プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
知りたくないことや、知らずに済めばいいこと、生きていれば いろいろあるよね Jun 27, 2017
この世の中に、 裏表のない人間など果たして存在するだろうか? Jun 26, 2017
生き方は自分で選べる。人と較べるよりもあなたはあなたの生き方を貫こう Jun 25, 2017
どんなに離れていても互いの心はいつも寄り添っている Jun 24, 2017
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  メタリカの普遍性   自己という矛盾する存在   もう煙草を吸うのがクールな時代ではないらしい   現在の中国は嘗ての我が国?   この国の舵は・・・   ユーミンに嵌っていた頃・・・   老後を生きる極意とは?   それでも生きていかざるをえない!!   命の意味・・・   聖飢魔IIと酒井康   生活の匂い・・・   アルフィーは素晴らしい!!   またひとり、偉大な芸人を失った・・・   コンプレックスは未来への糧!!   雀が街から姿を消している・・・   もう秋なのに・・・

2010.09.29    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   メタリカの普遍性


メタリカは、今年で結成から29年を経た。



最早・・・メタル・シーンの重鎮としての君臨は云うに及ばず、




ロックの世界遺産に何れ名を連ねるであろうことは


疑いの余地がないだろう。








メタリカの普遍性とは一体何か?




“メタリカ (Metallica) は、1981年にアメリカのロサンゼルスで結成されたヘヴィメタル・バンド(後に本拠地をサンフランシスコに移した)。初期はスレイヤー、アンスラックス、メガデスと共に「スラッシュメタル四天王」の一角と言われており、1990年代の全米アルバム総売り上げ4位のビッグ・バンドである。ジェームズ・ヘットフィールド (Vo/G) とラーズ・ウルリッヒ (Dr) らが中心になって結成された。”
(ウイキペディアより抜粋)











へヴィメタルの様式美から派生したのがスラッシュメタルだった。




所謂、英国様式美ロックの影響を最大限に受けながら・・・



そこにパンクの破壊衝動を刻み込み、


激烈でへヴィな重低音と凄まじいハイテンションに貫かれた高速リフを加味したのが



スラッシュメタルのエッセンス。




そしてなによりも重要なのがその歌詞に描かれた世界観。



人は生きている限り、死に向かってひた走る。







メタリカ詩集 (Burrn!books)メタリカ詩集 (Burrn!books)
(1998/12/10)
さこた はつみ

商品詳細を見る



メタリカの世界に触れてみようという人たちには是非、お勧めです。




そこから目を背けることは決して許されないからこそ、人は死と真正面から向き合うことを




余儀なくされる。









その全楽曲に於ける作詞を担当しているジェームズの世界観は、




永遠に逃れられない死への恐怖と真正面から向き合ったものであると、




僕は、そこはかとなく感じることがある。







まるで・・・ベートーベンの交響曲「運命」に匹敵する重厚なリフが展開される名曲!!




メタルというと未だに汗臭くて大仰でとてもダサい音楽だと思われる方が、



大勢いそうだっ!!



それは或る意味・・・真実でもあるから。


(笑)




だがメタリカの音楽に触れていると・・・



メタルって、とても芳醇な薫りを放つ音楽なんだということに


気付く。




静と動の対比の美しさ!! 魂を激しく揺さぶる熱情!!





それはメタリカのエッセンスそのものでもある。







The Four Horsemen- Metallica

Metallica Ride The Lightning

Metallica - Creeping Death

Metallica- Welcome home (Sanitarium) music video






詳細を読む »

2010.09.27    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   自己という矛盾する存在


ことばは、発したその瞬間から・・・



泡のようにぷちんと消えていく。その儚さが後腐れなくていい。




でも、ことばは散弾銃。



誰かの心を射抜いて一生癒えることのない深い創を



刻み込む。










明日死んでも悔いが残らぬように・・・




今日という一日を慈しむ。





毎日、一日が終わるとき、今日という掛け替えのない幸せに感謝できるように。






そんなこと昔は思いもしなかった。










僕がネットを通じてことばを綴る理由は、きっと今日という一日を永遠にしたいという淡い希望が



何処かに潜んでいるからだと思います。












表現というものは、


他者というフィルターを通して成立するものだからこそ、その表現を通じて自己を対象化できるのかもしれない。



でも普段の日常の中に存在する自分は



物凄く醜い部分や汚い部分を含んだ上で成立している。





だから自分が死んだら、


存在そのものを無かったことにしてほしい・・・お通夜も葬式もいらない。



故人を偲ぶなんて以ての外だから・・・








♪君よ永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
出会わなければよかったひとなどないと笑ってくれ

永遠の嘘をついてくれ 吉田拓郎





そんなふうに屈折に屈折を重ね・・・




最早数え切れないほど乱反射を繰り返した末に、



最後は塵となって宇宙に捨てられてしまえばそれが一番理想だから。



そんな価値観もたしかに存在すると思います。





http://musictrack.jp/musics/27107




だから僕も他者の価値観には一切関与したくないし。









到底・・・判り合えない深い溝が、この世にはたしかに存在するんですよね、




きっと。



「いちご白書」をもう一度 松任谷由実/歌

森田童子 - ぼくたちの失敗

吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ (つま恋2006)

文字の世界 -ネット- by 鮎さん




2010.09.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   もう煙草を吸うのがクールな時代ではないらしい


俳優の舘ひろしが禁煙に成功した。


http://sugu-kinen.jp/sp/




あの・・・舘がだよっ!!









元クールスロカビリークラブのヴォーカリストであり、不良と呼ばれる暴走族たちから絶大な支持を集め、


後に俳優としても「西部警察」や「あぶない刑事」で派手なバイオレンスアクションを展開した


あの舘が、「もう煙草を吸うのがクールな時代ではありません」とまで宣言したのだから。








実は僕自身もいまでは全く煙草を吸いません。



僕が煙草を止めた最大の理由は・・・


一ヶ月の煙草代にこんなに消費していたのか! と気付いたことも勿論ですけど、


体自体が受け付けなくなったことが一番大きいと思います。


胃というか食道のあたりが常にむかつく。


呑みながら煙草を吸うと酩酊するスピードは速まるけどその代わり食が進まなくなる。



いずれにせよ、体にいいことは一つもないという事実に気付いたから。










煙草を止めたら、飯が旨い。酒が旨い。胃もむかつかない。



勿論息切れもなくなる。




もう・・・結構尽くめっ!!


あの舘ひろしが禁煙達成した理由もわかる気がする。(笑)






嘗てアメリカンドリームに憧れて愛煙家になった方は


きっと沢山いらっしゃると思うんですよね。




たとえば僕の父親世代ならば、映画「カサブランカ」のハンフリー・ボガートに憧れ・・・



団塊の世代ならば、映画「理由なき反抗」のジェームス・ディーンに憧れたように。





そう・・・アメリカンドリームの変質が禁煙傾向を強めたといっても過言じゃない。

(笑)









自由と反抗の象徴が今や健康ブームに覆い尽くされている現実。



煙草を吸っていたら出世できない。



社会のくずとして認識されてしまう。



これって・・・本末転倒と云うのでしたっけ? 違うかっ!! (笑)







それでも・・・もう一度吸おうとはやっぱ思わないけど。




我ながら情けないね。ロックじゃねええ~!!




07 紫のハイウェイ / クールス 「黒のロックン・ロール」

12 甘い暴力 / クールス 「ハロー・グッドバイ」

キャロル 君はファンキー・モンキー・ベイビー  1975

Jefferson Airplane - My Best Friend





2010.09.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   現在の中国は嘗ての我が国?


中国人船長釈放 首相「地検の判断」「冷静に双方が努力」
産経新聞 9月25日(土)15時32分配信

 【ニューヨーク=酒井充、松尾理也】菅直人首相は24日午後(日本時間25日朝)、ニューヨーク市内で記者会見し、沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、那覇地検が中国人船長を釈放したことについて「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と述べ、あくまでも地検独自の判断であると強調した。

 今後の日中関係への影響については「国際社会に責任を持つ重要な隣国であり、戦略的互恵関係を深めるため冷静に双方が努力していくことが必要だ」と述べ、中国政府を刺激しないことを最優先させる考えをにじませた。

 前原誠司外相も、ニューヨークで記者団に「検察が国内法にのっとって対処したということであり、決まったことについてとやかくいうことはない」と発言。中国外務省が謝罪と賠償を求めたことに関しては「詳しく把握しておらずコメントは差し控える」と述べた。

 これに関連し、民主党の鉢呂吉雄国会対策委員長は25日のテレビ東京の番組で、船長釈放について「いろんな受け止め方があるので、国会でも司法当局から説明を受けることは必要だ」と述べ、10月1日召集の臨時国会で検察当局から事情を聴く考えを示した。

 このほか首相は会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について、基地負担軽減に取り組むことを明言する一方、「沖縄の理解がなくては(5月の日米合意は)具体的に進められない。誠心誠意、努力したい」と述べるにとどまった。











国家が領土を手中にしようとする理由は、



資源の発掘、経済立国、そして・・・目指すは軍事大国。




そう考えると非常にわかりやすい。



何故ならば、嘗ての我が国の姿がそうだったからだ。





日本には資源が無い。



だから・・・他国を侵略し無理やり領土を拡げるしか選択肢が無かった。




その先にはアジアの覇権という妄想の海原が一面に拡がっていた。




http://www.youtube.com/watch?v=ANCEdUTZ--c&ob=av2n






結果として、その覇権奪取の判断が軍事的暴走を招き戦争へと突入することになったのだろう。





現在の中国は世界第二位の経済大国に迫ろうとしている。




御本人は、未だに・・・


「いやいやそんな大層なもんじゃあないです。発展途上国です!!」


なんて仰るけれど。





そう、発展途上なのだ。



国を挙げて知恵と能力を結集し・・・世界の覇権を狙う。





これも嘗ての我が国の姿とそっくりだ。







さて・・・日本はそんな中国に対してどのような態度で向き合うべきなのか?






世界の軍事バランスを考慮したうえで冷静に対応すべきなのか?





そんなに領土が欲しけりゃ、どうぞどうぞ・・・



と差し出すべきなのか?




そしていざとなったら・・・



コント赤信号の小宮みたいに、「あにきぃいいいいいい!! 助けてくれよぉおお」って、



アメリカの機嫌を伺うべきなのか?





今の中国が他者の意見に素直に耳を傾けるとは


思えない。






それも嘗ての・・・我が国だから。(笑)




素直になれない奴に対しては・・・孤独の辛さを噛み締めさせるのが一番。



http://www.youtube.com/watch?v=52Z8t7fBSnI

越智志帆☆SUPPORT MUSICIAN☆
Electric Guitar:草刈浩司(SUPERFLY)
Electric Guitar:百々和弘(MO'SOME TONEBENDER)
Electric Bass:日向秀和(STRAIGHTENER)
Drums:中村達也(元BJC)
作詞・作曲:RICK DERRINGER

・・・すっすげえ!!





いじめられっ子が何故、いじめられるのか?






嫌だ!! と、素直に云おう。




それが相手に耳を傾けさせる第一歩なのだ。






・・・(笑)



Suffragette City - David Bowie

David Bowie - John, I'm Only Dancing

Moonage Daydream David Bowie

越智志帆 SHIHO OCHI - Rock And Roll Hoochie Koo(RECORDING LIVE 2009)






2010.09.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   この国の舵は・・・


生活保護190万人超す、1950年代並み水準

 全国の生活保護受給者が今年6月時点で190万7176人(速報値)となり、前年同期比で20万8307人増加したことが22日、厚生労働省のまとめでわかった。


 190万人を超えたのは、受給者が多かった1950年代並みの水準となる。長引く景気低迷の影響などで、生活保護を受ける人が増えているとみられる。

 同省によると、生活保護受給者は2008年12月で160万人を超えた。それ以降、毎月1万~2万人程度のペースで増え続けており、今年6月は、前月比で1万8822人の増加だった。

 受給世帯数も増加傾向が止まらない。今年6月時点では137万7930世帯で前月比1万3711世帯の増、前年同期比でみると、14万7923世帯の増加だった。受給世帯数は26か月連続で過去最多を更新し続けている。

(2010年9月23日03時04分 読売新聞)




ものすごぉ~~~く単純明快に考えてみると、



内需拡大すれば景気も浮揚して経済が活性化し、みんな幸せになれる筈?








その理由は、



外需に頼ることなく誰もがこの国の中で生きていく役割を等しく与えられるからですよね。




なぁ~んだ、単純なんだ。(笑)





誰もが生産に従事してその生産品をみんなで分かち合う。



そして誰もが一緒に知恵を絞りながら素敵なアイデアをどんどん具現化する。




それが世の中を活性化するために一番大事な法則なんですよね。






そうすれば・・・




誰もが当たり前に、この国で生きていくことに誇りを抱けるようになる筈。










・・・でもこんなことは誰も云わないね。(笑)






たとえば、イチローや白鵬がどれだけ自己の研鑽に励みどんどん新たなページを開いたとしても、




彼らがそれぞれ働く国に於いては異邦人であるために正当な評価を得られない。


“イチロー ややこしいですからね、僕の場合。日米というのが付いちゃうからちょっと面倒くさいですよね。

 日米3500本を前に、複雑な思いを持っていた。通算で3500本に到達することは事実でも、基本的に米国内で日本の記録が加算されることはない。実際、08年に日米3000本安打を達成した際、米メディアなどから否定的な論調や中傷めいた記事が出るなど、合算記録への解釈は不透明なままだった。だからこそ、今回も記録に近づいた時点で、球団関係者の問い合わせに対し、恒例となっていた電光掲示板での記録達成告知を辞退した。「2年前のことを勉強してますからね。楽しみにしているファンの人もいただろうし、それを奪ってしまったことは残念です。ただ、僕としてはそうしなきゃいけない。本当はそうしたくなかったんですけど…」。”
日刊スポーツ - ‎2010年9月19日‎より抜粋



だが、異国で生きていくモチベーションを支えているのは、


生まれた国に対する誇りと敬意なのだと思う。





自分が生まれ育った国に対する誇りと敬意。




それを忘れたときに・・・国は崩壊の一途を辿ることになるから。






現在の日本がまさにそうかもしれないのだ。









たしかにワールドカップやオリンピックに於いてはナショナリズムが爆発し、



国民の間に一体感が醸成される。




でも・・・それなのにどうして、経済は活性化しないのだろう?






日常の生活に於ける達成感や一体感がどんどん失われていく方向へと国政がシフトしていくからだ。




幼児虐待、就職難民、老人孤独死、自殺増加、万引き、覚せい剤、・・・




“この元凶がどこにあるか?

それも把握せず、行き当たり場当たりな政策しか出来ないなら、政府には何の価値もないではないか。

このままでは、生活保護世帯、まだまだ増えますよ。。。”

ochiochiのワンダーランド2 <生活保護>受給世帯、過去最多を更新 受給者は190万人 記事より抜粋















ようやく涼しくなったのに・・・ねっ。(笑)







やさしさに包まれたなら 荒井由実 

魔法の鏡 荒井由実 / ユーミン ブランド・パート1

瞳を閉じて ☆ 荒井由実

駅~竹内まりやさん






2010.09.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ユーミンに嵌っていた頃・・・


ユーミンの音楽に嵌っていた時期があった。






明けても暮れても、彼女のアルバムをターンテーブルに乗っける日々が


続いた。







荒井由実の3枚目のアルバム「コバルトアワー」を聴いたのが高校生のときでした。



その頃は・・・


シングルでリリースされた「ルージュの伝言」を聴いて、その新鮮!! な感覚に浸った余韻から



アルバムを購入して聴いたのだと思う。








そのアルバムは友人に貸したままいつまでも戻ってこなかった・・・


そんな記憶がある。


あはは!! 誰もが一度は経験してるはず。(笑)




でも実際に嵌ったのは、最初のベスト盤「ユーミンブランド」だったのですよね。



たぶん、或る方が仰っていた通り、



当時としては実に画期的だった“女性目線”からの歌詞に素直に感情移入できたのだと思います。





云わばリアルな恋愛描写というか・・・


凄く新鮮だった。










そういえば武田鉄矢はこの頃、ユーミンの音楽を非常に忌み嫌っていたらしいですね。


今でも嫌いなのかな?(笑)




彼女の代表的作品「中央フリーウェイ」の歌詞にかみついた!! 



「日本にはフリーウェイというものは存在しません。有料高速道路でしょ!!」みたいな。(笑)




でも・・・聴き手にとっては、フリーウェイと表現されることにより、



彼女のリアルな皮膚感覚に触れることが出来る。






その結果として音楽その物に素直に感情移入できるのですよね、きっと。



これが中央高速だと・・・途端に!! “世界”そのものが破綻してしまいそうな気がする。



何故ならばこのソフィスティケイトされた感覚こそがユーミンだから。(笑)








彼女の場合、最初から企んでますからね。



あたしの歌で泣きやがれ!! って。




これはたしか、桑田佳祐が彼女の音楽への賛辞として云ったことばだと思います。




まさにユーミンですよね。(笑)




あの日にかえりたい/荒井由実 - MoviePhoto

荒井由実 ルージュの伝言

【HD】荒井由実(松任谷由実) 12月の雨

荒井由実 中央フリーウェイ



2010.09.20    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   老後を生きる極意とは?


敬老の日(けいろうのひ)は、日本の国民の祝日の1日である。国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。

2003年までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、2001年の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2004年からは9月第3月曜日となった。

なお、敬老の日を第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体から反発が相次いだため、2001年に老人福祉法第5条を改正して9月15日を老人の日、同日より1週間を老人週間とした。
(ウイキペディアより)






今日は敬老の日。



人は誰でもいつか・・・年老いる。











年老いても、充実した人生を送るためには、



何が必要?





勿論・・・健康で長生きできれば、




それが一番幸せな筈。






健康で長生きできても幸せになれない人たちが




溢れているのはどうして?







・・・






新聞を読んでいると、嫌でもそんなリアルを目の前に突きつけられる。







自分の老後は一体どんな景色が拡がっているだろうか・・・







僕は両親の生き様から、老後を生きる極意を



学んだ。(笑)








無理をしない・・・





楽しめることを見つける・・・





いつまでも好奇心を失わない・・・







この三つは連動しているんだよね。






無理をせずに・・・



日々を楽しむ。














そうすれば・・・




いつまでも生きることに飽きないから。







・・・(笑)



くるり ‐ 東京レレレのレ(PV)

くるり - ワンダーフォーゲル

筋肉少女帯 - スラッシュ禅問答(Live)

On The Sunny Side Of The Street - Pizzicato Five





2010.09.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   それでも生きていかざるをえない!!


鈴木雅之「本当に大バカ」志村けんもショック…田代容疑者5度目逮捕に落胆
スポーツ報知 9月17日(金)8時0分配信

 タレントの田代まさし(本名・田代政)容疑者(54)の5度目の逮捕に芸能界にも衝撃が走った。ラッツ&スター時代の盟友で歌手の鈴木雅之(53)は「本当にあいつは大バカです」と怒りのコメント。バラエティーの師匠だった志村けん(60)もショックを受けていたという。また、逮捕直前までラジオで共演していた電撃ネットワークの南部虎弾(59)は都内で会見し「帰り際に写真を撮ろうと言い出した。何か意味があったのかも」と明かした。

 田代容疑者がブログで「本当にこのふたりは俺の宝物なのだ」とつづっていた鈴木と志村も、5度目の逮捕に大きく落胆した。

 鈴木はこの日夜、コメントを発表。「田代のこと、本当に何といっていいか、今、言葉になりません。あれだけ家族や周りの人たち、そして自分自身がつらい思いを味わったわけだから、その思いを肝に銘じて生きていって欲しかったです。本当にあいつは大バカです」と無念さをにじませた。

 田代容疑者を「兄弟」と呼び、同容疑者が収監されていた時は酒とたばこを断った。また昨年3月のアルバム発売イベントでは「出来る限りのことはしてあげたい」と復帰の手助けを約束。今年3月のスポーツ報知のインタビューにも「あり得ない話じゃない」と田代容疑者と一緒にラッツを復活させる可能性もほのめかしていた。

 また田代容疑者のお笑いの才能を引き出し、自身の番組で弟分のようにかわいがってきた志村も、今回の逮捕についてコメントは出さなかったが、関係者は「とても残念に思っているようです」と明かした。

 最初の逮捕時から疎遠になっていたが、昨年11月に田代容疑者が志村の楽屋を訪問する形で久々に再会し、何度も土下座して謝罪したという。昨年12月に発売したDVD「志村けんのだいじょうぶだぁ」では、これまで封印してきた田代容疑者の出演シーンを解禁。当時のスポーツ報知の取材に「田代君も食っていかなきゃいけないし、収入の足しになれば」と親心を見せていた。その後は現在まで会うことはなかったそうだが「世間が許すんだったらまた一緒にやりたい」とも語っていただけに、裏切られた思いは計り知れない。







自分がどうして馬鹿なのかを知るために・・・





人はさまざまな経験に手を染める。






鈴木雅之(リードボーカル)
田代まさし(テナーボーカル)
佐藤善雄(バスボーカル)
久保木博之(トップテナーボーカル)
桑野信義(トランペット、ボーカル)
出雲亮一(ギター、ボーカル)
新保清孝(ドラムス、ボーカル)

『夢で逢えたら』(ゆめであえたら)は、1996年4月22日に発売されたラッツ&スターの9枚目(シャネルズ時代から通算すると18枚目)のシングル。「鈴木聖美 with Rats&Star」以来9年、オリジナルシングル『レディ・エキセントリック』から11年の時を経てリリースされた。現時点でラッツ&スターの最後のシングルである。

吉田美奈子、シリア・ポールらによって歌われてきた『夢で逢えたら』のカバーである。作詞・作曲者の大瀧詠一をスーパーバイザーに迎えて制作された。
このシングルを皮切りに1996年限定で活動を再開。全国ツアーを敢行し、『NHK紅白歌合戦』(第47回)に初出場した。
2008年12月11日からは京浜急行電鉄京急蒲田駅の列車接近案内メロディに使用されている。

(ウイキペディアより)





その結果として様々なものを失うことになる。








失うことで初めて人は目覚める。





それまでの自分がいかに馬鹿だったかを知るから。




・・・なんて愚かなんだろっ。




(笑)







そう・・・それが自身を探求する旅なんだよね。













神に何かを差し出す代償として・・・






奇跡を手にしたかった。














彼岸の彼方から向こう岸に手を振って、愚かな自身と向き合ってみたかった。




“彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」という。

「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。また、この期間に行われる仏事のこと。暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もある。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。”

(ウイキペディアより)







そして・・・こう悟る。








♪この世を燃やしたって一番ダメな自分はのこるぜ!



それでも生きていかざるをえない!




筋肉少女帯 「踊るダメ人間」 










・・・と。(笑)




夢で逢えたら ラッツ&スター

connie francis lipstick on your collar

Jefferson Airplane - Somebody to love

筋肉少女帯 - 踊るダメ人間




2010.09.16    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   命の意味・・・


9月16日付 編集手帳

 題名を『命(いのち)屋(や)』という。〈「命屋」さんがあればいいね/でも/命を買い替えられたら/みんな一生けん命/生きないかもね/そしたら/つまらない人生になるね〉◆かつて本紙の『こどもの詩』欄に載った一編で、作者は小学3年生の男児である。「人生」や「命」といった大人でもときに持て余す重たいテーマに、こういう洞察のできる年ごろである。その記事を読み返しながら、ため息をひとつ、ついてみる◆「子供が18人います。1日に3人ずつ殺すと、何日で全員を殺せるでしょう?」。愛知県岡崎市の市立小学校で3年生のクラスを担任する男性教諭が、算数の授業でそういう出題をしたという。市の教育委員会は口頭で厳重注意し、担任を外した。児童の興味を引くためにリンゴやミカンとは違う出題をしたらしいが、冒頭の詩と読み比べて、どちらが大人でどちらが子供か分からない◆本紙掲載の詩を、もう一つ引く。題は『右側が見えづらい弟』、障害をもつ弟のことを書いている。その一節。〈だから私はいつも弟の右側にいる〉。こちらは小学4年生の女児である◆子供をなめてはいけない。

(2010年9月16日01時24分 読売新聞)





1989年に脱退したデイヴ・ホーランドの代わりに元レーサーXのスコット・トラヴィスを迎えた。アリゾナ州・フェニックスに住んでいるロブ・ハルフォードは、新たなドラマー見つけるべくクラブで若いバンドをチェックし、スコットを見つけたという。その後、技術面だけでなく人間性も見るとして、リハーサルも兼ねてメンバーと共同生活をし、彼を正式に迎えることになった。過去在籍したドラマーにはない、彼のバスドラムテクニックにより、本作以降、バンドの音楽性を現代的なパワーメタルへと変えた。メンバー自身も『LEATHER REBEL』、『METAL MELTDOWN』などの楽曲は彼の登場以前では不可能だったと述べ、「強力な後継者を得た」と評した。
(ウイキペディアより)

このときの来日公演も・・・凄かったっ!!






きっと、きみたちも・・・





憎い友人がこの世からいなくなればいい! とか、




がみがみ怒鳴ってばかりいるおかあさんなんか




この世から消えてしまえばいい! と、




思ったことがあるはず。





初のシングル。収録曲は表題曲とそのカラオケ(+シークレットトラック)のみであり、価格は525円と低く設定されている。4000枚限定生産であり、多くのレコード店のサイトでは詳細が発表されるやいなや、わずか数日で予約完売となった。

表題曲はライブでも人気の楽曲。リリース発表時にはワーナーミュージックジャパンからのメジャーデビューが決定していたが、「死ねよ佐藤」と実名を挙げての連呼というあまりにも過激な歌詞ゆえにインディーズからのリリースとなった。ちなみに歌詞に登場する「佐藤」とは、ボーカル・の子の学生時代のクラスメイトである(ちなみにの子によると、「佐藤」本人はこの楽曲をすでに聴いたことがあるという)。

過激なのは歌詞にとどまらず、ジャケットは無数の切り傷が入り血の滲んだの子の右腕を撮影したもの。写真はの子自身がセレクトした。

PVはデモ・バージョンのものが存在していたが、今回のリリースにあたり新たに制作された。ディレクターはの子自身が担当。オフィシャルYouTubeにて公開されている。

(ウイキペディアより)







一度も無いかな? 






そう・・・






怒りからは悲しみしか生まれない。








だから人はね、




そんな怒りに満ちた世の中を




おもいっきり!! 笑い飛ばすために





人を笑わせるんだよっ。








どんなに辛いことや悲しいことがあっても





そこから逃げ出すことは出来ないから、





人は笑うことで心のなかを空っぽにするんだ。







悲しいことや辛いことたちが・・・





「もう! こんなとこにはいられないやっ」て、






息せき切って・・・逃げ出したくなるようにねっ。(笑)





ANTHEM 20th ANNIVERSARY TOUR 2005
Live at Kawasaki Club Citta' 2005/07/23

Bass.Naoto Shibata
Vocal.Eizo Sakamoto
Guitar.Akio Shimizu
Drums.Hirotsugu Homma








Judas Priest- Painkiller

夕方のピアノ PV 神聖かまってちゃん

北野武&ビートきよし 「 ツービート復活コント 」

ANTHEM - ONSLAUGHT







2010.09.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   聖飢魔IIと酒井康


聖飢魔IIというと、今でも思い出すのは・・・




当時、




へヴィメタル系音楽雑誌「BURRN!」誌上のレコードレビューに於いて



編集長酒井康が、



彼らのファースト・アルバムへの評価として、



0点を付けたことだ。








たしか、この時のレビューに於いて、



彼は音楽性云々以前に音楽へ向き合う姿勢について



問い質したのだと思う。




真っ当に音楽で飯を喰っていく気があるならば、



奇を衒うことよりも、



純粋に自身の目指す音楽と向き合うべきだろうと。




たとえば、アンセムのように・・・(笑)







歴代アンセム戦士集結・・・柴田直人 (リーダー、ベース、メインソングライター)
坂本英三 (ヴォーカル、1985年~1987年、2001年~)
清水昭男 (ギター、1991年~1992年、2000年~)
本間大嗣 (ドラム、元FLATBACKER (EZO)~LOUDNESS、2001年~)
森川之雄(ヴォーカル、1988年~1992年)
福田洋也(ギター、1983年~1990年)
中間英明(ギター、1990年~1991年)
大内“MAD”貴雅(ドラム、1981年~1992年、2000年)





この一件から・・・



デーモン小暮と酒井康の音楽に対する価値観の相違が



見て取れる。



逆に、あれだけへヴィメタルを忌み嫌っていた



渋谷陽一は、



デーモン小暮の本質を的確に見抜いていた。





それまでの凡百のメタル・バンドと彼らの決定的な相違とは、




自身を対象化する能力であると。





世の中がどういうものを欲しているか?



それを見抜いた上で



きちんと戦略化できる能力が備わっているか?




つまりそれがビジネスに於いて求められる




スキルだからだ。





そう・・・デーモン小暮は最初っから、



醒めていたのだ!!




それを見抜けなかった酒井康は、つくづくへヴィメタル馬鹿!!



なんだと思う。





何故なら、へヴィメタルという音楽は・・・





こんな腐った世の中を笑い飛ばすための音楽だからだ。







だから・・・僕はメタルが好きっ!!





そういう観点から考えてみると、





今回の民主党代表選は、




まさに!! メタルの本質と一致していたのかもしれない。




魑魅魍魎・・・


喧々諤々・・・






そんな政界地獄絵図を我々は目の当たりにした。






結果・・・今回の代表選は、



サポーターの民意を反映した結果に落ち着いたのである。





“もう政治は玄人の古い手法や発想では動かない。それは党員、サポーターの票を見れば明白。しかし小沢陣営は最後まで玄人であろうとし続けた。業界団体と幹部に会い、態度未定の議員に個別にアプローチした。それは国会議員には有効だった。僕の予想を超えて有効だった。つまりいまだに議員の多くは玄人だったのだろう。
メディアも玄人の予想と分析を垂れ流した。確かにそれは国会議員という玄人相手には有効だった。でも素人の有権者レベルでは、もはやそんな分析や予想は全く無効で、菅圧勝という現実は動きようもなかった。僕が結果はどうでもいいと書いて来たのは、その動きようもない現実は、この代表選の結果に全く影響されないからだ。例え小沢勝利でも、次のステージの物語展開は同じになるはずだ。
はっきり言って菅は脇役だった。どう考えても主役は小沢だった。小沢を選ぶか選ばないかという選挙だったのだ”

渋谷陽一の「社長はつらいよ」 小沢敗北玄人の政治の終わり 記事より抜粋






この結果をきちんと把握した上で、



自身を対象化し戦略化できるスキルを身に付けた




首相が現れない限り・・・






この世の中は、悪魔が跋扈し続けるのだろう。









おまえを蝋人形にしてやろうか・・・




うわはっはっはっはっはっは!!



(笑)





DonDokoDon山口 - デーモン小暮(聖飢魔Ⅱ)のモノマネ(本人登場 モノマネ歌合戦)

Anthem - Do You Understand?

Judas Priest - The Hellion/Electric Eye - Riding on the Wind

蝋人形の館 聖飢魔Ⅱ HD






2010.09.13    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   生活の匂い・・・


駅のホームで電車を待っていると、




様々な人たちの様々な光景を目の当たりにする。






ホーム上に設置してある自動販売機。


そこに女子高生が遣ってきて、ぽんっ! てカードを押し当てると


商品が出てくる。



なんかその光景を眺めながら・・・思った。





"Searching for a Reason" (Schenker, Bonnet)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards



カードで商品を購入するのは今の世の中では当たり前。





それなのに、



対価を支払わずに物を手に入れるなんて!! みたいに、



妙な錯覚をしてしまう自分がそこにいた。



(笑)



かなり以前から、


給料は銀行振り込みが当たり前になり、



労働の対価として現金の報酬を手取りで受け取るということは




皆無になってしまった。




別にそれ自体が悪いなんて事は


無いはず。



企業の側は労務管理上の手間が省けるから。




つまりそれがシステムの効率化だ。




スーパーやコンビニで商品を購入する行為にも現金が要らなくなる。



すべてカード一枚で決済可能だから。





何かを手に入れるために、何かを必死になって我慢する。




何かを手に入れたいから、何かを失うことを厭わない。





"Broken Promises" (Schenker, Bonnet, Glen)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards






そんな日々の営みの中で当たり前だった筈の生活観念は、どんどん失われていく。





だから、子供が万引きをしても親は叱れない。



驚くことに・・・



万引きが立派な犯罪行為であるという感覚すら、欠如している親が増えているらしい。





モラルの崩壊なんて・・・次元じゃあないよねっ。


(笑)



幼児虐待も老人の孤独死も、根底にあるものは一つだと思う。








世の中がシステム化され、その対価として我々はどんどん退化してゆくという現実。







それを食い止めるには、一体どうすればいいのだろう?





"Samurai" (Schenker, Bonnet, Glen)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards




子育てに苦しんだら、子育ての先輩に教えを請えばいい。




お年寄りたちの豊富な人生経験という“箱”の中に眠っている生活の知恵を、



我々がどんどん引き出せるように



工夫すればいい。





そうなれば・・・子供たちを地域の中で伸び伸び育てられるから。




お年よりは、生活の中で生きがいを見出せるから。





“バンドは当時先端のエレクトロ・ポップを全面的に取り入れ、シングル「シスコはロックシティ(We Built This City)」(これは邦題だけで実際は特定の街を歌ったものではない。)は、エアプレイン時代から通算してもシングル初となる全米1位(1985年11月16日付 - 23日付)を獲得。アルバム『Knee Deep in the Hoopla』も成功を収め、エアプレイン以来果たせなかった日本公演も実現している。”(ウイキペディアより)

僕は当時、彼らの唯一の来日公演を新宿厚生年金ホール(今はありません)まで観に行った。
観客がみんな・・・横ノリで凄く洋楽な雰囲気だったなぁ~。勿論、僕個人は大満足のライヴでしたよ。
伝説のシンガー、グレース・スリックを生で見て聴けたのだから。(笑)






そう・・・何かを手に入れるためには“対価”をきちんと支払わなきゃねっ!!





(笑)


MICHAEL SCHENKER [ SEARCHING FOR A REASON ] AUDIO TRACK

MSG broken promises

MICHAEL SCHENKER [ SAMURAI ] AUDIO-TRACK

Starship - We Built This City HQ




2010.09.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   アルフィーは素晴らしい!!


アルフィーと云えば・・・


メリーアン。



メリーアンと云えば・・・


アルフィー。



と云うくらい、当時大好きになった曲「メリーアン」。






1983年6月21日 メリーアン 作詞:高見沢俊彦・高橋研 作曲:高見沢俊彦 ポニーキャニオン



この曲がリリースされたのが1983年。




つまり・・・へヴィメタル・ムーブメント!! が



シーンを席捲していたのだ。

(笑)





そんな最中に、



この曲に出会ったからこそ・・・



既成のジャパニーズ・メタル・バンドの音からは到底得られない




感動を味わったのだった。




何故かと言うと・・・



当たり前だけど、物凄くいい曲だからだ。(笑)





日本のメタルをはなっから馬鹿にしていた友人が



唯一!! 認めたのがこの曲だったのだ。






ポップで流麗なメロディ。



キャッチーなギター・リフ!!



幻想的な北欧ロマンに通じる世界観。




なのに佇まいは・・・70年代フォークロックの郷愁。





つまり日本という土壌の中で醸成された




最高品質のハードロック・ナンバー!! という結論に




達したのだった。





いま・・・改めて聴いてみても、そう思う。






高見沢のメロディ・ラインは素晴らしい。



そしてメンバー3人の資質が無理なく共存している。






当時、高見沢のギター・サウンドとその佇まいから・・・





「この人、きっとマイケル・シェンカーが大好きなんだな」ってことを




感じさせてくれた。


(笑)




Assault Attack " (Michael Schenker, Graham Bonnet, Chris Glen, Ted McKenna)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards








そう・・・つまり僕たちは、





そんな優しさを内に秘めた、




強靭なメロディを求めて止まないのだっ。










嵐の去った後の・・・





あの素敵な夕焼けのように。











・・・(笑)







THE ALFEE メリーアン

MICHAEL SCHENKER GROUP-ASSAULT ATTACK.

Takamiy - Yozakura Oshichi PV

坂本冬美 夜桜お七 Sakamoto Fuyumi - Yozakura o shichi









2010.09.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   またひとり、偉大な芸人を失った・・・


元クレージー・キャッツ、「ガチョーン」の谷啓さん急死 自宅階段で転倒
産経新聞 9月11日(土)16時14分配信



 元クレージー・キャッツのメンバーで映画やテレビで活躍、「ガチョ~ン」などのギャグで知られ、トロンボーンの名手でもあったコメディアンの谷啓(たに・けい)さん=本名・渡部泰雄(わたべ・やすお)=が11日午前5時7分、脳挫傷のため東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で死去した。78歳だった。

 警視庁三鷹署によると、谷さんは10日午後5時50分ごろ、東京都三鷹市大沢の自宅階段で1階から2階に上がる際につまづいて転倒し、階段に顔面を強打した。「バタン」という音に気づいた家族が階段で倒れている谷さんを発見して119番通報し、谷さんは病院に搬送されたが11日午前5時5分ごろ、死亡が確認された。

 旧制逗子開成中学時代にトロンボーンを始め、終戦後、高校生で進駐軍のバンドに参加。中央大学在学中、シャープス&フラッツの一員となり、大学は中退した。フランキー堺のシティ・スリッカーズなどを経て昭和31年、ギャグ入り演奏が売り物のクレージー・キャッツに加入。芸名は米国の喜劇役者ダニー・ケイに由来する。クレージーはフジテレビ系「おとなの漫画」に続き、36年に始まった日本テレビ系「シャボン玉ホリデー」などにレギュラー出演。目をパチパチさせ、小柄でとぼけた丸顔の谷は、ワンテンポ遅れるトボけた芸風が持ち味で、ハナ肇、植木等に続いてお茶の間の人気者に。開いた右手を手前に引いて「ガチョ~ン」のかけ声とともに右手を閉じるギャグをはじめ、「ビロ~ン」「谷だァ!」などの奇妙な流行語を生み出した。

 39年、「図々しい奴」で映画初主演。「釣りバカ日誌」シリーズの佐々木課長役などでも人気を集めた。舞台やCMでも活躍した。












クレージーキャッツの谷啓さんが急逝されました。



またひとり、我々は偉大な芸人を失った。





コミック・バンドというと、なんか軽んじる人が一杯いるかもしれません。





音楽でお笑いを遣るなんて邪道だろ? って。


(笑)







でも・・・あえて! 




その邪道を王道に極めた存在こそがクレージーキャッツだったんだと思う。






だって、クレージーキャッツだよっ。





最初っから・・・あのひとたち全員が確信犯なんだからさっ!!






音楽的な素養もあり、技量も備わっているのに・・・








メンバー全員・・・



変なこと!! おもしろいこと!! くだらないこと!! が、




大好きっ。







そんな感性が、僕も大好きだった。




ありがとう、谷啓さん。





当時、ジェリー藤尾一家が司会を務めていた『笑って!笑って!!60分』というバラエティー番組があった。
そこに谷啓とザ・スーパーマーケットがレギュラー出演していたのを初めて見たとき、ピアノを弾いていたのがあの近田春夫なのでびっくりした記憶が今も鮮明!! たしかドラムを叩いていたのがワイルドワンズの植田芳暁だったのでこれまたびっくり!! しましたっけ。谷啓の音楽的素養の幅広さにびっくりしたのもこのときでした。
なにしろ・・・そのとき僕は未だ中高生だったはずだから。(笑)






天国で植木さんやハナさんたちと・・・






画著~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^^^^^^^^^^^^ん




ってね。(笑)







謹んでご冥福をお祈りいたします。




クレイジーキャッツ・タモリ(1)

クレイジーキャッツ・タモリ(2)

クレイジーキャッツ・タモリ(3)

バーボンストリートパレード  谷啓





2010.09.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   コンプレックスは未来への糧!!


こどもの感性って、凄いなぁ~って思います。
或る方のブログ記事に、小学生の息子さんに関する素敵なエピソードが綴られていました。
その子は、あるテスト問題で、間違えた答えを修正しようと思い、筆箱を覗いたら・・・消しゴムが無い。
もう・・・時間がない。どうしよ~!!
あっ、輪ゴムがあった。
その子は、輪ゴムをこすり付けて消してみよう! と思った。
・・・(笑)



まずその発想が素晴らしいと思うのです。常識って打破するためのものでしょ?
実際に消せるかどうかなんて問題じゃあないんだよね。
これこれこうすればこうなるっ! ていうのは経験則から学べる。
でも、とりあえず遣ってみる! それこそが発想の源。ロックの感性ですね。(笑)












また別な方のブログ記事には、あなたの生まれた年の100年前に照準を合わせてみてください。と、ありました。
僕の生まれた年の100年前にはこんな出来事が・・・


2月10日 - 咸臨丸、太平洋横断航行。37日後の3月17日、サンフランシスコへ到着。


3月24日(安政7年3月3日) - 桜田門外の変で、大老井伊直弼が暗殺される。


11月6日 - エイブラハム・リンカーンがアメリカ合衆国大統領に当選。





ここから学べることとは一体何か?
いまこの瞬間こそ生きている証! ってことなのかな?
そう・・・
いつの日か、必ず誰かがあなたを評価してくれる。






“前に、かまってちゃんの「夕方のピアノ」の歌詞の、「死ねや佐藤」というフレーズが、写真展のタイトルになった時、twitterかなんかで、「死ねとかそういうの好きじゃない」「そういう言葉を使うべきじゃないと思う」みたいなつぶやきを見た。まさに、あんたたちみたいな人の常識や良識が、世界をどんどんつまらなく息苦しくしている、それをなんとかしたくて、の子はそういう歌を作って歌ってるんだよ。
と思った。”

(兵庫慎司の「ロック走馬灯」 夕方のピアノ 記事より抜粋)






実はね、ロックンロールの歴史もそうなんですよ。
常に誰かが未知の扉をこじ開けている。
そのこじ開けた扉の向こうに素敵な地平が開けている。


嘗ての我が国の音楽シーンに於いては、誰もが欧米コンプレックスから抜け出せずにいた。
英語で唄わなければ世界に通用しない!! と、思い込んでいた。







でも・・・現在のシーンを眺め渡してみると、コンプレックスを創造の糧として果敢な挑戦!! を繰り返してきた結果が見事に花開いている。






幾多の茨の道を掻き分けながら・・・





未来を切り開いてきた





勇気或るパイオニアたちの手に拠って。


(笑)







ロックンロールは鳴り止まないっ 神聖かまってちゃん

夕方のピアノ PV 神聖かまってちゃん

筋肉少女帯 - 踊るダメ人間

[PV]マキシマムザホルモン-恋のメガラバ











詳細を読む »

2010.09.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   雀が街から姿を消している・・・


普段から当たり前に其処にあるはずの光景が、




ある日突然、


失われていることに気付く。




普段から当たり前に其処に居るはずの人が、




ある日突然、


姿を消していることに気付く。




きっと、長い人生の営みに於いて・・・



誰もがそんな事実に遭遇する日が遣ってくるのだろうなぁ。









街の営みの中に・・・



いつも寄り添っているはずだと思っていた。






なのに・・・其処にはいなかった。






噂には聞いていた・・・




街から雀たちが、その姿を消しつつあると。







改めてその事実に遭遇し、あぁ・・・やはりそうだったんだと思った。





橋のたもとにも・・・




街の空き地にも・・・




電線にも・・・






きみたちは、もういない。










きみたちの居場所さえ追い詰めてしまうほど・・・




世の中はその加速を緩めようとは




しないんだね。








“VOW WOW時代
残された3人は1984年初頭、元NOIZのひとみげんき(人見元基)(Vo)と『B』時代からサポートキーボード奏者として参加していた厚見玲衣(key)を正式メンバーとして迎え、バンド名を「VOW WOW」に代えて世界規模の活動展開をしていった。山本は国内最高峰のロックキーボディストとロックヴォーカリストを得ることに成功したが、遠慮なく自己主張をするメンバーを迎えてそれまでになかったバンド運営の苦労を味わうことにもなった。「B」から「V」への変化は、山本が率いる4人のハードロックバンドから、ハードロックを奏でる5人の有能ミュージシャン集団への変貌でもあった。新美はロックドラマーとして高い評価を得るようになっていたが、もともと本格的過ぎないように「B」のメンバーに選ばれていた佐野は余力に乏しく、ベースのグレードアップがバンドの課題として取りざたされるようになった。

1986年初頭には3rdアルバム『Ⅲ』をリリース。このアルバムは日本のバンドには厳しいことで有名な音楽評論家の酒井康をも唸らせたアルバムとしても有名(BURRN!誌での酒井の点数は94点と高得点)。6月にはアメリカでベスト盤『SHOCK WAVES』をリリースし7月にはライブアルバム『HARD ROCK NIGHT』をリリース。秋には拠点を日本から英国に移し、本格的に世界規模の活動展開をしていく。
1987年5月には「B」時代から支えてきた佐野が脱退、音楽業界から引退してしまう。”
(ウイキペディアより抜粋)






マンションの駐車場に・・・




「無断駐車された方には、もれなく10,000円を贈呈いたします」という




但し書きが成されることは




決して、無い。






テレビアニメの「ドラえもん」の中の光景は・・・





永遠に普遍のままだ。





いつまでも・・・あの空き地には土管が寝そべっているから。











そこにいつまでもあるべき光景は、どんどん失われていく。






そこにありえない光景だけがどんどん増えていく。






古井戸 - ポスターカラー

想い出はあなたとわたし/佐藤公彦(ケメ)

VOW WOW - Shot in the Dark

Run To The Hills Iron Maiden 1982 Live





詳細を読む »

2010.09.04    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   もう秋なのに・・・


今年の夏は、



いつもの夏太りとは無縁のままで・・・



過ごせそう。




現在の体重は62キロをキープし続けている。





これって・・・記録的!! (笑)




The Number Of The Beast Iron Maiden 1982 Live
Bruce Dickinson – lead vocals
Dave Murray – guitar
Adrian Smith – guitar, backing vocals
Steve Harris – bass, backing vocals
Clive Burr – drums, percussion





夏太りの原因は・・・





冷たい飲料をがぶがぶ飲み続けるため、内蔵に脂肪がつくことが原因だそうだ。





事実・・・毎年夏になるとスポーツドリンクをがぶ飲みし続けていたっけ!!






なのに、どうして痩せないんだろ? って。




VOW WOW
人見元基(Vo)
山本恭司(G)
新見俊宏(Dr)
佐野賢二(B)
厚見玲衣(Key)



うっぷっぷぅうううう~


・・・それって糖分の採り過ぎなのにねっ。






“確かに健康は重要。ただ人は病みながら生きるものなので、

健康という完全を求め過ぎると何かを間違える。” 

(ブログ「渋谷陽一の社長はつらいよ」より抜粋)










けれど、酒も旨いし、飯も旨い。





それで、いい。






RCサクセション

忌野清志郎(ボーカル、ギター)
小林和生(ベース)
仲井戸麗市(ギター、ボーカル)

サポートメンバー
春日博文(ギター、ドラムス)
厚見玲衣(キーボード)




明日に怯えるよりも・・・今日を慈しむ。






今日という日を呪うよりも・・・




四人囃子
岡井大二(リーダー、ドラムス)
森園勝敏(ヴォーカル、ギター)
坂下秀実(キーボード)
中村真一(ベース)





夕焼けと鱗雲を眺めながら、





明日を想う。





(笑)




The Number Of The Beast Iron Maiden 1982 Live

VOW WOW - GO INSANE

RCサクセション キモちE

一触即発(Isshoku-Sokuhatsu) / 四人囃子(YoninBayashi)






Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog