プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
貴方の心に辿りつきたくて・・・今日も また日が暮れる Apr 27, 2017
心はいつも 君と共に!! そんな素敵な嘘を僕等は一生賭けて信じ続けるのさ・・・ Apr 26, 2017
おれはおまえと出会えてうれしいんだ。 さぁ、なにから話そうか? Apr 25, 2017
脱原発というメッセージは、異なる価値観を越えて、今日を明日に繋げるという事だよね!! Apr 23, 2017
待っててね。僕も今すぐ!! きみという名の希望の光を追いかける・・・ Apr 22, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  どんな偉いひとよりも・・・   夜は・・・静かに舞い降りてくる   爆発してる?   ORIGINAL LOVEを聴きながら・・・   ぼくらは・・・与えられているから!   「涙がこぼれそう」  THE BIRTHDAY   ヒロトとマーシーの至言に・・・また救われる(笑)   彼女は・・・DRUMMER!   「てぃーんずぶるーす」を聴きながら・・・   アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究
2008.10.14   カテゴリ:《 ポップス 》
  「THIS LOVE」 アンジェラ・アキ   BLANKEY JETCITY という名の・・・
2008.10.08   カテゴリ:《 映画・文学 》
  緒方拳・・・逝く   ぼくらは・・・Slipknotを必要としてる!   清原和博という・・・男気!   ミクシィへの招待を受諾した理由・・・   生きていくのが嫌になったから・・・ひとを殺めるのかい?

2008.10.30    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   どんな偉いひとよりも・・・


少子化・・・


少子化・・・



と、云うけれど、



街には、こどもたちやおかあさんが溢れている。









自転車の前と後ろに



子供たちを乗せて走る光景はあたりまえ。




目の前を通り過ぎて行く・・・




子供たち4人!?を乗せて(3人だったかな・・・)




走る・・・




おかあさん。











もしもバランス崩したら・・・と、




ひやひやするけれど。




こどもたちの未来を





しっかりと支える、おかあさん。









その眼で・・・



素敵な未来を見つめてる、おかあさん。





どんな偉い先生や・・・




どんな偉い政治家や・・・




どんな偉い科学者よりも・・・




あなたは、素晴らしい(笑)。










The Jam   「In the City」

The Jam  「 david watts」

グラスオニオン&原田真二 「March」







2008.10.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   夜は・・・静かに舞い降りてくる


いま、


この瞬間も、


世界中で
さまざまな夜が
明日へ向かって
突き抜けようとしているんだろう。






きみのために・・・


なにひとつ出来ることがない僕。






でも・・・


今夜一晩だけ!


きみとダンスホールで踊ることはできるから。









一緒に・・・


突き抜けよう!








このまま・・・







The Pogues   「If I Should Fall from Grace with God」

Jonathan Richman  「 I'm So Confused」

Soul Flower Union  「風の市」










2008.10.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   爆発してる?


爆発する瞬間を・・・




楽しめる人は、





いつまでも・・・




無邪気なままでいられる。










爆発する瞬間を・・・





恐れない人は、





いつまでも永遠を求める権利がある。











爆発する瞬間のときめきを楽しめる人は・・・




いつまでも・・・





愛する瞬間を慈しめるひとだっ。


(笑)







ドキドキワクワクは





未だ、終わらない・・・








Chuck Berry & Keith Richards 「Oh Carol」

Chuck Berry  「Johnny B. Goode」

The Who 「See Me, Feel Me」 Rock Odyssey 2004 Yokohama









2008.10.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ORIGINAL LOVEを聴きながら・・・


妹が結婚して間もない頃、




ふたりが当時、




居を構えていた小さな“愛の巣”に




招待されたことがあった。




もんじゃ焼きを喰いながら・・・




鹿児島産の焼酎を呑んで・・・




僕の持ってきたORIGINAL LOVEのCDを聴いた。









あんなに素敵な夜は実に久しぶりだったのだ。





妹の伴侶は・・・




ほんとに素敵なひとだったのだ。




やがて時は移ろい、





僕も妹も・・・いろいろあった。





ほんと。





それでも・・・




時は、ただ過ぎてゆくのみ。




しらぁ~っとした顔してさっ。








そう・・・





幸せの基準なんて、誰にも決められないのだから。










どしゃ降りに振られることがあっても



・・・




いつか、また・・・




ぼくらは太陽に出会えるからね。





そう信じようっ。










夜をぶっとばせ

原田真二 「Shadow Boxer」

ザ・モップス - たどりついたらいつも雨ふり









2008.10.25    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ぼくらは・・・与えられているから!


ぼくらは・・・




与えられている。




だから、




ぼくらはなにがあっても





受け止める。










ぼくらは・・・





与えられている。





だから、





神から投げられたボール(いのち)は





真正面で受け止める。












ときどき・・・脅える。




ときどき・・・泣きたくなる。




ときどき・・・怖くなる。





それでも受け止める。






なぜなら・・・生かされてるから。











そうだね。






ぼくらは、生かされてるから。





(笑)








UNICORN 「与える男」

UNICORN featuring 坂上二郎 「デーゲーム」

UNICORN  「 すばらしい日々」










2008.10.22    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「涙がこぼれそう」  THE BIRTHDAY


大丈夫。




いつか・・・




ぼくはきみを忘れるから。





大丈夫。




もう・・・





きみはぼくを忘れるから。





でも・・・





きみがぼくを忘れれば、










いつまでも・・・




いつまでも・・・




きみのことを素敵だと思えるはず。





それは・・・





すこしも





わるいことじゃない!(笑)








The Birthday - 涙がこぼれそう










2008.10.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ヒロトとマーシーの至言に・・・また救われる(笑)


久しぶりに・・・本屋で立ち読み(笑)。



「音楽と人」最新号。



表紙はザ・クロマニヨンズだぁ~。



しかも、巻頭インタビューだぁ~。






パラパラと・・・拾い読み。



でも、気が付いたらいつも・・・



ふたりから、元気をもらってるじぶんに気付く(笑)。



そう、彼等はいつも



インタビュアーを煙に巻くことを楽しんでる。




むずかしいことなど、ひとつも云ってないのに。



どうして・・・



言葉の端々から



あんな素敵なオーラが発するのだろう?



謎だっ!




ひとがひととして生きていくうえでの原理原則を



サルの論理! で語ってるだけなのにね。



これをこうしたら・・・



こうなるから・・・



こうだろ?



これをこうすれば・・・



もっと! こうなって楽しいだろ?




みたいな(笑)。



至言、其の壱。



「なんとなく楽しければいいじゃん!」



そうなんだっ。



だって・・・そのためにひとは生きてるんだもんね。



至言、其の弐。



「いつも、アナーキーでいればいんだよっ!」



アナーキーと自由は、違う。




だれかを傷つけて知らん振りして・・・



手にするのが自由ではないから。




ひとを許してあげられる優しさ。




それは寛容ともいう。




自分自身がいつも・・・優しい気持ちでいられたら



それは、もう! 楽しく生きる真理を



手にしたのと一緒。




そうすりゃあとは・・・




好き勝手(アナーキー)に遣ればいいんだょ(笑)。




じぶんが楽しむためにねっ!








そのための魔法の呪文が一つだけある。




「おれは最高なんだっ」って思い込めっ。









そうやって、人生をなんとなく・・・




楽しんで生きていこう。




ありがとう!



ヒロト、マーシー・・・



きみたちはやっぱり、最高だっ(笑)。






ザ・クロマニヨンズ - キラービー -- (Killer Bee) RISING SUN ROCK 2007

キャロル 憎いあの娘

矢沢永吉 Eikichi Yazawa  若い広場








2008.10.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   彼女は・・・DRUMMER!


ドラムを叩く人って・・・




基本的に、唄がうまいみたい。(笑)






きっと、ドラムと云うポジションが、




グルーヴ! の要だから?





きっと、彼女も





華やかなスポットライトを浴びながら




センターに立って唄うよりも、




ホントは?





同じセンターの位置で・・・





音楽の





素敵な魔法を





全身で浴びていたかったのかな?












ドラムを叩いている間は・・・




そして、




唄いながらこの世界の“鼓動”を、




肌で感じている間は・・・





きっと!










幸せは逃げていかないからねっ。





そうだったの?




カレン・・・









CARPENTERS 「Top Of The World」

CARPENTERS 「Please Mr. Postman」











2008.10.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   「てぃーんずぶるーす」を聴きながら・・・


「てぃーんずぶるーす」




深夜のラジオから聴こえてきたときの最初の感触を




いまでも思い出せる。





夕暮れの街をひとりぼっちで歩くときのせつなさと、





ポケットから零れ落ちそうな勇気を握り締めて




とにかく帰らなくっちゃ!!というときの




気持ちに似ている(笑)。





あのキャンディ・ポップなサウンドにコーティングされた苦い認識、




だからこそ、僕の胸に響いたのだろう!!




だが、原田真二本人の




本来伝えたかったメッセージは、




中途半端に大人たちに委ねてしまった故に




かなり薄められてしまったらしい。




そのフラストレーションを彼は、





ライヴ・パフォーマンスに於いて爆発させる。





レイドバックなバンド・グルーヴの炸裂!!







そう・・・



その頃はミッシェルもブランキーも存在しなかった(笑)。









ひとはよく・・・




過去を振り返って後悔する。






あのとき、最短距離の道を選んでいれば、




こんな苦い思いをせずに済んだかもしれないのに。(笑)





同時に、



廻り道をすることによってさまざまな景色とか、










さまざまなひとたちの温もりに触れることができる。




きみに逢えてよかった!! とかね。







つまりぜんぶ必然だった。






いつの日か・・・





そんなじぶんが愛しく思えてくる。









原田真二 「てぃーんずぶるーす」

BLANKEY JET CITY 「DANDELION 」

矢沢永吉 / YOU 限りなき夢との出会い 1








2008.10.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究


[ワシントン 13日 ロイター] 
アルコールを飲めば飲むほど脳が縮小するという研究結果が13日、明らかになった。米マサチューセッツ州のウェルズリー大学のキャロル・アン・ポール氏が率いる研究チームが、神経学の専門誌「Archives of Neurology」で発表した。
 研究チームでは、適量のアルコールにより加齢によって進む脳容積の減少を食い止めることが可能かを検証しようとしたが、結果は不可能だったという。
 同研究によると、生涯にわたって酒を飲まなかった人々が最も脳容積の減少が少なかった。続いて、過去に飲酒していたが今は飲まない人々、現在適度な飲酒をする人々、現在大量に飲酒する人々の順で、脳容量の減少の割合が少なかった。
 これまで、多くの研究によって適度の飲酒は心臓に良いとされてきた。






つうことは




おれの現在の年齢は・・・





5歳児っつつつ!!





昔に較べれば、





顕かに飲酒量は減っているのに・・・





脳が痴人で・・・




脳が知人で・・・




脳が縮んでいるとすれば!





洗濯物のように・・・




一度、縮んでしまえば元には戻らない。




ならば・・・




アイロンを掛けて皺を伸ばしてしまえば




つるっつる!!





生まれたての赤ん坊だぁあああああ~。(笑)





さあっ!





もいちど、幼稚園に願書を出さなくちゃっ。





未来は・・・





ドキドキワクワクだぁ~!!











もいちど、





先生に怒られたり・・・






もいちど、日直で・・・




好きな娘に胸がときめいたり!!






もいちど、




ざりがに獲りに行ったり・・・





いやぁ~、未来は明るいぞぉおおおおおおおおお!!










って?(笑)





つくづく・・・幸せバカっ。








THE BLUE HEARTS 「未来は僕等の手の中」

THE HIGH-LOWS  「SUPER SONIC JET BOY」










2008.10.14    カテゴリ:  ポップス 

   「THIS LOVE」 アンジェラ・アキ


愛したい・・・ではなく、



愛すれば愛されるから、愛されれば愛したくなる。



愛されたい・・・ではなく、



愛すれば愛したくなるし、愛したくなれば愛される。






とっても難しい・・・



とっても難しい・・・





でもほんとは・・・



知ってる。




愛すればいいんだって。






これだけで・・・世界はすべてOK!



なのにね。











アンジェラ・アキ 「THIS LOVE」









2008.10.11    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   BLANKEY JETCITY という名の・・・


音楽のネット配信は・・・




きっと、ある意味で革命だったのだろう。




ひとつのパッケージ(CDアルバム)に封印された世界を





ジグソーパズルのピースをチョイスするように




こころの中で・・・




自由にリミックスして楽しんでしまえるのだから。





リスナーは




行く先々でお気に入りの扉に手を掛けて




次々と・・・ダイブしてゆく!









そこに拡がる素敵な絶景!!




でも・・・




気が付くとキミの手には血がべっとり。




その傍らで、




素粒子が隣のパイを奪い合う、




無茶苦茶な光景・・・





株の暴落と経済の破綻・・・




地震と台風と地球温暖化・・・





無差別殺人と年金制度の崩壊・・・




ポケットに仕舞い込んでおいた快楽は・・・




絶望に変わり果てていたんだ。





きっと・・・




これが世の中の在り様なの?





って、誰かに問いかける・・・





悪いけどさ・・・




きみは、




この街から逃れられなくなっちまったんだ。







ごめんな!




おまえをここへ連れてきたのは




おれだからさっ。










ねえ・・・気が付いた?




(笑)






きみは汗びっしょりのベッドの中で





目覚めた。








おもわず呟く!




ブランキーって・・・すげえやっ(笑)。










BLANKEY JETCITY 「D.I.J.のピストル」

BLANKEY JETCITY 「15才」

BLANKEY JETCITY 「TEXAS」

BLANKEY JETCITY 「PUNKEY BAD HIP」













2008.10.08    カテゴリ:  映画・文学 

   緒方拳・・・逝く


俳優と云う職業はいったい、




なんだろう?






さまざまな人生を演じることで、






自身の中に蓄積されるエキスを、






どんどん外へ向けて放出していくのが俳優だろうか?







それとも、もうひとりのさまざまな自身と向き合うことで、






どんどんふかくふかく潜り、






内なる探求を繰り返していくのが俳優だろうか?







でも、ひとつだけ確実なことがある。






なにかひとつの役(人生・・・)を演じ終えた瞬間から、







常に無になってしまうという宿命を背負っているということ。







からっぽになった瞬間から、






またなにかを追い求める・・・






そして、その過程を慈しむ。






人生って、





どこまでいっても完結しないから、





おもしろい!!










そんなふうに微笑みながら逝ったのかな・・・





おれはいつだって旅の途中だよ! と。(笑)







緒方拳さん・・・






謹んでご冥福をお祈りいたします。






どうか安らかに・・・








「復讐するは我にあり」予告編

'92新春 キリン一番搾り / 緒方拳

町田康 「ガラスの動物園」








2008.10.05    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ぼくらは・・・Slipknotを必要としてる!


Slipknotのような音がなぜ・・・




時代に必要とされるのか?




それは・・・




9・11以降、



現実がフィクション(仮想現実)をかるぅ~く飛び越えて・・・




ぼくらのこころを蝕み始めたからだろう。








仮想現実の箱庭で



ぼくらは無邪気に遊んでいたのに、




そこにいきなり 奴らは




遣って来た。




坊や・・・




そんな箱庭は、もういらないんだ。





だって・・・




現実の方がもっと凄いんだからね。





ほんとにぃ・・・?




うん。




ひとはひとを無邪気に殺めてしまえるのだから!!









だからこそ・・・




彼等の音楽は必要とされる。




もういちど、あの箱庭に戻ろう・・・





そこにぼくらは、




とてもとても大事なものを置き忘れてきてしまった。










そうだ・・・




こころを奪い返さなきゃ!!







Slipknot  「Psychosocial」

Slipknot  「 Wait and Bleed」

筋肉少女帯 「踊るダメ人間」










2008.10.04    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   清原和博という・・・男気!


王・・・


長嶋・・・


落合・・・


野茂・・・


イチロー・・・

・・・


すべてのヒーローに共通するのは、



じぶんはこの世で唯一無二! なんだと



己の存在を己が祝福できること。



そして・・・清原和博もそのひとりだと思う。




己の生き様を己が祝福できるってことは




きっととても素晴らしいことなんだっ。







そうですよね・・・清原さん。




お疲れ様でした。





あなたの生き様は・・・









果てしない大空を・・・




夕日に向かってたったひとりで飛び立つ・・・





とんぼみたいに素敵だった。






矢沢永吉  「もうひとりの俺」

清原和博 引退セレモニー











2008.10.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ミクシィへの招待を受諾した理由・・・


ミクシィへの招待を受諾した理由。
それは素敵な出会いへの渇望。
でも、ほんとは・・・
これで、じぶんを表現できる領域がもっと拡がるぞっていう、ドキドキワクワク感が最大の理由だったのかも。
とにかく、ことばを綴ることで自身を表現できることが楽しくてしょうがない。





きっと、それは子供の頃の壁新聞の編集や自由研究の製作に夢中になったことの延長なんだろう。
手紙を書くことに夢中になったり・・・
ロック・ファンジンに夢中になったり・・・
とにかく、表現することでもうひとりのじぶんに出会えることがとても素敵なことに思えた。
日記を書く行為も勿論その延長・・・
とにかく、楽しいから!!





他人の評価なんて実はどうでもいいっ(笑)。


あっ・・・もちろんコメントもらえたら素直に、嬉しいけど(笑)。



riamnというペルソナに好き勝手遣らせてじぶんはそれを傍から眺めて楽しんでる。

「ほんっと・・・あいつ、馬鹿だよなっ!」

「よく・・・あんな恥ずかしいこと云えるよなっ!」


そうやって、自身を他者の眼で冷静に眺めながら・・・
あはは! あはは! って大笑いできることはものすごく健全なんだと思う。






こんなふうに死ぬまで・・・




もうひとりの素敵なじぶんと暮らせたらいいな。



(笑)







Paul McCartney & Wings - Hi Hi Hi (1972)

Led Zeppelin - Celebration Day- MSG 73 (Quadraphonic Audio Mix)

Hanoi Rocks ★ Tragedy ~ Malibu Beach Nightmare ★








2008.10.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   生きていくのが嫌になったから・・・ひとを殺めるのかい?


大阪市浪速区で1日未明、個室ビデオ店から出火して15人が死亡、男女10人(32~77歳)が重軽傷を負った火災で、大阪府警浪速署捜査本部は同日、客の東大阪市加納7、無職、小川和弘容疑者(46)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「生きていくのが嫌になった。ライターでカバンなどに火を付けた」と容疑を認めている。重軽傷者のうち、1人が重体、2人が重傷となっている。




大人になるってことは・・・





あぁ・・・たぶん、




ここを越えてしまうと他人に迷惑が及ぶかな?





ということを




事前に察知して回避できるようになることなんだと思う。






呑んで酔っ払ってもさすがに・・・




無茶はできなくなった。





それでも





こころの制御装置がぶっ飛んで





あらぬ方向に球が飛んでしまうことも





相変わらず、あるのかなぁ。





誤解と偏見は生きている限り付きまとう。





それでも・・・




己を守るために他人を殺めることは・・・




絶対許されない。









そう。




打った球は・・・





ぜったい、自身に跳ね返ってくるからね(笑)。







頭脳警察withどんと 「悪たれ小僧」










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog