プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017

2014.05.08    カテゴリ:  映画・文学 

   愛と生を見つめ続けた作家、渡辺淳一を悼む


渡辺淳一さん死去、愛と生を見つめ続けた
読売新聞 5月7日(水)8時30分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00050001-yom-ent





読売新聞朝刊に、「渡辺淳一さんを悼む」という記事が掲載されていた。その文章中にとても興味深い一節があったので下記に抜粋させていただきます。







“また渡辺さんは、「おれ、ミステリーはわからん」と、よく呟いていた。
「そうかな。小説はみんなミステリーでしょう」
「どういうこと?」
「構造的にそうでしょ。初めになにかしら謎が提示され、それが深まり、少しずつ解けて大団円に到る。恋愛小説だって構造的にはそうでしょ。あなたの「阿寒に果つ」なんて、完全にミステリーですよ」
「そういうことなら、わかる」
論理のよく通ずる頭脳であった。”

読売新聞朝刊2014年(平成26年)5月8日(木)
文化面記事
渡辺淳一さんを悼む 阿刀田高 
より抜粋。










そうなんですよね。
僕も阿刀田さんの見解に素直に同意できました。

時代やジャンルを超越した普遍性。
それが小説の醍醐味だから。








M-310




“槇子は風呂に入ったらしく、洗い髪のまま、ちゃっかり頼子のネグリジェを着ている。
「なんえ、それ・・・・・・」
「お姉ちゃん、こんないい曲わからへんの。いま最高人気のあるイエローマジックオーケストラやんか」
「そんな、外国のバンドなんかよう知らん」
「違う、これ日本のバンドえ、けど日本よりアメリカのほうでもの凄う人気あるんやから」
「けったいな、なんかテレビゲームみたいな音やないの」
「お姉ちゃんも普通のバンドやないいうことだけはわかんのやね。これシンセサイザーえ」
「なんえ、シンセサイザーって?」
「困ってしまうわ」
槇子は大袈裟に肩をすくめる。”

渡辺淳一「化粧」より抜粋。




M-311









僕は渡辺さんの小説が大好きでした。
人間という存在の切なさ、儚さ。
逃れられない業としての、愛と欲望。
そんな人間の生(性)と死を極限まで追及した方でした。


謹んでご冥福をお祈りいたします。








Hanoi Rock - Back to Mystery City live 1983 (remastered)

HANOI ROCKS "Tragedy" Live at The Marquee 1983

Rydeen (Live) - Yellow Magic Orchestra

ZIGGY-マケイヌ













2013.06.16    カテゴリ:  映画・文学 

   「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」を読む


僕が未だ中学生だった頃、
洋楽専門誌と言えば、ミュージックライフだった。


そのミュージックライフの
専属カメラマンを務めていたのが長谷部宏である。



彼のミュージックライフ誌に於ける
全仕事を振り返った
インタビュー集がシンコーミュージックから
出版されている。
それが「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」だ。
インタビュアーは、同誌の編集部員だった
現フリーライターの赤尾美香。




ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事
(2013/03/30)
赤尾 美香、長谷部 宏 他

商品詳細を見る




とにかく爆笑エピソードと仰天エピソードが満載。
あっというまに読み終わる。


人に媚びず体制に媚びず
人生を最大限に楽しむ極意がここには詰まっている。
そう感じた。


たとえばDAVID BOWIEの初来日時、
長谷部はBOWIEに対して
必ずしも好印象を抱いてはいなかったらしい。





img261.jpg



“初来日の後は飛行機で来てるんだろ? じゃあ、あの船は何だったんだ。話題作りだったとしたら、なかなかの策士じゃないか”
(本文より抜粋)



その初来日公演を撮影したときの感想。


“ファッション・モデルのショウみたいでさ、取っ替え引っ替え着替えばっかり。こりゃ、なんだろなぁ、って思ったよ。かっこいいなんて、全然思わなかった。撮ってて、おもしろいとも思わなかった。途中で、パッとケツまくった写真を撮ったんだけどさ、その時も『みっともないことするもんだな』って思いながら撮ったな(苦笑)”
(本文より抜粋)



だが、1975年の来日公演以降、
彼のBOWIE観は一変することになる。






img260.jpg



“ステージが、すごく明るかったんだよね。それに、前みたいにキワモノ的なコンサートじゃなくて、ミュージシャンらしい、素晴らしいコンサートだったよ。あれは、よかったね”
(本文より抜粋)






日本人として
ビートルズを初めて撮影したのも長谷部だった。
そのときのことを振り返った
興味深い談話がある。




img259.jpg


“でもね、だからってやみくもに遠慮もしないで撮っちゃダメ。限度がある。そこを見極める事が大事なんだ。のべつまくなしシャッターを切られたら、相手もイヤになっちゃうからね。この仕事、被写体に嫌われたら終わりだよ。だから、時には、相手に気づかれないように離れて望遠レンズで撮ったりもする。特にこの時はスタジオでしょ。レコーディングの時っていうのは、みんなそれなりに神経使っているから余計にね”
(本文より抜粋)




VAN HALENの
1979年再来日時に於ける“伝説”についても述べている。


題して「狂乱のハンバーガー・パーティ事件」。


“ふたつめの事件は、東京へ戻っててからのこと。デイヴ様の撮影に関するご要望は、騒いでもいい場所を探し、ハンバーガーを50個用意して、山と積み上げろ、というもの。編集部は「いやな予感はした」ものの、それを実行した。そして惨劇は起きた。防音スタジオに山と積まれたハンバーガーを見るなり、メンバー突進突入。ハンバーガーを投げ合い、踏みつけ、なぜか自前の日本刀(もちろんオモチャ)まで持ち出しての大乱闘。「今だ、写真! 写真をとれーー!!」というデイヴ様のご命令に応じる長谷部。一体どんな顔して撮影をしたのだろう。
「撮れって言うから撮ったまでよ。こんなことして、何がおもしろいんだろうなぁ、参っちゃったなぁ、って思ったけど、これもあいつのサービス精神だと思えばさ」
 防音強化のため絨毯敷きされた床には、ケチャップやマスタード、その他食べ物の残骸がこってり染み込んだ。スタジオ・オーナー、激怒。MLが支払った弁償代は約30万円。デイヴとて、懐こそ痛めなかったが、さすがにこれだけのことをしていれば、15年経とうが忘れるはずもなかろう”
(本文より抜粋)



img262.jpg








長谷部宏は、
はっきりいって江戸っ子気質。
気に入らない奴に媚びは売らない。
でも与えられた責務はきちんと果たす。
なにかを素敵だと思える感性を何よりも大切にする。
それが彼の仕事の流儀なんだと思える。



進んで和を乱す人間になろうとは思わないけど、
結果的に和を乱してしまうことを
反省したり厭う必要などないと
僕は思っている。
それが組織だ。



自分の流儀を貫くには勇気がいる。


もしも、
自分の仕事に自信と誇りを
抱けないのであれば、
他者に迎合することでしか
生きていけなくなる。



でも、それがその人の流儀であれば
全然構わない。
人に媚びて生きていくのも
その人の選択肢だから。








結局、自分を信じて
自分の生き方を貫くしかないんだよね。



それが人生という快楽だから。



・・・(笑)








DAVID BOWIE - Moonage Daydream - Ziggy Stardust and the Spiders from Mars

David Bowie - Station to Station (Live 1978)

The Beatles-Hello Goodbye (Remastered)

Van Halen - Jump (HQ music video)

Van Halen - You Really Got Me [HD]












2013.05.25    カテゴリ:  映画・文学 

   「真夜中のカーボーイ」は永遠のB級ロマン!!


「真夜中のカーボーイ」という映画を
皆さんはご存知ですか?
以前、僕自身もブログの中で
この映画への想いを綴ったことがありました。








所謂、詐欺師と相棒が、
夢を抱いて都会の喧騒の中で奮闘するストーリー。
寅さんと重なりますね。





僕も主人公二人の生き方に自分を重ね合わせて、
激しく共感したことを思い出します。



だが、夢に向かってひた走る
そのラスト・シーンは、
余りにも無常で哀しい現実を映し出す。
いまの我が国がそうだしね。







一度でも挫折してしまえば
二度と這い上がれないというシステムを
私達は長年掛けて作り上げてしまった。
それが一番効率的だからと云う
単純な理由で。






たしかに、この映画の主人公は、
世間の規範から逸脱した
アウトローとしての生き方を標榜している。
と、いうか、そんな生き方しか選べなかった。
最初から選択の余地などなかった。

なにしろ、人を騙して儲けたお金で成り上がろうという夢を
抱いているわけですから。
騙してなにが悪い。
騙されるほうもそれを承知で騙されるんだ。
暇をもてあましている富裕層のご夫人達に
一夜の夢を与えてあげる。
その見返りとして報酬を得る。
需要と供給の法則に則って考えれば、
それは正当な報酬だ。


勿論、そんな独りよがりな考え方が
社会で通用するはずはありません。
でも、そんな生き方を否定して、
世の中の規範を守る事が正義なんだと決めてしまったら、
全ての芸術はその価値を失ってしまう。
なにが正義なのか?
それは誰にも決められないからこそ、
そこには様々な思考が生じる。
そんなふうに万人に思考を促すことが未来への架け橋になる。



だからこそ、
この映画は永遠の普遍性を獲得出来たのだと
個人的には思います。
多分、何度観ても色褪せない
青春ロード・ムービーの傑作。
でも決して万人には理解されない
永遠のB級映画。
吉田秋生の「カリフォルニア物語」もそうだった。(笑)






見た人それぞれが
様々な思いを重ね合わせることができる。


きっと、それが芸術の本質。








ハリー・ニルソンが歌う主題歌も
素敵でした。








Hotel California 訳詞付- The Eagles

Tora-san is Eternity

ビリージョエル/ The Stranger/ 訳詩付

浜田省吾 『J.Boy (ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend")』

春夏秋冬 泉谷しげる

Everybody's Talkin' . Midnight Cowboy












2012.12.22    カテゴリ:  映画・文学 

   「偶然完全 勝新太郎伝」を読む


偶然完全 勝新太郎伝偶然完全 勝新太郎伝
(2011/12/03)
田崎 健太

商品詳細を見る











メジャーなものって、既に誰かが見つけたものだから、
予めその品質が保証されている。
自らの感性を頼りに探求する楽しみは既に失われていることになる。
でも、マイナーなものはだれひとり見向きもしないから品質も保障されていない。
いいのか悪いのかわからない。
だから、そこには探求するという密やかな楽しみがある。
自分の五感を信じて探し当てたものだから、愛情も深いし本物。
たとえ他人が見向きもしなくてもそんなの全然構わない。









最近は、なんでもお手軽に手に入る。
故にそのような感性が育まれにくくなっているかもしれない。
若者達がスマホ症候群に陥るのは、常になにかに支配されていないと不安になるから。
支配されている内は安心が保障される。
でも支配から開放されてしまうと不安になる。
なにをどうすれば自身の安心と満足が保障されるのか、その手続きがわからない。
その手続きを楽しむことが生きることの本質かもしれません。









芸術は無駄が全て。
無駄の無い芸術は最初から完成形が見えてるからおもしろくもなんともない。




“「おい、よく覚えておけよ。男はな、振り子の振り幅を大きくしておけ」
 「振り子ですか?」
 水口は首を傾げた。
 「例えば、俺は金がないから、屋台でしか酒を飲まない。逆に、俺は金があるから銀座でしか飲まない。両方、同じ人種だよ。心の狭い生き方だ。振り幅を大きくするというのは、両方知ることだ。普段は屋台で飲んでいるサラリーマンだって、今日はボーナスが入ったから銀座で飲んじゃおうっていうのがあっていい。お前は大勢の客の前で歌ったりしている。男として振り幅を大きくしとかなきゃいけない」”

“勝は、どうして毎晩、酒を飲んでいるのか分かるかと聞いた。水口が「いえ」と首を振ると、「演技にリアリティを持たせるためだ。撮影の時だけ、仲がよい演技をしても見抜かれる。一緒に酒を飲んで、時間を過ごすことが大事なんだ」”

「偶然完全勝新太郎伝」 田崎健太著
本文より抜粋。










無駄な手続きを延々と楽しめる人は、面白いものを捜し当てられる人。
勝新の評伝を読んでそう思った。

あの人はとにかく無駄な浪費をする。
でも本人にとって、それは無駄な浪費ではなく全てが授業料。
クラブやバーで散在し、一万円のチップをその場に居合わせた全員に弾むのも、他者との交わりが血肉化され全てが芸に昇華されるからだ。
台本も覚えた後ですっぱりと忘れる。
その瞬間、一旦無になる。
それが演技の本質。








“ある朝、勝から二十万円を預かったことがあった。
夜出かける際、チップとして渡す紙幣だった。勝のチップはいつも一万円札だった。一万円は、チップとしては高額すぎる、もったいないと松本は思っていた。支出はできるだけ抑えた方がいいと、空き時間に銀行へ行き、一万円札を全て五千円札に両替してもらった。
 夜になって、松本は勝と一緒に銀座のクラブに出かけた。ひとしきり飲むと、勝は「あとは、頼むな」と言って席を立った。松本は席についてくれたホステス全員に五千円札を配った。
 店を出る時、勝がふっと自分の方を振り返ったような気がした。勝の姿はすでに見えなかった。錯覚だったのだろうと、勝を追いかけて車に乗った。
 「おい、アンディ。ちょっと聞いていいかい?」
 「はい」
 「お前、ちゃんとチップはあげたか?」
 「あげましたよ」
 「いくらあげた?」
 もしかして振り返って見たのだろうか。かなり距離があったので、五千円札と気がつくはずはない。しかし、嘘をつくわけにはいかないので、「これだけですよ」と掌を広げて誤魔化した。
 「なんだ? 五万円もやったのか?」
 「いえ・・・・・・・違います」
 「違う? じゃ、なんなんだ?」
 松本は五千円札に崩して渡したことを明かした。
 「毎回一万円だと、もったいないと思ったんです。五千円ならば、二十万円で四十回チップを配ることができると」
 「うん、ありがとうな」
 自分の気遣いを喜んでくれたと胸をなで下ろした途端、「馬鹿野朗!」と飛び上がらんばかりの大声で怒鳴られた。
 「おい、俺がなんでチップをあげているのか分かっているのか? 俺は勝新太郎だ、すごいだろうって渡していると思っているのか? 分かるかい? 俺の周りは、みんな俺のお師匠さんだ。教科書だ。あれは授業料なんだ。馬鹿野朗。それをけちる奴がいるか」
 ホステスたちは、それぞれ人生の事情を抱えて働いている。そうした本物の芝居を見ることが芸に繋がるというのだ。”

「偶然完全勝新太郎伝」 田崎健太著
本文より抜粋。










今回の衆院選挙にしてもそう。
せっかく与えられた権利を行使しないで済ませてしまうということは、自分の手でなにかを探し当てる楽しみを自ら放棄するのと一緒。一票の権利を行使することで世界が劇的に変わるかもしれない。
全ての国民がそんな思考で望んだら、世の中は本当に変わるかもしれないのにね。(笑)









メロン記念日×THE COLLECTORS - 青春・オン・ザ・ロード

フラワーカンパニーズ 『深夜高速 (2009)』

[PV] ドッコイ生キテル街ノ中 - eastern youth

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

宇宙まお - あの子がすき

宇宙まお - ロックの神様








2009.06.22    カテゴリ:  映画・文学 

   太宰生誕100年・・・


太宰には「増刷」がよく似合う…生誕100年・桜桃忌

 19日は作家・太宰治(1909~48)の生誕100年。文庫は例年を大きく上回るペースで増刷が続いている。カバーを一新し、「明るい太宰像」を打ち出す動きも目立ってきた。

 新潮文庫は、今年新たに初期短編集「地図」を刊行した。計18タイトルは今年に入って、約50万部増刷した。例年の4倍のペースだという。ちくま、文春、岩波などを含めた計8社の文庫を合計すると、増刷は75万部を突破している。

 若い世代に向けて、集英社文庫は26日、人気コミック「テニスの王子様」で知られる許斐(このみ)剛(たけし)さんの躍動感あふれるイラストを使った「走れメロス」を刊行する。角川文庫は太宰作品10冊の表紙を、ユーモラスなスナップショットで人気の若手写真家・梅佳代さんの写真に一新。帯には「元気で行こう。絶望するな。では、失敬。」という「津軽」の結びの一節を使い、「苦悩の青春作家」という暗いイメージを一変させる。

 先月、太宰作品の名言・名場面を集めた「富士には月見草」(新潮文庫)を出した同郷の直木賞作家、長部日出雄さん(74)は、「太宰はユーモアにあふれた“人を笑わせる作家”。若い人が読んでも意味が分からないところが一つもない文章と、文学性が両立している」と魅力を分析している。

 19日は、玉川上水で入水自殺した太宰の遺体が発見された日でもある。東京・三鷹市の禅林寺では、61回目の「桜桃忌」が行われる。

(2009年6月19日03時15分 読売新聞)




今年は、太宰生誕100年! だそうだ。




に、しても・・・




なぜ未だに


彼の小説が、若者から絶大なリスペクトを享けているのだろう?



僕等が20代の頃には、太宰を読んでいるというだけで



「暗いっ!!」と、云われた筈だ。





人生に絶望した落伍者。




そんな奴の戯言を聞いてる暇があるんなら、



もっと!

もっと!


遣るべきことがあるだろっつつつつつ!


てなもんだっ。

(笑)



思うに、


彼は今の若者たちにとって・・・


THE WHOのピート・タウンゼントのような存在なのかもしれない。



http://www.youtube.com/watch?v=l_FZVD5lsAw


どうせ、俺は社会のクズだ。



人並みの生き方すら・・・


とうの昔に、封印されてしまっているから。



彼(ピート)は、生まれつき、鼻がでかかった。



それは彼にとって・・・


人生で最大のコンプレックスだった。



そして、父親からこう慰められる。


「おいっ! 容貌がすべてじゃないんだぞっ」と。




だからこそ、彼はギターを持った。



ギターを持てば・・・


容貌のことは忘れられたから。




“私はしばらくぼんやりしていた。

橋の下には隅田川に似た広い川がゆるゆると流れていた。

全くぼんやりしている経験など、それまでの私にはなかったのである。

うしろで誰か見ているような気がして、私はいつでも何かの態度をつくっていたのである。”

(太宰治「思い出」より抜粋)



太宰が幼少の頃から・・・


常に“他者”を演じていたのは、自身のコンプレックスの裏返し?




でも、コンプレックスとは



自身を遮る・・・


すべての敵を真っ向から撃ち抜く為の、



なによりも! 強力な武器に成り得ることを・・・



http://www.youtube.com/watch?v=Rp6-wG5LLqE&NR=1




大上段から振りかぶって・・・



ものを云う奴ほど、



そんな愚かな自身と向き合う勇気を



これっぽちも! 持ち合わせては居ないことを・・・




彼らは、



我々に教えてくれようとしたのだろう。



“私は虚飾を行わなかった。読者をだましはしなかった。

さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行こう。

絶望するな。では、失敬。”

(太宰治「津軽」より抜粋)





http://www.youtube.com/watch?v=_2Khn22SKYI







“調子はどうか まだまだか 今にみてろか 最後は笑うか

いいにしろ 悪いにしろとりあえず今日も死んでね~

それくらい解ればいい 笑えればいい”

(Theピーズ  「脳みそ」)





・・・・(笑)


The Who 「Who are You」

The Who 「Wont Get Fooled Again」

Theピーズ 「底なし」




Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog