プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017
 全1ページ
このページのリスト
  全ての音楽に感謝!・・・そしてあなたの全てに!   ワンライフプロジェクト   石川さゆりは何故!?イギーなのか・・・   もしも美空ひばりが生きていたら・・・   悔しいけど・・・   MERRY CHRISTMAS・・・
2007.12.22   カテゴリ:《 ポップス 》
  「川の流れのように」  美空ひばり
2007.12.18   カテゴリ:《 ポップス 》
  「ラブ・ストーリーは突然に」 小田和正   「アンジェリーナ」 佐野元春   「HERO(ヒーローになる時、それは今) 」 甲斐バンド   「Jailhouse Rock」  Elvis Presley
2007.12.14   カテゴリ:《 ポップス 》
  「真夏の出来事」 平山みき   LED ZEPPELIN REUNION・・・2007!!   「Jigsaw Falling Into Place」  Radiohead   「悲しき ASIAN BOY」 THE YELLOW MONKEY   「Give Peace A Chance」 John Lennon    「Honky Tonk Women」 The Rolling Stones
2007.12.05   カテゴリ:《 原田真二 》
  「I Need To Wake Up 」  Shinji Harada   「Welcome to the jungle」 Guns N' Roses   「 Save a Prayer」 Duran Duran
2007.12.02   カテゴリ:《 ポップス 》
  「Sing」  The Carpenters   「Bohemian Rhapsody」 Queen

2007.12.30    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   全ての音楽に感謝!・・・そしてあなたの全てに!


冷たい風に吹かれて・・・





街を彷徨っていても、








きみが声を掛けてくれたことを




想い出せば・・・





いつも、こころは暖まる。




だから・・・




今度はぼくが、きみのこころを暖めてあげる!!







そんな日が来たらいいなぁ・・・









みんなみんな・・・ありがとう




よいお年を!!







The Verve 「Bittersweet Symphony」

Oasis 「Whatever」











2007.12.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ワンライフプロジェクト


自分がいま、この世に生きていることが



もしかしたら・・・



誰かの心の支えになってるかもしれない。





今朝の新聞紙上で、こんな記事が眼に留まった。



16歳で他界の少女 虹にかける願い




彼女が綴ったメッセージ・・・



「たったひとつの命だから」





このメッセージが、




福岡市在住の詩人童涼景さんの目に留まり、




始まった・・・ワンライフプロジェクト







あなたが生きているだけで、誰かが今日も救われている。




だから・・・





あの空に、





素敵な虹をかけよう!!









今日もこの大地に、





素敵なロックンロールを響かせちゃおう!!

(笑)












きみにきこえるように・・・









Judy Garland - Over The Rainbow (Subtitiles)

Slade 「Cum on feel the noize」








2007.12.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   石川さゆりは何故!?イギーなのか・・・


♪ 誰かに盗られる くらいなら

あなたを殺していいですか?

(天城越え)



♪ 俺にも欲はあるんだ俺はいわゆる現代人だ

そういう話は聞いてたさ

それもこれも現世の欲望のせいだ生身の欲望の仕業だ

(ラスト・フォー・ライフ)





この二つの曲の歌詞の一節を並べてみただけなのに・・・




どちらにも共通することがひとつだけある。




それは・・・




どこまでも不可思議でやっかいな・・・




“人間”という名の代物!!




どこまでも不可思議でやっかいな・・・




人間という“業”!!





彼女(石川さゆり)は何故、帯締めを斜に結ぶのか?




それはね・・・




“あたし”というやっかいな“業”を、





貴方に全部・・・




引き受けて欲しいから!!




そのなのよっ。








イギーが、



I WANNA BE YOUR DOG! と叫ばなくちゃならないのは、




お前という名のやっかいな代物を・・・









すべて引き受けてやるぜっ!! という印かっ(笑)。





これからは・・・




彼女(石川さゆり)を演歌界のイギー!! と呼ぼう(笑)。










石川さゆり 「天城越え」

Iggy Pop 「Lust for Life」










2007.12.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   もしも美空ひばりが生きていたら・・・


もしも・・・



美空ひばりが生きていたら、




椎名林檎を見て、





「あらぁ~!あなた、若い頃のあたしにそっくりよっ」



って、云ったんじゃないかな(笑)。





かたや・・・


昭和という時代が生んだ奇跡!!



かたや・・・


平成という時代が生んだ天然少女!!





新しいものに敏感で、




いつも好奇心に眼を輝かして・・・




ブルースも、ゴスペルも、ジャズも、ブギも、



マンボも、ボサノバも、



民謡も、小唄も、都都逸も・・・






どんなジャンルも彼女(ひばり)というフィルターを通すと、




それはポップという名の普遍



昇華される。








それは、そのまま・・・





椎名林檎と云う名の天然!!




♪ 「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって


貧しさこそが敵


ぜいたくするにはきっと妬まれなきゃいけないね







ほぉ~らっ!!




やっぱし・・・あんたって、あたしにそっくりだっ(笑)






ん・・・? 知らないってばっ(笑)









風が吹いてるだけだょっ





美空ひばり 「お祭マンボ」

Tokyo Jihen + Killer Tune









2007.12.25    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   悔しいけど・・・


自分が10代だった頃を想い返してみると・・・




自分より上の世代・・・




つまり“大人の世代”は・・・




何一つ判っていない偽善者の群れとして、




自身の目に映っていた。







でも・・・




「君達の気持ちはよくわかる!!」とは、






どうしても・・・云えない。







若い連中の中に埋もれていると・・・





こんな自分こそがKYだと思う。







でも、同時に




「だから、なんだよっ!」って気持ちも強くなる(笑)。




悔しかったら、ここまで来てみろっ。




真っ暗闇を這いずり回るぞっ!!




光なんか見えないぞっ!!





それでも必死になって・・・這いずりながら、答えを見つけにいく!!






悔しいけど・・・それこそが人生だっ。











The Jam 「Going Underground」

the who 「my generation」








2007.12.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   MERRY CHRISTMAS・・・


どんなに人々が争っても・・・




どんなに血が流れても・・・





どんなに価値観が引き裂かれても・・・






どんなにこの世を憎しみが覆い尽くしても・・・










今夜だけは・・・MERRY CHRISIMAS!!




想いうかべるよ・・・




きっと!!




Love&Peace・・・






John Lennon 「Happy Christmas (War Is Over)」











2007.12.22    カテゴリ:  ポップス 

   「川の流れのように」  美空ひばり


毎年・・・



この時期になると己を振り返り、無常感に囚われる





毎年の恒例だけど・・・





おれは一体、なんのために。



おれは一体、だれのために。




おれは一体、何故・・・生きているのかと





それなのに・・・




この唄を聴いているだけで、



その理由がいとも簡単に透けて見えてくる。






曲がりくねった、でこぼこだらけの道のり・・・







でも、そんなこと気にすんなよっ!!









みんなあの海に還るために



生きていくんだから!!








あの海にみんな溶けていく・・・




すべての“とき”は飲み込まれていく。



母なる海に










美空ひばり 「川の流れのように」








2007.12.18    カテゴリ:  ポップス 

   「ラブ・ストーリーは突然に」 小田和正


嘗て・・・




トレンディ・ドラマと呼ばれるものが




流行っていた時代があった。




めったに・・・



この手の恋愛ドラマに感情移入したことが無かったのに。




何故か・・・



このドラマにはリアリティを感じて止まなかった





人と人は出会って・・・





いつか、また別れてしまう




あのとき・・・



あの場所で・・・



出会ってなければ・・・





まだ・・・



あなたを大好きでいられたかも!!








君との素敵な時間を・・・





胸に閉じ込めたまま。








小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」 










2007.12.17    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「アンジェリーナ」 佐野元春


今年もあと僅かで終わってしまう





何が変わったか?


何を失ったか?


誰を愛せたか?




・・・



それとも



何も変わってないことに気付いたか?




君が・・・



「ねえ!!こっちにきてみない?」


「素敵な刺激が待ってるよっ!!」





と誘ってくれたとき・・・




僕は99パーセント!!の確率で断るつもりだった




なのに・・・



僕の口から零れた“ことば”たちは




「いゃあ~!!いつ誘ってくれるかとずう~っと待ってたよ」






と、即決してた。







そこは、確かに素敵な素敵な・・・場所だった






予期しない人から・・・





「ねえっ!友達にならないっ?」



声を掛けられた





君は僕の中の





“先入観”という名の壁




ライフルで粉々に打ち砕いて・・・






にっこり微笑んでいた






道端には深い深い・・・




落とし穴も潜んでいるけど




瓦礫の中のダイアモンド・リングが見つかることもあるんだねっ(笑)。





今夜も又・・・




きみに逢いに行くよっ!!





アンジェリーナ・・・










佐野元春 「アンジェリーナ」 



BACK TO THE STREET BACK TO THE STREET
佐野元春 (1992/08/29)
エピックレコードジャパン
この商品の詳細を見る









2007.12.16    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「HERO(ヒーローになる時、それは今) 」 甲斐バンド


嘗ての、アイドル全盛時代・・・




ロック・バンド



世間にその“メッセージ主体”の姿勢が認知され始めたのだろう。




メディアにも頻繁に登場するようになっていた。





にも拘わらず・・・




ロック・バンドは何故



テレビの「歌番組」出演を拒否したのだろうか?





その理由とは・・・




ライヴこそが全て!!



ライヴの空間に於けるあの独特の“場の熱量”に勝るものが



他に見当たらないから。





そこに存在するのは、聴き手とのダイレクトなコミュニケーション!!





そして・・・ラジオなら、




聴き手との間にイマジネーションを介在させた


相互の意思の疎通




可能





でもテレビの場合は・・・相手の実体が掴めない




見えない相手に向かって、




俺は一体・・・何を伝えるのか?




そんなジレンマとの格闘を最初から拒否することが




メッセージだったのかな。






甲斐バンドが「ザ・ベストテン」に初出演した際に、



彼(甲斐よしひろ)は、




ぎりぎりの妥協!!を選んだ。






それは・・・




自身がパーソナリティーを務める




ラジオ番組内での「公開ライヴ」の現場に於いてならというものだった。





当然、そこには少数のオーディエンスが介在した。






その生放送で、甲斐は水割りを飲みながら唄った・・・




それが物議を醸した訳だ!!(笑)。



曰く・・・不謹慎







ロックンロールに対しての世間の認識はそんなもんだった。






遥か昔の・・・メルヘンだねっ!!(笑)。











HERO(ヒーローになる時、それは今) / 甲斐バンド




甲斐バンド・ストーリーII 甲斐バンド・ストーリーII
甲斐バンド (2007/12/12)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
この商品の詳細を見る








2007.12.15    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Jailhouse Rock」  Elvis Presley


を犯したら、




刑務所に入獄・・・



そこはこの世の地獄の筈だった。




それなのに・・・



昨今は・・・ここだけが楽園!!





受刑者の高齢化と再犯率は見事に・・・



比例するようだ。





何故なら、



家賃は無料



バス・トイレ・個室・セキュリティー完備



おまけに国民の血税で職業訓練まで受けられる!!



これを楽園と呼ばずして・・・



何とする!!





世界で一番治安の良い国がいつのまにか・・・




世界で一番受けたい授業は、刑務所の職業訓練!!





てなことになってしまうのかっ(笑)。






きっと・・・




このままなら犯罪者を矯正するどころか、





誰もが楽園の切符を求めて行列をつくる光景を





眺めるようなことになるのかな?







神様・・・・・・・・・・・




こんな筈じゃないだろ?(笑)








Elvis Presley  「Jailhouse Rock」 







2007.12.14    カテゴリ:  ポップス 

   「真夏の出来事」 平山みき


今年の漢字に選ばれたのは「偽」



偽造・・・

偽物・・・

偽装・・・





己を偽り己を美化して・・・




あなたに、すこしでも高く高く・・・





買ってもらおう!





少しでも・・・


少しでも・・・




悲しい出来事が起こらないように




君にいつか・・・



笑顔で話せるときが来るかな?






そう。



あなたに悲しい出来事






起こらないように・・・













そんな・・・悲しい嘘をついた










平山みき 「真夏の出来事」










2007.12.13    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   LED ZEPPELIN REUNION・・・2007!!


正直な話・・・




ここまで素晴らしいとは思わなかった




いや・・・




寧ろ、全く期待なんかしていなかったんだから。






それなのに・・・


それなのに・・・







このライヴの模様を伝えたニュース映像から伺えるのは・・・





あの音の塊!!





天から降ってくるグルーヴの塊!!





どうして・・・




その場に僕は、いなかったんだろう~







こんなロックンロールの奇跡に出会えるのなら・・・







きっと、僕は感謝しちゃうよっ





ロックンロールの神様にありがとうって



(笑)









Led Zeppelin London O2 Arena Reunion Black Dog









2007.12.11    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Jigsaw Falling Into Place」  Radiohead


ネット社会に移行してから何が一番変わったか?





何よりも音楽の愉しみ方が変わった。







誰もがネットで好きな曲をダウンロードして愉しむ。





それによって必然的にCDが売れなくなる





よって、音楽業界自体が実質的な変革を迫られる





レディオヘッドの新作アルバム『IN RAINBOWS』は、




ネットでのダウンロード



先行リリースされる。




しかもその購入価格はリスナー自身によって決定される





これはどういうことかといえば、




リスナーの価値観に全てが委ねられるということだろう






我々はアーチストの表現に対する対価としてお金を支払う




アーチストは自身の表現に対する対価として報酬を得る




そして・・・



そこには当然のごとく流通機構が介在する筈だ。




だが、彼らはそれをまず取っ払ってしまう





ここに、アーチストとリスナーの等価な関係性が生まれる




多分・・・




これは有史以来の革命だろう







更に・・・



同作のアナログとCDが2枚組特典付きディスク・ボックスとして




直販リリースされるらしい。





こちらは逆に高額の完全受注生産となる。





つまり・・・



ここでもリスナーの意思に委ねられる訳だっ







ロックンロールという発明品が、






既存の価値観を次々に破壊して




全く新たな価値観を生み出していく魔法の杖だとしたら・・・




これこそ!! ロックンロールの魔法だろう



(笑)



どんなに青臭くても・・・



どんなに幼稚でも・・・






試してみる!!



遣ってみる!!




BEATLES、

LED ZEPPELIN、

SEX PISTOLS、

CLASH、

MANIC STREET PREACHERS、

RADIOHEAD



・・・




そうだっ。



ロックンロールは死なない!!









Radiohead  「Jigsaw Falling Into Place 」(thumbs down version)

イン・レインボウズ イン・レインボウズ
レディオヘッド (2007/12/26)
Hostess Entertainment
この商品の詳細を見る











2007.12.10    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「悲しき ASIAN BOY」 THE YELLOW MONKEY


「思い出の詩」

今から六年前
あの「さくら」の木に出むかえられ
ぼく達は入学した。
つらい事
楽しい事
いろいろあった。

一・二年のころは
いつも給食を残し
そのため友達から「食え」と
せきたてられた。
運動会や体育の時間
ぼくは「かけ足」がいつもびりで、
はずかしかった。
今でも「びり」だが、
もうはずかしくない。

やはり年をへて
そんな気持ちは自然に消えたのだろう
その他、遠足や見学などでも、
いろんな出来事があった。

見学のあい間の休けいや、
バスの中などで、
 友達とふざけ合ったりした。
また、
学校ではよく先生にしかられた。
そのたびに
ぼくは反省した。
一・二年の時は
そんな事はなかったが、
三年になってからは、
つくづく自分を反省するようになった。
それもみな
河原先生のおかげだと思う。

ぼくがここまで、
成長できたのもみな、
先生達や父母・友達の
おかげだと思う。
ぼくは
この六年間の思い出を
一生忘れないようにしたい。






これは僕が小学校の卒業文集に寄せた作文です。



・・・(笑)





こんな機会でもなければ・・・





自分が死ぬまで、




自室の本棚の奥で埃を被ったまま埋もれてたかな?






ちなみに子供の頃は・・・





作文なんてだいっきらいな子供だった。






読書感想文なんか、最悪だ!!




本を読み返しながら、あらすじだけを抜粋して、




最後の2~3行に、




とってつけたような「大変、感動しました」的な感想をつけて



それでおしまいっ。





それにしても・・・




今こうして読み返してみても、なんて刹那的なんだっ!!




まるで・・・




明日の朝家族に別れを告げて出征する



兵士みたいだぞっ!!















その歳で、




人生、達観してんじゃねぇよっ!!






・・・(笑)










悲しきASIAN BOY THE YELLOW MONKEY




JAGUAR HARD PAINJAGUAR HARD PAIN
(2000/08/19)
THE YELLOW MONKEY

商品詳細を見る







2007.12.08    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Give Peace A Chance」 John Lennon


JOHN・・・






今日も世界中のどこかで、





あなたの唄声が響き渡るよ








今日も世界中のどこかで・・・








あなたと一緒に、







この世界が平和に包まれる瞬間





夢想してるよ!!









John Lennon 「Give Peace A Chance」









2007.12.06    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

    「Honky Tonk Women」 The Rolling Stones


ローリング・ストーンズの



名盤ライヴ・アルバム『Love You Live』





このアルバムには76年のパリ公演のライヴが、




カナダのトロント(エル・モカンボ・クラブ)公演と併せて




収録されている。






当時、NHKの音楽番組「ヤング・ミュージックショー」




この時のパリ公演の映像が放映された。




僕はテレビの前にラジカセをセットした。




それは・・・何故か?





この先、ストーンズのライヴを日本で体験するなんて未来永劫・・・




不可能!! 





そんな気がしたもんだ。




だったら・・・




自分専用のオリジナル・ライヴ・テープを作っちゃおう。


(笑)



謂わば、ブートレグ(海賊盤)感覚




そして・・・



録ったテープを聴きなおしてみたら、




おおぉ~!! 




まるで会場にこっそり忍び込んで隠し録りしたみたいに




臨場感たっぷり。




いや、ほんと・・・




音質の拙さが却ってリアルなライヴ感を増幅してくれるのだ。





しかもテレビの音声を外部のテレコのマイクで拾ってるから・・・






擬似ライヴ録音だっ。


(笑)




想像力は・・・



どんな困難な障壁も、かるぅ~く!! 超えてしまうんだね。





この何年か後に・・・



ぼくは本物のストーンズを体験することになる。




しかも日本で。






まさかねって、そのときは思ってた。



(笑)






「HONKY TONK WOMEN」の、あのリフが聴こえてくる・・・








Rolling Stones 「Honky Tonk Woman 」



Love You Live Love You Live
The Rolling Stones (1998/11/17)
Virgin
この商品の詳細を見る











2007.12.05    カテゴリ:  原田真二 

   「I Need To Wake Up 」  Shinji Harada


「ゆとり世代」の学力が、





理数系のトップから転落。





今朝の新聞のトップ記事にはこう記されていた。




理数系を学ぶということは




物事を筋道立てて論理的に解釈する術を





身に付けるということでもある。





AからBに到達するにはその過程を知らなければならない。






地球温暖化を防ぐために・・・





何故、森林が必要なのか?






木々は太陽の恵みを受けて光合成を行う。




その際に二酸化炭素を吸収して酸素を放出する。





二酸化炭素は





有害な紫外線から人間を守ってくれるオゾン層を





破壊してしまう。





その二酸化炭素を吸収して酸素に変えてくれる森の存在は




我々の住む・・・




この美しい地球を守ってくれているんだよっ。





だからこそ森林を無闇に伐採してはならないのだと気付く。





一方で・・・



温暖化を防ぐ為に、




二酸化炭素を放出しない“地球に優しいエネルギー資源”として





世界的な注目を浴びているバイオエタノール。





その原料となる大豆の生産が・・・




森林伐採を加速させているという事実。





そう・・・




論理的に解釈するということは思考の幅をどんどん拡げてくれる。





そして、そこからまた新たな解釈が生まれてくる。






論理的思考は発想の源となりそれがこの世界を幸せに導く・・・





真理はたったひとつ。







だけどそこへ到達する道のりは無限にあるんだよっ。




(笑)









I Need To Wake Up - Performed by Shinji Harada












2007.12.04    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Welcome to the jungle」 Guns N' Roses


今日、ブックオフで、





素敵な光景に出会ってしまった。





レジで男の子(小学生っぽい・・・かな?)が代金を支払っている。





当たり前の光景。




べつにそれ自体は何等、珍しくも無い。







ぼくはその光景を見ている内に・・・





ずう~っと遠い過去に忘れてきたものを思い出した。





その子は代金を支払うために、





10円玉をレジで一生懸命・・・積み上げていた







幾つも幾つも幾つも・・・





それをとっても優しい眼差しで、真摯に見守るレジの女店員。






欲しいものを手に入れるためには、





当たり前だけどなにかを失わなくてはならない








なにかを失う代償として欲しいものを得る






そんな当たり前のことをきみが思い出させてくれたよ







一生懸命・・・・なにかの為に、頑張る。



一生懸命・・・・なにかの為に、我慢する。









一生懸命・・・・なにかを、夢見る






絶対!! 離さない。



絶対!! 手に入れる。








この世はジャングル




獲物を手に入れるため、今日も明日も・・・





きみはユメを積み上げる。





そんなユメと欲望の渦巻く・・・ジャングルへようこそ!!










Guns N' Roses - Welcome To The Jungle











2007.12.03    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「 Save a Prayer」 Duran Duran


Duran Duranというと、






華やかなダンス・ムーヴメント!! の渦中にいた




“ニューロマンティック”の申し子達。










それはあの日活無国籍映画の世界を




髣髴させてしまう



(笑)






いったい、ここはどこなの?






どうして・・・きみたちここにいるの?






ちょっと!! 黙って、黙って






そう・・・




ぼくらは祈りを捧げているんだ





ここでは永遠に・・・失われないのさ





そう!! 



楽園への架け橋さっ






さあ、渉ろうか・・・








Duran Duran - Save A Prayer




Rio Rio
Duran Duran (2001/07/03)
EMI
この商品の詳細を見る










2007.12.02    カテゴリ:  ポップス 

   「Sing」  The Carpenters


悲しいときは思いっきり・・・



泣いたっていい。




楽しいときは思いっきり・・・




笑ったっていい。








どうしようもないときは、思いっきり叫んだっていい





ポケットの中で忘れ去られてくしゃくしゃになっちまった想い・・・





世界中に響かせちゃえばいい!!







大きな声で!! 響かせちゃえばいいっ





大丈夫・・・





決して世界が逆に廻ったりしないもんっ




(笑)






M-85




The Carpenters 「Sing」 









2007.12.01    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Bohemian Rhapsody」 Queen


クイーンのフレディ・マーキュリーは、




決して・・・




少女マンガの世界から抜け出てきた王子様!! 




ではない。








だからこそ彼は、




ロックンロール・ヒーローの座




射止めたのだろう。





たとえこの世界が悲しみと欺瞞に満ちていたとしても・・・




なにひとつ悲観する必要など無い







あなたがあなた自身であるというだけで




どれだけ救われる人がいるか・・・






だからもう、




道化を止めてもいいんだよ






誰もが気付いたのだから。





この世は所詮・・・





異形の者達が集うサーカス小屋






今日も、ピエロは踊り続ける





あなた自身を映す鏡の中で・・・









 Queen 「Bohemian Rhapsody」

A Night at the Opera A Night at the Opera
Queen (1991/09/03)
Hollywood
この商品の詳細を見る











Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog