・無駄だと思えたことが、




今日という日の糧となる。









今日という日を明日に繋げるためのエキスは、




日々、僕らの明日を願う心の中で




醸成されている。








この世の中に無駄なことなど一つもないという事実を、






僕らは日々の暮らしの中で知ることになる。




http://www.youtube.com/watch?v=TCBNF4_Zf9w




12月8日・・・





この日が毎年遣ってくるたびに僕らは知るだろう。





http://www.youtube.com/watch?v=IhhJqJV_u6M






想い描くことの尊さを!!








・・・(笑)


ジョン・レノン - パワー・トゥ・ザ・ピープル John Lennon - Power To The People

Instant Karma - John lennon

ジョン・レノン / イマジン (日本語訳付き)

John Lennon - Mind Games HD 720p








2010.12.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ことばにしなければ伝わらない想いもある・・・


ある方のブログ記事に載っていたお話です。




その人は、豪雨に塗れながら、駅でタクシーを待っていました。









その人のほかにも、


何人かのサラリーマンや高校生たちが同じように帰宅のためのタクシーを待っていたそうです。



そこは田舎なので頻繁にタクシーが来るわけではなく


自身で電話してタクシーを呼ばなければならないのだそうです。




やがて、その人はタクシーを捕まえました。そのときに咄嗟に思ったそうです。


そうだ、相乗りすればいい!! と。




その人は周囲のタクシー待ちの人たちに大声で呼びかけました。




「どなたか、○○方面へお帰りの方おりましたらご一緒にどうぞ」と。



すると・・・


その中から一人の男の方が歩み出ました。



そして、二人で一台のタクシーに相乗りして無事、帰宅されたそうです。


びしょぬれになるという・・・おまけつき!! で。










その方は、こんなことは、都会ではよくある話なんだろうなぁ・・・と


仰っていました。



つまりサラリーマン同士だと、


互いに普段から節約、倹約が身に染み付いているし、袖振り合うも他生の縁! っていう・・・



只、それだけのことかもしれないですよね。









それに東京人って、


シャイで気が小さくて、そのくせ妙に頑固で意地っ張りだったりして。


人の好意を素直に受けられなかったりする。



それでわざと他人に譲ってみたりして、結局自分は損をするのを美徳としたりなんかする。



逆に東京人からすると、


所ジョージの「日本列島ダーツの旅」とか、笑福亭鶴瓶の「家族に乾杯」のように・・・



田舎は長閑で緩やかでみんな人懐っこくて人情に溢れているものだと


思うのでしょうね。






地方の人から見れば、田舎は旧い因習に今尚支配されており、排他的。



東京というところは、


互いが互いの領域に必要以上に踏み込まないから、互いのプライバシーが護られる。





そんな幻想を互いに抱きあっているのかもしれない・・・



(笑)



Mr.Children  / Tomorrow never knows

名もなき詩/Mr.Children

子供ばんど 『アル中ロックンローラー』

Led Zeppelin - Over the Hills and Far Away






詳細を読む »

2010.12.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   お笑いとバリアフリーについて考える


僕らは、普段の日常の中で障害者と云われる人たちに



どのようなスタンスで接しているだろう?





視覚障害、聴覚障害、脳性麻痺障害、四肢障害、知的障害、・・・



自身とは違う他者が明らかにそこに存在する。



そして目の前に存在するその他者は、僕らとは別の世界に住んでいると、


思ってしまう。



その見えない扉をノックして入り込むことは、明らかに失礼なことなんだと


思ってしまう。



だから・・・両者は永久に理解しあえない存在なのだと、互いの心にインプットされてしまう。










そんな障壁を何とかして突破できないものなのか?


これまで様々な試みがなされてきたけれど、何れも失敗に終わってしまう。




たとえば・・・


パラリンピックを純粋なアスリートの闘いとして心底楽しむことができない


自分を発見してしまうからだ。





あの人たちは自らの障害と闘いながら、こんなに一生懸命頑張っている!!



だから自分も頑張らねば!! と、思ってしまう。



それ自体に何ら後ろめたさを感じる理由など無いはずだ。




でも、そのようなスタンスが本当に、心底からスポーツを楽しんでいると云えるのか?


と、自問自答してしまう。



もしもそんな彼らが自らの障害を笑い飛ばすスタンスで生きていることを発見したら


一体、どうなるだろう?







お笑いの本質って、実はそこにあるんだよね。




たとえば、綾小路きみまろの毒舌漫才がどうしてあれだけウケるのか?




笑いとは自身に巣食うコンプレックスの裏返しであるという事実を、


我々に突きつけるからだ。








その瞬間、


我々は、自身が他者の視点で対象化されるという快感に酔いしれることが出来る。




神戸浩の演技に初めて接したときの驚愕は・・・


忘れられない。



“神戸 浩(かんべ ひろし、1963年5月28日- )は、日本の俳優、声優。愛知県出身。身長160cm、血液型はA型。山田洋次監督に重用されていることで知られる。ファーザーズ・コーポレーション所属。愛称は「カンベちゃん」。

地元の高校を卒業後、北村想主宰の劇団プロジェクト・ナビに参加。俳優以外に、名古屋市のホテル、ウェスティンナゴヤキャッスルのホテルマンという肩書きを持つ。ラジオ番組『吉田照美のやる気MANMAN!』の初期によく出演していた。なお、その独特のしゃべり方は小児マヒの為である。趣味は車とジャズ鑑賞。”

(ウイキペディアより)



彼は現在、朝の連続テレビ小説「てっぱん」に出演している。




自らの障害を他者の視点から対象化するという作業を、彼は自らの“演技”を通して、


いとも“自然”に遣り通していた。


(彼を障害者と呼ぶことには勿論語弊があるのかもしれません。喋り方が独特であるという印象から受ける感触なのだから)




しかも、それをきちんと“笑い”として成立させていたことが、何よりも驚きだった。







笑いは、どんな障壁さえも突破できる未知の可能性を秘めた、




最後の砦だ。





「ETVワイド ともに生きる~笑っていいかも!?」は、そんな未知の可能性に挑戦しようとする




とても意欲的でとても魅力的な企画なのかも・・・しれない?








泉谷しげるWITH LOSER

泉谷しげる(vo,g)
下山淳(g)
仲井戸麗市(g)
吉田健(b)
村上“ポンタ”秀一(d)






まず、その違和感を当たり前のものとして、


素直に受け止めることから始めなきゃいけないのかもしれないなぁ・・・






きみとぼくが違うということは、


ロックンロールが白人コンプレックスを対象化することで未知の地平を切り開いたように、



とてつもない可能性の源泉なのだから!!




・・・(笑)





春夏秋冬 泉谷しげる

元気が出るテレビ - 燃えろ!ヘビメタ ②

元気が出るテレビ - 燃えろ!ヘビメタ ③

野性のバラッド/泉谷しげる with LOSER






2010.12.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   日常の疲弊とロックンロールの癒し


猛威に晒された日本列島の朝。




・・・




大自然のパワーの前には、何ら成す術の無い、無力な我々。





まるでそれは・・・



狂った北朝鮮の前に何ら抵抗できない我が国の現状を



象徴するような出来事?


(笑)




そんなことを痛感させられたこの一年だったかも。







週刊誌を眺めると、




早速!! あの海老蔵事件に関する



バッシング記事が猛威を振るう。




歌舞伎界の名門に生まれたプリンスだからこその、




天真爛漫!? な数々の行状が



次々と顕かにされていくっ。




曰く・・・



酔って暴れて、バーを一軒、めちゃめちゃに壊したとか。




俺は人間国宝だっ!! と、周囲に豪語するとか。




これまでに読んだ小説は「ハリーポッター」一冊だとか。





世の中に対して無防備だからこそ、




“素っ裸”の自身を周囲に晒してしまうことを




厭わない。









梨園の御曹司だからこそ受ける抑圧とか、




周囲にその資質と才能を誉めそやされ溺愛されてきた故の





驕りと甘えもあったのだと思う。










予め敷かれたレールを真っ直ぐに突き進む過程で生じる、





引き裂かれるような葛藤の中で・・・




成長することを強いられてきたからこそ、





普段の日常で抱え込んでいたストレスとプレッシャーが、



ぐちゃぐちゃに掻き混ぜられ・・・




一気に暴発してしまう。






そんな情けない自身を“癒してくれる女性”を




求めてしまうのも、




凄く真っ当な欲求の発露だと思う。





でもさっ、あのYAZAWAとかYOSHIKIが、




これまで世間に晒してきた




言動や行状の数々に較べたら・・・


“実際のライブにおいてもYOSHIKIやメンバーが暴れて火を吹いたりライブハウスの設備を壊していた。シンバルにガソリンを注いで燃やし、ライブ後の打ち上げでも喧嘩が絶えず、数々のライブハウスや居酒屋から出入禁止となった。当時、ロックミュージシャンが居酒屋へ入る時、YOSHIKIがいないかどうか店員にチェックされた程である。その特異な行動から、HIDE率いるサーベルタイガー、TAIJI率いるディメンシアと共に「関東三大粗大ゴミバンド」とバッシングの対象になった。”

X JAPANウイキペディアより抜粋






お前が、どんだけ良い大学入ってどんだけ、良い会社に就職しても、お前が一生かかって稼ぐ額は、矢沢の2秒

by YAZAWA





ぜんぜん、可愛いよねっ!!






つまり、最終的に




世間が認めざるを得ないものを、




遺せたら、




それを、人は成功と呼ぶ。




嫌いは好きの裏返し 本当の嫌いはさようなら

by マツコデラックス






海老蔵・・・僕は案外、好きかもしれない。




(笑)







神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」

Led Zeppelin - Celebration Day Live

スガ シカオ/Progress with Bank Band

X JAPAN - 元気が出るテレビ









2010.12.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   海老蔵事件から、僕らは何を学ぶ?


人間という生き物は・・・


恐らく死ぬときまで未完成のままなんだと思う。










様々な過ちを犯し・・・


様々な人のこころを傷つけ・・・


様々な人を裏切ることもある・・・




そんな経験を繰り返すうちに、やがて気付くこと。




それは、人はたったひとりでは生きていけないという当たり前の事実だけだ。

M-234



“海老蔵さんの父・団十郎さんは11月25日、「一方的に暴行を受けたということだと、私は確信しておりますけれども、やはり、そういう状態になるということは、当人のいろんな態度とか、言動とかが、1つの原因になっている可能性があると個人的には思っています」と語っていた。
けがにより、海老蔵さんが降板した京都・南座に来ていた人は、「あんなことがあって、残念は残念です」、「仁左衛門さんが好きなので、代わられたと聞いて、チケットを買いに来たけど、もう昼の部はないって。いろんなことがあって、たぶんチケットも人気なのかなと思って」などと語った。
全治6週間と診断された海老蔵さんは、術後の経過も良好で、10日間ほど入院して、その後は自宅で療養する予定だという。”
最終更新:12月1日(水)19時45分

市川 海老蔵さん殴打事件 トラブルの相手グループ側「最初に手を出したのは海老蔵」と主張
フジテレビ系(FNN) 12月1日(水)18時19分配信記事より抜粋











世間との関わりを一切断ち続け、たった一人の部屋で完結してしまう人生を選ぶか?



それとも、


世間という大海原の中で、もがき、あがき、苦しみ続けながらも・・・





最終的に、誰かのために尽くせる人生を選ぶか?





経験値がないよりは、あったほうがいい。




経験は血肉化され、エキスとして昇華されるから。





でも、ときとしてその経験というやつは、驕り高ぶりを生み出す土壌にもなる。




周囲から妬みを買い、人の心を傷つけ・・・




最終的に、慢心と裏切りという名の不渡りを乱発する


最悪の結末が待ち受ける。






因果応報、色即是空、空即是色・・・

M-233



たとえ傷つき、ぼろぼろになったとしても・・・




犯した過ちがすべて自分の身に跳ね返ってきたとしても・・・









それでも・・・誰かを救える人生のほうがいい。







それが、ロックな生き方・・・かな?(笑)




Dragon Ash - 静かな日々の階段を

「彼女は買い物の帰り道」 エレファントカシマシ

Dragon Ash - Rock Band







Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog