プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
これでも少しは・・・ 大人になったんだぜっ!! Mar 22, 2017
昨日より今日の方が素晴らしい。 今日よりも 明日はもっと素晴らしい・・・ Mar 21, 2017
舞い上がれ舞い上がれ想いよ・・・空高く舞い上がれ!! Mar 20, 2017
そう。 ロックンロールは死なないんだ!! Mar 19, 2017
生き様がそのまま音に滲み出る人は・・・いくつになっても素敵!! Mar 18, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  「Don't Go Away Mad (Just Go Away)」 Motley Crue   ジューシー・・・なフルーツ!   こんな聖火リレーなら・・・いらねんだっ!!(笑)
2008.04.26   カテゴリ:《 お笑い 》
  TOKIOもんの・・・“粋”とは?
2008.04.24   カテゴリ:《 ポップス 》
  「カサブランカダンディ」 沢田研二    ジュ・・・ジュリィイイイイイイ!!   「99 red ballons」  Nena   「Don't You Want Me」 Human League   「Surrender 」 CHEAP TRICK   「Instant Karma」 John lennon   「 Hong Kong Garden」 Siouxsie and the Banshees   「Cherry Bomb」 THE RUNAWAYS   「Crazy Doctor」 Loudness   「Rydeen」 YMO   「ROCKET DIVE 」 hide   「Silent Jealousy」  X JAPAN   「紅」 X JAPAN
2008.04.07   カテゴリ:《 お笑い 》
  「ばがやろぉぉ 早く食え」 (笑)   「No Expectations」 THE ROLLING STONES

2008.04.30    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Don't Go Away Mad (Just Go Away)」 Motley Crue


細木数子が・・・どうしても好きになれなかった。
彼女の占い師としての社会的求心力は認めよう。(笑)


だが・・・
自身こそが正義!!
自身こそが正論!!
自身こそがすべて!!
そんな傲慢な驕りに満ちた価値観がどうにも・・・許せなかった(笑)。



「いいわねっ! ずばり云うわよっ」。


「・・・」



「おまえ!いったい、何様やねんっ」と、云いたくなるような権威主義の塊。 しかもそれを礼賛し迎合する芸能人たちの卑屈な態度が情けないっ。 モンキッキー!!  おまえ細木に命令されて改名して、いいことあったか?(笑)


人の人生を左右できるほど、あんたはすべてを知り尽くしてきたのか?


人の人生を左右できるほど、あんたはすべてを悟ってきたのか?


自身の経験から得た蓄積により、他者にサジェスチョンを与えること自体は尊い行為だろう。
だが人を正しい方向に導く行為とは、一体なんだろう?
たとえ・・・どんな人生を歩むことになっても、それは誰のものでもない。
たとえどんな人生を歩むことになっても、それは誰にも左右できない。
何故なら、右へ行くか・・・左へ行くか・・・前へ進むか・・・横に逸れるか・・・ それを決めるのは自分自身だからだ。
たとえそれにより失敗したとしても、誰にも左右されたくない。
たとえそれにより誰かを傷つけても、誰にも左右されたくない。


最後に・・・ニッキー(モトリー・クルー)の名言。


たしかこんな意味の発言があった。
記憶が定かではないが・・・もし間違っていたらお許しを!!









「もう一度生まれ変わってもおれはきっと同じ人生を歩むよっ!」


(笑)


こんな迷言を吐けるような男に私はなりたい。






Motley Crue Don't Go Away Mad Just Go Away









2008.04.29    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ジューシー・・・なフルーツ!


ジューシー・フルーツが、




パフュームの大ブレイク! に依り・・・





元祖テクノ歌謡!!として再評価されているらしい。



(笑)




瑞々しい果汁がたっぷりで、





一度口にしたら・・・




お口いっぱいに拡がる清涼感と浮遊感





(笑)




歌謡曲に本来備わる・・・




下世話でキッチュな魅力




テクノのエッセンスを注入することで、




全く新しい味覚の“製品”として



世に提示した、




近田春夫の才覚も素晴らしいが・・・





まるで・・・




代官山に住んでいるお嬢さんと、





そのお嬢さんに傅く




ひ弱な予備校生3人組!みたいなキャラ




魅力だった。





http://youtu.be/wMAO9ySgQLA






今改めて聴いてみて思うことは、





英米ギター・ポップと較べても遜色ないほど、



洗練されているという事実。









いつの時代でもお嬢様は・・・





ひ弱なおとこを惑わして、ほくそ笑んでいるのかな?



(笑)





ジューシィ・フルーツ - ジェニーはご機嫌ななめ

ジューシィ・フルーツ - 恋はベンチシート







2008.04.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   こんな聖火リレーなら・・・いらねんだっ!!(笑)


オリンピックとは本来、スポーツを通じて、 人種、国境、性別、イデオロギー等の相違を越えた”世界”が一同に集うためのイヴェントではなかったのか?
だが、今回の北京五輪聖火リレーは余りにも異常な事態の下で行われた。
いったい・・・なんのための聖火リレーだったのか?










元々・・・事前に混乱を引き起こす事態が予想されたのだからもっと、工夫すべきだった。 たとえば・・・聖火をこっそりタバコに引火しといて、表向きは「聖火リレー」ではなく「喫煙者の人権を守るための抗議リレー!!」ということにしておけばよかったのだ。(笑)

全国から喫煙者を集めておいて・・・
「全国の愛煙家の皆さん!! 今日だけは大手を振って路上喫煙が出来ますっ。奮って、ご参加をっ」と呼びかける。
抗議行動を起こそうとしていたチベット人も、阻止しようとしていた中国人も、これには・・・腰砕け。

とにかく喫煙者はわんさかいるんだから、聖火リレーには不自由しない。
吸い口から吸い口へと、咥えタバコでリレーが進む。
もし・・・本来の“趣旨”が発覚し、抗議行動が勃発したら、こんなときのために全国各地から集めておいたホームレス達を一斉に集らせるっ。


「汚ねぇっ!」


「臭ぇっ!」


「不衛生だっ、このやろっ!」


様々な罵声が飛び交いながらも・・・なごやかに聖火リレーは終了しましたとさっ。
だが、走りながらタバコを吸う行為が如何に肺に負担を掛けるかと云う事実を、身をもって実感した喫煙ランナー達は、この日を境に、「こんな苦しい思いをするなら、今日からもう・・・タバコなんか吸わないっ!!」となって、喫煙をやめる。







思わぬ波及効果に政府もにんまりっ!!


これこそほんとの「成果リレー!!」




んなわけねえだろっ。(笑)









ガストロンジャー / エレファントカシマシ

エレファントカシマシ「ファイティングマン」 THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition ver.











2008.04.26    カテゴリ:  お笑い 

   TOKIOもんの・・・“粋”とは?


ツービートの漫才が、




あれだけ新鮮に響いた理由とは、









世の中の“有り様”が余りにも滑稽だから、




つまらない日常が・・・




ポップな普遍性を帯びているという




事実
に、




“笑い”というフィルターを通して





無理やり気付かされたせいかもしれない





ポップとは“粋”である





当たり前の“真実”




当たり前の“事実”として伝えることに対し、




はにかみとテレがあるから・・・




ついつい毒舌と笑いに塗してしまう






TOKIOもんの粋とは・・・










一睡もせずになにかを頑張っても




何喰わぬ顔して・・・




「あぁよく寝たなぁ~~~」と呟く





江戸っ子のやせ我慢!!(笑)









ツービート - THE MANZAI 7

形態模写









2008.04.24    カテゴリ:  ポップス 

   「カサブランカダンディ」 沢田研二 


父性とはいったい・・・




なんだったのか?





「おはようございます!」


「いってらっしゃい!」






「おかえりなさい!」


「ただいま!」






「いただきます!」


「ごちそうさま!」






「おやすみなさい!」







何気ないごく普通の、親子の会話






ああ・・・




息子は、父親の背中を見て育つ




云うけれど・・・





何気ないごく当たり前の挨拶の中に




父性への尊敬も、愛情も




照れもはにかみも・・・





すべて含まれていたことに気付く!!



(笑)









ボギー!!




あんたの時代は良かった




父親の背中からすべてを学ぶことが出来た。











カサブランカ・ダンディ










2008.04.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ジュ・・・ジュリィイイイイイイ!!


アダムとイヴ禁断の実




口にしたとき・・・





この世の不可思議が・・・




露になった





楽園を追われたふたりが辿りついたのは、





おとことおんな




永遠の迷宮









あれから




どれだけ、探し続けたことか・・・





壁のポスター眺めながら





感慨に耽る日々









そう。





ふたりは、未だ夢から・・・






醒めやらず









Julie/OH!ギャル✩1979.5.31R

沢田研二 ストリッパー @NHK'94







2008.04.21    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「99 red ballons」  Nena


テクノは



非常に機能主義的なスタイルの



音楽






それは・・・




ドイツ人の国民性を端的に、




象徴しているのかもしれない。





日本人がドイツ人に親近感を覚えるとしたら





そんな国民性に・・・




嘗ての高度経済成長期の己の姿




重ねるからだろうか。





いつか・・・





みんなで、空に飛ばした風船






でも、いまは・・・





そう、いまは・・・











子供達が大空に手を翳し





あの希望という名の風船を掴もうとしてる!!







Nena - 99 Red Balloons (Video Clip Oficial)







2008.04.20    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Don't You Want Me」 Human League


ブリティッシュ・インヴェンションということばがあった。




直訳すればそれは・・・




英国発明品!!



そう・・・




素敵なドキドキするムーヴメントは、




いつも、




英国から起こったのだ。





ビートルズを筆頭とするリヴァプール・サウンズ





全世界を席巻したときも。






ロンドンで勃発したパンク・ムーヴメント





全世界に飛び火したときも。





そして・・・




ニューロマンティックも、





そうだったっけ・・・





お洒落で洗練された衣装に身を包み・・・






ダンサンブルなビートをかき鳴らし・・・







世界を自堕落な魔法で変えてしまう!!






ねえ・・・




今夜もきみは帰って来ないつもりなの?









いつになったら




約束を実現してくれるんだろう・・・










いつになったら




ぼくと一緒になってくれるんだろう・・・







でも・・・





そんな自堕落なきみに


・・・


どうしてこんなに惹かれてしまうんだろう











ねえ・・・




きみはぼくのことをどう思ってるの?






ねえ・・・







ぼくのことが嫌いになったの?






ぼくのことが欲しくないの?







彼女は答えず・・・扉を閉めて、出て行った









Human League-Don t You Want Me Baby




Dare!Dare!
(2003/01/06)
The Human League

商品詳細を見る










2008.04.19    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Surrender 」 CHEAP TRICK


男という生き物は・・・



何故・・・




いくつになっても女体の神秘





惹かれ続けるのだろう?







何故って・・・





母の胎内から出てくる際に通過した




ふるさとだから・・・




興味を抱いて当然なのである。(笑)





今のようにネットを通してエロ全開になると、




叢や襞をみても・・・




全然・・・興奮しなくなってしまう





は、




必死になって想像力をフル回転させ・・・




黒ベタの修正箇所をなんとかして



消せないものか




悪戦苦闘





それだけ妄想が拡がる余地が・・・





あったのも事実である。





それでも、やっぱり・・・




それでも、懲りずに・・・





ひとりでこっそりエロに浸りたくなる





だから斎藤和義さんの気持ちが




よぉ~~~~~~く判ります!!






あぁあああ・・・





今夜も世のスケベおやじたち





ヨメノメヲアザムイテ・・・









あの娘のあそこにサレンダー!!(トホホホ・・・)










Cheap Trick - Surrender - Midnight Special TV - 1978 HQ












2008.04.18    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Instant Karma」 John lennon


「大きいことはいいことだ」という



キャッチ・コピー




流行った頃は・・・








世の中が一丸となって




夢に突き進むことができた幸福な時代だったのかもしれない。




だとすると・・・





今の世の中の現状は、




飽和状態の末の混沌だろうか






道路特定財源の暫定税率失効による




混乱






長期高齢者(年を取ることは罪悪なの?)




保険料自己負担による




混乱




どれもが、皆、



政治理念の崩壊(個人の利益追求)が招いた“つけ”を、




国民が払わされた結果




他ならない。




そして・・・




それは教育理念の崩壊を導く結果に。





依って・・・




子供たちが平気で人を傷つけてしまう!!






中国による、チベット自治権抑圧問題が招いた・・・





オリンピック理念の崩壊





世界はどんどん・・・




混沌と崩壊の坩堝に嵌ってゆく






もはや最後に残されたのは、ロックンロールの価値観のみか?


(笑)








大切なのは・・・





今、この瞬間に、なにかを感じること!!





この瞬間に、なにかを想うこと!!





その瞬間・・・





インスタントカーマが降りてくる!!







たった一つ残された希望という名の魔法







森永 エールチョコレート

John lennon 「Instant Karma」











2008.04.17    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「 Hong Kong Garden」 Siouxsie and the Banshees


少女は・・・



潔癖ゆえに、どうしても・・・





彼が許せなかった





少女は・・・





潔癖ゆえに男と女のあいだに横たわる・・・





深くて・・・



暗い・・・




あの河をどうしても渉れなかった





渉ろうとする自分どうしても許せなかった





もうすぐ・・・



お茶の時間だから。




その後で、ゆっくりと考えよう・・・










いつかあの河を渉って




もういちどあの人に逢いに行こう





でも、やはり・・・




彼女はあの河を決して渉らないだろう






Siouxsie and the Banshees 「Hong Kong Garden」


Once Upon a Time: The SinglesOnce Upon a Time: The Singles
(2006/06/20)
Siouxsie and the Banshees

商品詳細を見る










2008.04.16    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Cherry Bomb」 THE RUNAWAYS


ジェンダーフリーが叫ばれ・・・




男性のみの聖域だった職場への





女性の進出も当たり前になる。





女子高生がふつうに・・・





スカートの下にスェットパンツを穿いて闊歩するのも




ジェンダーフリーの象徴化?


(笑)




だが、男女間の性差に於いては、




相変わらず・・・



男性とは性欲を放出する河であり・・・





女性は性欲を受け入れるダムなのだろうか・・・




それでも・・・




男はダムの決壊を止められない!!












ロックのメンタリティーは、





果たして・・・





性差を超えた桃源郷に辿りついたのだろうか?





いや・・・




相変わらず男はそれを我慢できない。(笑)








The Runaways 「Cherry Bomb」











2008.04.15    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Crazy Doctor」 Loudness


ロック・ミュージシャンと云う職業



世間一般のサラリーマンに較べて・・・



ある意味では、



特殊な職業なんだろうか。





酒と女とドラッグに塗れながら・・・



日々快楽の奴隷!!




というのは、昔の話





常に0の地点からスタートし・・・




永遠に到達点が無い職業であるとも云える。




だからこそ、いつまでも・・・




ドキドキワクワクしながら



無垢な少年の魂を失わずにいられるのかもしれない。





それでも精神及び肉体はハードに消耗する




ツアーとレコーディングと


曲作りとリハーサル





そして出来上がった作品の宣伝に明け暮れる日々





オフの間でさえ・・・




常に自身をリフレッシュして、



次なる到達点を目指す








今年で結成27年を迎えるロックバンド、LOUDNESSのドラマー、樋口宗孝が病気療養のため活動を休止することが14日、わかった。所属事務所が同日発表した。





今や癌は決して不治の病ではない




早期発見に努めればリスクを回避できるまでに




医学は進歩している。




それでも・・・





やはり人は死と向き合わねばならない!!






いついかなる状況に於かれても・・・





死は常に隣に居ると云う事実を無視することは



出来ないのだろう







でも、だからこそ、




今日という日を



微笑みながら歩いていく










毎日・・・





ぼくらは生まれ変わることが



出来るから!!(笑)







Loudness 「Crazy Doctor」











2008.04.14    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Rydeen」 YMO


YMOの音楽とは一体なんだったのだろう?




という問い掛けに対して・・・





矢野顕子は、こう答えた。




「YMOは、世界有数のダンス・ミュージックだった」




そう・・・YMO




世界で最もかっこいいダンス・ミュージックだった




人は頭で考える



でも、


それよりも先



まず肉体がダイレクトに反応する





たとえば、人がイライラしたときの貧乏ゆすり





これなどは、




人の意識はいくらでも嘘をつくけど




肉体は決して嘘をつかないという証左だ。






肉体が弛緩し・・・




脳内が覚醒する瞬間のなんともいえない




高揚感!!




陶酔感!!





つまりテクノという音楽





フロアで大音量で浴びることで




初めて・・・





その機能性が最大限に発揮されるのかもしれない




肉体が意識を





どんどん追い越してゆく
ときの





その瞬間のスリルを味わいたくて!!





今夜も、





ぼくたちは踊り続ける
・・・








どてらYMO / RYDEEN / Yellow Magic Orchestra











2008.04.13    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「ROCKET DIVE 」 hide


どんなに下らないことでも・・・




どんなに無駄なことでも・・・





どんなに馬鹿馬鹿しいことでも・・・





一心不乱になにかに夢中になることの




素晴らしさを、




きみはいつも知っていた





なにひとつ、形にならない



なにひとつ、実を結ばない







いつまで経っても、なにも変わらない



いつまで経っても、なにも起こらない





そんなことに苛立って・・・






いつのまにかきみ





どうすれば楽しいひと時を



過ごせるのか?







そんな当たり前の“法則”にすら



気付かないほど
・・・





消耗していた。





ならば取りあえず・・・






きみが一番大好きなこと!!



きみが一番夢中になれたこと!!






それを胸に抱えて・・・




打ち上げてみよう!!







たった今!





きみは気付いてしまった




なんにもないってことはなんでもありなんだ!!










未だに・・・




きみは奴らの家に押しかけて行って・・・






その扉を乱暴に叩き続けているね。



(笑)






おい!!はやく出掛けようぜって。








(HD*Subbed) hide with Spread Beaver - ROCKET DIVE / X JAPAN









2008.04.11    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Silent Jealousy」  X JAPAN


たとえば、





自身の中に実現したいプランの青写真が有り、





それを何とか具現化したい





でも・・・




そのためには数々の障壁を乗越えなければならない






そこで人が取る手段とは・・・





所謂、建設的妥協である。





これとこれを省けばなんとか上手くいく




或いは最大限に・・・




自身の青写真に近づけることが可能である。





ところが、




天才という人種は無邪気故に・・・





無理矢理にでも




そんな二律背反を自身の中で肯定しようとする





人類の英知がここまで発達したのも、




妥協を許さぬ・・・




弛まぬ努力と知的好奇心の結集にある。





だけど・・・




それに振り回される周囲堪ったものではないだろう





子供達が、



自身の納得がいく結果が得られず





周囲の大人たちに対してキレるのと同様に、





ⅩJAPANのYOSHIKIは、





またしても




期待に違わぬ無茶な大暴走を敢行して・・・











今日




周囲を煙に巻く!!(笑)





(HD*Subbed) X JAPAN - SILENT JEALOUSY / RETURNS 12/30











2008.04.08    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「紅」 X JAPAN


XJAPAN・・・




彼らの音楽




海外で高い評価を受けている理由は、





一体何処にあるのだろう?






洋楽のエッセンス




日本人のウエットな感性を織り込んだ




情緒的なメロディ・・・






それはそのまま





あのヨーロピアン・ヘヴィメタルにも通じる。






でも、



それだけではないだろう。




派手なメイクやコスチュームを伴う




ヴァーチャル・リアリティなコンセプト







それは日本のアニメに対する海外での評価シンクロする。







歌謡曲とアニメとヘヴィメタル!!





この三つの表現スタイルに共通するもの。





それは夢を掻き立てる・・・





ロマン!!




そう・・・




あの過剰なロマンチシズム!!






おまえはいったい・・・




どこまで俺を追いかけてくるんだ!!





おれがおまえたちに撒き散らした夢のかけらを・・・




どこまでも、




どこまでも、






おまえたちは執拗に追い求める!!





そこにどんな夢が潜んでいるのか





確かめるまで
・・・





真っ赤な紅の夕焼け





いつまでも、




いつまでも、






放課後のこどもたちは、夢中で追い続ける










そこにいるおれを見つけてみろよっ!! と、





hideがあの優しい眼差し



・・・





いまも、微笑んでる








2009.05.03 X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 「紅」









2008.04.07    カテゴリ:  お笑い 

   「ばがやろぉぉ 早く食え」 (笑)


人は何故





たったひと言の“真実”





伝えるために・・・





様々な煩雑な“手続き”





踏まなきゃいけないのだろう?




しかも、




手続きを踏めば踏むほどに





余計に判りにくくなり、






有らぬ誤解を招いたりする







こうなると、もう・・・





生きていること自体が苦痛の源泉




なったりなんかして。





精神を病んでしまったりする




元になったりして。







その点・・・




落語の世界は、




その手続き自体を寧ろ楽しんじゃう




逆転の発想!! (笑)






伝えたいのは






最後の・・・





オチのたった一言





ああ~、





それなのにそれなのに!!












こんなふうに手続きを楽しめたら







きっと・・・





世の中天下泰平!!





なのにねっ。





(笑)






木久蔵 「ばがやろぉぉ 早く食え」









2008.04.02    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「No Expectations」 THE ROLLING STONES


片田舎の・・・






錆びれた駅のホームにしゃがみ込んで・・・





俺は一体誰を待つ?






いつまでも・・・



いつまでも・・・





遣って来ない列車の音に耳を澄ます・・・







聴こえる筈なんか無いのに。






気が付いたら・・・




生まれたときからこうしてずぅ~っと





待ち続けている








期待し続けている









もう、そろそろ、




遣って来てもいい筈






彼女





息を切らせながら走ってくるのを、





とても懐かしげに・・・







The Rolling Stones - No Expectations




ベガーズ・バンケット
ベガーズ・バンケット
(2008/01/23)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る













Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog