FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
 全1ページ
このページのリスト

2010.09.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   コンプレックスは未来への糧!!


こどもの感性って、凄いなぁ~って思います。
或る方のブログ記事に、小学生の息子さんに関する素敵なエピソードが綴られていました。
その子は、あるテスト問題で、間違えた答えを修正しようと思い、筆箱を覗いたら・・・消しゴムが無い。
もう・・・時間がない。どうしよ~!!
あっ、輪ゴムがあった。
その子は、輪ゴムをこすり付けて消してみよう! と思った。
・・・(笑)



まずその発想が素晴らしいと思うのです。常識って打破するためのものでしょ?
実際に消せるかどうかなんて問題じゃあないんだよね。
これこれこうすればこうなるっ! ていうのは経験則から学べる。
でも、とりあえず遣ってみる! それこそが発想の源。ロックの感性ですね。(笑)












また別な方のブログ記事には、あなたの生まれた年の100年前に照準を合わせてみてください。と、ありました。
僕の生まれた年の100年前にはこんな出来事が・・・


2月10日 - 咸臨丸、太平洋横断航行。37日後の3月17日、サンフランシスコへ到着。


3月24日(安政7年3月3日) - 桜田門外の変で、大老井伊直弼が暗殺される。


11月6日 - エイブラハム・リンカーンがアメリカ合衆国大統領に当選。





ここから学べることとは一体何か?
いまこの瞬間こそ生きている証! ってことなのかな?
そう・・・
いつの日か、必ず誰かがあなたを評価してくれる。






“前に、かまってちゃんの「夕方のピアノ」の歌詞の、「死ねや佐藤」というフレーズが、写真展のタイトルになった時、twitterかなんかで、「死ねとかそういうの好きじゃない」「そういう言葉を使うべきじゃないと思う」みたいなつぶやきを見た。まさに、あんたたちみたいな人の常識や良識が、世界をどんどんつまらなく息苦しくしている、それをなんとかしたくて、の子はそういう歌を作って歌ってるんだよ。
と思った。”

(兵庫慎司の「ロック走馬灯」 夕方のピアノ 記事より抜粋)






実はね、ロックンロールの歴史もそうなんですよ。
常に誰かが未知の扉をこじ開けている。
そのこじ開けた扉の向こうに素敵な地平が開けている。


嘗ての我が国の音楽シーンに於いては、誰もが欧米コンプレックスから抜け出せずにいた。
英語で唄わなければ世界に通用しない!! と、思い込んでいた。







でも・・・現在のシーンを眺め渡してみると、コンプレックスを創造の糧として果敢な挑戦!! を繰り返してきた結果が見事に花開いている。






幾多の茨の道を掻き分けながら・・・





未来を切り開いてきた





勇気或るパイオニアたちの手に拠って。


(笑)







ロックンロールは鳴り止まないっ 神聖かまってちゃん

夕方のピアノ PV 神聖かまってちゃん

筋肉少女帯 - 踊るダメ人間

[PV]マキシマムザホルモン-恋のメガラバ











詳細を読む »


Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog