プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
知りたくないことや、知らずに済めばいいこと、生きていれば いろいろあるよね Jun 27, 2017
この世の中に、 裏表のない人間など果たして存在するだろうか? Jun 26, 2017
生き方は自分で選べる。人と較べるよりもあなたはあなたの生き方を貫こう Jun 25, 2017
どんなに離れていても互いの心はいつも寄り添っている Jun 24, 2017
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017

2009.10.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   とっても・・・情けなくて、とっても・・・素敵なロックンロール・バンド!!


フラワーカンパニーズ




バンド結成から20年を迎えるも・・・

未だ、一度も大ブレイクしたこともなく、




それでもバンドに拘り続けてきた4人組。




http://www.youtube.com/watch?v=YEiCOKJMc24




僕の記憶では・・・


過去に一度だけ!

ブレイク寸前を迎えたことがあったっけ・・・


あれは、アルバム「マンモスフラワー」リリース直後かな?

頻繁にメディアにも登場し、

なんと! NHK「ポップジャム」にも出演を果たした。




でも、それから幾多の



紆余曲折を経るも・・・




http://www.youtube.com/watch?v=FwGzkmoYkio&feature=related





ついにメジャー契約も失い、




それでも日々、ライヴを続けることで

世の中にじわじわと・・・





浸透してゆく。




どんだけ・・・夢に裏切られても、


それでも、






ロックンロールを諦められない!!


とっても情けなくて、


とっても素敵なおとこたちっ。






・・・



恋をしましょう フラワーカンパニーズ

冬のにおい フラワーカンパニーズ






詳細を読む »

2009.10.27    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   パソコンの不調から・・・脱出!?

最近・・・


パソコンが不調を来たす場合が頻繁になってきた。


(自業自得なんだけど・・・)





ついに、自身の手に負えなくなり

再セットアップを試みた。



ところが、電子メールの設定がどうしても

うまくいかないっ。



どうしよう・・・




たまたま先日、

妹が自宅のリフォームのため、

こちらへ暫く滞在することになり、


「実は・・・」と、設定の不備についての問題点の解明を


依頼したのだが・・・

(そんな大げさなもんではないけど)




じっと・・・パソコン画面を睨みながら


チェックした後に、一言っ。



「あっ・・・わかんないやっ。

わるいけどカスタマーサポートに電話して訊いてみてっ?」



・・・








The Chemical Brothers -「Let Forever Be feat. Noel Gallagher」


詳細を読む »

2009.10.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   僕の明日は・・・いまどちらの方角にいるんだろ?


政府、緊急対策を正式決定 雇用効果10万人

 政府は23日午前、緊急雇用対策本部(本部長・鳩山首相)の会合を開き、2010年3月末までに10万人程度の雇用下支えと創出を目指す「緊急雇用対策」を正式に決定した。年末に向けた雇用情勢悪化に備え、ハローワークで生活保護手続きなど複数の制度申請ができる「ワンストップサービス」を実現することなどを盛り込んだ。

 今回の対策に必要な財源は、2009年度補正予算の雇用関係基金の前倒し執行や使途見直しなどで対応する。ただ、首相は会合で「来年になれば、予算も含めた中での雇用対策もさらに必要になってくる」と述べ、09年度第2次補正予算や10年度予算で追加対策に着手する考えを示した。

(2009年10月23日 読売新聞)




国が雇用対策に本腰を入れて、

新たな雇用の創出に取り組むという。




でも・・・そこに知恵と労力を注ぎ込んだとしても、


最終的に、

人と人の繋がりを生み出す元は信頼関係だと思う。



人と人の間の信頼関係が崩壊したから、人は人を信じられなくなった。





僕が20代の頃は・・・


世の中の流れが押し並べて緩やかだったのだろう。




雇用する側と雇用される側に信頼関係があったからこそ・・・


過去の履歴に拘らず人材を採用することで、




その人材をじっくりと・・・時間を掛けて


育てていく土壌があったと思う。










人と人の繋がりと云う・・・

世の中の成立ちに於ける源泉が、



あまりにも等閑にされ過ぎてしまったのかも?













亀井金融相の発言が・・・


また思い出される。



People In The Box - はじまりの国

Superfly やさしい気持ちで PV






詳細を読む »

2009.10.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   明日を生きよう・・・


香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”
10月17日7時2分配信 スポニチアネックス

 演歌歌手の香田晋(42)が16日、都内で会見し、8月中旬に元OLの夫人(35)と離婚していたことを明かした。原因は自身の「言葉の暴力」と言い、「かみさんに愛想を尽かされて」昨春に離婚を切り出された。子供2人の親権は香田が持った。仕事で家を空けることも多いため、夫人の母親(61)が同居して育児をサポートしているという。

 「仕事のストレスのはけ口がかみさんに向かってしまった。怒鳴ったり、優しくできなかったり…。そういう空気が子供たちに伝わるのは良くないと、離婚しました。僕が悪い」。努めて明るく振る舞おうとしたが表情は曇りっぱなし。「できれば(夫人に)帰ってきてほしいと思っている」と本音も漏らし、後悔の念をにじませた。

 音楽市場が不況で、特に演歌歌手にとっては厳しい時代が続く中、05年からフジテレビのクイズ番組「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演し珍回答を連発、おバカタレントとして人気になった。「バラエティー番組でわーっと明るく振る舞う分、家では疲れてしまって。そういう時に言葉の暴力が出てしまった」。夫人が用意した離婚届に判を押し、8月中旬に夫人が役所に提出した。

 00年には横浜市内にマンションを25年ローンを組んで購入。仕事で活路を見いだし、ようやく返済も軌道に乗ってきたと思われるタイミングで、くしくも大切な人を失ってしまった。




普段・・・演歌など聴かない僕が

どうしてこんな記事を!?



いや、どうしてもシンパシーを抱いてしまうから。












香田晋に関する僕の中のイメージは、

バラエティでのあの・・・おバカキャラに代表されるような

真っ正直で嘘がつけない男。



彼が、高校生の頃にやんちゃ! の限りをつくしたのは

有名な話らしい。


酒も女も博打も遣りたい放題!!


・・・




人間は、常になにかを抱え込んで生きている。

だから、

吐き出さないと遣り切れない。


たとえ、それに依ってどれだけの人間に迷惑が及んだとしても・・・




あとで振り返れば、すべて必要だったと

思えるのかもね。


物凄く、勝手な論理だけどさ。(笑)




幸せのレールの反対側には常に絶望のレールが横たわっていて、





気付かぬうちに、



そっちのレールを走っている。




猛スピードで・・・




しかもそういうときに限って! ブレーキが利かないんだよね。






ロックンロールっていう音楽は、

いつも希望の裏側にある絶望を見据えてきた音楽だと思う。



そして同時に、だからこそ!



あの塀の向こう側に降りてみたい! と切望する音楽でも在るのだよね。

 





子供の頃は、とにかく・・・

泣いたり、笑ったり、転んだり、すべったりしながら


この世の息吹をおもいっきり! 吸い込むこと自体が


とっても素敵な勉強なんだ、


きっと。



それを・・・今の子供たちはバーチャルでしか体験できないとしたら、



とっても不幸。




なのかな?



心のきず 香田晋



詳細を読む »

2009.10.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   リアム・ギャラガー「オアシスは終わった」


リアム・ギャラガー「オアシスは終わった」10月9日13時46分配信 BARKS


兄ノエルがバンドを脱退して以来、沈黙を守ってきたリアム・ギャラガーが、『The Times』紙のインタヴューに答え「オアシスは終わった」と宣言した。

リアムはこう話した。「オアシスはもうない。みんな、わかっているはずだ。これまでだ」「間違いない。残念だ。でも、それが人生だ。俺ら、よくやったよ。オアシスは誰かがってんじゃなく…、俺らがオアシスを終わらせたんだ。誰かが俺らのために終わらせたわけじゃない。それって、まあクールだよ。俺はいま音楽的に次のステップを考えている。いま頭の中にあるのはそれだけだ」

ツアー中に起きた兄弟ゲンカが元となりノエルが脱退したわけだが、リアムはオアシスのツアーについてこう思い返している。「いつも、スゴク楽しかった。俺はいつも楽しんでた。だから、俺にとってハードー・ワークだったことはなかったよ」

ファンには悲しいオアシス終結宣言だが、リアムは「みんな、あいつ(ノエル)のレコードを買える。俺らのレコードも買える。だから、みんな、ハッピーだ」と話した。そして、「そのうち、(ノエルとの)関係も変わるのではないか?」との質問に「その通りだ!まだまだ先の話だがな。でも、そうかもしれないな」と答えた。

リアムは10月、彼のファッション・ブランドPretty Greenから初のフル・コレクションを発表。音楽とファッションは彼にとって「全く同じレベル」にあるという。「だから、死ぬその日まで俺は音楽をやり続ける。そして死ぬその日までこれ(ファッション)もやる。できることならな」

Ako Suzuki, London












僕には、妹が一人いる。









兄妹って、


やっぱり、大変・・・



この世にたった二人きりの兄妹。



だからこそ・・・離れられない。



でも、一緒に暮らしていると、


他人と暮らすよりも・・・


大変なのはどうして?





他人同士なら、元々互いの価値観の違いさえ

了解しあえば・・・


それで、OK。



互いが互いに干渉しあわなければいいのだから。








ここから先には踏み込まないようにしよう!


とか。






でも、兄妹の間では遠慮が介在しない・・・



互いの本音がぶつかり合えば、



死ぬまで・・・しこりとなって根を張ってしまうかもしれないのだから。



M-151




オアシスが解散の危機に瀕しているらしい。


ノエルが脱退を表明し、


拠って・・・バンド自体の存続が危ぶまれている。


これまでにも散々、兄(ノエル)と弟(リアム)の不仲説が

流布されては来たけれど・・・




今回はかなり深刻?











いまでも、たまに妹と会うけれど・・・




互いの価値観の相違は、



埋めようが無い。



そう・・・子供の頃の無邪気な関係には


永遠に戻れない。



いつも、

僕の後を・・・




嬉しそうに追い掛け回したみたいにね。



Oasis - Whatever - Promo Vid

Oasis - Acquiesce (Live in Manchester)



詳細を読む »

2009.10.13    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   子供の体力回復基調、でも19歳はさっぱり


子供の体力回復基調、でも19歳はさっぱり

 「体育の日」を前に、文部科学省は11日、2008年度の体力・運動能力調査の結果を公表した。


 子供の体力は前回調査に続いて回復基調を示しており、下降線をたどっていた子供の体力が上向いている実態が鮮明になった。一方、小中学生のころ体力がなかった世代は、大人になってもほかの世代より体力が乏しいことも分かった。

 調査は1964年度から毎年行われ、今回は昨年5月~10月、6歳から79歳の男女約7万人を対象に実施された。

 子供の体力は、最も高水準だった1985年ごろには及ばないものの、08年度までの10年間の傾向を見ると、8種目で調査した11歳(小6)では男子が上体起こしなど3種目、女子が反復横跳びなど5種目で向上。9種目で調査した13歳(中2)でも男子5種目、女子6種目で向上するなど、小学校高学年以上は体力が回復する傾向を示していた。同様の傾向は前回調査(07年度)までの10年間でもうかがえ、子供の体力が回復基調にあることがより明確になった。

 今回の調査では、子供の体力低下が著しかった2000年前後に小中学生だった19歳について、35歳、50歳の人が19歳だった時のデータと比較したところ、男子の持久走(1500メートル)でタイムが26~34秒遅いなど、今の若者の方が体力がない傾向がうかがえた。

 35歳と50歳の人は、それぞれ子供の体力が向上していた70年代、ピークを迎えた80年代に小中学生だった世代。子供時代の体力水準が大人になっても影響していることが裏付けられた。

 体を動かすことに親が積極的であるほど、子供の体力向上につながることが日本学術会議の提言で指摘されており、順天堂大学の内藤久士教授(運動生理学)は「自分の体力向上に不熱心だった若者が親になれば、体力のない子供を再生産しかねない」と話している。

(2009年10月12日01時56分 読売新聞




以前にも書いた記憶があるのだけど、

僕は歩くのが好き。


何故なの?



M-148




歩くのは・・・

自分のペースだから。


そして、

歩くことは、街の営みや大地の息吹を

肌で感じることだから。



それは、インスピレーションの喚起に繋がる。


頭の中をクリアーにして・・・


そこに様々な色彩を塗りこめて行く。



M-149





部屋に閉じこもって模索することも

勿論、大事。


でも、同時に・・・


外へ飛び出して、


刺激を受けることも大事。




(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=aR75XkHN3_s







部屋の中に閉じこもって・・・


いつもなにかを空想している子供が


将来、犯罪者になるか、

それとも・・・ロック・スターに成るか?



それは・・・誰にもわからないし、


誰にも予測できない筈。


http://www.youtube.com/watch?v=isNMMS_SNRw&feature=related



だから、

人生はおもしろい。







結局・・・それかいっつつつつつ!!



(笑)


ap bank'09@矢沢永吉-止まらないha~ha

ap bank'09@矢沢永吉-アリよさらば




2009.10.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   こころの雫は・・・あなたの幸せ? 


生活保護、最多の114万世帯…雇用悪化で

 2008年度の生活保護世帯数(月平均)は、前年度比4万3491世帯(3・9%)増の114万8766世帯となり、8年連続で過去最多を更新したことが7日、厚生労働省の「社会福祉行政業務報告」で明らかになった。


 同省保護課は「雇用情勢が悪化し、失業者が増えたことが大きな要因ではないか」と分析している。生活保護世帯数は16年連続の増加。被保護者数も13年連続増加となる159万2620人だった。

(2009年10月7日22時44分 読売新聞








アエラ最新号に、勝間和代と香山リカの対談が掲載されている。












資本主義と云うのは、誰もが上を目指すことで、結果的に社会が潤うということだったのだ、きっと。

でも、そこには異なる価値観の衝突と云う形で、必ず弊害と云う落とし穴が出来る。


そこに堕ちたら、

這い上がるための争いがまた起きてしまう。




あの天から吊り下がる蜘蛛の糸に群がる、亡者たちの争いのように。



這い上がる幸せと・・・


そこに安住する幸せ・・・



そんな異なる価値観を代表する! ロールモデルとしての・・・


最も旬のアイコンがこの二人だったのかな?

(笑)

たしかに人は生きている限り、争いから逃れられないかもしれない。


でも・・・

争いに依って振るい落とされた人たちを、


真摯な姿勢で受け止めるのが社会なのですよね。




世の中・・・YAZAWAとイチローとカツマーだけになったら、とっても窮屈!!

だから、噺家のように

「世の中、ついでに生きてます」という人たちが必要になるっつつ。(笑)




いつかも、話したかもしれないけど・・・



幸せの定義って、

100人の異なる価値観があれば、


その価値観に沿った100通りの幸せの形を選べる社会こそが

健全な社会なのかな?




カツマーみたいな生き方を否定せず、


尚且つ・・・ささやかな幸せを選ぶ権利も認める社会こそが、





究極の幸せの形? (笑)



疲れたら、ゆっくり休んで・・・




のんびり、景色を眺めることも必要。












そして、また歩き出す(走り出す・・・)。



山口百恵 プレイバック Part 2

サクセス / ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンド



詳細を読む »

2009.10.04    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   日々・・・泡立つ





新聞のコラムだったかな?


その内容は、命の重さをどうやって伝えたらいいだろう・・・


と、云うテーマだった。




学校の授業の一環として、子供たちが子豚を飼うことになった。

勿論、最後にはみんなでその肉を

食べるという条件の下に。




でも、いつしか育てるうちに・・・

親愛と云う名の“情”が互いの間に育まれて、



それは、



静かにゆっくりと・・・


こころの脈を通じて、染みとおってゆく。



最後には、その子供たちの間で、「食べる」「食べない」の


激論になった。


・・・僕が教師だったとして、その子達にどんな結論を述べられるのかな。





「ひとは魚や獣を食べることに依って、生活できるんだよっ」


「だから、その肉を食べることが生きものたちへの供養になるんだっ」





「じゃっ、戦争は?」


「生きるためには人を殺しても罰せられないの?」



「・・・」












スマトラ島沖地震で沢山の人命が、瓦礫の中に埋まってしまう。


助けを求めても、そのまま・・・命を失ってしまう者と、



奇跡的に助かる者・・・



それを振り分けるのが

運命と云う眼に見えない定め?



だとしたら、


人間なんてほんとにちっぽけで、無力かもしれない。






たとえ、大自然の営みの中では、


限りなく無力だとしても、



助かる命を、


一人でも多く救ってあげたいと・・・



懸命に救助活動に赴く人が居る。








そして・・・僕のように



日々の情報の中に埋もれて、



いつしか命の重みさえ感じられなくなってしまう者がいる。



時には母のない子のように/カルメン・マキ

thee michelle gun elephant 「girl friend」


詳細を読む »

2009.10.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   音楽を聴くのに理由は要らないから


人間と云う生きものは、非常に厄介で・・・




なんでも理由付けしないと、



自身の中で消化(昇華)出来ないらしい。





ベルセバの音楽は、


雨に日に、子供たちを前と後ろに乗せて、


一生懸命・・・




自転車のペダルを漕ぎながら、



坂道を登ってゆくおかあさんみたいだねっ!


とか。














或いは、ソニック・ユースの音楽は・・・



立川談志のように、


人間のどうしようもない業を、ノイズで埋め尽くすことで


肯定してしまう音楽だ! 


・・・とか。











でも、



音楽を聴くのに・・・理由は要らない。




あなたが、悲しいときも



嬉しいときも・・・




そばに・・・黙って、寄り添っているから。









Belle and Sebastian Trees and Birds

Sonic Youth-100%






詳細を読む »


Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog