プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
貴方の心に辿りつきたくて・・・今日も また日が暮れる Apr 27, 2017
心はいつも 君と共に!! そんな素敵な嘘を僕等は一生賭けて信じ続けるのさ・・・ Apr 26, 2017
おれはおまえと出会えてうれしいんだ。 さぁ、なにから話そうか? Apr 25, 2017
脱原発というメッセージは、異なる価値観を越えて、今日を明日に繋げるという事だよね!! Apr 23, 2017
待っててね。僕も今すぐ!! きみという名の希望の光を追いかける・・・ Apr 22, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  ロックンロールは・・・美しい!   とりあえず・・・   神様は、サンタに依頼する・・・   いつまでも・・・若く!!   楽園に行こう!!   年末だから・・・THE BEATLES!! (笑)   小沢一郎と亀井静香・・・   政治主導と云うよりも・・・小沢主導!! (笑)   庇護と決別・・・   どっちも真実っ!!   想いは・・・ゆるやかな大河になる!!   螺旋は美しい・・・   THE YELLOW MONKEY 『PUNCH DRUNKARD』・・・

2009.12.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックンロールは・・・美しい!


ロックンロールの危うさが・・・好き。









ロックンロールの見栄っ張りが・・・好き。









ロックンロールの傲慢が・・・好き。




ロックンロールの儚さが・・・好き。








どんなに・・・



どんなに・・・




世界に追い詰められても、




それでも必死に・・・





どうってことないさっ!! って、




微笑んでいる君の姿が・・・




・・・











とても愛しい!!







そう・・・ロックンロールは美しい。










今年も、あなたにありがとう。




みなさま・・・良いお年をっ!!







SEX PISTOLS "GOD SAVE THE QUEEN" For No.1 on Queen's B'day - June 12th 2010

頭脳警察 さようなら世界夫人よ

くるりとユーミン - シャツを洗えば

川村カオリ Zoo



詳細を読む »

2009.12.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   とりあえず・・・


不景気で仕事が無い。派遣は首を切られる。

デフレで給料は下がり、物の値段はどんどん下がり続ける。


企業の経営はどんどん逼迫して、

大学生、高校生の新卒求人は減り続ける・・・でも、人は常に必要とされている。



その何よりの証拠は街に出てみれば、自ずと判ります。


飲食店も、コンビニも、パチンコ店も、ネット・カフェも・・・

高校生や大学生、専門学校生のバイト活用で成り立っている。



そう・・・街はいつだって活気に溢れている。

アルバイトは、社会学の実践の場だから。


M-179





誰かが・・・誰かを必要(あなたがいてくれたから・・・)とし、

誰かが・・・誰かに必要とされる(あなたがいてくれるおかげで・・・)のが世の中なんだという

基本さえ、きちんと把握できれば、


自ずと・・・

人はなにを求めているか(絆と信頼・・・)が、透けて見えてくるはずですよね。(笑)



“しかし今一番大事なことは、経済の安定である!
これがすべてです!
ひとりひとりの国民の生活の基盤は、すべてここに帰着する。

生活基盤が整えば、子供だって増えるんです。
生活基盤が整えば、多少の増税だって国民は受け入れます。”

(ochiochiのワンダーランド2 鳩山献金問題の本質より抜粋)

子供たちが笑顔で走り回り・・・

それを幸せそうに見守るお年寄りの笑顔。

その笑顔を増やすために、汗水流して奔走する大人たち。


誰かが、誰かをサポートし・・・

誰かが、誰かの笑顔を引き受ける・・・



そして、誰もが、

この世界の恵みを共有できる幸せの連鎖こそが

生活基盤なのかも・・・?(笑)









こんなことをいくら・・・夢想したとしても、

目の前の現実に対して、何ら有効な対策を提示できるわけではないし、


明日からの現実が・・・劇的に変わるわけでもない。


世の中は水戸黄門の印籠によって、すべてが一件落着するわけでもない。


“人間は生まれて、何も疑問に思わず育つとあたかも社会現象も自然現象と同じように「当たり前」になり、昔からあることはすべて「正しいこと」と認識するようになります。これを「伝統主義」と呼びます。
そうなると正義は過去にあって、未来にないことになるので、世の中を変えることは「間違ったこと」であると思うのです。

こういう部分が日本人の場合、明らかに欠如している。

水戸黄門や遠山の金さんの人気の高さをみてもそれは十分に察知できる。”

(ochiochiのワンダーランド2 鳩山献金問題の本質より抜粋)



でも・・・思い込むことで、



多少なりとも・・・





明日から、また同じ事を繰り返す現実に対して・・・





ほんのすこしだけでも、勇気と愛情と信頼を・・・







M-180




そして・・・あなたがいてくれる喜びを、自身の中に醸成できるかもしれない。




それが・・・日記の役割なのかぁ。(笑)




くるりとユーミン - シャツを洗えば

やさしさに包まれたなら 荒井由実  松任谷由実 ユーミン YUMING

♪Go on a Journey☆原田真二 ⓋWhere the Hell is Matt?2008

木村カエラ- happiness!!! HD





2009.12.24    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   神様は、サンタに依頼する・・・


クリスマスイヴの聖なる夜が、



また今年も訪れる。







神様が降りてきて・・・




サンタに依頼する。









今年は不景気だから、


クリスマスプレゼントの申し込みは・・・












サンタは考える・・・



それなら、今年はこうしようっ。





人々の・・・様々に縺れ合った、



心の糸を・・・



丹念に解きほぐしてあげようっ。








世界中の愛と憎しみの洪水の中で・・・




縺れ合い絡み合った、



不思議な心の糸を・・・


荒井由実 - 12月の雨

2009'Kn×鮎のクリスマスソング「裏Hymnrap」

オリジナルピアノ曲『DejaVu』~by Areyou鮎~






詳細を読む »

2009.12.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   いつまでも・・・若く!!


前回の日記に書きましたけど、 ロッキング・オン・ジャパン
THE YELLOW MONKEY結成20周年大特集

(既に・・・解散しているバンドですよっ)


各メンバーの最新個別インタビューを読んで思った。



どうして・・・




M-174 
M-175 







奴らは!! こんなに、 瑞々しいまんまで・・・



M-176 
M-177 






年を経てゆくことが可能なんだっつつつ 。





それと全く同じ感慨を・・・




フラワー・カンパニーズにも感じてしまった。




彼らも、奇しくも結成20周年だっ。




なのに・・・アー写(アーチスト写真)を見ると、




どんどん若返ってるっつつつ!!






M-178 






ロックンロールの摩訶不思議?(笑)











ひとの気持ちを理解しない人は理解する人に決してかなわない




ある人から、聞いたことばです。




僕は、気持ちを理解しない人ではなく、




気持ちを理解しようと思える人でありたいと思います。




互いの間に・・・深く淀んだ川が横たわっていたとしても、




その深い川を亘る覚悟を、胸に抱ける人で・・・




ありたいなぁ~。(笑)





野村克也元楽天監督のことば。




「野村、金田、長嶋、この3人の血液型はB型。
B型は、人の話を聞かないっ!!」






僕も、B型なので戒めにします。




そして・・・




あの岸の果てには、




一体?なにが待ち受けているのかと、




いつまでも・・・ドキドキわくわくできる自身でありたいです。







Old Child - HEESEY WITH DUDES

No Hearts - HEESEY WITH DUDES

フラワーカンパニーズ「深夜高速」手書きPV








2009.12.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   楽園に行こう!!


世の中・・・ふつうに生きていれば、




嫌なこと、腹の立つこと、


一杯!! あるはず。





I Love You Baby (3:52)
(作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
吉井曰く「この曲は俺なりのヘヴィメタ」。
(ウイキペディアより抜粋)




でも、日記には、嬉しいことや楽しいことだけを、



なるべく・・・なるべく・・・


綴っていたいなぁ~なんて。







年末だからなのかっ、

本屋には、結構人が溢れてるじゃんっ。


出版業界は不況だとか、

若者の活字離れ・・・なんて、


実は、実態からはかけ離れた妄想なんじゃないか?

とか、思いたくなる。



で、その日は・・・胸に秘めていました。


(笑)






Sweet & Sweet (3:30)
(作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
8thシングル『太陽が燃えている』カップリング。
(ウイキペディアより抜粋)





ある一冊を・・・


お金を払って、買おうとっ!!




そんな・・・大げさなもんではないのにっ。(笑)


M-171






ちなみに、その本は、

雑誌ロッキング・オン・ジャパン1,2月合併号。

「THE YELLOW MONKEY結成20周年大特集、
吉井、エマ、ヒーセ、アニー最新個別インタビュー!」
が、メイン記事。



表紙は勿論!! 
アルバム「THE SICKS」リリース時のメンバー・フォトっ。


こ・・・これは、お金を払って購入すべきだろっ!!



メモリアルだぁあああ~!! って、勝手に思い込みぃいいい。(笑)



M-172





レジに、本を差し出し、

会計して貰いました。


たまたま、その時財布には小銭が足りなくて

1000円札を一枚、レジの皿に置きました。


その本の値段は定価600円。本体価格が571円。

で、レジに支払う代金は599円。


なんか・・・ややこしいっ。




僕は念のため、


財布の中に10円玉、もしくは1円玉があるだろうか? と、


中身を物色していたのです。




結局、10円玉はなく、1円玉も9円には足りなくて、


そのまま1000円で


会計を済まそうと思いました。





で、その店員の女の子は・・・


その間、レジの計算を猶予して待っていてくれたのです。





なんか、その時・・・


サービス業の極意を、さりげなく


目の前に提示されたような気がしました。



お客様の目線で・・・


お客様の視点で・・・



お客様の立場に立って、サービスを提供するということを。



僕は、只々・・・恐縮してしまい、


「その1000円で会計をお願いします」と、


改めて差し出す羽目になりました。




お釣の401円を受け取って、本を袋に入れてもらい、



そこを・・・後にしました。(笑)


(おいおい! 小学生の作文かっつうの!!)



M-173




当たり前の行為を、


当たり前に・・・提示されただけで、




こんなにも自身の気持ちが、優しさの温もりに包まれるんだ!



って、実感したのでした。


(笑)




“赤い夕日を浴びて黒い海を渡ろう

そして遥かなあの自由な聖地へ

ひとりきりもいいだろうふたりきりもいいだろう

猫もつれて行こう好きにやればいい

いつか僕らも大人になり老けてゆく

MAKE YOU FREE 永久に碧く”

(楽園)








The Yellow Monkey I Love You Baby

The Yellow Monkey Sweet & Sweet

The Yellow Monkey - 楽園











2009.12.19    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   年末だから・・・THE BEATLES!! (笑)


今年一年の音楽シーンに於ける最大のトピックって・・・

人それぞれに違うのだろうけれど。


やっぱ! ビートルズの全オリジナル・アルバムリマスター化実現!


これに尽きるのかなぁ・・・(笑)



勿論、今年最大の話題は、AKB48でしょ!! って云う人も勿論、いるわけだろうしねっ。




これまで、ビートルズに関しては真正面から向き合ったことがなかったので、


これを機会に・・・


僕にとってのビートルズとは何だったのか? という


画期的命題!? に、向き合ってみました。







ビートルズとストーンズって、常に比較対象とされてきましたよね。


両者は共にR&Bやブルースを基調とするロックンロールを身に纏いながらも、


後に、決定的な差異が生じる理由があった。




それは、ストーンズがブルースから派生したリフ主体の音楽性であったのに対して、


ビートルズは最初から、まずメロディありき! だったのですよね。

(笑)



だからこそ・・・未だに、


ビートルズは世界中の音楽ファンに語り継がれ、聴き継がれている。



メロディは、人のこころにダイレクトに訴えかけるという永久普遍!? の原則に


貫かれているからなのかな? (笑)




そして、ビートルズの音楽性は常に革新的であった! ということですよね。


冒険を怖れずに、


たとえ無謀だと判っていても、取りあえず遣ってみよう! 


という精神に貫かれていたから。









そして、それを全面的に支えてくれるスタッフにも恵まれていましたよね。


音楽には一切! 口出しせずに、


彼らの創造性を育むためのより良い環境を与えることにのみ、


心血を注いだ・・・



組織に於ける活性化のヒントも実は、そこにあるのでしょうね。


失敗を怖れずに・・・目の前の障壁を壊してゆくことで、


全く新たな地平が開けるという魔法。(笑)




もうひとつは、彼らの音楽が世界中で支持されたということ。



なにを・・・そんな当たり前のことを今更!! と、


云うなかれっ。(笑)




そのことによって、


彼らはとてつもない!! 成功という名の自由を得たから。




その成功を掴むために、


身を粉にして骨身を惜しまずに、全身全霊を傾けて働いた。



その対価として成功を得たからこそ、ツアーを止めて、


人前には一切、姿を見せずに・・・


引きこもって、音楽に没頭することが許される環境を得た。











その事自体に依って、


あの膨大な革新的作品群が生まれたわけだから。





云わば・・・ビートルズはオタクのパイオニアでもあったんだっ!! (笑) 



引きこもりたちにさえ、愛と勇気を与えたんだよね。




I Feel Fine- By The Beatles

The Beatles I Am The Walrus (Remastered)

The Beatles - I'm Only Sleeping [HQ] 1966 COLOR FOOTAGE



詳細を読む »

2009.12.18    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   小沢一郎と亀井静香・・・


内閣支持続落、47%に=不支持3割超す-時事世論調査
12月18日15時12分配信 時事通信

 時事通信社が11~14日に実施した12月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は2カ月連続で低下し、前月比7.6ポイント減の46.8%と、9月の内閣発足以来初めて5割を割り込んだ。一方、不支持率は同7.5ポイント増の30.3%と初の3割台に乗った。不支持の理由に鳩山由紀夫首相の指導力不足を挙げた人が急増しており、米軍普天間飛行場移設問題や2010年度予算編成での新規国債発行額をめぐり、首相自身や閣僚の発言が迷走したことなどが響いたとみられる。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で行った。有効回収率は66.1%。
 内閣を支持する理由(複数回答)をみると、「政策が良い」が14.4%(前月比3.7ポイント減)、「他に適当な人がいない」が14.0%(同0.6ポイント減)。一方、不支持の理由は「期待が持てない」が同4.5ポイント増の15.3%でトップ。「リーダーシップがない」は同10.2ポイント増と3倍超に急増し、14.5%だった。以下、「首相を信頼できない」9.0%(同2.1ポイント増)、「政策がだめ」8.9%(同0.2ポイント減)と続いた。 




政治家に求められる資質とは、


相反する事象を上手く結び合わせて・・・


結果的に、物事が国民の望む方向に回転するように働きかける


調整力だろう。












物事をひとつの側面からしか捉えられないと・・・


大局を誤ってしまう。




鳩山政権の行方を阻む最大のネックも、そこにあるのかな?



物事を調整できる人物が存在しないから。




普天間問題にしろ、景気対策にしろ、



人々がいま、なにを望んでいるのか? それを最大限に考慮したうえで、


大胆な決断を出来てこそ、人心を掌握できるのだろう。



例えば・・・あの田中角栄のように。




今の日本に於ける、最も政治家らしい政治家を二人挙げろと云われたなら、


僕は迷わずに、小沢一郎亀井静香の名を挙げると思う。



この二人は、その取り扱いを誤ると・・・


核分裂を起こし、政界を震撼させる第一類危険物である。

(笑)









だが、同時に・・・


その取り扱いさえ間違えなければ、




確実に、国を救える逸材としての資質、決断力、実行力を備えている筈。




今回の天皇政治利用!? の一連のゴタゴタ騒動に於いても、


全く! 怯まずに、

傲岸不遜ともう云うべき・・・己の信念を貫く姿こそが


政治家としての本分だろう。(笑)





周囲と協調を図ろうとする余り・・・


相手に伝えるべき物事の核心を見誤ってしまうからこそ、


最終的に、誰にも信頼されなくなってしまうのだから。





あのイソップ童話の狼少年のように・・・








[HD] 東京事変 Tokyo Jihen - 能動的三分間 Noudouteki 3 Punkan

スピッツ メモリーズ PV

スピッツ ~ センチメンタル




詳細を読む »

2009.12.15    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   政治主導と云うよりも・・・小沢主導!! (笑)


「日中関係に良かった」=鳩山首相
12月15日19時32分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相は15日夕、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見について「和やかに会談されたことは(日中)両国関係にとって良かった。それが一つの結果だ」と歓迎した。
 会見をめぐっては、政府が宮内庁の日程ルールに反して特例的に実現させ、これに羽毛田信吾長官が懸念を表明するなど異例の事態となったが、首相は「事実だけを受け止めて、そのことによってよしとしたい」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

「信念、間違ってない」=中国副主席の問題で小沢氏
12月15日16時49分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎幹事長は15日、都内で開いた自身の政治資金パーティーであいさつした。出席者によると、小沢氏は天皇陛下と中国の習近平国家副主席の特例的な会見が羽毛田信吾宮内庁長官らから批判されたことに関し、「自分の信念は間違っていない。(羽毛田氏らは)政権交代して政治主導になったことに頭が切り替わっていない」と改めて批判した。 



宮内庁に意見1千件超、羽毛田長官支持が多数

  天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が特例扱いで決まった問題は、「二度とあってほしくない」と苦言を呈した宮内庁の羽毛田(はけた)信吾長官に対し、民主党の小沢幹事長が14日、「辞表を出して言うべきだ」と応酬し、さらなる波紋を広げている。(読売新聞)





そして、天皇陛下のお体がすぐれないと、体調がすぐれないというのならば、それよりも優位性の低い行事を、お休みになればいいことじゃないですか。そうでしょ、わかった?

あのぉ・・・その優位性っていうのは、誰が決めるんでしょかぁ~?
陛下ご自身でお決めになっても宜しいのでしょうか。
(笑)


天皇陛下ご自身に聞いてみたら、手違いで遅れたかもしれないけれども、会いましょうと、必ずそうおっしゃると思うよ。わかった?

それって・・・相手にそう云わせる様に誘導してるわけだからぁ~、ルール違反だよぉおおおおお~!!
(笑)





〔内閣の助言と承認及び責任〕
第3条天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
〔天皇の権能と権能行使の委任〕
第4条天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。










「天皇の政治利用」だとして・・・


騒いでいるのは、マスコミと政治家だけであって、


当の陛下自身は・・・


恐らく、気にも留めないだろうと思うのだ。



何故なら、陛下の人間性は・・・


我々凡人が、到達できないほどに


人としての弛まぬ修練を積んできた故の賜物だから。





我々は・・・自身で自身の“生き方”を選べる幸福を


生まれながらに獲得している。




だから・・・大好きなことに夢中になれる。


だから・・・大好きな人と一緒に人生を添い遂げることが出来る。




でも、天皇は・・・


生まれながらに天皇としての人生を背負わなければならない。





人としての生き方を・・・


人として選択できない不幸。





でも、そうやって全てを受け入れることによって



人の痛みが判り・・・


人の喜びを受け入れ・・・




人の悲しみを共有できるとしたら、






なんて、幸福な人生なんだろっ!!







天皇を政治的に利用しようとしているのは、



寧ろ・・・





常に周囲の喧騒に惑わされ・・・



常に他人の顔色を伺うことでしか、自身の存在意義を確認できない、




我々、凡人なのかもしれないなぁ・・・




(笑)



【詳報】小沢幹事長が反論「宮内庁長官は辞表を・・・」(09/12/14)

Aja - Steely Dan

翳りゆく部屋 (Extended Image Mix) / 荒井由実



2009.12.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   庇護と決別・・・


静かに・・・



ゆっくりと、緞帳が上がる。







あの夜・・・





あなたに魂を奪われたわたしは、






その瞬間から、


あなたの虜。





あなたが教えてくれた甘い蜜の味。


それは・・・自由と繁栄という名の


素敵な媚薬だった。









夜毎、



懶惰と快楽の幻想に酔いしれながら・・・





いつしか、

わたしはあなたの元を離れられなくなっていた。






でも、決心するわ。





・・・あなたの庇護はもう、受けないと決めたの。


誰ひとり・・・わたしを護ってくれる人がいなくなっても。









戦争反対!


憲法9条!


護憲!






核兵器の廃絶!



友愛という名の絆・・・




正義という名の大儀(厄介!)・・・




でも・・・もう沢山。




どうか・・・二度とわたしの後を


追わないでください。




もしも・・・


もしも、もしも、もしも、もしも、もしも、もしも、もしも、もしも・・・


万が一、万が一にもよっ、


もしも、もしも、もしも、もしも、もしも、もしも、もしも・・・


もしもっ!!


あなたが、

わたしをもう一度、縛りつけようとするなら・・・





あのひとに頼んで、



もう一度・・・嵐を起こしてもらうわっ!!





そう・・・粉々にしてっ、




この私を・・・粉々にして!!







♪嵐を起こして すべてを壊すの・・・




Steely Dan- Do It Again

Steely Dan-Rikki Don't Lose That Number

工藤静香 嵐の素顔








詳細を読む »

2009.12.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   どっちも真実っ!!


人間って、



素直なとこもあれば・・・

ひねくれたとこもある。











昨日は・・・戦争を否定して、



今日は・・・戦争のおかげで人類は繁栄したんだと信じる。




昨日は・・・アメリカのおかげで、今の私たちの繁栄がありますと


感謝して、





今日は・・・アメリカのおかげで、この国は駄目になったんだと叫ぶ。




でも、そのふたつをこころの天秤に掛けても、



目盛りは・・・左右に振れる。



どっちも、真実!! (笑)











戦争は必要悪だからと諭して・・・




基地の騒音ぐらい我慢しろ! と、叫ぶ。








でも、

核兵器のおかげで世界は歪んでしまったから、



世界から核を廃絶するんだ! と、叫ぶ。










そのふたつを天秤に掛けてみた。




やっぱり・・・どちらにも振れる。





どっちも真実!! だから。







泉谷しげる おー脳


泉谷しげる ひねくれ子守唄








詳細を読む »

2009.12.10    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   想いは・・・ゆるやかな大河になる!!


12月6日付 編集手帳

 小学4年のその女の子は生まれつき左足がない。幼い新入生たちが義足を見て、「偽物の足だ」と心ないことを言う。彼女は当然、傷つき、担任の先生に相談した◆そこからの先生の対応と、少女の勇気が素晴らしい。先生は「1年生に足のことを話してみようか」と提案する。少女はそれを受け入れて1年生の教室を訪ね、目の前で義足をはずして、足がない理由や自分の気持ちを自然体で説いた◆障害者週間(3~9日)に合わせて内閣府が募集した「心の輪を広げる体験作文」の小学生部門で、総理大臣賞を受けた作品のあらすじだ。自らの体験をつづったのは熊本県の南阿蘇村立久木野小学校4年、藤崎未夏さん◆紙幅の都合で一部しか紹介できないが、首相官邸のホームページで鳩山内閣のメールマガジン第9号を開くと、未夏さんのメッセージとともに全文へのリンクがある◆審査員の一人として作品を読ませてもらった。自我が育つ時期に、良き先生に出会えた未夏さんと1年生たちの何と幸せなことか――そんな思いを抱きつつ最優秀作に推した。全員一致である。多くの人に読んでいただきたい。


(2009年12月6日01時15分 読売新聞







あの時、会ったらいきなり“おまえ、手が悪いんだってなあ。今日は何だ、身障者の集いか?”だもん。そりゃ泉谷さんの場合は10年やってきてるからね。別にあれだけど。俺なんか今別にさ・・・・

“ま、いいからいいから・・・(喋ったほうが)楽になるから・・・”だもんね。どうもね(笑)。
(SION談)





だれかに、話すことで・・・楽になれる! ことがある。



 五月に運動会の練習が始まりました。体育館での練習の時、半そで半ズボンにはだしでダンスの練習をしていました。半ズボンだったので、義足をはめた足が目立っていました。その時、一年生が何人か集まって、「にせ物の足だ」と言いました。私は、すごくいやでした。今までも、同じような事を言われてきたからです。だからいつも足が見えないように、長ズボンばかり着ていました。そして、いろいろ言われるのがこわくて、にげるように義足をかくしていました。本当は、何を言われても気にせずに、どうどうとしていたいと思っていたけど、その勇気がありませんでした。だから「にせ物の足」と言われた時も、がまんしていました。

(2009年12月10日読売新聞社会面記事より抜粋)




だれかに、話すことで・・・




心の中でせき止められていた想いが



溢れ出して・・・


 授業が終わり、担任の先生に相談しました。先生は、「一年生に足の事を話してみようか」と言いました。私は、みんなの前で話せるか、自身がなくてまよっていると、先生が、「話してみようよ」とはげましてくれました。

 一年生教室に話しに行きました。三人の友達が、一しょに来てくれました。一年生は、私の話を、「すごい。」と言って聞いていました。その後、みんなの前で義足をはずした姿を見せました。一年生は、びっくりした様子で私を見ていました。その時私は、「やっぱりここでやめようかな」と思いました。でも私は、勇気を出して見せたり、質問をうけたりしました。

(2009年12月10日読売新聞社会面記事より抜粋)






とってもとっても、大きくて・・・




緩やかなこころの大河となり、


 一年生に、義足の事を分かってもらうために、話をして、いやだった事とか、分かってほしいこととか、自分の気持ちを伝えられたし、一年生の気持ちもよく分かったのでよかったです。これからは、「にせ物の足」と言われないと思うと「ホッ」としました。
 勇気を出して話をしたことで、少しずつ自分の気持ちが変わりました。いやだった半ズボンやスカートがいやじゃなくなり、どうどうとできるようになりました。



 今では、一年生とも仲良く遊んだりしています。だれも「にせ物の足」と言わなくなりました。


(2009年12月10日読売新聞社会面記事より抜粋)










やがて、青い海と空に・・・




ぼくらは、包まれる!!



(笑)




Knock On The Heart - SION

人として 海援隊




詳細を読む »

2009.12.06    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   螺旋は美しい・・・


昨日は、雨が降って・・・



道路は、大混雑。



駅のバス・ターミナルには、家路を急ぐ人々の行列。 



 M-161




その行列は・・・



まるで、出口の見えない螺旋のよう。



ぐるぐるぐるぐる・・・いつのまにか複雑に入り組んで、



一体、最後尾はどこなんだろ?



って。(笑)


M-162




http://www.youtube.com/watch?v=tMZSD0yJaXU&feature=related

JAM
(作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
NHK『ポップジャム』エンディングテーマ。ハ長調で構成されており、歌詞のメッセージ性が強く、特に曲終盤の「外国で飛行機が墜ちました〜」以降の部分は様々な雑誌媒体などで取り上げられる。また、その部分は当初メロディーが作られておらず、本番にアドリブで歌われた。しかし、吉井本人は本当に伝えたいメッセージはその後の「こんな夜は逢いたくて」以降の方が大切であると言った趣旨のことを語っている。ワンテイクのものが採用されたが、最後の1フレーズで吉井が感極まって詰まってしまったため、そこだけ歌い直している。解散後に行われたORICON STYLEの人気投票で第一位となった。
ウイキペディアより抜粋)







でも、やがてバスが遣ってくる。




みんな、ホッとして幸せな家路へと、急ぐ。





Tactics
(作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
フジテレビ系アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』エンディングテーマ。同アニメの海外版ではレックス・ラングにカバーされている。元々は『FOUR SEASONS』の4トラック目に収録されている楽曲であったが、タイアップの影響もあり、両A面扱いで収録された。

ウイキペディアより抜粋)






ある人が云う。





散らない花はないけれど、

花は咲き続けるだろう。




・・・なんて美しいことばだろう。






よく螺旋って、出口の見えない比喩として使われるけど、



歩いていも歩いても・・・



只、ぐるぐると、堂々巡りしているだけのように思えたとしても、



確実にどこかへ向けて、進んでいるわけだからね。



にんげん、思考に行き詰まったときは




必ず・・・原点に戻ってる。




振り出しに戻っているような錯覚も・・・




実は、すべてが明日へ向かうための




経験という糧だったりする? (笑)







JAM THE YELLOW MONKEY

TACTICS THE YELLOW MONKEY












詳細を読む »

2009.12.03    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   THE YELLOW MONKEY 『PUNCH DRUNKARD』・・・


『PUNCH DRUNKARD』(パンチドランカー)は日本のロックバンド、THE YELLOW MONKEYの7枚目のオリジナルアルバム。1998年3月4日にファンハウスよりリリースされた。

3作連続のオリコンアルバムチャート1位を獲得。
前作『SICKS』よりも洋楽を意識し、ライブ感を重視した音作りになっている。
レコーディングは前作、前々作同様、ロンドンで行われた。吉井は自身の自伝にて、世田谷のスタジオで録ったデモテープのほうが出来が良かったと語り、ロンドンではデモのような音が出ずに苦しんだと回想している。
このアルバムを引っさげて、1998年4月から1999年3月にかけて113本にも及ぶ「PUNCHDRUNKARD TOUR」を行った。
『SICKS』に続きイギリス盤がリリースされた。ボーナストラックとして「SUGAR FIX」(「甘い経験」のイングリッシュ・バージョン)が収録されている。

ウイキペディアより抜粋)



M-159





ボクシングというスポーツは、互いが渾身の力を込めて



互いの肉体にパンチを打ち込む。



予め、定められた制約の中で・・・





それによって蓄積される肉体的ダメージは、



恐らく計り知れない。



それでも、何故人は戦うのか?



M-160




もしかしたら・・・



一発、一発、パンチを打ち込むことで



自身が抱え込んでいる様々な情念を燃やし尽くして、



捨て去るのかもしれないね。





だからこそ・・・



すべてのラウンドを終えて、精根尽き果てたときには、



互いの肉体を通じて、互いの魂が浄化される。













イエローモンキーが



1998年にリリースした7thアルバム『PUNCH DRUNKARD』。



このアルバムに於ける、



余計な贅肉をすべてそぎ落とした・・・



まるで試合を控えたボクサーが



厳しい減量に挑むかのようなストイックなグルーヴ!? は、



ある意味、その後の、



バンドの辿る結末(終末?)を予見させるものだったかも・・・












The Yellow Monkey - BURN


The Yellow Monkey - 離れるな








詳細を読む »


Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog