FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
あなたもわたしも・・・ひとりの傷つきやすい人間だ。 May 27, 2020
この世界を変えたいなら、愛と笑いで包み込め・・・それが僕らの無血革命!! May 25, 2020
コロナは・・・様々なアートに触れる機会を僕らに与えてくれた。きっとあいつもさびしがりやなんだね。 May 23, 2020
暗闇の中を僕らはまた手探りで進むだけさ。そしてまた何かを手にするために!! May 20, 2020
僕らの祈りは続く・・・きみがあの眩しい笑顔を取り戻すその日まで!! May 17, 2020
 全1ページ
このページのリスト

2009.09.21    カテゴリ:  原田真二 

   表現とは・・・なんだろう?


原田真二の、



記念すべきデビュー・シングル





「てぃーんずぶるーす」
(作詞、松本隆 作曲、原田真二)











彼が以前



インタビューで語っていたが・・・





元々、この曲




へヴィーで苦いメッセージを


含んだものだったそうだ







ところが、デビューに際して




「こんな暗い曲じゃ、売れない!!」と、



レコード会社が判断したのか・・・





結果的に、



ポップなオブラート!!(薬じゃないよっ) に




包んだ曲としてリリースされた。





と、云うような話を聞いた覚えがある









だが・・・




ライヴに於いては、





あくまでもロックンロールとして演奏された





これこそが、




彼自身の拘りだったのかもしれない






ポップなアイドルと云うイメージ



受け入れながらも






奴の魂だけは・・・





どうしても自身を裏切れなかった





その後・・・




彼は自身のアイデンティティー(主体性?)




取り戻すべく





自身のバンド「クライシス」を結成して・・・





アイドルからの




決別を宣言するに至る







もしも・・・



デビューに際して




この三つのヴァージョンを収録した


マキシ・シングル
という形で



リリースしていれば、






その後



彼自身のアーチストとしての展開は・・・





まったく!


違っていたのだろうか?






例えば、ビートルズの「レボリューション」みたいに


「TEENS BLUES 1(ノーマル・ヴァージョン)」
「TEENS BLUES 2(ロックンロール・ヴァージョン)」
「TEENS BLUES 3(オルタナティヴ・ヴァージョン)」





・・・(笑)




現在では、




どんなアーチスト




レコード会社に束縛されずに・・・




自由な形態で自由な表現が許される






本来なら・・・




これこそが当たり前の姿なのだろう








きっといつの時代も未来を切り開くのは






この地平の向こうへ辿りつきたい!!という、






無垢な魂なんだね。






原田真二 てぃーんずぶるーす.wmv

TEEN'S BLUES ( Rock Version) -HARADA SHINJI

TEENS BLUES / SHINJI&CRISIS











Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog