プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
貴方の心に辿りつきたくて・・・今日も また日が暮れる Apr 27, 2017
心はいつも 君と共に!! そんな素敵な嘘を僕等は一生賭けて信じ続けるのさ・・・ Apr 26, 2017
おれはおまえと出会えてうれしいんだ。 さぁ、なにから話そうか? Apr 25, 2017
脱原発というメッセージは、異なる価値観を越えて、今日を明日に繋げるという事だよね!! Apr 23, 2017
待っててね。僕も今すぐ!! きみという名の希望の光を追いかける・・・ Apr 22, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  「Don't Stand so Close to Me」  The Police   「Hybrid Rainbow」  The Pillows   「Do You Understand」 Anthem   「Bad Medicine」 Bon Jovi
2008.01.23   カテゴリ:《 ポップス 》
   「異邦人」 久保田早紀
2008.01.22   カテゴリ:《 ポップス 》
  「ルビ-の指環 」 寺尾聰   「宿命の女」 The Velvet Underground & Nico   「 CASE OF INSANITY 」 The Roosters   「天体観測」 Bump of Chicken    プロレス・ロマンに思いを馳せる・・・   ジャイアント馬場とロックンロール!!   「Brixton Madness Party Generation」 SHERBETS   「わらのバッグ」  SHERBETS   神は全てのものに対して平等なのか?   「Dont Stop」  Fleetwood Mac   「Saturday Night」  Blankey Jet City   今年もよろしく!!

2008.01.31    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Don't Stand so Close to Me」  The Police


難しいことは、わかりやすく・・・




面白いことは、深く・・・





もしかすると、これは教育のエッセンスなのだろうか?






つまらない教師に学んだこどもは、






やがて・・・





つまらない大人になってしまう





と、したら・・・






そんなときは、ボトルに願い事を入れて海に流してごらん!!





もしかしたら・・・




その願い事は遥かな時空の彼方で、





だれかの笑顔を一生懸命・・・





探してるっ





高校教師に尋ねてみなよっ!!











生き方の法則って・・・





そのボトルの中なの?




って(笑)。





The Police - Don't Stand So Close To Me: Video


Zenyatta Mondatta Zenyatta Mondatta
The Police (2003/03/04)
Universal Japan
この商品の詳細を見る








2008.01.27    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Hybrid Rainbow」  The Pillows


こんなんじゃない!!



こんなんじゃない!! と、





鬩ぎあいながら格闘することに・・・






時々、疲れる。



時々、弱気になる。



時々、全てを諦める。




わかったよっ!!






俺がいくらもぐら叩きのように おまえらをブチノメシテモ・・・






ぜぇ~んぜん懲りないもんなっ!!






そうっ。





たとえ・・・少しずつでも、ぼくら前進してる。



誰一人気付いてくれない。




誰一人手を振ってくれない。





そんな無人島のような僕の心も、





あなたの微笑で・・・




ハイブリッド!! な虹に変る・・・









The Pillows 「Hybrid Rainbow」


Fool on the planet



Fool on the planet
the pillows (2001/02/07)
キング
この商品の詳細を見る










2008.01.25    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Do You Understand」 Anthem


僕が20代の頃・・・




頻繁に通った、とても狭い! ライヴハウスが




嘗て、そこに在った。






京成千葉駅で降りて・・・





ボーリング場や住宅沿いの裏通りを歩いていくと、




雑居ビルの一角に出くわす。






そのビルの地下へ通じる階段





降りていく・・・




扉を開ける





そこは不穏な世界・・・





薄暗くて狭いフロア




100人も入れば、一杯!




酒と紫煙・・・




咽返る・・・人いきれ。




ステージとフロアの段差なんて、殆ど無いっ!!




やがて・・・



バンドの連中が、



後方の楽屋からフロアの真ん中を堂々と・・・





ステージに向かう。




熱狂と興奮!!



ここだけは・・・いつもパラダイス!!




「さぁあああああああ!!」



「今夜も騒ぎまくろうぜぇええええええええええええ!!」










久しぶりに、あのビルへ行ってみた。




うら寂しいあの風情のまんまで、そこにぽつんと建っていた。





でも、今はもう・・・









Anthem - Do You Understand?







NO SMOKE WITHOUT FIRE NO SMOKE WITHOUT FIRE
ANTHEM (2005/06/22)
キング
この商品の詳細を見る











2008.01.24    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Bad Medicine」 Bon Jovi


日本人の老若男女に、



最も! 愛されるロック・バンド



そして・・・



矢沢やサザン、ユーミンに匹敵するハードロック・バンドといったら、



それは、ボン・ジョヴィ!!



暑苦しいへヴィメタにも拘わらず、



誰もが口ずさめる。



誰もが素直に感情移入できる。



そして誰もが・・・虜になる!!




なんだか、



太陽の下で汗をいっぱいかきながら喰らう!! 




ハンバーガーとコカコーラみたいだ。

(笑)



ハンバーガーとコカコーラとフライドポテト



嫌いな人間って・・・



あまし、みかけないよねっ。



べつに、


良識のある・・・


分別のある・・・おとなが、



「こんなのジャンクフードだ!!」って云っても構わない。




ぜぇ~んぜん、へいき





とりあえず・・・





いっぱい!! 汗かいて、


いっぱい!! 腹減らして、


いっぱい!! 愛し合っていたい。







ロックンロールの妄想の中に埋もれていたい。




それが、きっと




Bad Medicine !! だと、





わかっていてもねっ




(笑)










Bon Jovi 「Bad Medicine」 




クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI
ボン・ジョヴィ (2006/01/25)
ユニバーサル インターナショナル
この商品の詳細を見る











2008.01.23    カテゴリ:  ポップス 

    「異邦人」 久保田早紀


子供の目線





眺めていた世界を





いまとなってはもう、想い出せない







ジャングル・ジムのてっぺんから



見下した世界







きっと・・・





ここまではだれも追いつけない!!





さあ・・・ぼくは天を掴むぞ






あっ!!




あんなとこをあいつらが走ってる・・・




きっと、



いつもの肉屋で


またコロッケを頬張る気なんだっ







市場まで自転車に乗って、




猛スピードで駆け抜けるぼくをみた






ああ・・・





なんだか眩暈がする









♪ あなたにとってわたしただの通りすがり


ちょっとふり向いてみただけの異邦人







・・・





気付いたら教室の机の上で居眠りしてた。








久保田早紀 「異邦人」 



サウダーデ(紙ジャケット仕様) サウダーデ(紙ジャケット仕様)
久保田早紀 (2007/05/09)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る









2008.01.22    カテゴリ:  ポップス 

   「ルビ-の指環 」 寺尾聰


この人の父親は、






飄々とした・・・





独特のオーラを放つ人だった。(笑)





これを活字で表現するのは、ひっじょーにムズカシイ・・・



んん・・・



まぁ・・・おとこっちゅうもんは!




きみのいうとおり・・・



おくびょうないきものなんだねっ。




つまり・・・




うぅ・・・・・・・・ん!




みたいな。(笑)









そして、彼も・・・





そんな父親のDNAを受け継いでいるのだろう





臆病だから・・・見栄を張る!



臆病だから・・・“粋”に拘る!





臆病だから・・・
きみを離したくないのに、




きみから離れていく











“俺に返すつもりならば捨ててくれ・・・“







からっからに乾いた・・・



倦怠と気紛れは、





ロックンロールの美学!!










石原裕次郎出演 松竹梅CM

寺尾聰 - Re-Cool ルビーの指環



Reflections Reflections
寺尾聰 (2000/12/06)
EMIミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る










2008.01.21    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「宿命の女」 The Velvet Underground & Nico


始発電車に揺られながら・・・





君の・・・





話すときのアクセントとか





きみの眼差し・・・




きみの匂い・・・




きみの温もり・・・








全てが時に揺られて・・・僕の中に埋もれてゆく










あなたを失うことなんて





きっと・・・



だれも気付いてないよ!






でも、ふたりの宿命・・・












窓から匂う朝の陽射しみたいに







溶けていったね・・・







VELVET UNDERGROUND - FEMME FATALE



The Velvet Underground & Nico The Velvet Underground & Nico
The Velvet Underground (1996/05/07)
A&M
この商品の詳細を見る










2008.01.20    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「 CASE OF INSANITY 」 The Roosters


新宿に・・・




ローリングストーンという




伝説のロック喫茶があった。



嘗ては・・・



あのロッキング・オンの山崎洋一郎




店長を務めていたこともあったらしい。




僕は、2~3回程




そこで呑んだことがあった。




友人二人と・・・




「伝説のロック喫茶だし、ちょっと、いこかっ!」




ってなことになったわけだ(笑)。




DJにリクエストカードを渡す。





僕はヴェルヴェット・アンダーグラウンドやキンクスを




リクエストしたっけ?




やがて、友人二人の内、一人が先に帰った。




僕ら二人は・・・





当然のように、議論沸騰!!





互いの人生観や価値観の間に横たわる





溝の深さが・・・




どんどん・・・




酩酊するほどに・・・




露になる。






しまいに僕は、





大江慎也(ex・ルースターズ)まで引き合いに出してしまう。




ぼろぼろに崩壊していく自身





世間に晒すことで




それすら・・・



表現として成立してしまった




あの頃の大江は、





表現者として余りにも不幸だったのだろうか?








大丈夫!!





僕は君と何等変らない






ほんの少しだけ・・・






君との間の





距離感が掴めなくなっただけだから





The Roosters - CASE OF INSANITY


INSANE(紙) INSANE(紙)
THE ROOSTERS (2003/09/10)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る










2008.01.15    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「天体観測」 Bump of Chicken


満天の星空・・・





あれは、




子供の頃、友達の田舎へ誘われて



家族みんなで一緒に泊まったときだったっけ。









先日・・・




見上げた空に星が瞬いてるのを発見した






あれがきっと・・・




そう! オリオン座






見えないものを、





必死になって見つけようとする天体観測は






きっと・・・






すぐそばにあるのに気付かずにいたものを





必死になって見つけようとすることに



似てる









花屋の店先で




突風に吹き倒された鉢植え






いつもなら知らん振りして





通り過ぎていた。






だって・・・誰かが気付くよ!






そうやっていつも逃げてたねっ







僕は、



そぉぉ~っとその鉢植えを、起こしてあげた。






通り過ぎるとき、





「気付いてくれたんだね!」って





笑った!!




かな?











BUMP OF CHICKEN - 天体観測 (Tentai Kansoku)


jupiter jupiter
BUMP OF CHICKEN (2002/02/20)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る












2008.01.14    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

    プロレス・ロマンに思いを馳せる・・・


嘗て・・・



ジャイアント馬場とアントニオ猪木の直接対決という



プロレス・ロマンが・・・






結局・・・実現しなかったんだけど。




昭和54年8月26日に東京・日本武道館で行われた、



3団体(新日、全日、国際)全選手出場の


『夢のオールスター戦』。





リング上で、猪木は馬場に呼びかけた。





「馬場さん!やろうっ」と。





馬場はその申し出をその場では快諾した。





だが・・・




その後の紆余曲折で実現に至らなかった。



何故か?




ゆめは・・・シャボン玉。




その対決を実現させるということは




プロレス・ファンのゆめというシャボン玉を・・・




ぽんっ!、と




破裂させてしまうことだということを、




きっと、



誰よりも判っていたからだと・・・




今なら、そう思う。




勿論、これは僕自身の妄想!!(笑)。




一人ひとりが思う夢の中では、既に決着がついてるんだよね。





そして・・・




未だに、試合開始のゴングが鳴ってからも





夢は果てしなく・・・死闘を続けてる。





今日は成人式だね。




きっと・・・



彼らのゴングもまだ、鳴ったばかり。





どんな闘いを・・・




あの人生という四角いリングで繰り拡げていくんだろね?(笑)















みんな、おめでとう。






Primal Scream 「Loaded」


ダーティ・ヒッツ  (DVD付き限定盤) ダーティ・ヒッツ (DVD付き限定盤)
プライマル・スクリーム (2003/10/29)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る









2008.01.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ジャイアント馬場とロックンロール!!



“昭和52年 6月12日 東京 世田谷区体育館 45分1本勝負
大相撲力士からプロレスラーへ。後に「Mr.プロレス」として名を馳せる天龍源一郎のデビュー戦。対戦相手は、3度目の来日となるメキシコの覆面レスラー、メヒコ・グランデとイタリア出身の超ベテランレスラー、マリオ・ミラノ。タッグパートナーのジャイアント馬場が見守る中、天龍はどんな戦いぶりを見せるのか? その初々しいファイトに注目!”





ネット配信の番組で貴重な映像を見る機会があった。





プロレスラー天龍源一郎のデビュー戦!!




しかも、タッグ・パートナーがあの・・・ジャイアント馬場!!




この映像を見ていると、




天龍の初々しい・・・



真っ直ぐなファイト・スタイル



先ず、魅了される




しかし・・・





それよりなにより、




僕はあの・・・



馬場さんの優しい眼差しそのままのファイトに・・・




魅了されてしまう




プロレスというスポーツはまず格闘技である。




そして・・・



観客にユメを魅せてくれる、エンターテイメントの象徴!! である。




この当時の馬場は動きもシャープだ。




大技、小技を次々に繰り出してくる。






これをロックンロールに例えるならば




オアシスのリアム・ギャラガーが・・・




まるで!! ストーンズのミック・ジャガーのように




ステージで腰を振り、腕を振り上げ、




ステージの端から端まで・・・駆け抜ける姿を想像して欲しい!!









そう!!


 
そんなことは絶対にありえない(笑)。





彼(リアム)は・・・



ロックンロール蝋人形!!と、揶揄されるほど




ステージでは直立不動








後ろ手を組んだまま、動かない!!





話が逸れた。




未だに・・・



馬場プロレスを誤解!! してる人達に対しては、




この映像が



その真実を如実に語ってくれる筈だ




正直・・・




僕も全盛期のジャイアント馬場を、




殆ど!!記憶していない







みんなの嬉しそうな顔が見たい!


みんなの楽しそうな顔が見たい!


みんなの幸せそうな顔が見たい!






ただ、それだけ。





そう・・・



彼のプロレスはいつだって、




あの大きな優しさに包まれていた









The Rolling Stones 「Satisfaction」

Oasis - Hello (Japan)











2008.01.12    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Brixton Madness Party Generation」 SHERBETS


プラスチックは、



熱を加えるとどんな形にも伸縮自在




だから・・・



どんな型にも順応してしまう





だけど・・・




人間は、無理矢理に鋳型に嵌められると





すんなり順応する奴もいれば、





出っ張ったり、




はみ出したりする奴もいる





大人はそれを・・・




既成概念という物差しでしか計れないから





計測不能になると・・・




すぐに放り出す!!




「やぁ~めた!!」





あとはゴミ箱へぽいっ




不良品はきちんと処分しましょう!!







窮屈な鋳型に無理矢理嵌められた子供たちは・・・




そのまんま




固まって萎縮してしまう







みるみる・・・




生気を奪われて誰も気付いてくれない





ロックンロールには、




既成概念は最初っから存在しない!!






だからどんな場所へもいけるっ!!



どんな形にも変幻自在!!






余計なもん・・・




窮屈なもん・・・




退屈なもんを・・・







どんどん削ぎ落としながら・・・





やがて・・・




純粋なもんを探しに、子供たちは旅立つ・・・











じゅんすいなことがしたいなぁ~






SHERBETS 「Brixton Madness Party Generation」 












2008.01.11    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「わらのバッグ」  SHERBETS


引き裂かれてもいい・・・






どんなに楽しくても




何時か・・・





過ぎ去ってしまうから







引き裂かれてもいい・・・







どんなに愛しくても




何時か・・・





別れなきゃならないから





「さあ!!もう帰るよっ」





母親と父親が急かす・・・





したら・・・





叔父が云う






「坊や! うちに泊まってくか?」


「うんっ!」



「このまま・・・うちの子になるか?」


「うんっ!」



「ははは!!」







でも・・・



やっぱり、帰るなぁ




うん・・・



やっぱり、帰るっ






うちへ帰ろう。





ぼくのこころを、わらのバッグに封じ込んで・・・









そして、僕は車に乗り込んだ・・・






SHERBETS 「わらのバッグ」 




SIBERIAN MADNESS(初回限定盤)(DVD付) SIBERIAN MADNESS(初回限定盤)(DVD付)
SHERBETS (2005/11/23)
Sexy Stone Records
この商品の詳細を見る












2008.01.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   神は全てのものに対して平等なのか?


浜崎あゆみ



突発性内耳障害のため・・・




左耳の聴力を完全に失ってしまったことを、



自身のファンクラブ向けホームページで公表した。




その告白が・・・世間を騒然とさせている



医者からも



「左耳はもう完全に機能しておらず、




治療の術(すべ)はないと診断された」と・・・





僕はこの話を聞いて、すぐにある人物を想い浮かべた。



その人の名は・・・




元ミッシェルガンエレファントのベーシスト、ウエノコウジ



彼は小さい頃、



突然!!片側の耳の聴力を失ってしまったという。




その事実を僕は




ロッキング・オン・ジャパン1999年1月号の



「ウエノコウジ3万字インタビュー」で、



知った。




でも彼は、




その余りにも重い事実を、




なんの拘りもなく実にあっけらかんと語っていた。




別に、何等支障なく普通に生活してきたのだから、と。




当たり前に音楽を聴いて、



当たり前に酒を飲んで、



当たり前に友達と語り合い、



当たり前に酔っ払って大騒ぎして・・・




唯一、人と違うことがあるとしたら、




それは・・・




ステージ上での定位置に拘る事と、



他人と話すときに、



無意識に座る位置に気を遣ってしまう事位だと。





この世に、



完璧な人間なんてきっと存在しないように・・・




なにかを失っても、




それと引き換えにして余りある素晴らしい才能を、




惜しげもなく神様から与えられるように・・・




神は、



全ての生きとし生けるものに対して





平等なのだろう






大丈夫っ!!





あなたはこんなにも音楽の神様に愛されてる






ねっ(笑)。












浜崎あゆみ / HEAVEN

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「スモーキンビリー」(Live)










2008.01.06    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Dont Stop」  Fleetwood Mac


道端で立ち尽くす・・・



道端で膝を抱え込む・・・



道端で途方にくれる・・・





ねえ、





そのままじゃ、凍り付いちゃうよ!!





じゃあ・・・動こうか? (笑)






少なくとも気分だけは走り出すよねっ。








振り向くな!!






昨日までの辛い過去が追いかけてくる。






振り向くな!!






取り敢えず、今は・・・



ねっ。








ほらっ・・・





太陽に追いつけるぞっ!!(笑)









Fleetwood Mac - Don't Stop (Promo clip)


Rumours Rumours
Fleetwood Mac (2004/03/23)
Warner Bros.
この商品の詳細を見る











2008.01.02    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Saturday Night」  Blankey Jet City


お正月だから。


(笑)



おれのおふくろとおやじの話をしよう。



おれが・・・



親不孝でろくでなしの最低の息子だからなのか・・・




ふたりとも、



「こんな馬鹿息子を当てにしてたら



いつまでたっても・・・幸せに辿りつけない!!」



と悟ってるのか・・・





好き勝手にそれぞれの人生を愉しんでる。





最高にファンキー!! でごきげんな両親だ。



そう・・・



きっと、不満なんて云いだしたらきりが無い。





だったら無理やりにでも




人生を彩る術を見出して愉しまなきゃ、




絶対!! 損だっ。





それが人生の極意だよっ。




と・・・



彼らは無言のうちに教えてくれてるのかもしれない(笑)。





「親は無くとも子は育つ」という格言があるけれど。





ふたりにとっては・・・



「子はかまわずとも親は楽しむ!」かもしれない。



ありがとう!!




あなたたちは最高に素敵だよっ。









人生って・・・




土曜の夜の素敵な冒険なんだねっ。








blankey jet city saturday night










2008.01.01    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   今年もよろしく!!


今年も、また・・・



素敵な出会いがあるといいね。





そして・・・いかれた奴らと



毎晩・・・


毎晩・・・




素敵ないかれたパーティに





明け暮れよう・・・




明日のことなんて全く考えないでいいから!!




だって・・・おれたち!!



スリルと興奮に満ちたロックンロール・パーティへの参加資格を




生まれたときから得てるんだもんっ!!



何故って?



・・・フフフン




考えてみなよっ!!




終電に乗り遅れても・・・



きっと何処かで息を潜めながら、



おれたち、チャンスを伺ってる!!



やがて・・・




朝靄に煙る街並み眺めながら、




おれたち!! いつでも・・・旅立てる










永遠に尽きることがないドンちゃん騒ぎ!!






素敵な小麦色の斜面でおれたち・・・




街を眺めてる







BLANKEY JET CITY 「小麦色の斜面」











Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog