プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  THE ROOSTERS・・・変容と混沌の軌跡!その一   ノイズのカオスに塗れながら・・・   「GOODNIGHT TONIGHT」 Paul McCartney & Wings   世界でたった一本の花を・・・   プログレな奴とは?(笑)   ふじみのぉおおお・・・はぁ~どろっくぅうう!!   ブレーメンの精霊たちに逢いに・・・   あなたの笑顔がみたい!!   ロックはよぉおお・・・(笑)   神様、永遠に・・・エンドレスにしてっ!   僕らは、サザンがないと駄目なんですよ・・・   人間は・・・悲しみのゲームから逃れられない!   北島康介・・・きみはやっぱり! 凄い奴だっ   蝉取り・・・   北京オリンピック開幕!   世の中・・・ついでに! 生きていたい(笑)   赤塚不二夫・・・逝去   ノラ猫のクロくんに・・・突撃ぃいい!!   慣れてしまえば・・・

2008.08.31    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   THE ROOSTERS・・・変容と混沌の軌跡!その一


突然!! 豪雨・・・




いきなり!! 豪雨・・・





ずぶ濡れになりそう!!



と、思ったら




商店街のアーケードに駆け込んでホッと一息・・・



さあ・・・



ロックンロールの話をしよう!




現在(いま)尚・・・我が国のロック・シーンに多大な影響を与え続けて已まない孤高のロックンロール・バンド!THE ROOSTERS/Z。当時(1980年)、英国ではパンク、ニューウエーブの嵐が吹き荒れた直後だった。
そして・・・その影響は極東の島国にも当然のように及んでいた。
丁度、その頃・・・北九州を拠点とした、所謂“明太ロック”!!ムーブメントが巻き起こる。
その一派としてデビューしたのが・・・
THE ROOSTERS。
そのオリジナル・メンバーは、大江慎也(ボーカル、ギター)花田裕之(ギター)井上富雄(ベース)池畑潤二(ドラムス)
彼らが他のバンドと一線を画した最大の理由は、先人たちのオリジナルなスタイルを咀嚼しながらも、そこに独自の解釈を加えていくそのスタイリッシュなセンス! にあった。


曰く・・・「最新型のロックンロール!!」
ロックンロールと云う音楽は黒人音楽として生まれたBLUES、R&Bを、白人独自の解釈で鳴らすという革新的なスタイルだった。だが、彼らはそこにパンクのエッセンスを導入することで、錆び付いて自身の中に燻っていた湿ったブルースに・・・
火をつけて燃え上がらせてしまった(笑)。事実、1枚目~3枚目までは、パンキッシュでスタイリッシュな最新型のロックンロールがぎっしり詰まっているというものだった。
大江慎也、曰く・・・「自分で思うんだけど、オレたちが、そういう古い曲を、ただ当時の方法でやるっていうことは、何の意味もないんですよ。やっぱりオレたちの考えてる最新型でやりたいってことを、いつも考えてる」2ndアルバム『THE ROOSTERS A GO GO』ライナーノーツより抜粋。














欲望と・・・





刹那と・・・





ロマンチシズム・・・






だが、ブルースはどんどん加速していく。



最早、



自身ですら、追いつけないほどに。











それをだれよりも理解していたのが、リーダーである大江慎也自身だったのかもしれない。
それまで外に向けて発散されていた衝動は、どんどん内なる宇宙へと、ふかく、ふかく、埋没していくことになる。











独自のスタンスによる



変容と進化、混沌と破壊の歴史が、




始まろうとしていた。







The Roosters 「恋をしようよ」

The Roosters 「One More Kiss」

The Roosters 「Girl Frend」

THE ROOSTERS - Dan Dan

The Roosters  「 CASE OF INSANITY」







2008.08.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ノイズのカオスに塗れながら・・・


あちこちで・・・





豪雨・・・






なのにぼくら、轟音の海に漂いながら、








一生懸命ジグソーパズルに夢中!







カオスの海に溺れたい!!







だれの助けも求めない!!












えっ・・・






ジグソーパズルの






最後のワンピースが






まだ見つからないからねっ(笑)。












My Bloody Valentine - Soon

THE ROOSTERS - FINAL LIVE 再現できないジグソーパズル








2008.08.27    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「GOODNIGHT TONIGHT」 Paul McCartney & Wings


中学生の頃・・・



クリアファイルや下敷きに



アイドル歌手の写真を挟んだりするのが



流行った様な気がする(笑)。



裏に・・・



ML(ミュージックライフ)の新年号の付録に附いてきた



ロック・バンドのステッカーを




べたべた貼ったりして。






ところが僕は・・・




何故かアイドルの写真ではなく・・・




ジョンとヨーコの写真の切抜きを



挟み込んで、




ひとり悦に入っていた!!(笑)



おまえらなんかとは違うんだぞっ!! と。



でも、勿論



声に出して主張するような



ことは・・・





ことは・・・




出来なかった。





案の定・・・



「なんだっ?おまえ・・・」

「こんな女が趣味なの?」

「へへへへ・・・」

「はははは・・・」



もう散々・・・





そう!



やっぱり、おれはへんな奴だったのさっ。





今宵・・・


今宵こそ・・・


きっと・・・







きみに「素敵!!」と、



云わせたいっ。



云わせてやるっ。




そんな勇気も・・・勿論、無かった(笑)。








Paul McCartney & Wings  「GOODNIGHT TONIGHT」









2008.08.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   世界でたった一本の花を・・・


渋谷陽一/著
 


「メディアとしてのロックンロール」(1979年、発行)に、



こんな一節がある。




「我々がコミュニケートしなければならないのはきっとどこかに居るだろう自分のことをわかってくれる素敵な貴方ではなく目の前に居るひとつも話の通じない最悪のその人なのである」





コミュニケーションとは




自身が、




大地(世の中)に種(好奇心・・・)を撒き、




水を遣り(愛とまごころ・・・)、




丹念に慈しみ(おもいやり・・・)、





花を咲かせることなのかもしれない。






種を一杯撒いて、




丹念に水を遣れば、




いつかそこには素敵な花が一杯!!





咲くことだろう。







よく日記の読み逃げを批判したり、





じぶんのとこには




ひとつもアクションが起こらないことを




嘆く人がいる。






でも、種を撒かなければ・・・





そこにはなんにも実らないんだよねっ(笑)。










泣くなよっ!




たかが10代の荒地じゃないかっ(笑)。





世界でたった一本しかない!




素敵な!!



素敵な!!





花をいつか咲かせよう。











そんなことを、ふっと考えた。







THE WHO  「Baba O'Riley」

Soul Flower Union 「荒れ地にて」










2008.08.24    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   プログレな奴とは?(笑)


プログレとは、何ぞや?



プロが・・・グレると・・・




番長清原!!


「おりゃあああ、いてこましたるでぇえええええ」




ち・・・ちがっ・・・てばっ!!




ちなみに辞書で調べると



プログレッシブ【progressive】
[名・形動]進歩的なさま。革新的なさま。また、進歩主義者。




つまり・・・




所謂、プログレって・・・





進歩的、革新的なロックの形態を指したのでした。








でも、それってロックの本質でしょ?(笑)




いや・・・だから!




パンクが所謂・・・直情発散型っ!!





だったとしたら、





プログレは・・・





取り敢えず、




結論を先送りにしてみんなで考えようよっ!!




てなことなのだっ。





例えば・・・




「まぁまぁ・・・みなさんっ! 私の話をちょっと聞いてください」




と、いきなり壇上に上がってきて、




延々と・・・





一時間以上に渉って喋り続ける・・・





へんなおじさん!!










で、気が付くと・・・





「ああっ!! そういうことだったのか」





と皆が最終的に納得して無事、




帰路に着く・・・





みたいな(笑)。






でも、よぉお~く考えてみると、





「結局さぁ・・・




あのはなしっ・・・




いったい、なんだったのぉおお?」





これこそ!!




プログレのえっっせんすだぁあああ(笑)。






日本人は、何故か・・・




ヘヴィメタルとプログレが大好きっつ!!




それは、両者共に・・・




原理原則に則った様式美に貫かれた世界観だからっ!!





だから、




大相撲もすきっ。



柔道もすきっ。



古典落語もすきっ。



歌舞伎もすきっ。




・・・な日本人っ。




一分の隙も無い・・・



完っ璧な・・・




起承転結に酔いながら・・・








おっさんたちは




今日も、幸せな眠りに就くので




ありましたとさっ!!










king crimson  「Larks' Tongues in Aspic」

Genesis  「The Musical Box , Belgian TV - Six Hours Live」

Yes 「America」










2008.08.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ふじみのぉおおお・・・はぁ~どろっくぅうう!!


めっきり・・・すず酸くなったのだ!




いや・・・



涼しくなったのだ。





でも・・・




油断するといつまた、あいつが遣ってくるか!!




わからないから。









そう・・・




奴らはふじみ野・・・しょうがっこうぉおお?




奴らは不死身の・・・ゾンビいい云いいい!!








ふじみ野?(しつつこぃい!!)





不死身のはーどろっくぅううううううう!!




こらこらこら!! 雷が落ちるから




ちゃんと!



ちゃんと!



ちゃんと!











相談っ・・・・





しなさぁああああああああああああああい!!(笑)







Deep Purple 「Burn」

Iron Maiden 「Phantom of the Opera」

ハイロウズ 「相談天国」










2008.08.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ブレーメンの精霊たちに逢いに・・・


音楽には・・・




元々、垣根も無ければ、塀も無い。




だから、こどもたちはいつも学校の授業が終わると




みんなであそこに集合する。





そう・・・




塀を乗り越えて団地の裏の不思議の森へと・・・










そこではきっと、




退屈の壁をすり抜けてきた奴らが・・・





なにかとっても!! 素敵なことを企んでいるから。(笑)




だから今日も・・・森へ急ごう。








ブレーメンの





優しい精霊たちに逢い(愛)に・・・









Rainbow  「difficult to cure」

くるり  「ブレーメン(アンコール ver.) LIVE@横浜パシフィコ」 








2008.08.21    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   あなたの笑顔がみたい!!


純粋に・・・



自己満足でいい!!



それでいい!!









そんなふうに始めた日記だったの・・・かな?





でも、いつのまにか





あなたの素敵な笑顔をみるのが





ぼくは大好きなんだっ!!




と気づく。








だから、




素敵な笑顔を探す旅の過程を記す・・・






そんな日記を書いていきたいなぁ。





たとえ・・・




たとえ・・・










思い込みだとしても。


(笑)








髭 (HiGE)  「ロックンロールと五人の囚人」

The Collectors 「ぼくのプロペラ」

浅井健一 「リトルリンダ」








2008.08.19    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ロックはよぉおお・・・(笑)


ロックはよぉお・・・



笑ったりしたらいけねえんだょっ!!




ロックはよぉお・・・





この世のすべての悲しみを




背負ってさぁ、




BLUESのふかい・・・



ふかい・・・




森を




彷徨い続けるんだっ。





それなのにさぁ





ふと笑顔になると、その一瞬だれもが輝いて見えるのは何故?








笑うと・・・その一瞬に




すべての痛みも辛さも忘れられるのは何故?




いいさっ!




迷わないで、そのままで。







そのままで・・・





きみはとっても素敵さっ。(笑)






TMGE The Birdmen and Hey Hey Hey 1997)

Blankey Jet City - Dandelion







2008.08.18    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   神様、永遠に・・・エンドレスにしてっ!


夏が終わってしまうときの




せつなさ・・・って、




きっと、ことばにできないんだっ。





それは・・・





まるで最後の残り一本の花火を




使い果たしてしまう瞬間みたいに。(笑)









あぁ・・・




終わってしまうんだよね!





でも知ってるんだ。




僕ら、ふたり、




いつか記憶の波の中で・・・





消えてしまう瞬間が遣ってくることを。





あの大きな波が去ったら・・・もういちどだけ泳ごうっ。









夏の記憶・・・





永遠にエンドレスにしておくからねっ(笑)。






The Collectors 「世界を止めて」

真心ブラザーズ 「ENDLESS SUMMER NUDE」







2008.08.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   僕らは、サザンがないと駄目なんですよ・・・


AERAの最新号に




サザンの桑田佳祐のインタビューが掲載されていた。




ご存知のように、あの無期限活動休止宣言はその後、




さまざまな憶測を呼び、




さまざまな波紋を呼んだ。





以下は・・・




桑田佳祐本人の発言ではなく、





あくまでも! 





僕自身の 思い込みですので(笑)





ご了承ください。





桑田自身の真意は たぶん・・・ こういうことなのだろう。





サザンは僕にとって必要!




いつか・・・還れる場所として。




自分自身のために。







きっと誰もが、





自身の還れる場所を無意識のうちに探している。




どんなに・・・やんちゃしても!




どんなに・・・裏切りを犯しても!




どんなに・・・過ちを繰り返しても!









大丈夫・・・ここへ還っといで!





いつでもおまえのために扉は開けっ放しだからねっ(笑)





と、云ってもらえる場所を。










きっと、いつまでも・・・





いつまでも・・・





夜が明けるまで・・・





ロックンロールの優しさに包まれてたいんだっ。







サザンオールスターズ  「 いとしのエリー」

サザンオールスターズ 「みんなのうた」

サザンオールスターズ 「I am your singer」









2008.08.16    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   人間は・・・悲しみのゲームから逃れられない!


暑い・・・



うだるように暑い。





暑い・・・



死にたくなるほど暑い。










唐突かもしれないが、




戦争はひとを否応無しに・・・“死”へと駆り立てる。





だから、




戦争は悲しみと腐敗と絶望しか




遺せない・・・





死ねば、腐る。




そして、土に還る。





それでも、ひとは死のゲームから逃れられない。





一体、いつ・・・




ゲームオーヴァーが訪れるの?









人類の英知はこの絶えることのない悲しみのゲームから、






一体なにを学び続けるのだろう・・・







Dirty Mac 「Yer Blues」

John Lennon  「Starting Over」








2008.08.12    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   北島康介・・・きみはやっぱり! 凄い奴だっ


北島康介。



やっぱり・・・凄い奴だった。




きちんと重圧を背負ってきちんと結果を出せる男。




水泳という競技は、





さまざまな人生の抑圧を己の腕と足で掻き分けながら・・・




只、ひたすらに前へ・・・



前へと・・・




突き進む競技といえるだろう。(笑)





更に云うならば・・・






クロールではなく、敢えて平泳ぎ!!





大きく・・・



ゆったりと・・・




それでも揺ぎ無く、人生の到達点を見据えながら




激しく・・・



静かに・・・進み続ける。










4年間のスパンは彼を更に進化させた。





それは、BEATLESやLED ZEPPELINが




周囲の期待を背負いながらも・・・




世界中のリスナーたちに向けて、




いついかなるときも夢を見続けることの素晴らしさを




教えてくれた事に通じる(笑)。









おめでとう北島康介。




きみは、やっぱり凄い奴だよね。








エレファントカシマシ 「桜の花、舞い上がる道を」

The Beatles 「Hey Jude」

 






2008.08.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   蝉取り・・・


近所のハイドパークを、散歩・・・


M-119




あちこちで蝉の鳴き声・・・



そして、



親子連れが公園を散策する姿が



あちこちに。






そんなとき、ふと・・・



蝉取りに夢中な親子連れと行き逢う。



でも、



なかなか蝉がみっけられないみたい。(笑)



あぁ~・・・見っけて遣りたいなぁ。




と、思ってたら



目の前にいるじゃんっつつつ!!




鳴いてる・・・



鳴いてる・・・



気付いたらぼくは、



そのおかあさんに声、掛けてた。




「ここに・・・いますよっ!」(笑)





すると、そのおかあさんがすぐ反応してくれた。




「ほらっ! ここにいるよっ」




子どもが眼を輝かせて・・・こちらへ遣ってくる。



あぁ・・・網が届かないねぇ。




気付いたら僕は、



その子から捕虫網を受け取って・・・



えいっ! とばかりに網を被せた。




成功~ 成功~




そのまま・・・地面に網を伏せた。




その子は嬉しそう・・・



「元気よく鳴いてるっ!!」




母親に向かってそう呼びかけている。(笑)




でも、何故・・・




僕は、声掛ける気になったんだろ?




わからない!(笑)





でも、すっごい幸せっ。








ありがとねっ!



僕はその子の嬉しそうな様子を見届けると・・・





おかあさんに会釈してまた歩き始めた。




どんなにぶざまでも!!




どんなにかっこわるくても!!









それでも・・・




生かされてる限りは、





なにがあっても最後まで、生きなきゃねっ。(笑)









Rolling Stones   「Honky Tonk Woman」 (Live in Hyde Park 1969)

LOVE PSYCHEDELICO 「free world」

The Who  「The Real Me (Quadrophenia)」









2008.08.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   北京オリンピック開幕!


オリンピックの開幕式を




眺めていると・・・



この星はやっぱり素晴らしいなぁ~と思える




瞬間が訪れる。




それは・・・いったいなぜなんだろう?




その国の伝統と文化を凝縮したような




テーマパークさながらのスペクタルな演出も、




勿論楽しい・・・








でも、




各国選手団の入場行進ほど・・・




心安らぐ瞬間は無いっ!




たとえ




喜びと悲しみ、笑顔と泣き顔、享楽と絶望が、





すべて表裏一体だとしても・・・









みんなの笑顔が




すべてをひとつにしてしまう瞬間の




マジック!!(笑)




それに勝るものはない。






この星はやっぱり素敵だなぁ~!!







Motley Crue-Wild Side

ソウルフラワーユニオン/ 風の市 Dir若松孝二





2008.08.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   世の中・・・ついでに! 生きていたい(笑)


古今亭志ん朝がこんな至言を遺していた。
世の中・・・ついでに生きていたい。(笑)


彼が生前に、ある対談でこんな話しを・・・
明日の高座に、しばらく遣っていない噺を掛けなきゃならない。 
急いで稽古しなくちゃっつうんで、夜の酒席を断ろうとしたら「ええっ! 稽古なんてするんですかぁ~」って云われたんで、あたしゃムカッときましたよっ。
「するんですょおお!!」


でも、よぉ~く考えてみりゃ噺家が稽古なんかに血道上げるのは間違ってるよねっ。(笑)
て、思ったとか・・・


映画監督の山田洋次はこんなことを云ってた。
これはワタシの仕事ですっ! って意識で、撮ったものはつまらない。


ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトは、こんなことを云ってた。
「ロックンロールを職業だと意識したことは一度も無いっ!」(笑)








そうだねぇ・・・好きでやってんだっ! これは俺の道楽なんだっ! ぐらいの、かるぅ~い、ゆるう~い気持ちで遣ってるからひとを感動させることが出来るんだねっ(笑)。


そこで思い出したのが落合博満が2年連続三冠王の偉業を達成したときの至言。
「三冠王? そんなもん簡単っ。打ちゃあいいんですよ」 
最高だっ!!(笑)


渥美清はこんなこと云ってた・・・
「スーパーマンは大変だよねぇ。子供たちに「飛べっ! 飛べっ!」って云われてさぁ。ほんとは空なんか飛べるわけないのにさっ。だって・・・針金で吊られてるんだもんねっ」


結局、箪笥の中身(血と汗と涙の感動秘話)なんかだれも知りたくないんだよねぇ。少なくとも、僕は。








あの素敵な箪笥の引き出しの中には




いったいなにが入ってるんだろう? って、




いつまでもドキドキわくわく!! 




していたいもんねぇ~。







ザ・クロマニヨンズ  「スピードとナイフ」

斉藤和義  「社会生活不適合者」








2008.08.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   赤塚不二夫・・・逝去


天上天下唯我独尊。



融通無碍。





漫画ばっかり見てたら・・・バカになるっ!!




ロックばっか聴いてたら・・・馬鹿になるっ!!





そう云われて育ったから、



こんなんなりましたぁあああ~。








でも!!




これでいいのだっ。





そう・・・




この一言こそが至言だったのだっ。(笑)







赤塚不二夫さんありがとう。




やっと・・・気づいたよっ!!



(笑)




いや・・・実は、




まえっから、知ってたんだっ。(笑)









もーれつア太郎カラーOP










2008.08.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ノラ猫のクロくんに・・・突撃ぃいい!!


ノラ猫のクロくんに突撃インタビュー!!



あのぉ・・・



ちょっと、居眠り中に恐縮ですが




・・・



M-105



「なんねっ?・・・」



いやいや!


あのぉ・・・今日も暑いですねぇ~!!




M-106




「夏だからにゃあ・・・



暑いのは



あたりまえたいっ!!」








いやいや!!




ごもっとも・・・



ごもっとも・・・(笑)



M-107




「あんた・・・


これ取材かにゃ・・・


うちの事務所に アポとったとねっ?」



いやいやぁああ!!しちれいしましたにゃあ・・・



いきなりのアポなし取材は



受けてもらえませんかにゃああ・・・?




M-108




「もう・・・ よかっ!!



あんたも このくそ暑いのに にゃあ・・・




よう頑張っとねぇ!!」





いやいや!!ありがとうございます。



後日、



事務所「ノラ猫のクロくん」迄、




ご挨拶に伺わせて頂きますので、




何卒・・・




ご了承くださいませ。




それでは・・・



これで失礼いたします。


M-109


「むにゅ・・・・zzzzz」











ようやく・・・ 蝉が鳴き始めたよっ。





蒸し暑い・・・




あの夏が また 遣って来たのさっ!!










藤井フミヤ with ザ・コレクターズ  「Dancing in the Street」

ザ・コレクターズ 「東京虫バグズ」









2008.08.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   慣れてしまえば・・・


嘗て戦争に負け・・・



すべてのひとたちが底辺を這いずり回りながらも、




上だけを向いて歩き続けた結果、




掴んだ幸せ・・・





の、筈だったのに。




いったい・・・なにを失ってしまったのか?




それすらも判らない毎日。





いつしか・・・



あれだけ必死こいて享受した幸せを



当たり前だと思い込む。




一旦レベルを挙げてしまうと今度は、




下げられない。




いや! 下げたくない・・・






でも不思議なもので、





そんな現実にも慣れてしまうからにんげんって不思議?







また再び、





底辺を這いずり回ったとしても・・・





きっと、また幸せはみっけられる!!





そう・・・思い込みの美学。









だから・・・おじさんは強いっ。(笑)








斉藤和義、スガシカオ、Sowelu 「やさしさに包まれたなら」

斉藤和義・北川悠仁・岩沢厚治 「僕の見たビートルズはTVの中」









Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog