FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
あの日、あの瞬間のときめきを忘れない。出会いという名の奇跡をぼくらは未だ追いかけてる・・・ Feb 10, 2020
知覚の扉を・・・開けたその瞬間、気付いたら夜があけて、そばであなたが微笑んでいたんだ Feb 09, 2020
 全1ページ
このページのリスト

2006.12.16    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「Boys Jump The Midnight」 THE STREET SLIDERS


奇跡のロックンロール・バンド・・・




ストーンズに影響を受けましたと公言するバンドは




“虫の数”ほどあれど、




ロックンロールの本質を見極める嗅覚を備えたバンドが




一体どれだけいるのか・・・





ストリート・スライダーズは、




そんなロックンロールの本質を具現化してくれる




稀有な存在だったのだ。





あの芸術的ともいえる2本のギターの絡み・・・




空間の隙間を音で埋めることは




誰にでも可能だろう。




分厚い爆音を掻き鳴らせばそれでOK!




しかし、微妙な隙間を音で具現化するには、




それ相当の鍛錬が必要なのだ。




大工が鉋で木を削るように・・・




板前が大根の桂剥きを会得するが如く・・・





2本のギターが、絡み合いながらも決して、





馴れ合わないし、埋没してしまわない。





まるで双方が、



お互いの役割をあうんの呼吸で理解しあうように。






ハリー(村越弘明)と蘭丸(土屋公平)による





2本のギターの絡みは、




ロックンロールに於ける至宝と呼べる芸術品だった。






そして彼らはロックンロールの“華やかな毒”も、体現していた。





いつの頃からか、




テレビのブラウン管に向かって笑顔を振りまくのが





ロックンロールだと勘違いされるようになってしまった




あの忌まわしきバンド・ブーム!!





でもね・・・知ってた?





ロックンロールって、





日々の倦怠を表現する音楽なんだ。





昨日とおんなじ今日。今日とおんなじ明日。




それでもルーズに淡々と





日々をやり過ごしていく奴らの為の・・・





そう・・・



ロックンロールって神聖なものなんだ。






「夜のヒットスタジオ」に出演したときの彼らの佇まいは、




そのままロックンロールだった。





http://www.youtube.com/watch?v=gAxxLqb1y14



愛想ひとつ振りまかない無愛想なステージング・・・





だが、



4人の鳴らす分厚いグルーヴが




そこに生まれた瞬間、





ロックンロールが確かに!! 存在したんだ。










The Street Sliders in HIT STUDIO





ストリート・スライダーズ Boys Jump The Midnight



天使たち 天使たち
THE STREET SLIDERS (1995/04/01)
ERJ
この商品の詳細を見る










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog